あなたはズボラという言葉についてどんな印象がありますか?

実はズボラという言葉にそれほど、悪いイメージは持っていないのではないでしょうか?

ズボラな性格やズボラネイルとはよく言ったもので、それほど悪く言われることはないでしょう。

しかし、実際にズボラな人というのは内容を知ってみると、だらしない人だったりするのです。

男女共にこれはイヤだなと思うことがたくさんあります。

時にそれはズボラな人からしたら、過ごしやすいことだったりすると思います。

でもはっきり言って、モテることはないでしょうし、男女ともに嫌悪感や汚いイメージが付くことでしょう。

今回はそんなズボラな人について、「ズボラな人の23個の特徴」を紹介していますよ!

あなたは大丈夫ですか?

自分がズボラではないかどうか今回のこの記事で確かめることができますよ!

早速見てみて、もし当てはまっているのなら直した方が良いですよ。

きっと文章で見てみると、自分ってだらしないなと気づくことができるでしょう!

ズボラとは?

そもそもズボラとは?

ズボラって実際に使われている印象としては、ちょっと可愛いとか簡単といった悪くないイメージが定着していると思います。

あたしズボラだからと耳にすることもあると思いますが、実はそれはかなりの自虐だったりもするのです。

実際の意味、そして内容を見ていくともうそんな言葉を使うことはなくなることでしょう。

それでは早速見ていきましょう。

ここからそんなズボラな性格を直していき、そしてズボラだと言わない、また言われないようにしていきましょうね♪

ズボラの意味

それではズボラの意味って知っていました?

基本的には「だらしがないこと。約束などを守らず、仕事もきちんとしない性格・態度。」を指します。

意外とがっつりイヤな感じですよね。

まず、あなたが思っていた、知っていた感じとはかなり違って嫌な印象だと気づけたと思います。

こんな性格だと思われたら、最悪ですよね。

約束を守らないも嫌ですし、仕事もきちんとしない性格なんて思われたら最悪です。

もしズボラの意味をしっかり知っている人にこのまま「ズボラだなー」と言ってしまったら、かなり嫌われたり、嫌悪感を持たれたりするでしょう。

またそこまで言わなくてもいいじゃないかと怒ってしまうこともあるでしょう。

今この意味を知れた人はかなりラッキーですね。

しっかりとその意味を知って、さらいその内容ももっと見ていき、その言葉を使わないようにしましょう。

さらにそんな人だと思われないためにも今から、具体的な例を紹介しますので見ていきましょうね♪

性格や行動がだらしないこと

性格や行動がだらしないこと、つまり「だらしない」という意味がズボラには込められています。

だらしないと言われるのは日本人として、人としてとても不名誉なことだと思います。

まず言われて嬉しい人はいないでしょう。

あなたは大丈夫ですか?周りからだらしないなーと普段から言われていませんか?

そんなことを言われていたら、あなたもズボラな人だと言われても、また当てはまっていてもしょうがないのです。

また自分でも性格や行動がだらしないと思ったら、改善していく良いきっかけになればいいですね♪

ズボラの基本形のこのだらしないということは、自分にとっても周りにとってもマイナスなことなので、すこしずつでも変えていけたらいいと思います。

やるべきことをやらないこと

やるべきことをやらないこともズボラな人の定義に当てはまっているのですね。

この内容は意外に感じられると思いますが、ズボラな人はそんな大事なこともしないのですね。

やはり誰かにズボラだと言ってしまうのはかなり失礼に値します。

自分はやることはしっかりやっているよと思われてもしょうがないので、この言葉は使う時をちゃんと知っておくべきだと思います。

そんな大丈夫この人?って思うこともこの人ズボラな人って思うことと同じなのですね。

なので、ズボラだと思われないためにはやるべきことをやるしかない、そういうことになります。

行動や態度に締まりがないこと

行動がしっかりとしていなかったり、態度もはっきりしない、つまり締りがないこともズボラだと言えるのですね。

優柔不断とはまた違って、だらしない行動で、シャキッとしていないことがズボラだと言えます。

また態度も不変的なものではなくて、ころころ態度を変えたり、だらしない態度、また自分にも周りにも甘い態度だったり。

またメリハリがなくて、どうでも良い的な態度でいる人もいいけがんな人=ズボラな人となっていくのです。

そんなズボラさんの特徴を知ろう

ズボラな人の定義だったり、内容が分かることができましたね。

あなたはまずその定義に当てはまっていませんか?

もしくは当てはまっていないのであれば、あなたはズボラではないと言えるでしょう。

しかし、実際の具体的な特徴も知ってみてはどうですか?

意外とあなたが普段していることがズボラだったりするのです。

今回はそんなズボラさんの特徴も知っていきましょう。

ズボラな人の23個の特徴

ズボラな人にはこんな特徴があります。

実際にはどんなものがあるのか、今回は23個も紹介しているのでぜひチェックしていきましょう♪

当てはまっていたら、改善するチャンスです!

言われなかったら、見なかったら気づけなかったこともきっとあると思います。

それでは実際にそんな「ズボラな人の23個の特徴」を見ていきましょう♪

細かいことは気にしない

いきなり意外と言いますか、良いことなのでは?と思われる特徴ですね。

細かいことは気にしない。

それは時として大切なことで、前に進むには必要な事だと思います。

しかし、それは時としてであって、常に細かいことを気にしないのは、思いやりにもかけますし、何か重大なミスをしていることにも気づけない可能性があります。

また人間的な本質を相手から気付く事もできずに、いい加減に生きている、またいい加減に人と接していると言えますね。

細かいことを気にし過ぎるのも良くないですが、気にしすぎないのも良くなく、ズボラだと言えます。

部屋が汚い

ズボラな人は基本的に部屋が汚いのですね。

そもそも汚いとも思っていないと思います。

ズボラではなくて、ただのめんどくさがりだったりすると汚いことを自覚しているのですが本当のズボラな人は、それに気付いていません。

さらにそのまま客人を招待しても気にしないほどのズボラだったり。

これは細かいことを気にしないことにも似ていて、そもそも気にならないのですね。

結構自分では気づきづらいと思うので、今これに気付けた人は少し部屋が客観的に見て汚くないかも考えてみましょう!

部屋は自分の心の中を表すと言います。

なので、今の自分の部屋を見れば、自分の心の模様が分かるでしょう。

そして自分がズボラかどうかも分かることができるので、とってもわかりやすく、そして改善点もきっと見つかると思います。

逆にあなたがズボラでなくなっていくと、自然と自分の部屋が整っていくことでしょう。

まず自分の部屋をみることからズボラを改善していってもいいですね♪

足でものをとる

足でものをとるのはだらしないと言われるもっともなことですよね。

よく、おばあちゃんやお母さんに足でものをとるとだらしないからやめなさい!と言われてことはありませんか?

子供の時ならまだ、許されるかもしれませんが、大人になってもそれをしているとズボラな人の可能性があります。

それも自分で今はいいやと思いながらしているのなら、まだ全然大丈夫ですが、それが気にしていなく、日常的にしているのであれば、かなりだらしないでしょう。

それに気付きましょう!

きっと自分よくしているなーと感じた人もいると思います。

とっさにそのくせがどこかで出ないためにも、日常的にしないようにしてみましょうね♪

たまに人が見ていない時ならそれも大丈夫だと思いますよ!

字が汚くて読めない

字が上手くかけずにあまり綺麗ではないのはしょうがないですが、汚い領域まで行くとズボラなのですね。

字は確かに綺麗に書くのは簡単ではありませんが、工夫したり意識すれば誰でもそこそこの字は書けると思います。

そんな中字が汚くて、読めないレベルの人はかなりズボラでしょう。

そもそも自分の感覚だけで書いている、生活を過ごしていることが多いのです。

さらに誰かに読んでもらうということを意識していないのはなかなかの問題だと思います。

また自分の思いだけを伝えたがる傾向にもあり、人間的にめんどくさい人もいます。

字は性格を表すと言います。

せめて字くらいは綺麗に書くことを意識しましょうね。

仮にズボラだったとしてもそこくらいは意識したいものです。

髪は自然乾燥

こんな人はなかなかのズボラな人でしょうね。

そもそも髪を乾かさなくてもイイのは坊主の人くらいでしょう。

普通に考えて、むしろ考えなくても髪って乾かしますよね?

髪を乾かさないと健康にも良くないですし、そもそもメリハリがなくてイヤだと思います。

そこに何も感じない人はなかなかの ズボラで割とそんな人も多いのではないでしょうか?

ズボラとしてもあまり良くないですが、頭が冷えてしまい、体に悪いので自然乾燥はやめた方がいいですね。

ドライヤーでしっかりと乾かすことをおすすめします♪

また自然乾燥をしていると湿った状態が続くので、髪がくさくなったり、見た目が悪くなったりするので、それもズボラだと思わせてしまうことに繋がっていくので注意です。

洗った手も自然乾燥

「えっそんな人いるの?」って思いませんでしたか?

たまにいるんですよね。

手を洗っても、拭かずに乾かさずに濡れたままでいる人。

それで平気でどこかに触ったり、最悪人に触ったりしているのです。

これはかなりイヤですし、触らないでほしいですよね。

人に嫌われる理由ともなりかねませんし、他人だったらまず変な人、だらしない人だと思われるので、こちらは直ちにやめましょう。

そもそも洗った手を乾かさないと濡れているので、何かを濡らすのですから、それで何か壊してしまったり、濡らしてしまったり、またそれを気にせず使ったり提出したりするとさらにズボラなので、手は洗ったら乾かしましょう。

財布がレシートだらけ

こちらは割りといると思いますが、ズボラな人の特徴としても挙げられます。

財布がレシートだらけの人は、金銭感覚が自分で管理しきれていないことがあります。

どんぶり勘定のこともありますし、またメリハリがない、スッキリしていない性格だとも言えますね。

お金にルーズになっていることもあるので気を付けていきましょうね。

またそんなパンパンだったり、レシートがはみ出している財布を見たら基本的に良い印象は与えないので、整理はしておくことをおすすめします。

特に、必要なカードなどがすっと出てこないことがあるので、不便でもあり、利便性にかけて、それもズボラなひとの特徴なのですね。

自分がテキトーにしていることが、自分の行動などを不便にしているのです。

それに気付く事ができなくて、時間や体力を無駄に消費しているかもしれない。

そんなことにも気づけるようになると良いですね。

しかし、お金に余裕がある人や、後で整理しなければいけない人、またそのレシートを割引に使おうとしている人もいるので、一概にズボラだと誤解しないようにしましょうね♪

休日は1日パジャマ

だらしないと言われる定義がパジャマで一日を過ごしてしまうことです。

休日だから家にずっといてパジャマでいる、疲れているから今日は家で寝る!

そんな人もいると思います。

しかし、健康で疲れていないのにパジャマで居て、普段着に着替えないのはメリハリがないとも言えますね。

これはよくあるかもしれないので、なかなかズボラなのかどうかわかりづらいと思います。

気分が乗ってきたら、服を私服に変えるのも良いですが、私服に着替えると自然と気分もついてきて明るくなることもありますよ♪

ちょっとメリハリつけようと思えたら、一回軽い私服、普段着に着替えてみても良いですね♪

ムダ毛処理を怠る

男性だと無精ひげ、女性だとムダ毛処理。

それを怠っている人はズボラでだらしないと思われる可能性があります。

基本的に他人を意識しないとそんなことになっちゃうのですね。

自分の世界感でのみ生活していると、髭をそること自分が嫌だな、剃ろうと思うまでほったらかしなのですね。

女性も異性を意識しない、また意識しているけどそこにまで目に行かない人はかなりズボラだと思います。