大人なら、最低限身につけておきたい教養というものがあります。

皆さんは、自信をもって「教養がある」と言えますか?

もちろん、教養があることは、自慢することでもなく、当たり前に身につけておくべきものです。

教養があることをひけらかしてしまうのは、下品な行為ともなってしまうでしょう。

ですが、ある程度教養に自信を持てるくらい身につけておくことは、意識しておきたい所ですよね。

教養が無ければ、品性をも疑われてしまいますから。

とはいえ、自分の教養に自信がある人は、少ないかもしれませんね。

筆者も、自分に教養があるかどうかは…正直自信がありません。

そもそも、教養ってなに?とも思ってしまう所があります。

教養は必要な事だとは知りつつも、実際の所、教養があるってどういうことなのか、分かっていない人も多いのではないでしょうか。

というわけで今回は、「教養がある人の特徴」をご紹介していきます。

この機会に、教養があるとはどんな人なのか学び、教養を身につけてみませんか?

教養がある人の15個の特徴

因みに教養とは、辞書的な意味でいうと「学問・知識・精神の修養を通して養われる、心の豊かさ」なのだそう。

また、幅広い知識を身につけること、それによって物事に対する理解力を養うことなども、教養とされています。

学問や知識、精神性には、ある分野に特化したものもありますが、教養がある人というと、それが幅広いものであることも重要となりそうです。

さらに、社会生活を営む上で役立ち、必要とされる知識を身につけ、それを通して思慮深く心を養っていくことも、教養を得るには必要になってくるようです。

ですので、教養がある人とは、どんな場面でも恥ずかしくない振る舞いができ、どんな人とでも関係を築いていけるような人。

知性や見識にあふれた、品格のある人とも言えるのです。

そう考えると…自分の教養に、自信が無くなってしまう人も多いかもしれませんね。

筆者も、自分に教養があるとは言えず、大人としてはやはり、身につけておきたいものだと思わされます。

教養のある大人になるには、自分を磨いていくしかありません。

逆に言えば、教養は、努力すれば身に付くものであり、望めば誰だって、教養のある人にはなれるのです。

教養がある人の特徴から学び、今日からひとつずつ、教養を積んでいきましょう!

正しい言葉遣い

教養がある人とは、正しい言葉遣いができる人。

なのです。

私たち日本人にとっては、正しい日本語が使えるということが、教養がある人の条件と言えるわけです。

正しい言葉遣いができていない人、多いですよね。

もちろん筆者も、出来ているとは言えません。

特に最近は、何が正しくて、何が間違っているのかさえ、曖昧になってきています。

それだけ、間違った言葉遣いが定着しているということであり、間違いが正解かのように使われていることだってあるということですよね。

筆者はここ最近、こうして文章を書かせていただくようになり、いかに自分に教養がないかを思い知らされています。

言葉の引き出しの少ないこと、そして、言葉遣いのくずれ…。

普段、教養を意識してこなかったかが、身に染みてわかるようになりました。

こうした文章を書く時は、親しみを込めて、あえて崩した表現をすることもあります。

ですがそれも、本質を分かっていてこそ出来ること。

正しい言葉遣いを知らずにいては、崩し方だって分からないのです。

言葉は、人とのコミュニケーションの基本となるものです。

言いたいことを、いかに的確な言葉で表現するか、いかに正しい言葉遣いで伝えることが出来るかは、まさにその人の教養を表すのです。

若いうちなら、若さで許される面もありますが、歳をとるにつれ、正しい言葉遣いができていないと、教養がない大人として見なされます。

日頃から、正しい言葉遣いを見失わないように心がけておくこと。

これは、若いうちから意識しておくべきなのかもしれませんね。

所作や振る舞いが綺麗

教養がある人とは、所作や振る舞いが綺麗な人でもあるのです。

所作や立ち居振る舞いは、一見教養とは関係がないように思えます。

でも、教養がある人なら、例外なく、所作や振る舞いも綺麗なのです。

言葉から知識の幅広さを感じさせ、その言葉遣いから品が伺える。

さらに、動きからも美しさを感じさせてこそ、教養がある人だと言えるのでしょう。

所作や振る舞いが綺麗であることは、単にその人が、美しく見えるというだけではありません。

周囲の人へ、不快感を与えない所作。

ということにもなるんですよね。

所作や振る舞いが汚くても、誰にも迷惑はかけないと思うかもしれませんが、そうではないのです。

汚い振る舞いは、それを見た人、それに対面した人にとっては、見たくないもの。

不快感を与えている以上、大袈裟かもしれませんが、迷惑行為とも言えるのです。

教養がある人は、その見識の深さから、所作や振る舞いが人に与える影響に、考えを巡らせることが出来るのでしょう。

自分を美しく見せることよりも、自らの所作によって、心地よい空間を提供しようと考えるのだと思います。

その証拠に、教養がある人の綺麗な所作や振る舞いは、単に不快に感じないだけにとどまりません。

見て、美しいと心がトキメクような感情すら、湧いてくるのです。

筆者の小学生の頃の同級生にひとり、教養がある人がいます。

筆者の知り合いでは、教養がある人といったら、その人しか思い浮かびません。

その人は、所作や振る舞いが、小学生の頃から綺麗でした。

もちろん言葉遣いも美しいのです。

学問、知識、精神性。

どれをとっても完璧で、養われてきた心の豊かさにも、素晴らしいものがあります。

見ていて心トキメクような、目が奪われてしまうような…そんな感情を抱かせるのです。

教養がある人というと、近寄りがたい人という印象を持っている人もいるかもしれませんが…教養がある人とは、頭が良くて堅苦しい人。

ということではないんですよね。

誰からも一目置かれる存在でありながら、どんな人とでも関係性を築けるような、そんな心の豊かさがある人なのです。

マナーが身についている

教養のある人の特徴には、マナーが身に付いていることも挙げられます。

マナーとは、日本語の意味で言うと「行儀作法」や「礼儀」です。

様々なシーンで求められるマナー。

それも、マナーに対する知識が無ければ出来ない場合も多いですよね。

教養のある人は、それだけ幅広い分野への見識があり、どんな場面でも対応できるだけの知識とマナーを身につけている人だと言えます。

日本人は比較的、マナーが良いと言われています。

ですが最近は、そんな国民性も、崩壊しつつあるように思いませんか?

海外のマナーの悪さが話題になることがありますが、果たして人の事が言えるだろうかと…筆者は疑問に思うことが多々あるのです。

マナーには幅広い知識が必要であることを考えると、全てのマナーを身につけるのは困難なように思え、そんな苦手意識が、マナー崩壊を招いているのかもしれません。

しかし、教養のある人でも、全ての分野においての礼儀作法を知っているかというと、そうではないと思います。

それでも教養のある人が、マナーの良い行動が出来るのは、「思いやり」の観点で行動することが出来るからなのでしょう。

マナーは、特に集団生活において、お互いが気持ちよく過ごすためのルールのようなものです。

周囲の人、そして対面する相手への思いやりの気持ちがあれば、正しい礼儀作法を知らなくても、不快にさせない行動が出来るということです。

日本人の精神性としては、マナーというより「礼儀」をわきまえることを意識しておくと、マナーのある行動がとれるのではないでしょうか。

礼儀とは、敬意を示す行動でもあります。

教養がある人は、マナーが身に付いているというより、むしろ、常に敬意を払っている人なのだと思います。

綺麗な食べ方

教養がある人は、綺麗な食べ方が出来る人でもあるのです。

綺麗な食べ方というのも、ひとつのマナーと言えるでしょう。

また、所作や振る舞いのひとつでもありますね。

食べ方も…汚いと不快感を与えてしまうものです。

食べ方くらい放っておいて欲しい!と思うかもしれませんが、そうはいきません。

食べ方が汚いと、品格を疑われるだけでなく、不快感を与えてしまいます。

それは、迷惑行為にもなり兼ねません。

食べ方は、日頃からの習慣が出てしまいます。

日常生活での品の無さが、ありありと表われてしまうのです。

そもそも、食べ方を綺麗にするというのは、食べ物や、作ってくれた人に対する敬意を示すことでもあると思います。

また、一緒に食事をする人に対する、礼儀でもありますよね。

教養のある人は、周囲の人や物ごとに、いつも感謝していられるからこそ、綺麗な食べ方もできるのでしょう。

“綺麗な食べ方”にするには、日頃から食事への意識を変えていかなければなりません。

美しい姿勢で食卓についていますか?正しい箸の持ち方は出来ていますか?

食事しながらスマホをいじっていませんか?

一度にたくさんの量を頬張っていませんか?食べ終わった後のお皿は、綺麗ですか?

テーブルマナーには様々なものがありますが、まずは難しく考えず、美しく見えるような振る舞いをすることを、考えてみるといいのではないでしょうか。

姿勢も、箸やフォークの持ち方も美しく見えるように。

食べ物を口に運ぶ姿もスマートに見えるように。

食べ終えたお皿も、綺麗で美しくあるように…。

そうするだけで、教養のある人に近づけるのではないでしょうか。

【箸の持ち方については、こちらの記事もチェック!】

色んな考え方ができる

教養がある人は、色んな考え方ができる人でもあります。

幅広い知識から、教養を身につけている人は、それだけ色んな側面から物事を捉えることが出来ます。

ひとつの物事に対して、ひとつの面だけを見ていては、考え方が偏ってしまいます。

ですが、色んな側面から物事を見るだけの知識があれば、それだけ考え方にも柔軟性が生まれます。

自分の目から見えるものだけを見るのではなく、色んな人の見解や見識も取り入れ、違う側面から見ると、そこには別の考え方が存在することが分かるのです。

考え方は、人によって違います。

百人いれば百通りの考え方があるのです。

教養がある人は、客観的な視点に立つことが出来るんですよね。

そういった視点が、人に不快な思いをさせない思いやりや気遣いにも、繋がっている事でしょう。

人の立場になって物事を考えることが、結果的に美しい言葉遣いや所作を生み出し、どんな人とでも柔軟に対応することができる考え方をも、可能にしているのです。

たくさんの知識を持っている

たくさんの知識を持っているのも、教養がある人の特徴と言えます。

様々な学問や知識を身につけ、教養を積むことは、柔軟な考え方や発想を生み出す、思考のベースとなるものです。

教養がある人の思考は、柔軟性に富んだもので、偏りのあるものではありません。

たとえ興味が無い分野でも、とりあえず基礎的な知識は身につけておく。

それによって、物事の最低限の基礎は理解し、さらに他のさまざまな知識から、柔軟に考えを展開することが出来るのです。

ですので、たとえ専門的に学んだことが無い話でも、最低限の会話は出来ます。

さらに、専門的な知見に頼らない会話を展開するので、より面白いコミュニケーションを繰り広げるのです。

たくさんの知識を持つことも、教養がある人にとっては、様々な専門分野やその道のプロへの敬意でもあるのでしょう。

最低限の知識も学ばずに持論を展開するのは、専門的に追及している人に対して失礼な行為であると、考えているのだと思います。

自分が知らない分野、興味の無い分野を極めている人に対して敬意を持ち、その人たちのお蔭で知ることが出来る知識を学ばせて頂く。

それによって、自分の思考も豊かになっていくことに、感謝を持っているのです。

最近のニュースを知っている

教養がある人はもちろん、最近のニュースも知っています。

社会全体で、今起きていることをしっかりと捉えておくことも、思考を豊かにするひとつの方法なんですよね。

教養は、自分が満足感を得るために積むものではありません。

その教養によって、人間関係を豊かにし、社会生活を充実させるために身につけるものだと、筆者は思います。

最近のニュースや、それ以外の幅広い知識を身につけておくことは、人とのコミュニケーションをとる際に大いに役立ちます。

その知識は、会話の引き出しでもあるのです。

引き出しが多ければそれだけ、たくさんの人と充実したコミュニケーションをとることが出来ます。

年配の人から、年下の人。

男女でも、各専門分野で働く人とも、スムーズに話をし、仲を深めることが出来るのです。

そういったコミュニケーションの中から、さらに自分の知識は広がり、様々な人と知り合うことで、心も育まれていきます。

教養のある人は、さらに教養のある人へと、常に磨かれる環境に身を置くことが出来るということですよね。

私たちが教養のある人になるキッカケ作りとしても、最近のニュースを頭に入れておくことは、有効な手段だと思います。

どんな人とでも、ホットなニュースは話題になり易いものです。

話をふる取っ掛かりにもなりますし、話をふられた時にも、ある程度ホットな話題なら答えられるようにしておきたいものです。

さらに知識を深めていこうと思うなら、最近のニュースを皮切りに、気になること、知らなかったことを、より詳しく調べてみるといいでしょう。

知識には様々な種類がありますが、人とのコミュニケーションのキッカケには、専門的な難しい学問よりも、ニュースとして取り上げられるような身近な話題の方が役に立ちます。

そういった話題に対し、ニュースで取り上げられるより一歩踏み込んだ知識を持っているだけで、教養がある人にも見られるはずです。

何より、それが自分の教養を深め、心を豊かにすることにも繋がるのです。