彼女のことが大好き!どの年代にも、彼女のことが大好きだという男性は多いと思いますが、表立って表現している人はそんなにいなかったのではないでしょうか。

最近では、人気タレントのぺこ&りゅうちぇるが、彼女大好きカレシカップルの代表格としても、皆さんの目に映っていたのではないでしょうか。

りゅうちぇるのようにテレビの前でも、彼女への愛を全面に出せるタイプの人と、彼女のことが大好きだけれど、人前でイチャつくのは苦手、彼女の前でだけ甘えられるというタイプの人とに分れますよね。

あなたのカレシはどのタイプですか?〇〇男子、〇〇女子というように、色んな呼び方が流行っている今、彼女大好きカレシに多いのは、犬タイプ、つまりは忠犬男子が多いのではないでしょうか。

そんな男性を可愛いと思う女性も多く、上手くいっているカップルが多いのも事実です。

では一体、彼女が大好きなカレシは、どんな行動をすることが多いのでしょうか。

具体的に見ていきましょう!

彼女が可愛過ぎてたまらない!

彼女のことが大好きなカレシは、彼女のことが可愛くてたまりません!これは容姿のことだけではなく、性格から何から彼女の全てが可愛く見え、愛おしいと思うのです。

恋は盲目と言いますよね。

男性同士が集まった時に、彼女のことを褒め合うというのはあまりしないとよく聞きますが、彼女大好きカレシは、自分から自慢することはなくても、否定もしないようです。

本当は彼女のことをみんなに自慢したいところですが、否定されたら嫌だし、寝とられでもしたら大変!自分が好きでたまらない相手のことを否定されたら、頭にきますよね。

それは女性でも男性でも同じです。

食べている時も、寝ている時も、話している時も、彼女の行動全てが可愛くみえ、まるで魔法にかかったみたい!そんな溢れんばかりの彼の気持ちは、まっすぐに彼女へと向かっていきます。

友人の前で言えない分、彼女本人への愛情表現が人一倍強いというところもあります。

本当に彼女が大好きなカレシは多い


口に出して言うタイプと、口には出さずに行動で表すタイプ。

両極端ですが、どちらも彼女のことが大好きなことに違いはありません。

口にだして想いを伝えてくれる彼は、とてもわかりやすく、女性としても気持ちに応えやすいですよね。

また、友達に彼女の好きなところなどを聞かれてすぐに答えられるひとが多いこともあり、惚気とまではいかなくても、自分の気持ちに素直な人が多いですね。

行動で表すタイプは、さりげなく彼女を守ってくれていたり、彼女の好物を買ってきてくれたり、自分の時間を削ってでも彼女に時間を割いたり。

これらの行動で大事なことは、彼自身が苦痛に感じていないということ。

むしろ彼女の為なら喜んでできる!という人が多いのが特徴です。

彼女のことが好きなカレシというのは、周りからみていてもわかりますよね。

彼から放たれているオーラや、彼女に向ける視線が優しかったり、自分から言わなくても、彼女のことが大好きだということが周りにバレていることも多いんですよ。

彼女大好きカレシが見せる10個の行動

では、具体的に彼女が大好きなカレシはどんな行動をするのでしょうか。

「最近カレシの気持ちがよくわからない。」

と悩んでいるそこのあなた!彼からのサインを見逃していませんか?彼女が大好きなカレシは具体的に行動を起こすことが多いようです。

彼の行動を思い返して、自分が愛されていることを再認識してみてはいかがでしょうか。

相手からの愛情が伝われば、自分自身も彼により一層の愛情を注ぐことができそうですよね。

これから先は、10個の項目に分けてカレシの行動を見ていきますが、この項目に当てはまらなかったからと言って、あなたがカレシに大好きだと思われていないということではありません。

「そういえば、こんなことしてくれているなぁ」と彼からの愛情を再確認できるきっかけになれば良いですね。

1、1日何回もLINEをしてくれる


「仕事が忙しくて~。」

「課題が山積みで~。」

これはただの言い訳ですよね。

仕事や課題が忙しいのは百も承知。

時間は作るもの、割くものです。

「LINEをしないからって、愛情がないわけじゃない!」という男性も多いと思います。

ですが、彼女大好きなカレシは、どんな時も彼女を身近に感じていたいし、彼女が望むならLINEだって何通もやり取りするんです。

もちろん自分の生活に支障がでない範囲というのもきちんと見極めています。

毎回重要な内容をLINEでやりとりしているなら、返信するにも時間がかかるのは当たり前かと思いますが、軽い内容に対して何日も返事がなかったりすると、彼女の気持ちがどんどん下がっていってしまうことを、彼女が大好きなカレシは気付けています。

気付けずに別れに発展してしまう人は、彼女への関心が少ないか、面倒だと思ってしまう人。

つまりは相性が良くないということに繋がりますね。

LINEはメールや電話よりも、使用頻度が高いという人も多く、大事な連絡ツールですよね。

愛情を確かめる道具として使われるのも、今の時代ならば納得がいきます。

2、基本的にお姫様扱いをしてくれる

何をするにも、優先順位が彼女第一というカレシも多く、プリンセス扱いしてくれるのは当たり前!車のドアを開けてくれたり、買い物も嫌な顔せずに付き合ってくれたり、ご飯まで作ってくれる彼までいます。

日本だから珍しいと思われがちですが、海外ではレディファーストが当たり前になっていますよね。

海外の男性は女性をプリンセス扱いしてくれるイメージありませんか?大切に大切に扱ってくれるのは女性側からしたら、とても幸せなことですよね。

そんな風に扱ってくれる彼の表情がポイントにもなるのですが、嫌々やっていることはその表情から、相手にも気づかれてしまうものです。

彼女のことを大事に、お姫様扱いしてくれている時の彼の表情はとても穏やかでにこやか。

幸せそのものだという表情をしています。

まるで彼自身も王子様になった気持ちでいるのかもしれませんね。

3、ついついワガママを許しちゃう

可愛い彼女のワガママなんて、なんのこれしき!可愛い彼女にワガママを言ってもらえるのは、彼にとっては甘えてもらえているも同然です。

彼女のことが大好きなカレシは、ワガママを言って、頼ってもらえることに喜びを感じています。

周りからみたら、「そんなことまで頼んじゃうの!?」と思うようなことでさえ、彼女とカレシの間で成り立っているのなら、それが幸せというものなのでしょう。

それに、相手に心を許しているからこそ、女性側も多少のワガママを言ってしまうという部分があると思います。

ただし女性のみなさんは、ここで調子にのってはいけません。

甘えるのと、調子にのるのは別物です。

ワガママを言った後も、感謝の気持ちを忘れずにいることが大事です。

笑顔に繋がらないワガママは叱ってくれる

彼が彼女のワガママに答えるのは、可愛い彼女の笑顔をたくさん見ていたい、彼女に頼りにされたいという気持ちからです。

気をつけなければいけないことは、“笑顔でいる”ということ。

どんなワガママも全て受け止めてくれるわけではありません。

彼が菩薩でない限り。

彼女のワガママで傷つく人がいたり、彼自身、彼女自信が悲しい気持ちになるようなワガママに対しては、彼女の為を思って叱ってくれるでしょう。

ダメなものはダメだと、親のような気持ちで見守ってくれるのも彼の愛情です。

彼女が悪いワガママを言ってそれに乗っかってしまうような男性はNG!それは対等な関係とは言えませんね。

彼女が女王で、彼が召使い。

そんな関係は続きません。

きちんと叱ってくれる彼こそ、大事にすべき存在なのです。

4、身体ごと彼女の方を向く


話しをしている時、ご飯を食べている時など、彼女の話を聞くときは、顔だけではなく、身体ごと彼女の方を向きます。

彼女に対して信頼感がある証拠ともとれますよね。

彼女への意識が頭だけではなく、身体全体であるということも示しています。

相手に身体ごと向けるというのは、相手のことを信用していないとできないですよね。

少しでも警戒心があったり、嫌な気持ちがあれば絶対に身体ごと、向きを変えるということはしないと思います。

また、「しっかりと話を聴いているよ。」

というアピールや、「君の話に興味がある。」

という意思表示もできちゃいます。

信頼度、興味、好意があればこその行動と言えるでしょう。

距離が他人より近い

好きな人に距離を詰められるとドキッとしますよね!そして好きな人のそばにいたら自然と側に寄りたくなるものです。

彼女のことが大好きなカレシの距離感が近くなるのも納得がいきます。

彼女の話に興味がある、彼女のことが可愛くてしかたがない、彼女の側にいたい。

そんな気持ちから、他人よりも距離を詰めがち。

ここでも大事なのが表情です。

無言や仏頂面で距離を詰められてもコワイですよね。

彼女のことが好きな彼は、ニコニコと表情豊かに彼女の話を聴いています。

ニッコリ笑顔で、身体全体をこちらに向けて話す姿は、忠誠心丸出し!笑

5、いつも彼女を喜ばせようとしてくれる

彼女のことが大好きな彼は、彼女のことをしっかりと見ています。

チャンスがあれば喜ばせようと機会を見計らっているものです。

彼女が好きだといった食べ物や、場所などもしっかり覚えているので、サプライズもお手のもの。

大きなサプライズから、日常的なサプライズまで、いつでも彼女のことを喜ばせたいという気持ちでいっぱいです。

好きな曲を流したり、何気なく言ったことを覚えていてくれたり、労わってくれたりと、彼の気遣いを感じると、彼女も嬉しくなること間違いなし!どうしたら彼女に喜んでもらえるか、次のデートまでに考えている彼の姿を想像すると、こっちまで嬉しくなってしまいますよね。

彼女の笑顔を見たい一心


彼女を喜ばせたいという想いが行動になるのは、彼女の笑顔が見れるからです。

大好きな人の笑顔は何度見ても飽きることはありませんよね。

それが自分にだけ向けられるものなら尚更のことです。

彼女のことが大好きな彼は、彼女の反応を何よりも楽しみにしています。

自分が彼女を幸せにしているという実感や、笑顔にできているという事実を噛みしめることを喜びとしています。

その分、彼女の反応が薄くなったり、笑顔がなくなってきたらとても焦ってしまうはずです。

サプライズなどに慣れてしまうと、どうしても反応は薄くなりがちですよね、そこも彼は把握しているので、あらゆる手を使って、彼女の笑顔を見ようと試みてくれるはずです。

無理やり笑顔にしようとしているわけではなく、純粋な気持ちがあってこそなので、とても素敵ですよね。

毎回笑顔にさせたくなるほど、素敵な笑顔を見せてくれる彼女の笑顔がどんなものなのか、私でさえ見てみたくなってしまいます(笑)。

6、わずかな変化にも気付く

彼女のことをよく見ている彼としては、些細な変化にも気付くもの。

髪を切ったことやメイクを変えたことなどに、よく気付く人いますよね。

それは普段から人のことを良く観察していることもありますが、その人自体に興味があるということでもあります。

気付いてもらえた方は嬉しいですよね。

それが誰でも気付くような大きな変化ではなく、小さな変化であればあるほど、自分のことをちゃんと見ていてくれているんだという意識が湧くものです。

彼女が大好きな彼としては、彼女のわずかな変化を見逃したくないという思いも人一倍強いのです。

いつもしっかり目を見て話をしてくれたり、着ている服を褒めてくれたりする彼は、ネイルや、つけまつげを変えたことでさえ気づいてくれます。

彼女の心の変化にも敏感

見た目の変化であれば、久しぶりに会った友人や、職場の人でも気付くことはよくありますよね。

ただ、心の変化というのは親しく接している人でなければわかりづらいものです。

その心の変化を彼女の表情から読み取ったり、それこそ服装の変化から読み取ったりしてくれるのです。

彼女のことを好きだからこそ、心の変化にも敏感に反応します。

ちょっと落ち込んだことがあったときに、電話越しの声でも彼は彼女の変化に気付いてくれます。

そして、そっとしておいてほしい内容なのか、それとも話を聞いてもらいたい内容なのかを見極める力ももっています。

それは彼女への気持ちが強いことと、直結しているからといっても過言ではないはずです。

7、ついつい、愛おしそうにうっとりと彼女を見つめてしまう

彼女のことが大好きなカレシは、常に幸せに満ちた表情をしているのが特徴的。

まるで自分の子供を愛でるように、愛おしそうに見つめています。

その視線というのは、周りから見ている方が、よりわかるかもしれませんね。

彼自身も、彼女のことをそんなにうっとりと見ていることに気づいていないかもしれません。

彼女と話している時はもちろんのこと、彼女が友人と話しているのを遠くから眺めているときも、彼は優しくうっとりと彼女を見つめています。

彼女の話し方、しぐさ、全てが愛おしく思えて見つめてしまうのです。

彼からしたら、彼女の存在自体が天使のようなものなのでしょう。

8、彼女の事を話したがる

自慢、惚気と言ってしまうと、聞こえが悪いかもしれませんが、彼女のことが大好きなカレシは、彼女の話を周りの人に話したがります。

女性同士だと、お互いのカレシのことを話したりしますが(たいていの場合は愚痴になることが多いのですが)、男性の場合は自分から彼女のことを話す傾向にありませんよね。

「聞かれたら答えるけど、自分から話すことでもないしな。」

という意見が多いと思います。

しかし、彼女のことが大好きだという男性は、彼女の良いところ、彼女がいかに素敵であるかを多くの人に知ってほしいのです。

それでいて、自分もそんな彼女に釣り合うべく努力していることを認めてほしいという気持ちが大きいのでしょう。

「お似合いだよね。」

もしくは、「お前にはもったいないよ(笑)。」

くらいのノリで対応されることを幸せに感じているはず。

彼にとって、自慢の彼女を褒められることは、自分も褒めれるに等しく、最高の瞬間を味わえているわけです。

9、友達に紹介したがる

女性の方から、「〇〇(カレシ)の友達を紹介して。」

や、「親に紹介して。」

というのはなかなか言いづらいところがありますよね。

友達に、彼女を紹介したがるのは、自分の彼女を認めてほしいことが大きく関係しています。

そして真剣な交際であることを、周りにアピールすることにも大いに繋がります。

男性同士の飲み会は、女子会と同じように結束が固く、誰かが彼女を連れてくると、いつもしていた話ができなくなるなどの理由で嫌がられることが多くあります。

そんな場所に彼女を同伴させたがるのは、よっぽどの自信があるか、今後も顔出しさせる可能性があるということを示唆します。

言うなれば、結婚を考えているくらい真剣で、大好きだということですね。

遊び半分で付き合っていたり、自分に何かやましい気持ちがある場合は、友達に紹介することを避けたがるはず。

ましてや彼自身から友達に紹介したいと言い出した場合は、その真剣度は本物でしょう。

また親友だけでなく、いろんな繋がりの友人達に紹介するとなれば、一気に交際宣言ができますし、「俺の彼女」アピールにも繋がりますね。

一緒に居る口実作りでもある

一度友達に紹介してしまえば、彼女であることが知れ渡りますよね。

そうすると色んな場面に彼女同伴で行くことも不自然ではなくなり、彼女と過ごす時間が増えるわけです。

彼女が大好きなカレシは、色んな風景、場所を彼女と共有したいと考えています。

一度友人に紹介してしまえば、それも可能になってくるのです。

彼女を男同士の飲み会に誘ったとしても、「知らない人だらけだし、邪魔になりそうだから辞めておく。」

と言う可能性がありますよね。

でも幅広く友人に紹介しておけば、知らない人だらけではなくなり、友人公認の“〇〇の彼女”という肩書きになり、彼としても彼女を連れまわすことができるわけです。

もちろん、彼としては楽しい時間を共有したいという思いが強いのでしょう。

おそらく、女性側から「友達に紹介してよ。」

と言った時とは、その後の対応に雲泥の差があることでしょう。

10、彼女のタイプになろうと努力する


目の中に入れてもいたくない程可愛い彼女に自分はふさわしいのだろうか…。

そう思う男性もいることでしょう。

友人に紹介すると張り切ってみたはいいものの、自分はどうなのだろう。

彼女と不釣り合いだなんて囁かれたくはない。

彼女がいつも自分の側で可愛くいてくれるお返しとして、自分磨きを頑張っている男性が多くいます。

女性にも多いと思いますが、相手が好きな芸能人の髪型やメイクをマネしてみたことはありませんか?男性も、彼女のタイプに近づこうと髪型を変えてみたり、服装に気を付けたりもしています。

急に服装の系統が変わったなという友人は周りにいませんか?そんな時は、気になる相手ができたか、彼女の好きな人のタイプに近づこうとしている可能性大!です。

相応しい男になる努力を欠かさない

彼女のタイプになるには、見た目もとても大事ですが、中身も大事ですよね。

彼女を守ってあげたい気持ちから、身体を鍛えようと努力をする人もいますし、清潔感を出そうと、エステに通う男性だっています。

今まで付き合いのなかったグループと交流をしてみたり、自分の価値観を広げるためにも、いろんな活動に参加してみたり。

行動を起こせば、性格だって変えることができますし、人に優しくなれたり、気持ちが前向きになったりもしますよね。

努力をすることは自分の実にもなるので、決して後悔することはないでしょう。

素敵な男性になれば、それだけ彼女にもっと惚れてもらえる可能性があるのですから。

自分で自分のアピールポイントを増やすことは、彼女にだけでなく、多くの人からの信頼をも獲得することに繋がるでしょう。

彼女が好き過ぎてモヤモヤする事も…

彼女のことが大好きが故に、モヤモヤすることも多いのが現実。

好き過ぎて苦しい、好き過ぎて悲しい。

という感情はドラマや小説の中だけではありません。

こうした気持ちを表にだしてしまうと、女々しくみられてしまうのが男性にとっては辛いことろですね。

また、好きな気持ちが過剰になりすぎてしまうと、彼女との温度差も気を付けなければなりません。

恋愛は一人でするものではなく、相手があってこそのものです。

大好きな相手ならなおさら、自分のことをどれくらい好きでいてくれているのか、自分と同じくらい好きでいるのか気になるところですよね。

魅力的な彼女であればある分だけ悩み事はつきません。

その悩みは男性も女性も同じようです。

浮気してないか心配

まず気になって仕方がないのが、相手の浮気の心配です。

べたべたに惚れていても、相手がそうだとは限らない。

口では好きと言っていても、実は浮気をしているだなんてよくある話ですよね。

こうしてよくある話だからこそ、好きという気持ちが大きくても不安になる気持ちは変わらないのです。

彼女がモテるタイプであれば、その気持ちは尚更大きくなってしまいます。

そして、彼だけに愛想が良いのではなく、万人受けする彼女であれば、彼の心配も膨らんでいってしまうもの。

そんなところが魅力で大好きなのに、時には心配の種にもなるのですから、悩ましいですよね。

恋人として釣り合っているのか自信がない

「彼女のことを好きだと周りに言ってまわっているが、果たして自分は彼女にふさわしい男なのだろうか…。」

いわゆる美女と野獣状態ですよね。

彼女を立てるといった意味では、美女と野獣カップルもありですし、“外見で選んだんじゃないんだ”と、彼女の評価もあがりそうなものです。

ですが、可愛い彼女とは釣り合っていたいものなのです。

周りから、“美男美女カップル”と噂されるのも嬉しいですし、鼻高々です。

彼女への気持ちが大きい分だけ、彼女と付き合えて幸せという気持ちも大きいものです。

ただその分、自分で良いのだろうか…と思うのも至極当然のこと。

だからこそ浮気されてしまうのではないかと不安に思う男性も多いようです。

好きになり過ぎて心配

好きになり過ぎて心配…。

彼女への自分の思いはちゃんと届いているのだろうか。

気が付くと彼女のことばかり考えてしまう。

女性の方が悩みやすいことかと思いきや、彼女のことが大好きなカレシの心のうちは、恋する乙女と何ら変わりありません。

彼女がいなくなってしまったらどうしよう。

彼女に他に好きな人ができてしまったらどうしよう。

彼女と今日話していたのは誰だろう。

本当に今日は女友達と出かけているの?などなど、例をあげだしたらキリがありませんが、相手のことを好きになり過ぎると、幸せな気持ちと同じくらい、不安な気持ちも生まれてしまいます。

すぐにこのネガティブな気持ちを断ち切ることができれば良いのですが、悩み始めてしまうとどんどん深みにはまってしまいます。

何も手につかなくなる

心配な気持ちが更に進んでいくと、何も手につかなくなってしまいます。

これは恋の病というやつですね。

勉強も、仕事も手につかない。

彼女のことばかり考えてしまう。

その気持ちはよくわかりますが、一人で考えていても何も解決しないんですよね。

そういうときは、友人に相談してみたり、不安に思っていることを彼女に伝えてみることなどが有効です。

あなたの周りに彼女のことで悩んでいる男性がいたら、呆れずに相談に乗ってあげてください。

彼はそれだけでも救われます。

あまりにも考えすぎて病気になってしまったら大変!そうならないためにも、彼自身が自信をもてるように、女性は認めてあげることが大切になってきますね。

返信がないと不安で仕方ない

line依存、メール依存、電話依存、スマホ依存の人多いですよね。

毎日連絡を取っている人は、ちょっとでも返信がないと不安になってしまうもの。

彼女にも依存し、メールにも依存している状態ですね。

片思いの時期を経て、ラブラブな時期に入り、そして倦怠期へと…長く付き合えば必ずといっていいほど倦怠期はやってくるものです。

ただしそのタイミングが、お互い同時期にやってくるとは限りません。

女性の場合、月のうちで何度も性格が変わるといいますよね。

ホルモンバランスによって、人が変わったようになる人もいます。

あなたの周りにもいるのではないでしょうか。

本来は、そういったこともあると事前に話合う機会があるのが理想的ですが、なかなか難しいという人もいると思います。

あまりにも突然返信の回数が減ってしまうとカレシは不安に思ってしまいます。

彼女のことが大好きな彼ならば、事故にあったのでは!?何かあったのかもしれない!とそういった不安も持ちやすいので、彼女は気持ちを汲んで返信してあげることが良いですね。

嫌われたと思ってしまう

彼女に何かあったのでは!?というナイトのように彼女を守るセンサーが働くこともあれば、彼女に嫌われてしまったのかも…。

さっきの返信内容が良くなかったのかな…。

などと、一人で考えこんでしまいまうこともあります。

彼女が大好きなカレシは、彼女への気持ちに対しては大きな自信をもっていますが、不安になると、とことん落ちていきやすいのです。

素っ気なくしたつもりはなくても、彼女の変化も敏感に受け取るので注意が必要です。

付き合いに慣れてくると、素の自分というのが出てくると思いますが、これが今までよりも極端に表れてしまうと、彼は困惑してしまいます。

メールの返信でいえば、絵文字が減った、絵文字がなくなった、返信が短い、返信が遅いということを嫌われたと思い込んでしまう人もいます。

彼女が大好きなカレシは、彼女へのエネルギーが凄いので、エネルギーが切れてしまうと、反動で落ち込みやすいのかもしれませんね。

カレシが愛情を伝えてくれたら、きちんとお返し!愛を伝え合う事が長く付き合える秘訣

彼女が大好きなカレシは、彼女への愛で溢れています。

彼はいくら彼女のことが好きでも、それに彼女が応えてくれなければ、委縮していってしまいます。

彼の愛情の上に、胡坐をかいていてはいけません。

冷たくしてしまうと、彼は“嫌われたのかもしれない、どうしよう”と悩み始めてしまいます。

彼が悩んでいるときは、あなたの出番です。

いつも彼がしてくれていたように、同じことをしてみましょう。

どちらか一方が気持ちを伝えている状況が長く続いてしまうと、途中で必ずエネルギー切れが起きてしまいます。

好きという気持ちを口に出したり、行動に起こしたりすることは簡単なことではないですよね。

普段は気づかなくても、ふとした瞬間や、彼と離れて過ごす日が続いたりすると、彼の愛情に気付くことも多いはずです。

日頃から彼の愛情の深さにちゃんと気づき、感謝の気持ちを忘れずにいましょう。

そして愛情を注いでもらった分だけ、愛をお返しすることが大切です。