おはようございます」は日本中の津々浦々で使われている、超ポピュラーな挨拶言葉ですね。

皆さんもきっと、日常生活においてほとんど無意識に使っている、と思います。

さて、この「おはようございます」、日常で使うのとビジネスの世界で使うのとでは、その使い方が変わってくるのでしょうか?

今回は、「おはようございます」のビジネスシーンでの使い方に焦点を当てて、追っていきたいと思います。

「おはようございます」は何時までOK?


それでは早速参りましょう。

まずは「おはようございます」をビジネスで使う場合、何位までならOKでしょうか?そこからこの「おはようございます」について入ってゆきましょうね。

1.10時半までをひとつの目安に

「おはようございます」を使う時間、何時までOKなのか?厳密な答えは恐らくないと思いますが、大まかな世間の感覚でいえば「10時半」あたりが妥当なところではないでしょうか?

この「10時半」という設定、恐らく会社でもおうちの中でもそう大きな差異はないと思います。

では、どうして10時半という時間が「おはようございます」を使えるリミットとなるのでしょうか?

それは、これも厳密な答えとはいえないのですが、カフェやハンバーガーショップなどが「モーニングセット」と銘打って提供している商品の最終の時間帯に合わせている部分が大きいのではないでしょうか?

通常、どこの飲食店も11時になれば「ランチ」を用意します。

さすがに「ランチ」を提供してくる時間帯ともなると「おはようございます」は使いにくくなります。

で、その11時になる30分前あたりがお昼と朝の区切り時、と私は見ているのです。

全く論理的な解釈ではありませんが、ある程度の区切りの目安にはなると思いませんか?

口頭でのあいさつやメールも含めて

「おはようございます」という挨拶は、口頭でのあいさつやメールも含めて使うようにしましょう。

つまり何をおいてもまず「おはようございます」と言ってから、あるいはメールなどにそのように書き込んでから本題に入るようにするのです。

もし、「おはようございます」をカットしてしまっていきなり本題から入ってゆくような会話を始めてしまったら…。

恐らく相手はあなたのビジネスマナーを疑うでしょうし、それを頻繁に行う人であったなら今度はその人の人間性全てに対して疑いの目を向けるようになるでしょう。

それくらい朝のあいさつとして使う「おはようございます」は、最低限の常識、という事になるのです。

2.10時半を過ぎたら

では、今度は10時半を過ぎてしまったらどうでしょうか?

先ほども紹介しました通り、10時半あたりというのは非常に微妙な時間帯となってきます。

人によっては12時になるまでの時間は全て「おはようございます」で通す人もいるでしょうし、10時半を一つの区切りとして「おはようございます」以外の挨拶言葉を使うかも分かりません。

まあ、あまり時間について細かく見過ぎても判断が難しくなるだけです。

ここはピシッと10時半」という時間で区切って考えることにしましょう。

「こんにちは」に変える

よって、一応10時半を境にして口頭でもメールでも挨拶の言葉を「おはようございます」から「こんにちは」に変えておきましょう。

ただ、この場合も臨機応変、時と場合によります。

もし、あなたの会社の重役さんや社長さんの出勤時間帯であったなら、その日、初めて会う事になります。

そういった場合は、やはり「おはようございます」が相応しいかもしれません。

挨拶の言葉というのは「TPO」に左右されます。

あなたの所属する業界、会社の慣習や慣わしといったものを優先して行った方がいいでしょう。

「こんにちは」のビジネスでの使い方

それでは次に参りましょう。

ビジネスシーンにおける「こんにちは」の使い方についてみていきたいと思います。

通常の日常生活においての「こんにちは」は、そう気を遣わずに誰に対しても気軽に使っていると思います。

ところがビジネスの現場となったら、そういう訳にはイカナイデショウ。

そこには守らなければならない不動のルールというものが存在してきます。

それではそれらの注意するべき点を踏まえて、「こんにちは」のビジネスでの使い方をみていきましょう。

1.注意が必要

先程も申しました通り、ビジネスの場と一般生活の場とではいろいろと制約が出てきます。

「こんにちは」におけるビジネスシーンでの意味合いや特徴、使い方についてみてまいりましょう。

「こんにちは」はカジュアルなイメージ

まず「こんにちは」という挨拶言葉の持つ意味合いや使い方上における特徴についてさっとみてゆきます。

「こんにちは」というのは当然ながらその日、初対面となる人同士が気軽に使える挨拶言葉になるわけですが、どちらかと言うと気さくな人間関係の成り立っている場面で使えば変な感じはあまりしないでしょう。

反対に相手が目上の人であったり、上司であったりした場合は「こんにちは」の使用は極力、避けるべきでしょう。

こちらが年下なのに先輩や上司に対して「こんにちは」とやってしまったら、「生意気な奴」を通り越して人間性自体を疑われる事態になってしまうかも分かりませんからね。

そういった意味合いを含めて考えると「こんにちは」は、全体的に「カジュアル」な雰囲気を醸している、という事が言えそうです。

つまり横一線の感覚で、先輩も後輩も関係なく、また上司・部下の関係も存在しないような場で用いた方が「こんにちは」の特徴を最大限に活用している、という事になりそうですね。

ビジネスシーンでは丁寧な印象に変換

ではそのような「カジュアル」なイメージのある「こんにちは」。

ビジネスの現場で用いるにはどのようにしたらいいのでしょうか?

それには少々、頭と知恵を使う必要があります。

つまりその場の空気を読んで、そのまま使っても大丈夫なのか、冒頭や語尾に他の言葉を付け足してより丁寧な印象を受けるように修飾するのか。

ここがビジネスシーンで「こんにちは」を使うあなたのビジネスセンスが試されるわけなのですね。

ビジネスの最前戦でいきなり「こんにちは」と挨拶するには、それなりの場に雰囲気を読める能力や機敏な頭の回転が求められる、という事です。

一言添えることを忘れずに

それと、ビジネスの場で「こんにちは」を使う場合は、その時の状況や場の雰囲気によって「こんにちは」に一言、言葉を言い添える配慮も欲しいものです。

そういったケースでよく使われるのがお天気や気候などの時候の挨拶を添えるものです。

例えば、「こんにちは」と言ったあとで「今日も暑いですねえ」とか「今日は午後から雨が降るようですよ。

外出するときは傘の用意があった方がいいですよ」などといった感じです。

この際、発言する方の人は相手の気持ちを慮って発言するセンスが大切でしょう。

だから、当たり障りのない「お天気」の事を添えておけば大体はうまくゆくのです。

但し、当たり前の事ですがお天気の状況が悪くなって相手がそれに遭遇するような場面になるのが分かっていながら、相手の事より「こっちは当たらなくて助かった」みたいな手前勝手な発言をしてはいけませんよ。

そんな言葉を添えてしまったら、せっかく築いてきた信頼関係があっと今に崩壊してしまいますからね。

2.「こんにちは」の使用例

では、次に参りましょう。

今度は「こんにちは」の実際の使用例をみていくことにします。

ビジネスの場で使う事を前提にしていますので、局面的には、相手が顧客やお客様、といったシーンでしょう。

そういった場面を連想して以下にご紹介する使用例を参考にしてみてください。

こんにちは、はじめまして

「こんにちは」の使用例の1つ目は「こんにちは、はじめまして」です。

ビジネスの場で初めて遭遇する相手の人に対して「こんにちは」と挨拶をしようと思ったなら、初対面の礼儀として「はじめまして」を付け加えるのが妥当でしょう。

全くの初対面の人に対していきなり「こんにには」だけではあまりにぶしつけで少々、乱暴なイメージを相手に与えてしまいます。

「初めて会ったのに、なにがいきなりこんにちは、だ!」といった感じで立腹する人も出てくるかも分かりません。

それくらい初対面のビジネスの場での挨拶というのは神経を使いまくるものなのです。

そして初対面の場であるならば、午前中であれば「おはようございます」」から始めた方がより丁寧感を相手に与えられるでしょう。

「こんにちは」はやはり「カジュアル」な垢ぬけ感じを与えますので相手と場所によって使い分けた方が無難かもしれません。

ただ、プレゼンの場のように周囲の雰囲気が硬く緊張感が漂いまくっているよな場なら、緊張を研ぎほぐす目的で「こんにちは」から始めた方が歓迎されるでしょう。

こんにちは、先日はありがとうございました

「こんにちは」の使用例の2つ目は「こんにちは、先日はありがとうございました。」です。

この使い方も、ある程度親しくなった間柄で用いるからこそ、より親近感が増すものと思われます。

しかしながら、こちらの方から積極的に声掛けを行っていきたいのなら、どんどん「こんにちは」から入ってゆけばいいでしょう。

そして「先日はありがとうございました。」と付け加える事によって前回のお付き合いへの感謝の気持ちを述べているわけです。

ビジネスにおいては、顧客との信頼関係を築くのが担当者にとって最大のミッションの一つ。

いきなり「こんにちは」から始まって、要件を言ってしまうというのは信頼関係も人付き合いもへったくれもない感じがして、言われた方の人は辟易としてその人を避けたくなってしまうかも分かりません。

だからこそ、挨拶の後に素早く先日のお礼と感謝の意思を言っておくのです。

ビジネスは何事も先手必勝。

この姿勢が顧客との有効な関係を作ってゆくのですよ。

こんにちは、いつもお世話になっております

「こんにちは」の使用例の3つ目は「こんにちは、いつもお世話になっております」です。

これはビジネスにおける定番中の定番の挨拶の形態ですね。

「こんにちは」のあとにつける「お世話になっております」がいかに仕事中において使われることか。

恐らく会社の仕事を引退するまでに数えられないくらい発言していると思いますよ。

「お世話になっております」は実に便利な挨拶言葉です。

この一言があるだけで信頼関係というものがそのまま体現されているわけですからね。

だからこの言葉は担当者レベルだけではなく社長や重役クラスの人達でも顧客の前に行ったならば必ずや使われるのです。

だから、あなたが会社の担当者の立場であるならば、相手との付き合いの深い浅いは関係なく「お世話になっております」を言いましょう。

これによってその後の話の展開は驚くほどスムーズに回っていきますからね。

「おはようございます」のメールでの使い方


それでは次に参りましょう。

今度は「おはようございます」のメールでの使い方です。

社内であれ社外であれ、メール連絡は今やビジネスシーンにおける必須アイテム。

人昔前のように電話で連絡を取り合っていた時代に比べたら遥かに労力も時間も節約できる時代になったものです。

しかし、だからといってメールで何でもできるわけでもありませんし、そこにも犯してはいけない最低限のルールというものが存在します。

では、ビジネスシーンにおけるメールを使った「おはようございます」についてみていく事に致しましょう。

1.注意点

まずは「おはようございます」を使う際の注意点からです。

と言いますか、注意するべきことを守ることが挨拶に使う言葉の宿命。

以下の3点を「おはようございます」の注意3箇条として頭に刷り込んでおきましょう。

朝に読むとわかっている場合

まずは「おはようございます」メールを朝、読むと初めから分かっている場合です。

これは比較的、苦労はいらないでしょう。

朝一に送っておいたメールを相手の人が確実に読んでくれると分かっているのですから何も考える必要はありません。

ただ、誤字・脱字などがないように気をつけてメールを送るだけです。

朝のうちに相手がメールを読んでくれるのが分かっているという状況は、恐らく前日にそういう意思確認があったか、期限を切らずに毎朝、メールを必ず送ってくるように、という指示が出ているか、などでしょう。

だから、こちらは安心して「おはようございます」から始まるメール分を送ればいいわけです。

相手の読むタイミングがわからない場合は使わない

次に問題になるのが「相手の読むタイミングが分からない場合」です。

この問題が「おはようございます」を使うかどうかの最も悩む点になるでしょう。

例えば自分の上司に連絡メールを送ったのですが、本人が出張や行き先不明、といった時があります。

そんな時は相手がいつ、自分の送ったメール文を読んでくれるのか予測するのは難しいものです。

よってそういったケースの時は、あえて「おはようございます」は外し、別の挨拶言葉ではじめましょう。

例えば「お疲れ様です、○○部の○○です」といった感じですね。

とにかく「おはようございます」という冒頭の挨拶文は午前中しか使えない時間限定の言葉です。

相手の今、置かれている状況を察してメールを送りましょうね。

こちらがメールを書いているタイミングは関係ない

「おはようございます」をビジネスシーンで使う場合の注意の最後は「こちらがメールを書いているタイミングは関係ない」という事です。

先ほどの例からも分かるように、メールを受け取る相手が送った時に即座に読んでくれるとは限りません。

その場にいなかったり別の用事で携帯やスマホをオフにしていたりバッテリー切れでどうしようもない事態になっているかも分かりません。

だから、いくら先を争う緊急の用事であったとしても、こちらの都合を先方に押しつけないことです。

取りあえず、「急ぎの要件、失礼いたします」とか「急用につき至急、連絡お願い致します」などでも構いませんのでこちらが切迫している状態を知らせ連絡を待ちましょう。

こんな時に「おはようございます」と始めてしまうと、「呑気な奴」と一蹴されてしまうかもしれませんからね。

2.より気軽に使えるのは

それでは「おはようございます」をメールで使う事は、実際問題は難しいのでしょうか?

確かにビジネスの現場は1分1秒を争う場面が度々、あります。

呑気に「おはようございます」から始めるビジネスメールは送りにくいかも分かりませんね。

しかしながら、それが当たり前のようになってしまって「おはようございます」という挨拶文を割愛してしまうと「無礼な奴」「常識に欠ける奴」というレッテルを貼られてしまうかも分かりません。

やはり「おはようございます」という始め方はやめてしまったら、元も来なくなるものなのです。

社内メールの場合

そこで考えられるのは、社内で使う「一斉メール」や「定期連絡」「業務連絡」のようなメールです。

こういった種類のメールならば誰に気を遣う必要なく「おはようございます」というお決まりの文章で始められます。

つまり「おはようございます」という始まりにするかどうかは、その連絡したい中身によって切り替える、ということが大切になるということですね。

何でもかんでも杓子定規的に物事を考えていたら、応用の効かない頭の硬い人間になってしまいますよ。

ビジネスシーンの挨拶で大切なこと

次に参ります。

今度は実際のビジネスシーンにおける挨拶について大切だと思われている事について考えてみましょう。

ビジネスというものは生きています。

常に変化し成長しています。

後退したり成長の止まってしまったものをビジネスの現場はいつまでも構いません。

だからこそ、挨拶やそれにまつわる話術や礼儀、マナーなども変化し対応のやり方も変わってゆくのです。

では、以下にビジネスシーンにおける挨拶の仕方について「大切だ」と思われている点を挙げてまいりましょう。

1.時間帯を意識する

ビジネスシーンの挨拶で大切なことの1つ目は「時間帯を意識する」という事です。

ビジネスというのは、自分一人だけで成立するものではありません。

必ずや、自分以外に複数人が関わってきます。

そしてビジネスに欠かせないものは優秀な「コミュニケーション能力」。

これを補うためにメールというものが使われるのです。

よって、ビジネスシーンの挨拶を円滑に行うためには、相手の状況をいち早く察知し、相手にとって最も相応しいものとなる挨拶を交わすことです。

そのタイミングを掴むもの、それはひとえにあなたのこれまでの経験しかないのです。

相手のメールを確認するタイミングも考慮して

よって、メールを使った挨拶文を送る際にも細心の注意が必要です。

メールの怖いところは文字に証拠となって残るところです。

だからメールを送る際は一時一句、誤字や脱字、失礼な言葉が入っていないかどうかを確認したうえで送らなければならないのです。

ところが、最近の風潮なのか、物事をかるーく見る人間が増えてしまっている気がします。

大事な得意先の社長や重役にビジネス文を送るにしてもどこか自分の友達に送るかのような軽い文章を送る人間もいるようなのです。

こんなことをやっていたら、あなた個人の問題ではなくなってしまいますからね。

あなたは「会社」という大看板を背負った一人の担当者に過ぎないのです。

そのあなたがしでかしたミスや失敗は「会社」の損失に繋がってゆく、という構図になりますからね。

ちょっと話が横に逸れてしまいましたが、相手がメールを確認するタイミングすら考慮出来ないようではまともなビジネスは行えない、という事です。

独りよがり発想の人間は、ビジネスの現場で生き残るのは至難の業になりますよ。

2.状況に応じて挨拶を変える

ビジネスシーンの挨拶で大切なことの2つ目は「状況に応じて挨拶を変える」という事です。

「挨拶」というのは初めて会った人に対して行うものと、そうでないケースとの2つがあります。

初めて会う人にならそれほど気を使った挨拶は求められないかもしれません(それでもビジネスセンスに溢れた人の挨拶はひと味もふた味も違いますけどね)が、2度目の挨拶となるとあなたのビジネスセンスが思いっきり試される事になります。

相手に自分の事をどれだけ印象づけられるか。

それは2度目の挨拶で決まってくるのですよ。

いつお会いしたか

その相手と会うのは2回目だったとします。

先方はあなたの事をしっかり覚えてくれていて、サッと先制攻撃をしてきます。

「先だっては特別な場所にご招待いただきましてありがとうございます」、と来ました。

さあ、あなたはどうしますか?

「え?いつのお話でしたっけ?」と、もしこのような応対をしてしまったら、もう完全にあなたの負けです。

社交辞令上にも全然、スマートな対応と言えませんよね。

「申し訳ございません。私の不勉強であなた様の事を思いだせないのですが。何かその時に粗相のような事でもいたしてしまったのでしょうか?」くらいの気遣いを払った意味の対応ぐらい、やっていきたいものです。

まあ、このような言い回し。

別に真似をするような事でもないのですが、くれぐれも注意していただきたいのは、あなたはその会社を代表する「顔」だという事です。

だから2度目の時の挨拶ということを重々、想定してかからなければならないのです。

もしあなたの方から先手を打って、「この前の商品発表会の時はお世話になりました」とでも言っておけば、かなりいい線であなたが主導権を取ってその場を取り仕切れるかも分かりません。

「いつお会いしたか」という部分を、先手を打って挨拶に変えて言ってしまえたら、ビジネスの上において非常に有利になることをあなたは知る事ができるでしょう。

お礼も含めて

また、挨拶の際に「お礼」を含めた表現で行う事も、重要なビジネス上での一つの武器になりますよ。

あの時のお礼を、感謝を込めて挨拶の時に言う、という事はこの人はかつて、私と会った事を非常に大切にしているし、記憶に留めてくれているのだ、という気持ちを相手の人に思わせるものです。

これは今後におけるビジネスの進展に大きな影響力を持つことでしょう。

何かにつけ、人に覚えてもらっていたり印象に残してもらっている、という事は全くその人にとって悪い気はしません。

むしろ計り知れない感激と喜びをもってその後のビジネスにいい意味で進展が期待できるでしょう。

ビジネスの話はこのようにどこに転がっているか分かりません。

それならば初めて会う人は勿論、2度目の出会いをよりインパクトあるものにするためにも「挨拶」というものをしっかりと行いたいものです。

そのためにも、状況に応じて挨拶を変化させる、という意識をしっかり持っていただきたいものですね。

3.臨機応変に言葉を添える

ビジネスシーンの挨拶で大切なことの3つ目は「臨機応変に言葉を添える」です。

「お変わりございませんか?」「先日は素晴らしいお席にご招待いただきまして誠にありがとうございました。

」など、社交辞令と取られてもいいですから、臨機応変な言葉遣いで巧みに挨拶の言葉の中にそれらを盛り込んで、場の雰囲気を盛り上げましょう。

しかしながら、当然気をつけていただきたいのは、主役はあくまで「顧客」です。

決してあなたが勝手に盛り上がってある事ない事、ベラベラ喋ってはいけません。

ビジネスにおける挨拶はマナーを守る以前に「センス」というものが問われます。

何も流暢に流れるような美辞麗句を言う必要もありませんが、場の雰囲気を壊さずに逆に盛り上げるようなウイットに富んだジョークを飛ばしながら行なえる挨拶が出来たら、もうこれ以上は何もいらないでしょうね。

4.常に丁寧な印象を与えられるように意識する

ビジネスシーンの挨拶で大切なことの4つ目は「常に丁寧な印象を与えられるように意識する」です。

あなたが挨拶を行おうと思っている場所はビジネスの最前線の場です。

当然ながらそのような場には、社長や経営者クラスが揃っているかもしれません。

取引先の重要なポストの方もいらっしゃるかもしれません。

そんな緊張するような場で、あなたは挨拶を皮切りにして最高のパフォーマンスを発揮しなければならないのです。

だからこそ、相手の人に好印象を持ってもらうために全ての動作、対応を常に丁寧にし好印象を持ってもらえるようにしなければなりません。

言葉遣い、身のこなし、姿勢、歩き方、笑顔などありとあらゆる方面に気を配ってその場を乗り切っていかなければならないのです。

そういった場数を踏んでいくことによってあなたのビジネスセンスは間違いなく磨かれていくでしょう。

そしてその糸口となるのが「挨拶」である事を重々、熟知していってくださいね。

毎日使う言葉!正しく使おう

如何だったでしょうか?今回は「おはようございます」という定番中の挨拶言葉について詳しく見て参りました。

ではもう一度、その概略を振り返っておきますと、

・「おはようございます」は何時までOK?
・「こんにちは」のビジネスでの使い方
・「おはようございます」のメールでの使い方
・ビジネスシーンの挨拶で大切なこと

という事になっていました。

さて、「おはようございます」という挨拶言葉、出来たら正しく使いたいところですが、業界によっては1日24時間、ずっとこの「おはようございます」を挨拶言葉として使い続けている不思議な業界がありますね。

それは多くの少年、少女が憧れる世界・芸能界です。

芸能界ではどういうわけか、朝に会っても昼に会っても夜に会ってもみな「おはようございます」が定番の挨拶言葉となっています。

恐らく芸能界というところは「定時」という観念がないからそうなっているのかもしれませんね。

つまり「労働基準法」の及ばない世界だから挨拶言葉も世間一般の常識とは大きくかけ離れている、という事が言えそうです。

でもまあ、それは仕方ない事でしょう。

芸能の仕事というのは「無」から「有」を創造していく仕事。

作品と呼ばれるものを作り出すためには夕方の5時になったからといって定時退勤するわけにはいかない事は容易に判断できます。

なにせ一昔前の監督は気に入ったカットが出来るまで何回でも何十回でも撮り直しをやっていたようですからね。

そうなれば必然的に何時に撮影が終わるのか誰にも分かりません。

深夜にまで撮影が続くことも茶飯事でしょう。

そんな不規則な拘束時間となってはいつが朝でいつが夜なのか、分からなくなるのでしょう。

だからいつでも「おはようございます」という挨拶が定着したのかも知れませんね。

まあ、誰に対しても「おはようございます。」と言っておけば取りあえずはちゃんと挨拶した形になっているので便利といえば便利だったのでしょう。

しかし、正しい使い方ではない事を皆さんは頭の片隅にいれておいてくださいね。

「悩んでしまうのは、これが原因かもしれません。」

記事下_無料でオーラ鑑定