CoCoSiA(ココシア)

歩留まりとはどういう意味?よくあるビジネス用語の使い方を解説します!

歩留まりとはどういう意味?よくあるビジネス用語の使い方を解説します!のイメージ写真
社会に出ると今まで聞いたことのないような言葉に出会うことがありますが、皆さんの場合はどういった対応をしているでしょうか?

聞いたことがないのですから意味的なものもわかりませんし、会話の内容なども理解出来ないといった状況になりますよね?

こうした場合は相手に聞くという事も必要になってきますので、恥ずかしがらずに質問をしてみることも大切です。

このように会社に入ると多くの謎の言葉が出てくることになります。

この言葉を一般にはビジネス用語という枠で捉えることになり、今までの生活では必要のないものでもありました。

それがどこかの企業へ入社するようになるとある日突然聞きなれない言葉を耳にすることになるのです。

日本人の悪い癖のようにもなりますが、言葉というものは使い慣れてしまうと相手も知っていることが当たり前のように思う所があります。

入社して間もない頃にはビジネス用語への知識などが皆無に等しい状態でもあり、聞いたことのない言葉だからの状況という事も出てきてしまいます。

勇気ある人間であれば知らない言葉についての説明などを求めていくことになりますが、ほとんどの場合はその場をやり過ごすことで言葉の意味などを知らないままにしておくことが多くなります。

その結果、質問をした人間との差がどんどん開いていくことにもなり、同期入社のはずなのにいつの間にか大きく地位的なものも収入も変わっていたという事になっていくのです。

皆さんの場合も質問をしたり自分で知らない言葉を調べてみたりといったことは、普段の生活の中では多くはないと思いますがいかがでしょう?

ビジネス用語と呼ばれる言葉を聞いた時にその都度意味を調べてみたり使い方を考えたりとしているでしょうか?

このビジネス用語についてですが本当に知らないままにしておけば自分の地位的なものにも悪影響が出てきますし収入面においても満足の出るものではなくなっていきますのでご注意下さい。

そこで今回ですが「歩留まり」という言葉を聞いたことはありませんか?

仕事の種類などによってもこの言葉が多く使われるという場合も出てきますし、意味などを理解しておくことも損ではありません。

主に製造をする仕事などで使う言葉となりますが、ビジネスの会話ではこういった言葉も当然に出てきます。

自分には関係のないといった言葉で括ってしまうと後で痛い目をみる場合もありますので、よく使われる言葉などについては自分でも興味を持つようにして意味などを正しく理解するようにして下さい。

今回はそういった意味でも「歩留まり」という言葉について詳しくお伝えしていきます。

この言葉は色々な場面で使うことにもなってきますのである程度の理解はしておいた方が良いと言えます。

仕事ではどういったビジネス用語が飛び出してくるのかわかりませんから、一般的に聞かれる言葉は自分でも調べていき、正しい使い方などをするように心がけていくことをおすすめします。

それでは実際に歩留まりについての説明へと移っていきますが、最初は意味などについて見ていくことにしましょう。

この記事の目次

歩留まりってなに?

歩留まりという言葉ですが、なんとなく難しそうにも見えることから意味を正しく理解していないという人も多いようです。

主に製造などの仕事では大事となるものですが一般の仕事ではそれほど頻繁に聞くことはない言葉でもあります。

ただ、バイトなどで飲食店などの経験をした人は聞いたことがあるという方も多くなりますが、そういった場合でも意味を正しく理解していなかったりわからないままであったりする事が多く、正しい理解というものがされにくい言葉でもありますのできちんとした意味を覚えておく必要も出てきます。

このような言葉の必要性についてですが、一般の仕事でも色々な方との会話というものが発生してきます。

仕事を覚えるにつれて多くの方と会って話す機会も増えてきますので、一般的な常識としてビジネス用語なども覚えておかなければいけません。

また、わかりにくい言葉をそのままにしておくのが許されるのは学生までだということを理解して下さい。

例えば今回のテーマでもある歩留まりという言葉についても多くの方がよくわからないという印象が強いようで言葉の意味などを実際に調べてみても理解出来なかったという人も多くなっているようです。

今までであればそこで終わっても何も問題は発生しないと思いますが社会人となってからでは少し違ってきます。

いつどういった人と歩留まりについての話が出てくるのかなどは予想もつきませんよね?

そして、自分が歩留まりについての知識がなにもなかった場合ですが、相手はどのように感じるでしょう?

直接仕事とは関係ない話だとしてもあなた自身の印象というものはかなり悪くなるのではないでしょうか?

また、社会人としての目線という事にも影響が出てきますので仕事上の契約などにも色々なことが起ることも予想されます。

こういった事も絶対にないとは言い切れませんのでビジネス用語に対する意識は高く持つことが大切となります。

ビジネス用語のひとつ

この歩留まりですがビジネス用語の一つとして捉えるようにして下さい。

普段は聞かない言葉であっても製造というものはほとんどの仕事で関わってくることにもなりますので、専門的な言葉であったとしても知っておいたほうが無難になってきます。

また、自分の会社が何かを作るような場合には必要知識として考えておく方がよいですし会話の中にも歩留まりという言葉が出てくることが多いと思いますので正しい理解をしていくようにしましょう。

歩止まりとも書く

この歩留まりについてですが歩止まりという書き方もありますので注意が必要です。

どちらも同じことを指していますので混同しないようにして下さい。

歩留まりの読み方

さて、このビジネス用語でもある歩留まりですが、聞いたことのない人は読みに関しても不安な部分が残ってしまいますよね?

どう読んだらよいのかわからないという言葉は実際に多く存在しますし、それはビジネス用語に限った話ではありません。

通常使うような漢字でも読み方に自信のないものは多く出てくると思いますが、ビジネス用語の場合は特に読みに関しても注意をしていくことが大切です。

実際にこういった言葉というものは相手との話の中で使われることが多く文章でのやり取りではあまり使用しません。

自分が読みに対して間違ったことを言えば言葉の意味は知っていたとしても恥ずかしいことにもなりますし、信用的な面でも失いかねませんのでしっかりと読みに対しても意識を高く持つようにして下さい。

この歩留まりに限らず読みがわからない漢字は多いですよね?