あなたは大人になってから子供の時にやっておけばよかったと思う様なことはありませんか?

何に関しても子供の頃から学習しておけば上達は早かったりしますし、会得するスキルに関しても質が高い物になる可能性が高いです。

だからこそ子供の頃から集中して行なっておけばよかったと感じる様なものはたくさんあると思います。

例えば勉強に関してもそうですが、おそらく世の中に存在している人の中には子供の頃からしっかりと勉強して良い大学を出て良い就職先を見つけておけばよかったと後悔した方はたくさんいると思います。

それ以外にも運動に関してもあるスポーツをしっかりと極めて自分の特技にしておけばよかったと後悔する方もいるでしょうし、特定のスキルをしっかりと学んでその分野で将来的に活躍しておけばよかったと考えられることもあると思います。

もちろん将来的なことに繋がらなくても、単純に日常生活において便利なことを学んでおけばよかったと思うことはありますよね。

そのような様々な事柄の中の一つに字のうまさが存在しています。

習字を習っている方は基本的に大人になってからも字を書くのが上手だったりする場合が多いです。

大人になって字を書くのが汚いままであった場合、人から字を見られるのがあまり好きではないと感じる様な方もいるかもしれませんね。

綺麗な字を書くことができればそれだけで人に自慢することができますし、他人から自分の子を見られた時に綺麗な字だねと褒めてもらえることが多いです。

それは一つのスキルであり自分を高める一つの魅力としても認識することができます。

そこで今回は習字をテーマにして習字を習っていてよかったことをいくつかご紹介していきたいところです。

️昔、習字を習っていましたか?

あなたは習字を習っていた経験がありますか?

日本という国において考えてみれば比較的子供の頃に習字を習っていたという人はかなり多かったりする可能性があります。

これは親の考え方によるものかもしれませんが、あまり子供から率先して習字を行いたいと発言をする様なことは少ないかもしれませんね。

なので親が積極的に子供に対して習字を習わせたいという意向がある場合は子供が習字を習っている可能性はとても高いです。

もちろんこれは家庭によって違いますし、習字を習わせるくらいだったら何かしらのスポーツを学ばせた方が良いと考えている親も存在しています。

何を学ばせるかと言う事は言ってみれば親がある程度権限を持っており、子供の特技を伸ばす上で大切な意思決定の1つとして捉えることができます。

しかしどうせ習わせるならば将来的に活躍することができる様な良いスキルを伸ばした方が現実的には子供の武器ともなりますので、良い考え方の一つです。

もしも今子供が存在しており何かしらのスキルを学ばせたいと考えているのであれば、習字の魅力を知り、習字を習う上でのメリットなどを把握しておけば一つの選択肢として捉えることができるかもしれません。

子どもの習い事で人気の習字


子供の習い事という点で考えてみると様々な習い事が存在しています。

例えばスポーツに関していえば、子供の時に新体操などのマット運動を習っていたという経験がある方はたくさんいると思います。

それ以外にも野球やサッカー、バスケットなどの基本的な球技を習っている方もいるでしょうし、水泳などのスポーツを習わせている場合もあります。

家庭によってはサバイバルなので活かされる経験であるボーイスカウトなどに所属させる親もいるかもしれませんね。

また女の子の子供であれば子供にバレーを教えたり、ダンスを教えたりしている家庭もあるでしょう。

比較的身体を動かす習い事といえばこの様なジャンルが存在しており、体を動かさないいわゆる文化系な習い事に関してはダントツで習字が人気であると考えることができます。

もちろんそれ以外にも様々な文化系の習いごとは存在していますが、習字に関しては子供の時にしっかりと行なっておけは将来大人になった時にも役立てるスキルの一つになりますので、子供に習わせる習い事の中ではかなり人気が高いと捉えることができます。

もちろん何が良い悪いということは一切存在していません。

自分のスキルを高めるものであれば何でも習い事を行っていて損をすることがありませんし、自分の特技の1つとしてどの様な場面でも主張することが出来るようになるからです。

大人の習い事としても人気

しかしながら習字に関しては子供だけの習い事と言うわけでもありません。

人によっては大人になってからも自分の字の汚さを恥ずかしいと思っている方はたくさん存在しているからです。

なので大人になってからも習い事の1つとして習字を1つのスキルとして身につけたいと考えている方が多いので、実際に習字を習っているを大人の方はたくさん存在しています。

人によっては教室に通って習字をそのまま先生から習っている様な人もいるかもしれませんし、場合によっては通信講座なども存在していますので、仕事が休みの日に休みの時間を使って通信講座で習字の勉強をしている方もたくさんいます。

昔と比べて様々な学習スタイルが存在していますので、今の自分の生活スタイルに合わせて様々な利用方法を選ぶことが可能になっています。

一番いけないのは大人だから習うのが恥ずかしいという固定観念を持って結局何も行動しないということです。

大切なのは周りからの視線ではなく、自分がどの様に行動するべきなのかということをしっかりと考えた上で行動に移すことが大切です。

自分が思っているほど周りはそこまであなたのことを見ているわけではありませんので、固定観念を助けて自分がどの様にしたいのかということに忠実に行動することが大切です。

習字に関しては子供も習っているレベルなので、ある程度のレベルを目指すのであればそこまで多大な労力が必要になるわけでもないですし、案外頑張ってみれば短い期間で字の上達を図ることが可能になりますので、チャレンジしたいと思っている方は自分のチャレンジ精神を大切にして行動してみてください。

習字は大人になってからも良い影響が!


習字に関しては先ほどご紹介した通り、大人になってからもそのメリットは継続して得ることが可能になります。

もちろん様々なメリットが存在する中で一番日常的に感じることができるメリットとしてはやはりどのような場面で字を書いても恥ずかしくないことです。

自分の字の汚さに対してコンプレックスを持っている方は自分が書いた字を他人に見られることを極度に嫌う傾向があります。

しかしながら字を書いて他人に見せると言う言葉は日常生活の様々な場面で起こりうることです。

例えばビジネスの場面においても自分が字を書いた書類などが相手に見られる事はたくさんありますし、プライベートの場面でも自分が書いた字を他人に見られることはたくさんあります。

なのでその様な場面場面で毎回毎回嫌な気持ちをしてしまう事に繋がってしまいますが、習字を習っていれば逆にそのまま場面が自分の特技を見せるチャンスとして捉えることができますので、むしろ自分の書いた字を他人に見られて嬉しい気持ちに変化するようになります。

結局本質としてはその部分が大切で、自分が嫌だと思っている部分を自分の特技として主張することができるということはとても素晴らしいことなのです。

自分の苦手な部分を得意な部分に変化させていくことが人生においても継続して求められる大切な部分なので、ひとつひとつ頑張って自分を変える努力をしていきましょう。

習字を習うメリットを徹底調査

もちろん人によっては自分の字の汚さに関して特に何とも思わないという方もいるかもしれませんね。

もちろん字を書いてその字が下手だからといってその人の人間性まで否定される様なことは当然ありません。

字が下手な人でも人間性が素晴らしい人はたくさん存在していますし、字が上手だからといって何か特別なことだったりするわけでは特にありません。

しかしながら字が上手であると言うことはそれだけでたくさんのメリットが存在していることになります。

先ほどご紹介した字が綺麗であるということで自分に自信を持てるということを筆頭に、習字を習う上でメリットになる様なことは数え切れないほど存在しています。

だからこそあえて字が汚いことに対して悩んでいる方や、特にそこまで悩んでいないという方も含めて習字を習うメリットを知っていただき、自分にとって必要なスキルなのかどうかということを今一度考えていただきたいと思います。

もちろん自分の話でなくても自分に子供がいる場合に、子供にこのスキルを会得させた方が良いのか悪いのかということを念頭に置いた上で考えていただく一つの材料にしていただければ幸いです。

️習字を習っていて良かったと思う10個のこと

先ほどから何度も習字を習う上で得られるメリットはたくさんあるということをご紹介してきましたが、具体的にどの様なメリットがあるのかということが気になる方もたくさんいると思います。

なのでここからは習字を習っていて良かったと思うことをいくつかご紹介していきたいと思います。

人によって感じる考え方や受け止め方などは様々なので、これからご紹介するメリットが全ての方に共通するとは限りません。

しかし少しでも良いなと思ったり、身につけておきたいスキルであると判断された場合は自分や子供に習字を習うきっかけとして受け止めて頂きたいと思います。

どこで字を書いても恥ずかしくない

まずはじめにご紹介する習字を習っていてよかったと思うことは同様な場面においても字を書いても恥ずかしい気持ちにならないということです。

これは先ほどから何度もご紹介している習字において一番大きいメリットと言っても過言ではありません。

基本的に習字を習っている人間は字が上手になっているので、様々な場面で自分の字を書いて人に見せても恥ずかしい気持ちにはなりません。

むしろ自分は家が上手なんだということをアピールできる貴重なチャンスとして捉えることが可能になります。

一般的な主観としての話になりますが、汚い人綺麗な字を見比べた時に綺麗な字を書いてる人間の方が魅力的に感じますよね。

これは単純に綺麗な部屋と汚い部屋どちらが好きかと言われているのと全く同じことです。

誰でも基本的には綺麗な部屋の方が好きと言う様に、字に関しても汚い人綺麗な字であれば綺麗な家の方が好きであると答える人間の方が多いので、字が綺麗であるということは習字を習う上での一番のメリットでありそもそもの目的と直結させて考えることが出来ます。

字が綺麗と褒められる

次にご紹介する習字を習っていてよかったと思うことは字が綺麗だと相手から褒められるということです。

これはそのままの意味ですが、大抵の場合習字を習っている人が字をかいた時にその字を周りの人間が見た時に綺麗な字を書いていれば書いているほど必ずと言っていいほど褒められます。

おそらくこれまでの人生で一度くらいはその場面に立ち会ったことがある方が多いと思います。

やはり字が綺麗であるということは一つのスキルとして捉えることが可能になりますので、そのスキルに対して純粋に褒めてくれる場合が多くなります。

しかしあまりにも字が汚かったりするとその逆に人から字の汚さを指摘されたりする可能性があります。

周りの人間からしてみればそこまで気にしている様なことではないと捉えられるかもしれませんが、人によっては字の汚さがコンプレックスに感じていることもあったりするので、字が綺麗でやると褒められるということはとても喜ばしいことであり一つのメリットとして捉えることができます。

自然と正しいペンの持ち方になる

次にご紹介する習字を習っていてよかったと思うことは自然と正しいペンの持ち方を出来る様になるということです。

習字をこれまで習ったことがある方はお分かりいただけるかもしれませんが、習字を習う場合はただ綺麗な字を書くだけではなく習字に対して臨む上での心構えも学ぶことができます。

なぜならば綺麗で正しい字を書くためにはそれなりの姿勢が大切になるからです。

習字はどちらかといえば和の心を大切に考えているひとつの文化といっても過言ではありません。

だからこそ基本的に習字を教えてもらう場合はあぐらをかいて座ったりするのではなく正座をして正しい姿勢で正しいペンの持ち方を行って字を書きます。

それを教えてもらう過程の中で正しいペンの持ち方を癖付けることができますので、綺麗な字を書けるようになるだけではなく正しい姿勢や正しいペンの持ち方まで会得することが可能になると考えることが出来、これがひとつのメリットとして考えられます。

字を書く仕事を頼まれる

次にご紹介する習字を習っていてよかったと思うことは字を書く仕事を頼まれるということです。

これはどういうことかと言いますと、例えばあなたが会社員として企業に所属しているサラリーマンだったと仮定します。

サラリーマンと言っても様々な仕事内容が存在すると思いますので、一概に全ての仕事で該当するとは言えませんが、習字を習って綺麗な字を書くことができるということが周りの人間から把握されていた場合、場合によっては何らかの書類などに対して字を書いて欲しいと頼まれる様なことがあります。

今では様々な書類を作成するときにはパソコンを使って書類を作成する場合が多いので、文字を手書きしたりする様なことは極端に減ってしまってはいますが、どうしても手書きでないとだめな場合なども存在しますよね。

その様な時には字が上手な人間に字を書いて欲しいと仕事を頼まれることがあります。

当然ながら汚い字を書く人間と綺麗な字を書く人間を比べたときに綺麗な字を書く人間に字を書いてほしいと考えるのは当たり前ですよね。

だからこそ綺麗な字を書くことができれば自分にしかできない様な特殊な仕事をお願いされたりすることがあり、自分にしかできない仕事と考えればそれは一つの自分の特技であり魅力として考えることもできますので、自分に対して自信を持てる一つの状況として考えることができます。

だからこそそれは一つのメリットであり、習字を習って綺麗な字を書ける様になっていなければ起こり得ないことなので、習字を習う上での一つのメリットとして捉えることができます。

字を書くのが楽しい

次にご紹介する習字を習っていてよかったと思うことは文字を書くのが楽しくなるということです。

これはどういうことかと言いますと、何をするにしても得意なこと苦手なことをするのであれば得意なことをした方が楽しい気分になりますよね。

例えば走るのが苦手な人間がいたとして、その様な人間が体育祭などで行われるリレーなどが好きかと言えば当然好きなはずがありませんよね。

しかし走るのが速くて得意な人間からすれば、体育祭のリレーなどは自分のスキルをアピールする魅力的なチャンスの場所として捉えることができますので、当然走ることが好きな方が多いです。

これは習字においても全く同じであり、字を書くのが綺麗な人間は字を書いて人に見せる場所を好むことが多いです。

なぜなら綺麗な時を書く事に自信を持っており、綺麗な字を書けば周りが褒めてくれるので、だからこそ字を書くこと自体が楽しくなってくるのです。

これは習字を習っていなければ感じることができない人の自信になりますので、習字を習う上での大切なメリットの一つになります。

下書きが必要ない

次にご紹介する習字を習っていてよかったと思うことは下書きをする必要がないということです。

これはどういうことかといいますと、習字を習っている人間は字を綺麗に書くことができますので、様々な場面で下書きをしなくても綺麗に字を書けるということです。

字が汚い人は共感することができるかもしれませんが、直接字を書かなければいけない場面に対して汚い字を書くことが嫌なので、綺麗に字を書ける様に下書きをしたりする可能性があります。

しかしいちいち下書きをしたりするのが面倒に感じる場面はたくさんありますよね。

人によっては年賀状などに関してもいちいち下書きをして上手に字を演出したりする様に工夫をする様な方がいるかもしれませんが、出す年賀状が多ければ多いほどそれは面倒な作業になってしまいます。

だからこそ下書きが必要ないっていうことは大きなメリットにつながるのです。

いきなり清書でへっちゃら

字が綺麗な人間は下書きをすることなくいきなり清書でへっちゃらなので、当然ながらいちいち下書きを行って文字を書いたりする人よりも文字を書くスピードが段違いに早いのです。

文字を書くスピードが速くなおかつ字が綺麗に書けるというのは字が汚い人からすれば大きなメリットの一つとして考えることができますよね。

このスキルに関しては子供の頃からしっかりと身につけておけば、大人になってからも永遠と役立てることが可能になりますので、子供の時にちょっと努力しておけば大人になってからこんなにもメリットとして感じることができるんだと捉えることが可能になるはずです。

だからこそ早い段階で習字を習っておけば、これだけたくさんのメリットを得ることができますので、一つの選択肢として考えていただくのも悪くないと思いますよ。

性格が良くみられる

次にご紹介する習字を習っていてよかったと思うことは性格が良くみられるということです。

これはどういうことかと言いますと、人間は知らず知らずのうちに人を見た目で判断してしまっています。

どんなに自分は見た目で人を判断していないと主張していたとしても、残念ながら少なからず見た目で判断してしまう様な心は誰でも持ち合わせているのが当然です。

例えば極端な話をしてしまえば、顔が整っている人と顔が整っていない人だと第一印象は顔が整っている人の方が魅力的に感じますよね。

もちろん相手のことを知っていく中で内面に触れていくと顔が整っていない人の方が魅力的に感じることはあるかもしれませんが、あくまで第一印象として見るならば圧倒的に整っている人の方が魅力的なはずです。

つまり相手と親しくない状況で相手の外的な要因だけで判断する場合は、何事においても綺麗で整っている方が有利であると考えることができるのです。

これに関しては文字も共通して捉えることができ、綺麗な字を書ける人間と汚い字を書く人間、これを客観的に判断した場合どちらの人間の方が性格が良いのかということを考えてみてください。

おそらくどんなに人を見た目で判断していないと主張している人でも、若干ながらの先入観は持って考えてしまうのが普通だと思います。

ただこれはしょうがない事であり、人間の心理のひとつにもなるので、それを踏まえた上で習字を習わせたいと考える人が多いのです。

気品がある人に見える

文字が綺麗であると相手と親しい関係にない状態であれば、気品があるように見えてしまうと思います。

いわゆる育ちが良いのだろうなという風に相手は解釈する場合が多いのです。

例えば文字を書いた時に実際にあなたが綺麗な字を書く人と汚い字を書く人間をそれぞれに比べてみたとしてください。

おそらく綺麗な字を書く人の方が育ちが良かったり、きちんとした習字の教育を受けてきた家庭に育ったという事を想像されると思います。

しかし汚い字を書く人間を見た場合、少し雑な性格をしている人間なのかなという風に解釈する可能性はあります。

もちろん全ての人間がそこまで相手のことを深く考えたりしているわけではありませんが、考える人は考えるという風に捉えてもらえれば結構です。

なので相手に与える印象はどうせなら良い印象の方がそのあとのコミュニケーションにおいても良い方向性に繋がる可能性がありますので、文字を綺麗にする練習を早い段階からさせておけば有利な状況に立たせることができると捉えることができます。

“字は人を表す”とも言う

ことわざについてある程度知っている方ならばわかると思いますが、”字は人を表す”ということわざを聞いたことがある方もいると思います。

これはそのままの意味で書いた字はその人の人間性を表しているという言葉です。

昔から伝えられていることわざということもあり、意外とこれが正しかったりする可能性は高いのです。

そもそも字を汚く書く人間は人からの見られ方などを意識していない方やだらしない方が多いのです。

まず勘違いしていただきたくないのは、字が汚い人間が全て該当するということでもありません。

字が汚い人だったとしても人に見られる場合は、汚いなりに丁寧に書こうとする人間は該当しない場合が多いのですが、人から見られるということを分かっていながらそれでも雑に汚い字のまま気にせずに書いている人間が該当する可能性があるということです。

なのでそのことわざをそのまま受け止めている方からすれば、汚い字を書く人間を見た時にあまり良い印象を持ったりしない場合が多いです。

人によってはコミュニケーションをとる上で避けられてしまう場合も存在するかもしれませんので、それは自分にとって大きな損につながってしまいます。

もちろん書いた字だけですべてを判断してしまう様な人間とこちらも付き合いたくないと考える方がいるかもしれませんが、自分に足りない一つのスキルという意味で考えていただくと、それを得意にするきっかけの一つとして捉えてみれば魅力的なチャンスと考えることができるかもしれません。

ギャップを作れる

次にご紹介する習字を習っていてよかったと思うことはギャップを作れるということです。

これはどういうことかと言いますと、人によってはがさつな性格をしているのにも関わらず、昔習字を習っていたということもあり綺麗な字を書けるという人間が存在しています。

人間は不思議な生き物でギャップに弱いと考えることができます。

例えば見た目がいかにも優しそうな雰囲気を漂わせて、実際に優しい性格をしている人と見た目がいかにも怖そうな雰囲気をしていながら人に優しい態度をとる人間を見比べてみた時に、おそらく後者の人間の方がより優しく感じるはずです。

このように先入観を持っていたのにそれを裏切られると強いインパクトとして人の印象には大きく残ります。

逆に見た目が優しそうな人間がひどい事を平気で行ったりする場面を見た場合は、その人に対して必要以上に嫌悪感を持ったりする場合が考えられます。

この様にギャップを上手く利用すれば、自分を魅力的な人間として見せることが可能になります。

いかにも上手な字を書けないだろうという様な雰囲気を作り出しておきながら、上手な字を書けば相手が自分を見直してくれるチャンスになるのです。

上手に自分を魅力的に魅せたい場合は、ギャップを上手く利用するとより魅力的に映るようになると思いますよ。

子供に馬鹿にされない

次にご紹介する習字を習っていてよかったと思うことは子供に馬鹿にされないということです。

これはどういうことかといいますと大人になってからもしも書く字が下手だった場合、状況によってはその汚い字を書いた時に子どもに見られた場合、子供から字が汚いと指摘を受ける可能性があるということです。

例えば教師として仕事を行っている場合、教師が書く字が下手だった時には子どもから自然と指摘を受けやすいですよね。

それ以外にもプライベートなどの面で自分の子供の前で字を書いたりした時に子供から字が汚いと指摘されることも当然考えられます。

一人の大人として子供から馬鹿にされるというのはあまり嬉しいことではありませんよね。

だからこそ大人としてのプライドではないですが、子供から指摘されない様に必要最低限のスキルとして身につけておくという意味では習字を習う上での大きなメリットとして考えることが出来ます。

正しい書き順で書ける

次にご紹介する習字を習っていてよかったと思うことは正しい書き順で漢字を書くことができるということです。

先ほどご紹介したように習字を習う上では、その過程の中で様々な感じに対する大切なことを学ぶことができます。

それは習字に臨む姿勢やペンの持ち方もそうですが、それ以外にも漢字を綺麗に正しく書くために正しい書き順まで教えてもらえるということです。

よく小学校の頃に国語の授業や書道の授業などで字の書き順などを習った経験がある方は多いと思います。

習字に通った場合も同様に字の正しい書き順を教えてもらうことができますので、それをある程度身につけておけば字を綺麗に書けるコツなども身につけることができるようになりますので、半永久的に役立てるスキルとして捉えることができます。

️デジタル化が進む今、書道の良さを改めて知ろう!

今回は習字をテーマにして習字を習っていて良かったことを詳しくご紹介していきました。

こうして考えてみると習字を習うということは、想像していた以上にたくさんのメリットが存在するということがお分かりいただけたと思います。

単純に字を上手に書くことができる様になるということ以外にも、そのほかのスキルや自分自身にとっての自信などに繋がる場面などの魅力を大きく感じることが出来るはずです。

自分に自信を持つということはとても大切な基本的な要素です。

自分に自信を持っていなければ何事もうまく行うことができませんし、自分を認められる人間は強い人間です。

だからこそ自分の苦手を得意に変えて行くということが、いかに大切な事であるかを知っておいてください。

デジタル化が進んでいる昨今であるからこそ改めて書道の必要性を知り、自分や子どもの大きな武器として身につけるという選択肢を考えてみてくださいね。