CoCoSiA(ココシア)

「恐れ多いです」とはどういう意味?ビジネスで使う場合や注意点などを解説


「恐れ多いです・・・」という言葉は、プライベートよりもビジネスの場面で使われる機会の多い言葉になります。

しかし「恐れ多い」という言葉を使っている多くの人がその意味を深く理解せずに使用してしまっているかもしれません。

そこでこの記事では「恐れ多い」とはどういう意味を持っているのか、ビジネスでも使える敬語表現や注意点、使い方、例文などを解説していきます。

この機会に「恐れ多い」という言葉を理解し、正しく使えるようにしましょう。

「恐れ多い」とはどういう意味?

恐れ多いとは「①申し訳なくて頭が上がらない気持ち。恐縮だ。」「②大変ありがたい気持ち。(自分には)もったないと感じる気持ち。」という意味があります。

「恐れ多い」という言葉を使っている多くの人は、前者の意味で使用している人が多いでしょう。

しかし、「恐れ多い」という言葉は、後者のような感謝の気持ちなどを示す際にも使うことが出来るのです。

意味は分かったけれども、このような淡々とした意味だけでは、「恐れ多い」という言葉がどんな深い意味を持っているのか理解することが出来ないはずです。

そのような方のために、これからもっと詳しく「恐れ多い」という言葉についてご紹介いたします。

身分の高い人に対して失礼にあたる

身分の高い人に対して失礼な恐れ多いという言葉を使う男性

自分よりも身分の高い人(上司、取引先、契約先など)から何かをしてもらったり、なにかをもらったりしたときにこの言葉を使います。

その”してもらったこと”が自分の身分に相応しくないと感じたり、または相手にそのようなことをさせてしまうことに対して失礼なのではないか・・・と感じている心の内を表現することが出来るのです。

あなたは、自分よりも身分の高い人(実際にあなたよりも身分が高くなくても、心の中ではどこか尊敬しているような人)から高価なプレゼントをいただいたり、また新しい契約案件をもってきてもらったりしたら「自分なんかがこのような身分の高い人から、こんな案件をもらって失礼じゃないのか」と思うのではないでしょうか。

日本人は”謙遜””謙虚”で有名な人種であり、そうするのが日本人として当たり前ともいわれています。

それに幼い頃からそのようにしつけられたために、何に対しても「失礼じゃないかな」「自分でいいのかな」なんて感じるような謙虚な心構えをしている人が多いのですね。

まさにそんな日本人の性格を言葉にしてくれたのが「恐れ多い」という言葉なのでしょう。

身分の高い人から受けた厚意が身に過ぎてもったいない

身分の高い人になにかをしてもらったとき、「失礼じゃないかな」という気持ちのほかに、「相手の気持ちが(自分は身分が低いので)私には大きすぎる」「大きすぎて、人としてまだ未熟な自分が受け取るには早すぎるのではないか」と感じるかもしれません。

相手にしていただいたご厚意がもったいないと感じるのです。

心の中では、そのようにしていただけたことに感謝もしているけれども、その感謝以上に「自分なんかではもったいない!」と感じてしまう心境をあらわすときにも「恐れ多い」という言葉が使われるのです。

「恐れ多い」を分かりやすく言うと?

では、「恐れ多い」をもっと分かりやすくいうとどのような意味になるのかを見ていきましょう。

私にはもったいないくらいありがたい

私にはもったいないくらいありがたいと思っている
「恐れ多い」を簡単にいうと「私にはもったいないくらいありがたい」という意味になります。

さきほどお伝えした「恐れ多い」という言葉の前者の意味でも、後者の意味でも”自分には匹敵しない””自分のレベルよりも上のものをもらっている感覚”であるということは、変わらないというのは理解できるのではないでしょうか。

あなたも誰かになにかをしてもらったとき、「私にはこれもったいないなぁ」「もっとピッタリの人がいるはずなのになぁ」なんて感じたことがあるのではないでしょうか?

例えばの話でお伝えしていきましょう。

仮にあなたが、顔も仕事の能力も性格もファッションセンスも普通レベルの人だとします。

そんなあなたの前にオシャレで誰もが惚れてしまいそうな、いかにもモテモテの異性が現れたとします。

あなたも周りのみんなと同じ様に、その異性に心を惹かれていました。

しかし「自分は見ているだけでちょうどいいんだ」なんて自分に言い聞かせているなか、その異性から「お付き合いしてほしい」といわれます。

相手はあなたが相手のことを好きなことも知っているので、ふたりは両思いです。

そこでお付き合いすることができるようになったとしても、やはり心のどこかで「この人にはもっといい人がいるんじゃないか」「自分にはもったいなさすぎる」「でもお付き合いすることが出来て嬉しい」と感じるはずです。

まさに「恐れ多い」というのは、そのような気持ちを表しているんですね。

これは一つの例なので、もしもこのような状況で告白をされ、そしてお付き合いすることになったとしても、その異性に「恐れ多いです」なんていうのは、ちょっと不可思議に思われるので気をつけましょう。

「恐れ多い」をビジネスで使う場合は?

では、この言葉を実際に使うとなるとどのように使っていけばいいのでしょうか?

特にビジネスシーンという公の場では、気になってしまいますよね。

「恐れ多い」という言葉をビジネスで使う場合には、どうしたらいいのかを確認していきましょう。

「ありがたい」でも十分使える

「恐れ多い」という言葉は、相手がしてくれたことに対して自分にはもったいないと感じながらも、してくれたことに「ありがとう」の気持ちを持っている、と伝えましたね。

しかし、そのまま「ありがとう」というのでは、自分が少しでも謙遜している気持ちを持っていることを相手に伝えることが出来ません。

そんな時には「ありがたいです」と伝えることで、謙遜している気持ちを交えながら感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。

恐れ多いには身分の高い人に対して申し訳ないという意味も含まれる

「恐れ多い」という言葉の意味には、身分の高い人に対して、その人からしてもらったことで「相手に申し訳ない」「いわせてしまったな」「そうさせてしまったな」という気持ちまでも含まれています。

その気持ちをあえて相手に伝えたいのであれば「恐れ多い」という言葉を使っていいかもしれません。

しかし、そのような相手の気持ちを知って相手は心から嬉しく感じるでしょうか。