あなたは覚悟について、どう感じていますか?

どんな価値観を覚悟について持っているでしょうか?

覚悟なんてしなくていいよと思う人もいると思いますが、人生には覚悟が必要なことがあるのです。

それは人それぞれ違った時にあるとも思いますが、決まってこうする時に覚悟は必要、そして覚悟を決める。

そんなことがあります。

今回はそんな覚悟をテーマにして、覚悟が決まっている人の12個の特徴を紹介します。

覚悟というのは突然訪れたり、心の準備ができていな時にもするべき時があります。

その時に覚悟を決められるかどうかが、とても大事なことだと思います。

いったい覚悟というのは決めたときにどんなことが待っているのでしょうか?

また覚悟を決めた人はどんな特徴があるのでしょうか?

そんなことを詳しく紹介していますので、あなたも覚悟を決めることを感じたり、その大切さ、そしてこれから自分が訪れるであろうと感じてみてはどうでしょうか?

価値観を少し変えて、心もちを少し強くしておくことで、私たちのいざという時にきっと活きてきて、強く覚悟を決めることができるでしょう。

覚悟はどんな時に決める?

それではまず、覚悟というのはいったいどんな時に決めるものなのでしょうか?

人それぞれパターンや時は違えど、あることへと覚悟が共通することがあります。

今回は分かりやすい、共感できるであろうことを並べていますので、あなたもぜひ参考にしてみてください。

自分にもこんな時が来るのかなと思うだけでも十分覚悟に向かっていると思うので、気兼ねなく読んでみてくださいね♪

しっかり読み終えた後は、あなたも少し心が強く持てていることでしょう。

それでは実際にどんな覚悟はどんな時に決めるのかを見ていきましょう!

夢を叶えたい時


夢を叶えたいと思ったとき、それは覚悟が必要なこともあります。

夢についても十人十色で、色々な夢があると思います。

普通に暮らす、幸せになることもそうですが、歌手になりたい、映画監督になりたい、料理人なりたい。

そんな夢を叶えたいのであれば、それ相応のあなたの覚悟が必要になります。

それは夢を叶え始める時でもいいと思いますし、その夢を叶える道中でもいいと思います。

簡単にそんなことを最初からすることはなかなか難しいでしょう。

しかし、覚悟を持って取り組んでいないことが夢から遠ざかっていたり、叶えずづらく感じてしまったりしていることに、気づくと思います。

そんな時は覚悟を決めましょう。

夢を叶える覚悟を。

どんな夢でも、本当にそうなりたいんだと強く思えたら、それを叶えると覚悟を決めることで、他の選択肢を頭から無くすことができます。

多くの人が夢を叶えようと頑張っている時に、他の道や選択肢を考えることでしょう。

しかし、それを繰り返していては中途半端な努力が続いてしまうのです。

気持ちの中で、違う道を考えているので、夢にだけ集中することができないのです。

本当に叶えたいのであれば、他の選択肢は頭の中には不要です。

それはきっとあなたも気が付いているはず。

覚悟を決めることで、自分の夢を叶える努力をたくさんして、それを大切にすることができるのです。

決断を迫られた時

心の準備ができていない時も、覚悟はしなければならないことがあります。

それは決断を迫られたとき、自分が決めなければならない時です。

心の中ではこっちに行くと思っていても、いざという時に二の足を踏む人がいます。

それは大切なことを大事なことを決めることなので、簡単には決められないでしょう。

しかし、強い思いがしっかりとその人の中にあるのであれば、いざという時に決断を迫られたとき、腰が引けることはないのです。

しっかりとした姿勢で向き合うことができ、それが大切な人を信頼させてあげることでもあります。

なので、覚悟というのはその時に決まることもあるでしょう。

しかし、その覚悟を決めなくてはいけない、自分はこうするんだという強い思いを持っていれば、しっかりと決断が出来て、覚悟が決まることでしょう。

新しいことを始める時


新しいことを始める時は小さな覚悟から、大きな覚悟が必要になってきます。

習い事をするなら、しっかりと下調べをして、自分がこれから続けていけそうかどうか考えて、そして小さな覚悟を決めて始めることがあるでしょう。

大きな覚悟はダイエットをすることや仕事を始めることがいい例だと思います。

ダイエットは本当に覚悟がないと続かないものだと思います。

一般の人はなかなかサポートが受けられない中、自分で管理することがとても必要だからです。

どれだけ運動するかもどれだけの間食をするかも自分次第。

そんな時に、自分があらかじめしっかりとした理由や目的があれば覚悟を決めることができて、その感覚を持っているので、継続することができるのです。

仕事を始める場合は、この仕事はしっかりと続けるぞという覚悟があれば、大抵の嫌なことはなんとか乗り越えられます。

しかし、ただなんとなく始めた場合は、そんなにこの仕事にこだわっていないからとやめてしまうことでしょう。

それはそれでいいと思います。

でも、仕事を続けるということは誰しもが始める、始めなければならないものでもあるのです。

なので、これと思った仕事を始める場合は覚悟を決めて、始めることが大切ですよ。

もし仮に覚悟をそれほど持っていなくて、始めても自然とその仕事に意欲がわいて、気が付けば継続していたり。

そして、その仕事でこれを始めてみようと思ったときなどに自然と覚悟を決めていることもあるので、無理に最初から覚悟を決めなければならないということでもないのですね。

何かをやめる時

何かを継続していて、それをやめようと思ったとき、それは覚悟が必要なこともあります。

こちらも小さな覚悟ならその習い事をやめて、違うことをするんだという覚悟だったり、その環境を変えるということもありますよね。

大きな覚悟の場合、やはり仕事などがいい例だと思います。

仕事を簡単にやめられる時もあると思います。

しかし、ずっと継続してきた仕事をやめる時は大きな覚悟が必要だと思うのです。

仕事をやめるということは生活や人間関係も変えるということですので、なかなか簡単には決められないでしょう。

そうやってずっとその仕事を続けている人はたくさんいます。

しかし中には新しい仕事がしたくて、またいよいよ夢に向かって仕事をやめる人もいるので、そんな時にはみんな覚悟を決めてやめているのですね。

むしろ覚悟をきめずにそんな理由で仕事をやめる人はほぼいないでしょう。

そしてそんな人はあの時やめておいて良かったと思うとが来ているのですね。

仕事をやめる覚悟は次の仕事をしている時もきっと活かされてきていて、なくてはならないものだとも言えます。

あれだけ辛い思いをして覚悟を決めたんだから、もっとこの仕事を頑張るんだと前向きになることができるのですね。

人生をかける時

自分の人生をかける時、これは最も大きな覚悟の一つだと言ってもいいでしょう。

人生をかける。

人それぞれ人生は違うので、ひとつこれと言うことはできません。

しかし、そんな大きな覚悟はきっとその人の成果に繋がっているでしょう。

努力していれば、叶うことはたくさんあります。

しかし努力だけでは叶えられないこともあって、それを叶えたい時に人生をかける人がいるのです。

人生をかけることが、その叶えたいことにのみ集中することができ、捨て身ではないですが、普通に努力を超えることができるのです。

一般的にはそんな場面は経験する人が少ないかもしれませんが、自分の人生をかけて何かを成し遂げている人はいるのですね。

覚悟ができてる人の特徴

実際にどんな時に覚悟を決めるのか、そんなシチュエーションが分かることができましたね!

それではそんな覚悟ができてる人の特徴とはいったいどんなことがあるのでしょうか?

もしかしたらあなたにも当ては待っていることが自然とあり、このことについて、自分は覚悟を決めていたんだと、再び知ることが、実感できることもあると思います。

また、自分はやっぱりまだまだ覚悟をしていないと思えたなら、これからすればいいと思います。

人生には覚悟を決めなくてはならないことがあります。

そんなことに気が付けただけでも、その時に覚悟を決めやすくなることでしょう。

それでは実際にそんな特徴を見ていきましょう!

ブレない

覚悟ができている人はまずぶれることがありません。

自分がそれをする、大切にすると決めているのであれば、まずぶれません。

こういうのはどう?こんな人が本当は良いんじゃないと言われても何も感じません。

自分の気持ちを信じているからです。

そして一度覚悟を決めているので、何を言われても、何があってもぶれることはないのです。

しかし、どうしてもそれを諦めなければならないことも時にはあるでしょう。

でもそうならないように、覚悟を決めている人は努力したり、毎日を過ごしたり、大切にしているのです。

覚悟を決めているからこそ、それを失ったときの喪失感と絶望感は予想がついているでしょう。

だからこそ、頑張れるのです。

素直でいられるのです。

仕事でもこれをするんだと決めた仕事なら、他にこんな仕事があるということが頭にまず入ってきません。

もし少し入って来ても、それに流されることはなく、大きな感覚の中で、今の仕事に向かうことができます。

また夢を叶えようと本気で覚悟を決めている人は、周りが反対しようがそれを成し遂げようとします。

それを成し遂げた人が周りを賛成させることができますし、大切な人を安心させることができるのです。

ぶれないというのはシンプルな言葉で簡単そうですが、気持ちと覚悟がなければぶれないという無理でしょう。

ビジョンが明確

覚悟が決まっている人はまず、目的がはっきりしていくのです。

これから、今何をするのかがはっきりしていて、それはビジョンが明確とも言います。

成し遂げたいことが分かっているので、することも自然と目の前にあり、それをただするのみなのです。

覚悟が決まっているからといって、無鉄砲で後先を考えていないわけではなく、覚悟が決まっているからこそ、それを本当に現実に叶えようとするので、後先はしっかりと考えるのですね。

覚悟ができてる人はこうなりたい、むしろこうなるんだという思いがあるので、ビジョンが明確なのですね。

ビジョンが明確だからこそ、覚悟ができているとも言えますし、覚悟ができているから、ビジョンが明確だとも言えることでしょう。

周りから信頼されてる

覚悟ができてる人は周りから自然と信頼されている傾向にあります。

その人から出ている雰囲気がやはり、半端な人とは全然違うのですね。

余計なことを考えている風には見えなくて、いつも真っ直ぐでいることもあるでしょう。

返答がイエスかノーハッキリしているでしょうし、しきりにその夢などを口にしていることでしょう。

そんな姿勢が目的がはっきりしていて、周りにどんな人なんだろうと思わすことはなく、こんな目的がある人と安心してもらっていて、さらに信頼されるのです。

中途半端ではない

覚悟ができてる人はまず、中途半端なことはしません。

それは全てにとは言いませんが、覚悟を決めていることに関してはしっかりと行います。

大切にすると決めている相手なら、相手を喜ばせたり、頑張っているところをしっかりと伝えたり。

仕事に関しては詰めが甘いということはまずなく、やるべきところまでしっかりとしようします。

もし、その日に無理なことがあっても、何とか成し遂げようとします。

覚悟がある人はそんな風に中途半場なことをせずに、自分が今できるベストを尽くすようにしているのです。

それは意識し過ぎていないこともあれば、意識をしっかりして行うこともあります。

中途半端な行動というのが、覚悟からは生まれづらく、自分が覚悟を決めていることには、まず中途半端なことはしないでしょう。

本気

なんと言っても、覚悟は本気ですよね。

覚悟ができてる人は本気を自然と出しています。

決断したことが、しっかりと成し遂げられるように本気を出して、出し惜しみをしないのです。

また休むことに関しても本気を出して、しっかりと休むことをするのですね。

本当に何かを成し遂げたり、大切にしようと決めているのであれば、適度な手を抜くことも
本気の一部なのです。

なんでもかんでも一生懸命、ただひたすらやればいいという訳ではありません。

物事には効率というものがあり、効率良くしたり、いい意味で手を抜いて無駄に疲れたり、時間をかけたりしないことも大切です。

覚悟ができてる人の中にはそんな工夫もしっかりと取り入れているのですよ!

目つきが変わる

本気な人はまず目つきが違います。

それは覚悟を持っている証で、以前とは全然目つきが変わるということがあります。

人の想いや決意は目に出ると言っていいほど、目見ればどんな人なのかが分かることもできるのです。

人の目は決して嘘をつくことが無く、まっすぐにその感情を表してくれます。

その人が何かを決意しているのであれば、その目つきは普通の人とは、また何か覚悟を決める前とは全然違ってくるのです。

決断が早い

やる気は速度と言います。

何かを覚悟している人は、物事の決断が圧倒的に早いのです。

それは自分が決めたことを心に持っていると、強くいられたり、芯がある性格になれるので、何かに迷うことが少なくなります。

もちろん何かを考え込むことがありますが、しっかりと考え抜いて、答えを出していきます。

覚悟をしているからこそやる気があって、そしてやる気があるからこそ決断が早いのです。

考えている時間がもったいないや前に進んでいる感覚を持っているので、うじうじといつもでも悩んでいることはないのです。

それは失敗したらどうしようといった気持ちを持つことが少なく、失敗しても諦めることをしないから、決断することが早いのですね。

まだ先に続かせる気持ちがあれば、そしてそれを覚悟していれば、決断は自ずと下されていきます。

心が折れない

覚悟をしている人はもちろん心が折れません。

それは信念があったり、また覚悟したことを成し遂げていないからです。

そして成し遂げている途中なら、なおさら心が折れることはなく、それに向かって行動していけるのですね。

覚悟をしていれば、大抵のことはそのように心が折れずに、その目的を達成させることにこだわっています。

簡単に心が折れる人は、そもそも覚悟を心からしてなくて、なんとなくそうなるんだろうなとしか思っていない場合にその通りになってしまうと、心が折れてしまいます。

事前に何かあっても大抵のことは乗り越えてやるという覚悟がなければ、心が折れることは起こりうることでしょう。

失敗をたくさんする

覚悟がある人はたくさん失敗することも特徴の一つです。

なぜかというと、失敗が終わりではないからです。

目的を達成する、すべきことや大切な関係を継続、成長させることに意識を向けているので、失敗したからといって終わらないのです。

失敗はもちろんしたくないと思いますが、それを意識しすぎると、何もできなくなってしまいます。

その点覚悟ができてる人は、失敗を過度に恐れることはせずに、目的を達成することを意識していくので、失敗してすべてが失われるといった恐怖はあまり持っていないのです。

全てを失う恐さも、もちろん知っていますが、そういうことにならないように、日々努力を惜しまないのですね。

学び続ける

学び続ける、それが目的を達成させるために大切なことだと思います。

あることに覚悟を決めていたら、もし失敗や学ぶことがあったら、それを全力で次にそしてその目的を達成させることに繋げようとします。

なので、学ぶことをチャンスだと思ったり、また目的に近づけるという感覚になり、前向きにそして積極的に学び続けるのですね。

覚悟があれば、無駄な事なんてきっとしないと思います。

無駄な事が必要な時もあってそれをあえて無駄にする、時間を無駄にしてみることもありますが、使えることなら使う。

そして学べるなら学ぶ。

それが覚悟ができてる人の特徴の一つです。

迷いがない

基本的に覚悟ができてる人は迷いがありあません。

一般的にはこれをする、あれをする。

その時にするかどうか迷うことがあります。

しかし、覚悟を持っていれば、有用でそしてできると思ったら、すぐに取り組むのです。

結果を気にし過ぎることもなく、迷いがないので、成功しやすいとも言えます。

日常的なことで言えば、この人と楽しい時間を過ごす、喜ばせてあげたいと思ったら、UFOキャッチャーなどで成功する確率がぐんと上がるでしょう。

それはその人が運を持っているとも言いますが、大切な人を喜ばすという信念があるからなのですね。

もっと掘り下げていくと、その人を大切にするという覚悟や決意がきっと以前にあるからなのでしょうね。

何をしても最終的なゴールは同じ

そうなのです。

覚悟があれば、例えば失敗しても傷ついても、傷つけても、そして心が折れそうになっても、最終的なゴールは同じなのです。

覚悟がある人が目指しているのは、実際にその通りにすることです。

なので、失敗してもそれを諦めなくてはいけない状況でなければ、諦めることは決してないのです。

そういうことを繰り返していると、道中いろんなことがあってもすべて乗り越えたり、改善したり、学んだりして、目的を達成させるのです。

覚悟があれば、色々な事が諦める理由にならないのですね。

覚悟を決めるときの心得

覚悟ができてる人の特徴についてはしっかりと分かることができましたか?

あなたはどうだったでしょうか?

もしかしたらもう自分って覚悟ができていたのかと驚くこともあるでしょう。

または、こんな覚悟がある人になりたいなと思うことはできましたか?

そう思うことはとっても大切なことで、あなたもいつかそんな風に覚悟を決めなければいけないこともあるでしょう。

ここからはそんな覚悟を決めるときの心得を紹介していきます。

覚悟することは決して簡単なことではありません。

しかし、いつかはきっとすることができるでしょう。

さらにそれは一人でしてきたことではなく、また一人では決してできなかったことも悟ることでしょう。

それでは実際に見ていきましょう!

覚悟は自分で決めるもの

そもそも覚悟とは自分で決めるしか方法はありません。

人に覚悟を決めろと言われて、そう簡単に覚悟が決まるものでもありません。

人に覚悟があるといったところで、心から自分で覚悟を決めていないと、いざという時に、腰が引けたり、ぐずったりしてしまい、それが出遅れたりするのです。

そうすると大切な場面を逃してしまうので、覚悟は自分からしておくのが良いでしょう。

また自然と覚悟に変わることもあり、無理して決めなくても、諦めたときに覚悟に変わったりすることもあるのです。

しかし、それは自分の中で自分で決めていることなので、それを信じていきましょうね!

覚悟は行動が伴う

口では覚悟したと言っても、行動が伴っていなければ、覚悟をしないのでしょう。

本当に何かを覚悟している人は必ず行動を起こします。

それは周りから言われたからではなくて、自分から自然と動いているのです。

また成功させる覚悟を決めれば、ただ待っていることはなく、成功するために行動を起こすのです。

覚悟=行動に移すとしっかりと心得てみましょう!

みんながいるから覚悟できる

気付いたり、悟ったりしてください。

みんながいるから覚悟できるということを。

一人ではきっと覚悟ではなくて、自分を大切にしていなかったり、投げやりだったり、真剣じゃなくて、物事をすんなり決めることがあったでしょう。

しかし、現実的に何かをしようと覚悟をしたとき、きっとあなたにも大切な人がいて、力になってくれていたり、支えになってくれているのですよ。

それを感じ取って、覚悟が決められるその環境に感謝しましょう。

そして覚悟をしたことを成し遂げていきましょうね!

きっとどうにかなる

覚悟することはきっとどうにかなると、どうにかしようと思えることができるのです。

覚悟を決めるとこんな良いことがあるのですね。

むちゃくちゃしてもどうにかなるということではなくて、今の自分の感覚や気持ち、行動力ならなんとかなると、パワフルに思うことができるのです。

覚悟を決めている人の特権だともいえることでしょう。

覚悟は繰り返し練習しよう

覚悟を決める!果たしてそう簡単にいきなり覚悟って決められるのでしょうか?

そんなことはおそらくほぼないでしょう。

人間は機械ではありません。

気持ちが良くも悪くも付いてくるのです。

この人とずっと一緒にいるんだという覚悟、あなたは簡単にできますか?

ダイエットを継続するんだと簡単に覚悟できますか?

きっと無理だと思います。

もしできたとしても、長続きはしないでしょう。

覚悟は小さな覚悟や覚悟せざるを得ない状況、嫌な思い、嬉しい思い。

様々な経験をもとにできることなのです。

もし覚悟が出来ているのであれば、それは様々な経験と今のあなたがそれをしてくれているのでしょう。

覚悟はいきなり決めることもありますが、大事な大切な覚悟がこれから待っているのであれば、無論大丈夫だと思い込みすぎずに、前から覚悟することを繰り返し練習してみましょう。

そうやっていくと、大事な場面で心が準備できていて、また覚悟をしてきたことへの強さあから最も重要である覚悟をすることができるでしょう。

不安要素はすべて解消する

覚悟を決めることは、必ず成功させる。

そのためにはどんなことでもする。

それくらいの気持ちでいることが大切です。

どんなことでも、というのはできることや、チャレンジすることをするということです。

必ず成功させると思ったら、不安要素はどんどん消して解消していくことでしょう。

それは意識しているのではなくて、自然とついてくるものなので、ありがたいものですね。

また不安要素をすべて解消するからといって、不安なことが多くて困ることでもないのです。

覚悟ができているので、その分失うことや諦めることは恐いでしょう。

しかし、復唱になりますが、そうならないために、全力で努力することが覚悟をすることの心得なのです。

覚悟に失敗はつきもの

覚悟をすると失敗をあまり恐れなくなります。

それよりも何もしない方が嫌なのですね。

なので、より行動的になったり、不安を持たずに行動することでしょう。

しかし、それは失敗する確率も増えていきますよね。

でも覚悟をしたら行動をする。

なので、失敗はつきものなのです。

またそんな失敗でくじけたりはなかなかしないので、覚悟を決めることをネックに思わなくてもいいのですよ!

ブレない一貫性をもつ

こちらも復唱になりますが、ブレない一貫性をもつことも、覚悟を決めることの心得です。

自分がそれをする、大切にすると決めているのであれば、まずぶれません。

こういうのはどう?こんな人が本当は良いんじゃないと言われても何も感じません。

自分の気持ちを信じているからです。

そして一度覚悟を決めているので、何を言われても、何があってもぶれることはないのです。

しかし、どうしてもそれを諦めなければならないことも時にはあるでしょう。

でもそうならないように、覚悟を決めている人は努力したり、毎日を過ごしたり、大切にしているのです。

覚悟を決めているからこそ、それを失ったときの喪失感と絶望感は予想がついているでしょう。

だからこそ、頑張れるのです。

素直でいられるのです。

仕事でもこれをするんだと決めた仕事なら、他にこんな仕事があるということが頭にまず入ってきません。

もし少し入って来ても、それに流されることはなく、大きな感覚の中で、今の仕事に向かうことができます。

また夢を叶えようと本気で覚悟を決めている人は、周りが反対しようがそれを成し遂げようとします。

それを成し遂げた人が周りを賛成させることができますし、大切な人を安心させることができるのです。

ぶれないというのはシンプルな言葉で簡単そうですが、気持ちと覚悟がなければぶれないという無理でしょう。

そんな一貫性が大切ということも、覚悟を決めた人の心得だと言えるでしょう。

覚悟する準備はできましたか?(まとめ)

一通り読んできて、あなたは覚悟をしていることに気が付きましたか?

またこれから覚悟をしたい、すべきことに気が付きましたか?

覚悟をするにはいきなりよりも準備をすることが大切です。

明日から何かを始める、用意ドーンでは長続きはしません。

考えるなら考える、身体や心を健康にしてから、決める。

覚悟をする。

そんな準備はとっても重要なのです。

あなたは覚悟する準備はできましたか?