社会に出ると今まで聞いたことのないような言葉に出会うことがありますが、皆さんの場合はどういった対応をしているでしょうか?

聞いたことがないのですから意味的なものもわかりませんし、会話の内容なども理解出来ないといった状況になりますよね?

こうした場合は相手に聞くという事も必要になってきますので、恥ずかしがらずに質問をしてみることも大切です。

このように会社に入ると多くの謎の言葉が出てくることになります。

この言葉を一般にはビジネス用語という枠で捉えることになり、今までの生活では必要のないものでもありました。

それがどこかの企業へ入社するようになるとある日突然聞きなれない言葉を耳にすることになるのです。

日本人の悪い癖のようにもなりますが、言葉というものは使い慣れてしまうと相手も知っていることが当たり前のように思う所があります。

入社して間もない頃にはビジネス用語への知識などが皆無に等しい状態でもあり、聞いたことのない言葉だからの状況という事も出てきてしまいます。

勇気ある人間であれば知らない言葉についての説明などを求めていくことになりますが、ほとんどの場合はその場をやり過ごすことで言葉の意味などを知らないままにしておくことが多くなります。

その結果、質問をした人間との差がどんどん開いていくことにもなり、同期入社のはずなのにいつの間にか大きく地位的なものも収入も変わっていたという事になっていくのです。

皆さんの場合も質問をしたり自分で知らない言葉を調べてみたりといったことは、普段の生活の中では多くはないと思いますがいかがでしょう?

ビジネス用語と呼ばれる言葉を聞いた時にその都度意味を調べてみたり使い方を考えたりとしているでしょうか?

このビジネス用語についてですが本当に知らないままにしておけば自分の地位的なものにも悪影響が出てきますし収入面においても満足の出るものではなくなっていきますのでご注意下さい。

そこで今回ですが「歩留まり」という言葉を聞いたことはありませんか?

仕事の種類などによってもこの言葉が多く使われるという場合も出てきますし、意味などを理解しておくことも損ではありません。

主に製造をする仕事などで使う言葉となりますが、ビジネスの会話ではこういった言葉も当然に出てきます。

自分には関係のないといった言葉で括ってしまうと後で痛い目をみる場合もありますので、よく使われる言葉などについては自分でも興味を持つようにして意味などを正しく理解するようにして下さい。

今回はそういった意味でも「歩留まり」という言葉について詳しくお伝えしていきます。

この言葉は色々な場面で使うことにもなってきますのである程度の理解はしておいた方が良いと言えます。

仕事ではどういったビジネス用語が飛び出してくるのかわかりませんから、一般的に聞かれる言葉は自分でも調べていき、正しい使い方などをするように心がけていくことをおすすめします。

それでは実際に歩留まりについての説明へと移っていきますが、最初は意味などについて見ていくことにしましょう。

歩留まりってなに?

歩留まりという言葉ですが、なんとなく難しそうにも見えることから意味を正しく理解していないという人も多いようです。

主に製造などの仕事では大事となるものですが一般の仕事ではそれほど頻繁に聞くことはない言葉でもあります。

ただ、バイトなどで飲食店などの経験をした人は聞いたことがあるという方も多くなりますが、そういった場合でも意味を正しく理解していなかったりわからないままであったりする事が多く、正しい理解というものがされにくい言葉でもありますのできちんとした意味を覚えておく必要も出てきます。

このような言葉の必要性についてですが、一般の仕事でも色々な方との会話というものが発生してきます。

仕事を覚えるにつれて多くの方と会って話す機会も増えてきますので、一般的な常識としてビジネス用語なども覚えておかなければいけません。

また、わかりにくい言葉をそのままにしておくのが許されるのは学生までだということを理解して下さい。

例えば今回のテーマでもある歩留まりという言葉についても多くの方がよくわからないという印象が強いようで言葉の意味などを実際に調べてみても理解出来なかったという人も多くなっているようです。

今までであればそこで終わっても何も問題は発生しないと思いますが社会人となってからでは少し違ってきます。

いつどういった人と歩留まりについての話が出てくるのかなどは予想もつきませんよね?

そして、自分が歩留まりについての知識がなにもなかった場合ですが、相手はどのように感じるでしょう?

直接仕事とは関係ない話だとしてもあなた自身の印象というものはかなり悪くなるのではないでしょうか?

また、社会人としての目線という事にも影響が出てきますので仕事上の契約などにも色々なことが起ることも予想されます。

こういった事も絶対にないとは言い切れませんのでビジネス用語に対する意識は高く持つことが大切となります。

ビジネス用語のひとつ

この歩留まりですがビジネス用語の一つとして捉えるようにして下さい。

普段は聞かない言葉であっても製造というものはほとんどの仕事で関わってくることにもなりますので、専門的な言葉であったとしても知っておいたほうが無難になってきます。

また、自分の会社が何かを作るような場合には必要知識として考えておく方がよいですし会話の中にも歩留まりという言葉が出てくることが多いと思いますので正しい理解をしていくようにしましょう。

歩止まりとも書く

この歩留まりについてですが歩止まりという書き方もありますので注意が必要です。

どちらも同じことを指していますので混同しないようにして下さい。

歩留まりの読み方

さて、このビジネス用語でもある歩留まりですが、聞いたことのない人は読みに関しても不安な部分が残ってしまいますよね?

どう読んだらよいのかわからないという言葉は実際に多く存在しますし、それはビジネス用語に限った話ではありません。

通常使うような漢字でも読み方に自信のないものは多く出てくると思いますが、ビジネス用語の場合は特に読みに関しても注意をしていくことが大切です。

実際にこういった言葉というものは相手との話の中で使われることが多く文章でのやり取りではあまり使用しません。

自分が読みに対して間違ったことを言えば言葉の意味は知っていたとしても恥ずかしいことにもなりますし、信用的な面でも失いかねませんのでしっかりと読みに対しても意識を高く持つようにして下さい。

この歩留まりに限らず読みがわからない漢字は多いですよね?

こういった事に対しても時間がある時などは積極的に調べてみることが大切になってきます。

社会人となれば人との会話で信用を得ることもしなければいけません。

その時に間違った読みばかりを覚えていては誰からも相手にはされなくなってしまいます。

意味を知っているから大丈夫・使い方はバッチリだから平気といった気持ちが読みに対する意識を低くしてしまうこともありますので、正しい読み方ということにも気をつけていくようにしましょう。

歩留まり=ぶどまり

それでは歩留まりについての読み方ですが「ぶどまり」となりますのでしっかりと覚えておくようにして下さい。

せっかく意味などを知っていたとしてもここで間違えてしまうと意味のない事にもなりかねませんので正しい読み方という事にも意識を傾けるようにしましょう。

次のお話しは肝心の意味についてですが、少しわかりずらい部分も出てきますので確認をしながら読み進めるようにして下さい。

歩留まりの意味

まず歩留まりについてですが、わかりやすいように例をだしながら説明していくことにします。

製造などの場合には必ず不良品というものが発生しますよね?出来が悪いものであったり商品とはならないものです。

こうしたものは売ることが出来ない為に利益が発生しないということになります。

これを機械のネジで考えていきたいと思います。

まずはネジの材料となる鋼材などが100個ある状態です。

これがすべて商品となれば歩留まりは100%という事になると覚えておいて下さい。

ロスが全く出ないのですから歩留まりも100%となり理想の数字ですが現実にはこのような事はありません。

何かしらのロスというものは出てくるものです。

それでは次に100の材料から80個のネジが出来たとすると歩留まりはいくつになるでしょう?

先ほどの考え方からいけば80%となり20%が不良品となることがわかります。

ここまでからわかる事は材料に対して完成品がいくらの割合で出来るかという事が知ることが出来ますよね?

したがって歩留まりの意味は「使用原料に対する製品の出来高」ということになってきます。

歩留まりが悪い・歩留まりが良いといった話ではこういった内容の事を指していますので十分に理解をするようにして下さい。

材料や原料というものはその時の市場価格などによって色々な物が使われることとなり、その都度歩留まりを出して出来高を調べるという事が必要となってきます。

いくら原料となるものが安く手に入るからといって歩留まりが20%などになった場合は80%がロスとなってしまい効率が良いとは言えませんよね?

逆に原料が多少高くはなりますが歩留まりが85%だとしたらどうでしょう?

ロスとなる部分はわずかに15%に抑えられますので無駄となる部分が少なくなり製造における効率が上がっていくと言えます。

この事についてですが製造だけではなく、その商品を仕入れる業者にも影響が出てきますし販売する業者にも関係してきます。

当然その商品を購入する人にも関わってくる問題ですから自分が製造に関係していなくとも歩留まりについての理解は必要となりますし知っておくことが大切なのです。

このようなビジネス用語ですが、最初は少しわかりずらい点も出てきてしまい面倒に感じる方も多いと思います。

歩留まりは製造者が主に話題にする事ですので一見すれば関係のない事に感じてしまいますよね?

但し、それを仕入れる仕事であったり販売などを手掛ける会社であればこの歩留まりについて全く理解がないという事も問題になってきます。

仕入れをする場合でもコストというものを考えていかなければいけませんので当然に歩留まりということにも意識を高めていかなければいけませんし、取引先との交渉の際には歩留まりの理解というものも必要なのです。

自分が今はこのような事に関係がないとしても将来的にはわかりませんよね?

歩留まりについて厳しくチェックを行う仕事をするかもしれませんし、実際に価格の交渉などを行う職種に変わるかもしれません。

社会人になりたての頃には必要としなかった言葉であっても色々なものが変わってくれば自分にとってはかなりの問題にもなる事ですので、歩留まりについてあまり興味が無かった人も意味などは理解をしておいて方が自分の為にもなりますので確認をしていくようにしましょう。

それでは歩留まりについての復習になりますので、ここでも確認作業をしてしっかりと自分の知識としていって下さい。

製造ラインで生産される製品から、不良製品を引いたものの割合


何かを作る際には製造ラインによって生産するということが必要になってきます。

その際には必ず不良品が出ることになり完成品は100%にはなってきません。

ですからすべての全量を100個だとして不良品が20個だとすると、歩留まりは100から20を引いた80という事になってきます。

原料や素材の投入量から期待される生産量に対して、実際に得られた製品生産数や量の比率


これも少しわかりずらいと感じる人が多くなってきますよね?

何かの製品を作っていくと時に違った材料で歩留まりを知る必要性が出てきます。

材料費などを抑えたい場合などは出来るだけ安いものを使っていきたいですよね?

ただし、どの位の完成品が作れるかは実際に製造してみないとわかりませんので、歩留まりを知ることが大切になるのです。

例えば現在使っている材料が100個で100円だとします。

これでは経営的に厳しいということで100個で50円の材料にしたい場合は、最終的に完成品になる割合を調べなければ注文することは難しいですよね?

100円の材料が歩留まり80の場合には50円の材料では最低でも歩留まりが40でなければいけません。

これを下回るようであれば完全に赤字となってきますので50円の材料は使わないこととなります。

これを数式で表していくと100円の材料は100円で80個の完成品が作れることになります。

50円の場合も同じ金額に合わせると200個分の材料があるわけですよね?

ですから歩留まりが40の場合には完成品は80個となりこれ以上下がる場合には効率的にも経済的にも無意味であるということになるのです。

ここからわかる事は同じ金額のコストで最終的にどちらが完成品をつくることが出来るかということです。

同じであれば100円の材料を使った方が効率的には良いですが、50円の方が数が格段に増えてくるのであればこちらの方が売り上げにもなり経済効果も出てきます。

製造などではこの歩留まりを詳しく出すことによって無駄な事をしないという考えになってきますので自分でもこの言葉の意味などについてはしっかりと理解をしていくようにしましょう。

それでは一度歩留まりについての意味をまとめてみることにします。

歩留まりの意味をまとめると

歩留まりという少し難しい言葉ですが意味的にはそれほど難しくはなってこないことがわかります。

製造をする場合には同じ金額でどれだけ完成品を作れるかが問題となりますので、材料費などを考えていく時にはどの材料で作るのが一番安くなるかという事を知らなければいけません。

その為に現在使っている材料と新しく試してみたい材料とで、完成品の出来る数がどれだけ変わってくるのかをチェックしていく事になります。

なんとなく理解は出来てきたでしょうか?

最初はちょっと難しい言葉などが出てきてわかりずらいといったものでもありましたが、段々と歩留まりについてはわかってきたのではないかと思います。

仕事で一番大切な事はいかに材料費を抑えて完成品を多く作るかが鍵となり、その為の目安となるデータが歩留まりであるとも言えますよね。

この数字をわからないとお金だけかけて売り上げが上がらないという事にもなってしまいますのでしっかりとした基準での数値を出していくことが重要なのです。

歩留まりの意味などについてはある程度の理解が出来たと思いますので次はどういった時にこの言葉を使っていくかについて見ていきたいと思います。

歩留まりはどんな時に使う?

この歩留まりを使う時ですが色々な場面で使用することになりますが職種などは限られてきますのでこの点については注意が必要となってきます。

この話は主に製造業などに関わる人が多く使う言葉でもありますが、知っておいて損はありませんし自分も何かしら関わりを持っている場合などには理解した上での会話をしていくことが望ましいとも言えるのです。

仕入れコストなどの交渉などを行う場合でもこの歩留まりという言葉が出てきますが、材料費がかかるという場合には相手側も簡単に価格を下げるということは出来ませんよね?

確実に売り上げが上がらなければ経営を維持することも難しくなっていきますので、きちんとした材料を使用しているのであればコストの交渉なども難しいと言えます。

但し、それに代わるものがあるとすれば話は別ですよね?

安い材料を使って完成品の出来る割合が高ければ価格を下げるということも可能となる場合も出てきます。

この時の交渉に必要となる言葉が歩留まりということになりますので、製造業に直接関係しなくても歩留まりに関する知識や理解は深めておいた方が交渉もしやすくなると言えます。

ビジネス用語というものはかなりの数が出てきますが歩留まりの場合はどういった職業であろうと一応の知識的なものはわかるようにしておいて下さい。

その事がすぐには役に立たなくても将来的に必要となるかもしれませんし、先の事は誰にもわかりませんよね?

単に今使う言葉ではないので調べることや理解することをやらないのではなく、どういった知識にしてもいつかは自分を助けてくれるものだと思って勉強していく姿勢も大切なのです。

製造業や生産において使われる

この歩留まりという言葉ですが主に製造業や生産の現場で使われることが多くなります。

直接関係する人もいればそうでない人も出てくることになりますが、材料によって完成品の出来る割合というものが変わってくるという事は理解をしていくようにして下さい。

この事を理解していなければ取引などを考えていく場合には話し合いにはなりませんし、相手からの信頼などを得られないということも考えられます。

相手は歩留まりという事に対して高い意識を持っていますので交渉などをする場合もこの手の話というものは良く出てくることになります。

そうした場合において何も知識がなければ相手は不快感しか持ってくれず、満足出来る結果にはなってきません。

必要最低限の知識を自分の中に入れておくということは仕事に直接関係しなくても必要となる場合が出てきますので、歩留まりについてもビジネス用語の一つとして捉えていくことをおすすめします。

生産性や効率性の優劣を量る数値

この歩留まりでどのようなことがわかるというと、まずは効率性の問題が出てきますよね?同じ金額を使ってどの位の完成品を作る事が出来るかで色々な事が変わってきます。

どうしても高い材料を使わなければ生産性が落ちるという事ならば、無理に材料費を削ることは出来ませんし価格への交渉も難しくなってきます。

逆に自分が得た知識が豊富であり取引先へアドバイスできるような場合を考えていくと、相手との交渉もスムーズになってくるかもしれませんよね?

実際には歩留まりを調べてみてからの結果ということにはなりますが、言葉の意味を理解していれば必要とされる情報を集めることも可能になり、価格交渉などを行いたい場合には自分の武器としても使えることになってきます。

それではもう一度歩留まりの数値についてのおさらいをしていくことにしましょう。

どうせであればきちんと理解しておきたい事になりますので歩留まりの意味と数値については正しく理解しておくようにして下さい。

歩留まりが高い・低いとは

今回は歩留まりというあまり聞きなれない言葉についての話となりますが、これまでの説明である程度は理解出来たでしょうか?

生産性や効率性を示す数値が出てくることになりますが、逆の意味に捉えてしまうと全く意味の通じないことにもなりますので注意が必要です。

ここではおさらいの意味でもう一度数値についてお話ししていきますのでしっかりと理解しておくようにして下さい。

まずは不良品などの多い場合について見ていくことにします。

不良発生率が高い=歩留まりが低い

不良品が多いということは完成品の出来る割合が低いということになります。

先ほどの例で80%という数字が何度か出てきましたがこの場合の意味は完成したものが8割あるという事ですので不良品の数が少ないという事がわかるはずです。

この事から考えていくと不良品が多い場合にはこの80%という数値がどんどん低くなっていくものだと予想できます。

歩留まりが50%になれば不良品と完成品の割合が同じという事ですし、40%になったとすると完成品が4割となり残りの6割が不良品となります。

ですから、不良品が多いということは歩留まりの数値が低くなっていくことが確認出来るはずです。

40%という数値は完成品の割合を示すものとなりますので逆の意味で捉えないようにして下さい。

不良発生率が低い=歩留まりが高い

上記の事から考えていけばこちらの事はすぐに理解することが出来ますよね?

不良品が少ないという事は完成品が多いということですので、80%の歩留まりで考えれば8割のものが商品となる状態を指しています。

それではこの歩留まりについて簡単な数値で表してより理解を深めていくようにしましょう。

歩留まりが80%だとすれば完成品が多く高い数値であると言えます。

歩留まりが40%であれば不良品の方が多く低い数値となってきます。

歩留まりについての高い・低いということはあくまでも完成品に対する割合であるということを理解するようにして、誤解していかないようにしましょう。

それでは具体的にこの歩留まりという言葉をどういった場面で使っていくのかについて見ていきたいと思います。

歩留まりの使い方

ここまで色々と数値が出てきたりと面倒なもののように感じる歩留まりについてですが、かなりの理解も出来てきたのではないかと思います。

言葉自体があまり聞くこともないものですので最初は戸惑いというものを感じていた方もいるかとは思いますが、少しづつ理解していけばそれほど難しいことではありません。

こういった言葉というものは今は使う機会がないにしても将来的に役立つことも多くなりますので、きちんとした意味と使い方というものについても覚えておくようにして下さい。

歩留まり向上

不良品の割合が多い時などは歩留まりの数値も低い状態であることがわかりますよね。

先ほどの例で言えば40%ということになり6割もの不良品が出てしまっていることが確認されます。

こうした場合には何かしらの策を練って歩留まりの数値を上げる努力をしなければいけませんよね。

材料を変えてみたり工程の見直しをしてみたりとやれることはかなりの数が出てきます。

こういった努力を続けていくことにより、不良品の数が減っていき完成品の数が増えていくことになるのです。

そういった結果は会社の売り上げという形で反映してくることになりますので最終的には自分の収入へ大きく結びつくことになります。

歩留まりの向上という事は自分にも大きく関わることになりますので、高い意識を持って取り組む姿勢が大切となってきます。

歩留まりを上げよう

上の事と同じような意味を持ってきますが、何かしらの目標を立てるような時には歩留まりを上げようという言葉を用いる場合があります。

製造などでも人の手によるものが大きい場合には確認作業を増やしたりと解決策を見つけ出すことも可能となります。

材料などの違いでも変わってきますが人が直接加工に携わるような場合には、自分たちが努力をしていく事で歩留まりにも変化を与えることにもなるのです。

こうした目標の数値などは自分の仕事への責任感にも繋がってきますので必要とされることですし、完成品が増えるということは収入面においても充実してくる可能性が高くなってきますので重要な問題として意識していくことが大事となってきます。

歩留まりが悪い

歩留まりが悪いということは完成品の出来る割合が下がっている状態を指していますので不良品が多くなっている状況となります。

こういった時には何かしらの対策をしなければいけませんよね?

このままの状態を続けていけば会社は損をした状態を続けることになりますので、収入の安定性が失われる可能性が出てきます。

歩留まりが悪いということは歩留まりが低いという事と同じになってきますので、このあたりについても誤解などないようにしていきましょう。

歩留まりをスムーズに使えるようにしよう

歩留まりという言葉についてですが、戸惑ってしまったり誤解したままで覚えているという方も増えてきます。

こういった言葉はきちんとした理解をしていくことが大切ですし、勘違いしたままですと全く違う意味となってしまうので注意が必要となります。

普通の職種ではあまり聞きなれない言葉でもありますので抵抗を感じてしまう人も多くなるとは思いますが、このような知識というものも知っておいて損をすることにはなりませんので自分の成長の為にも正しい事を覚えておくようにして下さい。

こういった言葉をスムーズに使いこなせるという事は社会的にも信用を得やすくなると言えます。

全く製造などに関わりのない場合でも歩留まりの話題をする事が出来れば相手からの注目を集めることにもなりますし交渉などをする場合も非常に役立つものとなってきます。

ビジネス用語でもある言葉ですが、多くの場合には正しい知識となっていない事もあり、製造などに関わる人はこの歩留まりでの会話で取引先を決定する要因ともなり得る事ですのでしっかりと覚えておくようにしましょう。

ビジネス用語は日本ではかなりの数が使われていることになりますが、全ての言葉を理解することはほとんど無理であると言えます。

それだけに大事となってくる言葉についてはしっかりとした知識を得ることが大切ですので、歩留まりについての言葉の使い方なども自分なりに研究していくような姿勢も大切となります。

歩留まりは製造などだけに関する言葉に思われがちですが、自分の生活などにも大きく影響が出る大事なビジネス用語としてしっかりと認識していくようにして下さい。