CoCoSiA(ココシア)

手をつなぐ前にチェック!相手がキュ...(続き3)

言葉を発することなく、自信をもって手をつなぐ仕草をします。

あなたが男性から、「手、つないで良い?」というセリフを向けられたなら、『私への愛情や信頼感が揺らいでいる』心理状態かも知れないと受けとめてください。

お互いの間に、信頼感に裏打ちされた『好き』関係が出来上がっているなら、手をつなぐためのセリフを必要としません。

手を差し出しながら「はい」

『はい』というセリフは、相手に手をつなぐことを催促する意味が込められています。

お互いの心が信頼感で結ばれているなら、手を差し出すときに、『はい』というセリフは必要ないはずです。

手をつなぐ仕草に催促するセリフを介在させることは、お互いの心に『すき間』があることを物語っています。

お互いの心のすき間を埋めるために言葉で補おうとする心理状態の表れといえます。

『はい』という言葉は、お互いの心をシラけさせることになり、すきま風を吹かせる結果になってしまいます。

手をつなぐときに、『はい』という言葉を必要とするか不要かで、お互いの今後の関係を予感させることになります。

あなたが相手を大切に思っているなら、『はい』というセリフは使わないようにしましょう。

「手を出して」とお願いしてくる

『手を出して』という言葉が男性から発せられたなら、あなたは、この男性から遠ざかることが賢明と言えます。

この言葉は、あなたにお願いしながら自分の気持ちをあなたに押しつける面を持っていることの表れです。

男性があなたの心を顧みることなく一方的に、自分の気持ちをあなたに押しつける性格の持ち主であることを意味しています。

あなたが、このような男性に振り回されないように冷静に対処していくことで、あなた自身を守ることになります。

また一方、『手を出して』というセリフを発することは、自分の生き方に自信のない頼りなさと強引さを同居させた『男』が持つ特徴のひとつと言えます。

あなたは、自分を守ることを第一に考え、『男』の言動に振り回されないように対処する冷静さが求められます。

「こっちこっち!」と手を引っ張る

お互いに信頼感で包まれた関係なら、手をつなぐためにセリフを介在させる必要はないと言えます。

相手の男性が、『こっちこっち!』というセリフとともに、あなたの手を引っ張る仕草をするなら、今後は、男性と距離を置きながら冷静に付き合っていくことが賢明です。

このような男性は、あなたの心への配慮や思いやりを持たない強引な面を持っていると言えます。

手を引っ張られた女性にとっては、快い気持ちはせずに警戒心を抱くことになります。

自然な心の通い合いから手をつなぐ動作に無理なく流れていく関係になっていくことが、あるべき姿です。

お互いに信頼感に包まれた安心感を抱き合える関係をつくることのできる男性を探すべきと言えます。

「はぐれるから」と手をとる

『はぐれるから』というセリフは、手をつなぎたい気持ちを素直に出せない心理状態を表しています。

この心理は、あなたに本心を悟られないようにする警戒心の表れです。

あなたに心を許していないことの表れと言えます。

彼が『はぐれるから』と手を差しのべる仕草が目立つなら、あなたは彼の警戒心をなくしてあげるために、優しい言葉をかけたり、

彼に自信を持たせるような雰囲気をつくってあげることが必要です。

こうした気遣いにより、お互いの間に信頼感が芽生えてきます。

「手をつなぎたい!」と正直に言ってくる

『手をつなぎたい!』と正直に言ってくることは、あなたを心から信頼していることの表われです。

また、自分の心を隠さずに、あなたに向けてくる素直な人柄であることも意味しています。

あなたを信頼しているからこそ、心をオープンにしているといえます。

また、相手が『手をつなぎたい!』と言ってくる理由として、あなたへの思いが強くなってきて、『好き心』がエスカレートしてきていることもあります。

相手はあなたとの会話だけの付き合いに物足りなさを感じはじめていて、

スキンシップを求める心境が強くなり、『手をつなぎたい!』というセリフとして表われたといえます。

あなたも素直な心を相手に向けることで、お互いに無理なく分かり合える関係を快く発展させることができます。

「失礼します!」と言いながらつなぐ

『失礼します!』というセリフは、あなたに警戒して遠慮をし、心を開いていない心理状態を表しています。

あなたよりも気弱な男性に観られる傾向です。

お互いの関係の中で、男性よりも女性であるあなたがリーダーシップをとる場面が多いときに、あなたの気持ちを損ねないようにする男性の心理状態を表しています。

あなたにとって大切な人なら、彼が自然に心を開くように、あなたが持つ優しい面を彼に見せるような仕草で、彼の警戒心を解くようにしましょう。

タイミング編

お互いの関係を大切に育てていく中で、手をつなぐ手指のコミュニケーションの活かし方で、今後の関係が左右されてきます。

会話によるコミュニケーションから、手指のタッチングのコミュニケーションへと一歩踏み出すときのタイミングは、お互いの関係により様々です。

また、お互いに相手の心をどこまで分かり合えているかにより、タイミングの活かし方は違ってきます。

お互いの関係により、タイミングをつかみ易いやすいこともありますし、つかみ難いこともあります。