今の時代は昔と違い便利な時代になっているので、たくさんの方が携帯電話を持っていると思います。

スマートフォンなどの普及に伴って便利な機能なども備わり、スマートフォン一台あればたくさんの便利なことが出来るようになっていますよね。

今でこそたくさんの機能が備わっていますが、そもそもスマートフォンも元をただせば携帯電話です。

携帯電話の本来の役割は通話機能ですよね。

話したいと思った相手とすぐに音声通話ができるので、非常に便利な機能ですが、それを利用して悪い事などを行ったり、人によっては不快な電話などを受け取ってしまう可能性がありますので、便利な機能の中には着信拒否機能なども設定されています。

一般的には迷惑電話などをシャットダウンできる機能となっていますが、時にはあまり好きではないような相手を着信拒否する場合としても用いられています。

中にはよく着信拒否をされてしまうような人も見かける場合がありますが、着信拒否をされてしまう人には特徴がある場合が多いです。

今回は着信拒否をテーマにして、着信拒否されてしまうような人のありがちな行動についてご紹介していきます。

着信拒否されてしまいやすい人や、相手に対して気持ち良くない行動をとってしまっていないか不安な方はご紹介する内容を見て自分がそうならないように工夫していただきたいと思います。

️着信拒否されたらとてもショック!

当然ながら着信拒否をされてしまったとするならばそれはとてもショックな出来事ですよね。

着信拒否をされてしまうという事は自分からの電話を迷惑な電話としか思われていないということを表しているからです。

人によって迷惑の基準は異なりますが一般的に着信拒否されてしまうレベルというのはよほどのことがない限りありえない話なので、相当なレベルで相手に対して迷惑をかけてしまっていると認識する必要があります。

とはいえ人によって迷惑の基準は異なりますし、様々な状況も考えられますので物の勢いでということも十分あり得る話です。

しかしどんな理由があったにせよ着信拒否されてしまうということはあなた自身が相手に対して何かしら迷惑な行為を行ったと考えるのが普通の考え方です。

意図的に迷惑な行為を行っているのならば仕方ないですが、全くこちらが認識していない状況で相手に対して迷惑をかけてしまっているということであるならば、知らず知らずのうちに相手に迷惑をかけてしまっていることになりますので、その人以外にも他の人にも迷惑な行為をしてしまっているという可能性もあります。

そう考えると不特定多数の人間にあなたは迷惑な人間であると心の中では思われてしまっている可能性も高まりますので、 不安な気持ちになると思います。

なので普段から自分の行動を客観視して迷惑なことをしていないかどうか常に確認をしておくことは大切なことであると考えることができます。

着信拒否されがちな行動を知ろう


着信拒否をされてしまうということはとてもショックな出来事であるという事をお伝えしましたが、やはり一番良いのは相手から嫌われずに着信拒否されないように普段から良いことを相手に対して振る舞うことが大切ですよね。

最初から相手に対して思いやりの心をもって相手から嫌われない様に心がけていれば、 よほどのことがない限り相手から着信拒否されるという様なことはありません。

しかし人によっては着信拒否されてしまいやすい行動をとっている人がいる場合もありますので、 逆を言えば着信拒否されがちな行動を知ることで着信拒否されない様に振る舞うことができると考えることもできます。

物事の裏を読んで良い方向に進める様に解釈することもとても大切なことです。

なので周りから嫌われないためにも着信拒否されがちな行動や特徴を知りそれをしない様に反面教師にして考えることが大切ですので、その点を理解した上で着信拒否されがちな人の行動について考えていきましょう。

️着信拒否されがちな人の14個の行動

先ほどご紹介したように、着信拒否されがちな人に関しては共通して同じような行動がみられる可能性がとても高いです。

そもそも着信拒否をされるという事は相手に対して嫌われるという事であり、相手が嫌な気持ちになっているからこそ関わりを持ちたくないと思われてしまうのです。

なので、着信拒否をされてしまうような人間は周りの人に対して悪影響を及ぼすような行動を取っていると考えることが出来ます。

では着信拒否をされないようにするにはどうすればよいのか?と言いますと相手から嫌われてしまう行動を取らないようにすれば良いと考えることが出来ますよね。

そのためのヒントとして着信拒否をされがちな人の行動を知り、客観的に自分の行動を振り返る必要があります。

誰しもが相手に嫌われたくて行動しているわけではありませんよね。

しかし、人によっては相手に対して悪い事や不快な気持ちにさせるような行動を取っている事を認識していないで行っている可能性もあります。

だからこそきちんと自分の行動が知らないうちに悪い行動になっていないかどうか確認する必要があるという事です。

普段の自分の何気ない行動が当てはまっていないか、この考え方を念頭においてこれからご紹介する特徴を確認してみてください。

しつこく電話をかける


まずはじめにご紹介する着信拒否されがちな人に当てはまる行動はしつこく電話をかけるということです。

なぜ相手に対してしつこく電話をかけると着信拒否されてしまうのかと言いますと、相手に対して用もないのにしつこく電話をかけたりするとそれだけ相手にとっては時間が拘束されてしまうということが考えられます。

本当に必要な時であれば電話かけるのは問題ありませんが、 むやみやたらに意味もないのに相手に対して電話をかけたりすることで相手は心理的にうんざりしてしまう可能性があります。

普段から頻繁に電話をかける間柄でそれなりの信頼関係が結ばれているのであれば問題ない可能性もありますが、相手がその状況をよしとして考えていない場合はしつこく電話かけることは相手からすればストレスに感じてしまう可能性があります。

普段から相手に対してしつこく電話をかけてしまう癖がある方は相手によって電話をかけても良い相手かどうか考えた上で行動をする必要があります。

何度もいたずらをする

次にご紹介する着信拒否されがちな人に当てはまる行動は何度もいたずらをするということです。

例えば人によっては相手に特に用もないのにいたずら目的で電話をかけたりする人間がいます。

若い年齢であればいたずら心が働いてその様な行動をとってしまう可能性もあるかもしれませんが、ある程度年齢を重ねた上でこの様な行動をとったりしている場合は相手に対して迷惑でしかありませんので、着信拒否されても仕方がないことであると認識する必要があります。

自分が用もないのに相手から電話をかけ続けられたり、いたずらをされると気分も悪いですし、相手を嫌ってしまって当然だと思いませんか?
普段から電話を使って相手にいたずらをしている方は着信拒否されてしまう可能性が高いので注意してください。

ブチギレする

次にご紹介する着信拒否されがちな人に当てはまる行動はブチギレするということです。

人によっては相手と電話をしている最中にいきなり感情が高まって相手に対してブチギレたりする人がいます。

若しくは相手が電話に出ないことに対してブチギレたりする事も含まれます。

人間は相手と感情に差がありすぎるとどうしても相手に対して不信感や嫌悪感を抱く場合が多いです。

例えば、お互いが認識しているうえで怒っても仕方がないような場合であれば相手も怒っている事に対しての理由が見えますので、違和感を感じませんが、話が見えないのにいきなり怒り出すような人とは電話とはいえ、あまり関係を持ちたくないと思われて当然です。

また、電話に出ないだけで急に激高するような人とは関わりを持ちたくないと思われて当然です。

なので些細なことや相手が電話に出ないことに対していきなり怒り出す様な行動を取っている人は単純に人から嫌われるので、電話にも出たくない、話したくないと思われて着信拒否をされてしまう可能性が高いと認識する必要があります。

自己中

次にご紹介する着信拒否されがちな人に当てはまる行動は自己中ということです。

なぜ自己中な人間が相手から着信拒否されてしまいがちなのかと考えた時に、自己中とは自己中心的な考え方を持っている人間なので相手のことに対して配慮した上での行動をとれない人間である可能性がとても高いです。

自分さえよければ周りがどうでも良いという考え方なので、例えば相手が寝ている様な時間だったとしても平気で電話をかけてきたり、自分のことばかり考えて相手が損をする内容だったとしても平気でお願いをしたりするような、相手のことを考えない行動や内容で相手に対して電話をかける場合が多いです。

あれでの信頼関係が伴っている人間同士であれば多少は見過ごしてもらえるかもしれませんが、 あまりにも激しい内容だったり、 そこまで信頼関係が伴っていない場合であれば拒絶されて当然です。

もしも自分が自己中心的な性格だと認識しているのであれば着信拒否されても仕方がない状況なので、客観的に自分の行動を見つめ直す必要性があります。

【自己中な人については、こちらの記事もチェック!】

別れたのに連絡をする

次にご紹介する着信拒否されがちな人に当てはまる行動は別れたのに連絡をするということです。

これに関しては男女間での話になるのですが、別れた相手に対して未練を感じて相手に分かれたのに何度も連絡をしたりする場合があります。

もしくは未練がなかったとしても相手に対してしつこく連絡を取ったりする場合なども含まれます。

恋人関係を解消した後に何度も頻繁に連絡を取るという事は相手に勘違いをされてしまいやすい行動ですし、なおかつ次に進もうとしている人間からすればこの上なく迷惑な行為です。

悪気があるないに関わらず相手からすれば捉え方によってはとても迷惑な行為になります。

もちろん別れた後に連絡を取ってはいけないと言うことではありませんが、連絡を取るのであればそれなりに相手のことを気遣った上で連絡をする必要があると言うことです。

完全に自分の都合だけで別れた相手に連絡を取っているのであればそれは嫌われて当然の事になりますので、必ず注意していただく必要性があることを理解してください。

ストーキング

次にご紹介する着信拒否されがちな人に当てはまる行動はストーキングをするということです。

これは主に男女間での話になりますが、人によっては同性であっても固執するような人間んもいますので様々な場合があてはまりますが、ストーキングまがいの行動をしている人間全般に当てはまります。

いわゆる相手に対してストーカー行為を行っているような人間や、それと捉えられても仕方ないような行動を行っている人間は着信拒否をされやすいと考えることが出来ます。

まずストーキングとなるのは相手が望んでいないのに一方がしつこく相手のことをつきまとったりする行為のことを指し示しています。

なので前提として相手が望んでいないという事が明白なので、 当然ながらストーキング行為をされている人間からすれば恐怖を覚えますし、非常に迷惑な行為であると考えることができる。

なので相手に対して迷惑になる様なストーキング行為を行っている人間は相手から着信拒否されてしまう可能性がとても高いと考えることができます。

無駄に長話をする

次にご紹介する着信拒否されがちな人に当てはまる行動は無駄に長話をするということです。

これは話し好きな女性が該当する場合が多いのですが無駄に相手に対して長話を行ってしまうという事も着信拒否をされてしまう可能性があります。

話好きの女性同士であればそこまで問題視されることはないのですが、もしも相手が特に長話が好きではないのにいつも長話に付き合わされてしまっているという状況が生まれているのであれば相手からすれば長い時間拘束されますし、興味がないようなことを延々と聞かされているとうんざりしてしまいますよね。

なので相手が長話が好きではない、もしくは一方的に自分の話ばかりを相手にしてしまっているような人に関しては相手から嫌われて電話が面倒になり、着信拒否をされてしまう可能性が高いと判断することが出来ます。

電話の内容が薄い

次にご紹介する着信拒否されがちな人に当てはまる行動は電話の内容が薄いということです。

人によっては相手に電話をかける時に話をする内容がいつも薄い人が存在しています。

基本的に電話をかけるということは先ほどご紹介したように相手の時間を奪う行為になります。

電話をしている時間と言うのは片手がふさがってしまいますし相手の話を理解してこちらも相槌を打たなければいけないので、 行動する力も考える力も電話によって奪われてしまいます。

もちろん電話をすることによって相手の声を聞きながら、より詳しい話をすることもできますのでコミュニケーションの一つとして考えることもできますが、 それは相手も楽しさを感じてもらって初めて成り立つ考え方です。

相手が望んでいないのに電話を行い、 相手の時間を奪い、なおかつ話の内容は薄いというような状況であれば、相手からすればこれ以上自分の時間を奪わないでほしいという考え方になるはずです。

なので電話の内容が常に薄いのに相手に対して電話をかけがちな人間は着信拒否をされてしまう可能性がとても高いと考えられます。

自分の話しかしない

次にご紹介する着信拒否されがちな人に当てはまる行動は自分の話しかしないということです。

これは電話に限らず現実の世界でも相手が話をするときによく見られが違うのですが、話をするときに常に相手の話を振らずに自分の話ばかりしてしまう様な人間が存在しています。

自分からすれば意識していないのかもしれませんが、 一方的に話を行いいわゆるマシンガントークの様な形でこちらが話す隙を与えてくれない様な人はまず着信拒否される対象内に入ります。

なぜかと言いますと経験したことがある方であればすぐにわかると思いますが、 自分の話は聞いてくれないのに相手の話だけを聞かされるということはとても苦痛な時間になります。

本来であればこちらも話しを行って相手に話を理解してもらい、 それから開いても話をしてもらいその話はこちらが理解してと言う様な順番に話をするのが一番理想的な形です。

返報性の法則という言葉がありますが、 こちらが何かをしてもらうと相手に対して何かをしてあげれなければいけないという様な心理が人間には存在しています。

つまり相手に話を聞いてもらうとその事実の認識すれば今度は自分が相手の話を聞いてあげなければいけないという様な心理になるということです。

なのでこの法則を理解した上で考えていただくと、 相手から嫌われないためには相手の話も聞いてあげるつつ、聞いてあげたら今度は自分が話をしてお互いに良い気持ちになれるようなコミュケーションを行う必要性があるので、一方的な人は嫌われるという結論にたどり着きます。

いつでもどこでも電話をかける

次にご紹介する着信拒否されがちな人に当てはまる行動はいつでもどこでも電話をかけるということです。

これはどういうことかと言いますと、本来であれば相手に対して電話をかける時には相手の状況であったり今現在の時間などを配慮した上で電話する必要があります。

例えば、思慮深い人であればご飯時には相手がご飯を食べている可能性があるので少し時間をずらして午後一番に電話をしようと考える人もいますし、夜の21時以降は遅い時間になるので相手に対して失礼な可能性があるため電話をするのを避けようと配慮して考えたりする人が多いです。

しかしこれは一般的に考えてごく当たり前の考え方なのです。

しかし相手によっては相手が寝ている様な時間であったとしても関係なく何度もしつこく電話をかけたりする可能性もあったりしますので、 自分の都合だけで好きなように電話かけてくる様な人間は迷惑な人間であると捉えられてもおかしい話ではありません。

なのでいつでもどこでも好き勝手電話をかける様な人間は相手から着信拒否されてしまう可能性が高いと考えることができます。

相手の状況を考慮しない

次にご紹介する着信拒否されがちな人に当てはまる行動は相手の状況を考慮しないということです。

これは先ほどご紹介したいつでもどこでも電話をかけるという項目と似ているかもしれませんが、電話をかけるという事は相手の時間を奪い行為であり、相手の行動を阻害する可能性があります。

なので相手の状況によっては今電話をするべきではないということは容易に考えることができる状況があるはずです。

それは時間であったり何かの物事が起きている状況など全ての状況が含まれます。

適切ではないと考えれば分かる様なことを考えずに相手に対して電話をかけたりすることを平気で行う人間は相手から着信拒否されてしまっても当然なので、相手の状況を考慮せずに電話をかけている人間は着信拒否されてしまう可能性があります。

なんで電話に出ないのか問い詰める

次にご紹介する着信拒否されがちな人に当てはまる行動はなんで電話に出ないのか問い詰めるということです。

これに関しては常識があれば考えればわかることなのですか、電話をかけた時に相手が電話に出られないことは当然ありますよね。

例えば何かの物事を行っている時や、何かに集中したい時であったり、食事をしている時など、考えればいくつも状況は出てくると思います。

しかし人によっては自分の電話を出てくれないということに対して憤りを感じて相手に対して詰め寄ったりする人が存在しています。

もちろんお互いにとって非常に大事な電話であり特殊な出来事があったりする場合であれば話がわからなくもないですが、 なんでもないような話であったり、自分にしか大切な事ではないような内容の電話を出なかったからといって文句を言われても、文句を言われる側は意味がわかりませんよね。

そもそも電話を出るかどうかということは本人の自由であり、制限される様なものではありません。

電話に出ろというのは立派な相手に対する命令であり、 仕事ならまだしもプライベートでそのような事を言うのはあからさまにルール違反です。

いちいち電話に出なければ文句を言われたり問い詰められたりする様な人間とは関わりを持ちたくないと思うのが普通の気持ちなので、 相手に対して問い詰めるような性格をしている人は着信拒否されても仕方がないと理解する必要があります。

気持ち悪い質問ばかりする

次にご紹介する着信拒否されがちな人に当てはまる行動は気持ち悪い質問ばかりするということです。

これはどういうことかといいますと一般的に多いのは男性から女性に関しての場合が多いのですが、男性の中には女性に対して気持ち悪い質問ばかりする様な人間が存在しています。

気持ち悪い質問というのは人によって判断基準が違いますので難しいかもしれませんが、基本的に考えられがちなのは女性に対してプライベートの質問を投げかけたり、性的な質問を投げかけたりする様な場合が多いです。

特に人によっては上司と言う立場を利用して部下の女性に対して電話を出ることを強制したり、気持ち悪いを質問を立場をいいことに行ったりするような人間がいます。

相手からすればこれほど迷惑なことはありませんので当然着信拒否をされて当然ですし、場合によっては犯罪になる可能性もありますので行っている人は注意する必要性があります。

恋人がいるのに電話をする

次にご紹介する着信拒否されがちな人に当てはまる行動は恋人がいるのに電話をするということです。

これは人によって違うかもしれませんが例えば恋人がいる人に対して頻繁に何度も電話をかけたりするということはあまり適切ではありません。

特に一緒に同棲をしている人間に対して頻繁に電話をかけたりすれば、相手のカップルに対して迷惑な行為になる場合もあります。

たまにくらいであれば問題ないかもしれませんが、頻繁に自分の恋人に対して電話をかけてくる様な人間はあまり良い人間だと印象を持つことはありませんよね。

もちろん同性であったとしてもですが、これが異性だとするならば非常に迷惑な話です。

かけられた側にも責任があるような展開になる事にもなりかねませんので、相手に恋人がおり、同性しているような状況を知っているのであれば、電話する時間帯や頻度は考えてあげる必要性があります。

️着信拒否されているとどうなる?

ここまでは着信拒否をされがちな人に当てはまる行動についてご紹介していきました。

たくさんの行動がありましたが、該当するような事を知らない間にしてしまっている人がいれば十分な注意が必要です。

もしも当てはまる行動があれば改善していただくように注意していただきたいのですが、中には着信拒否をされている事に気づいていない人がいるのも事実です。

たまたまつながらないのか、着信拒否設定されているのかわからないとこちらもどう対処して良いのかわからないかと思いますので、着信拒否をされてしまった場合、相手に電話をかけるとどうなるのかという事を知っておいた方が現実を直視でき、自分を改善する事にもつなげられると思いますので、ここからは具体的に着信拒否設定された場合、どのようになるのかという事を簡単にご紹介していきたいと思います。

着信拒否のアナウンスが流れる

着信拒否設定をされてしまうと着信拒否のアナウンスが流れる場合があります。

具体的にどのようなアナウンスが着信拒否なのかと言いますと、「おかけになった電話番号はお客様のご希望によりお繋ぎできません」というアナウンスが流れるようになります。

このアナウンスが流れてしまった場合は着信拒否設定されてしまっていると考えることが出来ます。

なので、いままでよく電話していた人の電話をした時にこのアナウンスが流れると着信拒否されてしまったとすぐにわかる事が出来ますので、素直に相手に対して謝れる状況なら謝った方が絶対に今後の人間関係をこじらせずに済みますので、丁寧に謝っておきましょう。

「ツーツー」と鳴ってすぐ切れる

着信拒否設定をした場合判別する一つの手段としては電話をかけた時にすぐに「ツーツー」と鳴って切れる場合があります。

これも相手が着信拒否をしている場合に確認することが出来ます。

呼び出し音が流れるわけでもなく、書けること自体が出来ないような場合は大体のケースで着信拒否設定などがされていますので、注意してください。

話し中の「プー」という音が鳴る

着信拒否設定をした場合に判別するもう一つの方法としては話中に「プー」流れる音があると思いますが、この音が流れた場合は着信拒否をしている可能性があります。

話中だとしても、頻繁に何度かけても話中だった場合はその可能性が高いです。

一回だけでは判断しにくいと思いますので、継続的に何度かかけても話中だった場合は可能性としては大ですので注意しておいてください。

発信音が鳴り続ける

人によっては電話をした時に発信音がずっと鳴り続けて延々に電話に出てもらえない状況がある場合がありますよね。

大抵の場合は着信があるならば自分の時間が許す時に折り返し電話があるのが普通です。

しかし折り返しの電話もなく、なおかつ電話をしてもずっと鳴らすことはできる場合はあえて電話に出てもらえないという事に気づくべきです。

人によっては着信拒否をして相手に知られるのが嫌だから設定しないで言い訳をして話す事を避けようと考えている方が多いです。

なので、電話をしても折り返しもなく、メッセージも流れない場合は、自分の行動が迷惑になっていないかよく確認する事が大切だと知ってください。

非通知か184でかけて繋がるなら着信拒否

もしも相手から非通知設定にされているかどうかどうしても確認したい場合はおすすめできませんが、非通知設定にしてこちらの電話番号を通知しない状態で電話をするか、頭に184を入力して電話をすると繋がる可能性があります。

これは番号を指定して着信拒否している場合、番号を知らせずに電話できる場合は繋がってしまうという裏技のようなものです。

しかし、人によってはそもそも非通知設定の電話番号からかけられる事をNGにしている場合がありますので、十分注意してください。

留守電に繋がったなら着信拒否ではない

相手から着信拒否されてしまったのではないかと疑ってしまっている人の中には、常に電話をかけても留守番電話になってしまうという方がいるかもしれませんが、留守番電話につながるのであればそれは着信拒否にはなっていません。

着信拒否になっている場合はそもそも留守番電話にメッセージを残すこと自体ができませんので、逆に考えてメッセージを残せるということであればそれは着信拒否にはなっていないと考えることができます。

しかし毎回電話しても留守番電話繋がり折り返しもないという状況であれば、 それは単純に相手があなたからの電話を重要と思っていないか、あなたからの電話を煙たがっている可能性が高いので、結局は相手に対する配慮が欠けていることが考えられますので注意してください。

️着信拒否はあなたの行動に原因があるかも?

今回は着信拒否をテーマにして、 着信拒否されがちな人の行動や、 着信拒否されるとどうなるかという事についてご紹介していきました。

普通に相手のことを思いやったり相手のことを考えたりしていれば基本的には着信拒否をされるという事はありませんが、 人によっては相手のことを考えずに知らないうちに嫌な気分にさせてしまっている可能性もありますので、 十分注意することが大切です。

今回ご紹介した内容を改めて振り返る自分が少しでも該当している可能性があるならば、 普段の行動などをもう少し改める必要がある事に気づいてください。

知っていて行っているのであれば救いようがありませんが、知らないうちにしてしまっていたのであれば、きちんと相手に謝罪して今後は注意する姿勢を魅せればまだまだ遅くはありませんし、良好な人間関係を築いていけるはずです。

一番いけないのは逆切れして相手に文句を言ったりして、大切な人間関係を壊してしまう事です。

その点に十分注意して相手の立場に立って物事を考えてみてください。