普段から自分に自信が持てなかったり、多少の事でもすぐに悩んでしまうような事はありませんか。

現代人は、特にそのような傾向が多く見られていると言われています。

そんな気持ちで毎日を過ごしていては、自然と口にする言葉もマイナスな発言ばかりになってしまい、益々テンションも下がってしまいます。

今回はそんなマイナスな事は言わない方が良い理由についてまとめてみました。

マイナス発言はあなたを下げる

マイナス発言ばかりを口にしていると、具体的にどのような事が起きてしまうのでしょうか。

たかが独り言だと思っていても、マイナスな発言は自分の気持ちさえ変化させてしまう影響力があります。

また、実際に口にしてしまう事によってその気持ちはより強く感じるようになってしまいます。

つまり、マイナス発言をすればするほど、自分を下げてしまう事になってしまうのです。

マイナス発言とは?

そもそも、マイナス発言にはどのような発言を指すのでしょうか。

ここからは具体的に以下を参考に見ていきましょう。

普段はあまり気にしていなくても、案外無意識にマイナス発言をしてしまっている可能性があるので、自分はマイナス発言をしていないと思っている人も是非チェックしてみて下さいね。

1.ネガティブな内容

最近ではマイナス思考やネガティブ思考などとも言われているのを聞いた事がありますよね。

マイナス発言とはまさに、そのような考え方から生まれるネガティブな内容の言葉を指します。

物事を悲観的、否定的に捉えてしまうとこのような生まれ、マイナス発言として言葉に出してしまうようになります。

その結果、当初はそれほどネガティブに捉えていなかった事でも、マイナス発言を繰り返す事によって、益々ネガティブ思考になってしまうのです。

また、マイナス発言は自分だけではなく、その言葉を聞いている周囲の人たちにも影響を与えかねません。

家族の前や学校や職場などの集団の中では、色々な人たちが聞いている可能性がありますので注意した方が良いかも知れませんね。

2.否定的な内容

例えば、やりたくないと思っている仕事を目の前にした時に「どうせ自分には上手くできない」や「面倒な仕事だからやりたくない」などといった否定的な内容の気持ちを言葉にするとマイナス発言になります。

当然、誰でも自分が今やりたくない事をしなければならない時には、否定的な内容の発言も自然と発してしまいがちですよね。

また、人によっては元々面倒くさがりな性格であったり、その時に自分が置かれている環境がストレスを感じるなど、感情によっても否定的な内容の発言が出てしまう事もあるようです。

マイナスなことを言わない方が良い5個の理由

マイナス発言が自分にとってどのような影響を及ぼすのかについてご紹介しましたが、マイナスな事を言わない方が良い理由についても気になりますよね。

ここからは以下を参考に見ていきましょう。

1.信用されない


あなたの周りにも普段からマイナス発言ばかりしている人っていませんか。

このようなタイプの人は、周りの人から信用されないケースが多いと言われています。

口を開けば自分に対しての卑下だったり、他人の悪口や不平不満などばかりでは、聞いている方も疲れてしまいますよね。

そして、そのような発言をしている人の心理も気になりますし、プライベートでもこのような事ばかり口にしているのかと心配にもなってしまいます。

その結果、他人から見るとどうしても不安で信用されてない相手として見られてしまいがちなのです。

物事を任せられないと判断される

例えば、あなたが会社などで誰かに仕事を頼む時、普段からマイナス発言ばかりしている人とそうでない人ではどちらに依頼をするでしょうか。

恐らく普段からマイナス発言ばかりしている人には任せられないと判断してしまいますよね。

それが大事な用事ならば尚更です。

このように、マイナス発言ばかりしている人からはどこか危なげな印象があり、依頼した仕事も最初から最後まできちんとやり遂げてくれるかどうかも不安になってしまいます。

勿論、誰でも慣れない仕事を急にお願いされても自信が無いと感じてしまうものですが、そのような場合でも始める前から「自分にはできるわけがない」と決めつけず、スキルアップの為とプラスに考えるようにしましょう。

最初から嫌な顔をして、やりたくない気持ちを口にしてしまうようでは相手の気分も悪いでしょうし、多少の努力でできる事さえもできなくなってしまいます。

物事が全て上手くいかなくなる

悪い事は続くとはよく言いますが、実際に言葉の影響力は案外侮れないものです。

実際に、マイナス発言をしていると予言していたかのように、本当に悪い事が起きてしまうというのもよくありますよね。

まさに負のスパイラルという現象は不思議に感じる事ではありますが、このような事もその人のマイナス思考から生まれている可能性があります。

よくよく考えてみれば、あの時にもっと早くやっておけばよかった事が後々自分に降りかかってくる事もあるのです。

そして、そのような事態に陥った時にも「やっぱり自分はダメな人間なんだ」と卑下してしまい、物事が全ていかなくなると思ってしまうのです。

しかしながら、実際はそのような事はあまりあり得ない事です。

要は物事をどのように捉えるかによって、人の考え方や行動は変わってくるという事なのです。

マイナス発言ばかりしている人は、その点に気付かない限り、いつまでも同じような考え方をしてしまうのです。

2.周囲から人が去る


時にマイナス発言は周囲の人にも影響を及ぼしてしまいかねません。

その為、学校や職場などの集団の中では、十分に注意が必要です。

本人はただの独り言と思っているだけでも、意外と他人の耳に入ってしまう事もあります。

また、仲間同士で楽しい話題で盛り上がっている時などに、その中で一人でもマイナス発言ばかりしている人が居たら、周りの人たちはどのように感じるでしょうか。

せっかく楽しく盛り上がっているのに、その場の空気も醒めてしまうと感じてしまいますよね。

仕事中でも、これから大事なプロジェクトに取り掛かろうとしている時に、社員の中にマイナス発言をしている人が居たら、みんながやる気になっているのに士気が下がってしまう事もあります。

結果として、マイナス発言ばかりしている人の周りには、人が去ってしまう事になり、気が付いたら孤立していたという事も。

マイナス発言は決して自分だけに悪影響を与えるものではない事を知っておきましょう。

近くにいると気が滅入ってしまう

もし、自分の親しい友人や家族が顔を合わせる度にマイナス発言ばかりしている人だったらどのような印象を受けるでしょうか。

やっぱり、近くにいるだけでもこちらの気が滅入ってしまいますよね。

勿論、誰にでもたまには誰かに聞いてほしい愚痴や相談事などもあるのは仕方のない事ですが、口を開けばマイナス発言ばかりでは、聞いている方も正直愛想が尽きてしまいます。

また、厄介な事に、こちらが気を遣って励ましてあげたり、優しい言葉で勇気づけてあげようとしても一向に気持ちを切り替えてくれないというケースも少なくありません。

残念ながらマイナス思考を変えてくれない限り、このような言葉も相手には上手く届かないものなのかも知れません。

可愛げが全く無い

例えば、同じ言葉でも愛想の良い人と素っ気ない人では、周りからの印象もかなり違って感じるものですよね。

普段から、他人の言葉を素直に聞いてくれたり、忙しい時でも笑顔で返してくれるのは見ているだけでも気持ちが良いものですが、他人から言われた事に対して、何かと不満を口にしたり、頼まれた事を嫌がったりするような人は、信頼されないだけでなく可愛げが無い人と思われてしまう可能性があります。

感情とは自分が想像しているよりも、素直で表情にも表れるものです。

本人はそれほど大した事では無いと思っているかも知れない事も、他人からは悪い印象として見られてしまう事もあるのです。

自分に正直なのは悪い事ではありませんが、社会に出ればそのような事も我慢しなければならない事もあるというのも事実です。

人間関係をスムーズにしたいのであれば、多少の愛想も必要なのかも知れませんね。

3.かまってちゃんに見える

何か嫌な事があったりすると、誰かにその事をすぐに話したくなる人っていますよね。

このようにいつも誰かに甘えて言いたい事をとにかく一方的に話したがる人を世間では「かまってちゃん」とも呼ばれていますが、普段からマイナス発言をしている人もそのような人に見られてしまう可能性があります。

時には誰かに甘えたいと思う気持ちはあるものですが、他人の状況も見極めておかないと迷惑な存在になりかねません。

自分でも心当たりがあるという人は少し気を付けた方が良いかも知れませんね。

可愛そうだと思って同情してもらいたいという意識

誰かから話を持ち掛けられた時「もしかしてそれって自分が可愛そうな人間だと感じて欲しいの?」と思ってしまった事はありませんか。

人によって、物事の重大さとは感じ方が違うものですが、そう言えばいつもネガティブな事ばかり話をしてくるという人に心当たりがある人は注意した方が良いかも知れません。

人に相談が必要な話であれば良いのですが、中にはただの愚痴や不平不満だったりするものが含まれているケースもあります。

その場合、自分が可愛そうだと思って誰かに同乗してもらいたいという意識が働いている可能性があります。

このような言動はまさにかまってちゃんによく見られる特徴の一つです。

4.向上心がなく説得しても無駄だから

マイナス発言が多い人には共通して向上心が無いという傾向があります。

その為、何かに失敗をしたり、嫌な事があって落ち込んでいる時でも、他人から説得されても無駄になってしまう事も少なくありません。

話を持ち掛けてきたのは、そちらの方なのに、こちらの言う事に対しては耳を貸してくれないのはその人にある、マイナス思考が原因です。

人には甘えたいけれど、他人からの期待には応える自信が無いのです。

これではせっかく親身になって話を聞いてあげたのに、ガッカリしてしまいますね。

一緒にいるだけ時間が無駄だと思われる

マイナス発言ばかりしている人が、他人であった場合は普段顔を合わせなければ良いのですが、もし自分の家族やパートナーであった場合にはそうもいきませんよね。

そんな身近な存在な人がこのようなマイナス発言ばかりしている人であっても、こちらの言葉も伝わらず徒労に終わるだけです。

そして、最終的には一緒に居るだけ時間が無駄だと思われてしまうかも知れません。

これでは、幾ら身近な存在であったとしても良好な信頼関係は生まれません。

もし、自分の相手が素っ気ないと感じる事があったら、少し自分の身の振舞い方にも注意した方が良いかも知れませんよ。

5.人の話を聞かない人だと思われるから

マイナス発言ばかりしている人は、物事の捉え方がネガティブ思考に偏ってしまっている傾向があります。

その為、自分が一度そうだと感じた事を、いつまでも抱えてしまいがちです。

そのような状況では、他人の話もまともに聞く事ができませんよね。

思い込みが激しく、なかなかネガティブ思考から抜け出せないでいると、周りの人からは「あの人は誰が何を言っても話を聞いてくれない」というイメージがついてしまうでしょう。

自分の意見や考え方を持つ事は大切な事ではありますが、もし、自分にもそのような点に心当たりがあるという人は、少し周りの人の意見にも耳を傾けてみましょう。

納得はできないとしても、周りの人からのイメージは変わってくるはずですよ。

否定的な人は頑固

何でも人の意見に対して否定的な人っていますよね。

自分の意見を相手に伝える事は人間関係において必要な事ではありますが、あまりにもそのような態度ばかりをとっていると、周りの人から「頑固な人」と思われてしまう可能性があります。

人が話をしているのに、最初からさえぎってまで自分の言いたい事を何でも言ってしまうようでは、相手の意見や気持ちも知る事ができませんよね。

このような否定的な態度は、周囲に敵を作る事にも繋がり、やがて誰からも相手にされなくなってしまう事態になりかねません。

時には他人を思いやる気持ちも大切だという事を忘れないようにしましょう。