雰囲気美人の人は、仕草や言葉遣いなどから美人オーラがただよっています。

今回はそんな雰囲気美人の特徴をご紹介していきますので、雰囲気美人になりたいという人は是非真似してみてくださいね。

この記事の目次

️雰囲気美人ってどんなの?

文字通り雰囲気が美しい人ですが、雰囲気が美しいとはどういったことでしょう?

雰囲気美人とは


美人とはシンプルに顔の造形のみを指している言葉です。

例えば目鼻立ちが整っているなどの条件を兼ね備えている、見た目で分かる美しさですね。

本来雰囲気美人とは「見た目で分かる美しさを兼ね備えておらず、雰囲気だけが美人」という意味ではありません。

「見た目で分かる美しさプラス雰囲気も美人」というのが正しい使い方です。

もしくは「見た目で分かる美しさ以上に雰囲気が美人」ですね。

外見だけではなく内面も美人な人

雰囲気とはつまり印象です。

印象とは、かなり細かいパーツによって構築されているものです。

当然、内面も影響します。

というよりもほぼこれが印象の大部分を占めることでしょう。

例えばです。

外見がキレイで、内面がブスなら「ただの美人」です。

外見も内面もキレイで初めて「雰囲気美人」と評されるのではないでしょうか。

内面の美しさは雰囲気、印象を大きく左右します。

どんなに美人でも、内面がブスな人は一部分の男性はだませても、周囲からの総合評価は低いでしょう。

一方雰囲気美人の人は内面がしっかりしています。

すると、不思議と相応に顔の造形も美しく感じられます。

外見も内面もどちらも同じくらい大切ですが、やはり先にくるのは内面なのではないでしょうか。

発言や動作、振る舞いも含めて美人


内面、つまり性格だけがその印象を決定づけるわけではありません。

言葉の使い方、歩き方、仕草、など全てが印象の要素です。

例えば、極端に乱暴な言葉使いをする女性も自分の雰囲気を台無しにしてしまいます。

この台無しというのは恐ろしいもので、お金をかけて培ったファッションセンスやメイク、美しい髪など全て無意味どころか、逆にマイナスイメージにもなってしまうのです。

「あの人、すごくきれいなんだけど、言葉が下品なんだよね…きれいなだけに残念感もより増すよ…」ということにもなりえます。

雰囲気美人と言われる人は絶対にこういうことにはなりません。

というよりも、こういう些細なことにも気を配っているからこそ雰囲気も美人なんですよね。

ブスをバカにした言葉ではない!

雰囲気美人イコール外見が不細工ということではありません。

雰囲気「も」美人なのです。

雰囲気だけが美人という意味ではありませんよ。

ですが、なぜか後者の意味で使われることが多いんです。

️雰囲気美人の2パターン

雰囲気美人には二つのパターンがあると言われています。

生まれ持った雰囲気美人

先天的に雰囲気も兼ね備えた美人です。

不平等なことにこういった人は確かに存在します。

女性としての柔らかい包容力や色気、品がある立ち振る舞いなど、なぜか自然に持っているんですよね。

生まれ育った環境なども大きく影響しているのでしょう。

努力による雰囲気美人

だいたいの人はこちらに入るのではないでしょうか?

「こういう人でありたい」という目標を持って努力した人達ですね。

「美しい女性でいたい」という純粋な願望だけで成しえたことなのですが、その「姿勢そのもの」が我々男性を魅了します。

美しくありたいと純粋に思い、それを実践してる姿が、すでに美しいと感じるのです。

こういった人は考えて自分を磨き上げてるので、先天的にそれらを持っている人よりも、社会に出てから評価と信頼を得やすいでしょう。

️雰囲気美人の21の特徴

さて、それでは、雰囲気美人の21の特徴をお伝えします。

笑顔が素敵

ツンとしていても美人な人は美人ですが、笑顔が素敵な人はもっと美人に見えますよね。

明るく屈託ないイメージ、ただこれだけでその人の好感度は空にも上ります。

実は内面では悩みやストレスを抱えていても、それを出すことなく常に笑顔でいる人は誰からみても素敵です。

そんな素敵な笑顔に周りの人まで笑顔になってしまうでしょう。

余裕がある

人間崖っぷちに立った時にその人の本質が出ると言われますが、どんな時でも余裕は欲しいものです。

この余裕は女性の穏やかさにも直結する要因の一つです。

男性は女性に柔らかく穏やかな雰囲気をつい求めてしまうので、余裕を持って立ち振る舞ってる女性の好感度は非常に高いです。

バタバタと乱雑に行動してる女性よりも余裕があって動作や仕草に品がある人の方が、雰囲気が美しく、周囲からの評価も高いでしょう。

穏やかで優しい

きっと男性からみる女性らしさは、包容力が基準になっていると思います。

つまり母性ですね。

男は皆マザコンなんてよく言われますが、なかなか的を得ている表現だと思います。

どこかで母性、包容力を求めているのではないでしょうか。

女性は男性に、精神的なたくましさを求めているのと同じ意味ですね。

穏やかで優しく受け止めてくれる女性の雰囲気は見ればすぐそれと分かります。

なのでこういう女性には、男性はすぐ気を許してしまいます。

ゆったりした動作

優雅、という意味ですね。

ただしこれは誤解を招きやすいですね。

「ゆったり」と「まったり」では少し意味が違います。

動作のスピードが同じでも「ゆったり」してる人は優雅で、「まったり」してる人はただ「遅い人」という印象を与えます。

同じスピードでも印象が違います。

優雅に洗練されてる動作は品がありますが、ただ遅い人は、周囲から批難されてしまいます。

ではこの違いの秘密は?

これがまさに雰囲気美人の特徴ですね。

性格、普段の仕草、言葉使い、などそれら一つ一つが組み合わさって雰囲気が形成され、その雰囲気が美しい人はゆったりした動作も品があると評されます。

ちょっとした仕草に色気がある

雰囲気美人はちょっとした仕草に色気があります。

これも自然に身につけている人が多いようです。

何かを持つときに指先を揃えたり、食事の仕方が綺麗など、常に丁寧な仕草をしています。

喋り方がゆっくり

喋り方がゆっくりだと、性格がおっとりしてるように感じられますよね。

早口で聞き取れないような喋り方をする人は、雰囲気美人のイメージとはかけ離れてしまいます。

それは相手にせかせかしたイメージを与えてしまうからです。

相手が聞き取りやすいようにと心掛けることで、少しゆっくりとした話し方ができるのかもしれませんね。

美味しそうに食べる

美味しい物を食べると人の心は和みますよね。

女性にとって食事はコミュニケーションツールとも言うべき大事なものです。

男性ならばそれがお酒だったりもしますが、やはり女性には美味しい物を食べて、素敵な笑顔でいてもらいたいですよね。

もし仮に雰囲気美人が、美味しくないものを食べて表情を曇らせたとしても、それはそれで、周囲から好感を持たれます。

そんな少し曇った表情も素敵、というわけですね。

モテる

雰囲気美人のモテ具合は美人以上だと思います。

恋愛とは不思議なもので、えてして「好きなタイプ」ではないのに、交際したりましすよね?

これは「雰囲気」がそうさせてるのは大いにあると思います。

「正直ルックスは好みじゃないけれど、なぜか惹かれる…」というのは、雰囲気が美人だからかもしれません。

その雰囲気とは性格、包容力、色気など、言うなれば「宝石がつまった宝箱」のようなものです。

たとえルックスがタイプではなくても、充分に魅力があります。

もしかしたらルックスとはきっかけにしか過ぎないのかもしれませんね。

ポジティブ

たとえ女性でなくても、ポジティブな人はそれだけで好感度が高いものです。

雰囲気美人と言われる人には、ジメジメ湿ったネガティブ要素がありません。

というよりはネガティブな人の雰囲気が美人になることはありえないのではないでしょうか。

雰囲気美人のはじめの一歩は「明るいポジティブさ」だと思います。

これなくして雰囲気はありえないとも言えるほど大きな要因です。

柔らかな雰囲気

美人だけど愚痴が多い人は印象として、シャープで尖っているものになります。

そしてこれはあまり受け入れられるものではありません。

さっきも書きましたが、男性から見る女性らしさとは、穏やかで柔らかいものです。

その雰囲気が「包容力」として好感を持たれます。

落ち着いている

優雅な魅力といったところでしょうか。

せわしなくバタバタしてる女性は、雰囲気もまたそれ相応になってしまいます。

柔らかく丸い雰囲気が雰囲気美人の特徴なので、ポジティブさや落ち着きなどは必須です。

その落ち着いた雰囲気にも色気がちらほらと溶け込んでいるものです。

心の穏やかさが、態度の落ち着きにも直結しますよね?

そう考えるとやはり日々の心の在り方が、雰囲気の美しさに如実に表れる、と言うことができますね。

上品さがある

上品といっても、どこかの貴族のような上品さは必要ではありません。

昼過ぎには庭でティータイムなどの優雅さ、上品さはこの場合の上品さとは意味が違いますね。

言動に品があるということです。

妙なことに少し言葉使いが乱れても、この品を失わない人がいるのです。

きっと雰囲気がそれすらも許してしまうのでしょう。

逆に少しの言葉の乱れが嫌悪の対象になる人もいます。

雰囲気に品がない人はちょっとした言葉遣いすらも、弱点になってしまうということですね。

分け隔てなく接する

分け隔てなく接することができる人は、人としても女性としても雰囲気が柔らかく、同性異性問わず好感度が高いものです。

これは男性にもいえることですが、同性から嫌われる人は、性別によって必ず意図的に接し方を変えています。

ほんとの意味で雰囲気が美しい人は、まずこういった接し方はしません。

だからこその雰囲気、だからこその好感です。

雰囲気がキレイな人はきっと同性からも信頼されているでしょう。

頼りにされている

ポジティブで笑顔でがんばっている人は当然頼りにされます。

女性特有の包容力は、何も対男性用ではありません。

同性すらも受け入れることができます。

厳密に言うと雰囲気美人とは、性別問わず魅力がある人なのです。

後天的に努力で雰囲気を培った人ならなおさら、女性からも頼りにされることでしょう。

気配りができる

細かい気配りができる人はそれこそ性別問わず、好感度が高いですね。

さりげない気配りは誰も見ていないように感じるかもしれませんが、見てる人はきちんと見てます。

そして、それを必ず賞賛するでしょう。

そうして印象も決定づけられていきます。

例えば、何か批難されたとしても、誰かが必ずかばってくれます。

「あの人はそんな人じゃない」と。

その気配りが細かければ細かいほど、他人に伝わった時の好感度は高いものです。

雰囲気が美しい人は、そういったことも自然と行っています。

姿勢がキレイ

姿勢は思った以上に印象に影響します。

猫背でうつむいてばかりの人はネガティブに見えてしまうものですよね?

たとえ本人はポジティブなつもりでもです。

姿勢がキレイな人は凛として、それでいて柔らかいという不思議な印象を与えます。

個人的にはルックスよりも先に姿勢の方を見てしまうほど、大事な要素の一つだと思っています。

服装やメイクも大事ですが、美しい人は姿勢が驚くほど美しいのです。

美しい艶髪

美しい艶髪には、今の姿勢と同様の価値があると思われます。

痛んだ髪やお手入れをしていない髪はすぐそれと分かるものです。

そしてそれが日々の過ごし方の悪さを印象として物語ってしまいます。

どんなにルックスが美しくても、姿勢が悪く髪もぼさぼさでは、美人とは言えないでしょう。

上手なナチュラルメイク

キレイでありたいと思ってメイクを頑張るのはいいのですが、やはりそこは自分に合ったメイクをした方が美しいはずです。

そして主張しすぎないナチュラルさの方が雰囲気に溶け込みやすいでしょう。

それをわかっていて雰囲気美人はナチュラルメイクをしています。

シンプルなファッション

メイクもそうですが、ファッションもあまり主張しない方が、その人の雰囲気をうまく伝えてくれます。

全体の調和が初めてその人の雰囲気を、さらに引き立たせるといっても過言ではないでしょう。

あまりにシンプルすぎても、味気ないものになってしまいますので、匙加減はとても難しいですが…。

一つに特化した何かより、全体になじむことが、ファッションやメイクで一番大切なことなのでしょう。

華奢なアクセサリー

そしてアクセサリーにも同じことが言えます。

ゴテゴテ、ジャラジャラとしたものは、柔らかい雰囲気ではなく、シャープな印象になります。

鋲がついたアクセサリーなどはパンキッシュでかっこいいかもしれませんが、女性らしい雰囲気ではありませんよね。

アクセントの一つとして、華奢なアクセサリーをさりげなく身に着けて雰囲気を作るというのが雰囲気美人に繋がるでしょう。

健康的なスタイル

雰囲気美人は自分の食生活をコントロールできているため、健康的なスタイルを保つことができているのです。

適度に運動をして汗を流すことが習慣になっている人も多く、健康に気を遣っています。

痩せすぎていても太りすぎていても、美しいスタイルとは言えないということをわかっているので、食事の管理もしっかりとしているのです。

️雰囲気美人なら誰でも目指せそう?

雰囲気美人は努力次第で誰でもなることができるのではないでしょうか。

日頃から美しくなりたいという意識を大切にしてみてくださいね。