私たちが何かを覚えたい、やりたいと思う時は最初に行うべき事に基礎があります。

スポーツなどでも基礎トレーニングが重要な位置をしめていますよね。

基礎というとあまりやりたがらない人もいますが、なぜ基礎が大切なのでしょう?

そんな事をしなくても出来るという人もいると思います。

それでも大事なのは基礎になるのです。

あまり重要視されない基礎にはどのような秘密があるのか興味ありますよね!

本当に何かを極めようとすれば基礎がとても大切な事がわかります。

基礎なんて時間だけかかってサッパリ面白くないと思う人でも納得できる、基礎の大切な事をお伝えしていきます。

これは大きく分けて6個の理由があります。

その一つ一つにとても大事な事が隠されていますので、楽しみながら読み進めて下さい。

基礎こそ大事だと言える6個の理由

始めに、人はなぜ基礎を大切にするのかわかりますか?

器用に何でもこなせる人もいれば中々上達しない人もいます。

器用な人はどんどん新しい事に挑戦していきますが、基礎から発展しない人もいますよね。

そういう様子を見ていると「基礎ってあまり必要な事ではないのでは?」という疑問も浮かんできます。

何かをする時でも基礎の部分は適当になっていき、結局のところ中途半端なもので終わってしまった経験はないでしょうか?

そういった結果になったからといっても、誰も基礎を大切にしなかったとは思わないでしょう。

自分には合っていなかったからなどと違う理由を考えてしまいます。

実はその考えに間違いは隠されているのです。

それでは最初の理由になります。

1.先人たちの知恵や経験が詰まっているから

ここでは基礎といってもわかりやすいようにスポーツを例えにお話しを進めさせていただきます。

だからと言ってそれ以外は大切ではないという事ではありません。

基礎は数学などの勉強にも言えますしあやゆる部分で基礎という言葉は出てきます。

話しを戻しますが、基礎を作る為にはとても長い年数がかかります。

その過程には色々な失敗もかなり多く存在します。

例えば野球などでバットの素振りがあります。

脇をしめてピッチャーを見据えてとい言ったものも基礎になります。

バットの感覚や振るタイミングをいった地道な事をやっていくわけですが、どうしたらボールを芯でとらえる事が出来るのかを細かく書き記しています。

言葉で見ると簡単な事ではない事がわかりますが、それらを自分たちなりの解釈で実行していくしかありません。

しかしです。

基礎たるものが全くなければどうでしょうか?

何からしていいのかわからないはずです。

ある程度の目標になるものがないと本当に困ると思うのですがいかがですか?

先人たちは色々と試したり実際にやってみて最も効率の高い方法を書いて残してくれたのが基礎になるのです。

色々な失敗を繰り返しながらも自分たちよりの後の世代へ繋ぐ意味もあり作ってくれたものこそ基礎なのです。

そして基礎を活かす為にはかなりの時間が必要になってきます。

ものすごい努力と時間の賜物

先ほどは時間という事が出てきましたので数学を例にとってみます。

私たちは数字に出会うのはとても幼い頃です。

最初は絵を見ながら数を数えてあそんだりしますよね。

これはすでに算数という事への基礎になってきます。

小学校に入ると計算という事を習っていきます。

足し算や引き算、掛け算や割り算というように数学への基礎を6年間学ぶわけです。

その中で計算問題が苦手であったり、図形の問題がわからないといった疑問などもだんだんと出てきますよね。

わからない問題がある場合は前に習った部分を忘れている事がとても多いです。

前の問題もわからない場合はその前へと遡っていきます。

こうした繰り返しを12年間続けて大学への入試へ挑む事になります。

基礎がある状態でも使いこなしていくためにはかなりの時間が必要になってきますが、最初からない場合ならこの時間の何倍も費やしていく事になるのです。

先人たちはこうしたものを残してくれました。

それはとても長い時間だったでしょうし人から人へと受け継がれて今にあります。

基礎というものはとても貴重なものであり、それがなければ何も始まる事はありません。

また、この基礎がいかに大事なのかをお話しいたします。

2.基礎がないと応用が全くきかなくなる

長い月日をかけて何かしらの基礎が出来上がります。

そしてその基礎を私たちは使い様々な事に挑んでいきますが、新しい事に挑戦する時にも基礎が大切になってきます。

基礎がなっていなければ応用が全くきかなくなります。

それは勉強でもスポーツでも一緒です。

最初にきちんと覚える事をしなければ次に進んだ時に戸惑ってしまうのです。

サッカーなどの場合はきちんと軸足が安定しなければ力強いシュートを打つことは出来ません。

これは基礎の中でも最も最初に習う事でもあります。

この基礎がいい加減だとしたら横からきたボールや斜め後ろからきたボールを打つことも出来ないでしょう。

勉強でも同じ事が言えます。

先ほどの算数が出来なければ数学の問題を解く事は出来ないのです。

算数を覚えていればある程度の数学の問題も解けるのですが基礎力がなければそれもまたムリというものです。

そして基礎を大事にすると、このような事が出来るようになります。

3.基礎があるからこそ後に効率化ができる

何かを学んでいく時に私たちは効率というものを考えていきます。

どうしたら時間を短縮化出来るかなど、色々な角度から物を見ていきますよね。

ただし、それも基礎がなければ何も出来ません。

ここまでくる過程が理解出来なければ効率化というものは出来ないからです。

ここでもまた基礎という恩恵を利用する事になってきます。

色々なものを習得しようとする時には初めに基礎があり、段々と難しいものへと変化させていきますよね。

次の段階で失敗してしまったらまた基礎に戻るはずです。

きちんと理解していない状態では効率というものは生まれません。

しかしながら、多くの人はその基礎を飛び越えて効率というものへ目を向けてしまいます。

基礎が無いうちから時間や努力の効率化をするのはNG

何かを始めた時に基礎をする事が嫌になりすぐに違う事を始めてしまう人がいます。

自分であればこれ位は出来るという自信もある為やってみても、どれをやってみてもサッパリうまく出来ない結果となります。

こういう人はすぐに飽きるという傾向があるのですが何も出来ないうちから応用を求めすぎます。

応用をやれるのは基礎があってからこそです。

それもないままに時間の短縮や効率ばかりを求めるのは間違っています。

優れたスポーツ選手の一人にイチロー選手がいますが、今でも基礎というものを大事にしています。

あれだけの天才と呼ばれる方でさえ基礎という事にこだわりがあるのです。

イチロー選手の言葉でとても素晴らしい名言があります。

「小さなことを積み重ねるのがとんでもないところへ行くただ1つの道です」

これは実際にやってきた人にしか言えない言葉ではないでしょうか。

大リーグでも偉大な記録を持つ選手が大事にしているのは基礎です。

これがなければあの記録は生まれていません。

その影には大変な努力もあるでしょうし毎日基礎を積み重ねるという行動自体が一般人では出来ないでしょう。

では、なぜ基礎は必要なのでしょうか?

その答えがこちらです。

4.何度も基礎を叩きこむことで身体に染みつき、無意識に出来るようになる


基礎を繰り返し叩きこむという事はそれが身体に染みつき、いつの間にか無意識でも出来るようになります。

どのよなものでもそうですが、反復練習というものは大事ですよね。

運動でも勉強でも繰り返し学習すればいつの間にか自分の力として蓄えられます。

その力はどのような場面でも発揮できるという訳です。

「身体が勝手に動いた」などの経験は基礎をしっかりとやっていたおかげでもあります。

このような状態になれば応用という考えもいいかと思います。

さらにこうした結果は今までの気持ちからこのような気持ちへ変化していくのです。

5.自分に自信がつく

何度やっても間違っていた・あるいは上手く出来なかった人が身体で覚え始めると自信が沸いてきます。

基礎をしていたおかげで自分の能力を高める事が出来たからです。

こういう状態になると人はますます基礎というものを大切にします。

そして、基礎をしながら効率的なものへもチャレンジしていくのです。

自信があるという事は何をする上でも必要ですよね。

不安な気持ちで何かに臨んだととしても結果はついてきません。

自信をもっていくと何かしら得られるものは出てくるでしょう。

それが自分への新たな課題であったり、こういった事も必要かもしれないと気づかされます。

この心の成長というのも全ては基礎を続けてきたおかげなのです。

ほとんどの方が続けるという行為自体を嫌いますが、これをおろそかにしても良い事はありません。

この自信ですが、心に余裕が出来てくるとこれまで眠っていたものも目覚めてくれるようです。

6.基礎があればある段階から急激に伸びる

ある程度の事がスームズに進められるようになれば、基礎は楽しいものへと変わっていきます。

今日はこれが出来た・この問題が解けたという喜びも感じてきます。

そして、ある段階から急激に伸びるという結果になっていくのです。

スポーツではこういった事がよくありますよね。

黙々と基礎練習をしている人がある日を堺にして急激に上達してくる。

それまではレギュラーには程遠い存在であったにもかかわらず、いつの間にかレギュラーの座を勝ち取るというものです。

基礎を繰り返すとしっかりと身体が覚えてくれるので、自分では知らないうちに応用的なものでもこなしています。

自覚はないのですが応用自体も身体が覚え始めてきて更にステップアップした動きなどにもついていけるようになってきます。

コツコツとした練習などもこういった効果があるのですからおろそかには出来ません。

どんなに人からバカにされようが続けてきた人にはかなわないのです。

ここまで基礎がいかに大事かという理由をお話ししてきましたが、次からは人生で成功するためにはいかに基礎が必要なのかをお伝えしていきます。

基礎を大事にすることこそ、成功への近道!


人生で成功したいという願望は誰にでもあります。

不自由な生活を望む人は皆無でしょう。

しかし、成功したい気持ちが強い人こそ基礎を大切にします。

それはなぜでしょうか?

基礎を大事にする事で成功を自分で引き寄せているからです。

簡単に言えば基礎こそ成功への近道になります。

人生の成功者ほどこのつまらないと思われるものを大切にしています。

それは自分の答えがわかっているからでもあるのです。

一方で成功しない人はどういった特徴を持っているのでしょう。

一番多いタイプはあっちこっちに手を出す人です。

何も達成出来ていないのに次の事を始めてみたりと、基礎そのものを嫌う人になってしまいます。

何かをしようとする時に一番難しい事から始めても何の結果も得られないでしょう。

成功の近道を考えているようですがはっきり言えば時間のムダでしかありません。

基礎から始める事なく一段上の段階から手を出してみたりと、行動自体が焦っている人には成功する事はとても難しいです。

一つの事への想いがなければどんな事をしても途中で飽きてしまうのではないでしょうか。

基礎というものはどのような分野でも大事にしなければいけない事なのです。

基礎はその分野の全ての根本

世の中には色々な仕事があります。

スポーツ選手・政治家・医者・公務員など業種も様々です。

こうした職業だけを並べて見ても基礎はあまり関係ないように思えますが、どのような分野であれ基礎は一番大事です。

医者になる為には勉強をしなければいけません。

試験に合格する事が大前提です。

基礎をおろそかにする人が医学部に合格する事は可能でしょうか?

誰しもが好きなスポーツ選手になれるのでしょうか?

ごく限られた人にしかその資格は与えられませんよね。

この事からも基礎を大事にしなければどんな分野においても勝者にはなれないのです。

そして、その事を理解したならば次の点も重要です。

基礎が出来ていなければ次に進んではいけない

毎日同じ事を繰り返す人がいます。

素振りを毎日して納得が出来るまで止めない人などがそうです。

満足出来る素振りが出来なければ、次の練習はしないという人もいます。

自分の体調などは日々変わりますが成功する人は納得出来るまで続けようとするのです。

何かを学ぶ場合もとても大切になります。

基礎をしっかりと頭に叩き込み、身体が勝手に反応するようでなければ次の段階へは進まない方がいいでしょう。

焦って進む事は逆効果になりますし成長は望めません。

きちんと基礎を身体に覚えさせなければ良い結果は出てこないものです。

それはとても長い月日がかかるかもしれませんが、途中で投げ出してしまえばそこで終了となります。

次は基礎をマスターするまでに、とても長期間続けなければいけないものをご紹介します。

基礎をマスターするだけで何年もかかるものがある

日本には色々な伝統的なものがありますよね。

日本の美とされるものを習得するためにはとても長い年月をかけなければいけません。

ほんの1ミリ違っても失敗となるものも存在します。

これらを職業とする方はほとんどの日々を基礎に費やしてきました。

毎日が本当に基礎の連続です。

3年間毎日続けられる人いるでしょうし、もっと長い期間やってこられた方もいます。

それでも仕事への情熱が覚めなければどんなに長い時間でも基礎を続けられる方たちなのです。

1.日本の伝統工芸

工芸はまさに職人の世界になります。

その道へ進み60年以上続けられてきた方でさえいまだに基礎を大切にしています。

一人前と呼ばれるためには相当な年月がかかり、その間に苦労する事もたくさんでてくると思われますが毎日が基礎の修練になっています。

普通の感覚では出来ないと思います。

10年の間これをやり続けなさいと言われて出来るでしょうか?

本当に好きな気持ちと基礎の訓練を楽しむ心が強くなければ一般の人ではとても真似出来るものではありません。

これらの伝統工芸を職業とする方の意思の強さと仕事への熱意を感じますよね。

いかに基礎がこういった世界では大事なのかを見せてくれます。

2.伝統芸能

日本には昔から伝えられている伝統芸能が多く存在します。

日本舞踊や歌舞伎といったものになります。

歌舞伎などの世界も独自の基礎への想いがあり、幼い頃からその練習は始まります。

市川海老蔵さんの息子さんである勧玄くんも舞台へ立つ練習を日々頑張っていますよね。

伝統と呼ばれるものはとても厳しい世界でもあり、その中でも発生であったり顔の表情の作り方、動きの立ち振る舞いなどの基礎がとても大事になります。

それが出来なければ舞台を身にきてくださるお客様の満足感は得られませんし、納得のいく演技も出来ません。

どのような状況であっても全てを出せるようにするためには日々の努力を基礎を続ける事しかないのです。

3.茶道

茶道もまた厳しい世界になります、一瞬の動きなどにも優雅さであったりと色々と求められてきます。

茶を振る舞うという言葉では簡単な行為も道を究めるとなると並大抵の努力ではできないでしょう。

本当に毎日を基礎の中で過ごさなければいけないのです。

4.武道

武道にしても求められるものは基礎になります。

空手や柔道といった達人と呼ばれる人も基礎を大切にしています。

それを毎日行う事によって試合でいつも以上の力が出せるようになり、現在の地位があるのでしょう。

それくらい武道の道も険しいものになります。

誰もがこの道へ進み成功するわけではありませんし、途中で挫折してしまう方の方が多いのではないでしょうか。

5.美容師の技術

美容師に憧れを抱く人も沢山います。

カリスマと呼ばれる方の収入などを聞くと憧れるという理由も頷けますよね。

ただ、簡単に考えている人は必ず失敗もしています。

カリスマと呼ばれる為に必要なものは基礎となる技術が無ければいけないからです。

複雑なカットや髪のアレンジも最初の基礎の段階で投げ出してしまったら技術はついてきません。

カットする技術もそうですがその人に合わせた方法など学ぶ事は沢山出てきます。

そういった事全てに基礎がありどれか一つでも欠けてしまえばカリスマになる事は到底ムリな事なのです。

6.楽器

世界には色々な楽器がありその音色で私たちを楽しませてくれます。

ピアノにしてもバイオリンでも相当の練習を重ねなければ、人前に出る事さえ許されません。

一見華やかなステージでの演奏も基礎を完璧に出来る人のみが集まっているのです。

色々な技法を使い微妙な音の使いわけも基礎というものが出来なければ感動させる音にはなりません。

7.絵画

絵という世界も基礎がないと売れるまでに至りませんよね。

個展を開けるようになるまでには何年もの月日が必要です。

斬新なアイデアと筆づかいで描かれる作品は見る人の心を圧倒してしまいますが、同時に感動を与えてくれます。

そんな作品を描けるようになる為には、とても長い年月を基礎に取り組まなければいけないでしょう。

色々な職業が存在し、どんなものでも基礎が基本となっています。

人生の成功者と呼ばれる人たちの共通点は基礎を大切にすることなのです。

しかし、それを理解していても基礎を続けない人が多いのはなぜでしょう?

次は基礎を大切にしない人の特徴についてお話しします。

基礎を疎かにしてしまう人が多い

確かに基礎が大事なのはわかっている。

途中で諦めてしまう人はほとんどの方がこういった言葉を口にします。

大事なのはわかっているけど続けられない事は、とても矛盾しているように感じます。

こういった方はなぜ基礎というものを疎かにしてしまうのでしょう。

結果さえ良ければいいと思っているから

共通する事は結果が出ればいいと思ってるからです。

何かを始めて運よく出来てしまう場合があります。

当然基礎は出来ていませんが結果は残せました。

これが自分の実力だと思う人が多いのではないでしょうか。

こういった運のある人はほとんどの場合、基礎には見向きもしません。

一度の成功が自分の自信となり結果を先に考えてしまうからです。

しかし、こういう人はある日突然挫折を味わう事になります。

基礎が出来ていない中で今まで結果を出せていたのが奇跡なのですから当然とも言えますよね。

段々と自分の実力を知ってしまい、今までの自信も無くなってしまいます。

それでも結果を求め続けると気持ちまでダメになっていくのです。

基礎に対してあまりにも軽い気持ちで取り組めばいつかこうなる事は感じていたのではないでしょうか。

気がついた時に基礎への取り組みがあれば違った結果になったかもしれませんが一度楽な事を覚えてしまうと抜け出せなくなってしまうのも事実です。

こうした悪いクセは中々抜けてくれません。

ある程度器用な人ですと、何かを始めれるとすぐに上達する事が多いからです。

ただし、問題になってくるのが基礎が全く出来ていない点になります。

そして、こうした人の特徴とは以下にようになります。

基礎が身に付いていない人の特徴

基礎は身に付いていない人は、ある共通点も持っています。

それゆえに同じ間違いを何回もしてしまう事になります。

自分では出来ると思っていてもそんなに優しい世界は存在しません。

何を行う場合でもしっかりとした基礎がなければ成功への道は決して開かれる事はないからです。

いくつもの事に挑戦してきた人も数多くいると思いますが、途中で投げ出すタイプの方が非常に多いのではないでしょうか。

その中でもダントツに多いのがすぐに結果に結びつかないと気持ちが萎えてしまう人です。

成功者などの話を聞き、自分も出来そうと始めてみても半年程で止めてしまう人がいます。

理由はお金にならないからです。

こうした考えの人は何をしても続くことなく多くの時間をムダにしています。

たった半年で何かを変える事は不可能に近いです。

しかも基礎を疎かにしてきた状態では絶対に成し遂げられません。

基礎が付かないのは自分の考えに原因があると言えます。

そうした人は以下に挙げる事を繰り返す事になっていきます。

1.何度も同じ失敗をする

どうしても早く成功したい気持ちだけが先走り、何度も同じ失敗をします。

地道な事が出来ないので、少し理解すると次のステップへ進んでしまう事が原因です。

基礎が出来ていないのである程度まで進むと自分ではどうしようもない壁にぶつかります。

結果、その事を諦めてしまいます。

同じ事を繰り返す人はこのような間違いを何度もしています。

途中で気がついて方向性を変える事が出来ません。

これは自分に向いていなかっただけで、次の事でなら成功出来るといった考えで進み、また同じ過ちを繰り返してしまいます。

同時に次のようなタイプの人も存在します。

2.効率が悪く無駄な時間がかかる

基礎を大事にしてたとしても、全く効率が上がらない人がいます。

この原因は理解していないからです。

基礎である事について書いてある事ばかりを繰り返していると無駄な時間がかかってしまうようになります。

このタイプの人は効果的なものを考えない人に多いです。

基礎に忠実な事は良いですが、時間を早くしたりといった改善点も同時にやってみなければ能力的なものは上がりません。

ダラダラとこなしていけばいいのではないのです。

何か改善出来そうな所があれば挑戦してみる事が大切ですよね。

時間をかけるといっても普通に過ごす時間と本気で取り組む時間とでは全く意味の違うものですので、注意が必要です。

3.根拠のない自信がある

自信を持つという事は大事ですが、何の根拠もないままの自信は危険です。

確証もないままに進めていけばいつかアクシデントにも遭遇してしまいます。

基礎が身に付かないのも、根拠のない自信が邪魔をします。

自分は出来るという考えを持つ事も必要ではありますが、最初の段階からやる事を投げ出してしまったら結果はついてくるのでしょうか?

基礎をしっかりと身体に染み込ませる事はとても時間がかかってきますが、その事を面倒だと思ってしまうと失敗しか待っていません。

4.何も考えずに繰り返しているだけ

漠然と繰り返す人がいますが基礎を身に付けるという事はなにかしらの課題を与えながら進める事を指します。

こういった使い方も出来る・時間を5分早く進めようなど、日々の目標を持っていないと作業を繰り返しているだけになります。

技術的なものでしたら作業するスピードも上がる事はありませんし、上達もしません。

ちょっとの課題を与える事は基礎を繰り返す中でも重要な事です。

5.すぐに結果を求める

世の中には色々な情報を目にする事が出来ます。

その中でも「1年で年収1000万」などの大袈裟なキャッチフレーズなどを見かける事があります。

しかし、よくよく考えてみて変だとは思いませんか?

たったの1年でプロになれる職業的なものってあるのでしょうか?

株やFXといった投資では全くないと言いきれる話ではありませんが、何かの知識を必要とした職業ならばありえないと言えます。

その期間で基礎を完璧に出来るという事も無理に感じますし、短期間で結果を求めすぎです。

冷静に考えれば分かると思うのですが、結果が早期に出なければやる意味がないと考える人は基礎は身に付きません。

6.人や物事への敬意がない

性格的な部分が大きく占めていますが、何かを教わる時に当然だという気持ちでは本当の自分の力にはならないでしょう。

どんな事にも敬意を払う事は大事です。

人であっても関係する物事であってもです。

感謝の気持ちがないと思うように進んでいかない場合が多いのではないでしょうか。

自分の気持ちだけが先行してしまうと基礎を行っていても全く意味のない時間になってしまいます。

7.教える方が悪いと思っている

「教え方が悪いからダメなんだ」こういった事を聞きますがそれは間違いです。

教える方は理解してもらおうと優しく説明していても、覚える気持ちや復習するという事をしなければ身に付きません。

説明を聞いていれば基礎が身に付くという事は決してありませんし、最終的に必要になってくるものは自分の努力でしかないのです。

コツコツと繰り返しながら改善策を自分で探してみて、同じ事でもわずかな時間で出来るようになるといった自分なりの努力が大切になってきます。

人のせいにする人も基礎は絶対に身に付きません。

まとめ

基礎というものは簡単に身に付けられるものではありません。

毎日の繰り返しがその人の実力を少しづつ上げるという事が目的だからです。

それを結果にこだわりすぎたりすると失敗する原因にもなってしまいます。

何かで成功したい、この職業になりたいなどいった願望を持っていてもコツコツとした毎日に耐えられる心がないと成功への道は開けません。

とても大切な事になりますが、基礎の勉強の時は明るい将来を思い浮かべてみると気持ちが楽になります。

辛いと感じる時や全く成果が出てこないような時でも未来の自分には素晴らしい将来が待っている思えれば、乗り越えていけるはずです。

どんな事でも基礎がなければ明るい将来などあり得ません。

自分が辛くて苦しい時には笑顔で乗り切る気持ちも必要となってきます。

その笑顔の先には必ず幸せが待っているはずです。