CoCoSiA(ココシア)

精神年齢が高い人と低い人それぞれの14個の特徴


若いのに精神年齢が高いなと思う人や、年齢のわりに精神年齢が低いなと思う人はいませんか?精神年齢は人によって違いますよね。

できれば精神年齢が低いと思われたくない人が多いのではないかと思います。

そもそも人はどんなところを見て精神年齢を判断しているのでしょうか?

この記事では、精神年齢が高い人と低い人の特徴をそれぞれ14個ずつご紹介します。

自分はどちらだと思われているのかもチェックしてみてくださいね!

あなたの精神年齢は高い?低い?

今まで、自分の精神年齢を意識したことはあるでしょうか?案外、自分の精神年齢が高いのか低いのかわからない人が多いと思います。

周りの人に、「子供っぽいね」とか「大人だよね~」なんて言われたことがあるかもしれませんが、それは人によって変わることもあると思います。

当然、言ってくる相手の精神年齢が基準となりますから、相手が精神年齢が高い人だとあなたのことは精神年齢が低いと感じるでしょう。

反対に、相手の精神年齢が低いと、その人から見たらあなたは精神年齢が高い人という印象になるでしょう。

このように精神年齢が高いか低いかはその人それぞれで変わってきてしまうのですが、この特徴があれば精神年齢が高い!とか精神年齢が低い!とか言える特徴があります。

日頃の自分を思い出しながら当てはめてみて、客観的に自分の精神年齢を考えてみてくださいね。

精神年齢が高い人の特徴14個

まずは、精神年齢が高い人の特徴をご紹介します。

できれば、精神年齢が高い人になりたいですよね。

これを読んで、自分にあまり当てはまるものがなかったら、こういう風になれば精神年齢が高い人になれると思って、頑張ってみるのもありですよ。

1.心にゆとりがある

精神年齢が高い人は、心にゆとりがあって余裕があります。

そのため、ちょっとやそっとのことでは動じません。

余裕があるので、どーん!!と構えていることができるのです。

2.落ち着いている

精神年齢が高い人が落ち着いている

慌てることがあまりなく落ち着いているのが、精神年齢が高い人です。

先を読む力もあるので、想定内の中で生きているということもあるかもしれません。

人が慌ててしまって落ち着きを失ってしまうのは、多かれ少なかれ予期せぬことが起きたときです。

未来のことをすべて予想することは不可能ですが、ある程度のことを予想することができていれば、落ち着きを維持できるというわけです。

3.冷静に判断する

精神年齢が高い人は、冷静な判断をすることが得意なため、その場の状況にあった行動をとることができる特徴を持っています。

状況に応じて対応することが出来る人や、人から否定的な事を言われたとしても、それも一つの意見だと冷静に取り入れることが出来る人などがそうですね。

また、必要以上に固定概念にとらわれず、自分と違う意見をぶつけられても、最終的にそちらの方がよいと判断した場合、自分の考えを捨てることが出来るのです。

これも、冷静に自分の意見よりも優れた意見を受け入れることができるが故の結果ですよね。

なんでもかんでも、自分!自分!と押し通すのではなく、その場その場で冷静な判断ができる人が精神年齢が高い人なのです。

4.頼られる

今までの特徴を見てもわかるように、精神年齢が高い人は心にゆとりがあって落ち着いているし、冷静に物事をみれる人なので、人から頼られることが多いと思います。

落ち着きがなくバタバタしている人には、頼みたいことがあっても声をかけずらいですよね?

頼られる人は、「この人なら力になってくれる」「力を貸してくれる余裕がある」と感じることができる人です。

つまり、精神年齢が高い人ということになりますから、精神年齢が高い人の特徴に「頼られる人」ということがあがってくるのでしょう。

5.聞き上手

精神年齢が高い人は、人の話を自分のことのように聞いたり、真剣に耳を傾けることができる人が多いです。