わいわい楽しく何かをする!ということを言われても難しいと思う人もいるのではないでしょうか?例えばその日は気分がのらない、本当はこの場所に来ようとはしなかったけれど人数あわせや、仕方なくこの場所にきてしまったという人もいるでしょう。

その様なことをするのがもともと苦手だという人もいると思います。

会社などの宴会、友達たちとの同窓会など、この空間が苦手だという人もいます。

ではどの様な人がわいわいすることが苦手なのでしょうか?また、逆にわいわいすることが好きな人の特徴は考えたことありますか?気になるのではないでしょうか?そんな疑問にも答えつつわいわいするのが苦手だ!という人に楽しんでいるフリをするためにすべきことについてお話したいと思います!楽しんでるフリというのは相手に申し訳ないと思う人もいるかもしれません。

ですがそんな事はないのです。

わいわいすることを無理に好きにならなくても良いし、とりあえずフリをするだけでその場を凌ぐということもあります!誰にだってその様な時はあるのです。

常にこういうことがあるという訳でもなく、仕方なくこの場所に居るのだというアピールは余計に相手を心配させたり不快に思ったりするかもしれません。

その様なアピールをするというのは逆効果なので止めるようにしましょう。

話に相槌をうったり、笑顔で喋るということも時には大切です。

会話の中に入るようにするのも良いでしょう。

ではどの様なことをしてその場を乗り切るのか見てみたいと思います。

わいわいするのを無理に好きにならなくても良いんです!

わいわいすることを無理に好きにならなくても良いんです!例えば飲み会などでわいわい騒ぎますよね?それが嫌だという人もいるでしょう。

静かに飲みたいという人もいます。

この様な場所が苦手だと思っていても楽しんでいるフリをするためにするべきことというものがあります。

もしかすると嬉しいことや楽しいことがまれにあるかもしれません。

また、2次会などでゆっくり飲む席で語るというのも良いでしょう。

遊ぶとなった時はカラオケオールというのもありますが、わいわいしている所に無理に合わせる必要もないです!苦手な人はずっと苦手でいてよいのです。

でもこの様な状況がきてしまったときにとにかくその場を凌ぎたいと思いますよね?工夫を1つするだけでも直ぐに時間が経ってしまったということもあると思います。

一番大事なのは自分自身の気持ちを無理にあわせず、その時その時で返答などをすれば良いのです!

わいわいするのが苦手でも楽しんでいるフリをするために

わいわいするのが苦手でも楽しんでいるフリをするために気をつけるべきことがあります。

例えば楽しくないという顔をしているのであれば、本当に楽しくないと思われてしまい心配されることもあるでしょう。

わいわいする人達というのは皆で楽しみたいという気持ちが強いです。

しかし1人だけ気を落としている、数人ほど落ち込み気味だというのを見ると声を積極的にかけてくれるのです。

声をかけてくれるのは嬉しいですが、そのわいわいする中に入るのは厳しいですよね?ではどの様に楽しむフリをするのか具体的に見ていきたいと思います。

1. 常に笑顔でいる

常に笑顔でいるように心がけるようにしましょう。

これは会話に参加をしているという証でもあり、周りの人達も楽しいと認識をすることができます。

本心では苦手だなと思っていても顔を笑顔でいることで、相手はとても楽しいと思うことができるのです。

少し騙している感覚になるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、気を落としていると心配されたりするので、常に平常心の状態であるのであれば笑顔でいるように心がけることが大切です。

2. 人の話に相槌を打つ


これは自然と話の流れに入ることができる唯一の手段でもあり、重宝するものです。

人の話に相槌を打つのと打たないのでは印象も違いますし、周りから聞いているのか?と思われるのを防ぐために使う方法です。

会話の内容に対して「なるほどなるほど」「知らなかった!」と相槌を打つだけでも相手はどんどん話をしてくれます。

その内容は様々な内容が多いですが、相槌を打つというのは意思表示でもあるので、常に心がけるようにしましょう!そして何か話題を振られたら「あまりない」や「ずっと平凡に~」といったような流し方でまた相手に話しをさせるという方法もあります。

わいわいする場所で話をするというのは常に様々な人がいろいろな人と喋ったりしますよね?なのでその様な流し方をしても他の人が「そういえば」と話をしてくれたりすることもあるのです。

それに対してまた相槌を打つというだけでも時間が過ぎていくのでオススメです。

軽く答えるくらいの反応をしても良いでしょう。

そうすることで直ぐに時間が過ぎて行きます。

また、違う人と喋る際は、同じ内容の意見だとしても同じように相槌を打つようにしましょう。

興味が無いと思っていてもとにかく相槌をすることで、その場を凌ぐことができます。

人の話に相槌を打つというのはジェスチャーであり、聞いていると思えるので何もせずに俯いている状態よりかはオススメですよ!

3. 飲食を楽しむ

わいわいしている場所、宴会や飲み会などは食べ物や飲み物、アルコールなど様々ありますよね?喋る人は喋る、食べる人は食べるといったことをすると良いかもしれません。

飲食をメインに楽しんでいるという人も中にはいます。

その様な人達と一緒に「美味しいね」と食べて飲んだりするのも良いでしょう。

わいわいするのが苦手なだけで飲食を楽しむことに抵抗は無いという人もいるでしょう。

その時は存分に食べることをオススメします。

よく残ったりするということがあるかもしれないので、その様な形にならないように気をつけるようにしましょう。

好きな物を頼むことも大丈夫です。

どんどん食べては飲んで、自分のペースでお腹いっぱいにして帰るということもできるので、喋るだけがわいわいすることではありませんが、飲食を楽しむということを心がけるようにしましょう。

数人で固まって飲んだり食べたりするということにもなるかもしれません。

会話が少なくとも、時間が過ぎるのが早いので是非飲食を楽しんでみてください。

4. 人にも食べ物や飲み物をすすめる

飲食を楽しむという内容と繋がりますが、他の人にも「どうする?」と勧めてあげることを心がけるようにしましょう。

あまり話したくないという人もいるかもしれませんが、注文を頼むときは自分だけではないということです。

他の人も注文をして飲んだり食べたりすることがあります。

自分1人では決めず、周りの人の注文も一緒に頼んであげると良いでしょう。

わいわいするのは苦手だけれど、「これ美味しかった」「このお酒美味しいよ」とすすめるだけで相手も同じものを頼むかもしれません。

他の人達にも食べ物や飲み物などを積極的に勧めるようにして場を凌ぐようにしましょう!

5. 人を羨んだり妬んだりしない

人を羨んだり嫉んだりすることは絶対にしないようにしましょう。

これは例えば同窓会などでよくありますが「今この企業に勤めている」とか「結婚したんだ」とかの報告を聞くと思います。

ただでさえわいわいする場所が苦手なのに羨んだり嫉んだりすると更にマイナスになってしまいます。

顔に出たりする人もいれば、もう何もかもめんどくさいと思い無視をするということにもなるかもしれません。

人を羨んだり嫉んだりするというのは楽しむという気持ちを殺してしまいます!この様な考えをしてしまうのではなく、相手は相手、自分は自分だと割り切ることが何よりも大切になります。

割り切るようにして乗り切ることを目標にしましょう!

そういう気持ちは楽しむ気持ちを殺してしまう

先ほども言ったように羨んだり嫉んだりすることは気持ちを殺してしまいます。

これは相手が言ったことに対して嫉みの気持ちが多ければ多いほど、「こうなってしまえばいい」と酷い考えになってしまう場合があるからです。

お酒の席が入っている状態でその様な考えになった時につい本音を言ってしまうということで喧嘩に発展してしまったということも少なからずあります。

その様な羨む気持ちや嫉む気持ちというのは「楽しむ」ということを殺してしまうので、絶対にしないようにしましょう!仮にそうなりそうな話の流れの場合は席を立つなどをしてトイレに行ったりして一時してから戻るなどの工夫をすることが大事です。

嫌々でその場所にいるというのに更にマイナスなことを聞かされるというのは自分にとって大ダメージです。

必ずその様な話のくだりは気をつけるようにしましょう。

ふと耳に入ったものでも気をつけることが重要です!気を引き締めるようにしましょうね!

6. 自分は話さなくても人から話しを引き出す

自分自身は話さなくても相手からその話を引き出せばよいのです。

例えば何かある?と言われても「特にないよ!むしろそっちは?」と聞き返すことで相手がいろいろと話をしてくれます。

それに相槌を打ったり、時には少しだけ喋ったりとすることでわいわいとする空間を凌ぐことができます。

また、仮に話題を振られて答えるものだけは答えて、後は任せるということもできます。

自分自身から話すということはそれほど興味があるとも捉えることができるので、話をして少しずつつ輪に入るフリをしましょう。

適当に流すのではなく、時には耳を傾けると面白い情報が驚くべき情報などが手に入るかもしれません!相手から常に話を聞くという態勢を忘れないようにしましょう。

7. 自慢できる特技を披露する

わいわいするのが苦手だけどどうすれば良いか解らないとなった時に自慢できる特技を披露することでその場の時間を過ごすことができます。

例えば皆の前でマジックなどを軽くしたりするのも良いでしょう。

他にも数人などの目の前でできる特技などがあると、「こういうことできるんだよね」と楽しんでいるように見えると思います。

特技なので苦手なことではないと思いますが、他の人に同じことをやらせてみても良いでしょう。

そうすることでその人達に特技について話をすることもできるし、普通に宴会を楽しんでいるのだなと周りから思われても不思議ではありません。

自慢できる特技が多ければ多いほど披露をして時間が過ぎるのを待つということもできるのです。

もし特技があるという人がいるのであれば、この様な方法を使い楽しんでいるフリをするようにしましょう。

フリというのはその様に見せるというものでもあるので、特技も見せるようにしましょう!

8. 人を惹きつける話題を3つほど持つ

誰かとは必ず喋ることになると思います。

例えば今日の宴会の幹事の人、同窓会など昔仲が良かった友人達などと話すという機会が必ず来ます。

ですがその時に話題を持っていなければ話をすることはできませんよね?そこで人を惹きつける話題というのを予め用意しておくことが必要になります。

この度紹介するのは5つについてですが、この5つではなく他のことについて話をしても大丈夫です!とりあえず話題を3つほど用意しておき、何か聞かれたら答える。

「逆にこういう話題があるのだけれど…」と話題をふることもできると思います。

話をするというのは時間が過ぎる感覚が一番早いと言われています。

例えば何について話せば良いか解らないという状態の時は逆に時間が過ぎるのが遅いと感じることが多いです。

まだ終わらないかと時間を気にするのではなく、時間を見ずに自分の話題をいくつか話しをすることで、その日の宴会を終わらすこともできます。

人を惹きつけるものというのは様々ありますが、その代表的なものをみていきたいと思います。

例えばペットを飼っているのであればペットについて、ニュースで気になることがあったというのであればニュースの記事についてなど、皆が食いつきそうなネタを用意することで、その時間を有効的に使うことができます。

ペットネタ

ペットは飼っている人限定、と思いきやその知識さえあればどんな事でも大丈夫です。

集まっている人の誰かは過去に何かを飼っていた、今でも何か動物を飼っているということがあると思います。

その様な人達に向けて用意するのがこのペットネタです。

例えばペット写真を見せるというのが一番良いでしょう。

他にも、こうすれば良いという小ネタや、ためになることをいくつか話題にして教えることで相手もなるほどと聞いてくれるようになります。

そこから相手の話にも移るということができるので、ペットネタというのはとても重宝する1つでもあるのです。

困ったことがあれば動物について話をしてみてはいかがでしょうか?「どの様な動物が好きなの?」という言葉でも良いと思います。

そこから話を広げて時間を使うようにしましょう!