CoCoSiA(ココシア)

奥さんと呼ぶのは失礼?自分の妻をなんと呼ぶべきかを紹介します


自分の奥さんのことを、何て呼んでいますか?

「奥さん」と、呼ぶことで何か失礼な気持ちになったりしていませんか?

あなた自身、妻のことを「奥さん」と呼ぶことで気をつかっているのかもしれませんが、実はそれは間違った使い方なのかもしれません。

ここでは、そんな自分の妻のことを何と呼ぶべきかを丁寧にご紹介していきます。

これまで、自分の妻のことを「奥さん」と呼んでいた人もこれを機に、奥さんのやり方をしっかり考え、自分の妻に対し正しい呼び方で呼んであげることをおすすめします。

それでは、あなたの奥様に対する呼び方を勉強していきましょう!

自分の妻の呼び方をしっかり決めよう!

「自分の妻の呼び方にどうもしっくりこない!」そんな男性に、妻の呼び方を決めるためのキーワードをいくつかご紹介していきます。

あなたが「しっくりくる」ような妻の呼び方をきちんと決めておく事で、他の人と会話をする時にも困りません。

あなたが、妻の呼び方に自信が無かったり、妻への呼び方が正しいのか不安になるのであれば、妻への呼び方をしっかりと決めておくといいですね。

1.自分の妻の呼び方は?

普段、あなたは「妻」の呼び方をどの様に呼んでいますか?

「妻」の呼び方は、あなたと奥さんの関係性や、お付き合いしていた頃の呼び方をそのまま読んでいる事も考えられます。

このように、「妻」の呼び方一つにも「妻」だけでなく、様々な呼び方がある事が分かります。

あなたが奥さんに対して呼ぶ呼び方は、本当に正しいのでしょうか?そんな疑問をかかえながら、奥さんへの呼び方をチェックしていきましょう。

1.名前のまま

例えば、奥さんの名前が「ひろこさん」だった場合、下の名前で「ひろこ」と呼んだりしていますか?

お付き合いしている時からの呼び方であれば、それが定着してしまう事はよくあります。

また、名前のままで呼ぶ背景には、同い年かまたは年下の奥さんの場合があります。

そのため、名前をそのまま呼んでいるスタイルが定着してしまったのでしょう。

名前のまま呼ぶ場合、周りの人は奥さんの名前を知っていれば直ぐに分かりますが、初対面の人と家庭の話になった場合、奥さんの事を名前で呼ぶ事により、個人情報を伝えてしまっている事にも繋がります。

あなたが、普段何気なく呼ぶ呼び方も、見ず知らずの人からは、貴重な個人情報にも繋がります。

気をつけて、呼び方を考えたいものです。

2.名前に「さん」や「ちゃん」を付けて

また例えますが、奥さんの名前が「ひろこさん」だった場合、下の名前で「ひろこちゃん」や「ひろこさん」または「ひろちゃん」などと呼んだりしていますか?

こちらも、お付き合いしていた頃の呼び方で、非常に仲良しの感じが伺えます。

同い年や年下、または年上の奥さんにしても仲良し感が伝わります。

しかし、こちらも名前で呼ぶ呼び方同様、個人情報に繋がる場合が考えられます。

初対面の人になかなか家庭の話はしないかと思われますが、あなたの事を知りたくて近づいてくる人が居るかもしれません。

初対面の人には出来るだけ名前以外の呼び方をする方がいいのかもしれませんね。

3.独自のあだなで


名前とは全く別の呼び方で、例えば名前が「ひろこさん」だった場合、下の名前で「ひろこ」に絡んだあだなで呼んだりせず、ひろこさん(奥さん)がくまのぷーさんが好きな事から「ぷー」と呼んでいたり…。

確かに仲良し感は伺えますが、会社の人との会話などで「うちのぷーが、寝坊してしまいまして…。」なんて、話をすると周りの人も当然、「うちのぷー?」と、思うわけです。

このように、あなたと奥さんの2人の独自のあだなで呼び合う事で、周りの人からは仲良し夫婦に映りますが、それを会話で使う疑問もされるようですね。

例えば、「ひろこさん」なので「ひーちゃん」とあだなをつけた場合も同じです。

「うちのひーちゃん、お料理が上手くて…。」分かりますよね?

言っている方は、普段の呼び方なので当たり前のようにそのあだなを使いますが、聞いている周りの人からは、少々不思議に聞こえます。

【あだ名については、こちらの記事もチェック!】

4.子供がいるなら「お母さん」

あなたのご家族にお子さんがいらっしゃる場合、子どもに「お母さん」と呼ばせたいためにあなた自身が奥さんに対して「お母さん」と呼んでしまってはいませんか?

また、子どもの口癖で「お母さん」になってしまっている場合も同じです。夫であるあなたが、奥さんの事を「お母さん」と呼んでしまうことで、女性は「お母さん」の役割になってしまいます。

これなら、「お母さん」よりあだなや名前にちゃん付けなどで呼ばれる方が、女性は嬉しいかもしれません。

5.ママと呼ぶことも

「お母さん」発祥の、「ママ」になってしまっている事も考えられます。

「お母さん」も「ママ」も、内容は同じで呼び方が違うだけなのです。

まだ、お母さんの正式な呼び方よりか、ママの方がいくらか可愛い感じに聞こえます。

しかし、いつまでも女性は「女」でいたいものです。