CoCoSiA(ココシア)

ビッチとはどういう意味?ビッチな人の12個の特徴、使い方・例文・類語・対義語を紹介!

ビッチという言葉には一体どのような意味があるのでしょうか?

ここでは、「ビッチ」とはどういう意味なのか、ビッチな人の12個の特徴、使い方や例文・類語・反対語などを紹介します。

ビッチと出会いたい人は、このマッチングアプリを使ってみて下さい >>>

️「このビッチが!」ってよく聞く悪口

女性に対して使われるこの「ビッチ」という言葉。

使われるシーンでの雰囲気や会話の流れで「いい言葉ではないな」「褒めてはいない」ということがわかるように、罵る言葉として使われることが多いです。

周りの人たちは一体どのようにビッチという言葉をとらえて使っているのか気になりますよね。

それでは、ビッチという言葉について見ていきましょう。

ビッチとはどういう意味?

ビッチとは「“男性にだらしない軽い女性”という意味合いを込めて使われる言葉」です。

つまり、尻軽女、性的にだらしがない女性という意味があります。

また、事実ではなくてもそういった雰囲気をまとっている女性に対しても使われることがあります。

ほとんどの場合、ネガティブな表現として使われることが多いでしょう。

しかし女性同士の会話では、男遊びしてそうな女性に対して軽い意味合いで使われることが多く、「ビッチだよね」など冗談交じりで使われることもあります。

英語「bitch」の意味

英語では「意地悪な女」「イヤな女」という意味で英語スラングとして使われます。

英語の場合、必ずしも性的な意味で使われるわけではありません。

スラングでのビッチはとても汚い最悪の罵り言葉になるので、使う際には注意しましょう。

本来の意味はメス犬

「ビッチ」という言葉は、もともと英語で「メス犬」という意味があります。

その後に意味を変え、女性を罵る言葉として使われるようになりました。

ビッチと出会いたい人は、このマッチングアプリを使ってみて下さい >>>

️ビッチな人の12個の特徴

「ビッチ」という言葉を使われがちな女性にはどんな人が多いのか気になりますよね。

「もしかしたら私もビッチかもしれない…」「誰かが私のことをビッチだと思っているかもしれない…」と思うと落ち着かないですね。

ここでは、ビッチな人の特徴をお伝えするので、自分に当てはまっていないか是非参考にしてみてくださいね。

1.付き合う前に関係を持つ

ビッチな女性は、男性と付き合う前に関係を持ってしまうことが多いです。

一般的には、まずは好きな人と両想いになって、お付き合いをして、手をつないで、キスをして…という順序がありますよね。

しかし、ビッチな女性はそんなことお構いなしに体の関係から始めるのです。

ビッチな女性の中には「体の相性が良くないと付き合ってもうまくいかない」と考える人もいます。

しかしとくに付き合う気もなく、ただ流れでそのような関係になってしまうことも多いでしょう。

何人かの男性とそういった関係を持っている人もいるかもしれません。

まさに男性にだらしない女性と言えます。

なんにしてもビッチな人は、付き合ってもいない人と体の関係を持つことを軽く考えている傾向があります。

2.寂しがりや

ビッチな女性は、寂しがりやな人がとても多いです。

そのため、自分が寂しいときに一緒にいてくれるような人を常に求めています。

ビッチな女性が弱音を吐くときに、気兼ねなくずっと話しを聞いて一緒にいてくれるのは、同性の友達よりも自分に気がある男性だと思っていることが多いようです。

そんな男性を自分の元につなぎとめるために、気があるような言動をとったり体の関係を持ったりすることがあるのでビッチだと思われることがあるのです。

男性からしても、ちょっと気になる女性やアリだなと思っている女性が自分を頼ってくるのは悪い気はしません。

3.愛情に飢えている

ビッチな女性は愛情に飢えているため、男遊びをして男性に愛情を求めたり、体の関係を持って自分は愛されていると感じようとします。

幼い頃に親から受けられるはずだった愛情が不十分であったり、友達とのつながりが希薄だったりすると、それで空いた心の穴を男性との関係で埋めようとしてしまうのかもしれません。

体の関係を持っているうちは誰よりも必要とされていると感じることができるので、その感覚を繰り返そうとしてしまうのです。

不足した愛情を男性との関係で疑似的に体感し、寂しさをごまかしています。

4.だらしなさが垣間見える

ビッチな女性は性的な部分だけでなく、その他の部分でのだらしなさが垣間見えることもあります。