きれいになりたいそこのあなた!

きれいになるには、何をするのが大切であり重要だと考えていますか?

多くの方が”美容面に気をつける”と答えるでしょう。

しかし、美容といっても色々なものがあるのでどの美容方法を実践すればいいのか?また、自分に合っている美容方法ってなんなのか分からないものです。

そんな疑問だらけの美容の中で一番に重要といえるのが「汚い角質をしっかり落としておくこと」になります。

私たちの肌では、毎日のように”ターンオーバー”がおこなわれています。

それって古くなった角質をとりのぞくとても大切な肌のお仕事なんです。

しかし、現代人は忙しい上に睡眠時間を確保できない、さらには栄養のある食事をすることが出来ないなどの理由によって、そのターンオーバーの周期が乱れてしまっています。

それってどういうことか?

ずばり、あなたの肌には古い角質が残ってしまっていて、せっかく高給な化粧水などを使っても肌の内部まで浸透させることが出来ていないということなんです。

また、古い角質が肌に残ってしまうのは、くすみやニキビなどの肌トラブルの原因になることも。

とはいっても、毎日の洗顔で古い角質をとりのぞくには”限度”というものがあります。

その場合には、ほうっておくしかないんでしょうか?いいえ!そんなことありません♪手っ取り早く、それもお金をかけずに肌をきれいにする方法があります。

ずばり、それは”塩洗顔”とよばれるもの。

塩で洗顔するなんて想像もできないかもしれませんね。

この記事では、肌をきれいにしたい方のために”塩洗顔”について特集しています。

塩洗顔ってどういうものなの?塩洗顔のやり方は?塩洗顔をすることによって、どんなメリットを得ることが出来るの・・・?などなど、気になる疑問にすべてお答えしています♪

あなたもきれいな肌を手に入れませんか?

塩洗顔とは?

あなたは、少しブームが起きている”塩洗顔”という洗顔方法をご存知ですか?

その洗顔方法がどのようなものか詳しくなかったとしても、この言葉を見るだけでなんとなくどんな洗顔方法なのか想像できちゃいますよね。

そう、あなたの塑像しているように”塩”を使って洗顔をする方法なんです♪

しかし、塩って粒子がつぶつぶしているので美容意識の高い方であれば、「肌が傷ついてしまうのではないか?」と不安に感じるかも。

でも大丈夫!塩洗顔といっても、その塩粒で肌をゴリゴリと痛めつけるわけではないんです。

塩を使って、肌の汚れをうかせて取除くので肌には思っているよりも負担を与えることはありません。

しかし、塩といえば料理の味付けに使われる調味料としかイメージをもてないのではないでしょうか。

そうですよね。

なめればしょっぱいし、それを顔に乗せるなんてあまり想像できないハズ。

しかし、そんな塩洗顔って日本だけではなく海外でも有名な芸能人やモデルさんたちがチャレンジして、その効果を実感してきているんです。

あなたも、もしかしたら好きなタレントさんが”塩洗顔”をしているブログの記事などを読んで、塩洗顔に興味をもたれたかもしれないですね。

塩洗顔は、まだまだ多くの人に知れ渡っていないので”自分だけのヒミツの美容方法”として肌をこっそりきれいにすることができちゃうんです♪

簡単に塩洗顔のやり方をお伝えしましょう。

塩洗顔には、主に2つのやり方があります。

一つ目は、スクラブのようにして肌の角質をとる方法。

そして二つ目は、塩水に顔をつけることで汚れを浮かす方法になります。

あなたは、ピーリングというものをしたことがありますか?

のちほど詳しくお伝えしていますが、ピーリングとは肌の古い角質をとりのぞくことをいいます。

ドラッグストアなどに行けばフルーツ酸など肌に優しい成分で作られたピーリング剤を見ることが出来るでしょう。

でもでも、そのようなピーリング剤って安くても500円以上はしてしまうんですよね。

「美容にお金はいくらでもかける!」という人であれば問題ないでしょうが、さまざまな事情で美容アイテムに御金をかけることができない人もいるはず。

そんな人にとって、家に必ずおいてある塩でできる美容方法ってとても魅力的なんですね!

塩洗顔では、できれば天然塩を使うのがいいのですがすぐにでも試したのであれば、家にあるいつもの調味料でOKなんです。

また、100円ショップでもたくさん入った塩が販売されているのでコスパとしても○♪

少しでも塩洗顔に興味をもつと、すぐにでも実践したくなってしまいますよね。

でもその前には必ず”パッチテスト”をおこなうようにしてください。

塩水を顔の一部分につけてみて、あなたの肌になにか異常が見られないかどうかをみます。

もしも赤くなってしまったり、ヒリヒリする、痛みを感じる、かゆみを感じる・・などの刺激を感じたのであれば、残念ながらあなたには塩洗顔はむいていません。

そのように異常が出ているにも関わらず「自分は大丈夫!」なんて塩洗顔をやってしまうと、肌がいつも以上に荒れてしまうので気をつけましょう。

きれいになるための方法で肌をいためてしまっては、とても悲しいはず。

それに肌はとても繊細なので、そんなちょっとした刺激だけでも衰えの原因になってしまうんです。

既に塩洗顔の良いところと悪いところを簡単にお伝えしたようなものですが、”もっと塩洗顔について知りたい!”と思っている方もいるのではないでしょうか。

これまでに試したことのない、そしてまったく耳にしたことのなかった新しい美容方法ってどんなものなのか気になりますよね。

それが自分に合うのかどうかも知りたいし、女優さんがいっていたような効果を本当に得ることが出来るのか?なんて疑問を持っている方もいることでしょう。

この記事では、それらについてひとつひとつお答えしています。

すぐに塩洗顔のやり方を見るのではなく、まずは塩洗顔でどんな効果を得ることが出来るのかを確認していきましょう。

塩洗顔の8個の効果


あなたは、どうして塩洗顔について知りたいのでしょうか?きっと「塩洗顔っていいよ!」とか「塩洗顔をはじめてから肌がツルツルになった」なんていう言葉を聴いて、興味をもったからなのではないでしょうか。

そのように塩洗顔の効果を実感した人の口コミを見たり、意見をきくと「自分でもきれいになれるかな」と期待するものです。

しかし、本当にその人達が言っているような効果を得ることが出来るのか半信半疑ですよね。

女性だけではなく、男性も美容に目覚めて美容をおこなうこの時代。

男女ともに”塩洗顔”に注目している方は、多いのではないでしょうか!ここでは、塩洗顔をすることで得ることの出来る8個の効果についてお伝えしていきます。

どうしてその効果を得ることが出来るのか?という理由についてもお伝えしているので、納得して塩洗顔を受け入れることが出来るはずです。

きれいになりたい!というそこのあなた♪あなたは、どんな”きれいさ”を手に入れたいのでしょうか?ぜひ、以下の効果を確認しながら自分の理想像と照らし合わせてみてくださいね。

1.ピーリング効果

塩洗顔の大きな効果のうちのひとつは、ピーリング効果です。

さきほども少しふれましたが、ピーリングとは専用の成分を使うことによって肌に蓄積してしまった古い角質をとりのぞくことをいいます。

手軽にプチプラで手に入れることが出来るピーリング剤もあれば、美容クリニックまたはエステサロンなどで本格的な成分を使ってピーリングを受けることも出来ます。

市販のピーリング剤であれば、安くて1000円以内、少しお高めのもので3000円以内で購入することが出来ます。

また、エステサロンなどでピーリングをすると1回につき3000円以上はかかってしまうものです。

それに肌の古い角質をとるとなると、少し「怖い」気持ちをかんじてしまう人もいるかもしれないですね。

例えば、顔の皮が全部むけてしまうのではないか・・皮膚がなくなって血管が浮き出てしまうのではないか・・なんて思っていませんか?残念ながらそのようなことは起こりません。

というのも、私たちの皮膚というのはいくつもの層が重なることで出来ているからなんです。

ターンオーバーで皮膚の生まれ変わりをしているのが”表皮”と呼ばれる部分であり、その下にあるうまれかわりのしない層を真皮といいます。

ピーリングというのは、まさに”表皮”の古い角質をとりのぞくことをいうんですね。

その古い角質を落とすことによって、肌はやわらかかくなります。

古い角質というのは、新しい角質にくらべて水分量も少なく、そしてかたいんですよね。

そのようなのが広まっている一面に水分をつけたら、奥底に入っていくと思いますか?入っていかないんですよね。

そのかたい角質がジャマをして、水分(化粧水・美容液)などの浸透をじゃましてしまうんです。

しかし、ピーリングによって古い角質を落とすことが出来れば、その下に待ち構えていた新しい角質たちが水分を通してくれます。

こんな例ではどうかと思いますが、赤ちゃんって肌がモチモチしていますね。

それに比べて年をとった中年男性の肌ってガチガチしていますよね。

そのような違いがあるわけなんです。

角質を落とす

角質というのは、日々の洗顔などで取除くことが出来ているものです。

しかし、洗顔の仕方を間違っていたり、栄養バランスの悪い食事をとっていたり、そもそもターンオーバーをするための酸い味人時間を確保できていなかったりすると肌に古い角質が残ったままになります。

いつもの洗顔だけでは、その古い角質を取除くことが出来なくなってしまうんですよね。

そんなときにピーリングをおこなうことによって、肌に刺激をおおきく与えることなく古い角質を落とすことが出来るんです。

そのまま古い角質を放置しておくと、ニキビの原因、乾燥肌の原因になります。

2.ニキビ予防効果


一つ前の項目でもお伝えしましたが、塩洗顔はニキビへの予防効果も期待できます。

あなたは、まさにニキビに悩んでいるのではありませんか?ニキビというのは、どうして出来てしまうのか知っているでしょうか。

睡眠不足や栄養バランスの偏った食事などによって、古い角質が残ってしまっている状態にさらにそこにバイキンが繁殖してしまうからなんです。

要するに一つ前の項目でお伝えしたように”古い角質”を取除くことが出来なければ、ニキビは永遠と出来続けてしまうってことなんです。

ニキビといえば、毛穴に皮脂のかたまったものがつまることで出来てしまう・・と思っていませんか?

確かにその通りなんですが、毛穴の中には出すぎてしまった皮脂とさらにその周辺にある古い角質のカスが入り込み”角栓”というものを作ります。

そこでニキビが出来てしまうんです。

その角栓をエサとするアクネ菌などがそこにすみついて、どんどん増殖してしまうんですね。

赤ニキビや黄ニキビというのは、まさにアクネ菌などバイキンが毛穴のなかで増えてしまっていることを教えてくれているんです。

雑菌の繁殖を防ぐ

アクネ菌などをなくせばいいのか!と思われるかもしれませんが、アクネ菌は肌の常在菌になります。

常在菌とは、もとから肌にいるべき存在のバイキンのこと。

ニキビを作り出すのは、アクネ菌だけではなく他にも黄色ブドウ球菌といわれていますが、残念ながらそいつも肌の常在菌なんですよね。

つまり、それらのバイキンをなくすことはできないんです。

彼らが肌にいるからこそ、本来は健康的な肌を保つことが出来るはずなんです。

では、どうしてやつらが悪さをしてしまうのでしょうか?それは彼らが大好物の角栓を作り出してしまったからなんですね。

とはいっても、すぐに生活習慣を改めたり、食事内容を変えるのなんて難しいことでしょう。

だったら、バイキンが増殖するのを食い止めればいいだけなんです!

塩って雑菌の繁殖を防ぐ効果があるんです!その塩の効果を期待しているのが、お相撲さんが土俵に乗り込む前にからだにつけている塩になります。

お相撲さんってよく転びますよね。

そうすると傷口からバイキンが入ってしまいます。

その入ってしまうバイキンを少しでも減らすために塩をぬりこんでいるんです。

あれってただのパフォーマンスではなかったんですよね!驚きです。

そのように塩洗顔をすることで、顔に繁殖してしまうかもしれないニキビ菌の増殖を防ぐことが出来るんです。

3.美白効果

塩には、美白効果も期待することが出来ます。

塩が白いから白くなれるの・・・?なんて思わないでくださいね!

どうして美白効果を得ることが出来るかといいますと、さきほどのピーリング効果に由来しています。

私たちはどんなに紫外線対策をしたとしても、毎日のように微量の紫外線をあびて肌の奥底にいるメラニン色素生成物質を刺激しているんですね。

そのメラニン色素生成物質は、刺激されるとメラニン色素を作ります。

このメラニン色素こそ、多くの女性を悩ませているシミの原因です。

そのメラニン色素は次第に肌のターンオーバーによって、皮むけしてなくなるのですがたくさんの紫外線をあびたもの、いつも紫外線で刺激をあびているところには常にそのメラニン色素が作りだされ、いつでもシミのある顔になってしまうんです。

つまり、刺激をとめるのと同時にできてしまったメラニン色素を外に追い出してやればいいってことなんですよね!
つまり、ターンオーバーを促進してあげればいいってことなんです。

そのため、市販されている美白薬というのもほとんどは、ターンオーバーを早める働きがあります。

シミを除去

シミがあるだけでも、なんだか顔が黒く見えてしまうんですよね。

ちょっとしたシミであっても、人の目をごまかすことができないからです。

毎日のようにコンシーラで隠す生活をもうやめたい!そのように思っているのであれば、断然に美白効果を期待できる塩洗顔がオススメだということになります。

くすみ予防

塩洗顔によって古い角質をとりのぞくことによって、肌が忘れかけていたターンオーバーを思い出すようになります。

すると、塩洗顔をしなくても勝手にターンオーバーがスムーズにおこなわれるようになるんですよね。

それって肌のくすみを取除く原因にもなるんです。

肌のくすみの原因は、血行不良。

それって肌内部が不健康になっているといことを示しています。

しかし、そこで塩洗顔をすることによって肌にほどよい刺激を与えることが出来るのでくすみがなくなるんです。

美白成分入りの高い化粧水や美容液を使うよりかは、天然要素に近い塩を使うことで肌も喜びます。

4.ニキビ跡効果

ニキビに悩んでいる人もいれば、すでにニキビは治ったけれどもそのニキビができたことによって誕生してしまった”ニキビ跡”に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

ニキビ跡って毛穴がぼこっとあいてしまっていて、とても恥ずかしいですよね。

メイクで隠したとしても、そのメイクの成分が毛穴に詰まってしまって変に目立ってしまうこともあれば、新しいニキビの原因になっていることも少なくありません。

この毛穴をきゅっとしめることができればなぁ。

なんて思っていませんか?塩には”浸透圧”という効果もあるので、毛穴の開きを縮めてくれる効果があるんです。

これは科学的に証明されているものであり、この効果を使って傷を小さくしている医療方法まであるほど。

今まで何をしてもニキビ跡を直すことが出来なかったとしても、塩洗顔ではそれをおおいに期待することが出来るんです!

クレーター肌をきれいに

あなたは、ニキビ跡に悩んでいるんですよね。

そのニキビ跡のサイズってどれくらいでしょうか?小さめの毛穴開きのようなニキビ跡であれば、保湿をしっかりおこなうことで数ヶ月で直すことが可能ですね。

しかし、多くの人を悩ませている”クレーターニキビ跡”になるとなかなか直しにくいもの。

美容皮膚科やクリニックにいっても多大なお金がかかるとか、これは治らないですねなんていわれてガッカリすることが多かったはず。

しかし、塩の浸透圧の効果のおかげで肌をひきしめ、そしてクレーターニキビ跡でもきれいな肌にすることが出来るんです!

他の小さなニキビ跡に比べればかなりの時間を必要とすることが多いですが、それでも治るといわれたら嬉しいはず。

ちなみに筆者もクレーターばりにでかいニキビ跡がひとつあったのですが、この塩洗顔を2週間に一度、2年続けたところ完全とはいいませんが少し小さくなりましたヨ♪

だからこそ、クレーターニキビ跡に悩んでいる方にはぜひともオススメしたいんです!

5.毛穴ケア効果

毛穴の開きがあるだけでどこか汚らしい印象になってしまいますよね。

そんな毛穴の汚れを取除こうとして、鼻毛穴パックなんてやっていませんか?あれって最終的にしっかりと保湿しなければ、同じように毛穴づまりさせる原因になるのであまりオススメしません。

でも塩洗顔では、洗顔後には必ず保湿する習慣があると思いますのでそのようなことになることはないでしょう。

それどころか塩の引き締め効果、浸透圧効果によって毛穴汚れとさようならできる日が近いです。

黒ずみ改善

塩洗顔には、スクラブをするものと塩水で顔をすすぐものがあるとお伝えしましたよね。

特にスクラブとして使う場合は、塩の小さな粒子が毛穴の中の汚れを優しくかきだしてくれるので毛穴づまりを解消できちゃうんです!

なんていうと、一気に全部の汚れを落としたい!なんてゴリゴリやりがち。

のちほどもお伝えしますが、塩でごりごりやりすぎるのは肌を傷つけるだけではなく、さらに毛穴を開かせてしまう原因になるのでやめましょう。

6.小顔効果

塩洗顔をするときは、マッサージをするように洗い上げるのが基本です。

そのため、小顔効果を期待できるんですね!日々の洗顔ですでにマッサージをしながらおこなっている・・・という方もいらっしゃるはず。

でもなかなか顔のむくみがとれなくて、マッサージの意味がないのではないか?なんて思っていませんか。

塩洗顔であれば、塩の粒子や塩の浸透圧が肌に少しの刺激を与えるのでリンパや血液の流れを促進してくれる働きを得ることが出来ます。

つまり、血液の流れがよくなるということは、顔にたまっている毒素を流すことが出来るってことなんです。

むくみもスッキリ

顔に余計な水分や毒素がたまっているとむくみは、どんどんひどくなるもの。

しかし、そこで塩洗顔をすることによってむくみをどうにかてできちゃうんです!

肌には自信があったとしても、どうしてもむくみを取りたい!なんていう日には、塩洗顔をするといいかもしれません☆

7.乾燥肌改善の効果

塩を顔につけると、なんだか肌が乾燥してしまうのではないか・・・?なんて思っていませんか。

塩洗顔では、乾燥するどころか潤いを与えることが出来るので乾燥肌さんにオススメなんです。

また、ニキビで悩んでいる方も”隠れ乾燥肌”になっている可能性があるのでニキビを治すきっかけになることも!

潤い肌へ

でもどうして塩洗顔で肌にうるおいを与えることが出来るのでしょうか?ずばり、それは先ほどもお伝えした浸透圧の効果になります。

肌に塩をのせることによって、塩が肌の内部の水分を吸い取るんですね。

その際に、余分な皮脂だけではなく本来必要な皮脂も少しすいあげます。

その皮脂や水分たちをすべて取除くことが出来ないために、それらは肌の上部にとどまるんです。

そうするとどうなるでしょうか?もちもちの肌になるということなんです。

料理で塩を使うときは水分をとるときですが、肌では逆にその効果をつかって肌に潤いを与えているんですね。

8.皮脂分泌を正常にする効果

塩には殺菌効果があるだけではなく、なんとニキビの原因ともいえる過剰な皮脂分泌を正常にしてくれる効果があるんです。

また、乾燥肌や混合肌の人も皮脂分泌が正常におこなわれていないために、そのような肌質になってしまっているんですよね。

つまり、塩洗顔はあらゆる顔の肌タイプの人にもってこいの洗顔ということなんです。

過剰な皮脂分泌を抑える

では、どうして塩が過剰な皮脂分泌を抑えてくれるのでしょうか?さきほど塩には浸透圧の効果があって、それによって肌に潤いを与えることが出来るとお伝えしました。

そのため、乾燥肌さんや混合肌さんにももってこいなんですよね。

過剰な皮脂分泌というのは、脳が「肌が乾燥している」とおもうがためにおきてしまう生理現象です。

要するに、「肌が乾燥していない」ということを脳に伝えることが出来れば、過剰な皮脂分泌が起こらないことになります。

浸透圧効果によって、肌には潤いが保たれるので余計な皮脂分泌をしなくて済むってことなんです。

塩洗顔の頻度や注意点

さっそくでも塩洗顔をやりたい!というそこのあなた♪塩洗顔のやり方、そしてどれくらいの頻度でやればいいのか、またどんな点に気をつければいいのかを知りたいですよね♪
ここでは、それらについてお伝えしています!ぜひ参考にして、あなたの美容方法のひとつに仲間入りしちゃってください。

塩洗顔の基本のやり方

塩洗顔は、さきほどもお伝えしたようにやり方が二つあります。

それぞれ見ていきましょう。

塩ペーストでスクラブをする方法

塩:水を2:1の割合でスクラブを作りましょう。

そのスクラブを洗顔やクレンジングした後の肌にのせて、優しくマッサージするようにくるくるとまわします。

決してゴシゴシしないこと。

顔全体をまんべんなくマッサージしたら、ぬるま湯または水で落として終わりです。

目の周りや唇など皮膚の薄い場所には、乗せないように気をつけましょう。

塩水ですすぐ方法

1リットルの水またはぬるま湯にたいして、塩を大さじ3杯いれます。

そしてよくかきまぜて塩をとかしましょう。

その塩水を使って、洗顔後に顔をゆすいでください。

もしも呼吸に自信があるのであれば、桶にはった塩水に顔を入れ込んで30秒ほど放置するのもGOOD!
最後にその塩水をしっかりぬるま湯または水でゆすぎましょう。

間違って目に入るとしみるので気をつけて。

1.週に1~2回がお勧め

この塩洗顔は、週に1回から2回を目安にやるようにしてください。

やりすぎると肌をいためることに

きれいになれるのであれば、たくさんやりこみたい!毎日でも塩洗顔したい!と思われるかもしれません。

しかし、それだと塩によって肌を傷つけることになるので控えて。

最初は塩が肌にしみなかったのに、肌にしみるようになってしまったらもう塩洗顔をすることは出来ません。

2.メイクはしっかり落とす

塩洗顔をする前にメイクはしっかり落としましょう。

クレンジング効果はない

なぜかといいますと塩にクレンジング効果がないからなんです。

クレンジングのできていない肌に塩洗顔しても、古い角質をとりのぞくことができません。

3.潤いを与える

あなたは、いつもの洗顔のあとには必ずスキンケアをしているはず。

それと同じ様に、塩洗顔をした後もしっかりとスキンケアをして潤いを肌に与えてあげてください。

塩洗顔は肌に潤いをあげる効果はありますが、それを持続させる効果までも持っていません。

それに洗顔後に放置したままにすると、余計な乾燥をまねき、さらに過剰な皮脂分泌を起こすことがあるので注意が必要です。

化粧水や美容液でアフターケアを

塩洗顔に関わらず、洗顔後は必ず30分以内に化粧水や美容液などでアフターケアをしてください。

せっかくの肌の水分を失うことになります。

乾燥はあらゆる肌トラブルの原因になるので、潤い対策だけは徹底してくださいね!

4.アトピーや敏感肌は要注意

もしもあなたがアトピー持ちや敏感肌であるのであれば、少し注意して塩洗顔をおこなわなければなりません。

なぜかというと他の人よりも、肌が弱いからなんです。

他の人であれば何も感じなかったことでもピリピリすることも。

そしてアトピーや敏感肌が悪化してしまうこともあるので、注意しましょう。

使用後に症状が悪化したらすぐに中止

パッチテストをおこなった後に少しでも違和感を感じるのであれば、絶対に塩洗顔をするのはやめましょう。

また、やっている間にも刺激を感じたのであればすぐに塩の成分を洗い流してください。

そして保湿をして。

もしも肌の違和感が続くようであれば、すぐに皮膚科医などに相談しましょう。

手軽に始められるだけに注意点も守ろう(まとめ)

今回は、少し話題になり始めている”塩洗顔”についてお伝えしてきました。

やり方だけではなく、どんな効果を得ることが出来るのか詳しく知ることが出来たのではないでしょうか!

週に1、2回をめどに習慣化していけば、必ずアナタの肌はもちもちでツルツルなものに変わっていきます。

しかし、それは正しいやり方をし、そして注意点を守ったのであれば、の話。

注意点などに気をつけて、きれいな肌を目指してくださいね。