私たちが使っている日本語は人によっては曖昧なまま意味を覚えてしまっていたり、中には正しい意味を理解していない場合などがあります。

これはしょうがない事ではありますが、日本人として日本語を扱っている以上、ある程度日常生活などにおいて使用される可能性が高い言葉などは理解しておく必要性があります。

なぜなら言葉を正しく認識していなければ正しく理解する事は当然できませんので、本人が発した言葉の意図を読み誤ってしまう場合があります。

それがもしも重要な局面であった場合、それが大きなミスに繋がる可能性もありますし、仕事をする中でプロとして仕事を行う場合、それが信頼をなくしてしまう行為になる事も十分考えられるからです。

また、単純にこれくらいの意味も理解していないのか、と相手から低く見られてしまう可能性もありますので、日常生活で使用される言葉くらいは知っておく必要性があるという事です。

しかし、日本人だからといってすべての言葉を正しく身に着けるのは当然時間がかかりますし、難しい言葉なども存在します。

普段使わないような言葉などは当然知る機会は少ないですし、間違って覚えてしまいやすいです。

なので、優先して覚えて頂きたい日常生活の中で使われる頻度がある程度高いレベルにある言葉の中から意味が曖昧になってしまいやすい言葉をご紹介していきたいと思います。

今回は漠然という言葉をテーマにして、漠然という言葉の使い方や意味などを詳しくご紹介していきたいと思います。

️漠然ってどういうこと?

漠然という言葉は日常生活においてもある程度聞き慣れている言葉かもしれません。

もちろん頻度としては毎日必ず聞く様なヘビーな言葉ではないかもしれませんが、社会人として活躍している人間であればその時々において聞いたりすることがあるような言葉だと思います。

比較的幼い年齢の方であったり、学生の方に関してはそこまで知識がない可能性もあり、実際に日常生活ではそこまで聞く事がない方もいるかもしれませんね。

しかしながら日常生活で使わなかったとしても、何らかの文献や書籍などで漠然という言葉を見かけたことがある方はたくさんいると思います。

何に関してもそうですが知っていないよりも知っている方が便利ですし、必ず自分の役に立つはずです。

例えば書籍を見るときにしても、人と会話をする時にしても、この言葉を知っていれば正しく意味を理解して相手が伝えたいことを正しく把握することができますし、正しい知識を正しく解釈して身につけることが可能になります。

もしも漠然という言葉の意味がわからなかったとして、あなたが役に立つ情報を見落していると考えればそれは損な行為であると考えることができます。

だからこそ日常生活においても文献や書籍などにおいても見かける頻度の高い漠然という言葉をこの機会に正しく理解する様にしてください。

漠然の意味


漠然という言葉を正しく理解するためには、まずは漠然という言葉の意味を正しく理解し、使い方なども併せて理解することから始める必要性があります。

なのでここからは漠然という言葉の正しい意味についてご紹介していきたいと思います。

漠然という言葉は複数の意味が存在しており、複数の意味をある程度理解しておかなければその状況によって正しい本来の意味を理解することができません。

なので複数の意味をまとめて覚えるのは難しいかもしれませんが、全く違う言葉の意味というわけではありませんので、ある程度共通する意味合いとして関連してまとめて覚える用にしてください。

考え・気持がとりとめないこと

まずはじめにご紹介する漠然という言葉の意味は「考え・気持ちがとりとめないこと」という様な意味を持っています。

おそらく人によってはこの言葉の意味自体もよく分からないと考える方がいるかもしれませんね。

おそらく意味がわからない方にとっては取り留めないことということの意味が分からないと思います。

なのでまずはとりとめないことという言葉の意味を簡単に紹介していきますと、とりとめないことをいう言葉の意味は「はっきりした目的のない様子」という意味を持っています。

なので、漠然という言葉の意味は「考えや気持ちがはっきりした目的のない様子」という言葉の意味として解釈することが出来ます。

例えばあなたの身の回りにいる友人や知人と何かを話している時に恐らくこれまでの人生で漠然とした考えの人を見かけた状況があると思います。

漠然という言葉の意味を知らなかっただけで、漠然という言葉の意味を知ればおそらく該当する状況に立たされたことがあるはずです。

例えば常に誰かに流されてしまったりしている様な人間を見かけたことがあると思いますが、流されてしまうということは自分がこうしたいしたいという希望や目的を持たずに、周りが指示したり、周りに同調して流されてしまうような場合などに漠然という言葉を使うことが出来ます。

この様に漠然とした考えの人が身近に一人ぐらいはいた経験があると思いますので、この様な状況と照らし合わせながら考えてみるとより漠然という言葉の意味を正しく理解できるようになると思います。

範囲や内容が不明瞭な様子


次にご紹介する漠然という言葉の意味は「範囲や内容が不明瞭な様子」という言葉の意味を持っています。

この言葉の意味を考えていくと、不明瞭という言葉の意味ははっきりしない事、曖昧なこと、またはそのさまを表している言葉です。

つまり、漠然という言葉の意味は「範囲や内容がはっきりしない、曖昧なこと」というような意味合いとして解釈することが出来ます。

この場合の漠然という言葉の意味を捉えてみた時に、おそらく人によっては先ほどご紹介した漠然という言葉の最初の意味と少し似ていると感じる方もいるかもしれませんが、最初にご紹介したのはあくまで考えや気持ちにまつわる意味での漠然という言葉の意味です。

しかし今回説明している意味は範囲や内容の事を指し示している漠然という言葉の意味です。

なので、範囲や内容と人の考えや気持ちなどは若干意味が異なりますので、そもそものかかる対象が違うので、考えてみると違う意味としてとらえることが出来ます。

しかし言葉のニュアンス的な意味としてはそこまで変化している様なものではありませんので、かかる対象が違うだけでそのあとに発生する意味は同じという認識を持っていただければわかりやすいと思います。

この言葉の意味は例えば誰かから〇〇をやっておいてと指示された時に、具体的にどれくらいという範囲の指示を受けなかった場合、当然やる側はどれくらいすればいいのかわからない指示を受けていますので、「漠然とした指示」を受けていると考えることが出来ます。

このように使用すれば使い方などもある程度想像することが出来ると思います。

ボンヤリしてはっきりしない様子

次にご紹介する漠然という言葉の意味は「ボンヤリしてはっきりしない様子」という言葉の意味を持っています。

この意味に関してもここまでご紹介してきた意味と大きくかけ離れている意味合いではありませんので覚えやすいと思います。

例えばあなたが何かに対してわからないことがあったと仮定して、それを先生が教えてくれている人に質問をしたとします。

その時に質問を受けた側が質問をした内容などを把握していなかったり、質問の内容を勘違いしたり、答えがよくわかっていない場合、時にはその回答がボンヤリしてはっきりしていない事があったりすると思います。

逆に、自分がこれまでに受けてきた質問や問題の中で質問の意図がわからなかったり、何について聞かれているのかわからない状態で曖昧に答えてしまった事があると思います。

これがまさに今説明している漠然という言葉の意味として捉えることができます。

質問をしたのにその返答が漠然とした意味だった、というような言葉で表現する事が出来ます。

このようにして考えれば漠然という言葉の意味が理解しやすいですよね。

広くて果てしない様子

次にご紹介する漠然という言葉の意味は「広くて果てしない様子」という言葉の意味を持っています。

これはどういうことかと言いますと、難しく考えずにそのままの意味で捉えていただいた方が分かりやすいと思います。

例えば世の中に存在してるものに対して広くて果てしない様子のものはたくさん存在していますよね。

もちろん終わりがない様なものもあれば終わりがあるものもあると思いますが、イメージとして終わりがあるものだったとしてもこの表現で言い表すことが出来ます。

例えば、あなたの目の前に広大な平原が広がっていたとします。

これはまさに「漠然として平原」であると呼ぶことができます。

それ以外に言い換えるとすれば、例えばあなたの目の前に広い海が広がっていたとすれば、それは「漠然として海」として表現することが出来ます。

それ以外にも宇宙などもそうですよね、宇宙なども同じような意味として用いることが出来ます。

この世に世の中に存在しているもので広くて果てしない様子を表している様なキーワードと組み合わせることによって漠然という言葉を使うことが可能になります。

もちろんこの様に自然に関して使わなければいけない事ばではなく、そのほかに存在するもので比喩できそうな言葉などがあれば置き換えて使う事なども可能になります。

このように考えてみると言葉の可能性がどんどん広がり、上手な比喩などができるようになり、言葉を扱う事が上手になります。

そうする事によって様々な状況でたくさんの人がわかりやすく言葉を扱うことが出来るようになりますので、話が上手になり、魅力的な人間になることが出来ます。

言葉をマスターするという事は自分の可能性を広げる行為であるという事を理解してください。

️漠然の使い方

ここまでは漠然という言葉の主な意味についてご紹介していきました。

今まで自分が知っていた漠然という言葉の意味以外にも様々な言葉の意味が存在するということに気づけた方もたくさんいると思います。

ある程度漠然という言葉の意味について理解いただいたところで、ここからはさらに漠然という言葉をマスターしていただくために、漠然という言葉の使い方について詳しくご紹介していきたいと思います。

正しく意味を知っていても、現実的な使い方を知っていなければうまく言葉を扱うことはできませんので、例文を交えながら漠然という言葉の使い方をご紹介していきます。

なので先ほどご紹介した意味を頭の中に置きつつ、この機会に漠然と言う言葉の正しい使い方についても身につけてみてください。

漠然とした不安を感じる

まずはじめにご紹介する漠然という言葉の使い方の意味は「漠然とした不安を感じる」という例文です。

この例文に関して理解をするためにはまずはもう一度漠然という言葉の基本的な意味を思い出していただく必要性があります。

漠然という言葉の意味は【①考え・気持がとりとめないこと②範囲や内容が不明瞭な様子③ボンヤリしてはっきりしない様子④広くて果てしない様子】という意味を持っていました。

なのでこの意味を思い出しながらこの例文の意味はどういう言葉の意味を持っているのかと考えてみると、「ぼんやりしてはっきりしない不安、もしくは広くて果てしない不安」というような言葉の意味として理解することが出来ますよね。

漠然という言葉自体が4つの意味を持っていますので、その時々においてどの意味が一番当てはまるやすいのかと言う事を考えながら理解することが大切なのですが、もちろん言葉によっては複数該当する場合もありますので、意味が混同しやすいかもしれませんが、この場合はどちらの意味を取ったとしてもそこまで大きく根本的な意味が変わるものにはなりません。

なのでそこまでその点は深く考える必要はありません。

なので今回の例文に関しては「ぼんやりしてはっきりしない不安を感じている」様子を表す言葉として理解してもらえれば間違っていないので、正しく漠然という言葉の意味さえ知っておけばわかりやすい例文です。

漠然と生き方を考える

次にご紹介する漠然という言葉の使い方の意味は「漠然と生き方を考える」という例文です。

この例文に関してもまずは漠然という言葉の意味を思い浮かべてみてください。

その上でこの場合どの意味が一番当てはまるのかと考えた時に、この例文の意味は「ぼんやりしながら生き方を考える」という意味として解釈することが出来ます。

自分の生き方について悩んでいる方はたくさんいると思います。

誰しもが平等に人生は一度しかありませんし、未来を見通せる様な力を持っているわけではありませんよね。

何度も人生を経験してきた人間があれは分かるかもしれませんが、基本的には人間は一生に一回しか生きられないので、そもそも何度も経験するということ自体がおかしな話です。

だからこそ自分がこれからどうやって生きていくのか、自分が生きる意味はどういったものなのか、ということに悩みながら人生を生きていくのが当たり前です。

なので人間は明確に自分がどの様な生き方にする必要があるのかという事を考えながら生きていくことやそれを実行しながら生きていくのは難しい話なのです。

だからこそ考えるとすれば漠然とぼんやりと考えたりすることが多くなるということです。

少し似ている言葉で文献や本などで見かけることが多いと思いますが、「漠然と生き方を変えるだけではダメだ」という言葉を耳にしたり目にしたりすることがあると思います。

これはそのまま直訳して考えてみると、ぼんやりしながら生き方を変えようと考えるのはいけないと言い表しているのです。

なぜなら、ぼんやりしながら生き方を変えようと考えたところで、目標・目的などを持っている人間には適いませんし、自分の人生を変えるというとても大きなことをするにあたって、なんとなくやぼんやりしながら考えても無意味だと表現しています。

少し話がそれましたが、このように似ている表現の言葉もいくつか存在していますので、これらの言葉に意味を正しく理解すればこの例文の表現などはそこまで難しく感じることなく理解いただけると思います。

そんな漠然とした考え方じゃダメだ

次にご紹介する漠然という言葉の使い方の意味は「そんな漠然とした考えちゃダメだ」という例文です。

この例文の意味を考える際には漠然とした考え方を正しく訳すことができればすぐにわかると思います。

先ほどご紹介した漠然という言葉の意味を踏まえると、意味は「そんなぼんやりしてはっきりしない考え方ではダメだ」という意味として解釈することが出来ます。

会社員として仕事をしたりしている人はビジネスの場面で上司からこの様に怒られた経験がある方もたくさんいると思います。

例えばビジネスの場面で何かしらの意見を求められたことがある方もたくさんいると思いますね。

時には人前でたくさんの人間に対して自分の思いをプレゼンしたりすることもあると思いますが、その様な時にたくさんの人に対してたくさんの人がより納得してもらえる様な内容を話す必要があります。

たくさんの人に納得してもらうためには、納得してもらえるための材料や理由などを筋道立てて説明する必要性がありますが、もしもこの時に納得してもらえるための理由なのか曖昧になっている場合は当然納得できるものも納得できないですよね。

なので、漠然とした考え方や理由では納得することはできないという言葉で表現する事が出来ます。

このようにビジネスの場面などにおいてダメ出しをされる際によく聞いたりする言葉として解釈することが出来ます。

その質問は漠然とし過ぎだ

次にご紹介する漠然という言葉の使い方の意味は「その質問は漠然とし過ぎだ」という例文です。

この例文の意味は「その質問は(範囲や内容が不明瞭で)ぼんやりし過ぎだ」という意味をで解釈することが出来ます。

例えばあなたもこれまでの人生で先生であったり講師となる様な人間に対して何かしらの質問を行ったことがあると思います。

そのような時に質問の内容によっては範囲があまりにも広すぎたり、不明瞭すぎることによって的確に質問に答えることができない場合があります。

漠然とした質問を例に出して紹介するのはなかなか難しい部分がありますが、例えば極端な例としてあなたが会社員だったとして今日お客様が来社されるという状況だったと考えてください。

そしてあなたの上司があなたに対してそのお客さんが「何時に来るのか」と問いただしていただきます。

これはまだ何時という指定があるので、質問としてはピンポイントで答えやすい質問であると判断することが出来ます。

しかし例えばあなたの上司が「お客さんはどうなってる」とあなたに対して質問した場合、何に対してどうなっているのかという事が判断しにくいですよね。

つまり何に対してかけられた質問なのかということが不明瞭になっているために、返答する際に困ってしまう場合が考えられます。

これは質問が漠然としすぎているからであって、当然このような質問をされた側が困ってしまうはずです。

なので、漠然とした質問はあまり良い事ではなく、このような状況で漠然とした質問をされたと表現することが出来ます。

彼の印象は漠然としていて掴めなかった

次にご紹介する漠然という言葉の使い方の意味は「彼の印象は漠然としていて掴めなかった」という例文です。

この例文の意味は「彼の印象はぼんやりしてはっきりしない様子なので、掴めなかった」という意味とした解釈することが出来ます。

これがどの様な状況で適用されるかと考えますと、例えばあなたと彼の距離感がとても遠かったということが考えられます。

恐らく彼の印象がわからないという事は普通に考えてその彼に対して初対面、もしくはまだ頻繁に会った事がない状態であることが考えられ、さらにあったのに漠然としているという事はおそらくその彼との間に距離があった、もしくは何かしらの関係も持つ事が出来なかったと考えることが出来ます。

つまり、例えばあなたとあなたの友達とあなたの友達の友達のような状況で、直接的にあなたの友達の友達である彼と話をしなかったような状況であったり、もしくは彼が遠くにいたために話す事が出来なかったなどが考えられます。

あったことはあるけど話をしたことがない様な状況というのは日常生活の中でも十分考えることがあると思いますので、そのような時にこの様な例文を用いることが可能になります。

漠然とした回答しか得られなかった

次にご紹介する漠然という言葉の使い方の意味は「漠然とした回答しか得られなかった」という例文です。

この例文の意味は「(ぼんやりしてはっきりしない様子)or(範囲や内容が不明瞭な)の回答しか得る事ができなかった」
というような意味として解釈することが出来ます。

これはどういうことかと言いますと先ほどご紹介した内容に似ていますが、あなたが誰かに対して質問をした時に、その質問に対して正しく把握をしていない答え、もしくは相手が正しく質問を把握しているにもかかわらず知識がないために正当な答えをする事が出来なかったなどの状況が考えられます。

これは当然逆の場面でも経験したことがある方も多いと思います。

質問をされて何かを答えなければいけないのに、その何かが思いつくことができなかったという場合にはたくさんの場面があると思います。

例えば多いのが面接などが該当するパターンが多いです。

例えばあなたが面接を受けた立場として、当然面接を受ける際には極度の緊張状態になると思います。

さらにどんな質問が来るのかということが事前にわかるわけではないので、質問をされてすぐに返答、さらにその場に沿った適切な答えを言わなければいけません。

これはかなり難しい事なので、時と場合によっては相手がした質問内容を理解せず喋り出してしまう場合もあれば、相手が行った質問を把握したにも関わらず、緊張やその場に適した答えを考えすぎるあまりに、話しているうちに内容が自分でもわからなくなってしまうような漠然な返答をした経験がある方も多いと思います。

このような状況で使うことができる例文として考えることができます。

️漠然の類語

ここまでは漠然という言葉の使い方を例文を交えてご紹介していきます。

様々な例文に触れることによって、漠然という言葉の具体的な使い方などを理解することができたと思います。

ある程度漠然という言葉について慣れてきたところで、ここからは漠然という言葉に対して類似している言葉、つまり漠然という言葉の類語についてご紹介していきたいと思います。

日本語が数え切れないほどのたくさんの言葉が存在していますので、当然ながら重複している意味合いの言葉であったり、極度に意味が似通っている言葉が存在しています。

この様な言葉についてもある程度把握しておき、状況によって上手に区別することができるようになれば話の組み立てがさらに上手になります。

これは何かの説明をする時なのに適切な言葉を用いることができる能力にもつながりますので、この機会に漠然という言葉の類語についても理解してください。

曖昧

まずはじめにご紹介する漠然という言葉の類語は「曖昧」という言葉です。

曖昧という言葉は漠然という言葉とかなり似通っていると考えることが出来ます。

人によってはその違い自体がわからない方がたくさんいると思います。

まずは曖昧という言葉が本来どういう意味を持っているのかということを理解する必要性があります。

曖昧という言葉の意味は複数存在しており、「①態度や物事がはっきりしないこと②怪しくて疑わしいこと③いかがわしいこと」というような意味を持っています。

この曖昧という言葉の意味と漠然という言葉の意味を比べてみた時に、曖昧という言葉の「態度や物事がはっきりしないこと」という意味が似ていると考えることが出来ます。

漠然という言葉の意味は【①考え・気持がとりとめないこと②範囲や内容が不明瞭な様子③ボンヤリしてはっきりしない様子④広くて果てしない様子】という意味なので、漠然という言葉の①や③の言葉の意味と似ている表現であると考えることが出来ます。

この世に二つの意味を見比べてみると、若干ながら言葉の意味の相違はありますが、根本的な意味合いとしてはとても似ている表現であると考えることができます。

様々な場面においても、漠然という言葉と曖昧という言葉に関しては代替しても意味が通じることが多いと思いますので、この言葉の区別などが上手にできるようになればさらに漠然という言葉の理解力が増すようになります。

抽象的

次にご紹介する漠然という言葉の類語は「抽象的」という言葉です。

抽象的という言葉がまずどのような意味を持っているのか考えると、「いくつかの事物に共通なものを抜き出して、それを一般化して考える様②頭の中だけで考えていて、具体性に欠ける様」というような意味を持っています。

抽象的という言葉の意味を考えてみるとすぐに②の言葉の意味が漠然という言葉の意味と類似していると考えることが出来ます。

漠然という言葉の意味とかなり類似して考えることができますので、抽象的という言葉に関しても代替して文章であったり、言葉として置き換えて話すことが可能になります。

️曖昧との区別

ここまでは漠然という言葉の類語について具体的にご紹介していきました。

漠然という言葉の類語について理解いただいたところで、類語である曖昧という言葉と比較してもう一度考えていただきたいと思います。

漠然という言葉と曖昧と言う言葉に関しては類語ではありますが、人によっては完全に同じであると考えている方がたくさんいると思います。

しかしながら漠然という言葉と曖昧という言葉に関しては決定的な違いなども存在しています。

多くの方がこの違いについて気づくことができないでいますので、おそらく細かい点を指摘する様な人はあまりないと思いますが、この様な部分に関しても正しい知識を身につけておくことによって、必ず自分自身にとって損をする事はありませんので、正しい知識を身に着けてみてください。

漠然と曖昧の違い

漠然という言葉と曖昧という言葉は確かにどちらの言葉も何かしらのことがはっきりしないという言葉の意味としては全く同じです。

しかしながらどの様にして意味がはっきりしないのかという部分が若干違っており、例えば漠然とするという言葉の意味は範囲や意味が不明瞭であったりするがために漠然としている場合が多く、曖昧に関してはどちらの意味にもとれるから曖昧になっていると考えることが出来ます。

つまり、漠然は広い範囲であったりしてどれの事を言っているのかそもそもわからない、曖昧は二つ以上の意味があってどれの事を指し示しているのかわからないといったような状況で使われる事が多いです。

なので、曖昧という言葉はどれの事を言っているのかわからないにしても、特定できる要素が存在している分、漠然よりかは詳しく特定できるであろう状況である可能性が高いのです。

少し難しい違いかもしれませんが、この点をよく理解しておけば間違った言葉の使い方が激減すると思いますのでこの機会に正しく理解してください。

️漠然の正しい意味を覚えよう

今回は漠然という言葉をテーマにして、漠然という言葉の意味や使い方、そして漠然という言葉の類語などをご紹介していきました。

漠然という言葉一つと思うこの様な様々な関連した事項が存在するということがお分かりいただけたと思います。

ここまで一つ一つの言葉を掘り下げて考えて正しい知識を身につけるのは大変かもしれませんが、これをきっかけに様々な知識を身に着けておけばよりレベルの高い会話ができるようになりますので、自分を高めるきっかけとして利用してみてください。