CoCoSiA(ココシア)

つんつんは最強のボディタッチ!つんつんを上手くやるための8個のポイント


あなたは、気になる異性に「つんつん」をしたことがありますか?

実は、この「つんつん」には、すごい力が秘められていることがあります。

あなたが気になる異性につんつんすることで、最強のボディータッチになることが考えられます。

使い方によっては、そんなつんつんで、気になるあの人の心をドキドキさせる事が出来るかもしれません。

しかし、普通に「つんつん」しても、気になる人への心には届かない事が考えられます。

つんつんを上手くするために、いくつかのポイントがあります。

このポイントをクリアすることで、より異性の心を惹きつけるアピールポイントとして使うことができるかもしれません。

つんつんを上手くやる8個のポイント

それではここからは、つんつんが上手くなる平子のポイントについてお伝えしていきます。

また、つんつんどのようにすれば自然な形でできるようになるのか、具体的な内容を添えてお伝えしていきます。

あなたのタイミングで、うまくさりげないボディータッチを心がけ、つんつんうまくやってみましょう。

つんつんが成功することで、より気になる人や好きな人の心と距離が縮まる事により、お互いが恋愛に前向きになれるのでしょう。

用事があるときに自然に

相手に、用事がある時など気になる人の背中をつんつんしてみてください。

また、相手の肩や腕でも構いません。

あなたが相手を見つけた角度から相手をつんつんしに行ってください。

つんつんの1番自然のやり方が、「用事がある時」です。

用事がある時を見計らい、つんつんすることでより自然につんつんすることができます。

また、自然につんつんすることができることで、いやらしく感じられずまた爽やかなボディータッチをすることができそうです。

ボディータッチをするときに、不自然な動きになっていては意味がありません。

緊張しすぎる人もこのときばかりは自然に振る舞うように心がけて下さいね。

自然にボディータッチをすることで、より相手の心をつかむことができるのです。

何かをお願いするときに


何かお願いをしたい時につんつんしてみましょう。

お願いをするときに、甘えた感じでつんつんすることにより、相手にドキドキさせることとあなたからのお願いを受け入れやすくなるかもしれません。

さらに、何かをお願いするときにつんつんすることで、可愛らしく見えることも考えられます。

ここでのポイントは、上目遣いで予定を合わせてお願いポーズをしてみましょう。

そうすることで、よりボディータッチの効果と甘え顔の効果が期待できそうです。

男性は女性の上目遣いに弱いところがあります。

そのため、かわいい上目遣いができる顔を瞬時に作れるよう、鏡の前で練習しておく必要がありそうです。

後ろから突然

後ろから突然つんつんされることで、つんつんされた相手はドキっとすることと、あなたに対し距離が近くてドキドキすることも考えられます。

ポイントは、「突然」と言うところです。

つまり、相手の不意をついてつんつんすることをお勧めします。

また、相手の不意をついてつんつんすることで、よりあなたに対しどきっと感じる事と、あなたの距離を肌で感じる事により、さらにドキドキ感もアップしてしまいそうです。

このように、突然後ろから不意を突かれる事で、あなたと気になる相手、もしくは好きな相手の心の距離が縮まるようになるといいですね。

彼が振り向いたときの笑顔も忘れずに

また、不意をつかれて後ろから背中をつんつんされても、彼が振り向いた時にあなたの可愛い笑顔があることで、より安心感につながります。

そのため、かわいい笑顔でいられるよう、こちらも可愛い笑顔の練習をしておきましょう。

鏡の前で、どのように笑顔を作ると可愛く見えるのかをよく研究し、彼の前で瞬時にその可愛い笑顔することが出来るように、練習をしておくことも大切です。

なかなか、とっさに自然な笑顔が出なかったり、作り笑顔になってしまわないように注意をしておきましょう。

彼が振り向いたときにも、かわいいあなたを演出できるように笑顔の練習をしておくことも大切です。

「ねえねえ〜!」と駄々っ子風に

子どもっぽく、「ねぇねぇ〜!」と言いながら彼の体をツンツンしましょう。

彼の体を駄々っ子風にツンツンすることで、彼も「仕方がないな。」と言う気持ちになるかもしれません。

しかし、相手が明らかに苦笑いや、あまり浮かない顔でいる場合、強引にことを推し進めるのはやめておきましょう。

相手の様子を伺いながらきちんと臨機応変に対応できることも、相手を思いやることにつながります。

そのため、大人っぽい対応してほしいと考える男性であれば、駄々っ子風のやり方は通用しません。