CoCoSiA(ココシア)

教養がある人の15個の特徴

大人なら、最低限身につけておきたい教養というものがあります。

皆さんは、自信をもって「教養がある」と言えますか?

もちろん、教養があることは、自慢することでもなく、当たり前に身につけておくべきものです。

教養があることをひけらかしてしまうのは、下品な行為ともなってしまうでしょう。

ですが、ある程度教養に自信を持てるくらい身につけておくことは、意識しておきたい所ですよね。

教養が無ければ、品性をも疑われてしまいますから。

とはいえ、自分の教養に自信がある人は、少ないかもしれませんね。

教養は必要な事だとは知りつつも、実際の所、教養があるってどういうことなのか、分かっていない人も多いのではないでしょうか。

というわけで今回は、「教養がある人の特徴」をご紹介していきます。

この機会に、教養があるとはどんな人なのか学び、教養を身につけてみませんか?

教養がある人の15個の特徴

因みに教養とは、辞書的な意味でいうと「学問・知識・精神の修養を通して養われる、心の豊かさ」なのだそう。

また、幅広い知識を身につけること、それによって物事に対する理解力を養うことなども、教養とされています。

学問や知識、精神性には、ある分野に特化したものもありますが、教養がある人というと、それが幅広いものであることも重要となりそうです。

さらに、社会生活を営む上で役立ち、必要とされる知識を身につけ、それを通して思慮深く心を養っていくことも、教養を得るには必要になってくるようです。

ですので、教養がある人とは、どんな場面でも恥ずかしくない振る舞いができ、どんな人とでも関係を築いていけるような人。

知性や見識にあふれた、品格のある人とも言えるのです。

そう考えると…自分の教養に、自信が無くなってしまう人も多いかもしれませんね。

教養のある大人になるには、自分を磨いていくしかありません。

逆に言えば、教養は、努力すれば身に付くものであり、望めば誰だって、教養のある人にはなれるのです。

教養がある人の特徴から学び、今日からひとつずつ、教養を積んでいきましょう!

1.正しい言葉遣いができる

教養がある人は、正しい言葉遣いができます。

私たち日本人にとっては、正しい日本語が使えるということが、教養がある人の条件と言えるわけです。

正しい言葉遣いができていない人は、案外多いですよね。

言葉は、人とのコミュニケーションの基本となるものです。

言いたいことを、いかに的確な言葉で表現するか、いかに正しい言葉遣いで伝えることが出来るかは、まさにその人の教養を表すのです。

若いうちなら、若さで許される面もありますが、歳をとるにつれ、正しい言葉遣いができていないと、教養がない大人として見なされます。

日頃から、正しい言葉遣いを見失わないように心がけておくこと。

これは、若いうちから意識しておくべきなのかもしれませんね。

2.所作や振る舞いが綺麗

教養がある人とは、所作や振る舞いが綺麗な人でもあるのです。

所作や立ち居振る舞いは、一見教養とは関係がないように思えます。

でも、教養がある人なら、例外なく、所作や振る舞いも綺麗なのです。

言葉から知識の幅広さを感じさせ、その言葉遣いから品が伺える。

さらに、動きからも美しさを感じさせてこそ、教養がある人だと言えるのでしょう。

所作や振る舞いが綺麗であることは、単にその人が、美しく見えるというだけではありません。

周囲の人へ、不快感を与えない所作ということにもなるんですよね。

所作や振る舞いが汚くても、誰にも迷惑はかけないと思うかもしれませんが、そうではないのです。

汚い振る舞いは、それを見た人、それに対面した人にとっては、見たくないもの。

大袈裟かもしれませんが、不快感を与えている以上、迷惑行為とも言えるのです。

教養がある人は、その見識の深さから、所作や振る舞いが人に与える影響に、考えを巡らせることが出来るのでしょう。

自分を美しく見せることよりも、自らの所作によって、心地よい空間を提供しようと考えるのだと思います。

その証拠に、教養がある人の綺麗な所作や振る舞いは、単に不快に感じないだけにとどまりません。

見て、美しいと心がときめくような感情すら、湧いてくるのです。

教養がある人というと、近寄りがたい人という印象を持っている人もいるかもしれません。

ですが、教養がある人とは、頭が良くて堅苦しい人ということではないんですよね。

誰からも一目置かれる存在でありながら、どんな人とでも関係性を築けるような、そんな心の豊かさがある人なのです。