CoCoSiA(ココシア)

「しやすい」の敬語やビジネスでの使い方を解説

しやすい」という言葉はよく使いますが、その意味を理解できていますか?

「しやすい」という言葉は、実はビジネス用語の一つでもあるのですが、それだけではなくプライベートシーンでも「しやすい」という言葉を多用している方も多いと思います。

プライベートシーンでも使うことのできる言葉ということは、”とても使いやすい言葉”だということなんですよね。

この記事では、「しやすい」の敬語やビジネスでの使い方を解説していきます。

この機会に改めて「しやすい」という言葉について学んでいきましょう。

「しやすい」とは?

あなたは、これまでの人生の中において「しやすい」という言葉を使ったことがあるでしょうか?また、誰かが使っているのを聞いたり、どこかに記載されているのを見たりした経験もあるかもしれないですね。

「おはよう」とか「こんばんは」と同じくらいに「しやすい」という言葉は、日本では多く使われている言葉になるのではないでしょうか。

とはいっても、このようにたくさん―それも日常的に―使われる言葉であっても、正しい意味を知ってその言葉を使っている人って少ないんですよね。

あなたは、これからご説明していく「しやすい」という言葉の意味を見なくても、第3者の人が理解してくれるように「しやすい」という言葉の意味を説明することができるのでしょうか。

おそらく、多くの人が「しやすい」という言葉をこれまでになんとなくのニュアンスで使ってきてしまっているので、その意味を説明することはできないのではないでしょうか。

だって、「しやすい」は「しやすい」ですものね。

説明するまでもないし、話していればお互いに理解できるような簡単な言葉じゃないか!なんて言い張る人もおられるかもしれません。

とはいっても、そのようになんとなくのニュアンスで「しやすい」という言葉を知っているとすると、いつどこで間違った意味やその使い方でこの言葉を使ってしまうことになるのかわからないですよね。

ということで、ここではまずは「しやすい」という言葉にはどのような意味が含まれているのかをご説明いたします。

これまでになんとなく使ってきた言葉であるからこそ、「きちんとした意味があったの!?」なんて驚かれる方も多くいらっしゃるでしょうね。

そんな「しやすい」という言葉には、いったいどのような意味があるというのでしょうか?早速その意味を確認していきましょう。

意味

あなたは、きちんとした「しやすい」という言葉の意味を知っているでしょうか。

「する」という言葉に「やすい(易し)」という言葉をつけることによって、この言葉にすることができるんですよね。

「する」というのは、その言葉の通り“何かをすること”、英語では“Do”という言葉に当てはまりますね。

また、「易し」というのは“簡単なようす”というのを表している言葉になります。

そうすると、「する」+「易し」で、「するのが簡単な様子やそのさま」としてこの言葉を大きくとらえることができるでしょう。

とはいえ、これだけではきちんとしら「しやすい」という言葉の意味を理解したことにはなりません。

ということで、「する」+「易し」という言葉の変化形ということを頭に入れて、これから「しやすい」という言葉の意味について確認していくことにしましょう。

大した手間がかからず行える

たいした手間がかからないという意味があります。

あなたは、何かを行うときにスムーズに進めることができたら、とてもうれしく感じますよね。

それに何事に対しても、手間をかけずに終わらせようと効率化を図っている人もいることでしょう。

そのように大した手間を取らない様子、それに物事に時間をかけなくてもそれを完結することができるという意味を持っている言葉になります。

例文でいうのであれば「この仕事はとり組みやすいですよね」ということができ、この文章は「この仕事は手間がかからずに取り組むことができますよね」という意味になります。

簡単である

さきほど「する」と「易し」という言葉がドッキングすることによって「しやすい」という言葉ができているということをお伝えしましたよね。

つまり、それって“簡単にできる””簡単に進めることができる”という意味を持っているということになります。

多くの方は、「しやすい」という言葉を使うのって「簡単である」というニュアンスでこの言葉を使用していたのではないでしょうか。

この言葉の意味で例文を作成するのであれば、「あの自動車は運転しやすかった」ということができます。

この文章がどのような意味を持っているのは説明するまでもないですよね。

「あの自動車は運転するのが簡単だった」という意味にすることができます。

やりやすい

「する」と「易し(簡単、easy)」という言葉がドッキングすることによってできた「しやすい」という言葉は、”何かをするとき”にも使うことができる言葉になります。

そのようなシーンで使う言葉といえば、「やりやすい」ということができるんですよね。

つまり、「何かをやりやすい状況」という意味までも持っている言葉になります。

これまでにいろいろな「しやすい」という言葉の意味をお伝えしてきましたが、全ての意味に共通するものは”やさしいこと””簡単な意味合い”ではありませんでしたか?

それを総称するかのように、「やりやすい」ということもできるんですよね。

例文でいえば「この作業はしやすい」ということができ、この例文は「この作業はやりやすい」ということができます。

おそらく多くの方は、これまでの人生の中で「やりやすい」というニュアンスでも「しやすい」という言葉を使用してきたのではないでしょうか?

漢字で表すと


では「しやすい」という言葉を漢字で示すとなると、どのように示すことができるというのでしょうか?

これまでに「する」という言葉、さらにはそこに「易し」という言葉をドッキングすることによって「しやすい」という言葉を作り上げることができるということをお伝えしましたよね。