現代はとても多くのものが普及しています。

生活を便利にするためのものは、その時代その時代で新しく発展して普及していくこととなるのです。

これまで普及した来たものを考えると、どれもが人々の生活を豊かにしていったものだということが分かるのではないでしょうか。

普及しているもののことを考えると、それなしでは生きられないというほどに生活に密着しているものもありますよね。

それでは、具体的にはどのようなものが発展して普及することとなったのでしょうか。

どのような便利品が私たちの生活を支えることとなっているのでしょうか。

現代に普及している様々なものについて詳しくご紹介します。

️普及とともに生活が便利になる

普及という言葉を聞いたときにはどのようなイメージを持っているでしょうか。

普及は人々の生活の中にはとても大切な現象です。

現代刃物にあふれかえっていると言われていますが、この便利なモノたちは、全て、普及した結果、生活を豊かで便利なものにしているのです。

時には、普及したことで世の中の悪い部分も増えてしまったといわれることもありますが、大抵は生活を便利のするための良いものであることに違いありません。

最近では色々なものが増えているために、これ以上発展しないのではと言われることもありますよね。

ですが、それでも日々、研究者たちが新しいものを開発しているので、さらなる普及が行われていることに気づきます。

人間が文化的で社会的な生活を営む以上は、開発、発展、普及が止まることはないのではないでしょうか。

普及とは


普及とは、そもそもどのような現象のことを言うのか見てみることにしましょう。

当たり前のように受け入れているように思われる普及とは、そもそもはどのような意味を持ったものなのでしょうか。

広く一般に行き渡ること

普及とはそもそも、広く一般にいきわたるようなことを言います。

一部だけに知られているのではなく、一般的になってしまうほどに広く広まるということですね。

つまり、一部の愛好家の間で使われているものは普及しているとは言いません。

一般人が一般社会の中で当たり前のように使うようになっているものが「普及している」と呼ばれるのです。

現代の生活の中でも、普及して、誰もが使っているものがあるでしょう。

それらを見てみると、それが生活の中に密着して、後戻りできない状態になっていることが分かります。

️普及したおかげで便利になった11個のもの

普及したおかげで便利になったものとしては多くのものが挙げられるでしょう。

普及してしまい、一般化する中では当たり前のように受け入れているものが多くあるはずです。

それを見てみると、どれもが生活を便利にしているものだということが分かりますね。

ここでは、その普及したものの一部をご紹介します。

必ずあなたの身の回りにあるものですし、それがあることで便利だと感じている者も多いのではないでしょうか。

一部には電化製品などではなく「現象」であるものもあります。

普及というのが、いかに広く使われる言葉であるのかということが分かりますね。

インターネット


現代人の生活の中で欠かすことができないのがインターネットです。

インターネットの普及は、大体見積もってみると、日本の中ではここ20年くらいで行われています。

それしかたっていないということが信じられないほどに、もう当たり前のように全員が使っているものだといえるのではないでしょうか。

現代の若者にとってはインターネットがなければ生きていけないというほどに大事なものになっているはずですし、インターネットが普及していることを前提に作られている話もありますよね。

何かに登録するときにもインターネットを通じて行われることがありますし、インターネットを知らなければ現代生活が不便なものになってしまうことには違いありません。

もちろん、インターネットが普及したことで、今までにはなかった犯罪が生まれることともなりました。

インターネット犯罪という言葉もあることですし、普及の一方で、新しく生まれる犯罪に頭を悩ませている人がいるということも事実でしょう。

スマートフォン

インターネットよりも最近、ここ数年で増えてきているのがスマートフォンですね。

この普及はごく最近のことなので、自分のみで経験している人がほとんどなのではないでしょうか。

スマートフォンは小型のパソコン並みにできることがたくさんありますし、直感的な操作をできるという点が便利ですね。

それよりも前の携帯電話はガラケー(ガラパゴス携帯)と呼ばれるようになり、あまり見なくなってしまいましたね。

携帯電話の普及もとても革新的なものでしたが、最近ではスマートフォンがそれに代わるものとなっています。

それでも、スマートフォンだけではなく、そういったガラケーを愛して使い続けている人もいますから、まだ100%というわけにはいかないでしょう。

スマートフォンが100%になるような時代はまだもう少しだけ先のことかもしれませんね。

LINE

最近では使っていない人がいないのではと思われるほどのものになったのがLINEです。

LINEはメールよりもずっと簡単に操作することができますし、短文でのやり取りを気軽にすることができるのが魅力的ですよね。

メールアドレスよりもずっと楽に相手とのやり取りができますし、友達を増やすのも楽です。

ビジネスシーンなどには適さないのではというイメージを持っている方もいますが、実際には社内での同僚とのやり取りにLINEが使われていることもありますし、メールよりも気軽な点で普及しやすかったということがあるでしょう。

これは前述のスマートフォンの普及に伴って普及されているものですので、やはり普及はごく最近のことだといえるでしょう。

最近では、LINEをするためにスマートフォンに帰るという方もいるようですね。

通話なども無料になりましたし、便利で使いやすいとことが普及のポイントとなったでしょう。

ただし、この普及は全世界定期に行われているのではなく、日本国内というところに特徴があります。

似たようなアプリとしてCACAOなどもあり、これらは韓国等で使われているようですね。

世界中で使われているわけではないので、日本人同士のやり取り飲みに限られてしまうというのが不便と言えば不便かもしれません。

普及は日本レベルです。

ネット通販

ネット通販も当たり前のように受け入れられるようになってきました。

もちろん、怖いと思っている方も多いので100%の普及率ではないものの、若い世代を中心にAmazonや楽天ストアを利用している人が増えていますね。

自ら店に出向かなくても欲しいと思っているものを購入することができるネット通販は忙しい現代人にはぴったりです。

また、店に出向いてもないようなものまで購入することができるので、手間が省けて良いですよね。

最近では配達業者の問題が出てくるなど、ネット通販にも問題がないわけではありません。

ですが、これが生活を支える便利化の一つであり、亡くなることはないだろうということが容易に予測されます。

クールビズ

クールビズもだいぶ一般化してきたような印象があります。

始まった当初にはあまり歓迎されてはいませんでしたが、最近では夏には必ずクールビズにするなど、随分と受けいれられ、普及されてきたような印象がありますね。

夏になるとアパレル関係でも自らクールビズという言葉を使っているように、そういった商売の関係からどんどんと広まってきているようにも感じられるのがクールビズです。

これは、主にビジネスシーンで使われている言葉ですね。

レーシック

レーシックは、現代に普及しているというよりは、一昔前に流行った方法だということもできるかもしれません。

コンタクトレンズや眼鏡の必要性がない方法なので、目の悪さで困っている方には受け要られてきました。

ただし現在では、レーシックには色々な問題点も出てきています。

レーシックの後遺症などに苦しんでいる人もいますし、さらに目が悪くなったときに困るという欠点があるなど、「目が悪くなったからレーシック」というほどに気軽に行けるようなものではありません。

そういった意味では、インターネットやスマートフォン程には普及しているとは言いにくいのではないでしょうか。

ただし、一昔前にはもてはやされていた手術ではありますよね。

クレジットカード

クレジットカードも現在ではかなり普及していますね。

身分証明書として使われることもありますし、持っていなければ賃貸で家を借りるときにも大変ということがあります。

持っていることで、きちんとした経済能力があるということを証明することになりますから、やはり一枚くらいは持っていないと不便に感じるところが多いのではないでしょうか。

さらにインターネットを通じたショッピングなどをする際にも、当たり前のようにクレジットカードが使われるようになっています。

最近のポイントカードにはクレジット機能がついているものも多くあり、以前よりもクレジットカードを作るということに対して抵抗感のない方が増えているのではないでしょうか。

キャッシング

クレジットカードの普及に伴って一般化してきているのがキャッシングだといえるでしょう。

お金を借りるという行為は以前にはとても重く見られていましたが、現在ではクレジットカードのキャッシング機能を使って簡単にお金を借りることができるようになっています。

これに伴って、借金が軽く見られるようになり、うまく自分でお金を管理できなくなってしまった人も増えているように思われますね。

クレジットカードを持っている以上は、キャッシングのリスクは常に持っていることになります。

そんな高いリスクがあっても普及しているのは、やはり、手持ちの現金がない時などに便利だからではないでしょうか。

支払いもスムーズになりますし、そういった面ではとても現代に即した支払い方法だとも言えますよね。

脱毛

女性の間では、脱毛が広く普及するようになりました。

もちろん、脱毛という行為も普及しています。

女性はムダ毛処理をマナーとして行うようになりましたし、脱毛していないことが恥ずかしいことのように受け取る人も多くなりました。

ですが、最近普及し始めているのがエステ脱毛です。

脱毛を面倒くさいと思うようになった女性たちが求めるのは、できる限り労力を使わずに脱毛することです。

そこで、永久脱毛をできるようなサロンが普及し始めました。

最近で電車の広告で様々な会社の広告を見るようになっていると思います。

色々なキャンペーンを行っているところもありますよね。

まだ全女性に受け入れられているわけではありませんが、普及率はどんどん高くなってきていますね。

さらには男性の髭脱毛などもありますので、男性にも普及する時代が来るのかもしれません。

既に日本の外では永久脱毛などが一般化しているところもありますので、エステ脱毛が当たり前の時代になるのかもしれませんね。

現時点でもすでに「普及している」と言って問題ないくらいには一般的に広まっていているような印象はあります。

ライブ配信・インターネット番組

ライブ配信やインターネット番組も現代ではだいぶ普及率が上がってきたように思えます。

ライブ配信などではニコニコ生動画などもありますし、芸能人がSHOWROOMなどで行っているものもあるでしょう。

インターネット番組としてはNetflixなどもありますし、インターネット上で映像をレンタルできるものもできました。

これらを利用すれば、より芸能人と親しくなれたような感覚を持つこともできますし、レンタルDVDの店にお世話にならなくても色々なものを見れるという特徴があります。

ただ、こうした動画に関しては、まだ普及していないものも多く、全世界的に普及しているといえるのはやはりYoutubeでしょうか。

Youtubeはどこの世界でも広く使われていますが、そのほかの動画配信に関しては、まだまだ一般的ではないといえるかもしれませんね。

写真の加工技術

写真の加工技術は、いきなり新しいものが出てきたというよりも、じわじわと変化してきたような印象がありますね。

元々、デジタルカメラが出てきてから、パソコンで写真を加工編集することは多くなっていたように思われます。

写真の技術をすることができるようなフリーソフトもありますし、元々雑誌編集などで使われていた技術を会得している一般人もいました。

さらに、明るさや色を変えるテクニックに関しては、スマートフォンのカメラやデジタルカメラのツールによって簡単に行われる時代も来ました。

プリクラが若い世代の間で流行ったのは、自分の目を大きくしたり美しく撮ることができるようになっているからです。

最近では、アプリを使って写真加工技術を使う人が多いようですね。

スマートフォンのカメラアプリを利用して、自分を美しく撮ることができるようにするのです。

こうした技術の発展やアプリの普及は、写真の加工を現代の「当たり前」とするのに一役買いましたね。

️三種の神器って知ってる?

普及というと思い出されるのは「三種の神器」という世代の人もいるのではないでしょうか。

世の中にはたくさんの良いものが普及されていますが、その時代その時代で広く浮遊されたものについては異なりますよね。

特に、その時代を代表するような普及のされ方をしたもの、その時代の発展を象徴するものとは「三種の神器」と呼ばれました。

これは昔の人なら必ず「三種の神器と言えばこれ」というように通じていたのですが、現代人に「三種の神器」と言っても通じないこともよくあるでしょう。

世の中に便利なものが普及する、ということに合わせて「三種の神器」について見てみることにしましょう。

戦後、生活必需品として宣伝された

「三種の神器」が普及することになった時代背景から見てみることにしましょう。

現代はとても生活が豊かになって、生活の中での便利なものは、「生活を豊かに楽しくするもの」という認識になっています。

普及しているものに関しても、特に全員が必要なものではないですが、よりよい生活のために必要なものという認識をされているように思えます。

便利の度合いも、前のバージョンに比べて微々たるものであるという可能性もありますよね。

ですが、戦後の「便利品」というのは、発展の度合いが桁違いでした。

まさに生活必需品として知られているものが普及されることとなったのです。

戦中はもちろんのこと、戦前はそれほど生活が豊かではなく、便利でもなかった日本にとって、戦後の10年ほどでの発達は目を見張るものがありました。

そのため、戦後に発達した便利品を「三種の神器」という言葉で崇めるほどに必要としていたのです。

1950年代の後半から普及される

三種の神器と呼ばれるものが普及し始めたのは、1950年代の後半からでした。

1950年代の後半には「神武景気」と呼ばれる好景気が訪れました。

これは、日本始まって以来と言われるほどの景気の好調の良さで、この時代には人々がお金を持っていたので、便利品が世に普及することとなったのです。

この神武景気の背景には朝鮮戦争があり、この朝鮮特需のおかげで工業が発達したほか、財政が潤ったという事実があります。

つまり、人々がお金を持っていただけではなく国がお金を持っており、さらには、工業的な発展が行われる下地があったということになりますね。

1950年代の後半にはそういった好条件が重なって三種の神器が生まれ、さらにはそれが一般家庭に普及されることとなりました。

人々の生活が一気に変化して、今の生活の下地が作られることとなったのです。

こういった変化を受けて、当時の経済白書に、有名な「もはや戦後ではない」というフレーズが書かれることとなりました。

三種の神器とは

ここで、実際に普及した三種の神器がどのようなものであったのかを見てみることにしましょう。

三種の神器は、その名前の通りに三種類の生活必需品です。

それまでの生活になかったとは思えないほどに、今の生活ではとても大切なものになっており、人々の生活を豊かで便利なものにしたというところが共通しているように思えますね。

白黒テレビ

三種の神器の一つ目として挙げられるのは、まずは白黒テレビでしょう。

現在では既に販売もされていないように思われる白黒テレビですが、この白黒テレビは人々の生活を楽しいものと変えたのです。

実際に白黒テレビでの放送が始まったのは1953年であり、三種の神器として呼ばれるようになるよりもずっと前のことでした。

ただし、とても高価だったために最初の普及率はそれほど高いものではなく、白黒テレビの普及はそれよりも数年後のこととなります。

カラーテレビの普及も始まりましたが、こちらが広く普及されるようになるのは、それよりもさらに後のことになりますね。

白黒テレビの普及によって、人々の間では全国どこでも同じものを見ることができるようになりました。

これが、広く「ブーム」を起こす事ともなりますし、日本で行われていることを全国どこでも知ることができるようになります。

洗濯機

洗濯機も三種の神器の一つと言われています。

現代人では、全ての洗い物を手作業で行うというのは信じられませんよね。

ですが、実際に戦後しばらくはそれが当たり前のように行われていたのです。

それが変わったのが洗濯機の普及によってでした。

手作業で行わななければいけなかったはずの洗濯が自動で行われるようになったのですから、時間の短縮にもなりますし、家事の手間が減ることとになりました。

全自動洗濯機というものが普及するようになったのはそれよりもずっと後のことではありますが、今の洗濯の基礎ができたのはこの時代ということになりますね。

洗濯機の有無では、家事の負担がかなり変わってしまいますからね。

冷蔵庫

冷蔵庫も三種の神器の一つと言われていますね。

冷蔵庫がなかった時代のことは想像できるでしょうか。

食べ物に関しては保存食を作って保存しておくしかなかった時代です。

ここに冷蔵庫が普及されたので、食べ物の長期保存も可能になったのです。

これによって買い物の手間も省くことができるようになりましたし、色々な食材を扱うことができるようにもなりました。

一度冷蔵庫を使ってしまうと、それまでの生活と大きく変わるということが分かりますよね。

現代でも冷蔵庫は発展し続けており、色々な方のものが開発されるようになっています。

少しでも長く新鮮に食材を保つことができる機能の付いたものなどもありますが、これは冷蔵庫の発達としては微々たるものであり、冷蔵庫が普及したころに比べて劇的な発展ということはできません。

何より、最初に発展して普及した時から、冷蔵庫は人日の生活の中の「食」という部分において、大きく人の生活を変えることとなりました。

炊飯器や掃除機の場合もあった

上述の三つが、一般的には三種の神器と呼ばれる家電になりますね。

これらは人々の生活を変えたという面で、とても大きなものとなっています。

ですが、この中に違うものが混じることもあるようですね。

それが炊飯器と掃除機です。

他のものと変わって炊飯器と呼ばれるのは、何となく納得できるのではないでしょうか。

鍋で炊かなければいけなかった時代に比べて、炊飯器はスイッチ一つでちょうど良く米を炊くことができるのですから、これも生活を便利にする普及品であることには違いありません。

また、掃除機も同様に、普及すると人々の生活を便利にしてくれました。

箒で掃かなければいけなかった掃除が、一気に片付くようになったのですから、これも便利ですね。

三種の神器と言って一般的ン普及されたものが数え上げられているんのですが、実際に人々の意識について聞いてみると、自分の育った家庭や地域によって神器の内容に関しては少し変わってくる部分もあるのかもしれませんね。

60年代には「3C」が普及

1950年代の後半には三種の神器が普及することとなりましたが、1960年代にはそれに代わって「3C」が普及することとなりました。

「3C」の内訳は「自家用車(car)」「カラーテレビ(color television)」「クーラー(air conditioner, Cooler)」です。

これらもまた、三種の神器に負けず劣らずの勢いで広まっていくこととなりました。

最も、三種の神器が人々の生活を変えたようには、生活の根本を買えたわけではないことは想像できますね。

白黒テレビからカラーテレビへの変換は、白黒テレビの普及程には劇的なものではありません。

ですが、やはり自家用車やクーラーがあることによって、人々の生活が大きく変わったことには違いないのです。

三種の神器の普及よりはあまり知られていない現象ではありますが、それでも当時の人々にとっては熱狂的に迎え入れた家電製品であることには違いありません。

デジタル三種の神器とは

ここまで三種の神器について見てみましたが、実は、現代にも三種の神器と称されるものがあります。

あまり一般的に知られてはいませんが、現在の三種の神器は「デジタル三種の神器」と呼ばれるようになっています。

1950年代、1960年代の普及に比べて、現代の電子化の波を感じることができる呼ばれ方ですよね。

このデジタル三種の神器について、その内訳を見てみることにしましょう。

デジタルカメラ

まず、デジタル三種の神器に挙げられるのはデジタルカメラですね。

デジカメと略されることもあるこれは、カメラの形態をすっかり変えてしまいました。

それまでは一眼レフやインスタントカメラが一般的であり、取ることができる枚数にも、印刷形態にも限りがありました。

現代人であっても、ある程度上の年齢の人にとっては、写真屋さんに言ってネガをもらっていた時代のことが思い出されるという人も多くいるでしょう。

それが、デジタルカメラの時代には、家庭で撮った写真を見ることができるようになりました。

さらにプリンターがあれば、簡単に印刷することもできるようになっています。

最も最近ではスマホの勢いに押されがちになっていることも事実のようです。

ですが、このデジタルカメラは、現在でも発展を続けていますね。

一眼レフのクオリティに負けないものを撮るために、出材たる一眼レフと呼ばれるカメラができています。

さらに、薄型のものも増えてきたため、まだまだ発展をやめることがない分野だと言えるかもしれません。

DVDレコーダー

DVDレコーダーも、デジタル三種の神器の一つに数えられています。

それまでのビデオの形式から大きく変わってきた当時のことを覚えている人も多くいるでしょう。

歴史的には、まだ登場してからそれほど日が経っているわけではありませんが、現在ではビデオデッキを使って映像作品を録画したり見ている人は少なくなってしまいました。

再生機器も最近ではあまり見られなくなってきましたね。

このDVDレコーダーを使うことによって、見過ぎたビデオが「擦り切れてしまう」という現象も起こらなくなりました。

さらには吹き替えや字幕を選んだりすることもできるようになりましたし、画像も綺麗でかさばらないという特徴があります。

Blue-rayやHDなど、種類が統一されていないという特徴はありますが、それでも、現在ではおおまかに分類してDVDという形態が当たり前のように受け入れられているのは、ビデオの世代にとっては革新的であったことに違いないでしょう。

薄型テレビ

薄型テレビもデジタル三種の神器と呼ばれています。

薄型の液晶テレビのことですね。

最初のテレビはブラウン管と呼ばれるものでした。

最近では液晶テレビとなって、そもそも映像を映し出す技術から異なるようになっています。

また、薄型になったことで家の中に設置しやすくなったという特徴もありますね。

最近では4K、8Kなどの技術開発も行われており、さらに綺麗な画像を作り出すことができるようになっています。

それにしても、三種の神器、3C、デジタル三種の神器の全てにテレビ関係のものが入っているというのは不思議ですね。

他の家電製品に比べて、どちらかというとエンターテインメントの側面が強いテレビですが、それでもやはりこうして三種の神器に必ずあげられることを考えると、人々の生活に密着してなくてはならないものだということができるでしょう。

️これからの普及にも期待したい!

いかがでしたか?
世の中に普及しているものは、全て、人々の生活を便利するものです。

三種の神器と呼ばれる時代ほどに劇的な変化ではないかもしれませんが、現在でも多くの開発がなされていることを考えると、近い将来に、また三種の神器と呼ばれるほどの発展があるかもしれませんね。

生活を変えるような便利なものは、それに接するのが怖くもありますが、やはり楽しみでもあるはずです。

それによって人々の生活が豊かになっていくのですから、これからの普及に期待できるという人は多くいるでしょう。

技術開発をする専門の人々には心の中でエールを送りつつ、これからの時代に普及される色々なものに期待していきたいですね。