「箱入り娘」という言葉を聞いたことがありますか?
最近はあまり使わなくなりつつありますが…箱入り娘とはいわゆる「お嬢様」的な意味で使うことが多く、男性の中には箱入り娘に好印象を抱く人も多いですね。

しかしその逆で、世間知らずのわがままな女性に対して悪い意味で使われることもあります。

ではそんな箱入り娘と付き合うとどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?
今回は箱入り娘の特徴と共にご紹介したいと思います。

️箱入り娘の10の特徴

なぜ「箱入り娘」というネーミングになったのかというと、それは江戸時代にさかのぼります。

大切なものを保管したり輸送する時には必ず箱に入れるという習慣がありましたが、それと同じく家の中で大切に育てられた娘ということでこのような名前が付けられました。

家が裕福


必ずしもそうとは限りませんが、「箱入り娘」に属する女性は比較的経済的な余裕がある家庭で育った場合が多いです。

裕福な家で育つとあまり苦労する機会がありません。

欲しいモノがあれば大抵は手に入りますし、自分から「欲しい」と言わなくても買ってもらえる場合もあるでしょう。

もちろん裕福であっても常識を身に付けたいという教育方針からあまりモノを買い与えないという家庭もありますが、誕生日のプレゼントとして、また何かの条件をクリアすることで手に入れることができたりするので、結果的にほとんどのモノは手に入れることができます。

しかし経済的に厳しい環境で育った場合は、どんなにテストで頑張っても、かけっこで1等になっても、誕生日であっても買ってもらえないという経験をします。

この違いは人格形成において、良くも悪くも大きく影響を与えますが、金銭感覚の違いは恋愛にも大きく影響するので、箱入り娘の場合はなかなか金銭感覚が合うパートナーに出会えないというのが現実です。

品がある

箱入り娘である以上甘やかされていると同時に、どこに出しても恥ずかしくないような躾がしっかりとされています。

食事のマナーや食べ方がキレイだと、やはり品性を感じますよね。

食事だけではなく、人前でメイクをしたり足を広げて座ったりという下品な行動に抵抗があるはずです。

「品」というのは意識的な所作ではなく、身体に染みついているので無意識にそうなってしまうモノですが、その点箱入り娘はハズレ無く品があると言えるでしょう。

おとなしめ

箱入り娘は性格的に穏やかな女性が多く、恋愛に対しても肉食系女子はまずいません。

両親から大切に育てられただけあって、あまり自分からガツガツする必要がなかったのでしょう。

発言も少なく、自分の意見をズバッと言えるタイプも少ないです。

クラスでも目立つタイプの女子ではなく、休み時間も席に座って読書をしているような物静かな女子だったに違いありません。

ただし箱入り娘の中にも性格的に強めで攻撃的な女性がいますが、その場合は少々わがままなタイプになる可能性が高く、女王様のように扱われないと気に入らないという厄介な女性になる可能性もあります。

良い服を着ている

良い服というのは「センス」が良いいう意味ではなく「素材」や「仕立て」が良い服ということです。

昔に比べて最近はプチプラファッションが主流ですが、箱入り娘は値段など気にする必要がなく、着心地やデザイン性が高いことを優先します。

大抵の場合は子供の頃から親が服を決める場合が多く、お気に入りのブランドがあるので、買い物と言えばそのお店に行って勧められた服を買うというパターンが多いでしょう。

もちろんお店側もお得意様に変な商品を勧めるわけにはいかないので、流行りのデザインや良い素材を使っている商品を勧めるので、当然高そうな良い服を着ることになります。

さらに究極の箱入り娘となれば着るモノは全てオーダーメイドという場合もあります。

生地からデザインから自分に合った洋服を作ってもらっているので、ひと目で「高そう!」という服を着ている場合もあるでしょう。

門限がある


箱入り娘に門限は付き物です。

しかも年齢の割に早い時間設定である場合が多いです。

女子大生ともなれば友達との付き合いやサークルの飲み会などもあるので、早くても門限は10時というのが平均的ですが、箱入り娘の場合は9時が限度で、中にはまさかの6時という人もいます。

そもそも「夕飯は家で食べる」という暗黙の了解があるので、基本的に暗くなったら家に帰るというのが習慣になっています。

しかし箱入り娘は特に文句を言うことなく、それが苦になることも無いので、実際は門限など無くても学校や仕事が終わったらサッサと家に帰るのでしょうね。

この「門限問題」は箱入り娘の恋愛にも大きく関係する問題です。

付き合う相手によっては両親が門限制度を廃止してくれるかもしれませんし、逆にもっと門限の時間が早まるかもしれません。

お嬢様学校出身

どこの地域にも「お嬢様学校」と言われる学校はあります。

大抵は中高一貫教育だったり、幼稚園からそのままエスカレーター式に上がっていけるので、厳しい受験戦争を経験することがありません。

そのかわり幼稚園や小学校での受験を経験するのですが、これは自分自身の努力というよりも親の教育による影響が強いので、いかに素直に親の言うことを聞く子供だったかということがわかります。

お嬢様学校と言えば女子高が多いですが、女子高育ちの女性は男性に対しての免疫がないので、ちょっと嫌な部分を見ただけで嫌いになってしまったり、逆に悪い男につかまってしまったりする傾向が強いです。

しかし箱入り娘の場合はそもそも両親から男性との接触を制限されている場合が多いので、恋愛での失敗は意外に少ないという特徴もあります。

天然

箱入り娘は世間知らずのお嬢様が多く、おまけにおっとりしているのでどうしても天然イメージは強くなります。

小さい頃から周りが全てケアしてくれていたので、急ぐ必要も無く、自分で苦労をしてないかを成し遂げる必要も無く、ましてや腹の立つ出来事なども無い環境で育てば、世間一般的に天然だと思われるような女性になるのも仕方がないかもしれませんね。

天然の女性は同性からはあまり人気がありませんが、男性からは「守ってあげたくなる」という印象が強くよくモテます。

それを熟知している女性はわざと天然な女性を演じて周りから敬遠される場合がありますが、箱入り娘の場合は計算づくの「天然キャラ」ではなく「筋金入りの天然」なのでボロが出る心配もないでしょう。

育ちの良さが垣間見える

箱入り娘は自分のことをお金持ちや上品だという意識がないので、あえて人前でそのように振る舞うこともありません。

しかし箱入り娘のような品があるお金持ちのお嬢様に憧れている女性もいます。

彼女たちは「いかにも!」というブランド品をこれ見よがしに身に付けて、お金の匂いがするところには必ず顔を出します。

育ちの良さはそういった違いに出るモノで、本物の箱入り娘はお金に興味など無く、フェイクの箱入り娘達のように羽振りの良いIT社長に群がるような育ちの悪さを露呈することはまずありえないでしょう。

親への連絡が多い

箱入り娘の親は心配性です。

というか、心配性な親の元で育つから箱入り娘のなるのです。

自分の娘が外で何をしているかが心配なのはもちろん、困っているのではないか?何か犯罪に巻き込まれているのではないか?と常に娘のことが心配なので、家に居ない時は頻繁に連絡を要求します。

普通だったらそんな親に反発して無視をするところですが、箱入り娘は反抗期を迎えることもなく素直に親の言うことに従うので、逐一親に電話連絡をするのも苦になりません。

たとえデートの時でも親に連絡を欠かさない女性もいますが、それが習慣となってしまっているので仕方がないのでしょうね。

恋愛経験が少ない

ご紹介したような箱入り娘の特徴を考慮すれば薄々お気づきとは思いますが…箱入り娘に恋愛は難しいと思われます。

まず第一に親の監視が厳しい中での恋愛が成立するのか?という問題があります。

目の中に入れても痛くない自分の娘のことを安心して任せることができるような、真面目で品行方正な男性なら認めてもらえるかもしれませんが、そのハードルはかなり高いです。

またデートに付いてきたり、尾行をするといったエスカレートした行動に出る親は実際にいるようなので、男性からも普通に恋愛するのが難しい相手だと思われてしまう傾向があります。

さらに箱入り娘の多くは思春期の頃に恋愛ができるような環境ではなかったので、男性とのコミュニケーションの取り方がよくわかっていません。

気になっていても自分からアプローチすることができないので、片想いのまま終わる可能性が高いでしょう。

️最近では珍しい箱入り娘

そんな箱入り娘ですが、昔に比べると随分と減り今では希少価値さえ感じます。

時代の流れと共に親世代の育った環境や考え方が変わってきているので、昔のように自分の子どもに執着したり、甘やかしたりする親は減りました。

自分の意見が尊重される自由な時代に育った親世代は、自分の子どもに対しても束縛をすることはなく自立を促すような育て方をする傾向が高まっています。

つまり「箱入り娘?そんなんじゃ自立できないし、将来自分が困るだけでしょ」というのが親の意見であり、決して放置をしているわけではありません。

また昔のように専業主婦が当たり前だった時代ではなく、母親も仕事を持ちながら子育てをすることで箱入り娘として育てたくても不可能になったという背景も考えられます。

️箱入り娘と付き合っていていいこと

では男性から見て箱入り娘と恋愛をするのはどうでしょう?
箱入り娘の特徴を知ってそれぞれ思うことはあるでしょうが…まずは箱入り娘と付き合っていいポイントをご紹介します。

純粋ないい子

親の愛情をひしひしと感じながら育った箱入り娘は、間違いなく人を疑うことなど知らず純粋で素直な女性に育ちます。

恋愛慣れしている女性に比べて、どんな些細なことでも喜んでくれるという点では男性にとって可愛らしい彼女だと思えるのではないでしょうか。

また良い意味で「簡単に騙せる」というのも箱入り娘ならではです。

男性の言うことを疑うことがないので、たとえ他の女性と浮気をしていたり二股をかけていても、ボロが出てバレるというシチュエーションになりにくいと言えます。

しかし実はそんな箱入り娘と付き合っているうちに「こんなに純粋な彼女を騙すのが申し訳ない…」という気持ちになり、真剣なお付き合いに発展するケースも多いですね。

【純粋な人については、こちらの記事もチェック!】

しっかりしている

箱入り娘は天然なイメージが強いですが、発言や行動は天然であっても実は芯がしっかりしているのです。

それは親の躾がしっかりしていた証拠で、人前での立ち振る舞いや食事のマナーなどからわかります。

大切に育てられてきたというのは甘やかされてばかりいたという意味ではなく、一般常識として外に出ても恥ずかしくないような女性になるような教育を受けてきたという意味です。

それは大人になってから学んだところで身に付くモノではなく、やはり子供の頃からの躾によって無意識のうちに身に付いているのです。

また門限がしっかりと決められている環境で育った箱入り娘は、時間に対する観念もしっかりしています。

時間だけではなく規律を守るのが当たり前になっているので、何に関してもルーズな面がないので、だらしない彼氏でも嫌がらずに面倒をよく見てくれるしっかりとした彼女になるケースも多々あるでしょう。

愛情が深い

親からのわかりやすい愛情を受けて育ってきた箱入り娘は、自分自身も愛情にあふれた人物になります。

それは当然友達や彼氏に対しても向けられるので、彼女からのわかりやすい愛情を深く感じる恋愛生活になるでしょう。

愛されて育った人はその喜びを知っているので、好きな人には同じような喜びを感じてもらいたいと思い、できる限りの愛情を注ぎます。

中にはそれが「やり過ぎ」と感じる男性もいるようですが…男性も母親の愛情を感じながら育った人が多く、基本的には皆マザコンと言われているので、母親と同じくらい自分のことを愛してくれる女性との恋愛が心地よいと感じるはずです。

浮気の心配がない

女性の浮気が当たり前となりつつある世の中ですが、箱入り娘に関してはそんな心配は無用です。

親からの手厚い躾の中には貞操観念についても触れられているはずなので、しっかりと教え込まれています。

箱入り娘の頭の中には「好きな男性がいるにもかかわらず他の男性と…」なんて考えはまずあり得ません。

また男性は過去の恋愛に嫉妬をしたり、どんな男性と付き合ってきたのかが気になる生き物ですが、箱入り娘の場合は恋愛に必ず親からの厳しいチェックが入るので、派手に遊んでいたなどという過去は無く、中には一度も恋愛をしたことがない女性もいるでしょう。

男性は自覚していなくてもどこかで処女性を重要視する一面を持っているので、箱入り娘のように恋愛経験が少なく、浮気の心配も皆無という女性とは安心して恋愛することができると言えます。

マナーが身についている

自分の友達や上司に彼女を紹介する場合、やはりきちんとした言葉使いや食事のマナーが身に付いている女性の方が鼻が高いですよね。

その点箱入り娘はパーフェクトです。

会話のチョイスや箸の持ち方にいたるまで、完璧なマナーが身に付いています。

そもそもマナーは短い間に習得できるモノではなく、幼いころからの積み重ねによって身に付くモノなので、人前だけで装ってみてもボロが出てしまいます。

箱入り娘に関してはそんな心配がないので、自分の親に紹介する時も躊躇する必要がないでしょう。

また箱入り娘の家庭ではきっと昔ながらの「父親を尊敬し感謝する」という背景があり、父親を立てる母親を見て育ったので、男性を立てるというマナーも身に付いています。

彼氏にしてみれば頼りにされているというプレッシャーを感じるものの、それが仕事を頑張るモチベーションにつながって良い結果になるというメリットもおおいにあるはずです。

約束を守る

厳格な家庭で育った箱入り娘は、子供の頃から親との約束事が沢山ありました。

「嘘はつかない」「勉強をする」といった基本的な約束事項の他にも、その家庭独自のルールが決められて、それを忠実に守っていました。

そんな箱入り娘にとって「約束」は守るためにあるもので、破るなんてことははなから頭にありません。

親から決められた約束をきちんと守ってきた箱入り娘は、彼氏からの要求も受け入れる柔軟性を持っています。

それは決して自分の考えがないというわけではなく、他人の考えも受け入れる柔軟性を持ち合わせているということなので、例えば何かの原因で衝突した場合でも話し合いで解決することができるのです。

彼女を自分色に染めたいタイプの男性にとっては、我が強くない箱入り娘との相性が良さそうですね。

プレゼントが豪華

金銭感覚は育った環境によって決まりますが、箱入り娘の場合は親から経済的な愛情もかけてもらっていたので、少々金銭感覚がズレている場合もあります。

間違っても「節約」や「ケチ」という言葉とは無縁で、大切な人のプレゼントとなれば金額など関係なく本人が必ず喜ぶプレゼントを用意してくれます。

結婚を見据えられる

草食男子というジャンルの男性が現れるなど、恋愛に関して積極的な男性が減少しつつありますが、結婚相手に求める条件はあまり変化がありません。

大体の男性は楽しく恋愛をするなら派手目の女性、結婚するならおとなしい大和撫子タイプという理想を持っているようで、箱入り娘はまさに結婚相手としては申し分ない相手となります。

親の教育方針として女性としての身だしなみは一通り身に付けるために、料理教室に通ったりしながら花嫁修業を行っているので「結婚するなら料理の上手い人」という男性がよく言う結婚の条件もクリアしています。

さらに男性のことを尊敬して三歩下がってついて来てくれるような奥ゆかしさも持ち合わせているので、男性が憧れる理想の奥さん像に近いと言えます。

️箱入り娘とつきあっていて悪いこと

さて箱入り娘と付き合う場合のメリットを沢山知っていただきましたが、良い所もあれば悪い所があるが普通です。

恋愛は相性が大切ですが、果たして箱入り娘は自分に合うのかどうか、デメリットを知ったうえで考えてみてください。

お泊まりができない

社会人ともなれば恋愛は本人同士のペースで進んでいくものなので、それなりの恋愛期間を過ごしたら当然お泊りデートをする日もあるでしょう。

しかし箱入り娘とのお泊りデートとなれば、かなりハードルが高くなります。

まずはお泊りの前に門限があることを忘れないでください。

さらにご両親からの印象を良くするには、門限よりも若干早めに送り届けるのが鉄則となります。

しかも本人がイヤイヤ門限を守っているというわけではなく、当然のように時間になったら帰るので、男性からしたら「本当に俺のことが好きなんだろうか?」と不安になるばかりです。

これではいつまでたっても二人で朝を迎える楽しいお泊りデートなどできないので、男性的にはそれが不満となり良い関係を築くことができないパターンも考えられます。

送り迎えの手間

箱入り娘とデートする場合は、基本的に送り迎えをするのが暗黙の了解となっています。

学生の頃から親が送り迎えをしてくれる機会が多かったので、車でのデートの場合は多少家が遠くても、時には自分の家の方が近い場所からでも家まで送り届ける必要があります。

車の場合はまだわかりますが、電車で帰る場合も駅でバイバイというわけにはいかないのが面倒臭いという意見も多くあります。

最寄駅から一人で家に帰るのも一般的には普通のことですが、暗い時間に駅から1人で歩いて帰るということが箱入り娘にとっては日常ではないので、家まで送り届けてからまた一人で駅に戻り自宅に帰るという手間が苦にならないという人なら問題ないでしょう。

世間知らずなところがある

箱入り娘が天然で世間知らずなのは仕方がないことなので、付き合うなら理解を示してあげるしかありません。

明らかに世間とズレている場合は彼氏として注意してあげるのも良いですが、責めたところですぐに治るわけではないですし、諭したところで「そもそも何がいけないのか?」が理解できていないので、確率的には改善できる方が低いでしょう。

そんな箱入り娘の世間知らずなところをチャームポイントとして受け入れることができる寛容な心の持ち主であれば相性はピッタリです。

しかし治る見込みがないと言うことを考慮すれば、その都度イラッとしているようではいい関係が長く続くわけがないので、良きパートナーになれるとは言えなさそうですね。

金銭感覚の違い

夫婦の場合は金銭感覚の違いが離婚の原因となり得るように、カップルにとっても金銭感覚のズレは致命傷になりかねません。

そもそも金銭感覚というのは子供の頃からの習慣で身に付くモノなので、箱入り娘自身を責めるのは間違いです。

しかし社会人にもなって家に生活費をまったく入れていないどころかおこずかいまでもらっていたり、欲しいモノは親に買ってもらうという生活をしている彼女と、家賃から生活費から全て自分の収入で賄っている彼氏とでは、金銭感覚のずれが生じるのが当然ですよね。

また生活していくうえで必要となる最低限のコストを理解していなかったり、それらを親が払うのが当然の生活をしながらもイマイチありがたみがわかっていない箱入り娘に対しては、ただの「世間知らず」や「天然」では済まされないと感じる男性も多いようです。

遊び方を知らない

箱入り娘はその名前の通り狭い箱の中で大切に育てられたので、男性との付き合い方はもちろん、遊び方もわからない女性が多いです。

そのためガードが固い女性だと思われて、最初から男性に相手にされないというケースもよく見られます。

男性慣れしていればモテるというわけではなく、やはり多少男性経験がある女性の方がスムーズな恋愛ができるというメリットがあります。

ろくにデートもしたことがない箱入り娘は、男性が遊園地に行こうと誘ってもヒールで現れるかもしれませんし、アウトドアデートだというのにハイブランドでキメて現れるかもしれません。

また彼氏とおうちデートを楽しむという感覚もないので、なんとなくギクシャクして落ち着かないデートになってしまうでしょう。

女性を自分色に染めるのが恋愛の醍醐味だと思っている男性にはぴったりの彼女ですが、ほとんどの男性は普通のカップルが楽しむような遊び方を手取り足取り教えるのが面倒だと思うようです。

両親に気を遣う

箱入り娘と恋愛をしていると、常に背後に両親の影を感じます。

それは「二人の関係が上手くいくのもいかないのも両親次第」だというプレッシャーを感じながら付き合うということですが、普通の女性と付き合う時にそんな感情は生まれません。

何かと娘の恋愛に干渉してくる親に対して、箱入り娘はそれを厄介扱いせずに包み隠さず話すので、うまく付き合っていくにはやはり両親にも気に入られないと不可能です。

また子供の頃から何でも親が決めてくれていたので、今さら何もかも自分で決めることなどできず、当然恋愛に関しても自分で決めることができないので何かというと親の名前が出てきます。

さらに付き合い始めてすぐに両親に紹介されるパターンも多いので、男性からすれば重いと感じる場合もあるでしょう。

実際にデートについてくる親もいるようなので、一人の女性と恋愛をしているというより家族ぐるみの付き合いをする恋愛になる傾向が強くなり、彼女の親に気を遣うのが面倒だという男性には厳しいかもしれませんね。

奥手でやきもきする

箱入り娘は一番恋愛を楽しむことができる思春期に、過干渉な親によって男性や恋愛への興味を制限されてしまったため、恋愛に関しては極端に奥手です。

普通なら中学生くらいから異性への興味が出始めて、その淡い恋心が実る場合もありますが、箱入り娘に関しては中学生どころか社会人になって初めてそれと同じような経験をするので、男性とどうやって接して良いのかわからないのです。

良い意味で言えば「男慣れしていない」「浮気の心配がない」と言えますが、あまりにも奥手すぎて思わず「子どもの恋愛じゃあるまいし!」とツッコミたくなる男性が多いです。

️箱入り娘とのお付き合いはちょっと大変?

箱入り娘と付き合う時のメリットとデメリットをご紹介しました。

今の時代には珍しい箱入り娘とお付き合いするのは、やはり普通の女性と付き合うよりも少々努力が必要です。

だからと言って好きになった人がたまたま箱入り娘だった場合、諦める必要はありません。

そんな時に気を付けたいポイントは以下の通りです。

両親への配慮を忘れないこと

箱入り娘とお付き合いをするということは、同時に箱入り娘の両親とも近い関係になるということです。

付き合うことになったらすぐに両親に挨拶に出向いて心配をかけないように挨拶しておけば好印象ですし、自分のことを理解してもらえるきっかけにもなります。

印象が良くなれば両親の恋愛に対する制限も緩くなる可能性がありますし、何よりも手塩にかけて大切に育てた娘を安心して任せてくれるようになるでしょう。

門限は厳守すること

両親への挨拶を済ませたからと言って自分本位の付き合い方ができるというわけではありません。

大好きな彼女とずっと一緒にいたいという気持ちをグッとこらえて、門限までには家に送り届けるのはマストです。

いくら両親から気にいられている彼氏であっても、きちんと約束を守らないとその時点で真逆の印象になってしまうので、今後の付き合いにも影響が出てきます。

良い関係を続けていくためにも、門限だけは死守しましょう。

寛大な心で受け入れる

世間知らずな箱入り娘と一緒にいると、自分とのズレを感じる機会も多々あります。

しかしそこに腹を立てているようでは到底付き合いを続けていくことなど出来ません。

価値観の違いは多かれ少なかれどんな女性との間にも生じるはずですし、本人に非があるわけではありません。

ただ箱入り娘の場合はそのズレが他の女性よりも少々大きいという特徴があるので、二人で十分に話し合ってお互いに歩み寄る姿勢が必要です。

頭ごなしに彼女のことを責め立てるのではなく、あくまでもお互いが良い方向に進むように納得いくまで話し合うことでより絆が深まるでしょう。