自分の奥さんのことを、何て呼んでいますか?

「奥さん」と、呼ぶことで何か失礼な気持ちになったりしていませんか?

あなた自身、妻のことを「奥さん」と呼ぶことで気をつかっているのかもしれませんが、実はそれは間違った使い方なのかもしれません。

ここでは、そんな自分の妻のことを何と呼ぶべきかを丁寧にご紹介していきます。

これまで、自分の妻のことを「奥さん」と呼んでいた人もこれを機に、奥さんのやり方をしっかり考え、自分の妻に対し正しい呼び方で呼んであげることをおすすめします。

それでは、あなたの奥様に対する呼び方を勉強していきましょう!

自分の妻の呼び方をしっかり決めよう!

「自分の妻の呼び方にどうもしっくりこない!」そんな男性に、妻の呼び方を決めるためのキーワードをいくつかご紹介していきます。

あなたが「しっくりくる」ような妻の呼び方をきちんと決めておく事で、他の人と会話をする時にも困りません。

あなたが、妻の呼び方に自信が無かったり、妻への呼び方が正しいのか不安になるのであれば、妻への呼び方をしっかりと決めておくといいですね。

1.自分の妻の呼び方は?

普段、あなたは「妻」の呼び方をどの様に呼んでいますか?

「妻」の呼び方は、あなたと奥さんの関係性や、お付き合いしていた頃の呼び方をそのまま読んでいる事も考えられます。

このように、「妻」の呼び方一つにも「妻」だけでなく、様々な呼び方がある事が分かります。

あなたが奥さんに対して呼ぶ呼び方は、本当に正しいのでしょうか?そんな疑問をかかえながら、奥さんへの呼び方をチェックしていきましょう。

1.名前のまま

例えば、奥さんの名前が「ひろこさん」だった場合、下の名前で「ひろこ」と呼んだりしていますか?お付き合いしている時からの呼び方であれば、それが定着してしまう事はよくあります。

また、名前のままで呼ぶ背景には、同い年かまたは年下の奥さんの場合があります。

そのため、名前をそのまま呼んでいるスタイルが定着してしまったのでしょう。

名前のまま呼ぶ場合、周りの人は奥さんの名前を知っていれば直ぐに分かりますが、初対面の人と家庭の話になった場合、奥さんの事を名前で呼ぶ事により、個人情報を伝えてしまっている事にも繋がります。

あなたが、普段何気なく呼ぶ呼び方も、見ず知らずの人からは、貴重な個人情報にも繋がります。

気をつけて、呼び方を考えたいものです。

2.名前に「さん」や「ちゃん」を付けて

また例えますが、奥さんの名前が「ひろこさん」だった場合、下の名前で「ひろこちゃん」や「ひろこさん」または「ひろちゃん」などと呼んだりしていますか?

こちらも、お付き合いしていた頃の呼び方で、非常に仲良しの感じが伺えます。

同い年や年下、または年上の奥さんにしても仲良し感が伝わります。

しかし、こちらも名前で呼ぶ呼び方同様、個人情報に繋がる場合が考えられます。

初対面の人になかなか家庭の話はしないかと思われますが、あなたの事を知りたくて近づいてくる人が居るかもしれません。

初対面の人には出来るだけ名前以外の呼び方をする方がいいのかもしれませんね。

3.独自のあだなで


名前とは全く別の呼び方で、例えば名前が「ひろこさん」だった場合、下の名前で「ひろこ」に絡んだあだなで呼んだりせず、ひろこさん(奥さん)がくまのぷーさんが好きな事から「ぷー」と呼んでいたり…。

確かに仲良し感は伺えますが、会社の人との会話などで「うちのぷーが、寝坊してしまいまして…。」なんて、話をすると周りの人も当然、「うちのぷー?」と、思うわけです。

このように、あなたと奥さんの2人の独自のあだなで呼び合う事で、周りの人からは仲良し夫婦に映りますが、それを会話で使う疑問もされるようですね。

例えば、「ひろこさん」なので「ひーちゃん」とあだなをつけた場合も同じです。

「うちのひーちゃん、お料理が上手くて…。」分かりますよね?

言っている方は、普段の呼び方なので当たり前のようにそのあだなを使いますが、聞いている周りの人からは、少々不思議に聞こえます。

【あだ名については、こちらの記事もチェック!】

4.子供がいるなら「お母さん」

あなたのご家族にお子さんがいらっしゃる場合、子どもに「お母さん」と呼ばせたいためにあなた自身が奥さんに対して「お母さん」と呼んでしまってはいませんか?

また、子どもの口癖で「お母さん」になってしまっている場合も同じです。夫であるあなたが、奥さんの事を「お母さん」と呼んでしまうことで、女性は「お母さん」の役割になってしまいます。

これなら、「お母さん」よりあだなや名前にちゃん付けなどで呼ばれる方が、女性は嬉しいかもしれません。

5.ママと呼ぶことも

「お母さん」発祥の、「ママ」になってしまっている事も考えられます。

「お母さん」も「ママ」も、内容は同じで呼び方が違うだけなのです。

まだ、お母さんの正式な呼び方よりか、ママの方がいくらか可愛い感じに聞こえます。

しかし、いつまでも女性は「女」でいたいものです。

いつから、旦那のママやお母さんになってしまったのか…?そんな疑問すら湧いてきそうですね。

このように、旦那さんから「ママ」と呼ばれてしまう事で、ママの役割から逃れられない女性もいるのです。

たまには、お付き合いしていた頃のように、呼び合ってみてもいいのではないでしょうか?さらに夫婦仲も良くなるかもしれません。

6.妻


普段、旦那さんが奥さんに対して「妻」と、呼ぶ事に慣れていなかったり、また奥さんの方も妻と呼ばれる事がない場合、初めは恥ずかしく感じそうですね。

「確かに、私はあなたの妻だけど…。」なんて気持ちになりそうです。

さらに、家庭での会話中に「おい、妻!俺の財布取ってくれる?」なんて、言われればさらに可笑しくて笑ってしまいそうですよね。

このように、家での会話で奥さんに対して「妻」と呼ぶのは少々不思議に聞こえます。

しかし、家から一歩出ればそこは社会になりますので、奥さんの事を話すのに「うちの妻が…。」と、話をするのはいいですよね。

問題なく、すんなり話を聞けそうです。

7.奥さん

こちらも、家庭での会話に登場してきたらおかしい事になりそうな呼び方です。

「奥さん、リモコン取って。」なんて、言われたらよそ行きの会話をしているのか?と、奥さんが聞いたら不思議に感じます。

やはり、「妻」や「奥さん」などは類義語になり、社会向きの使い方になるでしょう。

しかし、奥さんをちょっぴりからかう時などに、「ちょっと、奥さん?」などと言いながら笑わせる事に使うのはいいかもしれません。

要は、普段の家での使い方には向いていないということです。

「奥さん」は、社会向きの使い方になりますが、話相手のパートナーに向けた使い方になりますので、自分の妻に対しては使わないのがいいですね。

8.家内

昔から、呼ばれる「家内」の呼び方は、昭和世代のお父さんがよく使う言葉ではないでしょうか?

社会向きの呼び方ではありますが、あまり現代の人にはあまり向かない呼び方になります。

そのため、「うちの家内が…。」と、上司など目上の方などに話をするときに適した呼び方かもしれません。

「妻」「家内」など、自分の妻の呼び方としては間違いない使い方ですが、会社の先輩や上司、目上の人との会話にはぴったりです。

しかし、家庭向きの呼び方ではありませんので、家庭内で奥さんの事を呼ふ場合、名前やちゃん付け、あだななどで呼んで使い分ける事で上手く使いこなせそうなキーワードになります。

9.嫁

よくあるパターンですが、奥さんの事を「嫁」と呼ぶ方がいますよね?「うちの嫁が〇〇しまして…。」なんて話す話をみみにしたりします。

しかし、「嫁」は旦那さんからみた場合息子と結婚した相手を指します。

そのため、普段何気なく話を聞いているのですが、自分の奥さんに対して「嫁」と、言っていると変な事に気づきます。

このように、嫁と言うキーワードは自分の奥さんに使う言葉ではなく、自分の息子の嫁に使う言葉になります。

そのため、自分の奥さんに対し「嫁」と言うキーワードは向かないキーワードなのかもしれません。

使っていて不自然に感じるキーワードであれば、使わない方がいいでしょう。

10.カミさん

カミさんと言う言葉は、よく年配の方が使っている奥さんの呼び方のイメージがありませんか?そのため、「うちのカミさんが…。」と言うフレーズはよく聞くフレーズになりますよね。

さらに、「うちのカミさんがダイエットしてる。」など、普通に会話を聞いていても何の不思議もないように聞こえます。

会社や職場で「カミさん。」と言うフレーズをよく使う男性も多いのではないでしょうか?しかし意外な落とし穴があるのをご存知でしょうか。

それは後ほどお伝えしていきますのでじっくりと考えてみてください。

11.女房

「女房」と言うキーワードは、こちらも年配の方がよく使うフレーズに感じますよね。

さらに、最近ではあまり聞かないフレーズになってきているのではないでしょうか?

そのため、「うちの女房が…。」などと言う使い方をする人はかなり少ないのではないでしょうか?むしろ聞いたことがないという人も多いかもしれません。

現代で、「女房」と言うキーワードを使う人が減ってきたせいかもしれませんね。

このように、奥さんのことを「女房」と言う人がかなり減ってきているため、あまり世の中に浸透していない言葉になってきてるのかもしれません。

家の中で、自分の奥さんのことを「女房」と呼んでいる旦那さんを見ると、ちょっと昭和な雰囲気を感じる夫婦になりそうですね。

12.相方

「相方」と奥さんのことを呼ぶ旦那さんは、お笑いのような雰囲気の漂うご夫婦のイメージになります。

そのため、最近の若いご夫婦の間でもお互いのことを「相棒」などと呼ぶ人も増えてきているのではないでしょうか?

2人の間で、楽しく使用する言葉にすれば良いのですが、他人や友人、会社の人や社会での言葉としては適しているとは言い難いでしょう。

さらに、「あり方」と言うフレーズは奥さんのことを示さなくてもいい言葉にもなりますので、奥さんに対して失礼にあたる場合もあります。

このように、奥さんのことを「相方」と呼ぶことで、奥さんのことをお笑のように楽しく考えているのかもしれません。

自分の妻を家の外では何と呼ぶべきか

それでは、ここからは具体的に奥さんの読み方について話をまとめていきたいと思います。

自分の端を家の外では何と呼ぶべきかを考えていきたいと思います。

自分の妻のことを間違った呼び方で呼んでしまうことにより、影でクスクス笑われてしまわないよう注意しておきたいところです。

さらに、自分の端を家の外では何と呼ぶべきかをしっかり心得ておくことで、きちんとした人に見られることも考えられます。

言葉遣いが丁寧な人や正しい言葉遣いをする人は誰と接しても感じがよく、またきちんとしているように見える人が多く感じます。

あなたにピッタリな妻の呼び方を探し、適切な言葉を使うようにしてください。

1.「妻」と呼ぶのがベスト

やはり、自分の奥さんのことを「妻」と呼ぶことがベストです。

自分から見て対等になる呼び方にもなりますし、また自分の奥さんのことを「妻」と呼ぶことで、周りから奥さんのことを大切にしているようにも感じます。

奥さんがいる前で「僕の妻」と言うフレーズを言うことにより、奥さんも少々恥ずかしい気持ちになりますが、恥ずかしい気持ちと同時に嬉しい気持ちが湧いてくるのではないでしょうか?

「妻」と呼ばれることで、旦那さんのものになったと言う気持ちにもなりますので、なんだか嬉しくまた恥ずかしい気持ちになりそうです。

そのため、家の外でも自分の奥さんのことを「妻」と呼ぶことで、より奥さんのことを大切に思い適切な話し方をしている旦那さんに見えるのではないでしょうか。

2.「奥さん」は他人の妻の呼び方だからNG

「奥さん」と言う呼び方は、他人の妻へ対する呼び方になりますので、使い方が少々違うようですね。

さらに、「奥さん」と呼ぶことで少し他人のように扱い呼んでいるようにも聞こえてしまいます。

他人から冷たいように感じられるフレーズでもありますので、家の一歩外に出れば「奥さん」と自分の妻のことを呼ばないように気をつけておきましょう。

もちろん、家の中で使う使い方でもありません。

他人の妻に対して「奥さん」と使うようにすることが適切な使い方だと言えるでしょう。

万が一、家の中でも自分の妻のことを「奥さん」と呼んでいる場合、直して呼ぶ方がいいかもしれません。

女性は、名前で呼ばれたり、ちゃん付けやさん付けで呼ばれることも悪くは感じません。

ただ、「奥さん。」になってしまうと少々他人行儀に感じてしまうこともありますので、あまり家の中でも向かない呼び方になるでしょう。

3.「嫁」は夫の両親が呼ぶ呼び方

「嫁」は、実は夫の両親が呼ぶ呼び方になりますので、社会に出て、自分の奥さんのことを「嫁」と呼んでいては少々おかしい雰囲気になってしまいます。

そのため、自分の奥さんのことを「嫁」ではなく「妻」と、呼ぶ呼び方が正しい奥さんの呼び方になるでしょう。

もし、「嫁」と言うフレーズを使いたいのであれば、「うちの嫁さんが…。」などと家の中にいる「嫁」と言うことで奥さんだということがわかります。

しかし、正しい使い方ではありませんので、これを機に「嫁」から「妻」へ呼び方を乗り換えてみてはいかがでしょう?

元は、ぎこちない使い方でも、上手に使ううちに「妻」に慣れていくことでしょう。

4.「家内」は自分の妻を謙遜していう呼び方

「家内」は、自分の端を謙遜して言う呼び方になりますので、ある意味社会で言う呼び方になるのかもしれません。

そのため、先ほどもお伝えしましたように「かない」と言うフレーズを使う場合、自分より目上の人や先輩、上司などに使うといいかもしれません。

しかし、最近の若い人は「家内」と言うようなフレーズも知らないため、なかなか使い方に苦戦してしまうようです。

そのような場合、無理矢理「家内」と呼ぶのではなく、「妻」と奥さんのことを言うことで、全てが解決するのではないでしょうか?

このように、会社や上司、先輩などの前では「家内」や「妻」と呼ぶ事で正しい呼び方をする事が出来るのです。

5.カミさんは職人などの妻の呼び方

「カミさん」と言う呼び方は、職人の人などが使う妻の呼び方の為、職人でもない人が使うには少々意味合いが違う感じに捉えられてしまいます。

そのため、時々「うちのカミさんが…。」と話し出す人がいますが職人などの妻の呼び方と知らないために、使っている人がいると考えられます。

このように、知らな買ったことにより間違えた使い方をしてしまうことが考えられています。

社会人となり、正しい使い方ができないようでは、他のことに関しても知ったかぶりをしていたり、知らずに話をしていることが考えられます。

このように、「カミさん」と使っている人を見ると、間違った使い方をしているな…。

と思えるようになるのかもしれません。

6.女房は少し見下しているニュアンスがあるからNG

では、ここで問題になるのが「女房」と言う言葉になります。

こちらの「女房」と言うキーワードは実は、奥さんのことを見下しているニュアンスがあることをご存知でしょうか?

そのため、最近でも自分の妻の事を「女房」と呼ぶ人はぱったりなくなってきているのです。

最近の、若い人の間で「女房」と言っても理解できない人や、何のこと言ってるかわからない人もいる事でしょう。

さらに、「女房」と言うことで自分より下に見ている言い方になりますので、ぜひ家でも外でも注意して使うようにしたい言葉になります。

しかし、最近はで時代背景により女性が進出してきている時代にもなっています。

そのため、「女房」と言う言葉が死語のようになってきているのかもしれません。

昔の人が「女房」と言う言葉を使っていた背景には男性が社会でしっかりと働き、家のことは全て妻に任せている。

と言ったところから、社会で働いている男性が一番偉いと言う時代から生まれてきた言葉なのではないでしょうか?

他人と話す時や社会生活では

それでは、家以外の人と話すときや社会生活ではどのように自分の奥さんを紹介したり、自分の奥さんの話をしたりすると良いのでしょうか?

ここからは、具体的にそんな他人と話す時に、自分の奥さんの話になった時にどのように自分の奥さんを紹介したり、どのような言葉で奥さんの話をするのがベストなのかをご紹介していきます。

ぜひ以下のことを参考に、あなたが他人と話すときや社会生活の中で奥さんの話をするときに、積極的に正しい奥さんの読み方の使ってみましょう。

1.妻と言って紹介しよう

これまでご紹介してきました通り、「妻」と言って紹介することが1番正しい使い方なのかもしれません。

例えば、「うちの妻が、…。」と言うように、自分の奥さんのことを妻と言って紹介することが正しい使い方なのです。

さらに、「妻」と言ってあなたの奥さんを紹介することにより、より妻として奥さんのことを扱っているように感じたり、温かい家庭のようなイメージにもなったりします。

このように、自分の奥さんのことを「妻」と言って紹介することにより、より仲の良い夫婦を演じることができたり、あなた自身が奥さんに対して、言葉を正しく選んでいることも理解することができるでしょう。

このように、「妻」と他人や社会の人に紹介することで、きちんと奥さんのことを大切にしている旦那さんに見えることもあるようです。

2.家内でもOK

最近の人たちから言わせると、少々古い言葉に聞こえますが、「家内」でも差し支えありません。

そのため、自分の奥さんのことを「うちの家内が〇〇してくれまして…。」などと会話をすることで、きちんとした話し方ができる人だと周りから思われるようです。

また、「か家内」と言う言葉を使うことにより、少々古風なイメージになることも考えられます。

しかし、古風なイメージと言う事は、知的で、割としっかりしているような印象にもつきますので、特に差し支えがなく感じます。

このように、自分の奥さんのことを「妻」や「家内」でも両方使い分けることにより、さらに社会生活での会話が正しく使えるようになるでしょう。

3.その他は使わないこと!

その他の呼び方は、使わない方がいいかもしれません。

また、奥さんのことをあだ名や「相方」など、馬鹿にするような呼び方や、見下したような言い方をしてしまうことにより、あなたの価値を下げてしまうことにつながります。

社会に出て仕事をするためには、やはりそれなりの知識と教養が必要です。

一般常識も含めて、きちんとした言葉遣いや会話ができない人とはなかなか社会に馴染めない人も多いのではないでしょうか?

このように、きちんと話ができる、また会話がきちんとできる人は社会でもきちんと自分の役割を理解し、それをになっていける人物になっているのではないでしょうか。

このように、自分の奥さんの呼び方1つに対しても、間違った使い方をしていることによりその人の評価が下がってしまうことも考えられます。

自分の奥さんだからこそ正しい奥さんの呼び方をすることにより、それが奥さんへの愛にもつながるのではないでしょうか?

呼び方には思い遣りを!

ぜひ、奥さんの呼び方を思いやりを込めて使うようにしてください。

いい加減な気持ちや、奥さんのことを見下したり、感謝しないような旦那さんでは出世する事も難しいかもしれません。

言葉ひとつひとつに愛情込めて、呼び方には思いやりを込めて読むようにしていきましょう。

あなたが、奥さんのことを愛しているように、奥さんの言葉の言い方や正しい奥さんの言葉の使い方をきちんとすることができる事で、奥さんのことを思いやり丁寧な言葉遣いをすることができることにより、より心を込めて思いやりのある呼び方ができるのではないでしょうか?

逆に、奥さんがあなたのことを間違って呼び方で呼んでいたり、いい加減な気持ちであなたのことを話していては、悲しい気持ちになりますよね?

その気持ちと同じように、奥さんのことを大事に思う気持ちがあるのであれば、きちんと思いやりを込めて言葉を使うようにしてください。

1.呼ぶ声のトーンでも気持ちは伝わる

例えば、奥さんのことを呼ぶ声のトーンで気持ちが伝わります。

例えば、高い声なら緊張している声、低い声なら少々怒っている、または気持ちが沈んでいる時などが伺えます。

また、奥さんを呼ぶときに明るいトーンを心がけ奥さんの名前を呼ぶことで、どのようにあなたが奥さんに対して思いをしているのかが分かることでしょう。

位嫌な気持ちで奥さんのことを呼んでも、奥さんはちっとも嬉しくありませんよね。

あなたが、嬉しい時やワクワクした気持ちの時、またドキドキした初恋の時のような気持ちの声で、奥さんを呼ぶことで、あなたのその呼ぶ声のトーンで奥さんに気持ちが伝わることでしょう。

2.呼び方で愛情も分かる

おうちでの呼び方と、社会での呼び方は全く変わります。

そのため、家の中での呼び方が名前にちゃん付けであったり、夫婦2人が仲良くなれるような呼び方を心がけていきましょう。

相手のことを馬鹿にしたようなあだ名や、見下した言い方で相手を呼ぶことにより、相手から愛情を感じられなくなってしまうことが考えられます。

確かに、馬鹿にされている相手に愛情注ぎたいとは思いませんよね?また、愛は与えるものであり、常にもらえるものとは限りません。

あなたが、しっかり奥さんに愛情表現をしてあげることでより、奥さんから愛情を介してもらえるのではないでしょうか?そこのスタンスがずれていることにより、夫婦仲が悪い子夫婦は多いものです。

このように、奥さんに対する呼び方1つで愛情が伝わりわかってしまうのかもしれません。

3.相手が喜ぶ呼び方を選ぼう

社会での奥さんの呼び方は、「妻」や「家内」と言う言い方で良いのですが、家の中では相手が喜ぶ呼び方を選ぶようにしてください。

2人が、お付き合いしているときに呼び合った呼び名で呼びやっているなら、ぜひそれを続けていってくださいね。

例えば、旦那さんの名前が拓哉と奥さんの名前が紘子であれば、「たくちゃん」と「ひろちゃん」と言うあだ名で呼び合う子供素敵ですね。

このように、相手が喜ぶ呼び方を選ぶことで、2人の愛情の深さも感じられることでしょう。

また、相手が嫌がってる呼び方をあえて呼ぶようであれば、まだまだ奥さんに対して愛情が足りないか、奥さんの心を理解できていないかのどちらかになるでしょう。

やはり、2人が仲の良い姿を自分たちの子供が見ることで、その子どもたちも仲のいい夫婦が当たり前の姿だと感じるようになるかもしれません。

4.互いを信頼し続けるために

お互いの呼び方は、とても大切です。

お互いに信頼し愛情を捧げ続けられるために、ぜひ、家の中では素敵な呼び方をお互いにできるよう心がけていきましょう。

また、社会に出ることで正しい奥さんの呼び方を使うことにより、奥さんへの尊敬と愛の表れになるのではないでしょうか。

また、お互いを信頼し続けられるために、相手のことを愛情ある呼び方や愛情ある言い方でお互いのことを呼び合うようにするといいかもしれません。

そうすることで、夫婦はいつまでも仲良くいられる秘訣になるのではないでしょうか。

このように、お互いにお互いを信じ続けられる行為を増やしていくことで、いつまでも仲良く愛し合える夫婦になっていけるのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?あなたの奥さんに対する呼び方にも、様々な意味や呼び方があることをご理解いただけましたでしょうか?

このことを理解しておくことで、奥さんに対する敬意と尊敬が現れまた、奥さんに対する愛の深さが分かります。

やはり、女性は大切に正しく、そして優しく扱われたいと思っているところがあります。

そのため、雑に扱われたり馬鹿にされるような態度をとられていては、愛情も冷めてしまい夫婦仲も良い関係とは言い難い関係になってしまうことでしょう。

夫婦がいつまでも仲良くしていられるためには、家の中では奥さんと仲良くしていられる呼び方でお互い呼び合うこと、家から1歩外に出た社会では奥さんのことを正しい呼び方で呼び、正しい言葉を使い続けることで、素敵な旦那さんになることができるのです。

そんなふうに、愛される奥さんはとても幸せな奥さんだと私は感じます。

また、そのように扱われた奥さんは、旦那さんの愛情をしっかりと感じることができ、またその愛情を旦那さんに返したいと思うことでしょう。