昔と比べて今はグローバルな時代になっています。

例えば、私たちが使っている言葉に関しても大きな変化があります。

今の時代では子どもたちを含めて、社会人として活躍している方も含めてたくさんの方が外国語を使っている事が多いです。

むしろ日常生活において外国語、つまり英語などを使う機会が多くなり、むしろ使えないと不便なくらいにまで英語が浸透してきています。

よくテレビ番組などでも見かけた事がある方も多いと思いますが英語禁止ボウリングなどの番組があったりしますが、たった短いあのボウリングを行っている時間においても私たちがどれほど英語を使っているのかという事が顕著に理解することが出来ると思います。

幼い子供でもどこから習ったのか、OKなどの英語なども簡単に使ったりしていますよね。

それだけ英語がないと成り立たないような時代になっているという事です。

グローバルな時代だからこそ英語が使えないと出来ないような仕事なども多くなっていますし、英語がしゃべれないと採用しないような企業なども多くなっています。

日本の企業でも有名な楽天はTOEICがある程度の基準点に満ちていない人間はそもそも応募自体が出来ないというような事も知られています。

そんな時代だからこそ大企業でなくても中小企業などで活躍するようなビジネスパーソンはビジネス用語などを使ったりする割合がかなり多くなっています。

しかし、人によってはビジネス用語を理解していない人なども存在しているので、そのような場合はうまく意思疎通ができない可能性もあります。

実際に今の時代を考えると多少なりのビジネス用語くらいは理解しておかないと少し不便に感じてしまう可能性があります。

なので今回はビジネス用語をテーマにして、頻繁に使われる可能性のあるビジネス用語をいくつかご紹介していきたいと思います。

️ビジネス用語を覚えておかないと恥をかく

今あなたが在籍している会社ではビジネス用語など普段用いられますか?
おそらくこれは会社によって様々だと思います。

ビジネス用語を普段から対応している会社もあれば全く普段から使わない様な会社も存在するため、こればっかりは自分の会社の環境によって左右される場合が多いです。

しかしながら一生涯同じ仕事を続けていくということは以前と比べてとても少なくなってしまいました。

今の時代は自分の雇用条件を見つめ直し更にステップアップしたいと向上心を持っている方がたくさん存在しているので、さらなるキャリアアップを考えて新しく資格を取得したり、新しい知識や経験を身につけてこれまでよりもさらに待遇の良い会社へ転職する様な方がたくさん存在しています。

この様な時代背景を考えてみると一生涯同じ会社で働き続けるという人は少なくなっていますので、新しく自分が在籍する会社ではビジネス用語を使うということも可能性としては考えられます。

なのでビジネス用語についてはある程度基本的な物は必要でなかったとしても理解しておかなければいざ新しい会社に在籍した時にビジネス用語の理解を求められた時にスムーズに仕事を始めることができない可能性があります。

当然知っていて当たり前というスタンスでその会社の人間は話しかけてきたりすることが考えられます。

さらにビジネス用語も知らないのかと見下されてしまう可能性もありますし、何より恥をかいてしまう可能性があります。

新しい会社で良いスタートを切りたいと思っている方からすればこの様なくだらないことで良いスタートダッシュを切れないというのは悔しいですよね。

なのである程度基本的なビジネス用語については早い段階で学んでおく必要があり、必ずそれはのちのち自分の役に立つ機会が訪れてくれるはずです。

どんどん増えていくビジネス用語


ビジネス用語に関しては以前と比べてどんどんその数は増えていく一方です。

それもそのはずビジネス用語については使ったことがあるからならばわかると思いますが、とても状況を表したりするときに便利なのです。

便利なものが世の中にどんどん浸透していく様に、それは道具に限らず言葉であっても同じことです。

便利なビジネス用語は今後どんどん拡大していくと考えることができ、さらに便利な言葉が新しく生み出される可能性ももちろんあります。

そのようなことを踏まえた時に早い段階で自分的なビジネス用語を知っておくということは大きな自分自身にとってのアドバンテージになってくれるはずです。

少しでも多くの有利になれる武器を身につけておくことによって自分自身の価値を高めて様々な状況に対応することが可能になっていきますので、向上心の高いビジネスマンはある程度ビジネス用語については勉強しておくようにしましょう。

横文字など難しいものも多い

ビジネス用語に関しては基本的に英語を用いられているので横文字で複雑な呼び方や意味を持っているものが多いです。

そもそも英語を勉強していない方からすればその意味すらわからないですし、いきなり会話の中に意味が分からない様な横文字を組み合わせられてしまったら当然理解することができませんよね。

話の内容によってはその前後の文章でそのビジネス用語の意味をある程度推測することが可能だったりする場合はありますが、ときには前ほど内容考えても全く意味が分からない様な言葉も存在する可能性があります。

もしも緊迫した場面でどの様な言葉を組み合わせられて支持を受けた場合、意味を聞き直しにくい雰囲気になってしまったりする事も考えられますので、必ず自分自身が損をしてしまいます。

一番良いのは相手に対して聞き直すことですが、相手に聞き直すことによって基本的な言葉を理解していない人間なのか、というような烙印を押されてしまう可能性もあります、
なので事前に難しい言葉が多いんだということを必ず理解した上で、積極的にビジネス用語については知っておくようにしましょう。

ここでビジネス用語を覚えよう

ビジネス用語については単純に英語の単語を覚えるということとほぼ同じ様な意味合いです。

などで勉強が嫌いな人間からすれば本当に嫌気がさすような行動になってしまうのかもしれませんが、一番大切なのはビジネス用語に関して興味を持つことです。

人間なら誰しも興味があることに関して学ぶのは楽しいことになりますし、興味がないことについては学んでいてもただ眠気覚ましてくるんだけど作業の様に感じてしまいますよね。

なのでまずはビジネス用語がどういった意味があるのかということを興味を持って色々汁用にしてみてください。

たくさんのビジネス用語を見ていくうちにだんだんと様々な言葉の意味が分かってくる様になると言葉の意味を覚えるのが楽しく感じる様になり覚えるのが苦ではなくなってきます。

また普段から英語に対して興味を持つように自分なりに工夫をしてみたりするとビジネス用語に関して思える時に態勢を整えた状態で勉強に励めるようになりますので、自分なりに工夫しながらビジネス用語について学んでみてください。

️ビジネス用語21選


ここまではビジネス用語はどういうものなのかという基本的なことについて簡単にご紹介していきました。

ある程度ビジネス用語の概要について理解いただいたところで、ここからは具体的にビジネス用語についてご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介するビジネス用語が全てというわけではありませんが、どちらかといえばビジネス用語を頻繁に用いる会社では使用頻度の多いビジネス用語をピックアップしてご紹介させて頂きますので、覚える優先順位としては高い言葉がたくさん存在しています。

なのでまずは積極的にこれからご紹介する言葉覚えていただき、ある程度理解いただいた自分なりにその他のビジネス用語を調べて覚えてみるなど向上心を高く持って興味を持っていただくと学習が楽しくなると思いますので、それらを踏まえた上でご紹介するビジネス用語を確認してみてください。

アサイン

次にご紹介するビジネス用語はアサインという言葉です。

アサインという言葉に関しては「人や物に対してしごとや機能を割り当てること」という意味を持っている言葉です。

つまり他の言葉で考えるとすれば人や物に対して何らかの役割を任命することと捉えることが可能になります。

ではこのアサインという言葉を実際に例文にしてご紹介していくと「今度行われるプロジェクトに関してのプロジェクトチームにより知識のある社員を3名ほどアサイン予定となっています」という様な例文で表現することができます。

様々な場面で使用する事が出来る言葉であり、便利な言葉なので早い段階で覚えておくようにしましょう。

アウトソーシング

次にご紹介するビジネス用語はアウトソーシングという言葉です。

アウトソーシングという言葉に関しては今の時代様々な企業で呼ばれる様になりました。

また企業以外でも様々な文献資料であったり、書籍などでもよく見かける様になった言葉であり、この言葉くらいは知っておかないと恥ずかしい思いをしてしまうので必ず覚えておきましょう。

アウトソーシングという言葉は「社内の一定範囲の業務を専門性の高い外部業者に委託すること」というような意味を持っています。

つまりに簡単に一言で言えば外部委託を行うということと全く同じ意味であると考えることができます。

アウトソーシングという言葉を例文に組み込んで見ると「我が社の技術サポートに関しては別の会社にアウトソーシングすることになったので今日からその会社の人間と一緒に働いてもらいます」という様な例文として表現することができます。

全てを自分の会社で行うよりも一部分をアウトソーシングして行う方がはるかに効率が良かったりする場合もありますので、この言葉については知っておかないと恥をかいてしまうのですぐに覚えるようにしてください。

アジェンダ

次にご紹介するビジネス用語はアジェンダという言葉です。

アジェンダという言葉はある程度ビジネスの場面において利用される頻度が高い言葉なのですが、アジェンダという言葉の意味は「会議における検討課題であったり、議題、もしくは議事日程、そしてスケジュール、行動計画日程表などの事」を指し示している言葉として知られています。

少し幅広い意味合いが存在するかもしれませんが、会議に関する内容の事をアジェンダと覚えておけば広い意味で結びつけて理解することができるかもしれませんね。

アジェンダという言葉を例文にしてみると「今から会議を始めますがまずは手元に配られた資料のアジェンダをご覧いただきたいと思います」というような例文で表現することができます。

アライアンス

次にご紹介するビジネス用語はアライアンスという言葉です。

アライアンスという言葉の意味は「同盟、縁組」という言葉の意味を持っています。

つまりビジネスのシーンにおいては異なる立場にある企業同士が利益をより出しやすくするために協力しあったりする体制や経営スタイルのことを指し示している言葉として知られてます。

つまり相乗効果を見込める場合にはアライアンスをした方が絶対的に有利な立場にポジションを移動することができると考えることができます。

アライアンスという言葉を英文にするとすれば「この企業とアライアンスを結んでより今のサービスから質を向上させる必要性がある」と例文に表現することができます。

単純に同盟を組むと言った方が分かりやすかったりもするのですが、ビジネス用語を頻繁に使う企業はかなり多いので、企業の体質という事であきらめて受け入れた方が話は早いので、覚えておきましょう。

インセンティブ

次にご紹介するビジネス用語はインセンティブという言葉です。

インセンティブという言葉は社会人ならある程度ビジネス用語がわからなくても理解している方が多いと思います。

なぜならインセンティブはどちらかといえば私たちにとって関心が高いことである可能性が高いからです。

本来インセンティブは「やる気や意欲を引き出すために外部から与えられる刺激」という言葉の意味を持っています。

つまり私たちが会社にとって関心があることといえば毎月もらっているお給料のことですよね。

たとえば営業なので設定されていることが多いのですが、営業の仕事は売り上げを上げたらあげた分だけ自分に返ってくるのでしっかりと商品をアピールして販売して来いという会社が多いのです。

なのでその見返りを設定する場合にインセンティブという動機づけを行ったりすることが多いことから知られている言葉です。

なのでインセンティブという言葉を例文にして紹介すると「頑張ったら頑張った分だけ固定給に加えて毎月の営業実績に応じたインセンティブをあなた達には支給する予定となっています」というような使い方が可能となります。

イニシアチブ

次にご紹介するビジネス用語はイニシアチブという言葉です。

イニシアチブという言葉の元々の意味は「自発力、率先、主導的」という言葉の意味を持っています。

つまりさまざまな面においてイニシアチブを取得するということはとても大切なことであるという事がお分かりいただけると思います。

ビジネスの場面において主導権を握ったり率先して何かを選択したりすることができるということは大切な事であり、相手に常に先導されてしまうとこちらがつぶされてしまう可能性もあります。

なのでビジネスの場面においては絶対にこちらが取得しておきたい事にはなります。

イニシアチブという言葉を例文として表現する場合「この業界において一刻も早くイニシアチブを握るためにはどうすれば良いのか考える必要性がある」というような例文で用いることが出来ます。

覚えておけば便利な言葉でもありますし、多用する事も出来ますので、率先して覚えておきたいビジネス用語です。

イノベーション

次にご紹介するビジネス用語はイノベーションという言葉です。

イノベーションという言葉に関しては最近世間でもよく耳にする言葉であり、ビジネス用語にあまり詳しくない方でも知っている方はたくさんいると思います。

また小栗旬さんが出演していたテレビドラマにおいても、小栗さんが演じたIT企業の社長が経営している会社の名前がnextinnovationという名前だったので、若い方でも聞き覚えがある様な言葉ではないのでしょうか。

イノベーションという言葉に関しては「革新、一新」というような言葉の意味を持っています。

つまり簡単に言えば技術革新や大きな変化、そして新しい活用法という風な言葉の意味として捉えることができます。

小栗さんが経営していた会社の名前はまさしく次の革新というような意味としてとらえることが出来ます。

イノベーションという言葉を英語にしてみると「今後の世の中においてイノベーションの原動力となり得るものについてはどんなものが存在するのだろうか」という様な言葉で表現することができます。

ビジネス用語の中でも比較的格好良い部類に入る用語でもありますので、この様な言葉をさらっと使いこなすことができれば一人前のビジネスマンとして周りから認識してもらえる可能性が高いです。

インターフェース

次にご紹介するビジネス用語はインターフェースという言葉です。

インターフェースという言葉についてはパソコンなどをメインで使っている方やパソコンなどに詳しい方はある程度理解頂いてる言葉だと思います。

具体的にインターフェースという言葉がどの様に思っているのかといいますと、「境界面、接点」というような意味を持っています。

また場合によってはインターフェースという言葉は「異なる2つのものを仲介する」という言葉の意味を持っています。

意味が複数存在しているので少しわかりづらい様に感じるかもしれませんが、二つの言葉の意味を正しく理解しておけばそこまでかけ離れた言葉にはなりませんので連鎖的に覚えておくというより理解いただけると思います。

ちなみにパソコンにおいては種類が異なる同士、もしくはコンピューター機器同士、コンピューターとプログラムを結び付ける共用部分の事を指し示しているような言葉としても知られています。

少し難しい言葉かもしれませんが覚えておけば損はありません。

この言葉を例文として表現する場合は「今よりももっと効率化を図るためにインターフェースを改善した方が良いのではないか」というような例文にて表現できます。

IT関係やエンジニア等に関しては知っておいて当たり前の言葉なので注意しておいてください。

オンスケ

次にご紹介するビジネス用語はオンスケという言葉です。

一見すると何の意味がわからない言葉かもしれませんが、これは略称された言葉であり恩スケジュールの略称になります。

意味としては「作業や計画がスケジュール通りに進んでいることを報告する時や確認する時」に使う言葉として知られています。

つまり例文として活用する場合は「プロジェクトはオンスケで進んでるのか?」というような使い方が出来ます。

キャパ

次にご紹介するビジネス用語はキャパという言葉です。

これはビジネス用語の中でもある程度知っている方が多い言葉だと思いますが、これはキャパシティという言葉の略称になります。

キャパシティという言葉の持ってる意味は「請け負える量、入りきる量」という意味を持っています。

つまり容量という言葉としてとらえて頂けると分かりやすいかもしれませんね。

キャパシティという言葉を例文にすると「当社にはこのプロジェクトを担うほどのキャパが存在していません」というような言葉で表現することが出来ます。

コアコンピタンス

次にご紹介するビジネス用語はコアコンピタンスという言葉です。

コアコンピタンスという言葉は少し難しい言葉の意味になるかもしれませんが「他者と共存する上で優位性のある中核的な能力」の事を指し示している言葉です。

これを例文にするとすれば「自分の会社のコアコンピタンスを明確に意識することで競争戦略を立てることが大切である」と表現することが可能です。

コンプライアンス

次にご紹介するビジネス用語はコンプライアンスという言葉です。

コンプライアンスという言葉は今現在の世の中ではかなり頻繁に使われる様になっている言葉です。

おそらくビジネス用語あまり詳しくないという形でもこの言葉に関しては知っている方の割合がたくさん存在していると思います。

具体的にどの様な意味合いを持っているかと言いますと、「法律や倫理などの要求に対して従うこと」を意味しています。

つまりこの言葉を別の言葉に変換するとすれば法令遵守という言葉に変換することが可能になります。

今現在の世の中ではブラック企業などが存在していると思いますが、そのようなブラック企業に対してコンプライアンスを徹底した企業経営をするべきだと世の中が動いているのです。

最近では電通の過度な労働が自殺の原因になったと言われていますので、これも世の中が大きく騒いでいる一つの大きな理由として捉えることができます。

なのでこの言葉を例文にするとすれば「今の私たちの会社の残業時間はコンプライアンス的に絶対に問題がある」という様な例文を用いることが可能です。

サマリー

次にご紹介するビジネス用語はサマリーという言葉です。

サマリーという言葉は日本語にするとある物事の内容の「まとめ」「概要」「要約」などの意味を持っているビジネス用語です。

つまり長い文章やデータなどを集約して短くまとめた物のことを説明している言葉になるのです。

なのでサマリーという言葉を例文として扱う場合「この資料のサマリーを用意してもらっても良いですか?」という風に表現する事ができます。

かなり便利な言葉でもありますので、覚えておいてほしいビジネス用語です。

知っていないとがっかりされる場合などもありますので、注意しておいてくださいね。

トップダウン

次にご紹介するビジネス用語はトップダウンという言葉です。

トップダウンという言葉は経営に関してあるけど認識を深めている方であればご存知の言葉だと思いますが、トップダウンという言葉は「企業を経営することによって組織の上層部が今後の企業の方針を決めて組織の幹部にあたるものはそれに基づいて行動していくと言う管理方式のこと」を指し示している言葉です。

これは基本的にどの会社同じだと思いますが、一般的には企業幹部と呼ばれる比較的トップの人間達が話し合った上で今後の会社の方針など決定していくと思います。

逆に考えて組織の末端の人間が会社の今後のことを話し合うというのは少しおかしい話ですね。

なのでこの言葉を例文にして活用するとすれば「この内容については常にトップダウンで決定してしまっている事項になるので今更改善することはできない」というような例文を用いることが出来ます。

トラックバック

次にご紹介するビジネス用語はトラックバックという言葉です。

トラックバックという言葉はブログを書いたりすることをよく行っている方は理解頂いてると思いますが、基本的な意味合いとしては「ブログの主要機能の一つであり記事へのリンクを作成者に通知する仕組みのこと」を指し示している言葉です。

なのでこのビジネス用語を例文としてご紹介するならば「今あなたがやっているコラムに関してもっとトラックバックが増える用に企画を見直した方が良いのでは?」というような例文として利用することが出来ます。

フィードバック

次にご紹介するビジネス用語はフィードバックという言葉です。

フィードバックという言葉はビジネスの場面においても比較的に耳にすることが多い言葉なのですが、フィードバックの言葉の意味は「結果について伝達するだけではなく結果を導くための計画立案であったり実践行動の反省点についての情報を伝達することを指し示している」言葉です。

少し難しい言葉に感じるかもしれませんが、要は反省すべき点を伝達するという風に解釈していただければわかりやすいかもしれませんね。

例えば例文としては「これからあなたに対して先ほど行って頂いた業務のフィードバックを行います」というような例文で用いることが可能になります。

プライオリティ

次にご紹介するビジネス用語はプライオリティという言葉です。

プライオリティという言葉については時々耳にする方もいるかもしれませんが、基本的な意味合いとしては「仕事などの作業プロセスやプログラムに付けられる優先順位であったり優先度のこと」を指し示している言葉になります。

なので例文をご紹介するとすれば、「この作業の中で一番プライオリティが高いものはどれにあたりますか?」と言う様な使い方をすることが可能になります。

仕事をするにあたって優先順位や優先度合いなどはかなり重要な選択、そしてて重要事項になります。

優先順位や優先度合いなどを履き違えてしまうと仕事のミスにつながる可能性もありますので、比較的ビジネス用語としては用いられる可能性が高い言葉であると考えることができます。

ボトルネック

次にご紹介するビジネス用語はボトルネックという言葉です。

ボトルネックという言葉は様々なプロジェクトの責任者である立場の人間であれば心得ている言葉だと思います。

ボトルネックという言葉の意味は「作業工程や生産工程などにおいて全体の効率や品質を貶めている原因のこと」を指し示している言葉として認識されています。

つまり何かのプロジェクトなどを行ったりするにあたって進行が妨げられている理由のことを指し示しています。

これを例文を交えて表現すると「プロジェクトを進めるにあたって今現在ボトルネックになっている部分はどういう点が存在しますか?」という様な例文で活用することが可能です。

リスクヘッジ

次にご紹介するビジネス用語はリスクヘッジという言葉です。

これもかなりビジネスの場面では多用される言葉になります。

リスクヘッジという言葉がどういう意味を持っているのかと言いますと「リスクヘッジとは様々な起こりうるリスクを回避したりその大きさを軽減する様に工夫をすることなどを指し示している言葉」です。

つまり一言で説明するとすれば単純にリスクを回避すると言う意味として認識してもらえれば分かりやすいと思います。

今や企業を存続させるにあたってはどれだけリスクヘッジに注意をするかで決まるといっても過言ではありません。

インターネットで便利な社会に乗ったから、一人一人が情報を発信できる様になりたくさんの人が情報共有できる様になっていますので、企業にとってはリスクが高まった時代であると考えることもできます。

リスクヘッジという言葉を例文にするとすれば「もしも今回のプロジェクトがうまくいかなかった場合はリスクヘッジするための策を検討しておいた方がよいのでは?」というような例文で表現できます。

【リスクヘッジについては、こちらの記事もチェック!】

MTG

次にご紹介するビジネス用語はMTGという言葉です。

MTGはミーティングの略称であり、「会議・打ち合わせ」というような意味を持っています。

なので自分的には直接言葉に出して言うよりもメールなどの文章で略称される場合が多いです。

例えば、「本日の社内MTGは14:00からです」というような文面を想像してみると分かりやすいと思います。

OJT

次にご紹介するビジネス用語はOJTという言葉です。

OJTは略称された言葉であり、オンザジョブトレーニングという言葉の略称です。

つまり意味としては「仕事中に実践を通じて行う研修活動」という言葉の意味を持っています。

実務を伴って研修を行う場合の状況を指し示しています。

なのでこの言葉を例文として活用する場合は「明日から皆さんにはOJTを行っていただきます」という風に表現できます。

️ビジネス用語、全部しっかり覚えてみてください♪

今回は様々なビジネス用語について意味や使い方そして例文をご紹介していきました。

意外と想像していたよりもたくさんのビジネス用語が存在していたと思います。

しかしビジネス用語はまだまだこれらだけではなくさらにたくさんの用語が存在しています。

ビジネス用語を使う会社であれば頻繁に様々な言葉が飛び交いますので、正しく理解しておかないと意味を混同してしまって間違った指示を理解してしまうことになりかねませんので、事前に利用頻度の多いビジネス用語についてはしっかりと覚えていただき、いざ実践となった時に問題なく使えるように知識を身に着けておくと損はありませんので、頑張ってみてくださいね。