高校生くらいの時に母親から、「みすぼらしい格好をして外を歩いちゃだめよ!」と言われたことを覚えています。

その意味はだいたい分かっています。

それは、当時友達と破れたデニムのジーパンを履いていたからだと思います。

出かける時に玄関で、母親が見ていた視線の先はその破れた部分だったからです。

上着はオシャレな白シャツにデニムのジャケットという格好で、可愛いイヤリングまでつけてお出かけしたのです。

母親から見ると、いくら流行りだからといっても、ジーパンの修理ぐらいはしておきなさいと言う意味だと思いました。

以前には、下着を見せるファッションも流行りました。

昔の人からは、下着が見えてるよとツッコミがありましたが、若い人は聞く耳を持たないようです。

シャツをズボンの外に出すことは、昔はだらしないとかみすぼらしい格好と行っていましたが、今では多くの人がシャツを出して歩いています。

時代と共に、だらしないとかみすぼらしいという意味合いが変化してきたのです。

みすぼらしい格好をして人前に出ると、あの人はみすぼらしい人だとなってしまうのです。

みすぼらしいとは、まずは見た目から判断されるようです。

みすぼらしい人だと思われないために

みすぼらしいと思われることは、経済的にも人間的にも困窮しているのではと思われていることと同じです。

黙っていても、みすぼらしいあなたを見た人は、可哀そうにとか侘しいと見下げられているのです。

経済的にも人間性に関してもまったく問題がないのに、可哀そうにと思われることは我慢がならないものです。

だから、みすぼらしい人だと思われたくはありません。

何か昔の資料を持ていると、戦後すぐの焼け野原の街の様子や当時の生活事情の写真が貼ってあることがあります。

当時の若い人の服装を見ると、袖や衿が破れたり、髪の毛の手入れも十分でないためかボサボサのママです。

そんな服装を見ていると、やはり当時はみすぼらしい格好しかできなかったのかなあと感じてしまいました。

当時は、格好良くしたくても出来なかった時代です。

現在は、ほとんどの人が気を配ればみすぼらしくないようにできるはずです。

では、みすぼらしいと自覚していないだけなのでしょうか?

それとも、みすぼらしいという定義が、個人によって違っているのでしょうか?

そのあたりも含めて、みすぼらしいと思われないようにするための方法について考えてみました。

「みすぼらしい」の辞書上の意味は?

辞書によると、みすぼらしいとは外見が貧弱で身なりが見苦しい、となっています。

これは人間だけにとどまらず、「みすぼらしい建物」とか「みすぼらしい公園」とか、施設にも使われるようです。

外見が貧弱ということから、貧しい、経済的に苦しいと解釈されることもあるようです。

さらにもっと解釈を広げると、弱弱しいとか活発でない、元気がない、頼れない、と言う意味にも解釈されます。

この解釈の仕方で困るのは男性です。

特に婚活中の男性は、友人に女性を紹介してもらったが、後日に相手の女性から「みすぼらしい人は嫌いです」と断りが入ったそうです。

男性は大事な婚活と言うことで、仕立てた洋服を着て出かけたのですが、それでもみすぼらしいと言われたことにショックを受けていました。

この理由について友人が確認したところ、格好は良いが中身の人間性について、話題も乏しく女性を楽しませることについて未熟で、将来を想像するとみすぼらしい生活になりそうで断ったと言うことでした。

こんなところにも、みすぼらしいことが判断の基準になったようです。

みすぼらしい人になってしまう原因は?

みすぼらしいと感じるポイントは、まずは外見です。

そして、さらには細かいところに対する気配りも見逃せません。

営業マンの心得のひとつに、靴は綺麗に磨いて出かけることです。

靴が汚れていると、みすぼらしく見えるのです。

もちろん、靴底の片側がすり減っていて傾いた靴などは、みすぼらしさが漂います。

また、古くてボロボロの靴も、その男性の生活や性格を表しているようで、みすぼらしく感じて女性は敬遠するのです。

シャツのボタンが取れていたり衿が汗で汚れていたり、ふけが肩に積もっていたりすると、これもみすぼらしく思われます。

これ以外でもいろいろありますが、つまりは自分のことが見えずに、だらしない格好をさらけ出していると、みすぼらしい人だと思われるのです。

1.経済的な問題

綺麗な靴を履きたい、身体にフィットする洋服を着たい、髪の毛も綺麗にセットしたい、などと思っても、お金がないとすぐに対応できません。

経済的な事情もあるのです。

2.外見を気にしなさ過ぎる

経済的に余裕がっても、みすぼらしい人だと思われる時があります。

それは価値観の違いから起こることもあるのです。

お金持ちはケチでもあると言いますが、まわりに人が新しいものに交換すれば良いのにというようなものも、始末して使い続けることがあるからです。

何億円という預金を持ちながらも、畑仕事の格好で腰に手拭いをぶら下げてシティバンクに出かけたり、商店街を歩くのです。

彼を知っている人はまたかと思うのですが、知らない人はみすぼらしい人だ、可哀そうにと思ってしまいます。

この人は、人間は格好ではなく中身だという信念の持ち主ですが、TPOをわきまえないことでみすぼらしいと思われるのです。

経済的に余裕があるなら、場所をわきまえた格好も必要と思います。

少しは、外見を気にすることです。

3.物が捨てられない

物が捨てられないというひとは、すごく増えているようです。

若い人だけでなく、高齢者においても家に物が溢れていて、置き場や処分に困っているようです。

この風潮は、ほとんどの人に当てはまっていて、「断捨離(だんしゃり)」と言う言葉が流行っています。

不要なものを思い切って捨てることです。

もともと、会社でよく壁に「整理整頓」という言葉を掲示していますが、ここの「整理」という意味は断捨離と同じなのです。

不要なものを捨てて、必要なものを使いやすいように並べておく(整頓)ことなのです。

昔から、物は簡単には捨てられないのです。

もしかして、使う時が来るのではという甘い予測だけで、溜まってしまうのです。

いらないものをご丁寧に残しておく人は、みすぼらしい人なのです。

みすぼらしいと思われる人の24個の特徴

それでは、みすぼらしい人だと思われる具体例を考えてみました。

1.他人の目を気にしない

みすぼらしい人は、自分の独特の世界を持っているのです。

他人と比較する気もなくてマイペースで生きているのです。

自分がこれでいいと思うと、他人から何と言われようと気にしないのです。

自分では充分だと納得しているからです。

流行おくれの服を着ていても、寒さがしのげればそれで良いのです。

真冬でも、自分が暑いと感じれば、半そでで過ごしても平気なのです。

あの人は、寒そうだと小声で言われていても、何ともないのです。

2.ケチである

お金持ちでも貧乏でも、みすぼらしい人の特徴は無駄金を使わないことです。

今のままで過ごせるなら、何もお金を使ってまでも買い替える気はないのです。

今のものが使えなくなったら、その時が交換の時期なのです。

靴底が剥がれて歩けなくなったので、接着剤で貼り付けて歩いていたが、とうとう雨の日にまた剥がれてしまった。

そうなると、靴底が満足についている別の靴に、履き替えるだけのことです。

3.何でも打算や損得で考える

見栄や格好のことは重要ではなくて、これを新しいのに替えることは損か得かを考えます。

損する時には後回しにして今のままで過ごし、得する場合に限って最低限のお金を使って新しいものに交換するのです。

どのように思われているかなどは、考えもしないのです。

4.客観性が無い

みすぼらしい人は、自分が決めた道を進むのが好きです。

客観的に自分を見つめることが少ないので、苦にはならないのです。

それと、親しい友人も少ないので、適切なアドバイスや忠告をしてくれるひともほとんどいないのです。

5.物を大事にし過ぎる

壊れかけた物を大事にする性格です。

すぐに捨てることが嫌いで、と言うよりもったいなくて捨てられないので、部屋の中に山積みにして置いておきます。

用途別に区分している訳でもなく、とにかく集めているという状態です。

捨てられないのでくだらない物も、増えるばかりです。

6.捨てることへの罪悪感が強過ぎる

何とかまだ使えるという状態では、捨てることへの罪悪感で処分できないのです。

区切りをつけるとか決別するという行動ができないのです。

何事にも決心をつけることが苦手で、周りの人はその態度をみすぼらしいとも言うのです。

7.貧しい家庭で育った

貧しい家庭で育っていると、生活中心に物事を考えてしまい、余分なことには気が回りませんし、対応できるお金の余裕もありません。

そのような家庭では、見栄や格好よりも実用的なことにお金を使うからです。

みすぼらしいと言うことにも気が付かないこともあるようです。

8.劣等感が強い

あまり余裕がないと、満足なこともできないのです。

傷んでいるから修理をしたり新しいものに交換しようとしてもできないのです。

そのことを感じているので、なるべくは人前に出ないようにしたり、付き合いを減らしたりするのです。

これは、劣等感が強くなっているためです。

9.毎日同じ服装

ものぐさな性格もあるでしょうが、着る物は適当に替えてみるべきです。

もちろん、下着などは同じものを着ていると汚れてしまいますし、洗濯する必要もあります。

しかし、毎日同じTシャツを着たり、同じズボンを履いていたりすると、仲間からも口には出しませんが、服を持っていないのかなあ?と思われているはずです。

何気ない会話をしながらも、何かみすぼらしいなあと感じていることでしょう。

10.洗濯を頻繁にしないので臭い


暑い季節にあまり洗濯をしないで着続けると、もちろん襟首は脂汗と埃で茶色く汚れてしまい、洗濯でも汚れが簡単に落ちなくなるのです。

それと、汗をかく夏場には、汗の臭いが服に染みついて、とんでもない臭いを発散するのです。

いわゆる、体臭なのです。

体臭の原因は、汗の水分と一緒に肌の表面に出て来た皮脂や埃の有機成分が、皮膚の表面にいる雑菌によって分解されて、その時に発生するアンモニアなどの揮発性の成分が臭うためです。

洗濯を頻繁にしないと、着ている服に汗臭い臭いが染みついて、周りの人に不快感を与えるのです。

自分自身は、臭いを出していることに関して、あまり気が付かないことも余計に問題なのです。

十分に洗濯をした服を着ていないと、みすぼらしく思われるのです。

11.服の襟や袖口がヨレヨレ

毎日お風呂かシャワーで身体を清潔にしておかないと、服の襟が汚れてしまいます。

頻繁に着る時には、汚れで黒ずんでいないかチェックが必要です。

それと、同じ服を繰り返し着ていると、いつの間にか襟や袖口にほころびを生じたり、ヨレヨレになってきます。

ワイシャツなどは特に目立つのです。

クリーニングに出すと、襟や袖は糊をきかせてアイロンがけをしているので、パリッと仕上がってきます。

自宅で洗濯をしても、せめて糊をつけて襟や袖口がヨレヨレにならないように注意したいものです。

襟や袖口がヨレヨレだと、立派な服でもみすぼらしく見えてしまいます。

12.靴がボロボロ


普通の人は、くたびれた靴を履いていると、何だか気持ちが落ち着かないものです。

ましてや、どなたかのお宅に呼ばれて靴を脱いで上がるとき、汚れた靴では恥ずかしいものです。

営業マンもそうですが、印象をよくするためにも靴はピカピカに磨いておくものです。

靴についた泥や埃を、いつもきれいに拭いている人は、仕事に関しては細かいところまで気配りができる人のようです。

靴の先がすり減っていたり傷がついていたりしても、そのまま履いていて平気な人は、何ごとにも無頓着な性格かも知れません。

少なくとも、ボロボロの靴を履いていると、みすぼらしく見えるのです。

13.無精ひげが生えている

女性の薄化粧と一緒で、男性も家の中にいることが多くても、毎日ひげは剃るべきです。

無精ひげを生やしたままでは、寝起きで顔を洗っていないようで不潔な感じがします。

ひげも面倒だと言って剃らない人は、生活に区切りをつけることができない人で、みすぼらしく見えます。

14.髪がボサボサで手入れしていない

ボサボサの髪の毛は、寝起きか病気で入院中の人のようです。

あえて髪の手入れをしていない人は、そんな人達がたむろする環境で、生活しているように見えるのです。

まともな環境では生活できない人なのです。

みんなが敬遠して近づかなくなります。

みすぼらしいと思えるからです。

15.肩にフケがいっぱいついている

フケは古くなった頭皮の角質が剥がれて落ちるものです。

頭皮の環境が乱れていて、頭皮に存在する常在菌が頭皮から過剰に出る皮脂を分解している状態かも知れません。

又は、頭皮が乾燥している時には、地肌のターンオーバーが早まり、フケとなって出やすくなっているようです。

とりあえずの対策は、フケ対策用のシャンプーを買ってきて、試して見ることです。

いずれにしても、肩に点在しているフケを見ると、近寄り難い気になるのです。

満員電車で前に立っている男性の背広の肩に多数のフケを見つけると、みすぼらしい身持ちになります。

16.いつも同じペットボトルに自作のお茶を入れてくる

同じペットボトルに自作のお茶を入れて歩く人はいます。

始末が好きなおばあちゃん達が、そのボトルを持ち歩いて散歩するのを見ることがあります。

なぜそれが分かるかというと、今日は麦茶を入れて来たとか、玄米茶に変えたとか、声をかけあっているのを聞いたからです。

仕事場にそんな同じペットボトルに入れたお茶を平気で持ってくることは、みすぼらしい限りです。

ペットボトルに菌が発生することがあるので、衛生上も好ましくないのです。

せめて、魔法瓶に入れて持参する方が見た目も良いのです。

17.食事が超質素

カロリー制限で仕方なく質素なものを食べる時がありますが、それでない時には張質素な食事はみすぼらしく感じます。

豪華な食事ばかりを摂る必要はありませんが、ほどほどのメニューを食べるべきです。

社員食堂のテーブルで一緒に食事をする時には、周りの人も食事が楽しく無くなります。

18.爪がボロボロ

爪がボロボロだとみすぼらしくみえます。

爪が伸びすぎていたり、割れてしまった爪をそのままにしていたりする人は注意が必要です。

爪の長さを整えるだけでも綺麗にみえます。

19.食べ物をガツガツ汚く食べる

無人島で長く生活してきて、まともな食事は久しぶりとでも言うように、ガツガツ食べる人をみます。

部活帰りのガッチリした体格の運動選手なら分かりますが、食べ方にもマナーがあるのです。

ご飯やおかずをテーブルにこぼしたり、クチャクチャと音を出したり、そんなマナーを知らない人は、周りの人に迷惑になるのでみすぼらしいと見えます。

20.常に貧乏ゆすりをしている

ジッと座って待っていられない性格です。

貧乏ゆすりと呼ぶように、ジッと辛抱できない性格はみすぼらしく見えます。

21.人目をはばからず爪を噛んでいる

爪を噛むのも、精神的に成長していないか不安定な性格の持ち主です。

気になると我慢できなくて、一途に噛み続けるのです。

爪が無くなっても平気なのです。

限度が分からない人はみすぼらしくみえます。

22.鼻水を袖で拭く

何かに気を取られて、自分を見失っているのです。

鼻水が出たのが分かって、ハンカチかティッシュを出す間もなく、袖で拭いてしまうのです。

小学生の低学年の子供並です。

幼児の場合は、鼻水は親が拭いてくれます。

ハンカチやティッシュは持っていないのかも知れません。

どちらにせよ、みすぼらしく感じます。

23.濡れた手を服でふいてしまう

この動作も、タオルやハンカチで濡れた手を拭く習慣があまりなかったのでしょう。

自宅でも、すぐに拭けるようにタオルも用意していないのでしょう。

こんな行動は、家庭環境や習慣に問題があるようで、あまり関わり合いたくないみすぼらしい人です。

24.無料サンプル配布を何往復もしてもらう

無料という言葉に反応する習性があるようです。

広告を見る時にも、無料のおまけやサンプルの記述に目が行くのです。

配布場所に何回も往復して、無料サンプルをもらって喜んでいる性格なのです。

そして、友達には自慢するのです。

こんな無料に過剰に反応する人は、やはりみすと思ってしまいます。

みすぼらしい人にならないように

みすぼらしいと思われてしまうと、良い話も教えてくれなくなります。

近寄りにくい人だと思われているからです。

これでは損をします。

婚活や就活の時にも、あまりにもみすぼらしい格好で出かけると、きっと話しは上手く行かないでしょう。

そのように、人間はまずは外観(第一印象)で決まるのです。

身なりをキチットするには、そんなに大きなお金がかかる訳でもありません。

服や靴、バッグもまともなものを一度揃えておけば良いのです。

あとは、使用後に丁寧に汚れを拭いておけば良いのです。

あとは、みすぼらしく見られないためには、髪は綺麗に揃えて、ひげはキチンと剃って、風呂にもキチンと入っておけば良いのです。

そして、誰かに会う時は、女性なら化粧をして髪を直して、洗濯をした服で出かければ良いのです。

男性も女性も、清潔感が出ていれば、まずはみすぼらしく見えないはずです。

そして、約束やルール、エチケットを守れば大丈夫です。

ただ、自分を客観的に見ることも必要なので、親しい友人などにアドバイスを受けるようにしてください。