皆さんの周りにはきっと色んな性格や気質を持つ方がいらっしゃると思います。

日々さまざまな人と出会う中でいちばん気を遣うのは、他人とどのように関わるか、つまり人間関係でしょう。

学校の友達、ご近所や親戚付き合い、職場で一緒に働く人たち、恋人や家族など、毎日どんな場面でも他の人と関わるシーンが出てくるものです。

自分の性格にとっても合う人だけだったらそんなに気疲れなんてしないものですけど、こればっかりはそうもいきませんよね。

時にはえっ?!と驚かされるような人に出会うこともあります。

たとえば、“自分本位な人”は苦手だ、という方も多いことでしょう。

ここでは“自分本位な人”の特徴を取り上げていきます。

あれ?これ自分に当てはまるかも?…と感じる方もいらっしゃるかもしれませんし、身近にこういう人いる!と思って、もっと気楽な気持ちでそうした人と関わったり、付き合えるようになるかもしれません。

自分本位って結局ダメなの?

“自分本位”と聞くと、どうしてもマイナスなイメージばかり思いついちゃいますよね。

自分本位な人とはやっぱり関わるのはちょっと面倒、と感じてしまうかもしれません。

さほど親しく関わらない程度の人なら別に支障はありませんが、友人とか家族とか恋人とか、さらに職場で一緒に仕事をしなければならない人だとしたらなおさらのこと、イライラしたり、がっかりさせられたり、しんどくなってしまう事があります。

でも実は、自分本位であることはマイナス面ばかりではないんです。

だからそうした自分本位な人を完全否定するんではなくて、プラスの面も理解するようにすると、ちょっとその人のことが好きになってくるかもしれません♪

自分本位とは?

まず“自分本位”とはどういうことをいうのか、考えてみましょう。

字だけを見てみると、「自分が判断や行動を取る時の基本となる」ということですから、いわゆる自分中心に物事を考える、自分勝手な人…ということになるでしょうか。

人と合わせようとしない人、協調性のない人、人の意見をまったく聞こうとしない人、自分さえ良ければよい的な人、なんでも人のせいにする人、ちょっとした事ですぐ怒ったり泣いたりする人などなど、ちょっと自分勝手なんじゃない?と思ってしまうような人は意外に周りにも結構いるものです。

実際にはどんな意味や使い方で“自分本位”という言葉が用いられているんでしょうか、自分本位と似通った意味で用いられる他の類義語なんかについてもまとめてみました☆

意味

「自分本位」というワードの意味をネットの辞書で調べてみると、他に「自己本位」とも呼ばれ、「自分を中心とした物事の考え方。自己中心的なあり方」となっていました。

他人のことを気に掛けずに自分の事しか考えていないさま、ともなっています。

他人との関わりにおいてはマイナス面を結構持つ性格や生き方なのかな、という気はしますが、ある意味自分をよく知っていて、自分のことを大切にできて、自分の意思を強く持っている人でもあるのかな、と言葉の意味からはとらえてみました。

使い方

どんな場面で「自分本位」というワードが使われることがあるでしょうか。

たとえば、「あの人は自分本位に物事を運ぶ人だよね」とか、何か嫌味のような言われたくない言葉を躊躇なく言ってくる人や、モラルに欠けた言動をする人に対して、「あの人は本当に自分本位なんだから…」と使うことがあるかもしれません。

でも、もっと分かりやすい言葉はないでしょうか。

四字熟語でとらえると、何だか複雑で分かりづらいですよね。

自分本位である、ということと似た意味を持つ言葉をまとめてみたいと思います。

まったく同じ意味を持っているわけではないものもあるとは思いますが、自分本位という言葉の意味をとらえるのに役立つと思いますよ。

類義語

「自分本位」を別の違う言い方で置き換えてみると何となくニュアンスが伝わってくるでしょう。

自己本位の類義語や同義語を調べてみるとさまざまな用語が出てきます。

分かりやすいもので言うと、“自己中心的(ジコチュー)”、“自分勝手で他人の都合を考えない”、”わがまま”、“身勝手”、“相手を思いやらず突っ走る”、“配慮に欠ける”、“思いやりがない”、“利己的”、といった類義語があります。

“身の程知らず”とか“身の程をわきまえない”といった類語もありました☆

こうやって類義語を見ていくだけでも「自分本位」について何となくイメージが膨らんでいきますね。

ではさらに、この類義語の意味や特徴となる言動についても考えていきたいと思います。

さらにこの「自分本位」について分かってくるのではないかと思います。

全部取り上げることはできないので、代表的な類義語として、「利己的」「わがまま」「自己中」の3つを取り上げていってみることにします。

利己的

“利己的”な人というのは、自分の利益になる事だけを追求する人のことを言います。

しかし、人は誰でも、多かれ少なかれ自分の利益になる事を求めようとする傾向を持っているのではないでしょうか。

ではどこからは利己的である、と言われ、どこまではそう思われないのでしょうか。

いわゆる度合いというか、バランスが関係してくるのではないのかと思いますが、自分さえ良ければ、自分にとっての都合さえ良ければ、他人がどうなろうとまったく構わない、と極端に他の人の利益のことは顧みようとしない人は、やっぱり“利己的”な人、ととらえられてしまうでしょう。

利己的な人は、自分が周りで関わる人の益や得となることに関心がないので、信用を得られなくなるかもしれません。

ビジネスにおいては特に、人と人同士の信頼関係で成り立つことも多いので、利己的に行動しようとする人は結果的に難が自分に降りかかってくる事にもなりかねないでしょう。

また利己的な考え方をする人は「自分の意見がいちばん正しい」という見方を持つ傾向があります。

ということは他人の意見や考えを取り入れようとしなかったり、たとえ自分が間違っていたことが分かったとしてもそれを認めようとせず、言い訳をしたり嘘をついたり、逆に人のせいにして責任転嫁してしまう傾向がある、ということです。

もし自分に少しそうした傾向があると気付いたなら、自分の利益だけでなく、他の人の立場に立って考えられるように改善するなら、さらにバランスの取れた人間へと成長していけるに違いありません。

わがまま

未熟な子供や若者の自分勝手な言動に対して「あなたはわがままだよ」とよく使いますが、いわゆる「何が何でも自分の思った通りの結果にならないと気が済まない」、そういう人を“わがまま”ととらえるかもしれませんね。

わがままな人をどこまで許容できるか、というのは個々の人の考え方や度量によっても異なってくると思いますが、自分の願いや欲求を、周りからどう思われるかなんてまったく気にせず、わがままに奔放に言える人ってある意味うらやましいな~と感じることもあります。

自由に言いたいことを発言したり、やりたい事をそのまま実行できるなんてなかなか勇気が出ないものです。

つまり、わがままな言動はすべてマイナス面に働くわけではなく、上手に使えば、かわいいな~と許されたり認められるようにもなれば、逆に絶対にこんな人とは付き合いたくないと思われてしまう事にもなるのかもしれません。

自己中

正確には「自己中心的」と言いますが、「自己中」「ジコチュー」なんてよく使われる言葉です。

その言葉の通り、自分が物事の中心となって物事を考える人のことを言います。

今考えている「自分本位」もまったく同じ意味を持っていましたから、自分本位と同列にとらえて良い類語でしょう。

自己中な人は自己愛傾向がとても強いので、自分の事だけ一方的に話してみたり、他人から間違いを指摘されたらすぐに怒ってまったく耳を傾けようとしなかったり、自分を良く見せるために他人を悪く言ってみたり、自分のルールだけで行動しようとしたりする傾向があります。

つまり、他の人の気持ちなんてお構いなしだ、ということです。

他の人を思いやる感情や気配りを持ち合わせていませんし、人からどう思われているのか、どのように評価されているのかなんて気にしません。

まあ、自分はいつも楽しいわけですから、ある意味いちばん幸せな人ですよね(笑)

【自己中な人の特徴については、こちらの記事もチェック!】

自分本位な人の特徴

さて「利己的」「わがまま」「自己中」という3つの類義語でそれぞれの特徴を考えてきました。

そうするとおのずと、「自分本位」な人の特徴も見えてくるのではないでしょうか。

ではここからは自分本位な人がどんな行動を取るのか、いくつかの特徴を見ていきたいと思います。

自分に当てはまるところがあることに気づくかもしれませんし、身近なところに似た人がいると感じるかもしれませんよ☆

非協力的

自分本位に物事をとらえるという事は、自分の意見や考えが中心となっていて、自分の利益を優先させるというわけですから、もちろん他人の利益や得なんて関心がありません。

という事は誰かの得や益のために協力をしよう、なんて気持ちを持つこともないのです。

たとえばビジネスにおいて、誰か他の人の益のために動いて協力するとすれば、自分のエネルギーや時間が奪われるという不利益を被り、何の得にもならない、と自分本位な人は考えてしまいます。

でも実際はどんな場面においても、他の人の利益のために協力することで、その時は自分にとっては何の得にもならないと思えたとしても、あとから自分にもその益は帰ってきて、他人の協力を得られることになるので、結果自分の利益にはプラスに働くんですよね。

逆に人のために協力をしようとしない、自己中心的な生き方や考え方は、それがのちのち自分にも帰ってくるわけで、トータル的に考えると不利益な結果になりかねない、ということを自分本位に考える人は思いに留めておくと良いのかもしれません。

平気で遅刻してくる

いくら言っても絶対に時間を守れないで、遅刻してくる人っていますよね。

もちろん誰も完ぺきではないので、時には寝坊してしまって遅刻してしまう事は誰にでもあります。

でもいつも遅刻してくる時間にルーズな人は、遅刻したことを悪いと思っていないところに問題があります。

他人を待たせることに慣れてしまっているんですね。

やはりそういった行動の根本にある考え方は、自分の都合を優先させていることにあると言えるかもしれません。

自分が遅刻することで周りがどんな不利益を被るか、どんな気持ちになるのか、ということを思いやることができないわけです。

そうした事を考えることのできる人は、たとえ正当な理由で時間に遅れてきたとしても、誠実な気持ちで謝り、次にまた同じような結果にならないようによく計画を立てようと改善を図るはずです。

日々のさまざまな活動の計画性がない、という事と、自分に甘い、という自己本位な気持ちが根本にある原因と言えるでしょう。

小さいことで怒る

自分本位な人の特徴として、ちょっとしたささいな事でキレたり怒る、という特徴があります。

それはやはり、自分本位な人はわがままであったり、自分が良いと思う方向に物事が動かないと気が済まないので、自分の思うようにいかない事に怒ってしまうのかもしれません。

そして怒ったりキレて見せることで、自分の意見を通したいと思っており、実際にその方法でうまくいくと、ずっとそのやり方で他人の感情を動かそうとしてしまいます。

家族の中では特に、こういったわがまなで自己中心的なやり方をしてしまう傾向が出てくるかもしれません。

たとえば自分の子供がもし、ささいな事でキレて、物事を通そうとする傾向があるとしたら、子供が自己中心的で、やりたい放題のわがままな人間になってしまわないように、親としてそれを簡単に許してしまう事が絶対にないようにして、他人の感情や気持ちを汲み取ることのできる大人へと成長できるように、教えていきたいものです。

面倒くさいことを押し付ける

自分本位に生きている人は、自分が大変だと感じることからは逃げようとする傾向があります。

だから、面倒くさいことはすべて他人に上手に押し付けて、自分は楽な事だけやろうとするのです。

自分がそれをやらないことで、他の誰かが大変な思いをするとか、苦労をするかもしれない、ということを考えられる人は、人にばかり押し付けないで自分の分は果たそうとするのだと思いますが、自分本位に考える人は基本的に自分が嫌だと思うことはしたくないわけですから、他人がどう思うかなんてまったく気にも留めませんし、頭にも浮かばないのです。

自分だけ利益を受ける

自分本位な人は、自分だけがうまくいって利益を受ければよいと考えて行動するわけですし、自分の願いや希望を満足させる結果になるように動くわけですから、周りがどういった悪影響を受けるかは別として、当人は非常に幸せな気持ちになれるのでしょう。

でも相手の感情を無視した、自己中心的で利己的なやり方は絶対にいつかうまくいかなくなります。

信頼や信用も得られませんし、大切な人たちが自分の周りから離れていき、結局は自分にすべて帰ってくる結果となるでしょう。

都合がいい時だけ参加

自分に甘く、自分の都合やその時の気持ちを優先させて行動する、自分本位な人は約束に対しても不誠実な行動を取ってしまう事があるかもしれません。

一緒に遊ぶ約束をしていたり、時には大切な予定を立てて計画していたとしても、面倒に感じたり、そこにいる自分の利益が思い浮かばない時には、ドタキャンをしたり、遅刻をして来たり、別の日に日程をずらしてみたり…と自分の都合の良いように物事を変えようとする、自分勝手な傾向が見られることがあります。

クレームを言う

クレーマーと呼ばれる人は年々増加していると言われています。

本当に正当な理由があってクレームを述べる人とはまったく違うのです。

自分の気持ちを満足させるためにクレームを言う人、あるいは自分の意見だけが正しいと思い込んでいる人は、基本的に他人の意見はまったく聞き入れません。

「自分にはとっても甘く、他人にはとっても厳しい」ので、ちょっとしたことにでもケチを付けたくなるのです。

クレームを誰に対しても述べる人は、そうした言動が他人にどのような影響を与えるか、どれだけ気分を害させたり傷付けるのか、さらにはその場の雰囲気を壊してしまうのか、そうしたことを考える思いやりや配慮ができません。

現代のクレーマー気質の人が多いのは、自分本位で自己中心的な人が増えてきた結果と言えるのかもしれませんね。

自慢話が多い

自分本位の人は自己愛傾向が強いと先に取り上げました。

自己愛が強いという事は、自分の自慢もいっぱいあるわけですし、それを他の人にも知ってほしいと思うので、とにかく自慢話を続けます。

誰か他の人が褒められようものならすぐさま、「でも私は(僕は)もっとこうだ」とすぐに自分の話に切り替えようとすることもあるでしょう。

何とかして自分を認めてもらいたい、自分のスキルや能力を評価してもらいたい、という欲求の表れとも言えます。

いつも自分が話題の中心にいたいですし、他の人が苦笑交じりでそれを聞いていることにもまったく気づきません。

コミュニケーション能力や、対人関係を築く能力が少し欠けているのかも知れません。

自分大好き

自慢話をすることにもつながる部分だと思いますが、自分本位な人は「自分のことが大好き」です。

それは決して悪い事ではありませんし、自分を大切にしたり受け入れることができたり、自身を肯定するこの「自己愛傾向」は大切な分野でもあります。

でも、自分の事だけが好きで、他人の評価を認められなくなってしまう、いわゆる「ナルシスト」のようなところまでいくと、ちょっと変わってきます。

それは他の人の気持ちを配慮することができなくなってしまうので、やはり自己中心的な人として見られてしまうでしょう。

さらに、あまりに自分大好きで自己愛傾向だけが強すぎる人は、周りの人を愛したり、大切にすることができなくなってしまいます。

やはり対人関係に影響してくることでしょう。

打算的

打算的であるとは、自分の損得だけを考えて行動したり、人間関係を築こうとする傾向を持つことです。

だから、いつでもこれは自分にとってプラスに働くか、マイナスになるかだけを考えてしまいます。

そうすると人によって態度を変えてみたり、平気で他の人の信用を裏切る言動を取ってみたり、見返りを期待したりするわけです。

その時は良いかもしれませんが、そうした打算的な言動はすぐに周りに伝わりますし、信頼や人望を築いていくことは決してできないでしょう。

つまり、先々のことを見据えて考えると、打算的な人は自分にとって損な結果になってしまうということなのです。

自分優先

「自分を優先する」という考え方は必ずしも間違っているわけではなく、むしろ大切になってくる時があります。

自分はとってもしんどい思い苦しい思いまでしても、他の人を優先させようとする人もいますが、それによって自身のアイデンティティや感情が失われてしまう人もいます。

だから、自分の気持ちを大切にして、自分を優先させることが非常に重要になってくることもあるのです。

でもそれがバランスにかけていて、「周りの事なんて全然気にせず、いつでも自分のしたいようにやる」となるとまた話は変わってきます。

それはわがままで、自分中心の考え方しかできない、自分本位な人と見られてしまうのです。

社会にはそれぞれルールがあり、家庭でも学校でも、職場でも地域においても、そのルールに沿ってみなが行動することで秩序は保たれています。

でも自分優先になりすぎる傾向のある人は、自分で勝手に独自のルールを設け、人と違うことをしていてもそれを別に悪い事とは感じません。

自分優先な人と付き合うと振り回されてしまうことにもなりかねません。

自分優先な人は、自分が嫌だと思ったら途中でも、あるいは突然にキャンセルをしたり、その場からいなくなってしまうことがあります

そうした自分勝手な言動は、やはり周りとの良い関係を築いていくことはできないでしょう。

人のせいにする

自己愛が強く、自分本位に考えたり行動する人は自分の間違いを認めることができません。

むしろすべてを他の人のせいにすることで、自分を納得させたり、自分の自尊心を保とうとする場合があります。

何でも失敗や間違いを人のせいにして、その人の評判や評価を落とすことで、自分の評価を上げたいと思ってそのような行動を取る人もいます。

やはりそこには、自分が良ければ他の人がどう思おうと構わない、他の人が嫌な思いをしたり傷ついていることに気づかない、自分勝手で利己的な思考が表れていると感じます。

自分本位がメリットにもなる!

ここまで、自分本位な人の特徴をいくつか考えてきました。

総合的にまとめてみると、自分本位な人は自分勝手で、わがままで、自己中心的で、一方的に自分の考えや気持ちを押し付けてきて、こちらの思いや気持を汲み取ろうとはしないコミュニケーション能力に欠けた人で、正直言ってあまり深い関わりを持ちたいとは思わない人…と感じてしまうような特徴ばかりでした。

自分がこうした自分本位な人と思われないように、ちょっと思い当たる節があるところを改善しようと思った方もいらっしゃるかもしれません。

でも自分本位であることは決してマイナス面ばかりではありません。

それがメリットになる事もあるんです。

次は自分本位がメリットになる場合についてもいくつか取り上げていきたいと思います。

自分の意見を持っている

自分本位であるなら、自分の感情や気持ちにとても正直です。

そして自分の意見もはっきり持っていて、それを自信をもって述べることができます。

人の意見に左右されて、考え方がぶれてしまうことはありません。

日本人は特に右習えの傾向が強いところを持っているので、多数派の意見に流されてしまって、結局は自分を見失ってしまうこともあります。

だから、自分の意見を強く持っていて、それをうまく周りに伝えられるようになれば、たとえば会社において、そういった「信念を貫き通す」姿勢が評価されて、さらに上を目指していけることにもなります。

もちろん意見を通そうとするなら、そこに結果が必ず付いてくる必要はありますが。

いずれにしても他人に流されない、という点で自分本位はメリットとなることがあるのです。

他人のわがままを理解できる

自分本位な人は自己中心的でわがままである、と先に取り上げました。

わがままな人は自分の願いや欲求を、周りからどう思われるかなんてまったく気にせず、自分のしたいように奔放に行ないます。

でもそうした人は、自分と同じようにしたいようにやっている人のことをとやかく言いません。

なぜなら他人の気持ちはまったく顧みないからです(笑)

自分もやりたいようにやっているんだから、他の人もやりたいようにやればいいんじゃないの?という感じで、他人のわがままも理解できて、容認してあげられるんですね。

ある意味で許容範囲が広い、おおらかな人とも言えるのが自分本位のメリットといえそうです。

ありのままの自分でいられる

「わがまま」という言葉は「我がまま」と書きます。

つまり、「我が(自分が)思うまま」ということです。

ということは、自分本位で“我がまま”に生きている人は、自分らしく、ありのままでいることができているということです。

これは現代のストレス社会においては大切なことかもしれません。

自分を見失わず、いつもどこにいても、変わらずありのままの自分でいられたら、ストレスを感じることなく毎日を楽しく過ごせるからです。

「ありのままの自分でいい」という言葉が、あるアニメ映画で大流行しましたが(笑)、自分の生き方や考え方をきちんと受け入れることができる人は、自分自身を肯定して認めてあげることができる幸せな人と言えるのかもしれません。

他人に流されない

自分本位に生きる人は、自己の世界観を確立しています、それが他人にどういった影響を与えるかは別にしても、その人自身は他人からどう思われるか、ということを気にし過ぎることがありません。

自分のポリシーや、物事への一貫性というものがはっきりしています。

他人からどう思われるかを気にし過ぎる人は、周りの意見に振り回されて、結局八方美人だと思われたり、自分では何一つ決められない優柔不断人間になってしまうことがあります。

ですから、しっかりと自分の考えをもって、芯がはっきりした人間になる事もとても大切な事なのです。

マイペースで、決して他の人の考えや意見に流されることなく、常に自分の気持ちや考えを大切にして生きられる事は、自分本位な人のメリットであると言えます。

会社などの組織の上に立つような人の中には、こうした自分本位であることを大切にしている人も多いのかもしれません。

たとえ周りの人すべてを敵に回したとしても自分のポリシーを貫く強さがある人は、どんなに批判されても、孤立したとしても、そうした逆境を逆境とも思わずに突き進んで、自分の正しいと思うことを行なえるのでしょう。

自分で判断できる

他人に流されないことにも関係してくる点ですが、自己本位な人は常に自分の考えが基準になるので、自分が正しいと思うことを自分自身で判断して行動することができます。

その考えや行動が正しいか間違っているかは別にしても、自分の考えをしっかり持つことはとても大切ですし、判断する能力も非常に重要です。

判断するスキルに欠けている人は、すぐに他人に頼ってしまう傾向があります。

また、周りにあっという間に流されてしまうので、すぐに誘惑に負けてしまって、自分が今は何をすべきなのかということを見失ってしまう原因にもなりかねません。

自分自身のことだけを考えて、自分はどうすべきなのか、どうしたいのかをしっかり見据えて判断できるというのは、人生を歩んでいく中でもとても重要なメリットになると言えそうです。

自分本位は言い換えればメリットにもなる!(まとめ)

こうして考えてみると、自己本位という特徴は、とらえ方や見方によってだいぶ変わってくるように感じます。

マイナスな面も結構持ち合わせていますが、プラス面を考えると、いつでも自分らしくありのままでいられるという生き方は、幸せな生き方なのかもしれませんし、メリットにもなる分野がたくさんあると考えることができます。

ご自分の身近なところで、自分本位な人がいることに気づくなら、そのすべてを否定するのではなくて、良さをとらえてあげられるような思考に変えてみると、実は結構気があったり、分かりあえる部分も出てくるかもしれませんよ。

また、自分が自分本位な部分が出て、周りに嫌な思いや迷惑をかけてしまっていることがないか、自身を見つめ直してみるのも大切なことといえます。

もし、自分のしていることが周りに嫌な思いや気分にさせていることに気づいたなら、自分だけ良ければ他人からどう思われても構わない、と考えるのではなく、相手のことも考えて、少し自分を調整してみることも大事なことです。

そうしたほうが、後々になって自分の利益へと回って戻ってくることになるので、結果必ず自分のためになるに違いありません。