不安というものは、何か気になってしまうことがあってそれに対してずっと考えていたり、その考えているものが怖くなってきたりということです。

ずっと考えてしまうというのが不安の特徴でもあります。

何か物事を集中してしているのに、ふとその不安に思っていることについて思い出したり、「あの時あの様にしていれば…」と後悔することもあるのではないでしょうか。

人皆それぞれに不安というものが存在しており、何かのきっかけがないと不安を拭うことはできないです。

例えばニュースなどを見て不安に感じたり、家族との喧嘩をして仲直りできるか不安になったり、試験や勉強に不安を持ったりと様々な所でこの「不安」というものが存在するのです。

皆さんは不安になった時にどの様に対処などをしていますか?人それぞれ解決方法があると思います。

今現時点で不安を抱えているという人もいるのではないでしょうか?直ぐにでもこの不安を除けたい、不安から解放されたいという人も多いと思います。

ではどの様に不安を解消すればよいのでしょうか。

いつの間にか不安ではなくなっていたという人もいれば、誰かに助けてもらったという人もいるでしょう。

中にはずっと小さい頃から不安だったことが大人になってやっと解決したという人もいるのではないでしょうか。

不安になったら解決する時間も人それぞれになってしまいます。

例えば1日で不安が解決する人もいれば何年経っても解決できないという人も多いのです。

人は常に何か物事を考えて生きているので、不安なものに関しては特に敏感に反応してしまうのではないでしょうか。

また、それと同じような事が起きてしまうととても辛い思いをしたりする人も多いのではないでしょうか?その様なことがあった場合に不安というものはとても人を辛い思いにしてくるものなのです。

ではその様な「不安」というものは誰にでもあるのですが、仮になって場合はどの様にすればよいのかみてみたいと思います。

不安になってしまう時どうすればいい?

不安になってしまった時は納得のいくまで「不安」というものを拭えないものになっています。

そのため様々な解消方法が必要になってくるのです。

不安になった時はいつの間にか不安ではなくなった、というのは時が経つと解決するようなことです。

時間が経つにつれてその不安について忘れるようになってしまった、またその様な同じことがおきても時間が経ち何とも思わなくなったということで不安を拭うことができます。

不安というのはそもそも、「何かに怯えるようなことや感情が不安定になる」というような表現でも使われることが多いです。

パッと晴れていないイメージで良いと思います。

マイナス思考のように考えてしまうのも「不安」の要素の1つです。

常に悪い方向に考えてしまいがちです。

人というのは何かを経験して成長をしていきます。

不安を得て成長をすることもあるのです。

不安になった時は不安を断ち切るために様々な方法がありますが、人により効果が全く違います。

自分はどうして不安なのか、自分は何故この様なことが不安なのかを考えることが必要になるのです。

何より自分自身を見つめることが不安になってしまった時の解決策の近道かと思います。

誰でも通る道なので「何故私だけこれに不安なんだろう…」と思わないようにすることが大切になります。

不安解消方法


不安を解消する方法はいくつもあります。

ですが先ほども言ったようにこれは人それぞれ個人差というものが出てくると思います。

何が原因で不安になってしまうのか、例えば友達や恋人が言った一言で不安になってしまう、家族との喧嘩で不安になってしまう、ニュースを見て不安になってしまうなど様々な不安があります。

この不安の状態になった時の解消方法というのがいくつかあります。

ですがこの方法でも治らないという場合は考え方を変えることでまた解決することもあります。

不安というのは考え方によって解決することもあるので、視点を変えることが重要になります。

では一体どのようなものがあると思いますか?例えば考えることはとても大切なことです。

その不安なことに考えて返って逆効果になるのではと思う人もいるかもしれませんが、納得をするまで不安というものは拭えないと思うのです。

不安というのは割り切るということも時には必要になってきます。

ずっと考えが拭えないという時は思いっきり動かしてみることも不安の解消方法になります。

様々な方法で人は「不安」というものと向き合っているのです。

今は何とも思わない人でも、いずれ不安になることがあるかもしれません。

今現時点で不安になっている人は解決に向っているかもしれないですし、まだまだ時間がかかる、年月がかかってしまう不安というものだってあると思います。

どの様な不安の解消方法があるのか見てみましょう。

もしかすると、同じような方法やこういうことをしてみようというキッカケも得られるかもしれません。

1.不安を認める

まず不安というものは誰でも感じることなのです。

「これに対して不安だ」「あの時のことがずっと不安で今でも頭に残っている」という状態になると思います。

この様な時は不安になることを認めることが大事になります。

「不安から早く解放されたい、嫌だ」と思うのではなく「自分はあのことについて不安なんだな」という不安を認めることが大事になるのです。

不安を認めるというのは見方を変えているということにもなります。

ずっと不安でしょうがないという人もいるでしょうが、それを認めてみると少しは考え方や不安が楽になるかもしれません。

不安になることから逃げるのではなく、時にはその不安に立ち向かうことも必要になってきます。

それは「自分はこれについて不安なんだ…だったら何かしよう」という行動にも繋がりプラスの思考が働くからです。

不安ということを認めたくないという人も中にはいると思いますが不安と認めるからこそその不安と向き合うことができて、何かをしようとする行動力や気持ちが湧き出てくるのです。

時には休むということも必要ですが、まずは不安というものを認めてみてはいかがでしょうか?

2.休む


不安になってしまってずっと考えてしまっても不安が拭えないという状態の時は他の原因も考えられます。

例えば体調が万全ではないという状態の時はマイナスの思考が大きくでてしまいます。

不安であるものであれば、体調が悪いという状態の時に更に悪い方に考えてしまい、悪循環にもなってしまいます。

体調が悪い、身体的にも疲れているという状態が誰にでもあり、その体調を治すことで不安が取り除かれるということもあるのです。

その時の方法としてこの「休む」という方法はとても良い方法なのです。

身体的に疲れてしまい気力も出ないという状態の不安の中、身体を休めるというだけでとても気持ちが楽になると思います。

例えば寝不足であれば思う存分寝てみるということもして良いと思います。

身体がきつくないという状態を作れば良いのです。

休むというのは人それぞれだと思いますが、寝て身体的疲れを取る人、また温泉などに行くというのも良いです。

温泉は入るととてもリラックスできて落ち着ける環境にあるため、心身共にゆっくりすることができます。

肩こりなどにも効くといいますが、何よりもリラックスできるという効果が強いのが温泉だと思います。

働いてばかりで不安が多い、休みが少ないという人は常に不安というものと向き合って生活している場合が多いです。

その様な人のために「休む」という行為はとても重要になります。

もし最近休みを取っていない、リラックスできてないという人は思い切って休むことで不安というものを取り除けるかもしれないです。

3.考える時間を作ってみる

不安というものは常に考えるものだと思います。

「嫌だな…」と考えるのではなく「何故不安なのだろう?」と考える時間を作ることが重要になります。

例えばニュースを見て不安になっている場合「嫌だな…」と思うのではなく「どうして嫌なのだろう…不安なのだろう…」と考えることが大切です。

この場合は「もしかしたら自分もこうなってしまうのではないか?」という考えにたどり着くことが多いです。

もしかしたら自分もこの様なことになるのかもしれない、この様なことが本当に起こるかもしれないという考えから「不安」というものが出てくるのです。

考える時間を作ることでその原因をまず見ることができます。

そしてその原因を見るだけでは返って逆効果になりもっと不安になるのではないかと思います。

そこで更に考えることが必要です。

考えたり思ったりすることは現実になることが多いとも言われています。

不安に考えるのではなく「この様なことがあったのであれば気をつけないと」という前向きな考え方が時には必要になってきます。

「この様なことがおきた場合でも対処すれば良い」「どうしようもできない事について考えてもしょうがない」といった割り切る考えをすることでも不安というものを拭うことができます。

考える時間を作るというのはその不安についてずっと考えるだけでなく、対策なども考える必要があります。

「自分にはどうしようもできない」という考えになった場合は誰か友人や家族などに話してみても良いでしょう。

それは決して恥ずかしいことではありません。

「不安なんだけど…」と言ってみて友人や家族の意見を聞いて更に考えてみるということも1つの解決方法になります。

まずはその不安になる事について考えてみてはいかがでしょうか?

4.日記をつける

日記をつけることでも不安を拭うことができます。

これはその時に何があって何について不安だったのかということを後々で見ることができるのです。

どうして不安になったのか原因が解る方法の1つとして日記をつけるということができるのではないかと思います。

時が経つにつれて「これについて不安だったのか…」と見返すことができて思い出にもなるかもしれません。

今では考え方が変わっていたりする人もいるのではないでしょうか。

中には「前はこの考えだったけど今はそうでない」という人もいると思います。

それほど日記をつけるということは重要なことでもあり、何があったのかという原因を探ることができるのです。

日記をつけるときは正直に思ったことを書くことがコツです。

嘘を書いても意味がありません。

何があった、それが不安だったということを書くことで、後々で見て「これについて不安なのか」と見ることができます。

そして今ではどう思うのか、と考えることができるので日記というものをつけてみてはどうでしょうか。

もしかすると今と前とでは考え方が変わっているのかもしれません。

5.心を開放する

心を開放するというのは簡単に言うと打ち明けるということでもあります。

例えば考えを自分の中でずっと考えて言わない人がいますよね?その様な人達にある傾向ですが、考えを溜め込んでしまい解決することができないという人もいるのです。

不安になるから余計に人に言えないという人もいるでしょうが、人に言うことで不安の解決策を聞くことができるかもしれません。

嘘の考えや不安を言うのではなく、これが怖い、これが不安だという正直な気持ちが重要になります。

それを例えば家族や恋人などに言うとなお良いでしょう。

自分が安心して話せる人達に悩みを打ち明ける、心を開放している状態にすることで不安というものが遠のいてくれる場合があります。

考えてしまって溜め込むのではなく、少しでも不安に思うことがあればそれを誰かに言うこともまた勇気です。

心を常に開放しているような人は悩みや不安というものがありません。

特に不安というものに関しては考えるから不安と捉える人も多く、その様なことになった場合は直ぐに相談をしたり自己解決をしたりすることが多いです。

常に心に裏表なく開放することは相手に自分を打ち明けるのと同じことなので、普段から心を開いているという人は不安が少ないように思えます。

常に開放することで前向きな姿勢でいられることもできますし、何かあっても直ぐに対応できるような向上心を持っています。

積極的な人などはこの様なことが当てはまると思います。

不安で溜め込んでしまいがちだという人は少しでもよいので相手に心を開いてみてはどうでしょうか?もしかすると悩みが一気に解決できるかもしれません。

6.リラックスする

リラックスをするというのはとても大事なことです。

疲れている状態だと尚更マイナスの方向に考えてしまうので不安な気持ちも増大させてしまいます。

その様なことがないために、常に休憩時間や休みの時などはリラックスしていることが大事になるのです。

例えば不安でずっと考えているという人でも気分転換に散歩などをすることでリラックスすることができます。

基本的にリラックスというのは気分転換になることも含まれるので、仕事付けの毎日だったから休みの日は好きなことをしよう、という様な考えも良いと思います。

1週間の褒美として美味しい物を食べたりすることでもリラックスできると言われています。

常に窮屈に感じるような生活を送るのではなく、たまには好きなことをして、好きに行動をしてみてはいかがでしょうか?リラックス状態は不安や物事を考えるということを止めさせてくれる効果があります。

リラックスする方法は人により違いますが、お風呂に入ったり、音楽を聞いたりすることでもリラックスできるのではないかと思います。

また、誰かと話をするのもリラックスの1つです。

気楽に話しができる友人や家族、恋人などに不安の話もしつつ、いろいろな話をすることで心身共にリラックスできるのではないでしょうか。

7.ヨガを始める

ヨガを始めるというのは効果的な方法の1つです。

ヨガと聞くとよくダイエットや姿勢などの改善をするためにヨガを始めようということを聞きますが、他にも精神面に関して改善を行う場合もあります。

人により個人差が出ますが、ヨガというのは姿勢を保ちつつも身体を動かすことで身体と心を鍛えることもできるのです。

美容効果もあると言われていますが、ヨガを始めて精神も鍛えることができたという人は多くいるのではないでしょうか。

姿勢なども変わり物の見方が変わったり、物事を捉える際に、以前とは違った考え方をするようになったなどヨガには様々な効果が多いと言われています。

その中でも不安や気になることというのをヨガをすることで拭うことができるのです。

身体を動かすので余計なものを払い身を清めたりするということでもあるので、ヨガを始めて不安や気になることを解消していく人も少なくないでしょう。

8.瞑想する

瞑想と聞くと目を瞑って考えるということを思い浮かぶかもしれませんが、瞑想というのはその逆で目を瞑って何も考えない、無の状態にするということを瞑想と言います。

瞑想をするというのは精神的にリラックスすることもでき、考えを一時無くすことでまた考えた時に更に深く考えることができるという効果もあると言われています。

瞑想をするというのは一度不安になった物やあれこれ考えていることをリセットすると言っても良いでしょう。

目を瞑って様々な呼吸方法などはありますが、それをすることで自分を落ち着かせることができるというのが1つ。

そして考えを無にすることで、無にした後の考えや行動を一気に吸収するといったこともすることができます。

瞑想は難しいと思う人もいるかもしれませんが、慣れるとどこでもできるものです。

座っている環境であればどこでもできるので、興味がある人は一度調べてみてはどうでしょうか。

リラックスすることができるので、体調などの不調も治ることがあり、また不安や怖い考えというものに関して物の見方を変えることができるので、取り除くこともできるかもしれません。

9.好きな音楽を聴く

音楽というのは日常の中で常に入ってくるものだと思います。

例えば音楽と言っても歌が入っているようなものではなく、オーケストラなどの曲を聞くととても効果的だと言われています。

不安で考えている状態を、好きな音楽を聞くことで忘れさせることもできるのです。

何かある度に不安になってしまうという人は常に通勤中や移動中などで音楽を聞くようにしましょう。

スマートフォンやプレーヤーなどを持ち、好きな音楽を入れておくことが大事です。

何も聞いていない状態というのは常にそのことについて考えられる環境にあります。

例えば不安なことを音楽を聞いていない状態だと常に考えてしまうという人もいるのではないでしょうか。

好きな音楽を聞いているとそのことを忘れてつい口ずさんだり、もっと聞いてたくなったりすることが多いのではないでしょうか?その様な状態を常に作れるようにするのも1つの対策になります。

不安で仕方ないという人にとってはとても効果的だと思います。

音楽というのは、どこにでも流れますが好きな音楽、嫌いな音楽とあると思います。

例えば激しい音楽が好きだという人もいれば、ゆっくりとした音楽が好きだという人もいるでしょう。

ロック調やヒップホップの様な曲が好きだという人もいるかもしれません。

その人個性のある好きな曲というのは、その人にとってとてもプラスに働くようになっているのでその曲を聞いていると元気が出てくると思います。

不安なども無くなり、ずっと聞いてテンションが湧いてくるような感覚になるのではないでしょうか。

その様な環境を作ることで不安というものを拭うこともできます。

10.趣味に没頭する

本を読んだり、ゲームをしたり、音楽を聞いたりと様々な趣味があると思います。

例えばショッピングなども1つの趣味でしょう。

その様な趣味に没頭することができるというのはその時の感情をそれだけに絞ることができます。

不安に思っていることがあっても、その趣味をしていれば忘れますよね?でもその趣味を終えた途端にまた不安になるということもあるのではないでしょうか?その様な時はもっと趣味に没頭しても大丈夫です。

忘れるくらい好きなことをするというのは良いことで、不安な気持ちを取り除いてくれます。

趣味というのは好きなことなので、それを嫌々するという人はいないでしょう。

誰もがずっとその趣味に携っていたいと思うかもしれません。

ですが時にはそれから離れて仕事をしたりすることもあるかと思います。

その様な時こそまた趣味のことを考えるべきなのです。

そうすることで不安に思うことや気になることを頭から除けさせてくれるので、常に楽しく生活をすることができます。

11.ポジティブな発言をする

ポジティブな発言をすることで前向きな思考を持つことができ、マイナスな思考を除けることができます。

この様なことはポジティブな発言をすることで向上心などを沸かすことができ、どんなことがあってもあきらめないという形にもなると思います。

その様な人達は基本的に、プラスの力を引き寄せている傾向があるのです。

プラスの力というのはポジティブに行動している人達に多く、基本的にマイナスの様な考え方をしません。

なのでプラスの力を引き入れるというのは次第にポジティブになっていくというものでもあります。

前向きに、元気にというイメージがあるのではないでしょうか?「ポジティブな人だ」と思う人もいるかもしれません。

ですがその様な人は基本的に悩みというものがあまり無く、不安というものも少ないのです。

その様な人になるためには、まず自分から引き寄せる他ありません。

前向きな発言というのはネガティブな考え方をしないということでもあります。

ネガティブな考え方というのは「不安に思うこと」や「もう無理だ…」と直ぐにあきらめたり、未来が無いという考え方をするようなことです。

誰でも辛いことがある時はネガティブに考えたりすると思います。

ですがポジティブな人は少しそう考えても前向きに捉えようとします。

「次は大丈夫だろう!」「この様なことがあってもいつかは…!」という前向きな考えを持っています。

不安に思うのは少しだけで全て自分で解決してしまう人もいます。

まずは前向きな考えを持って不安を拭ってみてはどうでしょうか?

12.とにかく泣く

とにかく泣くことで不安を拭うこともできます。

例えば怖いことや嫌なことがあってそれについてずっと考えているという人にはオススメです。

それが嫌でしょうがない、不安でしょうがないと泣いてみてください。

涙というのは人の貯まっている物を全て取り除いてくれる効果もあります。

他にもストレスなどを感じて体調なども悪いという状態の時に涙を流すことで改善される場合もあります。

涙というのは人に貯まっている考えや鬱憤を一気に出してくれるものです。

とにかく泣いてみることでスッキリするかもしれません。

今ままで不安に思っていたことが泣くことで考えも変わり「大丈夫だ」という気持ちに変わることがあるかもしれませんよ。

13.長い目で考える

時間が解決するという方法です。

長い目で考えるというのは今考えてもしょうがないと思った時に有効です。

時間が経つと考えというのは変わってくるもので、見方も変わってきます。

それはあなた自身が成長している証でもあります。

「昔はこの様なことで不安に思っていたけれど今では大丈夫だ」という気持ちになる人も多いのではないでしょうか?不安というのは時間が経つと解決する場合があります。

今どうしようもできないのなら諦めて時間が過ぎるのを待ってみても良いのではないでしょうか?

14.食事・運動・睡眠をとる

食事や運動、睡眠をとることでも不安というものを解消できます。

規則正しい生活を送るという言い方が正しいでしょうか。

毎朝、昼、夜と3食分を食べていますか?運動を適度に取っていますか?十分に睡眠を取ることができますか?この様な規則正しい生活を送ることで不安というものを取り除くことができます。

生活が不規則になった場合は生活習慣病という病気にかかってしまうことがあります。

これは生活のリズムが一定ではなく、規則正しい状態ではない時に様々な影響を及ぼしてしまうことがあるのです。

例えば体調に変化が出たり常にマイナス思考になってしまったりと、影響が大きく出ます。

常に3食分を取る、睡眠不足にならないような生活をする。

運動をするというこの3つは生活の中でも大事なものであり、不安な考えや気になることがあっても直ぐに解決できたりするものなのです。

規則正しい生活をしているととても1日が楽しくなってくることもあります。

仕事が辛いという人もいるでしょうが、それより辛い人も多いのです。

個人差があり、直ぐに生活の影響に出やすいという人もいるでしょう。

不安なことや気になることをずっと考えている人もいます。

その様な人はまず生活の見直しから始めてみてはどうでしょうか?特に生活のリズムが乱れている人は次第に考えなどもネガティブな考えになってしまうので、ポジティブな考えをするように心がけましょう。

15.部屋の掃除をする

部屋の掃除をすることで不安を解消できるというのもあるかもしれません。

今あなたの部屋はどの様な形になっていますか?物が散らかっている状態だと心も落ち着かず、窮屈に感じるかもしれません。

そういう時はサッと掃除をするようにしましょう。

掃除をしてスペースを作るというのは心にゆとりを持つことができます。

スペースを作りゆとりを作ることで、不安な気持ちなども拭えるかもしれません。

部屋が狭いというのは心に隙間ができていない状態を表すとも言われています。

何か考え事や不安に思うことが多いと部屋のスペースにも影響してしまい、どんどん部屋が狭く感じてくるのです。

その様なことを防ぐためにも、常に掃除などをしてスペースを作るように心がけることができれば、ゆとりも持てるのではないでしょうか。

16.自然に触れる

朝早く起きてしまった、何もしていないという時に効果的なのが自然に触れることです。

不安というのは何もしていない時に特に考えてしまうことです。

人というのは常に考えるので、どこかで考える時間というものを作ると思います。

ですが考える場所もあると思います。

例えば狭い部屋の中でそのことについて考えるのか、それとも外に出て散歩をしながら考えるのか、これには大きな違いがあるのです。

部屋の中というのは窮屈に感じると同時に物が多くあるので、考え方も狭くなってしまいます。

ですが外に出るということで広さも大きく特に散歩ができるのであれば、自然に触れながら散歩をしてみてはどうでしょうか?散歩をしながら不安に思うことを考えていると、部屋とは違った考え方が出てくるかもしれません。

自然に触れるというのは心がリフレッシュされるので、その様な状態で考える不安というのはまた違った見方になるかもしれないからです。

散歩コースなどを決めて自然と触れることで、また違ったものが見えてくると思います。