日本語は私たちが生まれてから現在に至るまで使用している言葉です。

日本人なので、日本語を遣えるのは当たり前ですし、分からない方が逆に難しいと思いますが、日本語の中には日本人でもわからないものなどが存在しています。

例えば普段からあまり使用しないような言葉に関しては意味がわからない場合などもあります。

当然、難しい言葉であったとしても、普段日常などで用いるような場面に属している場合はそこまで難しく感じないと思います。

なので、分かるわからないというのは、今現在自分が置かれている環境で使用されるかされないかという事が大きく関係しています。

しかしながら、一般的には難しい表現よりも簡単な表現の方がわかりやすいので、難しい言葉は基本的にあまり使われない傾向があります。

そういった関係もあり、日本人でもわからない言葉がよくよく考えるとたくさんあります。

しかし、言葉の中には普段から使用しているものに関しても、なんとなくで使っている場合などがあり、基本的な意味をはき違えていたという事もけっこうあります。

今回は比較的使用される頻度の高い「把握」という言葉をテーマにして、把握という言葉がどういう意味を持っているのか、具体的にご紹介していきたいと思います。

️把握の意味を改めて考える

あなたは「把握」という言葉の意味をきちんと理解していますか?
ある程度年齢を重ねた方であるならば把握と言う言葉自体は直ぐに意味が理解いただけると思います。

様々な日本語の言葉がある中で履くと言う言葉に関しては日常生活で使用される頻度がとても多いからです。

しかしながら学生の方であったり、年齢がまだ幼い方にとっては把握という言葉が具体的にどういう意味を持っているのかよく理解していない方がいらっしゃるのも事実です。

把握という言葉は社会人になってからも頻繁に使用される言葉であり、おそらくその頃には意味などは深く理解していると思いますが、なるべく早く知っておくことに損はありません。

小説やネットの記事などでも把握という言葉は比較的使用される頻度が多いので、早いうちから学んでおけば役に立つ事もありますので、今のうちに学んでおきましょう。

また、意味を知っているという方ももしかすると、新しい事に気づける機会になるかもしれませんので、今一度把握という言葉について復習する気持ちで学んでみてください。

把握の意味


把握と言う言葉はとにかく利用頻度が多いです。

しかしながら、漢字が低学年の方にとっては難しい事もあり、なかなか理解できていない場合が多いです。

漢字に関しては、大人の方でも書けない場合などもあるため、子どもが書けないのも無理はありません。

しかし漢字はとても大切な物です。

なぜなら、言葉の意味を知る為には、漢字から推測することが出来るからです。

把握という漢字をよく考え、これからご紹介する意味と掛け合わせて考えてみてください。

しっかりとつかむこと

まずはじめにご紹介する把握という言葉の意味の1つとしては「しっかりとつかむこと」という言葉の意味が存在しています。

この言葉の意味はその名前の通り、物事や物をしっかりと何かを掴むことを意味しています。

この言葉が曲者で人によってはこの言葉を根本的に勘違いしている人が存在しています。

まず把握という言葉の意味を考えてみると、ご紹介した通り「しっかりとつかむこと」なのですが、把握という言葉が用いられる場合は、物をつかんだりする場合の把握ではなく、何かの物事に対して使われる場合の方が多いのです。

例えば、政権を把握するという言葉として使われる場合が多いです。

これはその意味の通り政権をしっかりとつかむことを意味しています。

なので、実際に現実に存在しているものではなく、何かの物事に対して用いられる場合の方が圧倒的に多いという事です。

このように何かの物事の主権を握った時などに使用される場合ばかりが目立ってしまっているのですが、根本的な意味は「しっかりとつかむこと」なので、例えば目の前にある棒を把握するという言葉として使用しても良いのです。

これはそのままの意味で、目の前の棒をしっかりとつかむという言葉の意味です。

つまり現実に存在しているものでも存在していないものでも関係なくしっかりとつかむ、ということを表現する時にはこの言葉全てで表現することができます。

しかしながら普段「〇〇を把握する」という使い方よりかは、「〇〇を握る」というような言葉で表現される事の方が多いので、普段使われないから聞き覚えがない=間違っているという正しくない認識に繋がっている場合が多いです。

間違って認識していた方はこの機会に正しく意味を理解してください。

手中におさめること

次にご紹介する把握という言葉の意味の1つとしては「手中に収めること」を意味しています。

把握という言葉は「しっかりとつかむこと」という言葉の意味以外にも、「手中におさめる」という言葉でも表現することが出来ます。

手中におさめるという言葉の意味は、何かの物事を根本的に支配するような場合に用いらえることが多い言葉です。

例えば、戦争などをして北朝鮮が陥落して日本が支配したとします。

そうすると、北朝鮮の支配権を把握したというような言葉で表現することが出来ます。

この意味は北朝鮮の支配権を手中に収めたという言葉に訳すことが出来ます。

把握という言葉を使う際はこの様な意味で用いられることがかなり多いです。

きちんと意味を理解しておかなければ、意味がまったく通じない内容になってしまいますので、かならず把握という言葉がどういう意味を持っているのかこの機会に正しく理解してください。

名前からある程度推測出来る理由にもなっていますので、ただ言葉の意味を理解するだけではなく、把握という言葉の感じなども考えながら意味を連結させるとわかりやすいです。

握って手中に収めるという風に考えるとわかりやすいと思います。

しっかりと理解すること


次にご紹介する把握という言葉の意味の1つとしては「しっかりと理解すること」という意味で用いられています。

あくまで一般的に感覚になりますが、把握という言葉を現実的に用いる場合は、この言葉の意味で使用される場合がはるかに多いです。

会社なので使用される場合に関してもこの言葉の意味で用いられる場合がかなり多くなります。

人によっては年齢が押せない場合でもこの言葉の意味として頻繁に日常的に使用している子供もいると思います。

例えば会社でよく用いられる例を考えてみると、会社の取引先のお偉いさんが今日の13時に来社されるということを上司からあなたに伝えられたします。

あなたはそれを聞いて自分なりにスケジュールを立てて13時前までには準備できるようにしておいたとします。

そこで少したってから別の上司から呼び止められ、今日の13時に~と同じことを言われたとします。

その時に上司には「その件は別の上司から既に聞いており、把握しています」というような返答をすれば意味が相手に伝わります。

つまりこの時上司に返答した例文の意味は「その件は別の上司から聞いているのでしっかりと理解していますよ」という様な言葉の意味として伝えることができます。

このように様々な場面で把握という言葉は用いられる場合が多いです。

難しい言葉かもしれませんが一旦覚えて日常生活で使えるととても便利なこともあるので自然と身について忘れなくなりますので、早い段階から実践で使用しておけば意味が分からなくなるような事もないと思います。

なので、普段から使用できる状況の時であれば用いるように工夫してみてください。

把握の読み方

ここまでは把握という言葉の意味について詳しくご紹介をしていきました。

把握という言葉は普段から使用している分、普段使用している言葉の意味しか理解していない場合などもあるので、意味が3つもあると知らなかった方についてはこの機会に正しく意味を理解し、間違った使い方や認識などを持っていた場合は、正しい認識を身に着ける必要があります。

よくよく考えてみるとたくさんの意味を持っている日本語はとてもたくさんありますので、気づいた時にすぐにインプットできると後々に困る事はありませんよ。

それでは、意味を理解した所で次に理解していただきたいのが把握という言葉の読み方です。

大人の方であれば問題ないと思いますが、低学年の学生の方やまだ社会人ではない方にとっては読み方がわからない方も中に入るかもしれません。

把握という言葉の意味を理解したところで読み方についても正しく知識として身に着けておきましょう。

把握=はあく

把握という言葉の読み方についてはそのまま、はあくという読み方になります。

元々把握という言葉を細かく考えてみると、把握に使われれている把という感じは、「は」と読むことが出来、それ単体の意味でも「しっかりと手中に握る、とる、握るところ、取っ手」という複数の意味を持っています。

他に使われる感じとしては、大雑把(おおざっぱ)という言葉でも使用される場合があります。

そして、把握の握という感じについては見ている方も多いと思いますが、握るという言葉として使用される感じです。

これは他に使われる言葉に関しては、握手(あくしゅ)という時に使われるような言葉です。

これらの言葉を組み合わせた言葉が把握という言葉で、はあくという読み方になります。

普段使っているにぎるという読み方とはまったく違う読み方になりますので、戸惑う方もいるかもしれませんが、早い段階で覚えておけば間違わないようになりますので、注意して覚えておきましょう。

️把握の類語


ここまでは把握という言葉の意味であったり読み方について簡単にご紹介をしていきました。

言葉の意味と読み方がわかればある程度把握という言葉が日常生活でどの様に使われるかと言うことも想定することができると思います。

把握という言葉に関する理解が深まってきたところで把握というに多様な意味があると頭の中で考えている方がいるのではないでしょうか?
把握という言葉は3つの意味がありましたね、これらの意味をもう一度思い浮かべて頂くと、似ているような意味を持つ感じがいくつか頭に浮かんできませんか?
似ているような言葉があるのは日本語では珍しい事ではありません。

中にはまったく同じような意味である場合もあれば、よく考えるとちょっとだけ意味が違ったりする場合などもありますので、よく理解しておかないと間違った使い方などをしてしまった周りから指摘されるような事などもあります。

ある程度の年齢になって日本語を間違えてしまうと恥ずかしい体験をしてしまう事になるので、早い段階で類義語などについても理解し区別できる知識を身に着けておく必要があります。

なので、ここからは把握という言葉の類義語についても詳しくご紹介していきます。

見識

まずはじめにご紹介する把握という言葉の類語については見識という言葉です。

見識という言葉と自覚すると一見似ていない様に感じるかもしれませんが、見識と言う言葉には幾つか意味が存在しており、「物事を深く見通し、本質をとらえるすぐれた判断力」という意味や「ある物事に対する確かに考えた意見」という意味や、「気位」という言葉の意味を持っています。

ではこの言葉の中から把握と言う言葉と似ている意味があるのかどうか考えてみてください。

把握という言葉の意味は「しっかりとつかむこと、手中におさめること、しっかりと理解すること」なので、この中でいえばしっかりと理解すること、という言葉と似ている意味であると判断できます。

しっかりと理解することと言う言葉と物事を深く見通し本質を捉える優れた判断力と言うのは表現こそ違えど、物事を理解するという面においては共通している意味を持っています。

なので似ている言葉であると判断することができます。

しかしながら、見識という言葉に関しては把握という言葉と同じような使い方ではなく、見識のある人、高い見識を持つ人、などといったように使われることが多いので、ここに把握という言葉を当てはめてみても恐らくしっくりこない結果になってしまいます。

似ているような言葉であったとしても必ずしも当てはめて同じように使える言葉なのかと言えば違うこともありますのでその点については十分注意して類語という判断をするようにしてください。