あなたの周りにも実際の年齢よりもはるかに若く見える人はいませんか?

「エッ!?そんな歳だったの!」と思わず驚愕してしまうほど、若々しいその姿はまさに憧れの的ですよね。

この記事では、実際の年齢よりも若く見える人の特徴をご紹介していきたいと思います。

️年齢を聞いて驚いた経験ありますか?

いつも若々しい人に年齢を聞いた時「エッ!?本当に!?」こんな思いをされた経験はないでしょうか?

30代だと思っていたら、実はアラフォーだったなどです。

年齢より若く見られたいと思う人は多いと思います。

では、一体どういう生活を送ったら若く見られるようになるのでしょうか?

年齢より若く見られる人にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

【無料枠あります】年齢より若くみえる人の特徴に当てはまるか、占いで診断するにはこちら →
(PR:Tphereth)

️年齢より見た目の方が若い人の27個の特徴


それでは年齢より見た目の方が若い人の特徴を27個、一挙に紹介して参ります。

これらの特徴をじっくり研究してもらえたら、あなたも年齢より若く見られるようになるかもしれません。

元気でイキイキしてる

年齢より見た目の方が若い人の特徴の1つ目は「元気でイキイキしている」です。

見た目の方が若く見えるには、何も外見に思いっきりお金をかけて若返るだけが方法ではありません。

元気でイキイキしているだけで若々しい印象を与えます。

反対にいつも暗かったりすると老けて見えてしまうことがあります。

年齢より見た目の方が若く見える秘訣は、その人の内面の充実具合も大きな要素になってきます。

いつも笑顔

年齢より見た目の方が若い人の特徴の2つ目は「いつも笑顔」という事です。

「笑顔」の人はいくつになっても魅力的です。

いつも会うたびに笑顔で明るい人と、会うたびに仏頂面の人では、誰もが笑顔の人に好感を抱くでしょう。

好感度が高い人の方が若く見えてしまうのも人間の不思議なところです。

笑顔を作るのが苦手な人は、早速鏡に向かって口角を上げる練習をしてみましょう。

このような簡単な方法でもあなたを若く見せてくれる効果が期待できます。

美しい肌

年齢より見た目の方が若い人の特徴の3つ目は「美しい肌」の持ち主だという事です。

お肌が加齢と共に老化していくのは人間ならば止める事のできない自然現象なのですが、見た目の方が若い人は、様々な努力で若くて美しい肌を保っています。

お肌の老化を防ぎみずみずしさをいつまでも保つには食べるものや運動、睡眠時間、便秘の有無など、いろいろな理由が考えられるでしょう。

しかし美しい肌を保つためには、イライラせず、いつでも平静な気持ちを保つ事も大切です。

俗にいう「ストレス」を感じていない生活を上手く取り入れているという事でしょう。

ストレスは美容にとっても大敵です。

心やすらかな生活を送れる工夫があなたを見た目の若い人に近づけてくれるでしょう。

クマがない

年齢より見た目の方が若い人の特徴の4つ目は「クマがない」です。

目の下にいつもクマを作ってしまっていては、いくら若くても実際の歳よりも老けて見られてしまうことがあります。

クマは年齢を如実に表してしまう部分です。

まず生活習慣を振り返ってみましょう。

夜更かししていませんか?栄養はしっかり摂っていますか?適度な運動も行っていますか?

疲れが溜まると、クマが出来やすくなってしまいます。

生活サイクルを見直して健康的な毎日になるよう改善しましょうね。

ほうれい線やシワがない

年齢より見た目の方が若い人の特徴の5つ目は「ほうれい線やシワがない」です。

加齢と共に、表れやすいのがシワやほうれい線です。

ほうれい線やシワは、どうしても年齢を感じさせてしまいます。

しかし、年齢より見た目の方が若い人達は、ほうれい線やシワが目立たないような工夫や、出来ないように日頃のお肌の手入れに気を付けています。

お肌から水分が奪われカサカサにこわばってしまうと、老けたような印象を与えてしまいます。

保湿対策を忘れずに行い栄養バランスの取れた食事に気を付けることで、見た目年齢を維持していきましょう。

しっかり睡眠をとっている

年齢より見た目の方が若い人の特徴の6つ目は「しっかりと睡眠をとっている」です。

人間の体には適度な休養が必要です。

睡眠は疲れた脳を休ませ再び活動してもらうために欠かせないものなのですが、もし脳が睡眠を取れずに24時間、働かなければならない状態が続いてしまうとどうなってしまうでしょうか?

様々な影響を及ぼす可能性がありますが、その中でもよくないのがホルモン分泌の異変でしょう。

ホルモンの正常な分泌があるからこそ身体の代謝機能がスムーズに働くのです。

睡眠を正しく取らなかったり、夜更かしを続けたり、偏った食事を続けるとお肌が荒れたりするのもその影響です。

お肌がみずみずしさを失いカサカサになってしまうと、どうしても老けて見えがちです。

そういった事態を防ぐためにも、睡眠はしっかり取る必要があります。

「寝る子は育つ」という諺もあるように、睡眠は私たちの身体のメカニズムに密接な関係を持っているものといえるでしょう。

【無料枠あります】年齢より若くみえる人の特徴に当てはまるか、占いで診断するにはこちら →
(PR:Tphereth)

栄養のある食事を心がけている

年齢より見た目の方が若い人の特徴の7つ目は「栄養のある食事を心がけている」です。

人間には生きていくために栄養が必要です。

それも五大栄養素と呼ばれる栄養をバランスよく摂る事が大切です。

また必要以上のダイエットも逆に老けて見える原因になってしまうことがあります。

ダイエットを行うと、どうしても栄養が偏ってしまいがちです。

炭水化物もタンパク質も脂質も糖質も、生きていく上で必要な栄養素なのです。

わざと摂取しない生活を続けてしまうと、かえって身体の老化を早くさせてしまう事も考えられるでしょう。

定期的に運動をしている

年齢より見た目の方が若い人の特徴の8つ目は「定期的に運動をしている」です。

運動は身体の代謝アップを図り、体内の脂肪を燃焼させ、余分な老廃物を体外に排出させ血行を促進させるなど、様々な効果が確認されています。

歳を重ねるごとに代謝が落ち太りやすくなってしまいますが、運動をすることでスタイルをキープすることもできます。

運動によって汗をかかなければ体内に不要な老廃物が溜まってしまって身体の劣化が速まるでしょうし、運動によって筋肉を鍛えなければ骨ももろくなってしまい日常生活に影響を及ぼす可能性もあります。

また運動による有酸素運動の積極的な取り入れは、体内に酸素を取り入れ血行を促進させ体内の隅々にまで血液によって酸素を送り込めます。

これらはいずれも体の若さを維持させるのに欠かせないものばかり。

栄養と睡眠と運動は三位一体の効果です。

どれかが極端に少なくならないように気をつけましょう。

筋トレをしている

年齢より見た目の方が若い人の特徴の9つ目は「筋トレをしている」です。

筋肉は身体の成長、代謝の促進を司る重要なものです。

筋量が減ってくると身体の隅々に栄養素を送り込む力が弱まってしまい、最終的には人骨に影響を与えてしまう可能性もあります。

健康体で若さ溢れる人の身体は、骨格も見事に決まっています。

その骨格の維持形成のためにも筋トレはやっておきたいトレーニングですね。

筋トレというとジムで重いバーベルを筋肉モリモリの男性がやっているというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかも分かりませんが、そんなに硬く考える必要はありません。

自分の力量・ペースに合わせたトレーニングを行えばいいのです。

最初は軽いウエイトから挑戦していきましょう。

やり慣れてくると一つずつ目標を達成できていく筋トレの面白みが分かってくると思います。

筋トレは場所も道具も選ばないので気軽に行うことができます。

ポジティブで前向き

年齢より見た目の方が若い人の特徴の10個目は「ポジティブで前向き」です。

前向きだという事は、その人に可能性があることを示唆していますね。

可能性を追求する人には情熱とエネルギーが満ち溢れています。

そのようにいきいきしていることが、見た目よりも若く見える秘訣なのでしょう。

健康的でツヤのある髪

年齢より見た目の方が若い人の特徴の11個目は「健康的でツヤのある髪」です。

ツヤのある髪はその人を若く見せる効果があります。

髪の毛によって相手に与える印象も変わってきます。

やはり傷んでボサボサの髪の毛では老けた印象を与えてしまいます。

若く見せるためには日々のヘアケアも怠らないようにしましょう。

ハキハキ喋る

年齢より見た目の方が若い人の特徴の12個目は「ハキハキ喋る」です。

喋り方で相手に与える印象は違います。

話し方の表情や身振り手振り、声のトーン、抑揚、語彙の豊富さなどによっても相手に伝える印象はかなり変わってきます。言葉をしっかり、ハキハキと喋られる方が若々しい印象を与えますよね。

言葉の力といいますか、言葉が持つ魅力を十二分に引き出しているから、とも言えるかもしれません。

スタイルを維持している

年齢より見た目の方が若い人の特徴の13個目は「スタイルを維持している」という事です。

確かに若く見られようと思ったなら、外見は重要ですね。

若々しく見られる体型、それは若かりし頃の体型を崩さず、スタイルを維持している事でしょう。

男性も女性もそうですが、一般的に中年期にさしかかると、若いころに比べて体型が崩れてくる傾向があります。

年配になって太っている、というのは一つの定着したイメージになっているかもしれません。

歳を取れば体型が変わるのは当たり前、というのが風潮だとしたら、その逆をいっていれば若く見られるという事になります。

スタイルを維持するのは容易いことではありません。

しかし、厳しく自分をコントロールすれば出来ないことはありません。

見た目の方が若い人は隠れたところで努力しているという事ですね。

むくみのない脚

年齢より見た目の方が若い人の特徴の14個目は「むくみのない脚」です。

人間、特に女性は加齢と共にホルモンバランスの乱れが顕著となっていきます。

全身のむくみもその一つと言えるでしょう。

特にスカートをはく仕事に就く人にとって、脚がむくんでしまうのは困りますよね。

運動不足や年齢を感じさせてしまうこともあります。

ここで諦めてしまう人もいますが、見た目の方が若く見える人はここから努力を重ねます。

生活習慣やリズムを今一度振り返り、乱れている部分があるならば改善しましょう。

スタイル同様、脚のむくみも頑張り次第で軽減していけます。

あとはいかにして自分の気持ちをコントロールしていくかでしょう。

【足のむくみに効くマッサージ方法は、こちらの記事もチェック!】

エネルギッシュ

年齢より見た目の方が若い人の特徴の15個目は「エネルギッシュ」という事です。

若々しく見える人の動作はキビキビしていてとてもエネルギッシュです。

道を歩く時も背筋がスッと伸びていて姿勢がいい人が多いです。

背中が猫背になってゆっくりゆっくり歩いている風を見たら、どのように思われるでしょう?おそらく老けた印象を与えてしまうのではないかと思います。

エネルギッシュという事は日頃から元気で活力に溢れた生活を送れている証拠です。

年齢より見た目の方が若い人がスローな動きをしているシーンはあまり見た事がありません。

スローな動きは体内のエネルギーが少ないように見え、老けて見える原因になってしまうことがあります。

オシャレを楽しんでいる

年齢より見た目の方が若い人の特徴の16個目は「オシャレを楽しんでいる」です。

オシャレを楽しんでいるということは、見た目に気を遣っているということになります。

見た目に気を遣っている人の方が若く見えるのは当然のことかもしれません。

人は見た目が9割などと言われるように、年齢も見た目で判断されがちです。

もし普段オシャレをしていないなら、これからはオシャレをしてみると、今よりも若く見られるようになる可能性があります。

【無料枠あります】年齢より若くみえる人の特徴に当てはまるか、占いで診断するにはこちら →
(PR:Tphereth)

実年齢−5歳のファッション

年齢より見た目の方が若い人の特徴の17個目は「実年齢-5歳のファッション」を取り入れている、という事です。

ファッションセンスというのはその人の人間性が如実に表れますね。

確かにオシャレに気を配らない人よりも、配っている人の方が若々しく見えます。

しかし、自分の実年齢とあまりにかけ離れたファッションをしてしまうと、かえってバランスが崩れてしまい、無理をしているような印象を与えてしまうこともあります。

年齢より見た目の方が若い人が若く見えるのは、ファッションを自分の年齢より-5歳分程度に留めているから、余計に光るのです。

まさに歳相応を意識しながらさりげなくオシャレ感を演出する。

これが年齢より見た目の方が若く見える秘訣なのでしょうね。

さりげなくトレンドを取り入れる

年齢より見た目の方が若い人の特徴の18個目は「さりげなくトレンドを取り入れる」です。

これはファッションセンスにも通じる部分ですね。

今、流行りの流行についてはしっかり把握しており、流行についての情報もいち早く取り込んでいます。

そして、自身もさりげない程度にその流行というかトレンドをファッションの一部として取り込んでいるのです。

このような行動は気持ちが若いから出来ることなのでしょう。

見た目の方が若い人は発想が若いからこそ、それが見た目にも表れているのかもしれません。

フットワークが軽い

年齢より見た目の方が若い人の特徴の19個目は「フットワークが軽い」です。

フットワークが軽いという事は、行動力があるということです。

行動力に優れている人は気持ちも柔軟で若いということではないでしょうか。

歳を重ねると、若いころのような行動力はなくなっていきがちです。

しかし年齢より見た目の方が若い人は、行動力があってエネルギッシュなため、若く見えるのでしょう。

でしゃばらない

年齢より見た目の方が若い人の特徴の20個目は「でしゃばらない」です。

歳を重ねれば重ねるほど自己中心的になったり、人前で喋らなければ損、みたいな行動を取ってしまう人もいます。

しかし、そういった言動から若さを感じることはないでしょう。

年齢より見た目の方が若く見える人は、でしゃばらないため好感を持たれたり、尊敬されやすい傾向があります。

それらのムードを兼ね備えているため、同年代の人と比べられ若く見られるのでしょう。

愚痴や悪口を言わない

年齢より見た目の方が若い人の特徴の21個目は「愚痴や悪口を言わない」です。

いつも愚痴や悪口を言っている人は、暗く老けた印象を与えてしまいがちです。

これはその人の生き方がポジティブかネガティブかを見極める大きな指標になります。

愚痴や悪口を言わない人は、ポジティブな言動が多いため、若く見られるのでしょう。

若い人と仲良くしている

年齢より見た目の方が若い人の特徴の22個目は「若い人と仲良くしている」です。

ある程度の年齢に差し掛かってくると、若い人の話しについていけなくなりがちです。

そのため自然と同世代の人の輪ばかりにはまるようになり、そこで若い人達への文句や不満などを話の種にして会話が盛り上がることがあります。

しかし、年齢より見た目の方が若く見える人達は、積極的に若い人とも仲良くしています。

若い人と一緒にいるだけでも脳が活性化し気持ちは若返るものなのです。

仕事もプライベートも充実している

年齢より見た目の方が若い人の特徴の23個目は「仕事もプライベートも充実している」です。

仕事はもちろん、プライベートでなにか趣味や好きなことがあると充実した日々を送ることができます。

例えば、定年後に趣味があって毎日いきいき過ごしている人と、特に趣味などもなく毎日を送っている人では見た目の若さが違って見えることがあります。

やはり毎日いきいき過ごしている人は若さがみなぎっています。

生活を充実させることで、内面から若さがにじみ出てくるのかもしれません。

疲れを感じさせない

年齢より見た目の方が若い人の特徴の24個目は「疲れを感じさせない」です。

人間、年齢を積み重ねると、どうしても体力の減退から疲れやすくなってしまいます。

また一旦溜まった疲れも取れにくくなり、表情にも表れることがあります。

疲れた表情は老けた印象を与えてしまいがちです。

ところが年齢より見た目の方が若い人は、疲れ知らずで、何時でもキビキビハキハキしているため若く見えます。

健康に気を遣っている

年齢より見た目の方が若い人の特徴の25個目は「健康に気を遣っている」です。

健康はすべての土台となります。

健康的だと見た目も若々しく見えますが、反対に不健康そうな人は老けて見えがちです。

健康でいることが若く見られる一番の近道かもしれませんね。

美容への意識が高い

年齢より見た目の方が若い人の特徴の26個目は「美容への意識が高い」です。

美容といっても何も全身美容で高額の費用をかけて行うもの、という訳ではありません。

人様の前に立っても恥ずかしくない程度の身だしなみというか、マナー的におかしくない程度の「美容」ですね。

この要素はファッションセンスとも関わってきますが、髪型が全くセットされていない、とか来ている服がヨレヨレの状態では美意識は感じられません。

人前では最低限の美しさを保つようにしているからこそ、年齢よりも若く見られるのでしょう。

姿勢が良い

年齢より見た目の方が若い人の特徴の27個目は「姿勢が良い」です。

背筋をピンと伸ばした姿勢というのは傍から見ていても若々しく見え、非常に好感度が高くなります。

反対に背筋が丸い、俗にいう「猫背」はその人が例え若くても老けて見えがちです。

いつまでも若く健康的で元気はつらつに見える人は、比例して姿勢も良い、という事なのです。

【無料枠あります】年齢より若くみえる人の特徴に当てはまるか、占いで診断するにはこちら →
(PR:Tphereth)

️いつまでも若々しくありたい!

如何だったでしょうか?年齢より見た目の方が若い人の特徴を27個、ご紹介致しました。

外見だけではなく、気持ちも若々しくいることが見た目にもつながってくると思います。

そのためには健康でいきいきと過ごすことが大切です。

今回の記事を参考に年齢より見た目のほうが若く見える人を目指しましょう。