おはようございます」は日本中の津々浦々で使われている、超ポピュラーな挨拶言葉ですね。

皆さんもきっと、日常生活においてほとんど無意識に使っている、と思います。

さて、この「おはようございます」、日常で使うのとビジネスの世界で使うのとでは、その使い方が変わってくるのでしょうか?

今回は、「おはようございます」のビジネスシーンでの使い方に焦点を当てて、追っていきたいと思います。

「おはようございます」は何時までOK?


それでは早速参りましょう。

まずは「おはようございます」をビジネスで使う場合、何位までならOKでしょうか?そこからこの「おはようございます」について入ってゆきましょうね。

1.10時半までをひとつの目安に

「おはようございます」を使う時間、何時までOKなのか?厳密な答えは恐らくないと思いますが、大まかな世間の感覚でいえば「10時半」あたりが妥当なところではないでしょうか?

この「10時半」という設定、恐らく会社でもおうちの中でもそう大きな差異はないと思います。

では、どうして10時半という時間が「おはようございます」を使えるリミットとなるのでしょうか?

それは、これも厳密な答えとはいえないのですが、カフェやハンバーガーショップなどが「モーニングセット」と銘打って提供している商品の最終の時間帯に合わせている部分が大きいのではないでしょうか?

通常、どこの飲食店も11時になれば「ランチ」を用意します。

さすがに「ランチ」を提供してくる時間帯ともなると「おはようございます」は使いにくくなります。

で、その11時になる30分前あたりがお昼と朝の区切り時、と私は見ているのです。

全く論理的な解釈ではありませんが、ある程度の区切りの目安にはなると思いませんか?

口頭でのあいさつやメールも含めて

「おはようございます」という挨拶は、口頭でのあいさつやメールも含めて使うようにしましょう。

つまり何をおいてもまず「おはようございます」と言ってから、あるいはメールなどにそのように書き込んでから本題に入るようにするのです。

もし、「おはようございます」をカットしてしまっていきなり本題から入ってゆくような会話を始めてしまったら…。

恐らく相手はあなたのビジネスマナーを疑うでしょうし、それを頻繁に行う人であったなら今度はその人の人間性全てに対して疑いの目を向けるようになるでしょう。

それくらい朝のあいさつとして使う「おはようございます」は、最低限の常識、という事になるのです。

2.10時半を過ぎたら

では、今度は10時半を過ぎてしまったらどうでしょうか?

先ほども紹介しました通り、10時半あたりというのは非常に微妙な時間帯となってきます。

人によっては12時になるまでの時間は全て「おはようございます」で通す人もいるでしょうし、10時半を一つの区切りとして「おはようございます」以外の挨拶言葉を使うかも分かりません。

まあ、あまり時間について細かく見過ぎても判断が難しくなるだけです。

ここはピシッと10時半」という時間で区切って考えることにしましょう。

「こんにちは」に変える

よって、一応10時半を境にして口頭でもメールでも挨拶の言葉を「おはようございます」から「こんにちは」に変えておきましょう。

ただ、この場合も臨機応変、時と場合によります。

もし、あなたの会社の重役さんや社長さんの出勤時間帯であったなら、その日、初めて会う事になります。

そういった場合は、やはり「おはようございます」が相応しいかもしれません。

挨拶の言葉というのは「TPO」に左右されます。

あなたの所属する業界、会社の慣習や慣わしといったものを優先して行った方がいいでしょう。

「こんにちは」のビジネスでの使い方

それでは次に参りましょう。

ビジネスシーンにおける「こんにちは」の使い方についてみていきたいと思います。

通常の日常生活においての「こんにちは」は、そう気を遣わずに誰に対しても気軽に使っていると思います。

ところがビジネスの現場となったら、そういう訳にはイカナイデショウ。

そこには守らなければならない不動のルールというものが存在してきます。

それではそれらの注意するべき点を踏まえて、「こんにちは」のビジネスでの使い方をみていきましょう。

1.注意が必要

先程も申しました通り、ビジネスの場と一般生活の場とではいろいろと制約が出てきます。

「こんにちは」におけるビジネスシーンでの意味合いや特徴、使い方についてみてまいりましょう。

「こんにちは」はカジュアルなイメージ

まず「こんにちは」という挨拶言葉の持つ意味合いや使い方上における特徴についてさっとみてゆきます。

「こんにちは」というのは当然ながらその日、初対面となる人同士が気軽に使える挨拶言葉になるわけですが、どちらかと言うと気さくな人間関係の成り立っている場面で使えば変な感じはあまりしないでしょう。

反対に相手が目上の人であったり、上司であったりした場合は「こんにちは」の使用は極力、避けるべきでしょう。

こちらが年下なのに先輩や上司に対して「こんにちは」とやってしまったら、「生意気な奴」を通り越して人間性自体を疑われる事態になってしまうかも分かりませんからね。

そういった意味合いを含めて考えると「こんにちは」は、全体的に「カジュアル」な雰囲気を醸している、という事が言えそうです。

つまり横一線の感覚で、先輩も後輩も関係なく、また上司・部下の関係も存在しないような場で用いた方が「こんにちは」の特徴を最大限に活用している、という事になりそうですね。

ビジネスシーンでは丁寧な印象に変換

ではそのような「カジュアル」なイメージのある「こんにちは」。

ビジネスの現場で用いるにはどのようにしたらいいのでしょうか?

それには少々、頭と知恵を使う必要があります。

つまりその場の空気を読んで、そのまま使っても大丈夫なのか、冒頭や語尾に他の言葉を付け足してより丁寧な印象を受けるように修飾するのか。

ここがビジネスシーンで「こんにちは」を使うあなたのビジネスセンスが試されるわけなのですね。

ビジネスの最前戦でいきなり「こんにちは」と挨拶するには、それなりの場に雰囲気を読める能力や機敏な頭の回転が求められる、という事です。

一言添えることを忘れずに

それと、ビジネスの場で「こんにちは」を使う場合は、その時の状況や場の雰囲気によって「こんにちは」に一言、言葉を言い添える配慮も欲しいものです。

そういったケースでよく使われるのがお天気や気候などの時候の挨拶を添えるものです。

例えば、「こんにちは」と言ったあとで「今日も暑いですねえ」とか「今日は午後から雨が降るようですよ。

外出するときは傘の用意があった方がいいですよ」などといった感じです。

この際、発言する方の人は相手の気持ちを慮って発言するセンスが大切でしょう。

だから、当たり障りのない「お天気」の事を添えておけば大体はうまくゆくのです。

但し、当たり前の事ですがお天気の状況が悪くなって相手がそれに遭遇するような場面になるのが分かっていながら、相手の事より「こっちは当たらなくて助かった」みたいな手前勝手な発言をしてはいけませんよ。

そんな言葉を添えてしまったら、せっかく築いてきた信頼関係があっと今に崩壊してしまいますからね。

2.「こんにちは」の使用例

では、次に参りましょう。

今度は「こんにちは」の実際の使用例をみていくことにします。

ビジネスの場で使う事を前提にしていますので、局面的には、相手が顧客やお客様、といったシーンでしょう。

そういった場面を連想して以下にご紹介する使用例を参考にしてみてください。

こんにちは、はじめまして

「こんにちは」の使用例の1つ目は「こんにちは、はじめまして」です。

ビジネスの場で初めて遭遇する相手の人に対して「こんにちは」と挨拶をしようと思ったなら、初対面の礼儀として「はじめまして」を付け加えるのが妥当でしょう。

全くの初対面の人に対していきなり「こんにには」だけではあまりにぶしつけで少々、乱暴なイメージを相手に与えてしまいます。

「初めて会ったのに、なにがいきなりこんにちは、だ!」といった感じで立腹する人も出てくるかも分かりません。

それくらい初対面のビジネスの場での挨拶というのは神経を使いまくるものなのです。

そして初対面の場であるならば、午前中であれば「おはようございます」」から始めた方がより丁寧感を相手に与えられるでしょう。

「こんにちは」はやはり「カジュアル」な垢ぬけ感じを与えますので相手と場所によって使い分けた方が無難かもしれません。

ただ、プレゼンの場のように周囲の雰囲気が硬く緊張感が漂いまくっているよな場なら、緊張を研ぎほぐす目的で「こんにちは」から始めた方が歓迎されるでしょう。

こんにちは、先日はありがとうございました

「こんにちは」の使用例の2つ目は「こんにちは、先日はありがとうございました。」です。

この使い方も、ある程度親しくなった間柄で用いるからこそ、より親近感が増すものと思われます。

しかしながら、こちらの方から積極的に声掛けを行っていきたいのなら、どんどん「こんにちは」から入ってゆけばいいでしょう。

そして「先日はありがとうございました。」と付け加える事によって前回のお付き合いへの感謝の気持ちを述べているわけです。

ビジネスにおいては、顧客との信頼関係を築くのが担当者にとって最大のミッションの一つ。

いきなり「こんにちは」から始まって、要件を言ってしまうというのは信頼関係も人付き合いもへったくれもない感じがして、言われた方の人は辟易としてその人を避けたくなってしまうかも分かりません。

だからこそ、挨拶の後に素早く先日のお礼と感謝の意思を言っておくのです。

ビジネスは何事も先手必勝。

この姿勢が顧客との有効な関係を作ってゆくのですよ。

こんにちは、いつもお世話になっております

「こんにちは」の使用例の3つ目は「こんにちは、いつもお世話になっております」です。

これはビジネスにおける定番中の定番の挨拶の形態ですね。

「こんにちは」のあとにつける「お世話になっております」がいかに仕事中において使われることか。

恐らく会社の仕事を引退するまでに数えられないくらい発言していると思いますよ。

「お世話になっております」は実に便利な挨拶言葉です。

この一言があるだけで信頼関係というものがそのまま体現されているわけですからね。

だからこの言葉は担当者レベルだけではなく社長や重役クラスの人達でも顧客の前に行ったならば必ずや使われるのです。

だから、あなたが会社の担当者の立場であるならば、相手との付き合いの深い浅いは関係なく「お世話になっております」を言いましょう。

これによってその後の話の展開は驚くほどスムーズに回っていきますからね。

「おはようございます」のメールでの使い方


それでは次に参りましょう。

今度は「おはようございます」のメールでの使い方です。

社内であれ社外であれ、メール連絡は今やビジネスシーンにおける必須アイテム。

人昔前のように電話で連絡を取り合っていた時代に比べたら遥かに労力も時間も節約できる時代になったものです。

しかし、だからといってメールで何でもできるわけでもありませんし、そこにも犯してはいけない最低限のルールというものが存在します。

では、ビジネスシーンにおけるメールを使った「おはようございます」についてみていく事に致しましょう。

1.注意点

まずは「おはようございます」を使う際の注意点からです。

と言いますか、注意するべきことを守ることが挨拶に使う言葉の宿命。

以下の3点を「おはようございます」の注意3箇条として頭に刷り込んでおきましょう。

朝に読むとわかっている場合

まずは「おはようございます」メールを朝、読むと初めから分かっている場合です。

これは比較的、苦労はいらないでしょう。

朝一に送っておいたメールを相手の人が確実に読んでくれると分かっているのですから何も考える必要はありません。

ただ、誤字・脱字などがないように気をつけてメールを送るだけです。

朝のうちに相手がメールを読んでくれるのが分かっているという状況は、恐らく前日にそういう意思確認があったか、期限を切らずに毎朝、メールを必ず送ってくるように、という指示が出ているか、などでしょう。

だから、こちらは安心して「おはようございます」から始まるメール分を送ればいいわけです。

相手の読むタイミングがわからない場合は使わない

次に問題になるのが「相手の読むタイミングが分からない場合」です。

この問題が「おはようございます」を使うかどうかの最も悩む点になるでしょう。

例えば自分の上司に連絡メールを送ったのですが、本人が出張や行き先不明、といった時があります。

そんな時は相手がいつ、自分の送ったメール文を読んでくれるのか予測するのは難しいものです。

よってそういったケースの時は、あえて「おはようございます」は外し、別の挨拶言葉ではじめましょう。

例えば「お疲れ様です、○○部の○○です」といった感じですね。

とにかく「おはようございます」という冒頭の挨拶文は午前中しか使えない時間限定の言葉です。

相手の今、置かれている状況を察してメールを送りましょうね。