CoCoSiA(ココシア)

誠意を見せるためにやるべき12個のこと

ドラマなので、「誠意を見せてみろ」というセリフを聞いたことがあるかもしれません。

社会人になればお客様に誠意を見せなければいけない場面もありますよね。

では、誠意を見せるたみせるためにやるべきこととはどんなことがあるのでしょうか?

今回はそんな「誠意」を見せるためにやるべきことをご紹介します。

️誠意を見せるためにやるべき12個のこと

誠意とは、「私利・私欲という自分本位な考えのない、正直でそれに対し熱心にあたる心」のことです。

では実際に誠意を見せるためには何をやるべきなのでしょうか?

1.心から謝罪をする


やはり誠意を見せるためには、心から謝罪するということが大切です。

何かこちら側の不手際で相手の方を怒らせてしまったり、不快な思いをさせてしまった場合はしっかりと謝罪しましょう。

必ず直接会って謝罪する

ビジネスで謝罪をするときは、会って直接謝罪するのが基本です。

メールや電話などで簡単に済ませてしまいがちですが、それでは相手の表情もこちらの表情も見えないため、本当の気持ちが伝わりません。

誠意を見せるのであれば、どんなに遠い場所にでも出向くようにしましょう。

相手が納得してくれるまで、顔を見て謝罪するのです。

そして必ず相手の都合の良い時間に伺うようにしてください。

相手の方は、忙しい時間に勝手に来られて迷惑をしてしまうかもしれませんから、必ずアポをとってから向かいましょう。

また会社全体としての謝罪効果を上げるには、上司を巻き込むのが最善の手段です。

一人ではなく上司と一緒に直接会って謝罪することで、相手に誠意が伝わりやすいでしょう。

相手の目をしっかり見て

この結果は自分のせいだけではないのに、などと雑念が入ると目は泳ぎ、焦点が定まりません。

これでは相手の視線をしっかり受け止めることができなくなり、誠意を疑われてしまうでしょう。

謝罪は覚悟を決めていない限り、相手を動かせるものではありません。

謝罪はまずアイコンタクトから始まります。

相手の目をしっかり見つめ、離さない気迫が必要です。

言葉選びも考える

謝罪に追い込まれている状況とは、大ピンチに他なりません。

言葉使いに気を付けるのはもちろんですが、一方ではっきり意志を伝えなければなりません。

2.交渉をする

謝罪を受け入れてもらってから、細かい善後策を交渉で決めていく場合と、細かい善後策について交渉し、了承してもらってから、最後に謝罪を受け入れてもらう、という両様の方式が考えられます。

帰納法と演繹法です。

いずれにしても細部にわたって対応策を準備してから、交渉に臨まなければうまくいきません。

3.代償を払う

トラブルを解決して、これまで通りの取引き関係の継続を望むなら、如何にうまく交渉しようとも、それ相応の代償を払うことは必要です。

結局は商売勘目に見えないものが重要となります。

とはいえどこまで譲歩するか、事前によくシュミレーションをしておきましょう。

これで予期せぬ代償を払うことを予め防ぎます。

4.贈り物を送る

贈り物はTPOさえ間違わなければ、大きな効果を発揮します。

誠意を見せたい場合は、相手の方に贈り物を送るのも良いでしょう。

その際に、相手の方の好みを事前にしっておくと喜ばれます。

贈り物を用意する前に、事前にリサーチしておきましょう。

5.責任を持って表明する

誠意を表明するにあたっては、表明する側における責任の所在が明確になっていることが大切です。

どの部門でどう失敗したのか、そのときの責任者は誰か。

そしてただちに取りかかる善後策と、今後の体制を見直す改善策の2つが必要となります。

そのどちらにおいても、しっかりポイントを整理しておきましょう。

何をしに来たのだ、などと言われないようにしておかなければなりません。