私たちが普段生活をしている中で、わからない言葉に巡り合う事があると思います。

例えば、人と話をしている時に、相手が使っている言葉の意味が分からなくなってしまう事などはありませんか?

その場ではなんとか取り繕ったとしても、完全に把握していなければその後の会話のキャッチボールなどがうまくできない事があります。

素直にそこでわかりませんと言えば済む話ではあるのですが、時にはわかりませんといいにくい状況などもありますよね。

例えば、仕事の取引先の人など、同じ会社ではなく、相手企業の人達と話をしている時に出てくると、わかりませんと言ってしまうと話を中断してしまいますし、言葉の内容によってはこんな事も知らないのかと思われてしまう場合があるからです。

しかしながら、後からばれてしまった場合も恥ずかしい思いをしてしまいますので、どちらにしても面倒な事になってしまいます。

大抵の場合はやり過ごして、後から内容などを確認したりする場合が多いですが、どうせならある程度言葉の意味については把握しておいた方が必ず仕事の面でもそうですし、プライベートの面でも役に立つはずです。

なので、日本人であっても、普段使わないような言葉や意味が複雑な物などに関してはある程度時間を見つけて勉強しておくことをおすすめします。

そんな中で、今回は概要という言葉をテーマにして、概要という言葉がどういう意味をもっているのか、そしてどういう使い方をするのかという事をご紹介します。

概要ってどういう意味?

概要という言葉に関しては、社会人の方であれば普段から使ったり、書類などで見かけたりするような事がたくさんあると思います。

まだ学生の方であったり、年齢が幼い方にとっては少し難しい場合などもあると思います。

しかしながら、普段から本を読んだりする習慣がある方にとっては低学年でも把握している確立は高くなると考えられます。

しかしながら、注意していただきたいのは社会人の方です。

概要という言葉は普段本であったり、会社の書類、そして何らかの文章、そして日常生活などで使ったりすると思いますが、以外と普段使っている方の方がその言葉の詳しい意味などを完全に把握しないで使っている場合などがあります。

実際に、概要という言葉を見かけた事がある方や知っているという方、あなたは完全に正しくこの言葉の意味を説明できますか?

大体ある程度の意味を考える事はできるのですが、それを言葉に出すとなった時に詰まってしまう人はたくさんいます。

知っているようで知らないという状況を生んでしまいやすい言葉でもありますので、一番怖いのは知ったかぶって結局知らないパターンです。

分かった気になっていても、実際に求められると説明できないようでは知らないという事と全く同じです。

しかし、そのような方はたくさんいますので、知らなければ知ればよいだけの話です。

なので、この機会に少しでも考えてしまった方は概要という言葉を正しく理解するようにしましょう。

概要の意味

概要という言葉を知り、使いこなすためにはまず概要という言葉の正しい意味合いを理解することから始めなければいけません。

概要という言葉の持っている意味は「全体の要点をまとめたもの、大要、あらまし」という言葉の意味を持っています。

この基本的な意味合いを理解した上で、各項目、それぞれがどういう意味合いを持っているのか詳しくご紹介していきます。

概要という言葉の意味を知り、正しく使えるようになる事は正しい知識を身に着けるだけではなく、言葉を組み合わせて表現豊かになることが出来ます。

話をするのが上手な人は様々な言葉の意味を頭の中にインプットし、その場の状況に応じて一番適切な言葉を頭の中でチョイスし、組み合わせて相手に対してしゃべりかけています。

話をするのが上手になれば上手になる分、自分自身に自信が持てる様になりますし、 危うい場面でも自分の話術によって乗り越えることができる場合もあります。

話が上手であるというスキルはどんな状況でも役立ちます。

例えば会社で意見を述べる時にもそうですし、取引先と話をする際などの商談でも役に立ちます。

新規顧客獲得の影響活動などの場面でも必ず有利になりますし、結果を出せる確率も上がります。

プライベートでもコミュニケーションを取る時に便利ですし、異性に対して上手にアピールする事なども可能になります。

とにかく自分にメリットがあるので、これをきっかけにしてたくさんの言葉の意味を意欲的に学んでみてください。

物事の大筋

まず初めにご紹介していく概要の意味は「物事の大筋」という意味です。

概要という言葉を聞いて、普段使い慣れている方からすれば一番初めに思いつく意味は大抵こちらの内容になると思います。

概要という言葉は使いまわしがきく便利な言葉であり、様々な場面で用いられることがあります。

何かを説明しろと言われた時に説明する際には基本的には一つ一つ小さいことから説明するのではなく物事の大筋から説明をした方が相手には分かりやすいと言う場合がかなり多いです。

その意味を考えてみると概要という言葉がいかに便利な言葉があるかと理解いただけると思います。

何らかの物事が起こった時にその物事を説明する際に、概要はこうです、と前置きをして物事の大筋を説明するような場合がかなり会社組織でも見られることが多いです。

そのような場合は物事の大筋という意味で用いられるので、全体をおおまかに表現できますので、聞き手としてもすぐに理解いただけるようになります。

この意味さえ理解しておけば、概要という言葉が用いられるとある程度意味を推測できるようになりますので、概要という言葉を知らなかった方はまずはこの基本的な意味を把握しておきましょう。

この意味を理解すればここからご紹介するそのほかの様々な内容なども関連性がある意味なので、状況によってすぐにピンとくるはずです。

大体の内容

次にご紹介する概要の意味は「大体の内容」という意味です。

先ほどご紹介した物事の大筋と言う意味とそこまで大きく意味が変わる内容ではありません。

なので、物事の大筋という意味をしっかりと理解しておけばこの意味も自然と頭の中で解釈できるようになりますし、理解する事に対してそこまで難しく感じる必要性はなくなります。

この意味で概要と言う言葉が用いられる場面としては何らかの本や文献などを読み進める時に見かけることが多いです。

例えば普段本などをよく読んだりする形はピンとくると思いますが、本の表紙の裏の部分なのに内容が書かれている場合や、ページの最初あたりに概要が掛かれているのを見かけた事がある人もたくさんいると思います。

本などのページの最初の方に描かれている概要という言葉の意味も、この本がどういう本であるかという事を指し示している、「大体の内容」という意味で用いられている場合がかなり多いです。

先ほどご紹介したように、大体の内容を説明しておいた方が、読み手としてもこの本はどんな本であり、どういう内容を描かれているのかという事を理解しながら読み進めることが出来ます。

本を購入しようと思った時に何の内容が描かれている方なのか後から知ったという事例はあまり多くはないと思います。

なぜかと言うと大体の形の場合が何かについて知りたいと思っているかでは何かについて興味があったりしてその本を手に取ってどういう内容なのか確認した上で自分が読みたい内容かどうか自分の中で再確認して、興味を持てれば本を購入する場合が多いですよね。

なので、手に取って概要を読んで、ある程度内容を知ることが購入してもらう事に繋がるので、早い段階でどういう本であるのか読み手に理解してもらうという事はとても必要な事だからこそ、最初のページあたりに描かれている事が多いのです。

なので、本にとって概要はとても大事な要素である事を理解する必要があります。

大まかな趣旨

次にご紹介する概要の意味は「大まかな趣旨」という意味です。

概要という言葉はとても便利な言葉であるとご紹介いたしました。

大まかな趣旨という意味で用いられる場合を想定すると、一例として、概要という言葉は会社や組織などの概略として会社概要や企業概要や組織概要などの使われ方をする場合がとても多いです。

そのような場合は概要の言葉の意味として大まかな趣旨を説明していると考えることができます。

例えば、あなたが就職活動をしようと考えたとします。

就職活動をする上で絶対に避けて通れないのは自分が働きたいと思う企業を探す事です。

正社員として働くことを前提と考えるのであれば必ず、自分が働きたいと思える企業、そして自分が働きたいと思う職業に就く事が必要です。

そのためには、絶対に行わなければいけないのは自分が働きたいと思える企業をまず探す事です。

そして、企業を見つけたとして、じゃあすぐに応募するという話にはなりません。

普通の人であれば、その企業が主にどういう事業内容を行っていて、社長が誰で、本社はどこにあって、という細かい事などを事前に把握する必要性があります。

そんな時に便利なのが先ほどご紹介した会社概要、企業概要、組織概要という言葉です。

大抵企業のホームページなどに書き綴られている場合が多いです。

この項目を確認して頂ければその企業の大体の大まかな趣旨が記載されているはずです。

例えば、企業によっては、どういう概念を持って活動しており、主にどういう仕事内容を行っており~という事が書かれていて、その会社がどういう会社であるのかすぐにわかる事が多いはずです。

このように、大まかな趣旨という意味で情報などをたくさんの方に発信する際にはとても便利な言葉として用いることが出来ます。

大まかな流れ

次にご紹介する概要の意味は「大まかな流れ」という意味です。

概要の言葉の意味の中に大まかな流れという意味がありますが、これに関しても今までご紹介してきた他の内容と比べてもそこまで大きく意味が変わっているものではないので比較的理解していただきやすいと思います。

大まかな流れを説明するときに概要という言葉を用いればすぐに内容を把握することが出来るため、頻繁に用いられることが多いのですが、例えば一日の大まかな流れなどを説明する際には、概要は~です、などと一言添えると聞き手としても一日の流れなどを比較的注意しながら聞くことが出来るようになります。

利便性の高い言葉なので、どのような場面でも用いることが出来ます。

会社で何かを行う時もそうですし、会社以外でもイベントであったり、プライベートで何かを計画したりするときなどでも利用することが出来る言葉です。

知っていれば様々な場面で使えるようになりますので、早い段階で意味をマスターして使いこなしておきましょう。

あらまし

次にご紹介する概要の意味は「あらまし」という意味です。

あらましという言葉は人によってはこの言葉自体がよく理解されていない場合なども考えられます。

あらましという言葉が本来持っている意味としては、「事柄の大体のところ、前もって思いはかること」というような意味を持っています。

つまり結局は異なるの大体のところを表している言葉なのでこれまでにご紹介してきたその他の言葉の意味と全く同じ内容であると理解してください。

あらましはこうです、~ という風に物事を説明する際に前もって設置しておく事で読み手であったり、聞き手などはすぐに内容を理解することが出来ますので、他の言葉と同様な使い方が出来る言葉です。

概要の読み方

ここまでは概要という言葉が基本的にどの様な意味を持っているのかという事に関してご紹介をしていきました。

概要という言葉は様々な意味を持っていますが、難しく考える必要はありません。

これまで複数の意味をご紹介していきましたが実際に見ていただいた方はすぐにわかったと思いますがどの様な言葉もある程度根本的な意味合いとしてはかなり似ている言葉ばかりです。

なので大きく意味が変わる様なものが1つもありませんので基本的な大まかな意味を一つさえ知っていればその他の内容をつけて理解することができるからです。

では概要の言葉の意味を理解いただいたところで概要という言葉の読み方についてもご紹介していきたいと思います。

概要と言う言葉を知っていても読み方が分からないようでは完全に把握しているとは言えませんので、概要という言葉を知らない方はこの機会に正しい読み方なども意味と関連付けて把握しておくようにしてください。

概要は”がいよう”と読む

概要という言葉の読み方は「がいよう」と読みます。

普段から概要と言う言葉を使い慣れている社会人の方にとってはかなり基本的な内容になると思います。

概要という言葉は、漢字が難しく感じてしまうので、読み方などが一瞬わからなくなってしまう方もいますが、 似ている言葉を関連付けて覚えておけば呼び方を間違えることは少なくなります。

例えば概要の概という言葉はそのほかの言葉では概念などに使われています。

概念の言葉の意味や読み方なども把握しておけば、似ている感じや意味などをすぐに理解して覚えることが出来ます。

なので、概という言葉が曲者ですが、この漢字さえ読めるようにしておけば読み方などはそう難しく感じるような事はありません。

概要の類語

ここまでは概要という言葉の意味と読み方についてご紹介していきました。

ここまで一通り理解していただければ、概要という言葉に対してより理解が進んでいると判断することが出来ます。

しかしながら、概要という言葉を理解するには、概要という言葉を正しく使う必要があるので、概要という言葉の類語などをある程度把握しておく必要性があります。

類語などを把握しておけば、似ている表現方法として理解し、時には代替し、時には適切な場面でそれぞれの言葉を使う事ができるようになり、話に組み立て方や言葉の正しいチョイスができるようになります。

間違って覚えてしまうと、違う場面で似ているけど根本的には違う意味の言葉を使ってしまう危険性などもありますので、この機会に似ている言葉についてもひととおり把握するようにしてください。

要覧

まずはじめにご紹介する概要の類語については「要覧」という言葉です。

要覧という言葉は概要という言葉となんとなく漢字自体も似ていますよね。

では、要覧という言葉がどういう意味を持っているかといいますと、「統計図表などを用いて、要点をまとめて見やすくした文書」の事などを指し示している言葉です。

つまり、概要という言葉が様々な面で物事を説明する言葉であるのと対象に、要覧という言葉は様々な事を説明する際に便利な要点と統計図表が描かれた文章を指し示している言葉であると理解する事ができます。

とても簡単に言えば、言葉なのか文章なのかというだけの違いです。

要覧に関しては必ずしも統計図表が描かれている必要があるわけではなく、単純に資料などを集めて、わかりやすく表記されているものを要覧という言葉で表現する事もできますので、そこまで難しく考える必要性はありません。

この言葉の意味を理解した上で、意味が似ているという事はわかると思いますが、厳密に考えて全く同じ意味であるとは思わないはずです。

あくまで要覧は文書や資料などを表している言葉なので、概要という言葉とは似て異なる言葉であると理解する必要があります。

概観

次にご紹介する概要の類語については「概観」という言葉です。

概観と言う言葉の意味は「物事のあらましを見渡すこと、大体のありさま、全体を大雑把に見ること」という意味を表している言葉です。

概観の言葉の意味を見てみると、いかに概要という言葉と似ているかお分かりいただけると思います。

まず、すぐにわかるのが、概要が持っている意味の中に含まれている「あらまし」という言葉が入っているのがすぐにわかりますね。

それ以外にも、大体のありさまや全体を大雑把に見る事という意味などもまったく同じである場合が考えられますので、かなり似ている言葉であると判断することが出来ます。

概観という言葉の使い方としては、世界経済の動向を概観する~などの言葉で用いる事ができます。

なので、概要という言葉と概観という言葉は同じ言葉として代替するにしても、ちょっと文脈などは変える必要性がある事がおわかりいただけると思います。

しかし前後の文章などを自分の頭の中で構成してみれば同じ意味を表現する事などが可能になりますので、ほぼ同じ意味として解釈することが出来ます。

上手に使いこなせば、たくさんの言葉で同一の表現ができますので、言葉の引き出しが増えます。

会話が上手になる為に必要なスキルですので、この機会に正しく意味を理解して覚えておきましょう。

展望

次にご紹介する概要の類語については「展望」という言葉です。

展望という言葉が持っている意味は、「遠くまで見渡すこと、またはその眺め、社会の動き、人生にいく末などを見渡す事、見通す事」というような意味を持っています。

この意味を考えるとどちらかといえば風景などの意味として活用される場面の方がかなり多いと思いますが、展望という言葉も似ている意味として存在しています。

例えば遠くまで見渡す事というのは風景だけではなく、社会の動きなど、ある意味抽象的な事まで表現することが出来ます。

例えば、例文として将来に対する展望がないという言葉などを用いることが出来ますが、これは将来に対する見通しがないという事を表しています。

この言葉と概要という言葉を比較すると、大まかな趣旨、流れという概要の意味と若干似ている表現である事がお分かりいただけると思います。

しかしながら似ている表現であるだけで、展望という言葉に対しては意味は異なりますので、同じ表現で用いたりすることが難しい事を理解する必要性があります。

大要

次にご紹介する概要の類語については「大要」という言葉です。

大要という言葉が持っている意味は、「大切な所、大事な点、あらまし」というような言葉の意味を持っています。

この言葉の意味は概要という言葉ととても近いと判断することが出来ます。

概要という言葉についても物事の大切な点が大事な所を表している言葉であり、なおかつあらましという言葉に関しては同じ意味として用いることができます。

なので概要という言葉と大要という言葉はかなり似ているという事、そして同じような表現で使うことが可能であると判断することが出来ます。

このように似ているが同じ意味では使えない言葉や、似ており同じ意味で使えるという言葉がたくさん存在していますので、使う際には正しく意味を理解していなければ、間違った使い方になってしまう恐れがあります。

この区別がつくまで意味を理解する必要がありますので、この機会に大要という言葉の意味も正しく理解しておきましょう。

要説

次にご紹介する概要の類語については「要説」という言葉です。

要説という言葉が持っている意味は、「要点を絞って解説すること、またそのもの」などの意味を持っています。

要説という言葉の意味を考えると、概要という言葉と似ていることがお分かりいただけると思います。

概要についての基本的な意味を思い出してみると概要という言葉についてもその物事に対しての大事な点などを説明している言葉であり、おおまかな内容を把握する大切な言葉として用いられていますので、その点を理解していると似ている言葉であると判断することが出来ます。

要説という言葉を見かける場合として、書店などで本が販売されており、その本のタイトルなどで使われている場合などがとても多いです。

例えば、フランス語文法要説などといったように、何かに対して要点を絞った本ですよ、という意味を強調する際などに使われる言葉です。

それを見ただけで、この本はフランス語の大事な点や要点を絞って解説してくれているんだな、とすぐに理解する事が出来ます。

次にご紹介する概要の類語については「略」という言葉です。

略という言葉が持っている意味は、「はぶくこと、だいたい、あらかた」というような意味を持っています。

この言葉をよく考えてみると、概要という言葉と似ている事がお分かりいただけると思います。

一般的に略という言葉に関しては何かを略すときに使われる場合が多いのですが、あらかたという言葉の意味を考えると、要点を述べている概要という言葉と似ていると考えることが出来ると思います。

そのまま全く同じ意味で使う場合は少ないかもしれませんが、意味としてはそこまで大きく
かけ離れていないということを理解してください。

概要を英語で言うと?

ここまでは概要という言葉の類語についてご紹介をしていきました。

概要と言う言葉の類語はたくさん存在することがお分かりいただけたと思います。

それぞれが若干ながら違う意味を持ったりしているので、文章にして書き直してみたりすると意外と同じ意味でも違う表現で使ったりすることである場合が多いので複雑かと思いますが、しっかりと用い方などを理解することによって正しい使い方ができるようになることを理解してください。

類語について理解いただいた所で、概要という言葉は世界標準語である英語だとどういう言葉になるのかという事についても簡単にご紹介していきます。

overview

まず初めにご紹介する概要を英語で言う場合の言葉は「overview」です。

overviewはそのままの意味で「概要」という意味を持っています。

概要という言葉の意味を持っているので、訳す場合はそのまま全体を見渡すことの様な意味を持っています。

よく英語のスペルを確認していただくとなんとなく意味が理解できるかと思います。

viewなどという言葉はよく何かを見たりするときなどに用いられる言葉でもあるので、概要という言葉と同じような意味という事を関連付けて理解する事が出来ますので、何かしら共通点や関連付けて把握するとより記憶に定着するという事を覚えておきましょう。

outline

次にご紹介するがいいを英語で言う場合の言葉は「outline」です。

outlineは意味を考えると、「概要、あらまし」という言葉の意味をもっています。

この言葉に関してはそのまま英語を日常的なビジネス用語として用いたりする場合が多いです。

といいますのは、outlineという言葉はそのままアウトラインと表現することが出来、時には概要の事をアウトラインに沿って~などと表現したりする事もあると思います。

なので、この言葉を正しく理解しておけば、進行する人がアウトラインという言葉を発した時点で概要という意味だな、と自然に理解する事が出来ます。

こういう言葉の理解を積み重ねていき、知識として自分自身の頭の中によりたくさんの言葉の意味などをインプットしておけば、様々な引出しや表現などが可能になります。

この積み重ねがどれだけできるかでその人の知識レベルであったり、表現豊になるのかという事が違ってきますので、常に勉強する必要があります。

価値の高い人間になる為に、普段から言葉の意味や表現方法などを常に勉強しておきましょう。

概要の使い方

ここまでは概要という言葉を英語で表した場合についてご紹介をしていました。

英語に直すと極端に難しく感じる方がいるかもしれませんがよくよく考えてみると普段から口に出してる様な身近な言葉がそれにあたっているということがわかりいただけたと思います。

アウトラインという言葉は会社においてもよく用いられる表現にもなりますので、この機会に正しく知識としてインプットしておきましょう。

概要という事について一通りご紹介していきましたが、最後に概要という言葉を実際に例文にした時にどのように使う事ができるのか、という事についてご紹介していきます。

使い方などを正しく理解していても、正しく例文に出来なければ意味はないので、ある程度例文にする時の感覚や使い方などを理解しておきましょう。

出来事の概要を説明する

まずはじめにご紹介する概要の使い方としては「出来事の概要を説明する」という例文です。

この例文に関して意味を理解する場合はまず概要という言葉の意味をもう一度思い出す必要があります。

概要という言葉が持っている意味の中で一番適切なのは、物事の大筋、大体の内容などが当てはまると思います。

なので、この文章を訳すと、「出来事の大体の内容を説明する」という風に訳すことが出来ます。

意味を理解しておけばそこまで難しい例文ではありませんね。

会社などにおいても何かを人前で説明したりする際に、まず出来事の概要を説明します。

と一言頭にこの言葉を持ってくれば注意してその話を聞いてくれ、話がどういう内容なのかということを瞬時に周りの人と共有することができますのでとても便利な言葉です。

会社概要を読む

次にご紹介する概要の使い方としては「会社概要を読む」という例文です。

この例文に関してもそこまで理解するのが難しいものではありません。

概要という言葉は会社概要として用いられるという事は冒頭でも説明しましたので、この例文の意味は会社の大まかな趣旨について読むという意味として解釈することが出来ます。

会社概要=会社の大まかな行っている事 というような内容で理解する事が出来ますので、
概要という言葉を正しく理解しておけば難しい事はありません。

概要の正しい意味を覚えよう

今回は概要という言葉の意味や、使い方、類語、そして例文などを交えて詳しくご紹介しました。

たったひとつの言葉でもこれほど学ぶべき事が存在しています。

全ての言葉を学ぶという事は難しい事ですが、日常的に使用頻度の高い言葉にしぼって把握しておけば、実用的に言葉を用いる事ができる場面が多くなります。

どれだけ多くの事をインプットできるかで結果が変わってきますので、少しでも多くの言葉を勉強する機会を増やしていきましょう。

これからは概要という言葉が用いられることが出来る場面では積極的に活用してみてくださいね。