あなたの周りにもいませんか?実際の年齢よりもはるかに若く見える人が。

「エッ!?そんな歳だったの!」と思わず驚愕してしまうほど、若々しいその姿はまさに憧れの的、あやかりたいと真に思ってしまいます。

それでは実際の年齢よりも若く見える人の特徴をご紹介していく事に致しましょう。

️年齢を聞いて驚いた経験ありますか?

「エッ!?本当に!?」こんな思いをされた経験はないでしょうか?何時も若々しいあの人に何も気にせずに年齢を聞いた時です。

どう見ても30代の前半のように見えると思っていたら、実はアラフォーの後半だった、とかアラフィフ真っ最中の年齢だった、といった事例です。

一体どういう生活を送ったらそんなに若く見られるようになるんでしょうね?人間の自然の摂理に反していいのでしょうか?ああ、本当に羨ましい!あやかりたい、私もあのように若く見られたい!、と思うのが多くの一般の方たちの共通の思いでしょう。

どうせなら自分が年齢を聞かれて相手を驚かす事が出来たらどれだけ鼻高々になれるでしょう。

でも、やれている人がいるのですからやれない事もないといえます。

あなたにも年齢以上に若く見える資格があるかもしれないという事です。

️年齢より見た目の方が若い人の27個の特徴


それでは年齢より見た目の方が若い人の特徴を27個、一挙に紹介して参ります。

これらの特徴をじっくり研究してもらえたら、あなたもきっとあやかれるかもしれませんよ。

元気でイキイキしてる

年齢より見た目の方が若い人の特徴の1つ目は「元気でイキイキしている」です。

見た目の方が若く見えるには、何も外見に思いっきりお金をかけて若返るだけが方法ではありません。

実は誰でもできる事を日々の生活に中で知らずに失っていた事を思い出せばいいだけなのですよ。

それが「元気」であり「イキイキ」です。

元気もイキイキも内面のパワーというかエネルギーからあふれ出てくる生きる事への限りない欲望であり明日への活性剤ではないでしょうか?

つまり体は健康で特に病気やケガに悩まされることなく、また生きていく目標がしっかりあってそれに向かってワクワク出来る心理状態を持っているからこそ出来るのですよね。

反対に何かに困っていたり怯えていたり心配事が山のようにあったら、とても気持ちが元気になるなんてことはないですよね。

年齢より見た目の方が若く見える秘訣は、その人の内面の充実具合が大きな要素になっているのですね。

いつも笑顔

年齢より見た目の方が若い人の特徴の2つ目は「いつも笑顔」という事です。

これぞいかなる難事にも効く万能の薬でしょうね。

「笑顔」こそ、どのような人であれその人を一瞬にして天使に変えてしまう驚異の技なのです。

この事は決して大袈裟な事ではありません。

昔から「笑顔は七難隠す」とも言われるくらいいかなる局面にも通用する万能薬なのです。

いつも会うたびに笑顔を振りまいてくれる人と、会うたびに仏頂面でブスッとしている人と。

どちらの人に交感を抱くでしょう。

好感度が上の人の方が若く見えてしまうのも人間の不思議なところです。

笑顔を作るのが苦手な人もいるでしょう。

では早速、鏡に向かって練習しましょう。

自らの手で頬っぺたを上げて口角を上げましょう。

こんな簡単な方法であなたの年齢は確実に若返りますよ。

笑顔の効果、本当にすごいですね。

美しい肌

年齢より見た目の方が若い人の特徴の3つ目は「美しい肌」の持ち主だという事です。

お肌が加齢と共に老化していくのは人間ならば止める事のできない自然現象なのですが、見た目の方が若い人は、どういう手入れをしているのでしょうか?若くて美しい肌を保っています。

お肌の老化を防ぎみずみずしさをいつまでも保つには食べるものや運動、睡眠時間、便秘の有無など、いろいろな理由が考えられるでしょう。

しかし美しい肌を保つために大事な事は、イライラせず、いつでも平静な気持ちを保てる事ではないでしょうか?

俗にいう「ストレス」を感じていない生活を上手く取り入れているという事でしょう。

ストレスは美容にとっても大敵。

心やすらかな生活を送れる工夫があなたを見た目の若い人に保ち続けるでしょうね。

クマがない

年齢より見た目の方が若い人の特徴の4つ目は「クマがない」です。

目の下にいつもクマを作ってしまっていては、いくら若くても実際の歳よりも老けて見られてしまうでしょう。

クマは年齢を如実に表してしまう正直な顔の一部ですからね。

まず生活態度を振り返ってみましょう。

夜更かししていませんか?栄養はしっかり取っていますか?適度な運動も行っていますか?

疲れが溜まると、出来て欲しくない箇所に無遠慮に出来てしまうクマ。

生活サイクルを見直して健康的な毎日になるよう改善しましょうね。

ほうれい線やシワがない

年齢より見た目の方が若い人の特徴の5つ目は「ほうれい線やシワがない」です。

年齢の加齢と共に、否が応でも表れるのがシワやほうれい線。

出来てしまえばたちどころにあなたから若さを奪い取り、おじいちゃんやおばあちゃんにしてしまいます。

しかし、年齢より見た目の方が若い人達はこの厄介者を巧みな手段で目立たないよういにしています。

それは厚化粧で隠してしまうのではなく、自然の勢いに抗わず、むしろそれらのものを「見たいならどうぞ」と言わんばかりに自分の身体の一部としているところです。

人間、隠そうとすると余計にどれが気になって、かえって悪化の一途をたどる事があります。

しわやほうれい線はまさに典型的なものかもしれません。

ただ、日頃のお肌の手入れは怠ってはいけませんよね。

お肌から水分が奪われカサカサにこわばってしまったら、確かに一気に老けたように見られてしまいます。

保湿対策を忘れずに行い栄養バランスの取れた食事に気を付けることであなたの見た目年齢はまだまだ若さを維持していく事でしょう。

しっかり睡眠をとっている

年齢より見た目の方が若い人の特徴の6つ目は「しっかりと睡眠をとっている」です。

人間の体には適度な休養が必要です。

睡眠は疲れた脳を休ませ再び活動してもらうために欠かせないものなのですが、もし脳が睡眠を取れずに24時間、働かなければならない状態が続いてしまうとどういう事になってしまうでしょうか?

怖くて実験したことはありませんが、身体の各機能が異変を起こしてしまう事は間違いないでしょう。

その中でもよくないのがホルモン分泌の異変でしょう。

ホルモンの正常な分泌があるからこそ身体の代謝機能がスムーズに働くのです。

睡眠を正しく取らなかったり、夜更かしを続けたり、偏った食事を続けるとお肌に吹き出物が出たり湿疹やじんましんなどが起きたりするのもその為なのですよね。

お肌がみずみずしさを失いカサカサになってしまったら、どう見ても若くは見えなくなってしまいます。

そういった事態を防ぐためにも睡眠はしっかり取らなければならないのです。

「寝る子は育つ」という諺もあるように睡眠は私たちの身体のメカニズムに密接な関係を持っているものといえるでしょう。

栄養のある食事を心がけている

年齢より見た目の方が若い人の特徴の7つ目は「栄養のある食事を心がけている」です。

そう、人間には生きていくために栄養が必要です。

それも五大栄養素と呼ばれる栄養をバランスよく摂る事が求められています。

そうしないと正しい成長が損なわれますし、大人になってからも体の免疫機能や腎臓、肝臓などの臓器が正常に働いてくれなくなり体内に活性酸素が溜まりやすくなって身体の老化現象が引き起こされてしまう可能性が大きく高まってしまいます。

だから栄養をバランよく摂る事は人間にとって非常に大事な事なのです。

また必要以上のダイエットも逆に見た目年齢を引き上げてしまう事もありえます。

ダイエットを行うとどうしても菜食主義に走ってしまったりして栄養が偏ります。

炭水化物もタンパク質も資質も糖質も、生きていく上で必要な栄養素なのです。

わざと摂取しない生活を続けてしまうと、かえって身体の老化を早くさせてしまう事も考えられるでしょう。

見た目年齢を引き下げるには、何事もバランスが大切なのではないでしょうか?

定期的に運動をしている

年齢より見た目の方が若い人の特徴の8つ目は「定期的に運動をしている」です。

運動は身体の代謝アップを図り、体内の脂肪を燃焼させ、余分な老廃物を体外に排出させ血行を促進させるなど、様々な効果が確認されています。

そうです、運動をするから人間の体は若さを維持できるのです。

運動によって汗をかかなければ体内に不要な老廃物が溜まってしまって身体の劣化が速まるでしょうし、運動によって筋肉を鍛えなければ骨ももろくなってしまい日常生活にも事欠いてしまいます。

また運動による有酸素運動の積極的な取り入れは体内に酸素を取り入れ血行を促進させ体内の隅々にまで血液によって酸素を送り込めます。

これらはいずれも体の若さを維持させるのに欠かせないものばかり。

栄養と睡眠と運動は3身一体の効果です。

どちらかが極端に少なくならぬよう配慮しながら続けていきましょうね。

筋トレをしている

年齢より見た目の方が若い人の特徴の9つ目は「筋トレをしている」です。

筋肉は身体の成長、代謝の促進を司る重要なものです。

筋量が減ってくると身体の隅々に栄養素を送り込む力が弱まってしまい、最終的には人骨に影響を与えてしまいます。

健康体で若さ溢れる人の身体は、骨格も見事に決まっています。

その骨格の維持形成のためにも筋トレはやっておきたいトレーニングですね。

筋トレというとジムで重いバーベルを筋肉モリモリの男性がやっているというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかも分かりませんが、そんなに硬く考える必要はありません。

自分の力量・ペースに合わせたトレーニングを行えばいいのです。

最初は軽いウエイトから挑戦していきましょう。

やり慣れてくると一つずつ目標を達成できていていく筋トレの面白みが分かってきますよ。

筋トレは場所も道具も選ばない誰にでもできるスポ―ツですからね。

ポジティブで前向き

年齢より見た目の方が若い人の特徴の10個目は「ポジティブで前向き」です。

でも、ポジティブ思考は内面の人間の考え方です。

決して外面を若くさせたりできる機能があるとは思えない。

何かの間違いでは?と、お思いの方もいらっしゃるでしょう。

気持ちであるとか感情というものを持ち合わせているのは地球上の全生物の中で恐らく人間だけでしょう。

美しいものを見たら感動し、悲しい場面を見たら涙する。

このような行動を取る生き物が果たして人間以外にいるでしょうか?

前向きで決して人の悪口や陰口を言わない人の事を私たちは好印象で見てしまいます。

それは人間のみに与えられた「心」が作用しているからではないでしょうか?これが野生の世界だったら有無を言わさず捕食者の食料になるだけの運命です。

しかし、人間の世界は違います。

ポジティブで前向きな性格の人にはチャンスが与えられます。

成功する機会も増えます。

何より人から好意的に見られます。

この好意的がイコール「若く見える」一つの要素といったら言い過ぎになるでしょうか?

前向きだという事は、その人に可能性があることを示唆していますね。

可能性を追求する人には情熱とエネルギーが満ち溢れています。

そんな人達が老いた人間に見えるでしょうか?

ポジティブで前向きな人は人間が人間としての心を持ち続けている限り、永遠の若さを持ち続ける事になるのです。

健康的でツヤのある髪

年齢より見た目の方が若い人の特徴の11個目は「健康的でツヤのある髪」です。

髪はその人を若く見せるための人間にのみ与えられた武器です。

ツヤがあってしなやかさを誇る髪は手入れにも苦心するでしょうが、何より、気持ちが若々しくない事にはボサボサになってしまいます。

特に女性のロングヘアーは手入れが大変。

それを嫌ってか、近頃はショートヘアーにする女性も増えている感じが致します。

ただロングにせよショートにせよ、イキイキとしたツヤのある髪というのは豊かな躍動感と生命感を感じさせます。

髪の毛一本一本に生命が宿っているかのような管理を施している方が、どうして老いた風に見えるでしょう。

髪の毛は若さのバロメーターなのですよ。

ハキハキ喋る

年齢より見た目の方が若い人の特徴の12個目は「ハキハキ喋る」です。

確かに言葉をしっかり、ハキハキと喋られる方は若々しく感じますね。

言葉の力といいますか、言葉が持つ魅力を十二分に引き出しているから、とも言えそうです。

ただ、芸人さんのようにマシンガントークをやれ、という事ではありません。

一ゆっくりでもいいので字、一句正確に話す事だけであなたの人間性が相手に伝わります。

その時の話し方の表情や身振り手振り、声のトーン、抑揚、語彙の豊富さなどによっても相手に伝える印象はかなり変わってきます。

とにかく尻切れトンボのような話し方をしないことですね。

「別に…」とか「いや…」とかいう、その後の会話を拒否するような話し方は例え言った本人が実際に若い年齢でも、見た目年齢は大きく損をしてしまうでしょうね。

スタイルを維持している

年齢より見た目の方が若い人の特徴の13個目の特徴は「スタイルを維持している」という事です。

確かに若く見られようと思ったなら、外見は重要ですね。

若々しく見られる体型、それは若かりし頃の体型を崩さず、スタイルを維持している事でしょう。

男性も女性もそうですが、一般的に中年期にさしかかると、食べ過ぎや飲み過ぎ、ホルモン分泌の乱れなどにより肥満体質になってしまう人が目立ってきます。

何故なのでしょうね。

年配になって太っている、というのは一つの定着したイメージになっています。

歳を取れば体型が変わるのは当たり前、というのが風潮だとしたら、その逆をいっていれば若く見られるという事になります。

スタイルを維持するのは容易いことではありません。

しかし、厳しく自分をコントロールすれば出来ないことはありません。

見た目の方が若い人は隠れたところで努力しているという事ですね。

むくみのない脚

年齢より見た目の方が若い人の特徴の14個目は「むくみのない脚」です。

人間、特に女性は加齢と共にホルモンバランスの乱れが顕著となっていきます。

全身のむくみもその一つと言えるでしょう。

特にスカートをはく仕事に就く人にとって、脚がむくんでしまうのは全く喜ばしくありません。

いかにも運動不足や年齢を感じさせてしまいます。

しかし、だからと言って諦めてしまったらそこまでです。

見た目の方が若く見える人はここから努力を重ねます。

生活習慣やリズムを今一度振り返り、乱れている部分があるならば改善する事です。

スタイル同様、脚のむくみも頑張り次第で改善できるはずです。

あとはいかにして自分の気持ちをコントロールしていくか、でしょう。

【足のむくみに効くマッサージ方法は、こちらの記事もチェック!】

エネルギッシュ

年齢より見た目の方が若い人の特徴の15個目は「エネルギッシュ」という事です。

そうですよね、若々しく見える人の動作はキビキビしていてとてもエネルギッシュです。

道を歩く時も背筋がスッと伸びていてしかも速足です。

背中が猫背になってゆっくりゆっくり歩いている風を見たら、どのように思われるでしょう?ほとんどの人はお年寄りの恰好だと思ってしまうでしょうね。

エネルギッシュという事は日頃から元気で活力に溢れた生活を送れている証拠です。

年齢より見た目の方が若い人がスローな動きをしているシーンはあまり見た事がありません。

スローな動きは体内のエネルギーが少ないようにしか見えませんし、いかにも「老けてる」感が強いですからね。

オシャレを楽しんでいる

年齢より見た目の方が若い人の特徴の16個目は「オシャレを楽しんでいる」です。

オシャレを楽しめなくなったら、確かに人間、老けた感じを覚えてしまいますね。

それくらい「オシャレ」というのは「遊び心」があるかどうか、という事になってきます。

遊び心のなくなってしまった人間は残念ながら「若い」とは言いにくいものです。

それくらい「オシャレ」というのは気持ちがいつまでも若い証明となるのですよね。

人は見た目が90%などという事を堂々と言う人もいます。

悔しいながら当たっている部分も多々あるでしょう。

だったなら、オシャレ感覚を磨いて、ぐっと若返ったように見せるのも年齢より見た目の方が若く見える手段としてはいい方法だと思いますよ。

とにかく、誰とも会う予定がなくとも外出する時は、自分なりのオシャレな恰好で外に出る。

人生、どのような出会いが待っているか分かりませんからね。

実年齢−5歳のファッション

年齢より見た目の方が若い人の特徴の17個目は「実年齢-5歳のファッション」を取り入れている、という事です。

ファッションセンスというのはその人の人間性が如実に表れますね。

確かにオシャレに気を配らない人よりも配っている人の方が若々しく見えるのは仕方ありません。

しかし、問題はそのセンスです。

自分の実年齢とあまりにかけ離れたファッションをしてしまうと、かえってバランスが崩れてしまいあなたの人格を疑われてしまう結果ともなり得るのです。

年齢より見た目の方が若い人がそう見えるのは、ファッションを自分の年齢より-5歳分程度にと留めているから、余計に光るのです。

まさに歳相応を意識しながらさりげなくオシャレ感を演出する。

これが年齢より見た目の方が若く見える秘訣なのでしょうね。

さりげなくトレンドを取り入れる

年齢より見た目の方が若い人の特徴の18個目は「さりげなくトレンドを取り入れる」です。

これはファッシンセンスにも通じる部分ですね。

今、流行りの流行についてはしっかり把握しており、流行についての情報もいち早く取り込んでいます。

そして、自身もさりげない程度にその流行というかトレンドをファッシンの一部として取り込んでいるのです。

このような行動は気持ちが若くないととても出来るような事ではありません。

子育てなどに手がかからなくなったから、という理由もあるでしょうがとにかく気持ちの若さがそのまま外見や雰囲気に出てくる例と言えるでしょうね。

見た目の方が若い人は発想が若いからこそ、年齢を取らない、とも言えるのでしょう。

フットワークが軽い

年齢より見た目の方が若い人の特徴の19個目は「フットワークが軽い」です。

そう、実年齢よりも若く見られない(要するに老けて見える)人というのは、フットワークが全然、軽くないのです。

フットワークが軽いという事は、行動力があるということです。

行動力に優れている人は気持ちも柔軟で若い、と結論づけてもいいのではねいでしょうか?でなければ年齢より見た目の方が若くなんて見えません。

例えば芸能人で例えれば歌手で俳優の「加山雄三」さん。

確か御年、70歳を超えていたのではなかったでしょうか?それなのにあの若さ!

加山さんはあの年齢になってもコンサート活動を積極的にこなされています。

しかも昔と変わらない声量で。

フットワークが軽くなければとても出来そうにない行動力ですよね。

でしゃばらない

年齢より見た目の方が若い人の特徴の20個目は「でしゃばらない」です。

通常、人間というのは歳を重ねれば重ねるほど自己中心的になってしまい、人前で喋らなければ損、みたいな行動を取ってしまいがちになっていませんか?

しかし、そういった言動、傍から見たら非常にみっともなく、若さのかけらも感じないのですよね。

若さの特権は「耐える」事が出来るということです。

だから「慎ましやかな」という表現もはまってくるのです。

自己主張もいいですが、周りの状況も顧みず自分の言いたい事だけを機関銃のように喋くり倒されては「ああ、人間、歳をとるとこうなるんだ…」と失望させるだけです。

年齢より見た目の方が若く見える人は、一目ででしゃばりません。

だから、好感を持たれ人気も上がり、尊敬されるのです。

それらのムードを兼ね備えている人は、同年代の人と較べたら確かに若く見られますよね。

愚痴や悪口を言わない

年齢より見た目の方が若い人の特徴の21個目は「愚痴や悪を言わない」です。

これはその人の生き方がポジティブかネガティブかを見極める大きな指標になります。

ハッキリ言って、若い人でも人の愚痴や悪口ばかり言っている人は全然、若く見えませんね。

とっくに老年期に入っています。

悪口や愚痴を言う人というのは、歳をいった人の専売特許ですからね。

何故でしょうか?ネガティブ思考の人が若々しくて活動的に見えた試しが全くありませんね。

テレビのコメンテーターでも批判や批評ばかり言っている人に、若さを全く感じないのは私だけでしょうか?

若い人と仲良くしている

年齢より見た目の方が若い人の特徴の22個目は「若い人と仲良くしている」です。

人間、ある程度の年齢に差し掛かってくると、若い人の話しについていけなくなります。

だから自然と同世の人の輪ばかりにはまるようになり、そこで若い人達への文句や不満などを話の種にして会話が盛り上がるのです。

しかし、年齢より見た目の方が若く見える人達は、積極的に若い人とも仲良くしています。

無論、話題にもついていけるように勉強はしています。

でも、迎合しすぎる事まではしyていません。

あくまで距離を保ちつつも若い人と接するようにしているのです。

若い人と一緒にいるだけで気持ちは若返るものなのです。

脳が活性化するからでしょうか?若い人のエキスは中高年層にとったら格好の若返り薬なのでしょうね。

仕事もプライベートも充実している

年齢より見た目の方が若い人の特徴の23個目は「仕事もプライベートも充実している」です。

先に紹介致しました「加山雄三」さん。

典型的な好例でしょうね。

あのお歳になっても仕事にプライベートに非常に充実していそうです。

生活に疲れた感など微塵も感じさせませんよね。

仕事もプライベートも充実するという事は、好きな事をやれている賜物でしょう。

でも、好きな事を中々見つけられない人も結構います。

心をオープンにして何でも受け入れる。

そして自分に合っているかどうか確かめる。

ダメなら次を探す。

決して言い訳も自己批判もしない。

常に堂々としている。

だから好きな事を見つけられる。

この繰り返しを延々と行っていられるからでしょう。

若さを維持する秘訣を一つ、見つけた感じですね。

疲れを感じさせない

年齢より見た目の方が若い人の特徴の24個目は「疲れを感じさせない」です。

人間、往々にして年齢を積み重ねると、どうしても体力の減退から疲れ安くなってしまいます。

また一旦溜まった疲れも取れにくくなります。

中高年齢層になった人がすぐにしんどそうな表情をしてしまうのは故意にやっているのではなく、致し方ない事なのですよね。

ところが年齢より見た目の方が若い人は、疲れ知らずで、何時でもキビキビハキハキです。

一体、どうやったらそんな疲れを感じさせないように出来るのか?と思えるほどです。

きっと年齢より見た目の方が若い人こそが24時間、戦える人なのでしょう。

健康に気を遣っている

年齢より見た目の方が若い人の特徴の25個目は「健康に気を遣っている」です。

そうです、若さは健康が土台になっています。

健康状態に不安を抱えている人が若々しく見えるはずはないでしょう。

身体のどこかが常に痛かったり、すぐに風邪をひきやすい、といった人が果たして人前で若々しい動作をできるでしょうか?人間の動きというものはそれほど無理が効くように出来てはいません。

痛いところがあったり弱っている箇所があれば必ずその部分をかばうように出来ています。

健康に常に気を遣うからこそ、年齢より見た目の方が若い人に見える訳なのですね。

美容への意識が高い

年齢より見た目の方が若い人の特徴の26個目は「美容への意識が高い」です。

美容といっても何も全身美容で高額の費用をかけて行うもの、という訳ではありません。

人様の前に立っても恥ずかしくない程度の身だしなみというか、マナー的におかしくない程度の「美容」ですね。

この要素はファッシンセンスとも関わってきますが、髪型が全くセットされていない、とか来ている服がヨレヨレでいかにも汚らしい、といった類はその人の「美意識」を疑ってしまいますよね。

人前では最低限の美しさを保つ。

この意識がある限り、年齢より見た目の方が若い人の仲間入りを果たしている事でしょう。

姿勢が良い

年齢より見た目の方が若い人の特徴の27個目は「姿勢が良い」です。

そうですよね。

姿勢の正しい人に老人っぽい感じの人は見受けませんからね。

背筋をピンと伸ばした姿勢というのは傍から見ていても若々しく見え、非常に好感度が高くなります。

反対に背筋が丸い、俗にいう「猫背」はその人が例え若くても歳をいっているように見えてしまいますね。

良い姿勢はそのまま、あなたの精神年齢をも表します。

いつまでも若く健康的で元気溌剌に見える人は、比例して姿勢も良い、という事なのです。

️いつまでも若々しくありたい!

如何だったでしょうか?年齢より見た目の方が若い人の特徴を27個、ご紹介致しました。

昔から「病は気から」ともいいますよね。

人間、「病」にかかれば当然ながら身体の自由はききません。

と、同時に気持ちの方も物凄く弱きになってしまいます。

つまり、全ての源は「気」という事になってくるのでしょう。

気持ちさえ元気でイキイキとしていれば少々の病気や辛いことがあってもへこたれません。

弱気は人間をどんどん良くない方向に追い込むようですね。

年齢より見た目の方が若い人の特徴を見習って、自分の強いところ、弱いところを把握し、いつまでも若々しく生きていきたいものですね!