CoCoSiA(ココシア)

年齢より見た目のほうが若くみえる人...(続き3)

そのようにいきいきしていることが、見た目よりも若く見える秘訣なのでしょう。

11.健康的でツヤのある髪

年齢より見た目の方が若い人の特徴の11個目は「健康的でツヤのある髪」です。

ツヤのある髪はその人を若く見せる効果があります。

髪の毛によって相手に与える印象も変わってきます。

やはり傷んでボサボサの髪の毛では老けた印象を与えてしまいます。

若く見せるためには日々のヘアケアも怠らないようにしましょう。

12.ハキハキ喋る

年齢より見た目の方が若い人の特徴の12個目は「ハキハキ喋る」です。

喋り方で相手に与える印象は違います。

話し方の表情や身振り手振り、声のトーン、抑揚、語彙の豊富さなどによっても相手に伝える印象はかなり変わってきます。言葉をしっかり、ハキハキと喋られる方が若々しい印象を与えますよね。

言葉の力といいますか、言葉が持つ魅力を十二分に引き出しているから、とも言えるかもしれません。

13.スタイルを維持している

年齢より見た目の方が若い人の特徴の13個目は「スタイルを維持している」という事です。

確かに若く見られようと思ったなら、外見は重要ですね。

若々しく見られる体型、それは若かりし頃の体型を崩さず、スタイルを維持している事でしょう。

男性も女性もそうですが、一般的に中年期にさしかかると、若いころに比べて体型が崩れてくる傾向があります。

年配になって太っている、というのは一つの定着したイメージになっているかもしれません。

歳を取れば体型が変わるのは当たり前、というのが風潮だとしたら、その逆をいっていれば若く見られるという事になります。

スタイルを維持するのは容易いことではありません。

しかし、厳しく自分をコントロールすれば出来ないことはありません。

見た目の方が若い人は隠れたところで努力しているという事ですね。

14.むくみのない脚

年齢より見た目の方が若い人の特徴の14個目は「むくみのない脚」です。

人間、特に女性は加齢と共にホルモンバランスの乱れが顕著となっていきます。

全身のむくみもその一つと言えるでしょう。

特にスカートをはく仕事に就く人にとって、脚がむくんでしまうのは困りますよね。

運動不足や年齢を感じさせてしまうこともあります。

ここで諦めてしまう人もいますが、見た目の方が若く見える人はここから努力を重ねます。

生活習慣やリズムを今一度振り返り、乱れている部分があるならば改善しましょう。

スタイル同様、脚のむくみも頑張り次第で軽減していけます。

あとはいかにして自分の気持ちをコントロールしていくかでしょう。

15.エネルギッシュ

年齢より見た目の方が若い人の特徴の15個目は「エネルギッシュ」という事です。

若々しく見える人の動作はキビキビしていてとてもエネルギッシュです。

道を歩く時も背筋がスッと伸びていて姿勢がいい人が多いです。

背中が猫背になってゆっくりゆっくり歩いている風を見たら、どのように思われるでしょう?

おそらく老けた印象を与えてしまうのではないかと思います。

エネルギッシュという事は日頃から元気で活力に溢れた生活を送れている証拠です。

年齢より見た目の方が若い人がスローな動きをしているシーンはあまり見た事がありません。

スローな動きは体内のエネルギーが少ないように見え、老けて見える原因になってしまうことがあります。

16.オシャレを楽しんでいる

年齢より見た目の方が若い人の特徴の16個目は「オシャレを楽しんでいる」です。

オシャレを楽しんでいるということは、見た目に気を遣っているということになります。

見た目に気を遣っている人の方が若く見えるのは当然のことかもしれません。

人は見た目が9割などと言われるように、年齢も見た目で判断されがちです。

もし普段オシャレをしていないなら、これからはオシャレをしてみると、今よりも若く見られるようになる可能性があります。

【無料枠あります】年齢より若くみえる人の特徴に当てはまるか、占いで診断するにはこちら →
(PR:Tphereth)