「それってしやすいですよね!」「やりやすいですよ!」なんてビジネスシーンで“しやすい”という言葉を多く使っているそこのあなた!

あなたは、きちんとした「しやすい」という言葉の意味を知っているでしょうか?

また、これまでに「しやすい」という言葉を見聞きした中で「これって意味が伝わりにくいな」と感じたこともあったのではないでしょうか。

「しやすい」という言葉は、実はビジネス用語の一つでもあるのですが、それだけではなくプライベートシーンでも「しやすい」という言葉を多用している方も多いのではないでしょうか。

そのようにビジネスシーンだけではなく、プライベートシーンでも使うことのできる言葉ということは、”とても使いやすい言葉”だということなんですよね。

この日本にはそのように使うのに便利な言葉がたくさんあるものです。

だからといって使いすぎていると間違ったところで使ってしまっていたり、人によっては間違ったニュアンスや意味でこの言葉を使用しているなんて言うこともあります。

それだと大人として少し恥ずかしいですよね!

子供時代であれば、大人が叱ったり注意してくれたものですが、大人になればなるほど、年をとればとるほどに間違いを指摘してくれる人は少なくなるのでいつまでたっても悩んでいるしかないからなんです。

ということで、この記事では日常的にも、ビジネスシーンでもよくつかわれている「しやすい」という言葉について特集しています。

ぜひ、この記事を参考にしてあなたがこれまでに使っていた「しやすい」という言葉の使い方があっていたのかを確認し、これからは正しい意味や使い方で「しやすい」という言葉を使いこなせるようになってくださいね。

「しやすい」とは?

あなたは、これまでの人生の中において「しやすい」という言葉を使ったことがあるでしょうか?また、誰かが使っているのを聞いたり、どこかに記載されているのを見たりした経験もあるかもしれないですね。

「おはよう」とか「こんばんは」と同じくらいに「しやすい」という言葉は、日本では多く使われている言葉になるのではないでしょうか。

とはいっても、このようにたくさん―それも日常的に―使われる言葉であっても、正しい意味を知ってその言葉を使っている人って少ないんですよね。

あなたは、これからご説明していく「しやすい」という言葉の意味を見なくても、第3者の人が理解してくれるように「しやすい」という言葉の意味を説明することができるのでしょうか。

おそらく、多くの人が「しやすい」という言葉をこれまでになんとなくのニュアンスで使ってきてしまっているので、その意味を説明することはできないのではないでしょうか。

だって、「しやすい」は「しやすい」ですものね。

説明するまでもないし、話していればお互いに理解できるような簡単な言葉じゃないか!なんて言い張る人もおられるかもしれません。

とはいっても、そのようになんとなくのニュアンスで「しやすい」という言葉を知っているとすると、いつどこで間違った意味やその使い方でこの言葉を使ってしまうことになるのかわからないですよね。

ということで、ここではまずは「しやすい」という言葉にはどのような意味が含まれているのかをご説明いたします。

これまでになんとなく使ってきた言葉であるからこそ、「きちんとした意味があったの!?」なんて驚かれる方も多くいらっしゃるでしょうね。

そんな「しやすい」という言葉には、いったいどのような意味があるというのでしょうか?早速その意味を確認していきましょう。

意味

あなたは、きちんとした「しやすい」という言葉の意味を知っているでしょうか。

「する」という言葉に「やすい(易し)」という言葉をつけることによって、この言葉にすることができるんですよね。

「する」というのは、その言葉の通り“何かをすること”、英語では“Do”という言葉に当てはまりますね。

また、「易し」というのは“簡単なようす”というのを表している言葉になります。

そうすると、「する」+「易し」で、「するのが簡単な様子やそのさま」としてこの言葉を大きくとらえることができるでしょう。

とはいえ、これだけではきちんとしら「しやすい」という言葉の意味を理解したことにはなりません。

ということで、「する」+「易し」という言葉の変化形ということを頭に入れて、これから「しやすい」という言葉の意味について確認していくことにしましょう。

大した手間がかからず行える

たいした手間がかからないという意味があります。

あなたは、何かを行うときにスムーズに進めることができたら、とてもうれしく感じますよね。

それに何事に対しても、手間をかけずに終わらせようと効率化を図っている人もいることでしょう。

そのように大した手間を取らない様子、それに物事に時間をかけなくてもそれを完結することができるという意味を持っている言葉になります。

例文でいうのであれば「この仕事はとり組みやすいですよね」ということができ、この文章は「この仕事は手間がかからずに取り組むことができますよね」という意味になります。

簡単である

さきほど「する」と「易し」という言葉がドッキングすることによって「しやすい」という言葉ができているということをお伝えしましたよね。

つまり、それって“簡単にできる””簡単に進めることができる”という意味を持っているということになります。

多くの方は、「しやすい」という言葉を使うのって「簡単である」というニュアンスでこの言葉を使用していたのではないでしょうか。

この言葉の意味で例文を作成するのであれば、「あの自動車は運転しやすかった」ということができます。

この文章がどのような意味を持っているのは説明するまでもないですよね。

「あの自動車は運転するのが簡単だった」という意味にすることができます。

やりやすい

「する」と「易し(簡単、easy)」という言葉がドッキングすることによってできた「しやすい」という言葉は、”何かをするとき”にも使うことができる言葉になります。

そのようなシーンで使う言葉といえば、「やりやすい」ということができるんですよね。

つまり、「何かをやりやすい状況」という意味までも持っている言葉になります。

これまでにいろいろな「しやすい」という言葉の意味をお伝えしてきましたが、全ての意味に共通するものは”やさしいこと””簡単な意味合い”ではありませんでしたか?

それを総称するかのように、「やりやすい」ということもできるんですよね。

例文でいえば「この作業はしやすい」ということができ、この例文は「この作業はやりやすい」ということができます。

おそらく多くの方は、これまでの人生の中で「やりやすい」というニュアンスでも「しやすい」という言葉を使用してきたのではないでしょうか?

漢字で表すと


では「しやすい」という言葉を漢字で示すとなると、どのように示すことができるというのでしょうか?

これまでに「する」という言葉、さらにはそこに「易し」という言葉をドッキングすることによって「しやすい」という言葉を作り上げることができるということをお伝えしましたよね。

つまり、「しやすい」という言葉になるということになります。

というと、「しやすい」という言葉を漢字でどのように示せばいいのかはなんとなく想像がつくのではないでしょうか?さっそくその漢字を見ておきましょう。

し易い

「しやすい」という言葉は、なかなか漢字で示すようなことはありません。

あるとしたら「し易い」となります。

これは先ほどまでに何度もお伝えした「する」と「易し」という言葉をドッキングする、ということを思い出すことができれば簡単に想像することができたのではないでしょうか。

「する」ことが「易し」、つまり“簡単である”ということを示しているということになりますね。

「しやすい」の敬語

次に「しやすい」という言葉における敬語表現を見ておきましょう。

「ええ!?“しやすい”という言葉に敬語なんて存在していたの!?」とか「このままで“しやすい”という言葉を使っていたよ!」なんていう方もおられるかもしれないですよね。

しかし、「しやすい」という言葉でも敬語表現というのは存在しており、特にビジネスシーンで「しやすい」という言葉の意味を持つようなことを相手に伝える際には、その敬語表現を使うのがとても好ましいのです。

とはいっても、どのような「しやすい」という言葉の敬語表現があるのかなんて想像もつかないですよね!

ということで、ここでは「しやすい」という言葉における敬語表現について解説いたします。

それぞれ、どのようにして使うのが正しいのか?例文をまじえて、じっくりとその使い方について学んでいきましょう!

動詞を伴って使われる場合が多い

ずばり、これまでに「しやすい」という言葉をビジネスシーンで使ってきた人にとっては、これまでの使い方が果たして正しかったのかどうかが一番に気になっているポイントなのではないでしょうか。

ずばり、敬語表現において「しやすい」という言葉、そのニュアンスを伝えるときには“動詞を伴って使うことが多い”ということになります。

なかには「しやすい」という言葉が特定の敬語表現に変化するということになるのかも!なんて思われたかもしれませんが、そのようなことにならないんですよね。

「しやすい」は、敬語表現のなかで使う際にも「しやすい」のままです。

かといって、「しやすい」だけでは相手にきちとした敬語として伝えたいことを伝えることができません。

では、“動詞を交えて使う”というのは、どのようなことをいっているのでしょうか。

その敬語表現を例文を使ってみていくことにしましょう。

ご利用しやすいです

これはどのような意味を持っていると思いますか?

何かを営業したり、サービ業などに付いている方であれば、日常文句のようにこの文章を口にしているかもしれないですよね。

ずばり、この文章は「利用するのが簡単ですよ」「利用するにあたって、なにか特別なことをする必要もなくスムーズに進めることができますよ」という意味合いになります。

つまり、日常会話でいえば「使いやすいよ」といいたいわけになります。

このように”利用する”という言葉に”しやすい”という言葉を足すことによって、相手に伝える敬語表現として使うことができるようになるんです。

ご活用しやすくなります

これはどのような意味を持っているでしょうか?

すでにひとつ前で「しやすい」という言葉をどのように敬語表現にしていくのか、どのようにして使っていくのかについて学んできたので意味をすぐに解釈することができるのではないでしょうか。

ずばり、「活用するのが簡単ですよ」という意味になりますね。

日常会話で話すのであれば「活用しやすいよ」「活用するのに手間取らないから」なんていう意味になりますね。

何かを活用するとき、またなにかのサービスやオプションをつけることによって、もともと持っているサービスなどをさらに使いやすくすることができるものなどに、このようなセリフを使うのではないでしょうか。

これまた、ひとつ前の敬語表現と同じように営業やなんらかのサービス業についている人であれば、この言葉を使うこと機会が多いのではないでしょうか。

取得しやすくなっています

これはどのような意味を持っている言葉でしょうか。

このように「取得する」という動詞、さらには“しやすい”という言葉でくっつけることができるんですよね。

もう例文なしに「敬語で箱のように使えばいいのか」というのを納得することができたのでしょう。

とはいえ、この文章の意味も確認しておきたいですよね。

見てそのまんまでもありますが、「取得が簡単である」ということを敬語として使っている表現になります。

何かを取得することができるとき、また取得するのを忘れているような顧客がいる場合にはこのような言い方をすることができるのではないでしょうか。

簡潔に伝える際の言葉


「しやすい」という言葉は、ほかにも“簡潔に物事を伝えるとき”にも使うことのできる言葉になります。

これまでに何度もお伝えしてますが、ビジネス面では“いかにわかりやすく”簡潔に相手に伝えることができるかどうかが重要な視点になってくるかと思います。

あなたも取引先や契約先の方が、何を言っているのか理解できないような複雑なことを言っているのを聞いてしまったらゲンメツしてしまいますよね。

それと同じことになります。

そのようにならないために、相手に不快な思いをさせずスムーズにビジネスを進めていくためにも“簡潔に伝える言葉”というのを学んでおくことにしましょう。

では、「しやすい」という言葉を簡潔に伝えるときというのは、どのような場面になるというのでしょうか?さっそくその場面を見ておきましょう。

すぐにできること

仕事面において「すぐできること」や相手に対して「すぐにしてあげることのできること」というのは限られてきますよね。

そのような”すぐにできること”を相手に伝える際にも「しやすい」という言葉を使うことができます。

例えば、「この案件はクリアしやすい」とか「この取引は早めに終えやすい」などとして使うことができるでしょう。

簡単に終えられること

「すぐにできること」をさらにかみ砕き、わかりやすい言葉として言い換えるのであれば「簡単に終えることのできること」ということになります。

仕事でもすぐに終えることができるものもあれば、すぐに終えることのできないものもありますよね。

もしも簡単に終えることができるとわかっていたら、「しやすい」という言葉で相手に伝えることができるんですよね。

ひとつ前の項目でもお伝えしたように「この案件はクリアしやすい」なんて使うことができます。

これって「簡単にこの案件を終わらせることができる」という意味になりますよね。

場面ごとに敬語表現を変えて

また、「しやすい」という言葉はビジネスシーンでも“その場面”によって敬語表現を使い分けることができるとても便利な言葉になります。

相手が目上の人であっても、目下の人であっても、同じレベルの人であってもこの言葉を使うことができるのです。

とはいっても、基本的に“やりやすい”“簡単である”というニュアンスでこの言葉を使っていくので、あまり難しく考える必要もないですよね。

「しやすい」のビジネスでの使い方

では、ビジネスシーンで「しやすい」という言葉を使うときにはいったいどのようなことに気を付けていけばいいのでしょうか?

また、どのようなときに「しやすい」という言葉を使っていけばいいのでしょうか。

「しやすい」というような日常会話でも使うような言葉にも使い方が存在していることを知ると、どのように使えばいいのかわからなくなってしまうものですよね。

そのようにしないために、ここでは「しやすい」という言葉のビジネスシーンにおける基本的な使い方を確認しておくことにしましょう。

1.宣伝文句として、第三者に対する表明の場合が多い

あなたは、これまでにどのようなシーンで「しやすい」という言葉を見てきたでしょうか?また、耳に聞き入れるような機会があったでしょうか。

人によっては毎日のように話している人がそばにいるので、その人の口から見聞きする機会が多いという人もいるかもしれないですね。

そのように誰かが話しているといっても、おそらく”宣伝文句”として使っている言葉で耳にする機会が多いかと思うんです。

ずばり、「しやすい」という言葉は、宣伝文句として、第3者に対してその”簡単なこと”を表明する場合に使われることがとても多いものです。

では、そのように”第3者に対する表明”とはどのような言い方や表現があるというのでしょうか?その表現方法までもしっかりと確認しておくことにしましょう。

〇〇しやすくなりました

これまではしにくかったことも、技術の進歩や働く人の知恵などによって”より簡単に挑戦できる”ことができるようになったり、”簡単に取り組むことができる”ようになるものですよね。

そのようなことを伝える際には、「○○しやすくなりました」と表現することができます。

この場合、この”何かをしやすくなる”前というのは、今以上にどこか不具合だとか不都合なことがあり、”そのようにするのは難しいポイントがあった”ということになります。

何かしらのポイントを改善することによって、そしてそれを使っている人がこれまで以上に快適に何かを行うことができる…という意味合いで「しやすい」という言葉を使うことができるようになるんですね。

例えば、「今回からポイントが溜まりやすくなりました」なんて使うことができます。

この場合、これまではポイント還元率がとても低かったものの、今となってはその還元率があがったことをさすようになったということになりますね。

〇〇がさらに簡単になりました

次に「○○がさらに簡単になりました」という表現に言い換えることも可能です。

「しやすい」という言葉には、どのような意味があったのかを少し思い出してみてください。

何かをすることが容易になる…つまり、簡単だということを表す意味合いがありましたよね。

ずばり、そのことを示すことができるのがこの文章になります。

ひとつ前の項目の例文を使うのであれば「ポイントをゲットするのがさらに簡単になりました」と言い換えることができます。

これは、もともとポイントをゲットするのが難しい状況だったということまでも物語っていますよね。

このように“何かがもともとは難しかったけれども、それが簡単にできるような現状になった”ということを伝えるためにも「しやすい」という言葉を使うことができるようになるんですね!

2.上司から部下へ

「しやすい」という言葉を使うにあたって、お客様などの顧客に使うような場合(これまでにお伝えした1.)もあれば、職場で上司から部下へ何かを伝える際にも「しやすい」という言葉を使うことがあります。

あなたも部下に対して「しやすい」という言葉を使って何かを伝えた経験があるのではないでしょうか。

とはいっても、どのように使えばいいのかわからない、自分の使い方が間違っているのかも気になるという方もおられるはず。

では、上司から部下に対して「しやすい」という言葉を使うってどのようにすればいいのでしょうか?

そのまま表現される場合が多い

ずばり、特に規定はありません。

これまでに敬語表現にて「しやすい」という言葉を使うときには、あれこれ気を付けるべき点がある…とお伝えしましたが、職場において上司から部下に対して「しやすい」という言葉を使う際にはあまりルールがないんですね。

つまり、あなたが伝えたいことをそのまま「しやすい」という言葉で伝えることができることになります。

例えば、その案件は挑戦しやすいということを伝えたいのであれば、ひとくせいれることなくそのまま部下に伝えればいいということになります。

3.部下から上司へ

逆に部下から上司へ「しやすい」という言葉を使うこともありますよね。

そのようなときには、上司から部下へ「しやすい」という言葉を使う時とは違って、少しルールがあるといわれています。

では、どのようなルールがあるというのでしょうか?

そのままの表現は避ける

ずばり“そのままの表現は避ける”ということになります。

「しやすい」という言葉は、動詞にくっつけて使うべき言葉でしたね。

あなたが部下に対して「しやすいこと」を伝えるのであれば、その動詞を省くこともできます。

しかし、もしもあなたが上司に向かって「しやすいこと」を何か伝えるのでしたら、必ず「動詞+しやすい」という形をとるようにしなくてはいけないのです。

そうしないと”無礼なもの”に思われたり、敬語が使えない人と思われてしまうことも。

「しやすい」をビジネスで使う際の注意点

これまでに「しやすい」という言葉の意味やその使い方など、いろいろなことをお伝えしてきましたね!

あなたは「しやすい」という言葉をすぐにでもビジネスシーンで使いたいと考えているかもしれません。

とはいっても、実際にこの言葉を使うとなると「本当にこれでいいのかな」なんて不安になってしまうものです。

そのようにしないために、ここでは「しやすい」という言葉をビジネスシーンで使う際には”必ず”注意してほしいポイントをお伝えしていきます。

これまでに何度もお伝えしていますが、「意味も使い方もわかってる」と思っている言葉こそ、間違って使いやすい要注意な言葉として扱うことができるのです。

「しやすい」という言葉でもそのようなことが起きないように、ここでしっかりと「しやすい」という言葉の使い方についてみておくことにしましょう。

あなたはこの注意点を守ることによって、さらにビジネスマンとしての質をあげることができるはずですよ。

1.「しやすいです」と使わないように気を付ける

あなたは、これまでに「しやすい」という言葉を使うにあたって、「~しやすいよね!」ではなく、この言葉単体で「しやすいよね」なんて簡単に使ってしまった経験があるのではないでしょうか?

プライベートシーンでそのように「しやすいよね」なんて“しやすい”という言葉を単体で使うのは全く問題ありません。

しかし、ビジネスシーンにおいてはそのような使い方をしないようにしましょう。

さきほど“「しやすい」の敬語表現”という項目でもお伝えしたように、「しやすい」という言葉は必ず動詞にくっつけて使うべき言葉だからなんですね。

これは「しやすい」という言葉を使うにあたって基本的な使い方になりますから必ず押さえておくようにしましょう。

例えば「この案件はクリアしやすいですか」と質問を受けた時に、早くに相手に伝えなくては!というような気持ちから焦って「はい!しやすいです!」なんて答えてしまう方もおられるかと思います。

しかし、そのように「しやすいです」と単体で使うのは相手に失礼に当たりますし、人によっては「敬語も使うことができないのか」なんて思われることになるでしょう。

そうしないように、どんなに焦っていたとしても必ず「動詞+しやすい」という形で相手に物事を伝えるように気を付けるようにしましょう。

プライベートシーンでも「動詞+しやすい」という形をとることによって、ビジネスシーンでの間違いを防げるはずです。

2.なぜしやすくなったのかの説明を必ずする

あなたは、“とにかくその物事が簡単であることを伝えなくては”という医師に駆られてしまっているかもしれないですね。

それに相手も“どれがやりやすいのかどうか”という点に注目していることもあるでしょう。

そうすると、その理由を伝えることなく“しやすいこと”だけを相手に伝えてしまうものです。

しかし、そのように「しやすいかどうか」ということだけを伝えるのはビジネスシーンにおいては“情報不足”となります。

そうなりますと、後になって大きな問題になってしまってもおかしくはないんですね。

そうしないために、「しやすい」ということを伝えるためには、必ず“なぜしやすくなったのか”という説明を必ず行うようにしましょう。

そうすることによって、相手からの理解も深まりますし、相手にとっては不信点をなくすことができるのでビジネスの相手として信頼されるようになるんですね。

あなただって取引先の相手から急にどう考えても難しいと思われる仕事に対して「この案件は高い利益を生み出しやすいですよ」なんて言われても信じることができないですよね。

ビジネスシーンにおいては、どんなに小さなことでも“その理由”の説明が必要になるのはこのことからなんです。

正しい意味を知って正しく使おう

今回は、ビジネスシーンでもパブリックシーンでもよくつかわれる言葉である”しやすい”という言葉について特集してきました。

あなたは、この言葉の意味や使い方、そして使う際の注意点などを納得して理解することができたでしょうか。

かなり詳しく、それもいろいろな角度からお伝えしてきたのでもう自信満々になられているかと思います。

かといって、油断すると間違って使ってしまうのが”よく使われる言葉”なんですよね。

あなたの周りには、もしかしたら間違った意味や使い方で「しやすい」という言葉を使っている人がいるかもしれません。

そのような人に流されないように、この記事で学んだことをぜひともビジネスシーンで生かすようにしてみてください!

きっとあなたの人生そのものが良い方向へ向かっていくようになるはずです!

なにか不安になったらまたこの記事を読み返してくださると幸いに思います。