CoCoSiA(ココシア)

おフェロメイクをキレイに決めるための8個の注意点

おフェロメイクをキレイに決めるための8個の注意点のイメージ写真
女子の皆さん、メイクは大好きですか?

いつの時代も、女の子はかわいくなりたいですよね?

毎日のメイクに気合いが入るのは女性なら当たり前です。

そんつなメイクですが、移り変わりも早く、いろんなメイクが日々生まれています。

今はやっているメイクと言えば、「おフェロメイク」ですよね。

お風呂から上がったばかりのような、血色の良い、可愛くてセクシーなおフェロメイク。

うまくメイクできれば最新の流行りの顔が出来上がりますが、そもそもおフェロメイクをうまくキメるには、どんなところに気を付ければいいのでしょうか。

コツなどはあるの?大事なポイントは??今回は、みんな知りたい「おフェロメイク」について詳しく見ていきます!

️おフェロメイクをキメるときの8個の注意点

ひとくちに「おフェロメイク」と言っても、抑えておくべきポイントを知っておかなければ正しいおフェロメイクは完成しません。

どんなメイクをするかだけでなく、普段の肌作り、メイク前の下準備も必要になってきます。

そして、使うコスメにもポイントがあります。

質感も重要になってきますので、単にチークを乗せるのではなく、使うチークにも工夫が必要です。

完璧なおフェロメイクをするための、コツを覚えておきましょう。

日々のスキンケアは必須!

おフェロメイクのために日々のスキンケアをしている
おフェロメイクに欠かせないのが、白くてなめらかで透き通るような美白肌です。

うるおいのないカサカサ肌では、どんなにうまくメイクをしてもおフェロメイクにはなれません。

お手入れを怠ったくすみ肌も、おフェロメイクをするには適していません。

おフェロメイクは「お風呂上がりのような、ほてった頬に、ウルウルに潤っている肌である」ことが条件。

どんなにメイクスキルがあっても、土台である肌がきれいでないと、うまくメイクが決まらないので、おフェロメイクを決めたかったら普段のお手入れを念入りにすることから始めましょう。

「メイクは好きだけど、オフするのがめんどうくさい」という人は多いですが、綺麗な肌になるために、メイクをきちんとオフすることも心がけるようにしてください。

がっつりメイクをオフしないまま寝てしまうなんて言語道断ですよ。

メイクを楽しむために、自分の肌をとことん大事にすることを頭に入れておいてください。

目指すべきは白美肌

セルフィーが大流行している現在、アプリひとつでシミ・くすみのない美肌を作ることはできますが、写真でどれだけ加工しても、実物がガタガタ肌ではどうしようもありません。

どれだけ写真が盛れても、実際に会ってがっかりされたくありませんよね?そのために、おフェロメイクの方法を学ぶ前に、肌のコンディションをしっかり整えておくことが必要になってきます。

先ほども書きましたが、とにかくおフェロメイクには白くて透き通るような美肌でなければいけません。

シミ・くすみなど一切なく、フラットで、毛穴もない、白美肌が理想です。

とはいっても、日々肌のコンディションは変わりますし、ストレスや生活リズムで肌は簡単に荒れてしまいます。

まずは、毎日メイクをきちんとオフし、化粧水で肌を整え、その後も保湿、美容液でさらに美肌を目指すなど、毎日のケアを大事にしてほしいのです。

スキンケアに大金を使わなくても、丁寧に汚れを落とす、水分と潤いを充分に与えてあげる、蒸発してしまわないようにふたをしてあげる、こういった基本的なことをコツコツ続けていれば、肌は少しずつですが美肌に近づいていきますので、まずは基礎を疎かにしないように、日々白美肌を目指してお手入れをしてください。

メイク前もしっかり保湿

おフェロメイクの前にしっかり保湿している
普段のお手入れで美肌を手に入れたら、いよいよおフェロメイクをしていきます。

ここで最初にやるべきことは、やはり土台の肌を丁寧に作っておくことです。

カサカサのお肌ではおフェロメイクは作れません。

汚れを落とした状態で、充分に保湿します。

一日、どんな環境にいても、乾燥しないようにしっかり保湿して、初めておフェロメイクの入り口に立てます。

スキンケアで充分保湿してあげても、ベースの種類によっては乾燥して見えてしまう人もいると思うので、乾燥しがちな人は、ファンデーションも保湿効果のあるものを使います。

クリームタイプや、素肌に近い仕上がりになるムースタイプなど、ベースを作るにもいろんなアイテムがありますので、自分の肌に合ったアイテムを使いましょう。

大事にするのは潤いです。

艶々した肌を一日保てるように、潤いを閉じ込めたベースメイクをするようにしてください。

それでも日中乾燥してしまう人は、メイクの上からでも潤いをチャージできるアイテムを持ち歩いてください。

肌が乾燥したな、と思ったら、すぐに保湿するようにしましょう。

おフェロメイクに乾燥は大敵、と覚えておいてくださいね。

アイシャドウはラメ感重視

まぶたの上も、はっきりした色を乗せるのではなく、光やつやを出していきます。

お風呂上がりのまぶたはカラーレスですよね?おフェロメイクでも、そういった質感を出していきます。

ただし、色を乗せないということはアイシャドウを使わないのか?というと違います。

角度によってキラキラ見えるように、ラメの入ったシャドウを使うとおフェロ感が出ます。