整ったルックスの方は、持って生まれた最高の特質ですよね。

一度でいいからそんなルックスを持ってみたいものです…。

しかし、造形は変えられないかもしれませんが、顔の大きさは実は努力で変えられます。

そういうわけで今回は「顔が大きいと気にしてる人がやると良い12個の小顔対策」です。

これを毎日試したらあなたも小顔になれるかもしれません。

顔が大きいことがコンプレックスの人へ


顔が大きいのは骨格のせい、とあきらめてる人はたくさんいると思いますが、一言に骨格で片付けられるほど「輪郭」は安易なものではありません。

人によって様々な原因、そして目に見えない要因が隠れています。

大事なことは自分の原因は何なのか?きちんと見極めることです。

そしてその為には素直に認めましょう。

悔しいけれど自分の顔がでかいという事実を…。

ルックスに関してのコンプレックスは非常に根深いものです。

あの太宰治はたった一つニキビができただけで、自殺を考えるほどルックスのコンプレックスは深かったようです。

周りからは美男美女と評判でも、本人にとってそれはあまり関係ありません。

そのコンプレックスは他人にはやや嫌味に見えてしまうかもしれませんが、本人にとってはものすごく根深い問題です。

他人には小顔と見られていても、本人はもっと小顔になりたいと思ってることもよくあるでしょう。

天から授かった美形でも、だからといってそれに満足していては…ただの嫌味な人間です。

美に対しては今時男性でも敏感です。

女性なら、年齢関係なくいつまでも綺麗でいたいと思うのは当然でしょう。

残念ながら、生物は年齢とともに退化していきます。

こればかりは抗う術はありません。

が!!退化のスピードを遅くすることは可能です!!

当然ですがそれには相応の努力が必要です。

女優さんは何歳になっても綺麗ですよね?

あの人達は、誰も見ていないところで相当の努力をしています。

ただでさえ美しい人達が必至で努力して、あの美しさをキープしているのです。

お金も時間もだいぶ使っていますが…。

美しくありたいという美への努力は必ず自分に帰ってきます。

それは単純にルックスだけではなく、人が持つ「雰囲気」にも表れます。

何かに頑張っている人の雰囲気は、やはり輝いているものですよ!!

なのでもし悩んでいる人がいるのなら、今からでも遅くはありません。

事実を認め、理由を分析し、行動に移しましょう!!

顔が大きい原因とは?


当然原因によって対策は変わってきますから、まずは原因を突き止めましょう。

結果には必ず原因があるものです。

これを明確に把握することが何よりも先決です。

今までいろんなことを試しても全く効果がなかった、という人は原因と対策が間違っているかもしれません。

正しい対策をすれば、効果が全くない、ということはありえません。

たとえその効果が微々たるものでも、きちんと形となって表れます。

案外、人は自分自身のことを測り切れていないものです。

そして目に見えない理由も大きく潜んでいます。

例えば食生活です。

自分は食生活に気を付けてる、と自信をもって言う人がいたとしましょう。

その人ははたして、毎日栄養素を「数値」で測って食事をとっているでしょうか?

どこかで聞いた「食の噂話」を鵜呑みにしてはいないでしょうか?

本当に食生活を改善するのであれば、ここまで徹底的に調査して実践する必要があります。

プロボクサーのカロリー管理などは徹底されていますよね?

栄養管理はそれほど難しいものです。

たまにはいいかな、という甘えも許されません。

そしてルックスの改善はそれほどまでに根気がいる作業でもあります。

それでは大きな顔の原因になることを探っていきましょう!!

遺伝


原因として、最も人を落ち込ませる一つですね。

つまり骨格そのものが大きい人です。

どうやら、骨格自体を小さくする方法も一時期騒がれていたようですが、これもまた信憑性に欠ける方法のようです。

家族、親戚を見回して、顔が大きい人(骨格が大きい人)はいますか?

そうであれば、やはり遺伝の可能性は高いでしょう。

でも、悲しむ必要はありません。

遺伝だからしかたないとあきらめてはいけません。

これに関しては詳しくは対策欄で書きますが、遺伝と判断する前に他にもやれることはたくさんあります!

もし遺伝だからとあきらめてる人がいるのなら、その人達に僕は質問したいです。

「骨格以外は完璧なのですか?」と。

ここで「そうです。自分は骨格以外は完璧です」と答えられる人がいるならば…もはや悩む必要ありませんよ。

常識的に考えて、自分のルックスで完璧なんて答えられる人はまずいません。

そうです。

仮に遺伝で骨格が大きくても美しくなれないわけではありません。

骨格はどうしようもなくても、逆を言えば、それ以外はなんとかなるということです。

そこを改善すれば必ず今より美しくなります!

あきらめてる人よりも頑張ってる人の方が美しく見えるので、身にまとうオーラも洗練されていくことでしょう。

なので例え相手が骨格でも、だから小顔は無理!美しくなるのは無理!ということでは絶対にありません。

むくみ


女性は特にむくみが多いですよね?

寝起きなどでは特にむくんでる人はたくさんいるでしょう。

血流が悪いと老廃物が溜まり、むくみになります。

そしてこのむくみは生活習慣など、本当にたくさんのことが原因です。

お酒やたばこ、ストレス、睡眠不足、運動不足、食生活など、多方面にわたって原因が潜んでいます。

そしてこれら全てを改善するのは…

想像しただけでもハードルが高いのは分かりますよね?

なので、骨格のせいだから…と全てをあきらめるのはもったいないと僕は断言できます。

実際にこのせわしない現代社会で生活習慣を完璧にする、ということはほぼ不可能ではないでしょうか?

つまり、改善の余地はまだまだたくさんある、ということです。

うつ伏せで寝る癖


自分がいつもどうやって眠りにつくか思い出してみましょう。

結論から言うと、仰向けに寝るのが最も健康的な寝方です。

横を向いて寝ると血流が滞ってしまい、むくみの原因になると言われています。

うつ伏せの方は…正直最も悪い寝方です。

血流が悪いだけじゃなく顔が潰れちゃいますよ。

もちろん人間は眠ってる間、「寝返り」をうちます。

これは血流が一定になり過ぎたため、無意識に、体が血流の改善を求めているからです。

これによって、血液も循環するわけですが、わざわざ「体に悪い寝方」をする必要はありませんよね?

寝返りの過信は禁物です。

太って脂肪が付いている


見た目で分かる一番簡単な理由です。

特に女性ならば一度は思ったことがあるでしょう。

付くのは簡単、落とすのは大変、と…。

やせやすい体質の人もいますし、「脂肪」に関してはどうにも不平等に思えることが多々あるでしょう。

…ただ、これは僕が常日頃感じていることなのですが、男性でも女性でも脂肪が一般的以上に付いてしまっている人は、やはり物を口に入れる回数は多いように思えます。

僕はあまり間食をしない方なのですが、僕から見るとその人達は「え?なぜこのタイミングでそれを口にしてるの?」と思うことが、たくさんあります。

きっと本人にとってはなんとなく、もはや無意識レベルなのでしょうが、間食の癖があまりついていない人にとっては「?」なのです。

そしてあまりに自然なその動作は日常、一人でいる時もその行動をとっていることを意味しています。

よく、そんなに食べていないのに痩せない、もしくは太ったと言ってる人がいますが、ほんとにそうですか?

もちろん少量でも脂肪になりやすい体質の人はいます。

程度の差はあります。

が食べていないのに、脂肪が一般水準以上に付くことは原理的にありえません。

何かしらでも少し口に含んでいます。

その少しが爆弾だった、ということも非常にありえます。

それが仮に飲み物だったとしてもそうです。

常識ですが、お茶よりコーラの方が脂肪になります。

例えば空腹時では炭水化物の吸収率が上がりやすいなど、総カロリーと同様、食べるタイミングなども脂肪に直結します。

当然消費力も関係してきます。

量、質、時間をコントロールしなければ、脂肪は年々増えていくことでしょう。

年齢とともに消費率が下がるからです。

かといって、極端なダイエットはリバウンドしますので、健康的なダイエット方法を模索してください。

体にもいいですし、小顔にもなりますよ。

顔がでかい人がやると良い12個の小顔対策


ここからは具体的な小顔対策をご紹介していきます。

といっても何も物珍しい対策があるわけではなく、ごくごく当たり前のことです。

そして誰もがやれることでもあります。

夜寝る前など、毎日5分でも続けることが大切ですね。

その5分ができないんだ!とおっしゃる方がいるかもしれません。

残念ながら、いかに簡単なことでもこういったことは日々のルーティンとして取り入れないと、長続きはしません。

もう決め打ちしてください。

毎日0時に寝るとしたら、23時55分から小顔対策の時間と!

もし友人から電話がきたら「あ、ごめん!今から目指せ小顔大作戦の時間だから!」と言って後からかけなおしましょう。(その場合は睡眠時間が減るのでご注意を)

どんなに簡単なことでも継続するのは大変です。

鉄のような意志が必要です。

あなたが本当に小顔になりたいのなら、その鉄のような意志を持ちましょう。

では以下、具体的な対策です!

1. 前髪を眉下まで下ろす


これはエクササイズも何も必要ありません!!

そうなんです。

たったこれだけのことでもだいぶ印象が変わって見えます。

つまり、髪で顔を隠してしまう、ということです。

なんだか姑息なやり方にも見えますが…。

写真を撮る時、自分で角度を作って写真を撮ったことありませんか?

これと全く同じことです。

右から見るのと、左から見るのでは印象が違いますよね?(ちなみにですが上から全身を撮ると足が短く見えます)

上でも言った通り、もし遺伝で骨格が大きいという人がいたら、ヘアースタイルでうまくごまかすのも、とても大切なテクニックです。

例えばボブっぽい髪型は、顔のエラ、サイド部分を隠すことにより小顔に見せる効果が期待できます。

前髪を長めにすることも同様で、見る人の錯覚を利用し、シャープな印象を与えることができます。

よく美容室で「芸能人の〇〇さんみたいに」とオーダーする人がいるようですが、これは絶対にやめた方がいいです。

その髪型は〇〇さんだから似合うのであって、あなたに似合うかは分かりません。

もしそのオーダーで「なんか違う」となっても美容師さんを責めたらいけませんよ。

髪型だけでだいぶ印象を変えることが可能です!

切ったり、伸ばしたりと、自分に合う美しさを追及しましょう!

2. ベロ出し運動


エクササイズ、というほどのことでもありませんが、ベロを動かすことによって顔の筋肉の運動になります。

あまり注目されていませんが、このベロを動かすことは小顔だけではなく様々な効果があるのです。

プロのシンガーでライブ前、レコーディング前にやって、活舌、喉の開き具合のウォーミングアップとして取り入れている人もいます。

ベロというのは意識して動かさないと、ものすごく動きの幅が狭くなります。

そして使わない筋肉はどんどん退化していきます。

そしてこのベロと顎周辺の筋肉は連動しているので、ベロを意識的に動かすことにより、顎周辺の筋肉を使うことにも繋がります。

引き締め効果が高いので、顎周辺にたるみを感じている人はぜひおススメしたい運動です。

3. ハンドマッサージを毎日する


マッサージをすることにより、血流を良くし、老廃物を出す方法です。

毎日少しでも続けることにより顔のむくみを取ることができます。

単純にマッサージすると気持ちいいものですから、リラックス効果もあります。

自分へのご褒美で、たまにはお店でアロママッサージ…というのもいいかもしれません。

4. あおむけで寝る


さっきも書いた通り、横向きやうつ伏せで寝るというのは良くない寝方です。

睡眠は人間にとって非常に大切なものです。

マッサージやストレッチなどの効果も高めるので、睡眠時間をきちんと確保して適切な姿勢で眠ることをおススメします。

ちなみに深夜2時前後は体内の回副作用が最も大きい時間帯と言われています。

深夜二時前後に熟睡しているように夜は遅くても0時前には眠るようにしましょう。

5. 首とデコルテのマッサージ


デコルテとは首元から胸元周辺を指します。

このデコルテマッサージにはどうやら信じられないほどの美容効果があるようです。

もともと頭部は体の中で最も重たいものですよね?

この頭部を常に支えてるのがこのデコルテ周辺です。

おかげでデコルテ周辺には老廃物が溜まりやすく、老廃物がここで溜まってしまうと…おわかりですよね?

女性は特にこのデコルテ周辺のマッサージは取り入れた方がいいでしょう。

顔のむくみだけではなく、くすみにも効果があります。

美白、目の周りのクマ、ニキビ予防、眼精疲労の回復、さらにバストアップ効果まであるそうです。

あまり注目されないようですが、首周り、デコルテ周辺では、さっきの髪で隠すテクニックやお化粧なども使えないので、自力が出ます。

積極的にこの辺りをマッサージして、小顔だけでなく、様々な美容効果をゲットしちゃましょう。

6. 常に表情豊かに過ごす


これは二つの作用があります。

自分に対してと他人に対してです。

自分に対しての効果は言うまでもなく、顔の筋肉を使い、むくみ、たるみを取ることですね。

表情筋はけっこう意識して使わないといけません。

例えば極端な笑顔を作ってみてください。

けっこう顔が疲れませんか?

それは顔の筋肉を普段そこまで使っていないからです。

といっても極端な笑顔を人前で作る必要はありませんが。

寝る前のエクササイズ時間に取り入れましょう。

日常的には、できる限り表情豊かにするだけでも、顔の筋トレになるでしょう。

筋肉が付いたら、逆に顔が大きくなるのでは?と誤解している人がいるようですが、顔の筋肉にそこまでの筋力はありません。

それはボディビルダーレベルの筋肉です。

そして、表情豊かに過ごすことの他人に対しての効果は、もちろん感じがいいことです。

いつもぶすっとして、何を考えてるか分からない人より当然表情豊かな人の方が好感が持てますよね。

ちなみに無表情の人は、どんどん顔の筋肉が劣化していき、むくみやたるみの原因に繋がります。

これは日常で無理なくできるおススメのエクササイズです。

7. 女性の場合ハイライトとシェーディングを入れる


前髪同様の「見た目マジック」の一つです。

僕は男なので、お化粧作法は全くありませんが、どうやらかなり奥深いもののようですね。

テクニックによって効果は歴然と差が出るように感じられます。

色合いや濃さなども重要なポイントなのでしょう。

そして小顔に見せるテクニックとしてハイライトとシェーディングを入れることが非常に効果があるようです。

陰影をつけ、人の目が持つ遠近感を利用します。

遺伝で骨格が大きい人でもこの「見た目マジック」は取り入れた方がいいと思います。

それでも厚化粧にはくれぐれもご注意ください…過剰なお化粧は変に人の目を奪いますから…。

8. 水分を摂り過ぎない


適度な水分補給は人間にとって必須ですが、あくまで適度に、です。

水分を摂りすぎるとむくみの原因になりがちです。

喉が渇いたからガブガブ飲む人がいますが、喉が渇いてると実感した時には、実際にはすでに体は乾いてる状態にあります。

脱水症状も起こしかねないので、喉が渇いたと思う前に水分はこまめに補給しましょう。

喉が渇いてからだと、必要以上に飲んでしまうこともあるため、小顔対策上NGです。

9. マッサージローラーを使う


マッサージローラーも非常に効果があることがたくさんの場所で確認されています。

むくみを取るには最適のアイテムと言えるでしょう。

が、肌自体の負担が大きくなるそうです。

特に顔の肌は敏感なので、できる限りやさしくマッサージした方よいでしょう。

そういった面ではハンドマッサージの方が安心してできるかもしれませんが…マッサージローラーの効果も捨てがたいです…手でやるより楽ですし…

自分に合う方法、そして無理なく負荷なく続けられる方法を模索してみてください。

いずれにせよ、効果があるのは間違いありません。

ただし、お肌への負担はNGですよ…小顔になっても肌荒れしていたら、本末転倒です。

10. 縁のあるメガネをかける


「見た目マジック」は何も髪型やお化粧だけではありません。

メガネにも小顔に見せる効果があります。

縁があり、やや大きめのフレームですと、比較効果で、より小顔に見せることができるでしょう。

もちろん伊達メガネでもけっこうです。

オシャレアイテムとしても、小顔対策としても使える万能アイテムですね。

11. 髪をきつめにしばる


これも「見た目マジック」の一つですね。

きつめにしばると、やはりシャープな印象を与えますし、もしかしたら実際に若干シャープになっているかもしれません。

ただしこれはあまりおススメしない方法です…。

なぜなら、あまりにきついのは髪と頭皮によくないからです。

今時では女性も薄毛を気にする時代ですから、頭皮や髪に負担がかかることは避けた方がいいでしょう。

小顔対策として、色々行っても、その副作用がでては元も子もありません。

この方法はやや強引な力技です。

たまにはありですが、毎日はおススメできません。

12. ツボを押す


僕個人的にはこういった「体内を綺麗にして、外見の美しさを保つ」という方法が一番のおススメです!!

どんなにお化粧がうまくても、すっぴんになると……。

それでは、逆に残念という印象を与えてしまいます。

外見はまず内面から、というわけですね。

ツボやマッサージなどで、体内の老廃物をきちんと流してやることは非常に大事です。

毎日溜め込まずにきちんと血流を保つことはものすごく大切なのです。

女性で冷え性の人なども積極的に行ってください。

冷え性も血流が悪いのが原因ですから、ツボやマッサージなどを日常に取り入れてみてください。

と言うは易し、行うは難しですよね。

毎日忙しくてできないから困ってる!!という人が大多数でしょう。

でもここまでやらないと効果も期待できないのもまた事実。

みなさんが忙しいのもまた事実。

ではどうすればよいか?

12個も語っておいて、今さらなのですが…

まずは方法論の模索よりも、日常生活で何がどこまでできるか?を把握する必要があります。

さっきルーティンとして取り入れると書きましたが、これも仕事の出退勤が決まっていなければできません。

今日は早番、明日は遅番では、就寝時間も変わってしまいますから。

ほんとにもう…どうしてここまで忙しくなったんでしょうね現代人は…と嘆いていても現実は変わりません。

どうにかして取り入れ、毎日続ける必要があります。

こればかりは個人差がありますから、なんとも言えませんが…

メンタルとして「忙しくて、疲れてて、できない」という台詞は「言い訳」と自己判断するようにしましょう。

いかに忙しくても秒単位でスケジュールが決まってる総理大臣ではないのですから、どこかで隙はつけるはずです。

家でちょっとの間付けてるテレビを消す、友人とのラインを減らすなど、どこかの時間を改善して、その時間に美容対策を行いましょう。

ほんの5分でも効果があります!!が続けなければ効果も続きません…。

美への道は長く険しいのですね…。

骨格が既に大きい場合は小さくするのは難しい?!


さて、話は少し戻ります。

例の遺伝問題です。

本当に骨格が大きい人は確かにいます。

そして残念ながら、さっき挙げた「見た目マジック」の効果があまりない人もいらっしゃるでしょう。

ルックスという問題は根深くて残酷です。

綺麗ごとでは済まされず、本当にどうしようもない場合もあります。

ここでは、綺麗ごと抜きにして、客観的意見を書き連ねたいと思います。

見た目で人は判断できませんが、印象としては強烈に残ります。

それは事実です。

骨格が大きいより小さい方が美に適しているのも事実でしょう。

でも人の奥深さはそれだけでは測れません。

人の心はルックスを越えるというのは、綺麗ごとでもなんでもありません。

手術で骨を削る?


美容整形に関しての批評は様々ですね。

ひと昔前よりは安全安心、利用する人もだいぶ増えたように感じられます。

が過信は禁物ですね。

後々何が起きるか分かりません。

それほど歴史はまだ深くはないのですから。

東洋医学の歴史は数千年ですからね…それに比べたらまだ生まれたばかりの子供のようなものです。

成功例も失敗例も、データとしてはまだまだ不十分なことも多いでしょう。

ただし、人生を悲観するほど自分のルックスにコンプレックスを持っているならば、一考の余地はあるでしょう。

生きていくのも苦痛に感じるほどならば、美容外科に相談することも一つの方法です。

確かにホームページなどで調べると、素晴らしいほどの効果があるように見えます。

俗にいうビフォアアフターの写真ではもう別人ですね。

これを見たら、誰でも美容整形に一瞬目がくらむのではないでしょうか?

そしてとにかく安心安全を前提に手術を行うと約束してくれています。

それほどであれば費用はもちろんかなり高額ですが、前向きに考えるのもいいと思います。

ただし年齢を重ねてから起きる副作用もあるようです。

くれぐれも慎重に決断してください。

僕は別に整形反対派ではありません。

むしろ前向きに生きていけるなら、整形した方がいいとさえ考えます。

ただやはり安全面での保証がまだまだ弱いように見えるので…。

風邪薬を飲む感覚で、美容外科に行ければいいのですが…なかなか難しい問題ですね。

顔が大きい8個のデメリット


骨格が大きい人のデメリットです。

これは包み隠さずお話ししましょう。

集合写真である意味目立つ


ある意味も何も普通に目立ちますよね。

隣に小顔の人がいれば…その写真を燃やしたくなるかもしれません。

いいんですよ。

もう燃やしてしまいましょう。

自分がネガティブになるようなアイテムを持っていても仕方ありません。

自分は顔がでかい!と認めた上で、証拠は隠滅してしまいましょう。

あくまで認めた上で、ですよ。

認めずに証拠隠滅することは…ただの現実逃避です。

認めた上で、ネガティブになりそうなアイテムは排除する。

これもまた自分を受け止める上で大切な技だと僕は思います。

太って見える


これはさっきの「見た目マジック」の逆効果ですよね。

決して数字上は太ってるわけではないのに、顔が大きい為に、体のバランスが悪く見えて太ってるように見えてしまう、というわけです。

これは実は全くの逆のパターンも存在します。

顔は大きくないのに、体が華奢すぎて、顔が大きく見えるというパターンもあります。

よく見ると顔が大きいわけではないのが分かりますが、第一印象としてバランスの悪さが目立つのですね。

なのでどちらかと言うと、顔の大きさそのものよりも全身のバランスが大事だとも言えますね。

馬鹿にされる


心無い意地の悪さ。

子供の頃はよくありますよね?

もしかしたら、中学、高校、大学まで、いや、職場まであるかもしれません…。

それもう一生じゃないか…とも思えますが、心無い人間はゴキブリのようにたくましく、どこにでもいるようです。

非常に残念で、腹立たしいですね。

笑い話で済めばいいのですが、実は深い傷を負ってる、という場合は、我慢せず環境の変化を求めましょう。

相手のルックスを心底馬鹿にするような器の狭い人間とは付き合う必要はありません。

今すぐその縁を断ち切りましょう。

そんな人間はあなたの人生にはマイナスしか生み出しません。

逃げるが勝ちです。

化粧品や洗顔料の減りが早い


そこまでの差が出るのか、とも思いますが、実際に聞いたことがあります。

僕の知人で実際に顔がでかい人がいて、その人はよく言っています。

「何気にお金と労力がかかる」と。

化粧品や洗顔料といった消耗品の減りが早いのはもちろんですが、何より「自分に合う物」を探すのがすごく大変らしいです。

例えばアクセサリーで小さい物、などは、あまり似合わない傾向があります。

そうなるとやや大きめの物を選ぶのですが、大きめだと値段が少し高い、などのデメリットがあるようです。

顔の大きさがそこまで影響するとは、その話を聞くまで考えたこともありませんでした…。

野球の授業でヘルメットが入らない

女性はあまり経験が無いかもしれませんが、体育の授業で野球を行う場合があります。

その際、もしもの時に備えてヘルメットを着用します。

そのヘルメットが顔が大きいと入らないと言う事があります。

顔が大きいと言う事は、その上の頭が大きいと言う事も良くある話です。

その為、ヘルメットが入らないと言う事も珍しい事では無く、十分考えられる出来事なのです。

本来であれば、ヘルメットなどの道具は様々なサイズがあるのが当たり前です。

その為、自分にあったサイズの物を選べばいいのです。

その為、その差を周りに気が付かれる事はあまりありません。

しかし、学校の場合は違います。

平均的なサイズとして多くの人が一緒に使う事が出来るものが容易されています。

その為、時にヘルメットが入らないという事件が発生します。

幼い頃は、大人が思ってる以上に子供は残酷です。

時に、酷い言い方をされる事があるかもしれません。

しかし、そんな事は気にする必要はありません。

頭が大きいと言う事はそれだけ賢くなるのかもしれません。

そんな風に上手くあしらい、身の無いからかいは無視するようにしてください。

合う帽子がない

顔が大きい人は大抵の場合、頭が大きいと言われています。

頭と顔は繋がって居るので、当たり前と言えば当たり前かもしれません。

世の中には、沢山の種類の帽子があります。

それらを自分の好みや、ファッションに合わせてチョイスする事はとてもオシャレであり、オシャレ上級者として一目おかれるかもしれません。

しかし、ここで問題が発生します。

と言うのも、帽子は主にフリーサイズで販売されて居るからです。

子供の場合は、年齢に合わせて選ぶ事が出来るようにサイズに幅があります。

しかし、大人の場合はそういった配慮がありません。

その為、どんなにお気に入りのデザインを見つける事が出来たとしても、実際に自分で被る事ができなければ何の意味もありません。

また、帽子単体で見ると素敵なのに被ってみるとおかしいと言うのもよくあるお話です。

帽子に対して、顔の大きさが大きすぎるとバランスがおかしくなってしまうのです。

その為、帽子の良さを出す事が出来ないという難点も考えられます。

本来なら、大人も、様々なサイズを販売して欲しい所です。

しかし。コスト的な観点からもそれは難しいのかもしれません。

ですので、顔が大きい人がもしお気に入りの帽子を見つけたとします。

その際は、迷う事無く購入してください。

他の人に比べ、似合う物に出会う事が出来るチャンスが少ない顔デカさんは一つのチャンスを逃してはいけません。

マスクの面積が足りない

冬から春にかけて、街中にはマスクを付けて居る方をよく見かける様になります。

花粉やインフルエンザなど様々な物から身を守る為にはとても重要なアイテムです。

マスクをする事により、これらの危険性を少し下げる事が出来ると言われています。

その為、大人から子供まで幅広い年代の方がマスクを愛用しています。

また、最近では女性のすっぴん隠しとしても活用されています。

化粧をしていない顔を他の方に見られないようにガードするのです。

最近では、マスクが無いと落ち着いて行動する事が出来ないと言う人が現れる程、マスクに依存する人が増えて居るとも言われており、社会問題になっている程です。

さて、そんなマスクですが一般的にサイズが3種類あります。

レギュラー・レディース・キッズ用です。

この際、自分に合ったサイズを着用していないと、マスクから顔がはみ出てしまう事があります。

その為、余計に顔が大きく見えてしまう場合があるのです。

同じレギュラーサイズであったとしても、メーカーによって大きさやサイズ感に多少の差があります。

その為、自分に合うサイズのメーカーを探す為にいろいろと探して見る事をおすすめします。

また、最近では小顔に見えるマスクという物も販売されています。

あえて大きめに作る事で顔を小さく見せるという方法が取られています。

そんな物もありますので、マスクは付けたいけれど顔が大きいから苦手だと言う人も、諦めずに使用してみてはいかがでしょうか。

人によっては自信が持てなくなる

顔が大きい事を何度もネタにされ、からかわれた経験がある方は自然と自分に自信を持つ事が出来なくなってしまいます。

しかし、それでは相手の完成の思うつぼです。

自分の事を一番分かってあげる事が出来るのは自分自身では無いでしょうか。

例え、相手に顔が大きい事をいじられたとしても、そこを気にする必要は無いのです。

人は時に残酷です。

その為、いじわるな人に出会い嫌味を言われる事で傷つく事もあるでしょう。

しかし、その事をいつまでも気にしていては自分自身の人生が勿体無いとは思いませんか?

限られた時間の中で、いかに楽しい日々を過ごす事が出来るかどうかが重要なのです。

人の価値観はあくまでも他人が決める事であり、それが全てではありません。

そんな考え方もあるんだなと受け流し、自分は自分の良さをしっかりと心に留めておきましょう。

自分の事を一番知っているのは自分です。

その為自分を信じてあげる事が出来るのもまた自分自身なのです。

他人の評価など放っておきましょう。

顔が大きいメリットはある?


さて、今回も長々と書いてきましたが今回僕が言いたいことは実は今から書くことです。

普通に考えれば顔が大きいよりも小さい方がいいに決まってます。

それは確かにそうです。

ただし、だからといってメリットが皆無ということではありません。

ありますよ絶対に!

1. 顔を覚えてもらいやすい


インパクトありますからね!!

印象に残ることは、印象が薄いよりよほどいいことだと思います。

印象付けて、かつそれが好印象であれば、小顔軍団に勝るとも劣りませんよ。

その好印象は、話し方、雰囲気、などであって、顔の大きさは一切関係ありません。

考えようによっては、中途半端で個性がない小顔よりも、個性的な大顔の方が、社会では求められるかもしれません。

もちろん性格が考慮されるので、内面を磨く努力は怠らないようにしましょう。

2. 歌が上手くなり易い


私事で恐縮ですが、僕はミュージシャンもやっていて、歌も歌っています。

ボイストレーニングもきちんと行っています。

レッスンに通い先生から教わったので間違いないのですが、顔が大きい人は歌が上手くなりやすい「条件」を確かに持っています。

歌が上手くなり易い、というか正確に言うならば「音を体内で響かせやすいので、声量が安定しピッチも外しづらい」という条件に当てはまります。

骨格が大きいということは、顔の体積が大きい、ということですよね?

自分が聞いてる自分の声とは鼻の周りの空間(鼻腔)周辺で響いてる音です。

この空間が大きくなれば、豊かに反響します。

骨格が大きいということは小顔の人よりも響きが深くなります。

狭いバスルームと大浴場での響きの違いみたいなものです。

深い響きを自分で捉えられると、声量、音程のコントロールなどが容易にできるようになります。

響きが浅いと自分の声が聞こえづらいので力が入り、歌唱が不安定になるというわけです。

ボイトレのネタではないのでこの辺にしておきますが、これは本当の話で、これを先生から教わった時、自分の骨格がそこまでしっかりしていないことを恨んだこともありました。

3. 堂々として見える


顔の骨格が大きく、胸を張って世間を歩いていれば、どう見ても威風堂々の印象を与えられるでしょう。

思うに骨格がしっかりしてる人の特筆すべき点はこれなのではないでしょうか?

それでいて心根もやさしかったら…無敵ですよ。

男であれば、モテモテじゃないですか!?たくましくて頼りがいがあって…イメージすると嫉妬すら感じますね。

堂々として見えることが魅力になるのは男性に顕著かもしれませんが、女性にだってありえます。

頼れる姉御肌とでも言いましょうか。

性別を越えて頼られる女性などは特に魅力的に見えるでしょう。

そしてそんな普段はたくましい女性がふとした瞬間に見せる女性らしさ…世の中の男性の大半は撃ち抜かれることでしょう。

名付けてギャップ大作戦!!

印象が薄い「普通に小顔の人」よりもギャップは与えやすいはずです。

大胆かつ繊細に行動し、世間の注目を奪ってやりましょう。

勝ち目は絶対にあなたにあります。

顔がでかい芸能人といえば?

顔が大きいと言われている人は、芸能人の中にも沢山います。

お笑い芸人の方も居れば、中には女優さんだっているのです。

日本はどうしても、皆顔が小さく体が細いモデル体系であればある程素晴らしいと言う考え方が根強くあります。

しかし、自分自身の良さを出しそれぞれが似合う服装を楽しんでいるのであれば誰もが皆素敵な素敵な姿になる事が出来るのです。

自分の顔の大きさに悩んでいる方は、彼らの服装などを参考にして自分に合う物を探すヒントにしてみてはいかがでしょうか。

藤本敏史さん

顔が大きい芸能人として、多くの方がとっさに思い出すのが彼なのではないでしょうか。

と言うのも、藤本さんは、自身の顔の大きさをネタとして『顔デカいからや!!』と言うセリフをよくバラエティー番組などで言って、笑いを取っています。

その為、その印象が強く顔が大きいと認識されています。

お笑い芸人としては、そこで笑いを取る事が出来るのであれば嬉しいチャーミングポイントなのかもしれません。

しかし、実は藤本さんは誰よりも美意識が高いと言われており自分の『不細工』と言われている顔に相当なコンプレックスを抱えています。

その為、今の様にギャグに出来る程吹っ切れる前は、プチ整形を繰り返すなどしていた事も知られています。

彼を変えてくれたのは、モデルでもある奥さんの木下優樹菜さんの存在が大きいのかもしれません。

彼女と結婚し、お子さんが産まれた事もあり自分自身に自信を持つ事が出来たのかもしれませんね。

モデルの奥さんと並ぶと、その顔の大きさはより強調されます。

奥さんからも度々いじられており、本来だったら落ち込む所かもしれません。

しかし、そんないじりさえも、今の幸せがあるからこそ笑いに変える事が出来るのでしょう。

山崎弘也さん

彼も、顔がとても大きい事で知られています。

しかし、そんな事を全く気にしていないかのような明るい性格が彼の持ち味です。

人の話を効かずにドンドン自分のペースに引き込んでいく力があります。

本来であればウザがられてしまいそうですが、彼の底抜けに明るい性格と実は気配りの出来る性格が嫌味になる事無く多くの人に受け入れられています。

彼にそっくりな女性芸人として、フォーリンラブのバービーが良く紹介されています。

化粧を取ると二人はまさ瓜二つ。

女性であるバービーは、顔が大きい事をいじられる事を嫌がってはおりますが、男性関係も激しい彼女はさほど気にしている素振りはありません。

例え、どんなに顔が大きくとも自分に自信があればそれは魅力として自分自身を輝かせる事が出来るのです。

それを身を持って署名してくれて居るのが、山崎さんです。

土屋太鳳さん

朝ドラで一躍人気となった女優さんです。

彼女も顔が大きいと言われています。

最近は、女優さんでも、モデル並みに顔が小さい方が多くいます。

その為、その方型と比べると顔が大きく見えてしまう場合もあるのかもしれません。

しかし、TVを通して見ると人の体はどうしても丸く見えてしまうそうです。

その為、実際より太って見えてしまって居る場合も多々あるそうです。

その為、彼女の場合は平均的な大きさなのにも関わらず、大きく見えてしまって居るとも考えられます。

一見大人しそうな女性ですが、実は体育大学に通っている程のアクティブで男勝りな性格だと言う事も知られています。

そんな彼女は、バラエティー番組などに出る場合とても丁寧に話をします。

これは体育会系ならではの礼儀の正しさなのかもしれません。

しかし、同年代の女性達から見るとその姿が『猫を被っている』と批判されてしまう場合もあります。

また、熱愛報道が合った俳優さんは今の女子中高生に高い人気を誇っている方でもあります。

その為、そんな事もふまえ、やっかみから悪口を言われて居る場合もあるのかもしれません。

女性の嫉妬程怖い物はありません。

女優としても、確かな実力を持っている方なので周りの心無い意見を気にする事無く自分の魅力を磨いて言って欲しいと思います。

キンタロー。さん

元AKB48の絶対的エースで合った前田敦子サンの物まねで一躍大人気となった芸人さんです。

前田敦子さんとは似ても似つかない姿で、短い手足と大きな顔をバタバタさせて踊る切れ切れのダンスが人気となりました。

元々社交ダンスをやっていた彼女は、ダンスの基礎はばっちり。

その為、そのアンバランスな体系とそれに似つかわしくないダンスのスキルが、お笑いのポイントとして評価されました。

彼女の場合、顔の大きさは勿論ですが背が低かった事や手足の長さなどがありより顔を大きく見せて居ると言えるでしょう。

そんな彼女も、最近めでたくご結婚されました。

芸人として多くの人々を笑わせていた彼女ですが、結婚式に向けて美しい姿になる為にダイエットを決行。

ブログにアップされたウエディングドレス姿は大変美しく幸せいっぱいの姿を見せてくれていました。

普段は、お笑い芸人として多くの方を笑わせて居る彼女も一人の女性である事には変わりないんですね。

顔が大きい方もダイエットをする事で印象を大きく変える事が出来ます。

バービーさん

アンタッチャブルの山崎さんと兄弟なのでは無いかと思わせる程の、そっくりな見た目をしているのかバービーさんです。

顔が大きい事で知られて居る山崎さんとそっくりなのですから、彼女もまた顔が大きいのです。

しかし、そんな事を全く気にしている様子はありません。

彼女はとても美意識が高く、様々な美容法を試しています。

その為、努力しているからこそ自分に対して強い自信を持っているのです。

奇抜なファッションを好みレディーガがの姿を真似して居る姿を何度もTVで拝見しています。

更に、彼女はオシャレだけではなく男性関係も奔放です。

恋愛対象は、日本国内にとどまる事無く世界中の人が対象です。

ワンナイトラブも珍しいい事でも無く、独身貴族として今の時間を楽しんでいます。

他人から見れば顔が大きい事で、ネタに扱われる事もあります。

芸人さんなので、ブスと言われる事もあるでしょう。

しかし、そんな他人の評価などは気にする必要はありません。

自分自身が自分を愛し、自信を持つ事が出来ればそれで良いのです。

絶対的な自信を持っている彼女は潔く、カッコイイです。

真矢みきさん

真矢みきさんは、現在お昼の帯番組をやっています。

その為、アナウンサーの印象が強く持たれて居るかもしれません。

しかし、彼女は元々アナウンサーなどではありません。

熱狂的なファンが多く居る事でも知られて居る宝塚歌劇団の男役トップスターです。

宝塚歌劇団に男性は居ません。

全てが女性ですが、男役・女役に別れて様々な演目を行います。

ば倍率が高く、超難関高校としても知られて居る高校に入り卒業後にいくつかのグループに割り振られていきます。

多くの人が居る中で、そこでトップ男優になる事が出来るのはほんの一握りです。

その為、彼女の素晴らしさはわざわざ説明しなくても分かって頂けるのでは無いでしょうか。

宝塚は、舞台です。

その為、顔が大きい方が舞台映えすると言われています。

その為、顔が大きい事が全てマイナスになるとは限りません。

同じように、男役として人気のあった天海祐希さんも顔が大きいと言われています。

仕事によっては、顔が大きい事が良い事になる事もあります。

その為、顔が大きい事に大きなコンプレックスを抱えて居る方は、考え方を変えるだけでずっと心が軽くなる場合があるかもしれません。

城田優さん

彼はスペイン人と日本人のハーフです。

背がとても高い事でも知られており、確かに顔は大きいですがその分手足も長く全体的に大きいと言う印象です。

その為、顔の大きさは彼の姿にマッチしていると言えるのでは無いでしょうか。

また、TVドラマは勿論ですが彼は舞台俳優としても様々な作品に参加しています。

舞台はTVとは違い、映像を寄りで見る事が出来ません。

その為、観客に臨場感を伝える為には顔の大きさも大事なポイントとなります。

その為、いわば顔が大きい事は俳優としては武器になるのです。

芸能界と言っても様々な職種があります。

その為、全員が全員顔が小さければ良いと言うものではありません。

大きいからこそ、ピッタリな仕事と言うものが世の中には存在しているのです。

顔がでかくても大丈夫です!


というようなことが僕は今回言いたかったのです。

小顔の方が世間を渡るには好都合なことが多いでしょう。

だからといって顔がでかい人に対抗するすべがない、劣っているというわけでは決してないのです。

考えようによっては、本当に世間の注目を奪うことだって可能です。

どこかで絵に描かれたような美男美女よりも、個性的でも真っすぐ生きている人の方が、魅力は深くなりやすいと思います。

大事なのはやはり自分がどうなりたいか?と、見つめることでしょう。

実際は、顔がでかい人でも小顔の人でも、心が気持ちいい人間であれば、顔の大きさなどはあまり大した問題ではないとも思います。

それでもルックスに関しての悩みは尽きることがないでしょう。

他人の真似ではなく自分だけの美を、この忙しい日々の中で培っていきましょう。

【少しでも顔を小さくするには、こちらの記事もチェック!】