誰かのことを好きになると、幸せと苦しみを一度に味わうことになります。

相手から与えられる幸せが大きい一方で、相手のことが分からない、相手が冷たいと言った理由で辛い気持ちを味わう経験も増えるからです。

ですが、中には、彼氏が心いっぱいの幸せを感じさせてくれるため、苦しさなんて味わったことがないという人もいます。

点数で言うと百点満点の彼氏を持ったということですね。

そんな彼氏がいれば、辛い想いをすることなどなく、いつでも幸せな気分でいることができるでしょう。

女性としては、幸せにしてくれる男性を多くの人の中から正確に選び出したいものです。

それでは、彼女に幸せを感じさせてくれるような彼氏の特徴としてはどのようなものがあるのでしょうか。

彼氏を選ぶ際の参考にしてみたいですよね。

また、運よく百点満点の彼氏と付き合うことができたとしても、その幸せが長続きするとは限りません。

ずっと一緒にいられることができれば幸せですが、続ける努力をしなければ、幸せを手放すこといなるかもしれないのです。

ここでは、彼女のことを幸せにしてくれるような彼氏と、ずっとラブラブでいるための方法についてもご紹介します。

彼女に幸せを感じさせる彼氏の特徴

彼女に幸せを感じさせてくれるような彼氏の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

もちろん、人によって好みは異なりますから、「ぶっきらぼうで無口な彼」が幸せを与えてくれると思っている人もいれば、

「たくさん話をして楽しませてくれる彼」が幸せを与えてくれると思う女性もいます。

ですが、女性が付き合っていて心の底から幸せだと思う彼氏にはいくつかの共通する特徴があるのです。

それでは、その特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

お付き合いしたいと思っている男性が、「本当に彼女を幸せにしてくれる男性」であるのかをチェックするためにも、

彼女に幸せを感じさせてくれるような彼氏の特徴について見てみることにしましょう。

物事を見る目が広い

意外かもしれませんが、物事を見る目が広い彼氏といると楽しいと思う女性は多いようです。

広いと言っても、博士のように博識である必要はありません。

ただ、自分よりもずっと広い世界で生きている人間であるという意味です。

なぜなら、広い世界を見ている彼氏は、彼女の世界観も広げるからです。

物事を見る目が広い人と一緒にいると、自分の世界観がぐっと広がっていくのを感じるでしょう。

自分の知らなかった世界に連れて行ってもらえるような気がして、いつでも新鮮な気分でいられるというのは嬉しいポイントですね。

また、狭い世界にいたときよりも、ずっと彼氏のことを理解することができます。

気付かなかった事に気付ける

自分が知らなかったことに気づけるというのも、楽しいと感じる女性が多いようです。

要するに「目から鱗」の体験をすることができるのです。

自分とは全く違う広さの世界に住んでいる人に、最初はついていくのが大変かもしれません。

ですが、その世界についていけるようになったとき、気付かなかったことに気づき、生きている世界がガラッと変わるのです。

そんなときに彼氏を見ると、余計に魅力が増えたように感じる、なんていうこともあるのかもしれませんね。

尊敬できる

相手が尊敬できる人間であるというのも大切な要素の一つです。

人間は尊敬できない人と一緒にいると、どこかで相手を見下してしまいます。

ですが、尊敬できるような人間と一緒にいると、自然と相手への好意が芽生えて、相手のことを見下すことなく一緒にいることができるからです。

カップルなら、できれば、お互いに尊敬しあっているというのがベストですね。

お互いにどこか尊敬しあっているので、お互いの意思を尊重して、いつまでも良い関係でいられることができるでしょう。

また、尊敬できるところがあるだけで、少しの欠点には目を瞑れるというメリットもあります。

尊敬できるポイントというのはどこでも良いのです。

例えば、内向的な人なら「彼の社交的な部分に憧れた」「彼のコミュニケーション能力は本当に素晴らしい」というように、尊敬できる部分があるでしょう。

また、「彼は友人に本当に優しい」「努力する姿を尊敬している」「逆境でもめげない姿勢は真似できない」など、

相手の素晴らしい部分で何か尊敬できるところが見つかれば、少しの問題点があってもそれをカバーすることができます。

例えば、「社交的な彼を尊敬している」なら、「友人との約束を優先されることもある」という欠点は見逃せるかもしれません。

自分の気持ちの中に折り合いをつけるためにも、尊敬できるポイントが多いというのは大切なことかもしれませんね。

一緒に成長できる

相手に尊敬できるポイントがあることで素晴らしいのは、一緒に成長できるという点です。

相手に尊敬できる点が見つかったのなら、それに釣り合う人間になろうという気持ちが働くため、人間的に自分も成長することができます。

彼の方も彼女の尊敬するところを見出すことができれば、同じように努力するので、成長することができるでしょう。

お互いに見下しあっているより、一緒に成長して人間的に成熟することができれば、カップルとしては理想的だと言えるのではないでしょうか。

一緒にいるだけで、自分の人間性もあがるならば、「恋愛にうつつを抜かして」とは言われませんね。

足りない部分を補える

お互いに足りない部分を補いあえる関係のカップルなら、彼女も幸せになることができるでしょう。

似た者同士で付き合うこともありますが、カップルの中には凸凹でどうして付き合うことができるのか分からないと思われている人たちもいるでしょう。

意外と、そういうカップルほどうまくいっているのは、お互いに足りない部分を補っていくことができるからです。

彼女の方にルーズなところがあるのなら、それは几帳面な彼氏が補うことができるでしょう。

彼氏の方が落ち込みやすい体質なら、前向きな彼女が励ますことができます。

人間だれしもが欠点を持っていますが、それをお互いに補うことができるのなら、カップルとして問題がありません。

助け、助けられという関係性のカップルなら、一方的に何かしてあげる、一方的に何かしている、という関係にはならずに済むので、一緒にいても楽しいでしょう。

お互い新しい発見や助けられる

お互いの足りない部分を補うことができると、お互いに新しい発見をすることもあります。

例えば、彼氏の足りない部分を補ってあげることで、自分の長所に気づくのです。

また、相手から指摘されることで、実は自分が苦手だったことに気づくかもしれません。

自分という人間や、彼氏の人間性について新しい発見があるという意味でも、お互いに付き合っていて楽しいかもしれませんね。

ネガティブな感情を受け止めてくれる


百点満点の彼氏は、彼女のネガティブな感情でも受け止めてくれます。

彼女が落ち込んでいるときには励ましてくれますし、彼女が悲しんでいるときには、横にいて慰めてくれるでしょう。

彼女が暗い気分になっているときに放置しておくような冷たいことはしないのです。

彼女の気持ちに寄り添ってくれるので、彼女としては大好きな人にそこまでしてもらえるのは嬉しいですよね。

彼女の精神が不安定な時でも側にいてくれるので、「大事な時にあなたがいない」「側にいてほしい時には放っておかれる」というようなことにはなりません。

ネガティブで暗くなってしまっているときでも、逃げ出さずに傍にいてくれるのは、彼女を幸せにしてくれる彼氏の特徴の中でも重要なものでしょう。

安心感を感じられる

彼氏がネガティブな感情を受け止めてくれると、安心した気持ちになることができますよね。

例え世界が敵に回っても、この人がいれば大丈夫だ、とまで思うこともできるのではないでしょうか。

大好きな人が自分の見方でいてくれるというのは、誰にとっても嬉しいものです。

誰に慰められるよりも、彼氏に慰められるのが一番うれしいという人もいます。

時にネガティブな感情を受け止めるのは大変なことですが、それを嫌がらずにしてくれる彼氏には、安心してついていくことができそうですよね。

自己評価を高く見ている


彼女を幸せにしてくれる彼氏は、自己評価が高い人も多いようです。

自己評価が高いというのは、ナルシストだという意味ではありません。

自分の実力を正しく評価している人間であるということです。

上述のように、ネガティブな感情を受け止めるのはとても大変なことです。

自己評価が高い彼氏は、無駄に落ち込むようなことがないので、彼女にネガティブな感情をぶつけることが滅多にありません。

そのため、彼女も付き合っていて負担を感じることがないでしょう。

無駄に自己評価が低い男性では、彼女は常に負の感情を受け止めることになってしまいます。

自己評価が適切であるというのはとても大切な要素です。

物事を前向きに解決できる

自己評価が高い男性は、物事を前向きに考えることもできます。

適度に楽観的だという言い方もできるでしょう。

前向きな人と一緒にいると、物事が明るく感じられます。

不幸せだと思うこともなく、何となく幸せな気分でいることができるでしょう。

前向きな姿勢を常に撮り続けている人の横なら、不安や心配に苛まれることなく、人生を楽な気持ちで生きられるようになるのではないでしょうか。

二人で付き合っていても、それくらいのラフな姿勢でいた方が、気負うことなく付き合っていられるので楽ですね。

大切にしてくれる・したいと思える

彼女のことを大切にしてくれる男性は、大抵、彼女から「最高の彼氏なの」と言われています。

彼女に優しくして、彼女を悲しませることはしない、というのは当たり前のように思えますが、そう簡単にできることではありません。

好きになった人とはいえ、元々は育ちが違う人間が一緒にいるわけですから、無意識に傷つけてしまうことだってあるでしょう。

ですが、「最高の彼氏」は、そういった無意識での行動で彼女を傷つけないように配慮してくれるのです。

その優しさが「最高」だと言われるゆえんです。

こういった彼氏なら、彼女の方としても「彼を大事にしたい」と思えるものですよね。

絆が深まりやすい

彼女を傷つけないように慎重に、優しく振舞ってくれる彼氏となら絆が深まるでしょう。

お互いに大事にしたいと思っているので、お互いへの優しさや愛情が伝わって、そのことが強い絆を作るのです。

強いきずなは二人が付き合い続ける上ではとても大切なものです。

最高の彼氏!ずっと一緒に居たい!

最高の彼氏とお付き合いで来たら何より幸せですよね。

「ずっと死ぬまで一緒にいたい」「幸せにしてほしい」と思うはずです。

ですが、一緒にいるというのは意外と難しいもの。

ダラダラと「愛ではなく情」の状態で関係を続けるのはそう難しくありませんが、

本当にずっと幸せに一緒にいるためには、幸せを享受しているだけの状態ではいけません。

幸せにしてくれるような彼氏を作ったからと言って安心していてはいけないのです。

付き合った彼氏が最高の人だったと思っている人は特に、以下のことについては頭に置いておくことをお勧めします。

関係を維持する努力が必要

好きな相手と両想いになることができたら、その関係を維持する努力をすることが大切です。

彼氏に幸せにしてもらっている実感があるのなら、その努力を彼の方はしているということになるでしょう。

「関係を維持する努力」は、相手のことを幸せにして、ずっと好きでいてもらえるようにすることだからです。

ですが、あなたの方はどうでしょうか。

完璧な彼氏を持ったときにありがちなことですが、相手があまりに幸せにしてくれるので、

ぬるま湯につかった気持ちになって、相手に甘えるばかりになってしまうというようなことが起こります。

相手が幸せにしてくれるので、その気持ちに甘えてばかりいると、相手も幸せだと思い込んでしまいます。

ですが、実際には、相手の方は彼女を幸せにするような努力ばかりしているのに対し、

彼女は全然その努力をしてくれず、結果的に与えるばかりになってしまうことが良くあります。

二人で対等な立場で付き合っているのに、相手ばかりに努力させている状態では、歪んだ関係になってしまっています。

この状態では関係を維持することなどできません。

幸せを感じているのが、彼女側だけだからです。

怠ると別れる原因に

関係を維持することは、何もせずにできるものではありません。

関係を維持する努力をしていないカップルは、すぐに別れが訪れてしまいます。

もしくは、ダラダラと付き合い続けているものの、最初のような気持ちを維持できていない状態になります。

彼氏が百点満点な場合には、彼氏の方は努力をしているので、何もしていないよりは長く関係が続くでしょう。

ですが、彼女側が何も努力をしなかった場合には、彼氏は疲れてしまいます。

彼女が何もしてくれないことに対し、愛情が冷めて行ってしまうかもしれません。

一方的に尽くしているのは辛いことだからです。

関係を維持する努力は、どちらかが怠っただけで別れる原因となってしまいます。

相手に一方的に尽くさせるのではなく、二人で関係を維持する努力をすることが大切です。

相手の気持ちに甘えるばかりになっていては、将来、公開してしまうでしょうから、努力を怠らずに相手を幸せにすることを考えてください。

ラブラブな関係でいるための方法


最高の彼氏とずっとラブラブでいるためには、自分も努力しなければいけないということは上記でご説明しました。

一緒にいるための努力をしなければ、死ぬまで一緒にいるというようなことはできないのです。

それでは、最高の彼氏といつまでもラブラブな関係でいるためには、どのようなことをすれば良いのでしょうか。

幸せで楽しい関係を長く続けるために絶対に知っておいた方が良いいくつかのコツについて、詳しく見てみることにしましょう。

ケンカはその日のうちに解決する

ラブラブな関係でいるためには、ケンカはその日のうちに解決しておくべきです。

長引く喧嘩をすると、仲直りのきっかけをつかみにくくなるからです。

また、ケンカして相手に怒りを感じているときには、相手の欠点が見えやすくなってしまいます。

相手の欠点が良く見える状態で長く過ごしていると、だんだんと愛情も冷めてきてしまうでしょう。

「なぜ、こんなに欠点ある人と付き合っていたのだろう」「もしかしたら、このまま喧嘩したままで別れてしまった方が幸せなのかもしれない」という思考に至ってしまう可能性もあります。

そういったことを起こさないためにも、早めに二人の仲を解決しておくことが大切なのです。

喧嘩をその日のうちに解決してしまうことで、次の日からはぎくしゃくせずに過ごすことができるでしょう。

ただし、喧嘩をその日のうちに解決するというのはそう簡単なことではありません。

特に、意地っ張りな二人がカップルになってしまった場合には、なかなか仲直りなどできないということもあるでしょう。

そのため、付き合い始めのころに、喧嘩した時の二人のルールを作っておくことをお勧めします。

「喧嘩しても一日以内に仲直りする」「怒ったとしても翌日まで長引かせない」というルールをしっかり作っておくことで、

喧嘩をしても「仲直りしなければ」という気持ちになるのです。

冷静になって仲直りするのがルール

仲直りをするときには、しっかりと冷静になることがルールです。

「一日で仲直りをする」というルールをしたから「まだ怒っているけれど仲直りをしておかなければ」というのは危険です。

それくらいなら、きちんと喧嘩をしてしまった方が良いでしょう。

感情的になっているときに仲直りをすると、表面的には仲直りですが、心の中には怒りが溜まった状態になります。

怒りを出せない状態でため込んでいると、自分の気持ちがもやもやとしたまま付き合い続けることになってしまいます。

この状態の時には、相手の些細な言動がイライラするでしょう。

そのイライラは、二人の関係の中で致命傷となるかもしれません。

仲直りするときには、我慢せずに怒りを放出しましょう。

その後で冷静になってから仲直りするのが重要なポイントです。

ケンカで感情を出すのは一瞬だけ

喧嘩で感情的になるのは当たり前です。

人間は怒りを感じると、理性的ではいられません。

感情が高ぶって、相手の気持ちなど考えられなくなってしまうことが多いでしょう。

未来のことなど考えずに、相手を傷つけるようなことばかり言ってしまうかもしれません。

ここで重要なのは、感情的になるのは一瞬だけにするということです。

一瞬、感情的になって怒りを放出したら、その後は自分を収めるのです。

感情は、一気に爆発させてしまうと、頭が冷えます。

そこで自分を宥めて、感情的な自分から理性的な自分に戻すのです。

そうすれば、怒りをため込むこともありませんし、二人の仲を完全に壊すようなことにもなりません。

感情的な自分をしっかりと中に収めるためにも、一瞬だけ怒って、後は冷静になるという態度を心がけましょう。

冷静に話し合うことが大事

仲直りのための話し合いは冷静になって行うことが大切です。

冷静な話し合いでなければ、将来につながりません。

感情的な話し合いは、ただの意見のぶつけ合いになることがほとんどです。

冷静に相手の話を聞くように心がけながら、自分の意見を主張しましょう。

最終的に、自分の意見を通そうとするのではなく、妥協案を考えるような姿勢を取ることが大切です。

嘘や隠し事は絶対にしない


二人で長く付き合っていきたいと思うのなら、嘘や隠し事はいけません。

嘘や隠し事は、相手を信頼していないというサインになってしまいます。

小さな隠し事や嘘なら別に大丈夫でしょう。

例えば甘いものが苦手なのに、「可愛いと思ってもらいたくて片想いの時には平気な振りをしていた」程度なら良いかもしれません。

ですが、大きな嘘や隠し事は、バレたときに相手のショックが大きくなってしまいます。

相手には嘘を吐かないようにすることが大切です。

嘘は、一つ口にすると、その嘘を隠すために10個は嘘を吐かなければいけなくなるとも言われています。

嘘に嘘を重ねているうちに、本当のことを相手に言えなくなってしまいます。

嘘を吐かれていたと分かったとき、重要なことを隠されていたと分かった時のショックは、二人の関係を壊すに十分です。

相手との関係を続けるためにも、絶対に嘘や隠し事はないようにしましょう。

信頼関係を築くことが長続きの秘訣

二人の関係を長く続けるときには、信頼関係を築いていなければいけません。

信頼していない相手と長く関係を持っていると、自分を守るためにしなければいけないことが多すぎて疲れてしまいます。

ずっと一緒にいるためにも「この人には何を話しても大丈夫」「この人とは安心していられる」という関係を築くことが大切なのです。

信頼関係があるからこそ、ずっと恋人同士でいられますし、将来的には結婚をするかもしれません。

その信頼関係を築く障害になるのが嘘や隠し事です。

相手に「一緒にいて安心する」「この人なら大丈夫」と思ってもらうためには、きちんと信頼関係を築くようにしましょう。

コミュニケーションをとる

好きだという気持ちがあるだけでは二人の仲はうまくいきません。

いくら恋人同士でも、エスパーではないので、何もせずに相手のことが分かるというような都合の良いことは起こらないのです。

そのため、コミュニケーションをとるのは何よりも大切なことになります。

相手としっかり話をして、相手が何を考えているのか、自分が何を思っているのかを共有するのです。

また、コミュニケーションをとることは、愛情を深めるうえでも大切です。

相手と自分はいつまでも分かりあっていられるとは思わずに、しっかりとコミュニケーションを取って相手のことを理解するようにしましょう。

そして、愛情が続くように、しっかりと気持ちを共有し合いましょう。

最低1日1回!

相手と物理的に距離が離れている場合でも、最低、1日に1回はコミュニケーションをとることが大切です。

相手を思い、焦がれている間に愛が深まるとありますが、それは違います。

コミュニケーションを取っていなければ、相手への愛情は忘れてしまいます。

人間は相手への愛情を忘れる生き物です。

そうでなければ、浮気をしたり、失恋を忘れるようなことはできません。

相手への愛情を保ち、相手からの愛情を保つためにも、物理的に離れているときを含め、最低でも1日に1回は連絡を取り合うようにしましょう。

ニックネームや名前で呼び合う

ニックネームや名前で呼び合うということも大切です。

相手のことを名前で呼ぶだけで距離が近づいたように感じるものです。

相手とよそよそしい距離を保ったままだと、いつまでも完全に恋人同士として親しくなれたような気がしないでしょう。

特別なニックネームを付けて呼び合うのも良いですし、シンプルに名前を読んでも構いません。

「苗字+さんづけ」と言ったような知り合いの距離感を保つのではなく、お互いに恋人同士であると認識できるような名前で呼んでみると良いでしょう。

仕事で関係があった人と恋人同士になった場合には名前では呼びにくいかもしれませんが、

プライベートと仕事を分けるためにも、名前で呼んで相手との距離を縮めるようにしましょう。

出会った頃の気持ちを忘れないようにする

出会った頃の気持ちを忘れないようにするというのも大切です。

基本的に恋愛は、最初に盛り上がると、その後はどんどん穏やかな恋愛に変わっていくからです。

そこからマンネリと言った状態になり、マンネリから抜け出すことができなければ二人の仲が終わってしまうことになります。

であった頃の気持ちを忘れずに、というのは難しいかもしれませんが、忘れかかっていたのなら思い出す努力はしましょう。

最初のころに二人で行ったデートスポットに行ってみるなどすれば、最初の気持ちを思い出すことができるかもしれません。

最初の熱を維持するのは難しくても、マンネリにならないように努力することは大切です。

彼氏をもっと理解しようと努力する

彼氏のことをもっとよく理解しようとすることも大切です。

最初は、お互いに気を遣って全部を見せていない状態かもしれません。

ですが、関係を長く続けるためには、お互いのことを表面的に知っている状態ではいけません。

彼氏のことをもっとよく理解しようと努力することで、お互いに理解し合っている状態を作ることができ、より、相手への愛情が深まります。

例えば、それまでは興味がなかった彼氏の趣味について勉強してみるなど、相手への理解を示す行動としては色々なものが考えられるでしょう。

踏み込みすぎて彼から嫌がられないようにするなど、ある程度の気遣いは必要ですが、

彼への理解を深めようとする態度を嫌がられることはないのではないでしょうか。

変化を見抜くことがすれ違いを避ける

彼への理解を深めることはもちろん、普段の彼をしっかり見ておくことも重要です。

彼の些細な変化をきちんと見抜いてあげることで「この子は俺のことを分かってくれている」と彼氏が思ってくれるのです。

彼の些細な変化に気づくことができずにスルーしてしまうと、いつの間にか彼氏が違う人のようになっていたということもあるかもしれません。

体調の変化や彼の心境の変化に気づくことで、想いがすれ違ってしまうことを避けられます。

時には、自分から言い出しにくいことで悩むこともあるかもしれません。

そんなときに彼女から聞かれることで、安心して話すことができるものもあるでしょう。

彼の変化を見逃すことがないよう、普段の彼がどんな人であるのかしっかり見ておくことが大切です。

少しの努力で自分も彼氏も幸せを感じられる

最高の彼氏を手に入れた!と思っている人ほど油断はいけません。

良く勘違いされていますが、恋愛は片想いを成就することではありません。

映画や漫画では、彼氏に想いが通じることが一番のヤマとなっているでしょう。

ですが、実際に大事なのは、それから先のこと。

片思いから両思いまで発展して、お付き合いを始めるまでの流れは、いわば前哨戦です。

本当に恋愛を楽しむための本番を前に、戦うことを放棄してはいけません。

彼の気持ちを手に入れるために努力していたことはすっかり忘れて、相手の気持ちの上に胡坐をかいている状態では幸せは長続きしないでしょう。

恋愛は、両想いになってから本番戦です。

彼氏と一緒にいるためには、少しの努力で良いので、必ず努力を続けるようにすることが大切なのです。

彼氏と幸せに過ごすための努力を続けることで、大好きな彼氏にも幸せを感じてもらうことができます。

恋愛は一方的に幸せにしてもらうことが大切なのではなく、一緒に幸せになることが大切なのだということを忘れずに、

いつまでも幸せが続くように自分の態度や行動を見直してみた方が良いかもしれませんね。