CoCoSiA(ココシア)

自分磨きで男を上げる方法7選!具体的に何をするべきか徹底解説!


男に生まれたからには男を磨いて自他共に認めるいい男になりたいものです。

自分磨きで男を上げる方法を具体的にご紹介いたします!

男性も自分磨きができる

女性が魅力ある女性になるためにせっせと自分磨きをする光景はよく目にします。

外見に気を配ったり、女性らしい振る舞いを身につけたりと、頑張っている女性はたくさんいます。

しかし男性はというと、自分磨きという言葉すらあまり聞かれることはありません。

自分を磨いて女性に受けがよくなるなんてことは必要ないと思っているのでしょうか。

これからの時代は男性も積極的に男性磨きをすることが求められる社会となってきています。

仕事ができるだけでは不十分で、同僚とうまくやっていくコミュニケーション能力やお客様や取引先に与える印象なども含めた総合力で評価される時代になっているからです。

ですから全ての要素をバランスよく磨いていく必要があると思います。

気遣いなど内面磨き

意外とおろそかになりがちなのが内面を磨くということです。

内面というのは外からは見えないものなので、どうにでもごまかせばよいと考えている人も多いですが、決してそうではありません。

気遣い、心遣いなどを普段から心掛けるようにしていないと、いざという時にボロがでてきます。

状況が厳しくなったり、苦しくなったりした時に内面を磨いていない人は、慌てふためいて他人を蹴落とすことばかり考え、自分だけが助かればいいと考えます。

その場はそれでしのげるかもしれませんが、それは信頼というものをなくす結果となります。

失った信頼を取り戻すことは簡単ではありません。

そうならないためにも普段から内面を磨くことを心掛けることが必要なのです。

ヘアスタイルのチェンジなど外見磨き

人は見た目でほとんどのことを判断するとも言います。

それくらい見た目の印象、特に第1印象というものは大切なものです。

ですから常に自分は見られているという意識を持って、身だしなみを整えておくことが必要です。

服装、髪型、髭や鼻毛、口臭や体臭、そして表情やリアクションなど全てです。

こういったものを自分に合った自然なものを身につける研究を常にしておくことです。

何も背伸びをして、高価なものを身につける必要などありません。

あくまでも嫌味がなく自然な形を探すというのがポイントです。

自分磨きで男を上げる方法7選

自分を磨いて男を上げる方法を具体的にご紹介していきたいと思います。

全てをやるのが無理ならできるものから取り組んでみてください。

必ず自分のレベルアップにつながるはずです。

1.スキンケアをする


多くの男性がおろそかにしがちなのが、スキンケアです。

女性なら当たり前に毎日やっていることですが、男性は全く何もやらない人も多いようです。

若いうち、10代、20代くらいまではそれでもいいかもしれませんが、30代を越えると顕著に肌に表れてくるでしょう。

肌荒れやシミなどが目立つようになると、人に与える印象もあまりよくありません。

ですからなるべく若いうちからスキンケアに対する意識を持っている人と、何もせずにほったらかしにしていた人は30代以降に大きな差が生まれ始めます。

ケアをしていた人は30代を越えてもみずみずしい肌を保っている人が多いですが、何もしていない人は乾燥してカサカサになっていたり、油が浮き出している人などがいます。

女性は常にメイクをするから少々の肌の痛みを隠すことができますが、男性はそうはいきません。

だからこそ女性以上にスキンケアに気を配っておく必要があると思います。

髭剃りのあとは化粧水をする

男性のスキンケアを考える上で、一番気をつけなければいけないのは、髭剃りの後です。

成人男性の多くは、ほぼ毎日仕事に行く前に髭を剃ると思います。

髭を剃るという行為は鋭利な刃で肌に傷をつけているのと同じようなものですから、当然肌はダメージを受けています。

髭だけを剃っていると考える人もいるでしょうが、髭剃りの刃は確実に肌にも押し当てられています。

ダメージを受けた肌をそのままにしておくと肌が荒れたりします。

肌の弱い人がよく髭剃り負けをして赤くなっていますが、それは肌がダメージを受けている証拠です。

ですから髭を剃ったあとには化粧水を必ず塗りましょう。

化粧水をすることで肌が潤い、ダメージをすばやく回復してくれますので、剃り負けして肌が赤くなるのも防げると思います。

お風呂では洗顔フォームを使用する

女性は毎日メイクをしますから、外出から帰ると洗面所やお風呂で入念にメイクをおとさなくてはいけません。