現代社会を生き抜くために必要なものは何だと思いますか?
 現代の特徴を上げていくとたくさんの物があるでしょうが、特徴的なものはインターネットやSNSの普及ではないでしょうか。

インターネットを通じて色々な人と簡単に連絡を取ることができるようになりましたし、自分の意見を発信することもとても簡単になりました。

インターネットがなければ生活できないと考えている人もたくさんいるでしょう。

実際に、インターネットがない人の生活など、現代の人は全く想像がつかないのではないでしょうか。

既に、手紙しか連絡手段がなく、新聞やテレビが情報獲得のための唯一の手段だった時代は終わってしまったのです。

今の時代には、インターネットの中に色々な情報が溢れています。

この情報を使って生き抜いていく必要があるのです。

そのため、最初の「現代社会を生き抜くために必要なものは何だと思いますか?」は情報ですね。

 ところが、現代人がすべて情報を上手に扱うことができるというわけではありません。

現代の人ではあっても、情報を扱うのが苦手であり、インターネットもあまりうまく使えないという人がいないわけではないのです。

それは若い世代にもです。

こうした人々、つまり情弱はどのような特徴を持っているのでしょうか。

また、どのような面で損をしているのでしょうか。

情弱にはなりたくない!と思ってしまうよう一面について詳しくご紹介します。

情弱は今の時代!損をする!!

 現代では、インターネットを使っていること、きちんと情報収集をしていることを前提に成り立っている話がたくさんありますよね。

色々なものも申し込みもインターネットを通じてとなりましたし、書類を用意して手続きをするような時代はすでに終わってしまいました。

インターネットがあるからこそこういったことをできるようになりましたし、これらは私たちの便利な生活を支えていくものです。

便利なものはたくさんこの世の中にありますが、日本にいながら、地球の裏側にあるブラジルのニュースをすぐに知ることができる世界と言うのは、グローバルで、一度知ってしまうと手放すことができない世界ですよね。

実際に、インターネットを使った世界は、SNSやアプリなどの面で発展はしても、それを手放すことや廃れさせるようなことはありません。

そんな中で苦労をするのは情弱と呼ばれる人たちです。

情弱と呼ばれてしまうような人の場合には、こうした「世界の前提」があることで閾憎いと感じてしまうものなのです。

情弱って?


 ここまで何度か出てきている単語ですが、そもそも情弱とはどのような人たちのことを言うのでしょうか。

情弱と言う言葉ですらインターネットで広まっている言葉ですから、当人たちにとっては、自分が情弱に当てはまる、自分が情弱と呼ばれてしまうというのは全く思ってもみなかったことかもしれません。

ここでのテーマになっている情弱と言う言葉について詳しく見てみることにしましょう。

「情報弱者」の略

 情弱と言うのは「情報弱者」と言う言葉の略になっています。

情報弱者とわざわざ言っていると下を噛みそうなので、情弱と言う略し方をして、その人たちをひとまとめにして読んでいるのです。

情報弱者と言う言い方が若干失礼な気もしますが、要するに、「情報を扱ったり情報を手に入れたりすることに弱い(苦手な)人」という意味になります。

情報社会になっている現代では、情報を扱うことも発信することも手に入れることも苦手な人の場合には、それが一種の弱点として扱われてしまうということになります。

情弱だと言われる人はこの社会の中では苦労しますし、そういったところを見て弱者と言われるようになったのです。

実際にそういった人たちが現実的な社会の中でどれくらいの困ったことが起きているのかは分かりませんし、意外と、旧式の方法に頼っても情報を手に入れて頑張ることはできているかもしれません。

ですが、情報を手に入れることができたとしても、その方法がやはり手間がかかることには違いがありませんし、情報社会の中では発信することも、それを扱って色々な作業をすることも求められます。

それができないというのは、やはりデメリットの一つだといえるかもしれませんね。

情弱な人の特徴


 情報社会の中で、情弱な人が苦労をしそうだということは何となく伝わったのではないでしょうか。

それでは、実際には情弱の人はどのような特徴を持っているのでしょうか。

情弱とひとまとめにしていってみても、実際には情弱と言うものがどのようなものかは想像できていないという方もいるかもしれません。

ここでは情弱な人の特徴を詳しく見てみることにしましょう。

実は自分も情弱と言われる人たちの仲間だったということになるかもしれませんね。

IT機器をうまく使いこなせていない

 情弱な人の特徴の一つとしては、まずはIT機器をうまく塚こなすことができていないというものがあるでしょう。

IT機器は現代の社会には絶対的に必要なものであり、これを使っていることによって情報を手に入れることができるのです。

デバイスを持っているだけでは使いこなしているとは言えず、しっかりとそれらの扱いに精通していなければ意味がありません。

ですが、情弱な人は、こうした機器を利用するのが苦手なので、うまく使いこなすことができずに四苦八苦してしまっているはずです。

IT機器の使い方は特徴的ですし、これまでの家電を使うのとは話が異なりますよね。

そこで使い方を覚えることができたか、その波に乗ることができたかどうかが情弱の人と、情報を扱える人の分離店になっているのでしょう。

マスコミの情報を信じる

 情弱な人はマスコミの情報を全部信じてしまうような傾向にあるようですね。

情報の扱い方を勉強している人は、発信されている情報がすべて正しいわけではないと言ことが分かるでしょう。

マスコミの流している情報が間違っていることもある、都合の良いことしか流していないということが分かっているのです。

それは、マスコミが意図的に流している情報だけではなく、色々な情報を手に入れているからこそでしょう。

一般人が偶然手に入れた情報なども、全てがインターネット上にあふれているのです。

それらすべてを見たうえで判断するのは自分ですが、情弱の人はそもそも手に入れている情報が少ないのです。

そのため、マスコミが流している除法がすべて正しいと思ってしまいがちになるのです。

ネットに書いてあるものはすべて正しいと思う

 情報をきちんと勉強している人にとっては、インターネットへ便利なものであるのと同時に、とても危険なものだということが分かっています。

色々な情報が溢れているゆえに、間違っている情報や主観的な情報が氾濫している状態にあるということが分かっているのです。

ですが、情弱な人にとってはインターネットはただの「便利な情報箱」でしかありません。

そのために、インターネットに出ている情報はすべて正しいと思い込んでしまうのです。

さらに、深いところまで調べるような子ともしないために、最初に目についた情報を正しいと思ってしまいがちになるのです。

ネットに書いてあるものはすべて正しいと思い込んでしまうのは、情弱の人ならではですね。

ブラウザって言葉がわからない

 そもそも、情弱な人はインターネットやパソコンを使う上で絶対に必要な用語を知りません。

ブラウザと言う単語も知りませんし、さらには「ググる」と言われても何のことか全く分からないという状態になっている人もいるかもしれません。

「これをドラッグして」などの支持も分かっていない可能性があります。

そもそも色々勉強する段階で、色々な用語が溢れているため、その段階で心がくじけて勉強が進んでいないために、余計に情弱の状態が深まってしまっている状態にあるかもしれませんね。

BingやInfoseekで検索

 情弱の人はBingやInfoseekなどの検索サイトを利用して検索を行っているのではないでしょうか。

その理由は、最初にプロバイダーを使ったときの設定がそのままに残っているからです。

普通は自分で設定し直してYahoo!やGoogleなどの大手の検索サイトを使うようになります。

BingやInfoseekなども悪いサイトではないのですが、やはり大手に比べると情報量が少ないでしょう。

情報がたくさんある検索サイトを使わなければ、偏った情報しか出てこない可能性もありますよね。

それが分かっていない状態にあるのが情弱の人で、取り敢えず調べられれば良いと思っている傾向があります。

インターネットが繋がらない

 そもそも情弱の人の場合には、インターネットが繋がらないという特徴があるかもしれません。

家にインターネットを敷いていないので、そもそも使うことができないのです。

情弱の途にとってはほとんど使うことがないものなので、インターネットを繋げていても何の意味もないからでしょう。

インターネットを繋げている場合「少しは使ってみようか」と言う気になるかもしれませんが、そんなことがないので、繋げていても意味がないというように思ってしまうのです。

確かにお金はかからないかもしれませんが、これでは情弱から抜け出すこともできなくなってしまいますよね。

それでも構わないと思っているのが情弱の人の特徴です。

情弱って意味を知らない

 情弱の人はそもそも、情弱と言う言葉自体を知らないという傾向にあるのではないでしょうか。

情弱と言う言葉はネットスラングに近い言葉なので、インターネットを使っていなければ聞く機会がありません。

そのため、自分が情弱と呼ばれていることさえ知らないでしょう。

近頃のネットスラングには色々なものがありますが、これらは、ネット社会の中だけではなく通常の会話の中で使われる機会も多くあります。

そんな中で、そういった言葉を知らないでいるというのは、人を、とても生きにくい状態になってしまうかもしれませんね。

ググろうとしない

 情弱の人は、分からないことがあった時にググろうとしません。

ググるというのは最近では当たり前のことになりました。

分からないことができたときに、すぐに検索をして答えを得ることができる世界になったのです。

分からないことをひとに聞いてばかりいると、「ググれ」と言われるだけで終わってしまうのが、今の世界での生き方の一つです。

ところが、情弱の人は、インターネットをうまく使うことができないために、分からないことをすぐにその場で調べるという習慣がありません。

基本的に人に聞いて見て、分からなければそのままになってしまうこともあるでしょう。

ググるという習慣を持っている人たちは、すぐにその場で答えを得ることができるのに、これは情弱の不便な点だといえるのではないでしょうか。

自らを情報発信してない

 当たり前のことですが、情弱の人は情報を手に入れられないというだけではなく、自らが情報を発信することもありません。

情報を発信するようなツールを持っていないから当たり前のことなのですが、情報を発信するということ自体が理解できていないかもしれません。

自分のことを世界に発信することに対して魅力を感じていないでしょうし、わざわざそのようなことをしなくてもと思っているかもしれないのです。

Twitterやブログ、FacebookやInstagramなどは、それぞれ自分の生活を発信するためのツールです。

これらを利用することで自分のことを世界に情報発信するのですが、これに意義を見出していなければ、自ら情報発信するということに対して積極的になれるはずもありませんよね。

有名人大好き

 テレビしか見ていない人は、基本的に有名人がとても好きなのではないでしょうか。

ゆう目人の良い面しか見ていないですし、キラキラしている様子を見てとても憧れの気持ちを強く持っているかもしれません。

ですが、情報社会の中で生きている人にとっては、芸能人がそれほどすごいものではないということが身にしみてわかっているでしょう。

何かをするとすぐに炎上してしまう人もいますし、昔よりもSNSなどを通じて人柄が分かるようになりましたから、そういったところを見て失望してしまう人もいます。

無条件に憧れを抱くことができていた時代とは話が違うということですね。

一つの観点からしか物事を見れてない

 情報社会に生きている人は、たくさんの情報を持っているからこそ、色々な視点で物事を見られるようになっています。

色々な角度から物事を眺めることで、その本質を探ろうとするようになるのです。

間違った情報に踊らされないように気を付けていれば、自然とそうなってしまうのです。

ところが、情弱の人はその習慣がないため、基本的に一つの観点からしか物事を見ることができません。

情報をあまり持っているわけではないので、情報社会を生き抜いている人が自然と持っている「観点」を持つことができていないためです。

人から与えられた観点がなければ、自分で作り出すしかないでしょう。

ですが、自分で作り出すのはそう簡単なことではないので、それがゆえに一つの観点でしか物事を見られないという事態になるのです。

自分自身で決断をする勇気がない

 情弱の人は、自分自身で判断する勇気がなかなか出てきません。

情報をきちんと持っている人なら、多くの人が何をよいと思っているのか。

という情報もきちんと持っているので、最終的な判断を自分ですることができます。

色々な観点からの意見を知っているので、その中から堂々と自分の視点を選ぶことができるからです。

ところが、情弱の人はそういたカードを持っていないので、とても判断には迷ってしまうでしょう。

何を基準に選んでよいのか、他の人がどのようなことを思っているのかということが分からないのです。

他の人の意見をきちんと聞くことと言うのは判断をする際にはとても大切になりますが、それをするのが難しいのが情弱の人なのです。

自分に自信がない

 情弱の人は、自分が世界に乗り遅れているということをきちんと知っています。

これだけ情報が溢れ、世界にインターネットがあることが当たり前になった時代にはついていけていないと言ことはひしひしと感じているでしょう。

とても圧迫感のある世界であることには間違いありません。

そんな世界に生きているのですから、自分が何となく何もできないような気分になってしまい、自分い自信がないような状況になってしまっているかもしれませんね。

情弱と言うのは、自分が持っていたはずの「きちんとこの世界に生きている」という自信を減らしてしまう怖いもののように思えてきますよね。

パスワードを忘れがち

 パスワードを忘れがちだという特徴もあるでしょう。

情報社会の中ではパスワードは絶対に必要なものの一つです。

パスワードですべてを管理していると言ってもおかしくはないでしょう。

アカウント名とパスワードはきちんと覚えておかなければいけないものですが、どうしてもそういった瞬間があまり今までになかったので、使いこなすことができていないというのが情弱な人です。

最も、現代社会に完全に馴染んでいる人であっても、パスワードの数が多くなりすぎて、どのパスワードがどれだったかが分からないということもあるかもしれません。

ですが、情弱な人の場合にはそういったレベルではありません。

ただ一つのパスワードでさえもどこに使うか分かっていませんし、どうして設定するのかの意味を分かっていないので、すぐに忘れてしまうのです。

人間は自分に関係なものや、なかなか意味を理解できないものは覚えることができませんよね。

位置情報をオンにしがち

 位置情報と言うものを理解していない人は、取り敢えず何かつけておけば損をしないだろうと思って、オンにしがちです。

実際にはSNSの投稿などで位置情報をオンにしていると、自分の位置を発信してしまうので良いことばかりとは言えないのですが、そう言ったことが分からずに、取り敢えずつけておけば良いだろうと考えてしまうのです。

位置情報システムの良さも悪さも理解している人なら使いこなすことができますが、取り敢えず基本の投稿だけで精いっぱいになってしまっていることが分かりますね。

ラインのメッセージが長文

 情弱の人は、たとえラインをやっていたとしても、その文書がかなり長文になる傾向があるのではないでしょうか。

未だにメールの感覚から抜けられていないという証拠のようですね。

メールは長文でも贈ることができていましたし、パソコンのメールの場合には、長文になってしまってもそれが普通だと受け入れてもらうことができます。

ですが、ラインの場合には短文の早いやり取りが特徴になっていますから、常に長文で贈ってきている人を見ると、ラインのメリットを何も理解していないのだということになるでしょう。

それに登録しているだけでは使いこなしているとは言えません。

情弱の人は、何とか付いて行こうとしてはいるものの、こうしたアプリを完全に使いこなせていないという特徴もあるのです。

情弱が損する理由

 情弱の人がとてもこの社会では生きにくい思いをしているはずだというのは何度もご説明しています。

ですが、その理由は何なのでしょうか。

ただ情報を扱えないだけでは、多少不便と言うだけで生きていけないわけではありません。

情弱でいて悪いことなど何もないと思っている方も利いるかもしれませんね。

ですが、確実に情弱でいることのデメリットはあります。

この社会の中が情報で埋まっている限りは、情弱な人はどこかでデメリットを感じているはずなのです。

その理由について食わして見てみることにしましょう。

頑固に情報社会になじまずにいる人も、少し考えが変わるかもしれません。

お金がかかる

 情弱な人は、普通に情報を扱うことができる人よりもずっとお金がかかるのではないでしょうか。

サイキネではインターネットを通じてのキャンペーンもたくさんありますし。

こうしたものを使うことができないのは、情弱な人にとってはデメリットだといえるでしょう。

また、何をするにしても手間を覚悟しなければいけないですから、例えばその時の交通費であったり、そもそも情報を手に入れること自体にお金がかかってしまうかもしれませんよね。

誰もがお金のかからない方法で色々なものを手に入れようとしますが、その手段が減ってしまっていることを考えると、とても損をしているといえるのではないでしょうか。

時間がかかる

 情弱の人が損をしているという理由の一つには、時間がかかるというものが挙げられるでしょう。

情弱な人はきちんとした情報を手に入れる手段が限られているので、他の人が簡単に手に入れられる情報であったとしても、それを実際に自分が知るまでに時間がかかってしまいます。

例えば、ある事件の話であったとしましょう。

その事件についての情報をインターネットで手に入れるにはそれほど時間がかかりません。

事件が発覚してから、それほど時間かからないうちに色々な情報が溢れることになるでしょう。

一方で、テレビでその事件を知るためには、朝か昼か夜かの3つの時間しかありませんよね。

テレビを編集する時間などを考えると、かなり遅れると考えても良いかもしれません。

新聞でもニュースについて知ることができますが、新聞はさらに情報が送れるはずです。

どうしても、インターネットなどを駆使して情報を手に入れる人に比べると直名がかかってしまうことには間違いがないのです。

 さらに、情報社会の中では色々な手続きがインターネットを通じて行われています。

こういった方法を取るのは、従来の方法よりもずっと時間がかからないからです。

何を申し込むにしても、書類のやり取りをするよりもずっとインターネットを使った方が早いために、その方法が採用されているのです。

自分で実際に足を運ばなくても簡単に申し込みができるのですから、それはとても便利だと言わざるを得ないのではないでしょうか。

そして、いちいち、足を運んで書類を作って申し込む方法に時間がかかるというのは、情弱の人のデメリットだと数えることができますね。

世の中の話についていけない

 インターネットと言うのは現代の生活に密着しています。

その中で人々は盛り上がり、色々な物事を知ります。

例えば、昔はそれがテレビでした。

はるか昔にはそれが紫式部の源氏物語だったかもしれません。

そういったものは、人々の共通の話題を作り出し、世の中お流れや流行を作り出しているのです。

それを知ることができないというのが、人の話題中に入っていくのが難しくなってしまう状況を作り出すことになるでしょう。

最近では情報社会の中で、それほど人々に共通する話題はなくなってしまったと言われています。

例えば、人々が皆同じドラマを見ているような風潮はなくなりましたし、興味の向くままに色々な人がいろいろなものを見るようになったのです。

ですが、その一方でSNSなどを利用して人々はコミュニティを作るようになりました。

広い世界の中では共通した話題が亡くなったかもしれませんが、SNSを利用した狭い世界の中では共通した話題は確実にあります。

世の中の流れについていくことができないと感じるのは、そうしたSNSを利用した人々のグループの中には入れなかったときなのではないでしょうか。

仕事ができない

 情弱の人は仕事ができないというレッテルを貼られてしまっているかもしれません。

実際に、現在の情報社会の中では、情報をきちんと扱うことができるというのはとても大切な条件となります。

情報社会の中での仕事なのですから、当然、パソコンを使えることは前提になるでしょうし、最低限の知識を持っていることを求められていても仕方ないでしょう。

そんな中で情弱の人は、最低限のところにまで至っていないので、仕事ができないと思われてしまうのです。

実際にはほかの方法で情弱の部分を補っているとしても、皆と同じようなツールを使いこなしていない段階で、仕事の幅は狭くなってしまうでしょう。

仕事の幅が狭いように思われるだけで損ですし、実際の仕事の結果ではなく「仕事ができない」と言うレッテルはとても不便なものです。

実際に仕事ができないという側面もありますし、そう思いこまれてしまうという傾向も不便で賞。

頭がどんどん悪くなる

 現在は当たり前のように情報を使うことになりますから、頭がどんどん悪くなると様なことも起こるでしょう。

何をするにしても情報を前提としているのですから、前提ができていないということが、何よりのデメリットになります。

前提ができていない状態でほかの人に追いつこうとすると、相当な努力をしなければいけません。

もし、その部分を努力で埋められたとしても、情弱の人は、情報関係について分かっていないという明らかな穴がありますよね。

頭がどんどん悪くなっていってしまうというのは、誤解を招く表現かもしれません。

情報の面ではさっぱり分からないことが多く、他の面ではほかの人に追いつくために大変な思いをしなければいけない状況が、「頭が悪くなったように感じる」原因を作ってしまうのです。

実際にはどうか分かりませんが、頭が悪くなったように感じてしまっては、自信が目減りしてしまうというデメリットがあります。

これからの時代を生きていけない

 これからの時代にはやはり情報は絶対に必要なものになります。

デメリットをきちんと埋めていくことができたとしても、これからの時代はさらに情報社会が発展していくでしょう。

既に置いて行かれてしまっているのに、さらなる発展を遂げてしまうようなことがあった場合には、これからの社会には全くついていくことができません。

これからの社会はまだ発展の余地がありますし、どんどんと変容していくことが予想されます。

その変容を乗り切ることができない状態では、どんどん時代に置いて行かれる気分を味わうことになりますね。

情弱にならないように気をつけて!(まとめ)

 いかがでしたか?
 情弱になってしまうと、この世の中では色々な難点があるでしょう。

損をするところが多くなるのです。

できる限り情弱にならないように、この世界について行けるようにした方が良いでしょう。

情弱で損をすることになってしまっては、色々なものを失うことになってしまいますよね。

さらに、今の段階で乗り遅れてしまっていては、これから先の時代では生きていくことができなくなってしまいますよ。

これからまだ発展していく世界の中ではさらに損をすることになってしまうでしょう。

できる限り損をしないように生きていきたいと思っている人は、今からでも情報社会の波に乗ってみることにしてください。

スペシャリストという人は本当に一部の人だけですから、スペシャリストになる必要はありません。

情弱と呼ばれないよう気を付けているだけで良いのです。