CoCoSiA(ココシア)

責任感がある人の14個の特徴(続き5)

責任感がある人は、そもそもとても自分に対しても厳しいものです。

厳しく自分に対してコントロールをして、さらに自分に対しての叱咤を忘れないというところがあります。

ですが、そういった厳しいところがあるからこそ、他人にも厳しいというところがあるのではないでしょうか。

他人が同じようにしていないことに対してイライラしてしまうこともあるかもしれません。

まして、自分のチームに入っているときには、とても厳しさが前面に出てきてしまうことがあるでしょう。

自己嫌悪しやすい

責任感がある人は、自己嫌悪しやすいという特徴もあるのではないでしょうか。

自分の仕事に対してきちんとした意識を持っています。

それに対する美意識も持っているでしょう。

だからこそ、自分の思ったようにいかなかったことに対しては、自己嫌悪してしまうのです。

他の人ならあまり気にしないようなことであったとしても、それだけで自己嫌悪で落ち込んでしまうかもしれませんね。

見直し確認をする

自分で自分に責任を持っている人は、きちんと見直し確認をすることを忘れません。

しっかりと仕事をしているのに、ちょっとしたミスをしてしまうことで失敗して締まってはもったいないですよね。

またそれに対して責任を取らなければいけないことになってしまっては、自分の負担が増えてしまいます。

自分で自分のことに責任を持っているからこそ、きちんと見直し確認をして些細なミスをしてしまってはいけないという気持ちになるのです。

妥協しない

責任がある人は、どこか完璧主義なところもあるかもしれませんね。

しっかりと自分の元では完璧なものを、自分の責任を果たすために行おうとするのです。

絶対に妥協しない姿勢で仕事を行うはずです。

それは、一緒にいる人に対しても同じことを求めるでしょう。

しっかりと妥協せずに仕事に取り組んでくれるのは、自分がきちんと責任を持っているという意識でいるからこそのことでしょう。

自分で自分に責任を持っている人でなければ、妥協しないということが辛いことなので、なかなかできることではありません。

言い訳をしない

責任を持っている人は、何か失敗をするようなことがあったとしても、言い訳をすることがありません。

その失敗の責任を自分で背負うつもりで仕事をしているので、終わってしまったときに言い訳をすることがないのです。

全て自分のしたことは、自分で責任を取るということになるのです。

言い訳をしていてはみっともないですし、自分の責任から逃れようとしているように見えてしまいますよね。

責任感が強い人は、責任から逃れようと見えてしまうのが一番嫌なことでしょう。

言い訳をせずにしっかりと自分の結果を受け止める潔いところがあるのが、責任感のある人のとても魅力的な特徴と言えるかもしれません。

努力家

責任感がある人は、とても努力家な一面を持っているでしょう。

そもそも、責任感がある人は、努力していたからこそ責任を持たなければいけないことがあるのです。

本当にちゃらんぽらんに生きている人間などは、責任を取らなければいけないような場面になったことなどないでしょう。

責任感を持っている人間は、それが育まれるような場所で自分自身を高めてきた人だと言えます。

きちんと自分が思っている未来を達成するために努力をしています。

そして、それに対しての結果を自分自身で仕留めてきた人でしょう。

努力家は、自分自身の出した結果に対して、自分自身に対してきちんと責任を持ってきた人のことを言います。

自分自身を責めることもあったでしょう。

ですが、そういった結果もきちんと受け止めてきています。

責任の取り方についても知っているのです。

そして、責任を持った人間がどのようなことをしなければいけないのかということも知っているでしょう。

きちんと努力してきた過程があるからこそ、そういった責任に対しての考え方が熟練しているということができるのではないでしょうか。

自分ごとで考える

責任感を持っている人は、必ず問題を自分に寄せて考える工夫をしています。

それは、自分自身に関係することだと考えることで、しっかりと頭が働いてくるからです。

他人事だと思っていると、責任がどうでも良くなってしまうということが多いでしょう。

所詮は他人のことだと思っていると、自分の責任ではないので、どんなことでも口にすることができるからです。

ですが、本当に責任感がある人と言うのは、問題があるときに、それを他人事のように考えることはしません。

必ず「自分事」として自分に寄せて考えてしまうのです。