CoCoSiA(ココシア)

着信拒否されがちな人の14個の行動


今の時代は昔と違い便利な時代になっているので、たくさんの方が携帯電話を持っていると思います。

スマートフォンなどの普及に伴って便利な機能なども備わり、スマートフォン一台あればたくさんの便利なことが出来るようになっていますよね。

今でこそたくさんの機能が備わっていますが、そもそもスマートフォンも元をただせば携帯電話です。

携帯電話の本来の役割は通話機能ですよね。

話したいと思った相手とすぐに音声通話ができるので、非常に便利な機能ですが、それを利用して悪い事などを行ったり、人によっては不快な電話などを受け取ってしまう可能性がありますので、便利な機能の中には着信拒否機能なども設定されています。

一般的には迷惑電話などをシャットダウンできる機能となっていますが、時にはあまり好きではないような相手を着信拒否する場合としても用いられています。

中にはよく着信拒否をされてしまうような人も見かける場合がありますが、着信拒否をされてしまう人には特徴がある場合が多いです。

今回は着信拒否をテーマにして、着信拒否されてしまうような人のありがちな行動についてご紹介していきます。

着信拒否されてしまいやすい人や、相手に対して気持ち良くない行動をとってしまっていないか不安な方はご紹介する内容を見て自分がそうならないように工夫していただきたいと思います。

️着信拒否されたらとてもショック!

当然ながら着信拒否をされてしまったとするならばそれはとてもショックな出来事ですよね。

着信拒否をされてしまうという事は自分からの電話を迷惑な電話としか思われていないということを表しているからです。

人によって迷惑の基準は異なりますが一般的に着信拒否されてしまうレベルというのはよほどのことがない限りありえない話なので、相当なレベルで相手に対して迷惑をかけてしまっていると認識する必要があります。

とはいえ人によって迷惑の基準は異なりますし、様々な状況も考えられますので物の勢いでということも十分あり得る話です。

しかしどんな理由があったにせよ着信拒否されてしまうということはあなた自身が相手に対して何かしら迷惑な行為を行ったと考えるのが普通の考え方です。

意図的に迷惑な行為を行っているのならば仕方ないですが、全くこちらが認識していない状況で相手に対して迷惑をかけてしまっているということであるならば、知らず知らずのうちに相手に迷惑をかけてしまっていることになりますので、その人以外にも他の人にも迷惑な行為をしてしまっているという可能性もあります。

そう考えると不特定多数の人間にあなたは迷惑な人間であると心の中では思われてしまっている可能性も高まりますので、 不安な気持ちになると思います。

なので普段から自分の行動を客観視して迷惑なことをしていないかどうか常に確認をしておくことは大切なことであると考えることができます。

着信拒否されがちな行動を知ろう


着信拒否をされてしまうということはとてもショックな出来事であるという事をお伝えしましたが、やはり一番良いのは相手から嫌われずに着信拒否されないように普段から良いことを相手に対して振る舞うことが大切ですよね。

最初から相手に対して思いやりの心をもって相手から嫌われない様に心がけていれば、 よほどのことがない限り相手から着信拒否されるという様なことはありません。

しかし人によっては着信拒否されてしまいやすい行動をとっている人がいる場合もありますので、 逆を言えば着信拒否されがちな行動を知ることで着信拒否されない様に振る舞うことができると考えることもできます。

物事の裏を読んで良い方向に進める様に解釈することもとても大切なことです。

なので周りから嫌われないためにも着信拒否されがちな行動や特徴を知りそれをしない様に反面教師にして考えることが大切ですので、その点を理解した上で着信拒否されがちな人の行動について考えていきましょう。

️着信拒否されがちな人の14個の行動

先ほどご紹介したように、着信拒否されがちな人に関しては共通して同じような行動がみられる可能性がとても高いです。

そもそも着信拒否をされるという事は相手に対して嫌われるという事であり、相手が嫌な気持ちになっているからこそ関わりを持ちたくないと思われてしまうのです。

なので、着信拒否をされてしまうような人間は周りの人に対して悪影響を及ぼすような行動を取っていると考えることが出来ます。

では着信拒否をされないようにするにはどうすればよいのか?と言いますと相手から嫌われてしまう行動を取らないようにすれば良いと考えることが出来ますよね。

そのためのヒントとして着信拒否をされがちな人の行動を知り、客観的に自分の行動を振り返る必要があります。

誰しもが相手に嫌われたくて行動しているわけではありませんよね。

しかし、人によっては相手に対して悪い事や不快な気持ちにさせるような行動を取っている事を認識していないで行っている可能性もあります。

だからこそきちんと自分の行動が知らないうちに悪い行動になっていないかどうか確認する必要があるという事です。

普段の自分の何気ない行動が当てはまっていないか、この考え方を念頭においてこれからご紹介する特徴を確認してみてください。

しつこく電話をかける


まずはじめにご紹介する着信拒否されがちな人に当てはまる行動はしつこく電話をかけるということです。

なぜ相手に対してしつこく電話をかけると着信拒否されてしまうのかと言いますと、相手に対して用もないのにしつこく電話をかけたりするとそれだけ相手にとっては時間が拘束されてしまうということが考えられます。

本当に必要な時であれば電話かけるのは問題ありませんが、 むやみやたらに意味もないのに相手に対して電話をかけたりすることで相手は心理的にうんざりしてしまう可能性があります。

普段から頻繁に電話をかける間柄でそれなりの信頼関係が結ばれているのであれば問題ない可能性もありますが、相手がその状況をよしとして考えていない場合はしつこく電話かけることは相手からすればストレスに感じてしまう可能性があります。

普段から相手に対してしつこく電話をかけてしまう癖がある方は相手によって電話をかけても良い相手かどうか考えた上で行動をする必要があります。

何度もいたずらをする

次にご紹介する着信拒否されがちな人に当てはまる行動は何度もいたずらをするということです。

例えば人によっては相手に特に用もないのにいたずら目的で電話をかけたりする人間がいます。

若い年齢であればいたずら心が働いてその様な行動をとってしまう可能性もあるかもしれませんが、ある程度年齢を重ねた上でこの様な行動をとったりしている場合は相手に対して迷惑でしかありませんので、着信拒否されても仕方がないことであると認識する必要があります。

自分が用もないのに相手から電話をかけ続けられたり、いたずらをされると気分も悪いですし、相手を嫌ってしまって当然だと思いませんか?
普段から電話を使って相手にいたずらをしている方は着信拒否されてしまう可能性が高いので注意してください。