CoCoSiA(ココシア)

情弱な人の16個の特徴と損していること


 現代社会を生き抜くために必要なものは何だと思いますか?
 現代の特徴を上げていくとたくさんの物があるでしょうが、特徴的なものはインターネットやSNSの普及ではないでしょうか。

インターネットを通じて色々な人と簡単に連絡を取ることができるようになりましたし、自分の意見を発信することもとても簡単になりました。

インターネットがなければ生活できないと考えている人もたくさんいるでしょう。

実際に、インターネットがない人の生活など、現代の人は全く想像がつかないのではないでしょうか。

既に、手紙しか連絡手段がなく、新聞やテレビが情報獲得のための唯一の手段だった時代は終わってしまったのです。

今の時代には、インターネットの中に色々な情報が溢れています。

この情報を使って生き抜いていく必要があるのです。

そのため、最初の「現代社会を生き抜くために必要なものは何だと思いますか?」は情報ですね。

 ところが、現代人がすべて情報を上手に扱うことができるというわけではありません。

現代の人ではあっても、情報を扱うのが苦手であり、インターネットもあまりうまく使えないという人がいないわけではないのです。

それは若い世代にもです。

こうした人々、つまり情弱はどのような特徴を持っているのでしょうか。

また、どのような面で損をしているのでしょうか。

情弱にはなりたくない!と思ってしまうよう一面について詳しくご紹介します。

情弱は今の時代!損をする!!

 現代では、インターネットを使っていること、きちんと情報収集をしていることを前提に成り立っている話がたくさんありますよね。

色々なものも申し込みもインターネットを通じてとなりましたし、書類を用意して手続きをするような時代はすでに終わってしまいました。

インターネットがあるからこそこういったことをできるようになりましたし、これらは私たちの便利な生活を支えていくものです。

便利なものはたくさんこの世の中にありますが、日本にいながら、地球の裏側にあるブラジルのニュースをすぐに知ることができる世界と言うのは、グローバルで、一度知ってしまうと手放すことができない世界ですよね。

実際に、インターネットを使った世界は、SNSやアプリなどの面で発展はしても、それを手放すことや廃れさせるようなことはありません。

そんな中で苦労をするのは情弱と呼ばれる人たちです。

情弱と呼ばれてしまうような人の場合には、こうした「世界の前提」があることで閾憎いと感じてしまうものなのです。

情弱って?


 ここまで何度か出てきている単語ですが、そもそも情弱とはどのような人たちのことを言うのでしょうか。

情弱と言う言葉ですらインターネットで広まっている言葉ですから、当人たちにとっては、自分が情弱に当てはまる、自分が情弱と呼ばれてしまうというのは全く思ってもみなかったことかもしれません。

ここでのテーマになっている情弱と言う言葉について詳しく見てみることにしましょう。

「情報弱者」の略

 情弱と言うのは「情報弱者」と言う言葉の略になっています。

情報弱者とわざわざ言っていると下を噛みそうなので、情弱と言う略し方をして、その人たちをひとまとめにして読んでいるのです。

情報弱者と言う言い方が若干失礼な気もしますが、要するに、「情報を扱ったり情報を手に入れたりすることに弱い(苦手な)人」という意味になります。

情報社会になっている現代では、情報を扱うことも発信することも手に入れることも苦手な人の場合には、それが一種の弱点として扱われてしまうということになります。

情弱だと言われる人はこの社会の中では苦労しますし、そういったところを見て弱者と言われるようになったのです。

実際にそういった人たちが現実的な社会の中でどれくらいの困ったことが起きているのかは分かりませんし、意外と、旧式の方法に頼っても情報を手に入れて頑張ることはできているかもしれません。

ですが、情報を手に入れることができたとしても、その方法がやはり手間がかかることには違いがありませんし、情報社会の中では発信することも、それを扱って色々な作業をすることも求められます。

それができないというのは、やはりデメリットの一つだといえるかもしれませんね。

情弱な人の特徴


 情報社会の中で、情弱な人が苦労をしそうだということは何となく伝わったのではないでしょうか。

それでは、実際には情弱の人はどのような特徴を持っているのでしょうか。

情弱とひとまとめにしていってみても、実際には情弱と言うものがどのようなものかは想像できていないという方もいるかもしれません。

ここでは情弱な人の特徴を詳しく見てみることにしましょう。

実は自分も情弱と言われる人たちの仲間だったということになるかもしれませんね。

IT機器をうまく使いこなせていない

 情弱な人の特徴の一つとしては、まずはIT機器をうまく塚こなすことができていないというものがあるでしょう。

IT機器は現代の社会には絶対的に必要なものであり、これを使っていることによって情報を手に入れることができるのです。

デバイスを持っているだけでは使いこなしているとは言えず、しっかりとそれらの扱いに精通していなければ意味がありません。

ですが、情弱な人は、こうした機器を利用するのが苦手なので、うまく使いこなすことができずに四苦八苦してしまっているはずです。

IT機器の使い方は特徴的ですし、これまでの家電を使うのとは話が異なりますよね。

そこで使い方を覚えることができたか、その波に乗ることができたかどうかが情弱の人と、情報を扱える人の分離店になっているのでしょう。