精神年齢が高い人と低い人の14個の特徴をそれぞれ紹介しますのイメージ写真

いろんな場面で、いろんな人と関わっていると耳にする言葉があります。

「あの人は精神年齢が高くて、素敵よね~」

「あの人は精神年齢が低くて、お子ちゃまよね~」

同じ年齢の人だったら、同じだけの時間を生きているはずなのに、どうして大人びた人がいたり、子供っぽい人がいたりするのでしょうか。

そもそも、人はどんなところを見て、「精神年齢が高い」「精神年齢が低い」と判断しているのでしょうか?

今回は、精神年齢が高い人と、精神年齢が低い人の特徴を、それぞれ14個ずつご紹介します。

「わかるわかる~」と楽しみながら、読んでみてください。

この記事の目次

あなたの精神年齢は高い?低い?

ところで、あなたは自分の精神年齢が高いと思いますか?

それとも、精神年齢が低いと思いますか?

今まで生きていて、自分の精神年齢を意識したことはあるでしょうか?

案外、自分の精神年齢が高いのか低いのかわからない人が多いと思います。

周りの人に、「子供っぽいね」とか「大人だよね~」なんて言われたことがあるかもしれませんが、それって人によって変わることもあると思います。

当然、言ってくる相手の精神年齢が基準となりますから、相手が精神年齢が高い人だとあなたのことは精神年齢が低いと感じるでしょう。

反対に、相手の精神年齢が低いと、その人から見たらあなたは精神年齢が高い人という印象になるでしょう。

と、このように精神年齢が高いか低いかって、その人それぞれで変わってきてしまうのですが、この特徴があれば精神年齢が高い!とか精神年齢が低い!とか言える特徴があるんです。

日頃の自分を思い出しながら当てはめてみて、客観的に自分の精神年齢を考えてみてくださいね。

精神年齢が高い人の特徴14個

まずは、精神年齢が高い人の特徴をご紹介します。

できれば、精神年齢が高い人になりたいですよね。

これを読んで、自分にあまり当てはまるものがなかったら、こういう風になれば精神年齢が高い人になれると思って、頑張ってみるのもありですよ。

心にゆとりがある

精神年齢が高い人は、心にゆとりがあって余裕があります。

そのため、ちょっとやそっとのことでは動じません。

余裕があるので、どーん!!と構えていることができるのです。

落ち着いている

精神年齢が高い人が落ち着いている

慌てることがあまりなく落ち着いているのが、精神年齢が高い人です。

先を読む力もあるので、想定内の中で生きているということもあるかもしれません。

人が慌ててしまって落ち着きを失ってしまうのは、多かれ少なかれ予期せぬことが起きたときです。

未来のことをすべて予想することは不可能ですが、ある程度のことを予想することができていれば、落ち着きを維持できるというわけです。

冷静に判断する

精神年齢が高い人は、冷静な判断をすることが得意なため、その場の状況にあった行動をとることができる特徴を持っています。

状況に応じて対応することが出来る人や、人から否定的な事を言われたとしても、それも一つの意見だと冷静に取り入れることが出来る人などがそうですね。

また、必要以上に固定概念にとらわれず、自分と違う意見をぶつけられても、最終的にそちらの方がよいと判断した場合、自分の考えを捨てることが出来るのです。

これも、冷静に自分の意見よりも優れた意見を受け入れることができるが故の結果ですよね。

なんでもかんでも、自分!自分!と押し通すのではなく、その場その場で冷静な判断ができる人が精神年齢が高い人なのです。

頼られる

今までの特徴を見てもわかるように、精神年齢が高い人は心にゆとりがあって落ち着いているし、冷静に物事をみれる人なので、人から頼られることが多いと思います。

落ち着きがなくバタバタしている人には、頼みたいことがあっても声をかけずらいですよね?

頼られる人は、「この人なら力になってくれる」「力を貸してくれる余裕がある」と感じることができる人です。

つまり、精神年齢が高い人ということになりますから、精神年齢が高い人の特徴に「頼られる人」ということがあがってくるのでしょう。

聞き上手

精神年齢が高い人は、人の話を自分のことのように聞いたり、真剣に耳を傾けることができる人が多いです。

そして、あまり自分の話を出さないという一面もあります。

つまり、聞き上手なのです。

それは、精神年齢が高い人は、問題起きても冷静に自身で解決しようとするために、あまり人に相談をしません。

そのため、悩みがない人だと思われることもあるでしょう。

しかし、本当のところは表に出さないようにしているだけで、自分の力で解決しているだけなんです。

人に相談しない精神年齢が高い人は、逆に人から相談されることは多いのです。

でも、そんなときに、アドバイスをするわけではなくて、ただ聞いてあげるといった行動をとります。

それは、人は相談をする時にアドバイスや意見を欲しいと思っている人はわずかで、ほとんどが吐き出したいという思いだけということを理解しているからです。

その気持ちをくんで、話を聞くことだけに専念するのが精神年齢が高い人なのです。

人の気持ちがわかる

人の気持ちを考え、察することが出来たり、理解してあげることが出来るといったことも精神年齢が高い人の特徴です。

その人がどういう思いでいるか、こういう場面ではどういった気持ちになるかといったことを考えることが出来るんですよね。

なので、人が不快だと思うような行動はしません。

むしろ、精神年齢が高い人は人が嫌がることを率先してこなしたり、文句を言わずに行動に移す人が多く、自分を犠牲にするような行動をしていることが多いかもしれません。

誰もが嫌だと感じることを分かっているからこそ、率先して動くことが出来るのです。

でも、嫌なことがわかっているからと言って、それをやれるということがとても大人の行動なのですよね。

わかるだけではなく、できるというところまでが大事ということですね。

スルースキルがある

精神年齢が高い人は、人から言われたことをいちいち細かいところまで気にしません。

もちろん、大事な話や注意して聞かなければいけない話は別です。

自分をしっかり持っているのも精神年齢が高い人なので、他人の意見にむやみに流されることもないし、おかしなことを言われたとしてもスルー出来るのです。

聞いていないふり、聞こえていないふりが得意なのでしょう。

いちいち真に受けないのですね。

人からの嫌味や愚痴などを、いちいちすべて真に受けていると、イライラしてしまうし反発したくなります。

でも、精神年齢が高い人はぶつけられた言葉を、スルーすべきかしっかりと受け止めるべきかを冷静に判断することができます。

謙虚な姿勢

決しておごらず、いばらず、いつも謙虚な姿勢でいられるのも、精神年齢が高い人の特徴のひとつです。

これも、冷静に物事を考えることができるがゆえの特徴といえるでしょう。

自分のことを冷静に、かつ、客観的に見ることができます。

そうすると、自分に酔いしれることもなく、自分がどのように振る舞うべきかわかるからです。

悪口を言わない

人の気持ちを考えることができる精神年齢が高い人は、人が傷つくような悪口は言いません。

また、悪口を言うことで自分の周りの空気がどうなるかなど、自分の周りへの影響も冷静に考えることができます。

悪口を言っても、自分にとってメリットは何もないですよね。

そのことを、精神年齢が高い人は、十分に理解しているのです。

経験豊富

いろいろな経験をしている人は、精神年齢が高くなると思います。

自分の経験してきたことから、多くのことを考え、学ぶことができるからです。

例えば、小学生と大学生を考えてみてください。

もちろん、生きてきた年数も行動範囲も違いすぎますから、当然大学生のほうがいろいろな経験をしてきているはずですよね。

その小学生と大学生が歩いているときに、知らない人に道を聞かれたとします。

知らない人に話しかけられることにも、道を教えることにも慣れていない小学生は、あたふたしてしまいうまく説明することができない子が多いと思いませんか?

それに比べて、大学生は道を聞かれたことも何回かあるだろうし、なにより人と話をすることに慣れているので、道を教えるくらいではそこまで緊張したり動揺したりすることなく説明することができるでしょう。

極端な例ですが、経験が豊富だと精神年齢が高くなるということはこういうことでしょう。

頭を下げられる

どんな相手にでも、頭を下げることができる人も精神年齢が高いといえるでしょう。

自分に非があるときに、それをきちんと認めて、頭を下げることができる人。

なにか頼みごとをするときに、頭を下げることができる人。

こういう人こそが、精神年齢が高いのです。

ただし、「どんな相手にでも」という条件が加わります。

それは、自分より立場が上の人に対して頭を下げることができるのは、素晴らしいことでも精神年齢が高いことでもありません。

当然のことです。

相手より自分のほうが下ですから、誰でもペコペコしてしまうでしょう。

しかし、自分より立場の弱い人が相手の場合はどうでしょうか。

たとえ、自分が悪いとわかっていても素直に頭を下げることができなかったり、頼みごとがあるときにも「お願いね~」のように、軽く頼んでしまう人が多いのではないでしょうか。

それでは、精神年齢が高いとは言えませんよね。

精神年齢が高い人は、自分より立場が低い人が相手でも、頭を下げなければならないときには、きちんと頭を下げることができるのです。

同い年の中で良い意味で浮いている

精神年齢が高いということは、「実年齢よりも心が大人である」ということですよね。

なので、同い年の人といると少し浮いてしまうものなのです。

なぜかというと、多くの人は実年齢と精神年齢の差がそれほどないことが多いからです。

実年齢より精神年齢が高い人は、行動や考えることが周りの同い年の人と少し違ってきてしまうわけです。

だから、少し浮いてしまうのです。

でも、それは悪い意味での浮くとは違います。

周りの同い年の人よりも、考えも行動も大人で、いい意味で浮いてしまうのです。

辛い・苦しい経験がある

経験が豊富なことも、精神年齢が高い人の特徴だとお話ししました。

その中でも、辛い経験や苦しい経験をしていると精神年齢が高くなるようです。

その理由は、いい経験よりも苦しい経験のほうが学びが大きいからです。

より自分を成長させるのは、辛い経験なのです。

辛い経験や苦しい経験をしている人は、同じような経験をしている人の気持ちがわかるようになります。

自分もそうだったからです。

幸せなことや嬉しいことが起きたときの気持ちって、誰でも想像することは簡単なんですよね。

内容が違っても「嬉しい」「幸せ」という気持ちにそれほど差がないでしょう。

でも、辛いことって世の中にたくさんありますし、種類も様々ですから、ピンポイントで似たような経験をしていないと本当にその人の気持ちってわからないんですよね。

「辛いよね」ではダメなんです。

人は成長して精神年齢が高くなります。

成長を促してくれる辛い経験をしていることが、精神年齢が高い人の特徴になってしまうことはやむを得ないことなのです。

未来を見据えている

精神年齢が高い人の中に「今が楽しければそれでいい」という人は、あまりいません。

しっかり未来を見据えることができる人が多いからです。

冷静に物事を判断できるのですから、今だけにとらわれずその先にある未来のことも考えることができるでしょう。

その未来に向かって、行動できるのも精神年齢が高い人です。

精神年齢が低い人の特徴14個

精神年齢が低い人

次に、精神年齢が低い人の特徴をご紹介しますね。

あなたの周りに、精神年齢が低い人はいませんか?

ひょっとすると、あなたは精神年齢が低いかもしれませんね。

たとえこれを読んで、自分の精神年齢の低さに気付いたとしても、これから少しずつ努力して改善していけばいいのです。

それに、もし身近に精神年齢が低いがいるのならば、精神年齢が低い人の思考回路がわかるとイライラしたりせず、その人との関係が円滑に進むようになるかもしれません。

すぐ感情的になる

まず、精神年齢が低い人は、すぐに感情的になります。

それは、忍耐力がないことが原因です。

忍耐力がないことで、必要な時でも自分の感情を抑えることができないのです。

ちょっとしたことですぐにムキになったり、自分の感情を優先して場の空気を乱したり、挙句の果てには物にあたったり、暴力を振るったりします。

精神年齢が低い人は子供みたいな行動をするんです。

落ち着きがない

こどもって落ち着きがないですよね。

精神年齢が低い人もそうです。

ひとつのことに集中することができないのです。

たくさんのことに気をとられてしまい、あっちにこっちに気持ちがいってバタバタします。

我慢できない

精神年齢が低い人は、とにかく我慢ができません。

欲しいものはすぐにその後を考えることもなく買ってしまう。

みんなと行動していても、空気を読んだり、思いやりを持つことができずに、思ったことをそのまま口に出して険悪なムードにしてしまう。

これは、精神年齢が低い人は、理性より本能が勝ってしまっているせいで、自分の欲求や行動を抑えきれないからと考えられています。

精神年齢が年相応、もしくは、実年齢より高ければ、その後に起こることを予測したり、他人の気持ちを考えて、より理性的な行動を取るのです。

しかし、それが出来ずにただ欲望のままに行動するのは、ワイルドなのではなく、ワガママで自己中心的なだけですよね。

時には、本能むき出しな一面をのぞかせるのも、ギャップ萌えかもしれませんが、いつも本能のままに生きてしまうのが精神年齢が低い人なのです。

人のせいにする

精神年齢が低い人は、基本的に自分の意志で積極的に行動しようとはしません。

他人の意見に流されたり、他人任せな部分が目立ちます。

そのせいで、他人の影響を受けて行動したときの結果として、自分の望まない方向に進んでしまった場合には、他人のせいにしてしまうのです。

最終的に、決めて行動したのは自分であることなんかお構いなしです。

自分のミスを「なんで教えてくれなかったの?教えてくれないのがいけないんじゃん!」などと怒ってみたり、「もういや。や~めた」などと、人のことばかり責めて身勝手で怒りっぽい特徴があります。

「自分はこのミスが悔しい!わかって!」という気持ちをアピールして、悔しくてイライラしているという気持ちを伝えようとしているのですが、慰めて欲しいのか、ほっといてほしいのか、同調して欲しいのか…伝えたいことはその時その時で違うのがやっかいなところです。

要するに、心が親に守られていた子供のときと同じなんです。

子供の頃は、子供が問題を起こしても全てが親の責任となり、謝るのは親ですよね。

それが大人になっても残っていると被害者意識の強い人となり、すべてを人のせいにする精神年齢が低い人になってしまうのです。

機嫌が悪くなりやすい

感情のままに行動するというか、感情をコントロールできないのが、精神年齢が低い人の特徴のひとつにあるので、感情に任せて機嫌が悪くなりやすい人が多いです。

精神年齢が年相応、もしくは、実年齢より高い人であれば、たとえイライラしていてもその時の状況によって我慢したほうが良いと判断すれば、イライラを抑えて平常心を保つことができるでしょう。

今、自分がイライラを表に出してしまい、機嫌が悪いように振舞ったらその場の空気がどうなるのか想像することができるのです。

それに対して、精神年齢が低い人は、自分がイライラしているということを最優先にして、それ以外のことは考えることができません。

周りをみる余裕がないんですよね。

だから、どんな状況だとしても、たとえ場の空気を崩すことになっても自分の感情任せに態度に現してしまいます。

ちょっとのことですぐに機嫌が悪くなる人は、精神年齢が低いのでしょう。

トラブルメーカー

周りのことを気にしたり、その場の状況を把握することができない精神年齢が低い人は、思いのままに行動してしまいトラブルを起こすことが多いようです。

あなたの周りのトラブルメーカーは精神年齢が低い人ではありませんか?

トラブルには、起こるであろうと予測できるトラブルがあります。

たいていの人は、そのことを予測して、そのトラブルを回避しようと考えながら行動するのですが、精神年齢が低い人はその予測ができません。

先を読む力に乏しいからです。

そして、トラブルが起こすであろうことを予測することができないので、そのままトラブルが起きる行動をとってしまい、結果的にトラブルを起こしてしまうということなのです。

このように、「ちょっと考えればわかるでしょう…」という回避可能なトラブルをたくさん起こしてしまうのも、精神年齢が低い人の特徴のひとつなのです。

常識がない

精神年齢が低い人は、とにかく自分を中心に世界がまわっているようなものなのです。

一般常識とか、世間体とか、そんなものは基本的にお構いなし。

自分の考え、自分の常識を作ってしまいます。

しかも、自分に都合の良いように…。

だから、「常識がないな」と感じてしまうような言動をとる人が多いです。

「これ常識でしょう!」と誰がどう考えても思ってしまうようなことでも、精神年齢が低い人にとっては自分の価値観と違えば、それは常識ではないんですよね。

むしろ、自分以外の周りの人こそが、「非常識である」とさえ思っている可能性も。

ルールが守れない

自分中心な人が多い精神年齢が低い人は、ルールを守ることができない人も多いです。

時間には遅れる、期限を守ることができない、約束を守れない。

そういう人が多いように思います。

自分が一番の精神年齢が低い人ですので、自分の都合でルールを決めてしまったり、守るべきルールかそうでないかを勝手に判断してしまいがちです。

自己中心的

精神年齢が低い人はとにかく自分が中心です。

人間は誰しも自分が一番かわいいものですが、精神年齢が低い人はどんなときでも、なにがあっても、自分中心に物事を考え、行動してしまいます。

「自分さえよければそれでよし」こういう考えてしまうのでしょう。

人に合わせられない

精神年齢が低い人は、他人に合わせることが苦手です。

むしろ、「どうして自分が他人に合わせなければいけないのか」と思っているかもしれません。

もちろん、いつも自分を押し殺して他人に合わせることがいいとは言いませんし、他人に流されない自分をしっかり持っていることも大切なことです。

しかし、精神年齢が低い人はどんな場面でも他人に合わせることができないのです。

考える能力がない

精神年齢が低い人は、人の気持ちを考えることができなかったり、トラブルを予測することが苦手です。

年齢を重ねれば重ねるほど、トラブルを解決する能力も身に付いてくるのが一般的ですが、精神年齢が低い人は、このトラブルを解決する力も低いようです。

言い訳する

精神年齢が低い人は、自分の非を認めようともしません。

「自分が、自分が」という自己中心的な性格から、「自分の行動は正しい」と思っています。

また、大人にはあるべき責任感もないことも理由のひとつでしょう。

そんな精神年齢が低い人は、自分に非があることでも言い訳をしがちです。

言い訳をして、「自分は間違っていない」ということを伝えることに必死で、苦しい言い訳でも構わず続けます。

「そうね、あなたは悪くない」と言われるまで続けようとします。

わがまま

自己中心的な精神年齢が低い人は、常に自分を優先するのでわがままだと思われてしまうのです。

他人のことを考えることができず、自分のわがままを貫き通そうとしてしまいます。

無意識のうちに人を傷つけている

「これを言ったらこの人は傷つくのではないか」「これをしたらこの人は悲しむかな」ということを考えることができず、無意識のうちに人を傷つける言動をしてしまいます。

「傷つけるとは思わなかった」ということが、そのときの言い訳になります。

しかし、他の人からしたら、「普通は傷つけるってわかるでしょ」ということでも、予想できずに行動してしまうのですね。

あなたの精神年齢どうだった?

いかがでしたか?

自分の性格や行動と照らし合わせたら、意外と「もしかして、精神年齢が低いのかも…」という人が多かったかもしれません。

人間、完璧な人なんていませんから、「直そう」と思って改善していけばいいのです。

精神年齢が高ければ、周りからの評価も良いし、トラブルを回避することができるし、自分的にも快適な人生を送ることができると思います。

しかし、精神年齢が低いと社会の中で生き辛いはずなんです。

トラブルを回避することができず、そのトラブルを解決することもできず、人のせいにして人に嫌われ、「どうしてわかってくれないの」という思いをずっと抱えて生きているのです。

自業自得と言えばそうなのですが、周りが気づかせてあげることも大切なのではないでしょうか。

精神年齢が低い人をけむたがることは簡単ですが、精神年齢が高い人だったら、どうしたらその人とうまく付き合っていけるかを考えるのかもしれませんね。

自分を変えることって簡単なことではありません。

しかし、それ以上に、他人を変えることは難しいです。

そんななかで、精神年齢が低い人を相手にイライラしていているなんてもったいないじゃないですか。

少しでも精神年齢が低い人を受け入れることができたら、自分もきっと楽になるはずです。

そして、ゆっくりその人にもわかってもらえばいいのです。

そうやって、みんながみんな少しだけ大人になっていくことができれば、あなたの周りはもっと居心地のいい場所になるでしょう。