日本はキャラクター大国と言われているそうです。

確かに官庁や都道府県にもイメージキャラクターがいますし、ゆるキャラが先行して土地の知名度が上がるなんてことも最近では珍しくないですよね。

しかし数が増えすぎて、このキャラクターなんだっけ…ということもあります。

ここでは、比較的メジャーなキャラクターからまだまだ知られていないマイナーキャラまで、いろんなか可愛いキャラクターを紹介していきます。

ジャンル別!かわいいキャラクターを20個紹介します

キャラクターと一口に言っても、近所の雑貨屋さんで出会えるような子もいればご当地に足を運ばないとグッズすら手に入らないような子までいろいろです。

ジャンル別に分けて紹介していきたいと思います。

アニメキャラ


まずは大人から子供まで支持されているアニメから火が付いたキャラクターたちです。

1.スポンジボブ

スポンジボブは1999年からアメリカで放送が始まったアニメのキャラクターです。

黄色いスポンジの男の子・スポンジボブと、彼の隣人・タコのイカルドや怠け者の親友・ヒトデのステファンたちが、海の中の町ビキニタウンで巻き起こす騒動を描いたギャグアニメで、アメリカでは子どものみならず大人までファンを広げる大ヒット作となりました。

日本でも2000年からアニメが放送され、キャラクターグッズも多数発売されました。

ポップなキャラクターデザインが若い女性に受け人気に火がつき、雑貨店などでも見たことがある方が多いのではないでしょうか。

原作者のステファン・ヒーレンバーグさんは、もともと海とアニメが大好きで、海洋研究所で留学生を教える仕事をしていました。

そして彼らに海の生き物の生態をわかりやすく伝えたい!と考え作り出した漫画のキャラクターが、スポンジボブの原型となったようです。

ちなみになんで海なのにスポンジが…?と思われるかもしれませんが、スポンジボブのモデルは海に生息している海綿動物で、食器洗い用のスポンジとは別物なんだそうです。

2.ミッキー&ミニー

言わずと知れた世界一有名なネズミたち。

ウォルト・ディズニーによって作り出されたミッキーとミニーは、「蒸気船ウィリー」というアニメーション作品で初登場。

世の中にその名を広めます。

明るくて人気者のミッキーと、かわいくて思いやりのあるミニーは永遠の恋人同士。

70あまりの作品で共演しています。

日本ではこの二人は仲良しカップルの象徴のようになっており、ミッキーとミニーみたいにいつまでもラブラブでいたい!と思う人たちも少なくないようです。

ちなみに、二人が誕生したのは1928年の映画なので、今年でなんと二人は89歳。

確かに理想の二人だと言えるかもしれません。

3.ミニオン

ミニオンは「怪盗グルーの月泥棒」で初登場したキャラクター。

その謎の愛くるしさから人気が急上昇しついには彼らが主人公の映画も作られるようになりました。

「怪盗グルーの月泥棒」の時点では、博士にバナナから作られた存在という設定でしたが、のちに公開された「ミニオンズ」では恐竜の時代から生きている単細胞生物という設定になっており結局彼らの出生については謎なようです。

しかしバナナが大好物なのは変わらないので、それが深くかかわっているのは確かなようです。

その時代で一番強く一番ワルなボスに仕えるのを何よりもの生きがいにしており、ティラノサウルス・原始人・ファラオ・吸血鬼・ナポレオンなどさまざまなボスに仕えてきています。

……が、ミニオンは脳みそがピーナッツくらいの大きさしかなくすぐドジを踏んでしまい、そのせいで彼らを手下にした悪党はことごとく死んでいるというブラックな設定。

世界中の言語が混ざっているという「ミニオン語」
を話します。

よく聞いてみると日本語もちょくちょく混ざっていて面白いです。

毛が生えている子や単眼の子、少し背が高い子などいろんなミニオンがおり、彼らがわちゃわちゃ走り回る姿は小さい子供のようでとってもキュートです!
ぬいぐるみなどグッズも多数発売されており、映画を見てその可愛さに一度触れたならいろいろ集めたくなってしまうこと間違いなしです。

4.スヌーピー

1950年から作者のシュルツが書き始めた「ピーナッツ」という漫画に出てくるビーグル犬がスヌーピーです。

世界一有名なビーグル犬といっても過言ではないのではないでしょうか。

日本では漫画のタイトルよりスヌーピーの名前のほうが広く知られているため、スヌーピーが「ピーナッツ」の代名詞のようになっているところがあります。

スヌーピーはチャーリーブラウンという男の子の飼い犬です。

ピーナッツの連載当初は普通の犬だったようですが、だんだんと知的なキャラクターになってゆき、ついには考えていることが吹き出しに書かれるメインキャラに。

趣味は変装で、作家や弁護士などいろんな職業の人物になりきっているコントのようなお話もあります。

基本普通の犬と同じくドッグフードを食べますが、ほかにもアイスクリームやピザ、コーラなども大好物。

チャーリーブラウンのことを信頼していてお互いにかけがえのない存在ですが、その割にはいつまでたっても名前を覚えず、ずっと「丸頭の男の子」と呼んでいます。

よく一緒に描かれている黄色い小鳥はウッドストックという名前で、スヌーピーの大親友。

スヌーピーの家族以外では唯一、彼の言っていることを理解できる存在です。

スヌーピーグッズは男女問わずさまざまな年齢層の人に愛されています。

おすすめなのは、「ピーナッツ」連載初期のスヌーピーグッズ。

チャーリーブラウンもスヌーピーも、よく見るタッチとは違い少し丸っこくて幼い感じに見えます。

スヌーピーグッズは好きな人が多いためかぶりがちですが、これなら周りと差を付けられますよ。

5.ピカチュウ

海外でも日本を象徴するキャラクターの一つとしてよく知られているのがピカチュウです。

ポケモンは全部で804種類いるのですが、その中でも知名度の高さはダントツだと言えるのではないでしょうか。

アニメでは主人公のポケモンマスターを目指す少年・サトシのパートナーとして常に一緒に描かれており、鳴き声や丸っこいフォルムの愛らしさから一気に人気者になりました。

ピカチュウの名前の由来は、そのまま光を表す「ピカ」とネズミの鳴き声の「チュウ」を組み合わせたものだそうです。

可愛い外見のイメージはハムスターで、ほっぺたの赤い丸はデザイン的にかわいいからかと思いきや「でんきぶくろ」という電気を溜める場所のようです。

ここに溜めた電気で「100まんボルト」「かみなり」といった技を繰り出して相手を攻撃します。

ポケットモンスターはバトルを中心にした物語なので、かわいいだけではないこういったキャラクター設定も魅力のひとつですね。

ちなみによく一緒に描かれているライチュウやピチューもピカチュウの進化過程のひとつで、ピチュー→ピカチュウ→ライチュウと進化していきます。

ポケモンは進化するごとに見た目がたくましくかっこよくなっていくことが多いですが、ピカチュウは
ずっとかわいいままで強くなっていくところが個人的に好きです。

ポケモン全盛期の世代が大人になってきているためか、最近は大人の女性でも使えるようなさりげなくピカチュウが入ったグッズもたくさん出ています。

韓国コスメのトニーモリーとのコラボレーションなどもしており、ピカチュウの顔がそのままパクトになったファンデーションやチークなどがとってもかわいいです。

6.チップとデール

ディズニーキャラクターの中でも根強い人気なのがこのチップとデール。

大の仲良しでいつでもいっしょに行動しているシマリスの二人組です。

外見がそっくりでセットで扱われているため兄弟や双子だと思われていることが多いようで、日本では「兄弟」と紹介されることもあったようですが実際はただの親友同士で、血縁関係はないようです。

それにしてもかなりそっくりなので、どっちがチップでどっちがデールかわからないという人も多いのではないでしょうか。

実は外見の特徴でかんたんに見分けがつきます。

チップ→鼻が三角形で黒色。

前歯は中央にくっついて2本あり、目は真ん丸でぱっちりしています。

前髪はありません。

体の色は濃い茶色。

チョコレートのような色をしているほうがチップだということで、「チョコチップ」という覚え方をされることが多いようです。

デール→鼻がだ円で茶色か赤色。

前歯は離れて2本生えています。

目は眠たそうな半開きで、前髪はちょっぴりぼさぼさ。

体の色はチップより薄いキャラメルのような色をしています。

性格的にはチップがしっかり者、デールがお調子者でおとぼけとして描かれることが多いようです。

公式グッズでは彼らの大好物・どんぐりやりんごといった木の実が一緒にデザインされることがよくあり、どれも小動物好きにはたまらないかわいさです。

7.エルモ

アメリカで制作されたセサミストリートという子供向け番組から生まれたのがエルモです。

特徴は真っ赤な体に丸い目と大きなオレンジ色のお鼻。

くすくす笑いと甲高い声も印象的です。

人懐っこく明るく前向きな性格で、楽しいことを見つけるのが大好き。

誰とでもお友達になれてしまいます。

ペットに金魚のドロシーがおり、一緒にコーナーの司会をしたりととっても仲良しな様子。

グッズでは、1996年におなかを押すと笑うぬいぐるみ「くすぐりエルモ」が発売され大ヒットしました。

日本でも流行った記憶がある方がいらっしゃると思います。

笑い転げる姿がとってもかわいく、エルモのお友達になれたような気持ちになれます。

ちなみにアメリカではどうにか子供のために手に入れようとするお母さん同士で乱闘が起き、負傷者が出るほどの人気ぶりだったそうです。

どれだけみんながハマっていたのかがうかがえるエピソードですよね。

今でもセサミストリートのキャラクターでは根強い人気で、たくさんのグッズが展開されています。

8.キティ

日本のキャラクターと聞いて即座にサンリオキャラクターを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ハローキティはその中でもダントツの知名度を誇るキャラクター。

世界中にファンがいます。

印象的なところでは、レディーガガがキティちゃんのぬいぐるみだけで作ったドレスを披露し人々を驚かせました。

キティは日本が世界に誇る「かわいい」カルチャーを牽引する存在だと言えます。

キティちゃんはロンドン生まれの女の子。

身長はりんご5個分で体重はリンゴ3個分。

ママの作ったアップルパイが大好物な好奇心旺盛で心優しい女の子です。

派生キャラはかなり多いのですが、双子の妹・ミミィちゃんと一緒に登場することが多いようです。

ミミィちゃんは外見はほとんどキティちゃんと一緒なのですが、キティちゃんがリボンを左に付けているのに対し右につけており、色もキティちゃんが赤色なのに対して黄色のものを付けています。

性格はキティちゃんが向こう見ずでやんちゃなところがあるのに対し、ミミィちゃんは礼儀正しくておとなしい性格。

突っ走るキティちゃんをなだめるような一面もあるようです。

他にもキティちゃんのペット・チャーミーキティやボーイフレンドのダニエルなど、キティちゃんの周りには魅力的なキャラクターがいっぱい。

できるだけいろんなグッズを見たい場合には、サンリオショップがおすすめです。

あなたのお気に入りを見つけて下さい。

9.キキララ

キキララという名前で親しまれていますが、正式名称はリトルツインスターズ。

ゆめ星雲のおもいやり星からやってきた双子のお星さまで、人の形はしていますが人間ではないようです。

キキは慌てん坊で食いしん坊、好奇心旺盛な双子の弟。

星を背負ってどこにでも飛んで行ける力があります。

ララは怖がりで泣き虫な双子の姉で、お料理が得意。

持っている星のステッキでキキが背負っている星のいく方向を決めることができます。

ちなみにこのステッキからはお菓子も出せるようです。

お星さまの擬人化だからか、グッズの色遣いも水色、ラベンダー、ピンク、レモンイエローなどふわふわあわーいパステルカラーが多く、ゆめかわいいものが大好きな女子に熱烈に支持されています。

10.マイメロディ

マイメロディもサンリオのキャラクターの中では揺るがぬ人気を誇るキャラのひとつです。

メロディはマリーランドの森で生まれたうさぎの女の子。

最初は赤ずきんちゃんをウサギ化したキャラクターでそのまんま「赤ずきんちゃん」と呼ばれていたようですが、マイメロディと言う名前が決まったことによりあまりかかわりがなくなったようです。

初期はそんなこんなで赤い頭巾を被っているグッズしかありませんでしたが、ピンクのものがたくさん出るようになり、今ではどちらも同じくらいグッズ展開されています。

赤もピンクもどちらもかわいいので、ファンにとっては嬉しいことかもしれません。

マイメロディから派生した人気キャラとして、お友達のひつじのピアノちゃん、ライバルのクロミちゃん、弟のリズムくんなどもいます。