今回のテーマはかなりナイーブなテーマになっております(・ω・)ノ

「雰囲気美人」

男性には直観的に理解できるこの「雰囲気美人な女性」ですが、女性視点では「雰囲気美人」とはどういったものになるのでしょうね(^_^;)

あまり女性の口から「雰囲気美人」という単語は聞いたことがないような気がします…。

それは多分他人を「雰囲気美人」と呼ぶことによって

「じゃああなたは?自分で美人だと思ってるのですか?」

というツッコミを回避するために「他人に対する美の尺度」をあまり表現しないように努めているからなのでしょう。

実際は先入観なのですが、「雰囲気美人」という単語はあまり誉め言葉としては流用されていないように思えます(・ω・)ノ

「あの人雰囲気美人だよね」

と言ったその瞬間、その相手を若干「見下しているような空気」になってしまうのではないでしょうか?

つまり「美人」ではない、と間接的に言ってるように感じられるわけですね。

女性が女性を「あの人美人ではないよね?」と言うと、かなり鼻に付く言い方に捉えられてしまうでしょう。

もちろん表向きには言わないだけ…でしょうが…(;・∀・)

後々詳しく書きますが、雰囲気美人イコール美人ではない

イコールつまりブス

ということではございません(・ω・)ノ

一方男性はそんなことおかまいなしに美人だ、雰囲気美人だと勝手かつ無責任に女性を論評しています(゚Д゚)

これは男性と女性の「性に対する意識」が根本的に違うからでしょう。

僕も男なので非常に理解できるのですが、男視点では性欲を刺激してくれる女性を「美人」と表現する部分があります。

もちろん個人差はありますが。

女性特有の「色気」が性欲を刺激して、雰囲気に直結し、その印象を「美人」「雰囲気美人」などと表現するのですね。

女性が男性を見る場合はこれとは構造が違うように思えます。

見た目や雰囲気だけではなく、それ以上に内面から伝わる精神的な安定さによって、男性を判断してる…

ように見えるのは僕だけでしょうか(?_?)

簡単に言えば男性はけっこう見た目や色気で女性を判断しちゃってますよ

と言えなくもないのです(>_<) なので雰囲気美人は決して見下されるような要素を持ってるわけではありません。 男は美人も雰囲気美人も同じくらい大好きなんです!!(*_*) 女性のみなさん 男ってバカだよねという批評は当たってますよ(^_^;) さて、そんな「不思議な美」についての謎を今回は追及していきたいと思います(・ω・)ノ

️雰囲気美人ってどんなの?

文字通り雰囲気が美しい人ですが、雰囲気が美しいとはどういったことでしょう?

雰囲気美人とは


美人とはシンプルに顔の造形のみを指している言葉です。

例えば目鼻立ちが整っているなどの条件を兼ね備えている、見た目で分かる美しさですね。

さっき少し書きましたが、本来雰囲気美人とは「見た目で分かる美しさを兼ね備えておらず、雰囲気だけが美人」という意味ではありません。

「見た目で分かる美しさプラス雰囲気も美人」

というのが正しい使い方です。

もしくは「見た目で分かる美しさ以上に雰囲気が美人」

ですね。

我々男性は「顔もキレイだけど、雰囲気もまたいいんだよね」

という言葉で雰囲気美人を表現します。

なので決して侮蔑の意味ではありません(´▽`)

かつて「雰囲気美人」と言われて、若干不愉快だった女性は、それは充分に誉め言葉ですから、素直に喜んでいいと思いますよ!!

個人的にはただの美人より雰囲気美人の方が美しさの意味合いは深いと思うのですが…

どうやら世間では間違ったニュアンスで伝わることもあるようなので、気を付けて使うようにしています…。

雰囲気すらも美人というのは、本来相当な美人っぷりなのです(・ω・)ノ

外見だけではなく内面も美人な人

雰囲気とはつまり印象です。

印象とは、かなり細かいパーツによって構築されているものです。

当然、内面も影響します。

というよりもほぼこれが印象の大部分を占めることでしょう。

例えばです。

失礼な物言いになってしまいますが…

顔がブスだけど内面が美人な人は

雰囲気美人でも美人でもなく

「いい人」です。

外見がキレイで、内面がブスなら

「ただの美人」です。

外見も内面もキレイで初めて

「雰囲気美人」

と評されます。

言うまでもなく外見も内面もブスなら

ブスです(*_*)

内面の美しさは雰囲気、印象を大きく左右します。

どんなに美人でも、内面がブスな人は一部分の男性はだませても、周囲からの総合評価は低いでしょう。

美人だけど性格が悪い人…

何度も会ったことがありますが…

苦手ですね(;・∀・)

一方雰囲気美人の人で「この人苦手だなあ」と思ったことは一度もありません。

内面がしっかりしてるからですね。

そして内面がしっかりしてると、不思議と相応に顔の造形も美しく感じられます。

外見も内面もどちらも同じくらい大切ですが、やはり先にくるのは内面、といったところでしょうか。

まあ単純な話で…

美人でも性格悪ければいずれ嫌われますよ…

ということですね(;・∀・)

発言や動作、振る舞いも含めて美人


内面、つまり性格だけがその印象を決定づけるわけではありません。

言葉の使い方、歩き方、仕草、など全てが印象の要素です。

これは個人的な趣向なのですが…

歩き方が不細工な人が僕は苦手で…それ一発で全てが台無しとも言える強烈な印象を与えてくれます。

猫背だったりガニ股だったり…

残念感が半端ないですね(T_T)

例えばこれが言葉使いの場合もあります。

極端に乱暴な言葉使いをする女性も台無しにしてしまいます。

この台無しというのは恐ろしいもので、お金をかけて培ったファッションセンスやメイク、美しい髪など

全て無意味どころか、逆にマイナスイメージにもなるという、恐ろしい現象です。

「あの人、すごくきれいなんだけど、言葉が下品なんだよね…きれいなだけに残念感もより増すよ…」

ということにもなりえます。

くれぐれもご注意ください…。

雰囲気美人と言われる人は絶対にこういうことにはなりません。

というよりも、こういう些細なことにも気を配っているからこそ雰囲気も美人なんですよね。

ブスをバカにした言葉ではない!

何度も言ってますが、雰囲気美人イコール外見が不細工

ということではありません(・ω・)ノ

雰囲気「も」美人なのです。

雰囲気だけが美人という意味ではありませんよ!!

が、なぜか後者の意味で使われることが多いんですよね…一体なぜでしょう?

そもそも美人だブスだと他人を批評すること自体、あまり褒められることではありませんが(^_^;)

それでもやはり男女問わず日々行われる異性への批評。

誤解を招くような発言はなるべくしないようにしたいものですね…。

️雰囲気美人の2パターン

そうなんです。

雰囲気美人には二つのパターンがあります

生まれ持った雰囲気美人

先天的に雰囲気も兼ね備えた美人です。

不平等なことにこういった人は確かに存在します。

あまりに自然すぎて逆に「嘘ついて作ってるのでは…?」と裏を読んでしまうほどに雰囲気がある人ですね。

女性としての柔らかい包容力や色気、品がある立ち振る舞いなど、なぜか自然に持っているんですよね。

生まれ育った環境なども大きく影響しているのでしょう。

残念ながら、こういった人は社会に出てから、男性には人気があっても女性から敬遠されることが多いように見えます。

本人は意識しないことなので、なぜ自分が敬遠されているのか分かっていません。

それもまた周囲から反感を買うことになってしまいます。

確かに密接なコミュニケーションをとらないと、相手の真意は分かりませんから、瞬時に判断され情報が拡散される現代社会では、先天的な雰囲気美人はやや分が悪いかもしれません。

でも、それは表層的なイメージなので、コミュニケーションをとっていれば、いずれ周囲の誤解も減っていくでしょう。

嫉妬や劣等感から批判している人は、その姿勢を崩さないでしょうから、そういった人とは深いコミュニケーションをとってもあまり意味がありません。

乱暴に他人を批判する人は、いずれその人自身に同じものが跳ね返っていきますから、あまり問題にすることでもないでしょう。

誤解されやすいのできちんとコミュニケーションをとること。

それができれば先天的雰囲気美人は、周囲から絶大な好感と信頼を得ることができるでしょう。

努力による雰囲気美人

だいたいの人はこちらに入るのではないでしょうか?

「こういう人でありたい」という目標を持って努力した人達ですね。

こういった女性が好感度ナンバーワンと思うのは僕だけでしょうか(´▽`)

またもや男性視点で恐縮ですが、男性が思う「女性らしさ」というものは確かにあります。

勝手な希望と偏見でほんとに申し訳ないのですが、きっとこれは男というよりオスとしての習性なのでしょう。

「こうであってほしい」という願望を持っていて、それに少しでも近い女性に男性は必ず好感を持ちます。

妙な話ですが、それがたとえ嘘でも好感を持ちます。

もちろん嘘による好感は長くは続かないので、あまり意味はないのですが(^_^;)

そして努力によって雰囲気を培った人は男性が思う願望に近い雰囲気を持ち合わせています。

きっとその女性は「美しい女性でいたい」という純粋な願望だけで成しえたことなのですが、その「姿勢そのもの」が我々男性を魅了します。

何というか…美しくありたいと純粋に思い、それを実践してる姿が、すでに美しいというか…何というか…(;・∀・)

こういった人は考えて、自分を磨き上げてるので、先天的にそれらを持っている人よりも、社会に出てから評価と信頼を得やすいでしょう。

悪く言うと、先天的な人は、周囲からの偏見と先入観が先走りする為、誤解されやすいのですね。

後天的な人はそれすらも考慮してるので、余計な誤解も避けて通ることができる、というわけです。

女性にはやはり常に美意識を持っていてほしいものですが、残念ながら美意識の追及をするには、やはり相応の努力が必要です。

願っているだけでは叶わない夢、といったところでしょうか(;・∀・)

もちろん男性にも言えますが、男性の美と女性のそれは意味合いが違います。

男の方が生きるのが楽、というのは正しいのです(^_^;)

️雰囲気美人の21の特徴

さて。

それでは、雰囲気美人の21の特徴をお伝えします!!

どうしても男性視点になってしまいますので、女性の方は「何それ?そんなこと?」と思うこともあるかもしれませんが…

男はバカなので、そんなことですら心奪われたりするのですよ(;・∀・)

笑顔が素敵

言うまでもなく胸がキュンとする要素ナンバーワンです!!

笑顔が素敵というよりも、笑顔の人が素敵と言いましょうか。

いつも仏頂面でぶすっとしてるより、笑顔の方がいいに決まってますよ(・ω・)ノ

明るく屈託ないイメージ、ただこれだけでその人の好感度は空にも上ります。

実は内面では悩みやストレスを抱えていても、それを出すことなく常に笑顔でいる人…

でもふとした瞬間にその悩みやストレスが外に出てしまう…

その瞬間我々男性のほとんどはこう思うでしょう。

あなたの素敵な笑顔を曇らせる要因は根こそぎ排除します!!

僕があなたを全力で守ります!!

と(・ω・)ノ

そこから始まる恋…

いやあ

考えただけでもドキドキしちゃいますね!!

どんなに世知辛い世の中でも、笑顔でいられる人はただそれだけで素敵ですよね!!

余裕がある

人間崖っぷちに立った時にその人の本質が出ると言われますが、どんな時でも余裕は欲しいものです。

この余裕は「女性の穏やかさ」にも直結する要因の一つです。

男性は女性に柔らかく穏やかな雰囲気をつい求めてしまうので、余裕を持って立ち振る舞ってる女性の好感度は非常に高いです。

バタバタと乱雑に行動してる女性よりも余裕があって動作や仕草に品がある人の方が、雰囲気が美しく、周囲からの評価も高いでしょう。

穏やかで優しい

まさに女性らしさを率直に表現するとこうなります。

身もふたもない言い方ですが(^_^;)

きっと男性からみる女性らしさは

包容力が基準になっていると思います。

つまり母性ですね。

男は皆マザコンなんてよく言われますが、なかなか的を得ている表現だと思います。

あ、マザコンといっても病的なそれではないですよ(^_^;)

どこかで母性、包容力を求めているという意味です。

女性は男性に「精神的なたくましさ」を求めているのと同じ意味ですね。

穏やかで優しく受け止めてくれる女性の雰囲気は見ればすぐそれと分かります。

なので男性はすぐ気を許しますね(^_^;)

ゆったりした動作

優雅、という意味ですね。

ただしこれは誤解を招きやすいですね。

「ゆったり」と「まったり」では少し意味が違います。

動作のスピードが同じでも

「ゆったり」してる人は優雅で

「まったり」してる人はただ

「遅い人」という印象を与えます。

同じスピードでも印象が違います。

優雅に洗練されてる動作は品がありますが、ただ遅い人は、周囲から批難されてしまいます。

ではこの違いの秘密は?

これがまさに雰囲気美人の特徴ですね。

すごく乱暴な言い方ですが、雰囲気が美人だから許されるというわけです(;・∀・)

性格、普段の仕草、言葉使い、などそれら一つ一つが組み合わさって雰囲気が形成され、その雰囲気が美しい人はゆったりした動作も品があると評されます。

例えば言葉使いが乱暴な人の動作が遅い場合

「言葉使いはあれだけ乱暴なのに、なんで動作だけあんなにまったりなの?遅くてイライラする!!」

言葉は尖ってるのに動作が丸いと違和感が残り、雰囲気が統一されず、批難されるというわけです。

なのでゆったりした動作が雰囲気美人の要素ではなく、雰囲気美人だからこそ、ゆったりした動作も好感の対象になる、というのが適切なのでしょうね。

ちょっとした仕草に色気がある

これは曖昧な雰囲気の要因でもかなり特殊な部類に入りますね…。

そもそも「色気」とは何なのでしょう?

これは多分女性のみなさんも答えが出ないのではないでしょうか?

僕達男も「彼女はなんか色っぽい」などと言ったりするものですが、具体的な何かを指してるわけではないんですよね…

正直なんで「色っぽい」と感じるのか、僕達男もよく分かっていません(>_<) 例えば、体のラインが美しくて胸もあって、服装がやや露出気味 という女性を男性が見た場合… 「色っぽい人」ではなく 「エロい人」という表現になります。 ←俗っぽい言い方ですいませんm(__)m この色っぽいというのはもっと抽象的な印象です。 よく浴衣を着てる女性は色っぽいと言ったりしますよね?これは浴衣というアイテムが女性らしい品を演出してくれているからでしょう。 これが「ちょっとした仕草」となると… 答えがまるで分かりません(>_<) 髪をかき上げる仕草、とかになるのでしょうか? かといって髪ばかり書き上げてたら 髪痛めますよ(・ω・)ノ となりますし…。 多分ほんとに些細な瞬間に感じるフェロモンを色気と認識するのでしょうが… 答えは永遠に闇の中です…。 でもこれにもさっき書いた包容力が影響しているようには思います。 なぜか母性を感じる仕草 これが色気の正体ということまでは分かっているのですが…雰囲気美人はこの特徴も自然に身につけているようですね(;・∀・)

喋り方がゆっくり

動作がゆったり、とも似てる特徴ですね。

つまり性格が「おっとりしてる」ように感じられるのですね。

そしてこれもまた動作と同じで、許される人と許されない人がいます。

どちらかというと、喋り方がゆっくりな人の方が、周囲から誤解をされやすいでしょう。

かわいらしさの演出

とも受け取られがちです。

「あの子おっとりしててかわいいよね」という好感か?

「あの子喋り方ほど、性格はおっとりしてないよね?」という批難か?

印象はかなり大きく分けられるでしょう。

いずれにせよ、すでに「雰囲気美人認定」されてる人であれば、これもまた許されると思います。

美味しそうに食べる

これは「笑顔」の印象にも繋がります。

美味しい物を食べると人の心は和みますよね?

そして笑顔

となるわけです(・ω・)ノ

女性にとって食事はコミュニケーションツールとも言うべき大事なものです。

男性ならばそれがお酒だったりもしますが、やはり女性には美味しい物を食べて、素敵な笑顔でいてもらいたいですよね。

もし仮に雰囲気美人が、美味しくないものを食べて表情を曇らせたとしても、それはそれで、周囲から好感を持たれます。

そんな少し曇った表情も素敵、というわけですね。

そう考えると…

雰囲気美人って無敵じゃないですか??(゚Д゚)

モテる

「そりゃそうですよ!!」

と声を大にして言いたいですね(・ω・)ノ

間違いなくモテます。

モテ具合は美人以上だと思います。

恋愛とは不思議なもので、えてして「好きなタイプ」ではないのに、交際したりましすよね?これは「雰囲気」がそうさせてるのは大いにあると思います。

「正直ルックスは好みじゃないけれど、なぜか惹かれる…」

雰囲気が美人だからですね(・ω・)ノ

その雰囲気とは性格、包容力、色気など、言うなれば「宝石がつまった宝箱」のようなものです。

たとえルックスがタイプではなくても、充分に魅力があります。

もしかしたらルックスとはきっかけにしか過ぎないのかもしれませんね(´▽`)

ポジティブ

たとえ女性でなくても、ポジティブな人はそれだけで好感度が高いものです。

雰囲気美人と言われる人には、ジメジメ湿ったネガティブ要素がありません。

というよりはネガティブな人の雰囲気が美人になることはありえません。

これは断言できます!!

雰囲気美人のはじめの一歩は「明るいポジティブさ」だと思います。

これなくして雰囲気はありえないとも言えるほど大きな要因です。

多分どこの職場にもいるとは思いますが…

「いつも愚痴ばかり言ってる人」

が素敵と評されることはないですよね??たとえそれがずば抜けた美人だったとしても、周囲からの評価はあまり高くないでしょう。

美人だから許される、ということも少しはあるでしょうが…(;・∀・)

美人だけど性格は…

というのが概ね正しい評価でしょう。

そういった人よりも雰囲気美人の方がはるかに魅力があるのは、もう言うまでもありませんよね??

【ポジティブな人については、こちらの記事もチェック!】

柔らかな雰囲気

今書いたような、美人だけど愚痴が多い人は印象として「シャープで尖っている」ものになります。

そしてこれはあまり受け入れられるものではありません。

さっきも書きましたが、男性から見る女性らしさとは、穏やかで柔らかいものです。

その雰囲気が「包容力」として好感を持たれます。

では女性の目には「女性らしい柔らかさ」はどう見えるでしょう?

きっと攻撃的な性格をしてる女性からはかなり批難されるでしょうね(-_-)

これは男性視点と女性視点では、「柔らかい雰囲気に対して好感を得るポイント」が違うからです。

世の中には男性から好かれても女性から批難される女性がけっこういます。

それはその人が持つ雰囲気があまりに女性的でありすぎることが原因だと思われます。

「人として柔らかいか?」「女性として柔らかいか?」の違いで、女性同士では好感度が大きく変化するようです。

同じ柔らかさでもこの二つは大きく意味が違います。

雰囲気美人は両方兼ね備えています。

もしこれが後者のみしか持っていない場合、女性は容赦なく非難するでしょう。

これは「男性からの好感を得る為に女性としての柔らかさを無理やり演出してる」と捉えられてしまうからです(;・∀・)

簡単に言うと「男の前ではあんな態度して…あの子かわい子ぶってるよね」という批難ですね…。

ちなみにですが、仮に「演出」だとしても男は容易に騙されます…(◎_◎;)

落ち着いている

優雅な魅力といったところでしょうか?

せわしなくバタバタしてる女性は、雰囲気もまたそれ相応になってしまいます。

柔らかく丸い雰囲気が雰囲気美人の特徴なので、ポジティブさや落ち着きなどは必須です。

その落ち着いた雰囲気にも色気がちらほらと溶け込んでいるものです。

心の穏やかさが、態度の落ち着きにも直結しますよね?

そう考えるとやはり日々の心の在り方が、雰囲気の美しさに如実に表れる、と言うことができますね(・ω・)ノ

上品さがある

上品といっても、どこかの貴族のような上品さは必要ではありません(・ω・)ノ

昼過ぎには庭でティータイム

などの優雅さ、上品さはこの場合の上品さとは意味が違いますね(^_^;)

言動に品があるということです。

妙なことに少し言葉使いが乱れても、この品を失わない人がいるのです。

きっと雰囲気がそれすらも許してしまうのでしょう。

逆に少しの言葉の乱れが嫌悪の対象になる人もいます。

雰囲気に品がない人はちょっとした言葉使いすらも、弱点になってしまうということですね。

いやはや、雰囲気とは恐ろしいものですね(^_^;)

日々の過ごし方、心の持ち方

奥深いものです…。

分け隔てなく接する

さっき書いた「女性に批難される女性らしさ」は、言い換えれば、男性女性で接し方を分けているから批難の対象になるということでもあります。

男性の前ではこう、女性の前ではこう

と分けているので、同性の女性からは

(-_-メ)

となってしまうのでしょう。

分け隔てなく接することができる人は、人としても女性としても雰囲気が柔らかく、同性異性問わず好感度が高いものです。

これは男性にもいえることですが、同性から嫌われる人は、性別によって必ず意図的に接し方を変えています。

ほんとの意味で雰囲気が美しい人は、まずこういった接し方はしません。

だからこその雰囲気、だからこその好感です。

雰囲気がキレイな人はきっと同性からも信頼されているでしょう(・ω・)ノ

とはいえ接し方を変えてる人にも男性はつい好感を持ってしまうので…

男はバカだと言われるのでしょう(;・∀・)

頼りにされている

ポジティブで笑顔でがんばっている人は当然頼りにされます。

何度も書いている「女性特有の包容力」は、何も対男性用ではありません。

同性すらも受け入れることができます。

厳密に言うと雰囲気美人とは、性別問わず魅力がある人なのです。

バカな男性は騙せても同性の目はそこまで甘くはないということですね(>_<) 後天的に努力で雰囲気を培った人ならなおさら、女性からも頼りにされることでしょう。

気配りができる

細かい気配りができる人はそれこそ性別問わず、好感度が高いですね。

さりげない気配りは誰も見ていないように感じるかもしれませんが、見てる人はきちんと見てます。

そして、それを必ず賞賛するでしょう。

そうして印象も決定づけられていきます。

例えば、何か批難されたとしても、誰かが必ずかばってくれます。

「あの人はそんな人じゃない」と(・ω・)ノ

その気配りが細かければ細かいほど、他人に伝わった時の好感度は高いものです。

雰囲気が美しい人は、そういったことも自然と行っています。

姿勢がキレイ

さっき個人的に歩き方の話をしましたが、姿勢は思った以上に印象に影響します。

猫背でうつむいてばかりの人はネガティブに見えてしまうものですよね?たとえ本人はポジティブなつもりでも、です。

姿勢がキレイな人は凛として、それでいて柔らかいという不思議な印象を与えます。

個人的にはルックスよりも先に姿勢の方を見てしまうほど、大事な要素の一つだと思っています。

姿勢に全てが出るというか…

服装やメイクも大事ですが、美しい人は姿勢が驚くほど美しいのです。

美しい艶髪

そして髪です!!今の姿勢と同様の価値があると思われます(・ω・)ノ

痛んだ髪やお手入れをしていない髪はすぐそれと分かるものです。

そしてそれが日々の過ごし方の悪さを印象として物語ってしまいます。

どんなにルックスが美しくても、姿勢が悪く髪もぼさぼさでは…

泣く子も黙ります。

←使い方が間違ってますΣ(゚Д゚)

髪が美しいだけで、僕なんかはハッとしてしまいますね(;・∀・)

それで姿勢も美しかったら…

恋に落ちる五秒前ですよ(・ω・)ノ

上手なナチュラルメイク

メイクは女性の特権とも言える最大のマジックかもしれませんね!!

まさに生かすも殺すも本人次第、と…。

電車などでよく見かけますが…

ものすごくがんばってメイクをしてる人がいます。

ハリウッド女優のようなレベルですね。

その割には、何かがおろそか、というか釣り合ってないのですね、服装が合ってない、靴が合ってない、姿勢が悪い、など…

極端なメイクは浮かないように全体も相応にしないと逆に悪印象…

と感じてしまうのは僕だけでしょうか?

極端な話ですが、ハリウッド女優があれだけのメイクをして、ドレスを身にまとって

靴がスニーカー

ではやはりおかしいですよね?

キレイでありたいと思ってメイクを頑張るのはいいのですが、やはりそこは自分に合ったメイクをした方が美しいはずです。

そして主張しすぎないナチュラルさの方が雰囲気に溶け込みやすいでしょう。

美意識の表れ、なのでしょうが…

厚化粧は本人ほど周囲はいいと思ってないというのは、残酷な事実ですね(*_*)

シンプルなファッション

メイクもそうですが、ファッションもあまり主張しない方が、その人の雰囲気をうまく伝えてくれます。

全体の調和が初めてその人の雰囲気を、さらに引き立たせるといっても過言ではないでしょう。

あまりにシンプルすぎても、味気ないものになってしまいますので、匙加減はとても難しいですが…。

一つに特化した何かより、全体になじむことが、ファッションやメイクで一番大切なことなのでしょうね(・ω・)ノ

華奢なアクセサリー

そしてアクセサリーにも同じことが言えます。

ゴテゴテ、ジャラジャラとしたものは、柔らかい雰囲気ではなく、シャープな印象になります。

鋲がついたアクセサリーなどはパンキッシュでかっこいいかもしれませんが…

女性らしい雰囲気ではありませんよね(;・∀・)

アクセントの一つとして、華奢なアクセサリーをさりげなく身に着けて雰囲気を作る

というのが雰囲気美人に繋がるでしょう。

健康的なスタイル

健康的なスタイルというと、幅が広いのですが…

適度な3サイズといったところでしょうか?

あまりに大きかったり小さかったりするバスト、ウェスト、ヒップは、雰囲気よりもスタイルの方が目立ってしまいます。

もちろんそれも魅力にはなりますが…スタイルも美しさにおける一つのパーツというか何というか…あまり極端な数字は雰囲気を壊しかねないというか…(>_<) 適度な3サイズと無責任に言ってしまいましたが… それができたら苦労しないよ!! という怒りのツッコミをされそうですね(;・∀・) 体重はコントロールできても3サイズはかなり難しいという話はよく聞きます。 3サイズに関しては男の僕には何も言う権利がありません…(*_*) がんばってください!!としか言いようがないですね…。

️雰囲気美人なら誰でも目指せそう?

そうなんです!!今回のテーマはつまりこの一言に尽きます!!

雰囲気美人は誰でもなれて、「ただの美人」よりよっぽど魅力的なのです!!

絶対モテますよ笑。

自分が持つ美意識を、雰囲気に込められれば…

無敵です(・ω・)ノ

女性はきっと誰もが美しくありたいと思ってるでしょうから、応援してます!!

これを読んで少しでもそのお手伝いができたなら、僕も本望です(・ω・)ノ