CoCoSiA(ココシア)

漠然とはどういう意味?使い方を紹介します


私たちが使っている日本語は人によっては曖昧なまま意味を覚えてしまっていたり、中には正しい意味を理解していない場合などがあります。

これはしょうがない事ではありますが、日本人として日本語を扱っている以上、ある程度日常生活などにおいて使用される可能性が高い言葉などは理解しておく必要性があります。

なぜなら言葉を正しく認識していなければ正しく理解する事は当然できませんので、本人が発した言葉の意図を読み誤ってしまう場合があります。

それがもしも重要な局面であった場合、それが大きなミスに繋がる可能性もありますし、仕事をする中でプロとして仕事を行う場合、それが信頼をなくしてしまう行為になる事も十分考えられるからです。

また、単純にこれくらいの意味も理解していないのか、と相手から低く見られてしまう可能性もありますので、日常生活で使用される言葉くらいは知っておく必要性があるという事です。

しかし、日本人だからといってすべての言葉を正しく身に着けるのは当然時間がかかりますし、難しい言葉なども存在します。

普段使わないような言葉などは当然知る機会は少ないですし、間違って覚えてしまいやすいです。

なので、優先して覚えて頂きたい日常生活の中で使われる頻度がある程度高いレベルにある言葉の中から意味が曖昧になってしまいやすい言葉をご紹介していきたいと思います。

今回は漠然という言葉をテーマにして、漠然という言葉の使い方や意味などを詳しくご紹介していきたいと思います。

️漠然ってどういうこと?

漠然という言葉は日常生活においてもある程度聞き慣れている言葉かもしれません。

もちろん頻度としては毎日必ず聞く様なヘビーな言葉ではないかもしれませんが、社会人として活躍している人間であればその時々において聞いたりすることがあるような言葉だと思います。

比較的幼い年齢の方であったり、学生の方に関してはそこまで知識がない可能性もあり、実際に日常生活ではそこまで聞く事がない方もいるかもしれませんね。

しかしながら日常生活で使わなかったとしても、何らかの文献や書籍などで漠然という言葉を見かけたことがある方はたくさんいると思います。

何に関してもそうですが知っていないよりも知っている方が便利ですし、必ず自分の役に立つはずです。

例えば書籍を見るときにしても、人と会話をする時にしても、この言葉を知っていれば正しく意味を理解して相手が伝えたいことを正しく把握することができますし、正しい知識を正しく解釈して身につけることが可能になります。

もしも漠然という言葉の意味がわからなかったとして、あなたが役に立つ情報を見落していると考えればそれは損な行為であると考えることができます。

だからこそ日常生活においても文献や書籍などにおいても見かける頻度の高い漠然という言葉をこの機会に正しく理解する様にしてください。

漠然の意味


漠然という言葉を正しく理解するためには、まずは漠然という言葉の意味を正しく理解し、使い方なども併せて理解することから始める必要性があります。

なのでここからは漠然という言葉の正しい意味についてご紹介していきたいと思います。

漠然という言葉は複数の意味が存在しており、複数の意味をある程度理解しておかなければその状況によって正しい本来の意味を理解することができません。

なので複数の意味をまとめて覚えるのは難しいかもしれませんが、全く違う言葉の意味というわけではありませんので、ある程度共通する意味合いとして関連してまとめて覚える用にしてください。

考え・気持がとりとめないこと

まずはじめにご紹介する漠然という言葉の意味は「考え・気持ちがとりとめないこと」という様な意味を持っています。

おそらく人によってはこの言葉の意味自体もよく分からないと考える方がいるかもしれませんね。

おそらく意味がわからない方にとっては取り留めないことということの意味が分からないと思います。

なのでまずはとりとめないことという言葉の意味を簡単に紹介していきますと、とりとめないことをいう言葉の意味は「はっきりした目的のない様子」という意味を持っています。

なので、漠然という言葉の意味は「考えや気持ちがはっきりした目的のない様子」という言葉の意味として解釈することが出来ます。

例えばあなたの身の回りにいる友人や知人と何かを話している時に恐らくこれまでの人生で漠然とした考えの人を見かけた状況があると思います。

漠然という言葉の意味を知らなかっただけで、漠然という言葉の意味を知ればおそらく該当する状況に立たされたことがあるはずです。

例えば常に誰かに流されてしまったりしている様な人間を見かけたことがあると思いますが、流されてしまうということは自分がこうしたいしたいという希望や目的を持たずに、周りが指示したり、周りに同調して流されてしまうような場合などに漠然という言葉を使うことが出来ます。

この様に漠然とした考えの人が身近に一人ぐらいはいた経験があると思いますので、この様な状況と照らし合わせながら考えてみるとより漠然という言葉の意味を正しく理解できるようになると思います。

範囲や内容が不明瞭な様子


次にご紹介する漠然という言葉の意味は「範囲や内容が不明瞭な様子」という言葉の意味を持っています。

この言葉の意味を考えていくと、不明瞭という言葉の意味ははっきりしない事、曖昧なこと、またはそのさまを表している言葉です。

つまり、漠然という言葉の意味は「範囲や内容がはっきりしない、曖昧なこと」というような意味合いとして解釈することが出来ます。

この場合の漠然という言葉の意味を捉えてみた時に、おそらく人によっては先ほどご紹介した漠然という言葉の最初の意味と少し似ていると感じる方もいるかもしれませんが、最初にご紹介したのはあくまで考えや気持ちにまつわる意味での漠然という言葉の意味です。

しかし今回説明している意味は範囲や内容の事を指し示している漠然という言葉の意味です。

なので、範囲や内容と人の考えや気持ちなどは若干意味が異なりますので、そもそものかかる対象が違うので、考えてみると違う意味としてとらえることが出来ます。

しかし言葉のニュアンス的な意味としてはそこまで変化している様なものではありませんので、かかる対象が違うだけでそのあとに発生する意味は同じという認識を持っていただければわかりやすいと思います。

この言葉の意味は例えば誰かから〇〇をやっておいてと指示された時に、具体的にどれくらいという範囲の指示を受けなかった場合、当然やる側はどれくらいすればいいのかわからない指示を受けていますので、「漠然とした指示」を受けていると考えることが出来ます。

このように使用すれば使い方などもある程度想像することが出来ると思います。

ボンヤリしてはっきりしない様子

次にご紹介する漠然という言葉の意味は「ボンヤリしてはっきりしない様子」という言葉の意味を持っています。

この意味に関してもここまでご紹介してきた意味と大きくかけ離れている意味合いではありませんので覚えやすいと思います。

例えばあなたが何かに対してわからないことがあったと仮定して、それを先生が教えてくれている人に質問をしたとします。

その時に質問を受けた側が質問をした内容などを把握していなかったり、質問の内容を勘違いしたり、答えがよくわかっていない場合、時にはその回答がボンヤリしてはっきりしていない事があったりすると思います。

逆に、自分がこれまでに受けてきた質問や問題の中で質問の意図がわからなかったり、何について聞かれているのかわからない状態で曖昧に答えてしまった事があると思います。