この春から新入社員となるみなさん、まずはご入社おめでとうございます!

3月ともなれば新生活の準備を整えつつ、期待と不安に胸を膨らませ入社を控えている頃ではないでしょうか?

早い企業だと新人研修が始まっているところもあるでしょう。

特に新社会人のみなさんは、研修の段階ですでに社会人の大変さを身をもって感じているところかもしれませんね…お疲れ様です。

4月になり入社式を終えればみなさんも新入社員として本格的に働いていく事になる訳ですが、一年目は緊張する事も多いでしょうし、人によっては仕事に慣れるまでに時間がかかる場合もあるでしょう。

新しい環境で初めての経験をするという事はそれだけ神経を使うものなのです。

緊張を少しでも和らげ出来るだけ早く仕事に慣れるには、「新入社員がやるべき事」をしっかり把握しておくのが何よりも重要になります。

そこで、みなさんが新入社員として良いスタートを切れる様に、”新入社員が1年目で学ぶべき28個の事”をまとめました!

新社会人の方や新しい職場で上手くやっていきたい方は必見ですよ。

1年目が重要!新入社員が学ぶこと28選

「何事も最初が肝心」とよく言いますよね。

社会人も1年目に何を学んで過ごしたかで、その後の仕事ぶり・キャリア・周りからの評価などが変わると言っても過言ではありません。

新入社員の時に学んだ事はその後の経験に必ず活きます。

では、新入社員は具体的に何を学べば良いのでしょうか?

先輩社員の働き方…?仕事での人間関係の築き方…?

もちろんそれらも大切ですが、もっと根本的な「新入社員または社会人の心得」みたいなものを学ばなくてはなくてはいけません。

そこで、”新入社員が学ぶべき事28選”をご紹介したいと思います!

特に学生気分が抜け切れていない新社会人のみなさんは一社会人としてこれから上手くやっていく為にも、以下の事をしっかり意識した方が良いかもしれません。

責任感をもつことの重大さ

正社員はアルバイトと違い自分の仕事に大きな責任が伴います。

例え作業内容が同じでも企業内ではバイト=アマチュア・正社員=プロと扱われるので、正社員はそれなりに大きな仕事や地位を任されるのです。

もちろんバイトの仕事に責任がない訳ではありませんが、例えばバイトが重大なミスをした場合バイトのミスは正社員の管理ミスが原因という事になるので、当人ではなく上司である正社員が後処理を行うのが一般的。

もし全ての責任をバイトに押し付けて正社員が知らん顔をする企業があったら大問題ですよね…。

正社員とアルバイトの区別がしっかりしている企業では、バイトが停職や減給という形で責任を取る事はなく、代わりにバイトを管理監督していた正社員が減給処分を受ける事はあるでしょう。

社員の責任の話に戻ります。

正社員は会社に信頼されて長期で雇われたのであり給料もそれなりに頂けます。

つまり、それだけの信頼とお金をかけてもらっている分、社員は会社に利益をもたらす責任があると言えるのです。

また仕事で大きなミスをすれば自分の責任だけでなく、他の社員への迷惑や会社全体の損害に繋がる事もあり得ます。

新入社員のみなさんは例え雑用でも、任された仕事にはしっかりと責任感を持って下さいね。

やる気をもって行動すること

「最低限の仕事だけして、後は終業時間まで仕事をしているフリをしよう…」とか「就業時間内に会社にいればお給料が貰える」なんてやる気のない事を考えていてはいけません!
そういう考えは本人がいくら隠していても態度や仕事の出来に現れますし、新入社員がそんな態度を取れば絶対に上からお叱りを受けるはずです。

他にもすぐに終わる仕事をわざと時間をかけて行ったり、雑な仕事をしてミスを連発したり、大事な会議や取引先との打ち合わせに堂々と遅刻して来る…なんていうのも当然許されません!

ここまでやる気がない人間は何らかの処分…下手をしたら解雇される可能性もあるかもしれません。

まぁ、その話は置いておいて…。

はっきり言って、新入社員には技術や経験もなければ実力もありません。

新入社員が先輩社員に唯一勝てるものと言えば”やる気”くらいでしょう。

現在入社を控えているみなさんの中にも、「これからバリバリ仕事をするぞ!」「周りに負けない様に頑張るぞ!」と意気込んでいる人は多いはず。

就職面接の際にも就活者の多くが「御社の為に頑張ります!」とか「御社でどうしても働きたいのです!」といったアピールをし、企業側もそのやる気や熱意を買って採用しているところがあります。

つまり、やる気の感じられない人間は会社には不要なのです…。

逆に、やる気に満ち溢れていて何事も丁寧かつ真面目に取り組む新入社員は周りからも高く評価されます。

例え仕事が少し遅れたり多少のミスがあっても、普段の仕事に対する姿勢のおかげで「最初の内は時間がかかるのは当たり前」「新人なら少しくらいのミスは仕方がない」と思ってもらえるでしょう。

もちろん上司の優しさに甘えず、仕事を早く終わらせたりミスを減らす努力も必要ですよ?

とにかく、新入社員は”やる気”が何よりの武器なので、やる気を持って行動する事を心掛けましょう!

たくさん失敗をする

新入社員に失敗は付きもの。

特に新社会人ともなれば初めて経験する事も沢山あると思いますし、慣れない事に緊張し疲れもするでしょう。

そんな中で1つもミスを犯さずに完璧にこなすのはかなり難しいですよね?

もちろん大きな失敗は少ない方が良いですが、社会人になってから1度も失敗をした事がない人なんて殆どいないと思いますし、人間は失敗して成長するものです!

新入社員のみなさんに伝えたいのは、1年目の内にたくさん失敗を経験して今後に活かして欲しいという事なのです。

入社1年目は”失敗が許される時期”でもあり、別の見方をすれば失敗を恐れず積極的に行動出来るチャンスでもあります。

積極的に行動すれば様々な経験が出来るはずです。

失敗も含め、最初の1年でどれだけ多くの経験を積んだかでその後の成長も変わってくるでしょう。

それから、みなさんの失敗を恐れる気持ちを軽くする為にあえて言いますが、まだまだひよっこの新入社員に対して会社も上司も過度な期待はしていません。

せいぜい「指示通りに仕事が出来れば合格かな!」くらいに思っているのではないでしょうか?

だから新入社員のみなさんは、失敗したからと言って過度に落ち込まず、それを次に活かす(とりあえず同じ失敗を繰り返さない)様に心掛ける事が大切なのです!

社会の厳しさ

社会人になって初めて社会の厳しさを実感する人もいるみたいですね。

責任・人間関係・仕事の難しさ・ノルマetc…
社会人になると学生の頃と何もかもが違うので初めの内は戸惑う人も多いでしょう。

しかし、社会の厳しさを実感するという事はそれまでの認識が甘かったという事。

早い内にそういう事に気が付いておくと失敗や挫折を味わった時に気持ちを切り替えやすいので、「新入社員の内に社会の厳しさを学んでおく」というのは結構大事なポイントと言えるかもしれませんね。

どの企業でも自主性と成果が求められます。

学生の頃は言われた事だけやっていれば評価してもらえたかもしれませんが、社会人として評価してもらうならそれだけではダメなのです。

ちゃんと自分で考え行動する力を発揮しなくてはいけません!
学生時代に通用していた事が社会に出たら全く通用しなくなる事も覚えておきましょう。

しかし実際は、「自分で考えろ」とか「自分で動け」と言われても上司の理想通りに動ける新入社員の方が少ないと思いますし、仕事だって経験もなしに最初から上手く出来る新人の方が少ないのです。

新入社員はこうした理想と現実の差に苦しみながら社会の厳しさを学んでゆくのかもしれませんね。

我慢することの大切さ

時には上司や取引先などから理不尽な事を言われたり、自分の力量に合わない仕事や大量の雑務を押し付けられる事もあるかもしれません。

こんな時、むやみに反論したり楯突いても何も良い事はないでしょう。

もしそんな事をすれば「生意気な新入社員だ!」と自分の評価を落としかねません。

特に短気な自覚がある人は我慢を覚えましょう。

我慢は新入社員の宿命でもあります。

もちろん我慢のし過ぎは心身にも良くありませんし、明らかに相手に非があるならこちらからやんわりと指摘する必要もあるかもしれませんが、基本的には何事も我慢です!

それに我慢する事で先が見えてくるものですよ。

挨拶やマナーなどの礼儀

社会人は挨拶などの基本的な礼儀やビジネスマナーは絶対に守らなければいけません。

ビジネスマナーはともかく、基本的な礼儀がなっていないと「非常識な奴だなぁ…」とか「今までどんな教育を受けてきたの?」とか「社会人以前に人としてダメ…」と思われてしまうかも?!

特に「挨拶は大事!」と子供の頃から教えられてきた人は多いと思いますが、残念ながら出来ていない人が多いのが現状です。

挨拶は新入社員からが基本。

職場の環境にもよりますが、会釈だけや小声の挨拶はあまり印象が良くありません。

「はよっす」や「ちーす」などの雑な挨拶は論外です。

例え相手が挨拶を返さなくても、「おはようございます」や「お疲れ様です」をしっかり言える人間になりましょう。

社会のルール

社会のルールは1年目でしか学べない(1年目なら知らなくても多少許される)事。

知らないと後々恥をかいてしまう恐れもあるので気を付けましょう。

社会のルールが指しているものは幅広く、具体的に「コレ!」とは言えないのですが…例えば上でお話しした常識やマナー、他にもモラルや企業独自のルールなどが含まれます。

特に社内のルールはなるべく早く把握出来た方が良いので、分からない事は先輩や上司にしっかり確認しましょう。

お金の価値観


バイト経験があるなら働いてお金をもらう事の大変さも知っていると思いますが、正社員になるとそれがより強く感じられる様になります。

自分を養ってくれた人の偉大さが分かりますね…。

苦労してお金を稼いでいると、お金に対する価値観も変わってくるでしょう。

また、新社会人になると親からの仕送りなしに自分の給料だけで生活&貯蓄をしていく人も多いのではないでしょうか?
無計画に好き勝手使っていれば給料日前に痛い目を見ますし、最初の内は足りない物を揃えたりする必要があるので貯金も思う様に出来ないかもしれませんね。

そんな中で交際費なんかも捻出しなければならないので、1年目はお金の遣り繰りを学ぶ時期とも言えるでしょう。

自分の無力さ

「新入社員には技術や経験もなければ、実力もない…」という様な事を先述しましたよね。

しかし、大した実績を出していないのにも関わらず「仕事で成果を上げるのなんて簡単」とか「自分は誰よりも優秀である」と考え、自分の無力さを自覚出来ていない新入社員も中にはいます。

もちろん自信を持つ事が悪い訳では無いのですが、上の様に根拠のない自信や過大評価は良くありません。

しかもそういう人に限ってなかなか成長しなかったり(自ら努力しようとしない)、失敗や挫折をした時に立ち直れずに逃げ出してしまうなんて事があるのです…。

みなさんはそんな事にならない様に、「自分に何が出来て、何が出来ないのか」をしっかり自覚出来るようになりましょうね。

人の話がしっかり聴けるかどうか

人の話がしっかり聴けない人は仕事がまともに出来ない可能性大!

なぜなら上司の指示を正確に聞き取る事が出来ないからです。

それに”人の話をしっかり聴けない人”というレッテルを貼られてしまうと、例え指示に従ってミスをした場合でも「上の指示通りにした」という言い訳も通りません。

仕事をする上でコミュニケーションは必須です。

人の話をしっかり聴くのはもちろん、自分の考えを相手に伝える力も1年目でしっかり身につけましょう。

受け入れることの重要さ

良い事も悪い事も素直に受け入れる事が大切。

どんな事からも学びはあります。

必ず将来に繋がるはずなので、嫌な事とも出来るだけ向かい合ってみて下さい。

悪い事や嫌な事は目を逸らそうとするから余計にモヤモヤしてしまうのです。

「良い人生経験になったよね!」と考えれば、案外ラクに受け入れる事が出来るかもしれませんよ?

忍耐力


「入社したらこんな仕事がしたい!」と夢や目標を持っている新入社員は多いと思います。

ですが、入社したての新人にやりたい仕事をやらせる企業の方が少ないはずです。

最初は思う様にいかないかもしれません。

特に1年目は嫌な事や辛い事も沢山あるでしょう…。

しかしそこを耐え抜けば、必ず自分の夢や目標に近づくはずです。

それに、大きな仕事を任せてもらう様になれば大きな苦しみや困難にぶつかる事も多々あるでしょう。

そんな時に備えて1年目は忍耐力をつけ強い精神を養って下さい。