CoCoSiA(ココシア)

基礎こそ大事だと言える6個の理由


私たちが何かを覚えたい、やりたいと思う時は最初に行うべき事に基礎があります。

スポーツなどでも基礎トレーニングが重要な位置をしめていますよね。

基礎というとあまりやりたがらない人もいますが、なぜ基礎が大切なのでしょう?

そんな事をしなくても出来るという人もいると思います。

それでも大事なのは基礎になるのです。

あまり重要視されない基礎にはどのような秘密があるのか興味ありますよね!

本当に何かを極めようとすれば基礎がとても大切な事がわかります。

基礎なんて時間だけかかってサッパリ面白くないと思う人でも納得できる、基礎の大切な事をお伝えしていきます。

これは大きく分けて6個の理由があります。

その一つ一つにとても大事な事が隠されていますので、楽しみながら読み進めて下さい。

基礎こそ大事だと言える6個の理由

始めに、人はなぜ基礎を大切にするのかわかりますか?

器用に何でもこなせる人もいれば中々上達しない人もいます。

器用な人はどんどん新しい事に挑戦していきますが、基礎から発展しない人もいますよね。

そういう様子を見ていると「基礎ってあまり必要な事ではないのでは?」という疑問も浮かんできます。

何かをする時でも基礎の部分は適当になっていき、結局のところ中途半端なもので終わってしまった経験はないでしょうか?

そういった結果になったからといっても、誰も基礎を大切にしなかったとは思わないでしょう。

自分には合っていなかったからなどと違う理由を考えてしまいます。

実はその考えに間違いは隠されているのです。

それでは最初の理由になります。

1.先人たちの知恵や経験が詰まっているから

ここでは基礎といってもわかりやすいようにスポーツを例えにお話しを進めさせていただきます。

だからと言ってそれ以外は大切ではないという事ではありません。

基礎は数学などの勉強にも言えますしあやゆる部分で基礎という言葉は出てきます。

話しを戻しますが、基礎を作る為にはとても長い年数がかかります。

その過程には色々な失敗もかなり多く存在します。

例えば野球などでバットの素振りがあります。

脇をしめてピッチャーを見据えてとい言ったものも基礎になります。

バットの感覚や振るタイミングをいった地道な事をやっていくわけですが、どうしたらボールを芯でとらえる事が出来るのかを細かく書き記しています。

言葉で見ると簡単な事ではない事がわかりますが、それらを自分たちなりの解釈で実行していくしかありません。

しかしです。

基礎たるものが全くなければどうでしょうか?

何からしていいのかわからないはずです。

ある程度の目標になるものがないと本当に困ると思うのですがいかがですか?

先人たちは色々と試したり実際にやってみて最も効率の高い方法を書いて残してくれたのが基礎になるのです。

色々な失敗を繰り返しながらも自分たちよりの後の世代へ繋ぐ意味もあり作ってくれたものこそ基礎なのです。

そして基礎を活かす為にはかなりの時間が必要になってきます。

ものすごい努力と時間の賜物

先ほどは時間という事が出てきましたので数学を例にとってみます。

私たちは数字に出会うのはとても幼い頃です。

最初は絵を見ながら数を数えてあそんだりしますよね。

これはすでに算数という事への基礎になってきます。

小学校に入ると計算という事を習っていきます。

足し算や引き算、掛け算や割り算というように数学への基礎を6年間学ぶわけです。

その中で計算問題が苦手であったり、図形の問題がわからないといった疑問などもだんだんと出てきますよね。

わからない問題がある場合は前に習った部分を忘れている事がとても多いです。

前の問題もわからない場合はその前へと遡っていきます。

こうした繰り返しを12年間続けて大学への入試へ挑む事になります。

基礎がある状態でも使いこなしていくためにはかなりの時間が必要になってきますが、最初からない場合ならこの時間の何倍も費やしていく事になるのです。