CoCoSiA(ココシア)

ビジネス用語21選。これを知らないと恥をかくかも!


昔と比べて今はグローバルな時代になっています。

例えば、私たちが使っている言葉に関しても大きな変化があります。

今の時代では子どもたちを含めて、社会人として活躍している方も含めてたくさんの方が外国語を使っている事が多いです。

むしろ日常生活において外国語、つまり英語などを使う機会が多くなり、むしろ使えないと不便なくらいにまで英語が浸透してきています。

よくテレビ番組などでも見かけた事がある方も多いと思いますが英語禁止ボウリングなどの番組があったりしますが、たった短いあのボウリングを行っている時間においても私たちがどれほど英語を使っているのかという事が顕著に理解することが出来ると思います。

幼い子供でもどこから習ったのか、OKなどの英語なども簡単に使ったりしていますよね。

それだけ英語がないと成り立たないような時代になっているという事です。

グローバルな時代だからこそ英語が使えないと出来ないような仕事なども多くなっていますし、英語がしゃべれないと採用しないような企業なども多くなっています。

日本の企業でも有名な楽天はTOEICがある程度の基準点に満ちていない人間はそもそも応募自体が出来ないというような事も知られています。

そんな時代だからこそ大企業でなくても中小企業などで活躍するようなビジネスパーソンはビジネス用語などを使ったりする割合がかなり多くなっています。

しかし、人によってはビジネス用語を理解していない人なども存在しているので、そのような場合はうまく意思疎通ができない可能性もあります。

実際に今の時代を考えると多少なりのビジネス用語くらいは理解しておかないと少し不便に感じてしまう可能性があります。

なので今回はビジネス用語をテーマにして、頻繁に使われる可能性のあるビジネス用語をいくつかご紹介していきたいと思います。

️ビジネス用語を覚えておかないと恥をかく

今あなたが在籍している会社ではビジネス用語など普段用いられますか?
おそらくこれは会社によって様々だと思います。

ビジネス用語を普段から対応している会社もあれば全く普段から使わない様な会社も存在するため、こればっかりは自分の会社の環境によって左右される場合が多いです。

しかしながら一生涯同じ仕事を続けていくということは以前と比べてとても少なくなってしまいました。

今の時代は自分の雇用条件を見つめ直し更にステップアップしたいと向上心を持っている方がたくさん存在しているので、さらなるキャリアアップを考えて新しく資格を取得したり、新しい知識や経験を身につけてこれまでよりもさらに待遇の良い会社へ転職する様な方がたくさん存在しています。

この様な時代背景を考えてみると一生涯同じ会社で働き続けるという人は少なくなっていますので、新しく自分が在籍する会社ではビジネス用語を使うということも可能性としては考えられます。

なのでビジネス用語についてはある程度基本的な物は必要でなかったとしても理解しておかなければいざ新しい会社に在籍した時にビジネス用語の理解を求められた時にスムーズに仕事を始めることができない可能性があります。

当然知っていて当たり前というスタンスでその会社の人間は話しかけてきたりすることが考えられます。

さらにビジネス用語も知らないのかと見下されてしまう可能性もありますし、何より恥をかいてしまう可能性があります。

新しい会社で良いスタートを切りたいと思っている方からすればこの様なくだらないことで良いスタートダッシュを切れないというのは悔しいですよね。

なのである程度基本的なビジネス用語については早い段階で学んでおく必要があり、必ずそれはのちのち自分の役に立つ機会が訪れてくれるはずです。

どんどん増えていくビジネス用語


ビジネス用語に関しては以前と比べてどんどんその数は増えていく一方です。

それもそのはずビジネス用語については使ったことがあるからならばわかると思いますが、とても状況を表したりするときに便利なのです。

便利なものが世の中にどんどん浸透していく様に、それは道具に限らず言葉であっても同じことです。

便利なビジネス用語は今後どんどん拡大していくと考えることができ、さらに便利な言葉が新しく生み出される可能性ももちろんあります。

そのようなことを踏まえた時に早い段階で自分的なビジネス用語を知っておくということは大きな自分自身にとってのアドバンテージになってくれるはずです。

少しでも多くの有利になれる武器を身につけておくことによって自分自身の価値を高めて様々な状況に対応することが可能になっていきますので、向上心の高いビジネスマンはある程度ビジネス用語については勉強しておくようにしましょう。

横文字など難しいものも多い

ビジネス用語に関しては基本的に英語を用いられているので横文字で複雑な呼び方や意味を持っているものが多いです。

そもそも英語を勉強していない方からすればその意味すらわからないですし、いきなり会話の中に意味が分からない様な横文字を組み合わせられてしまったら当然理解することができませんよね。

話の内容によってはその前後の文章でそのビジネス用語の意味をある程度推測することが可能だったりする場合はありますが、ときには前ほど内容考えても全く意味が分からない様な言葉も存在する可能性があります。

もしも緊迫した場面でどの様な言葉を組み合わせられて支持を受けた場合、意味を聞き直しにくい雰囲気になってしまったりする事も考えられますので、必ず自分自身が損をしてしまいます。

一番良いのは相手に対して聞き直すことですが、相手に聞き直すことによって基本的な言葉を理解していない人間なのか、というような烙印を押されてしまう可能性もあります、
なので事前に難しい言葉が多いんだということを必ず理解した上で、積極的にビジネス用語については知っておくようにしましょう。

ここでビジネス用語を覚えよう

ビジネス用語については単純に英語の単語を覚えるということとほぼ同じ様な意味合いです。

などで勉強が嫌いな人間からすれば本当に嫌気がさすような行動になってしまうのかもしれませんが、一番大切なのはビジネス用語に関して興味を持つことです。

人間なら誰しも興味があることに関して学ぶのは楽しいことになりますし、興味がないことについては学んでいてもただ眠気覚ましてくるんだけど作業の様に感じてしまいますよね。

なのでまずはビジネス用語がどういった意味があるのかということを興味を持って色々汁用にしてみてください。

たくさんのビジネス用語を見ていくうちにだんだんと様々な言葉の意味が分かってくる様になると言葉の意味を覚えるのが楽しく感じる様になり覚えるのが苦ではなくなってきます。

また普段から英語に対して興味を持つように自分なりに工夫をしてみたりするとビジネス用語に関して思える時に態勢を整えた状態で勉強に励めるようになりますので、自分なりに工夫しながらビジネス用語について学んでみてください。

️ビジネス用語21選


ここまではビジネス用語はどういうものなのかという基本的なことについて簡単にご紹介していきました。

ある程度ビジネス用語の概要について理解いただいたところで、ここからは具体的にビジネス用語についてご紹介していきたいと思います。