あなたはズボラという言葉についてどんな印象がありますか?

今回は、「ズボラな人の19個の特徴」を紹介していきますよ!

自分がズボラではないかどうか今回のこの記事で確かめてみてくださいね。

この記事の目次

ズボラとは?

そもそもズボラとは?

ズボラは実際に使われている印象としては、悪くないイメージが定着していると思います。

「あたしズボラだから」と耳にすることもあると思いますが、実はそれはかなりの自虐だったりもするのです。

実際の意味、そして内容を見ていくともうそんな言葉を使うことはなくなることでしょう。

ズボラの意味

ズボラの意味は、基本的に「だらしがないこと。約束などを守らず、仕事もきちんとしない性格・態度。」を指します。

あなたが思っていた感じとはかなり違って嫌な印象だったのではないでしょうか?

こんな性格だと思われたら、嫌ですよね。

約束を守らない、仕事もきちんとしない性格なんて思われてしまったら印象は悪くなってしまうでしょう。

もしズボラの意味をしっかり知っている人にこのまま「ズボラだなー」と言ってしまったとしたら、相手は良い気はしません。

そこまで言わなくてもいいじゃないかと怒ってしまうこともあるでしょう。

しっかりとズボラの意味を知って、簡単にその言葉を使わないようにしましょう。

性格や行動がだらしないこと

性格や行動がだらしないこと、つまり「だらしない」という意味がズボラには込められています。

だらしないと言われるのは、人としてとても不名誉なことだと思います。

まず言われて嬉しい人はいないでしょう。

あなたは大丈夫ですか?

周りからだらしないなーと普段から言われていませんか?

そんなことを言われていたら、あなたもズボラな人だと言われても仕方ないのです。

また自分でも性格や行動がだらしないと思ったら、改善していく良いきっかけになればいいですね。

ズボラの基本形のこのだらしないということは、自分にとっても周りにとってもマイナスなことなので、少しずつでも変えていけたらいいと思います。

やるべきことをやらないこと

やるべきことをやらないこともズボラな人の定義に当てはまっているのですね。

ズボラな人はそんな大事なこともしないのです。

行動や態度に締まりがないこと

行動がしっかりとしていなかったり、態度もはっきりしない、つまり締りがないこともズボラだと言えるのです。

優柔不断とはまた違って、だらしない行動で、シャキッとしていないことがズボラです。

また態度も不変的なものではなくて、ころころ態度を変えたり、だらしない態度、また自分にも周りにも甘い態度だったり。

またメリハリがなくて、どうでも良いような態度でいる人もいいけがんな人=ズボラな人となっていくのです。

ズボラな人の19個の特徴

ズボラな人にはこんな特徴があります。

実際にはどんなものがあるのか、今回は19個も紹介しているのでぜひチェックしていきましょう♪

当てはまっていたら、改善するチャンスです!

言われなかったら気づけなかったこともきっとあると思います。

それでは実際にそんな「ズボラな人の23個の特徴」を見ていきましょう。

1.細かいことは気にしない

細かいことは気にしないのは、良いことなのでは?と思ってしまいますね。

それは時として大切なことで、前に進むには必要な事だと思います。

しかし、時としてであって、常に細かいことを気にしないのは、思いやりにもかけますし、何か重大なミスをしていることにも気づけない可能性があります。

また、いい加減に生きている、いい加減に人と接しているとも言えますね。

細かいことを気にし過ぎるのも良くないですが、気にしすぎないのも良くなく、ズボラだと言えます。

2.部屋が汚い

ズボラな人は基本的に部屋が汚いのが特徴です。

ですが、本人はそもそも汚いとも思っていないと思います。

ズボラではなくて、ただのめんどくさがりだったりすると汚いことを自覚しているのですが、本当のズボラな人はそれに気付いていません。

さらにそのまま客人を招待しても気にしないほどのズボラだったり。

これは細かいことを気にしないことにも似ていて、そもそも気にならないのですね。

結構自分では気づきづらいと思うので、あなたも部屋が客観的に見て汚くないか考えてみましょう!

部屋は自分の心の中を表すと言います。

なので、今の自分の部屋を見れば、自分の心の模様が分かるでしょう。

逆にあなたがズボラでなくなっていくと、自然と自分の部屋が整っていくことでしょう。

まず自分の部屋をみることからズボラを改善していってもいいですね♪

3.足でものをとる

足でものをとるのはだらしないと言われるもっともなことですよね。

子供の時ならまだ許されるかもしれませんが、大人になってもそれをしているとズボラな人だと思われてしまうでしょう。

とっさにそのくせがどこかで出ないためにも、日常的にしないようにしましょう。

4.髪は自然乾燥

髪は自然乾燥という人もなかなかのズボラな人でしょう。

ズボラな人は、お風呂上りに放っておけば自然に乾いているからいいや!と考えているかもしれません。

乾かす時間がめんどくさいのでしょう。

ですが、髪をドライヤーでしっかりと乾かさないと、パサパサになり傷んでしまう可能性があります。

そうなれば、外見からも髪のお手入れができていないズボラな人、清潔感が感じられない人という印象を与えてしまいます。

5.洗った手も自然乾燥

ズボラな人は、ハンカチを持ち歩いていないので、手を洗っても拭かずに自然乾燥させようとします。

その濡れた手でドアを空けたり、どこかに触ったりしているのです。

本人は気にしていないかもしれませんが、周りからすると不快な行動です。

いくらズボラでも、ハンカチは常に持ち歩くようにしましょう。

6.財布がレシートだらけ

財布がレシートだらけの人は割りと多いかもしれませんが、そんな人はズボラな人だと思われていますよ。

財布がレシートだらけの人は、お金を自分で管理しきれていないことがあります。

どんぶり勘定なところもありますし、お金の使い方もズボラでメリハリがないのではないでしょうか。

お金にルーズになっていることもあるので気を付けていきましょう。

またそんなパンパンだったり、レシートがはみ出している財布を見たら基本的に良い印象を与えません。

いつもレジで必要なカードをすっと出すことができず、時間がかかって慌てているの人も多いと思います。

レシートは1日の終わりに必ずお財布から出すというのを習慣にし、いつも整頓された状態で綺麗にしておきましょう。

7.休日は1日パジャマ

ズボラな人は、出かける予定がない日は一日中パジャマで過ごしてしまうこともあるでしょう。

誰にも会わないし、今日はゴロゴロ家で過ごすし着替えなくてもいっか!と思うのかもしれませんね。

しかし、部屋着や普段着に着替えないのはメリハリがないとも言えます。

また、私服に着替えると自然と気分も明るくなって行動的になることもできます。

ダラダラと過ごしてしまって1日があっという間に終わってしまう人は、まずはパジャマから普段着や部屋着に着替えてみましょう。

8.ムダ毛処理を怠る

男性だと無精ひげ、女性だとムダ毛処理。

それを怠っている人はズボラでだらしないと思われる可能性があります。

ズボラな女性でも、夏になればムダ毛処理を完璧にするという人も多いかもしれません。

ですがそれ以外の季節でも、ふとした時に見える足や腕にムダ毛が生えていた…なんてことにならないように気を付けましょう。

本人は気にしていないかもしれませんが、案外他人には見えているかもしれませんよ。

9.寝癖をなおさない

家にずっといる休日なら分かりますが、会社に出勤する日や休日にどこかに行く日に寝ぐせを直さない人はズボラな人だと思われるでしょう。

少しの寝ぐせだったり、相手に不快に思われない程度ならOKだと思います。

しかし本当にズボラな人って、すごい寝ぐせが付いていても気にしていないのですね。

そもそも気にならないのです。

またそんな人は顔も洗っていない可能性や口の周りが汚かったりして、不潔な印象を与えている可能性もあります。

10.同じ服でも気にしない

ズボラな人は、同じ服でも気にしません。

一般的には、その日の気分やTPOによって服装を変えるはずです。

また今日はこの色が落ち着く、今日はシャキッとしたパンツが良いなど、その日によって多少なりともコーディネートを変えます。

ですがズボラな人は、同じような服を着まわしたり、2日間同じ服を着ていたとしても気にしないのです。

11.バッグやポーチの中がぐちゃぐちゃ

バッグやポーチの中がぐちゃぐちゃなのは、ズボラな人の特徴の一つです。

女性でもどうしたらそんなにぐちゃぐちゃにできるの?と不思議に思うくらい、バッグの中身がぐちゃぐちゃになっている人がいます。

スマホの充電コードとイヤホンが絡まっていたり、食べかけのお菓子の袋が雑に詰め込まれていたり…。

ズボラな人は、あれもこれもと本当に必要でないものまで鞄の中に突っ込む癖があるので、いつもバッグはパンパンですし、荷物が多い傾向があるのです。

外見がどれだけ綺麗な女性でも、バッグの中身がチラッと見えた時にぐちゃぐちゃだと異性からの印象はガクッと落ちてしまうでしょう。

12.服にシミやしわがある

服にシミが付いていたり、しわくちゃなシャツを着ていても、それを気にしないのがズボラな人です。

シャツやジーパンに思いっきり醤油のシミが付いているのに、気にせずにそれを着て仕事に出かけたりすると清潔感のない人がと思われてしまいます。

相手に不快に思われないとしても、こういう性格なんだと思われてしまいますよ。

なので、シミが付いている服は綺麗に洗濯をして落とすか、クリーニングに出すなどしてシミのない状態で綺麗に着ましょう。

また、しわになったらアイロンかけることを習慣づけましょう。

面倒かもしれませんが、それをするだけでもズボラな印象をガラッと変えることができます。

13.時間にルーズ

時間にルーズな人はズボラな可能性がかなり高いです。

毎回約束の時間に遅れて行ったり、学校や会社にも数分遅刻したり。

ズボラな人は、なぜか時間が守れずにいつも人を待たせてしまいます。

そのため、時間にルーズな人、約束を守れない人という印象を持たれがちです。

相手の大切な時間を奪うことにもなりますので、約束の時間のギリギリに到着するような予定を立てるのではなく、5分前行動ができるようにすると良いですね。

14.ノーメイクで外出する

近所のコンビニに行くくらいならすっぴんでも良いかもしれません。

しかし、会社や友達と遊ぶ時にもすっぴんで外出するのはただのめんどくさがりな人ですよね。

いくらズボラな人でも、簡単なメイクをするようにしましょう。

それが社会人としてのマナーかもしれません。

15.メールの返信がかなり遅い

こちらはマイペースな人ならしょうがないことだとも言えるかもしれません。

しかし、仕事の話やなにかお互いで決めるなどの話をしている時に、何日もたってからやっとメールが来るのはいい加減な人で当てにならないと思われることでしょう。

さらにそこに遅れて申し訳ないといった文章がなければ、かなりのズボラな人だと印象は悪くなります。

そういう人は信用出来ないと思われてしまうこともあるので、なるべく早めの返信を心がけましょう。

16.男/女を捨てている

最強のズボラだと言っても良いかもしれない、この男/女を捨てている。

男性だとまず不潔、そして頼りないことばっかりする。

女性も不潔だったり、髪がパサパサで痛んでだり、かなりプリンになっていたり…。

ズボラな人は、性格が見た目にも出てしまっているのです。

17.歯を毎日磨かない

かなりのズボラな人は、歯を毎日磨かないこともあるのだとか。

歯磨きは2、3分もあれば終わるのに、その時間ですらも面倒だと感じてしまうのでしょう。

毎日歯を磨くのは口内を清潔に保つためには欠かせません。

毎日歯を磨かないということは、口臭で人に迷惑をかけている可能性もあります。

せめて朝と夜は磨きましょう。

18.いつ洗濯したか覚えてない

この服洗濯したっけ?いつからここにあったっけ?まあいいや着てしまおう!と思ったあなたはズボラの予備軍かもしれません。

普通の感覚なら、これいつくらいに着て、いつ洗濯していると自然と分かっているはずです。

しかし、それが全然わからなくてなんとなく着ている人はズボラな性格をしていると言っても良いでしょう。

19.どことなく不潔感がある

ズボラな人はどこか不潔感があるのが大きな特徴です。

例えば、何かを食べる時に口を閉じなかったり、嫌な臭いがいつもしたり、また自分のくさい臭いに気付いていなかったり。

そんな人は不潔感があり、ズボラな人なのですね。

相手に嫌な思いをさせないためにも、清潔な状態を保ちましょう。

ズボラな人は非モテまっしぐら!

いかがだったでしょうか?

ズボラな人は異性にモテません。

この特徴を見て、こんな人と付き合いたいと思う人はいないですよね。

もし今回ズボラな人の特徴に当てはまっていたのなら、それを少し改善してみてはいかがですか?