CoCoSiA(ココシア)

ロシア人女性の顔や体型に共通する9...(続き4)

日本の言葉で説明するとすれば人形ではなくこけしを想像してもらえばかなり分かりやすいと思います。

マトリョーシカに関しては胴体の部分で上下に分割することができて中には少し小さい人形が入っており、これが何回かに繰り返されて人形の中から人形が出てきて、再び人形が出てくるという様な入れ子構造になっています。

一般的には五個から六個が重なった多重式である場合が多いです。

ちなみに通してマトリョーシカと言う言葉が命名されているのかと考えた時にこの言葉はロシアの女性の名前から来ていると言うことが判明しています。

マトリョーシカと言う人形にはスカーフ姿の若い女性の姿が描かれているのが本来であり、一般的な商品は女性が描かれている場合が多いのですが中庭レーニンをはじめとするロシアやソ連の歴代指導者が描かれたものや動物などの人間以外のものが描かれたものが存在していたりするので様々なマトリョーシカが存在するという認識を持つ必要があります。

必ずしも人形であるという事ではないという事を知ってください。

ボルシチやピロシキ

次にご紹介するロシアの特徴はロシアの食文化です。

それぞれの国に関してはそれぞれの国の食文化が存在している様にロシアにもロシアの食文化が存在しているのです。

例えば私たち日本人からすれば日本の伝統的な食事は和食であり代表する食事としては寿司などが世界的に有名になっていますよね。

それと同じ様にロシアでもロシアを代表する様な料理が存在しておりそれはボルシチやピロシキと呼ばれる料理です。

ロシアの食文化などをあまり知らない方でもボルシチとピロシキに関してはいるがかなり多いと思います。

簡単にご紹介するとボルシチに関してはビーツのスープと考えることができます。

ちなみにボルシチを日本にある料理と比較して考えてみると、日本人の味噌汁の様なポジションになっており、家庭、お店ごとにレシピも味、具なども当然違っており、トマトやケチャップを入れる入れないということやお肉の種類などさまざまな面で個性が出ている料理になります。

色に関しては赤っぽい色になるので若干見た目が刺激的ですが味自体はそこまで曲がないものになっているのですが、余談としてボルシチはロシアの料理ではなくてウクライナ地方の料理として知られています。

日本に関しては島国と言うこともありますので陸続きの国とは違って他の国の料理があまり頻繁には持ち込まれない可能性も高かったので、独自の国の食文化が築かれていますが他の国を考えてみると陸続きになっていると他の国の料理が流入してくるということは普通に考えるとおかしくはないことですよね。

ちなみにピロシキに関してはロシアを代表する料理でありピロシキはパンとして分類することが出来ます。

しかし、普通のパンではなく、中身に色々な物が入っています。

例えばいわゆるおかずとしてのパンであれば中身は肉や魚、キノコ、キャベツ、ジャガイモなどが入っており、おやつならりんとやジャムなどが入っています。

ホテルの朝食ビュッフェなどでも出されることが多く、人気の国食となっています。

コサックダンス

次にご紹介するロシアの特徴はコサックダンスです。

この特徴も知っている方が多いと思いますがコサックダンスは伝統舞踊の1つとして知られています。

しかし、この点も間違って認識されがちなのですが、コサックダンスは厳密にはロシアの踊りではなくウクライナの踊りなのです。

なぜコサックダンスが流行ったのかといいますと、もともとはウクライナ地方に侵攻してきたモンゴル軍の武術を受け入れて、それをもとにしていろいろな変化が加わって現在の形に定まっております。

ちなみにコサックダンスは私たちが呼んでいる名前であり、本来はホパークという言葉が存在しています。

元々は労務者の仕事を求めて集まってきたコサックに対して足腰の強さを確かめるために踊らさことも含まれていることからコサックダンスと呼ばれる様になっています。

ちなみにコサックという言葉の意味はウクライナと南ロシアなどの生活していた軍事的共同体、もしくはその一員を指し示す言葉です。

コサックダンス自体は知っている人も多いと思いますが、座りながら片方の脚を交互に出していくような踊りであり、座った状態で続ける為、ある程度体力と下半身の筋力が求められるダンスです。

️憧れのロシア美女の美しさ

今回はロシアの美少女の特徴についてご紹介していきました。

そもそも人種が違うという事や文化なども違うという事もあり、同じ人間でもまったく違い見た目をしているという事がお分かりいただけたと思います。

外見の関して憧れを抱いている方やコンプレックスを持っている方は願い叶うならロシアの美女に生まれ変わりたいと思っている方も多いと思いますが、人それぞれの良さがありますし、外見がすべてではありません。

しかし、美しさを追い求めるのは女性であれば当然の事です。

生まれ持った物で勝負し、工夫できる部分は取り入れて、自分なりに美しさを追い求めることが大切です。

自分なりにどうすれば綺麗になれるのかという事を考えて、自分だからこそ出来る工夫を行ってみてください。