最近になりよくある話が「ゆとり」と呼ばれる言葉です。

「ゆとり」という言葉が広まったのは「ゆとり教育」からなのではないかと思いますが、このゆとり教育が良くなかったと思うような人も多いですよね。

言うのであればこのゆとり教育が失敗だったと思うような人もいるのではないかと思います。

そもそもゆとりというのは簡単に言えば余裕を持つというような言葉です。

基本的に「行動にゆとりを持つ」というような事になれば、行動をすることに対して余裕をもつ、いわゆる窮屈などに感じないというような意味になると思います。

しかしながらその意味がそのまま「ゆとり教育」として捉えられることが多いというのが原因の1つにもなるのではないかと思います。

「ゆとり教育」の「ゆとり」と普段皆さんが使うような「ゆとり」という意味は少し似ているようでも違うような事が多いです。

特に最近ではこのゆとり教育を見直すというような事も多いので、どうしてもゆとり教育のイメージというようなものが悪くなっていると思うような人も多いのではないかと思います。

しかしながらゆとり教育を通じて大きく変わったこともあるのではないかと思うのです。

例えばゆとり世代からすれば、辛いような事が少なくなったというイメージであったり、授業の時間が少ないというような事もあるかもしれません。

ゆとり教育を受けなかった人からすると「甘い」というような考えをするような人も多いでしょう。

「ゆとり教育」を失敗だと思うような人は基本的に自分達の世代とどうしても比べてしまうので、その結果「ゆとり教育は失敗だった」と思うような人が多いのではないかと思うのです。

簡単に言えばこのゆとり教育の制度が一昔前の人でも同じような事をしていたら、結果は同じになっていたのではないかと思うのです。

大きく違うのは昔と今では違い、今そのゆとり教育になったことでどの様な人達が多くなったのか、そして学力などに関して大きく響いてきているので問題になっているのではないかと思います。

ゆとり教育を悪く思うような人もいますが、基本的には生徒1人1人の学力が低下したと思われたりすることが多いですよね。

しかしながらこれだけではなく、教える側にも問題があるのではないかと思います。

今回はそんなゆとり教育のことについて、何故失敗だったと言われているのか、そしてゆとり教育というのはどの様なものだったのか、ゆとり世代の人達の特徴というのはどの様なものがあるのかについて詳しく見てみたいと思います。

皆さんはどの世代を体験しましたか?

今ではゆとり教育を受けているような子供達が多いと思いますが、今と昔の違いについても詳しく見てみたいと思います。

そもそもゆとり教育とは何か

ではそんなゆとり教育ですがそもそも「ゆとり教育」とはどの様なものなのかご存知の人はいますか?

言うのであればゆとり教育が始まった年というのは1980年度からと言われていますが、この際に大事なことは大きく教育内容が変わってしまったという事にあるのです。

そしてこの制度というのは今でも続いていますが、皆さんが言うゆとり世代というのはどの世代のことを言うのでしょうか?

詳しく見てみたいと思います。

生まれ年からみたゆとり世代

生まれた年からみたゆとり世代というのはどの当たりのことを言うのでしょうか?よく「ゆとり世代」だというようなことを大人の人達が言うのを耳にしますよね。

「ゆとり」というような言葉を悪いように使うような人が多いので、どうしてもそのイメージというものがマイナスな印象が多いのではないかと思います。

もちろんこの制度を取り入れて改善をされた部分も多くあるのですが、学力の低下や削減などが大きく目立つので、どうしても失敗だと思うような人が多いのではないかと思います。

ではそんなゆとり世代の人達ですが、何年から何年までの世代の人達のことを主に言われているのでしょうか?

1987年4月2日生まれ~2004年4月1日生まれ

このゆとり世代というのは1987年4月2日生まれ~2004年4月1日生まれの人達のことをゆとり世代と言われています。

いわゆるこの年で産まれた人達というのは皆がゆとり教育を受けてきているという事になるのです。

簡単に言うと、この世代の人達になると、様々な失敗だったと思われるような事が多く出てしまい、どうしても他の人達からの印象を悪く思われてしまったというような人達が多いのではないかと思います。

特にこのゆとり教育が主となっていた時代には、様々な内容が変更されたので、授業の内容や、他の学習内容を追加したりと、一昔前とは違った勉強方法で学んだ人達が多いのではないかと思います。

しかしながらこの様な人達でも成功をしている人や失敗をしている人というような、差がありますが、どうしても全体的に見てしまうと、低下をしているので悪いように見てるような人達が多いのではないかと思います。

実施された主な内容

ではそんなゆとり教育になって実施された主な内容というのはどのようなものがあるのでしょうか?

実は今と昔では勉強方法であったり、休日などといったものも大きく異なっています。

特に勉強に関してでは、学力だけではなく道徳的なものも追加され、評価の方法までも変わってしまいました。

なのでその事に関して「ゆとり教育」は失敗だったのではないかと不満に思うような人も多いのではないかと思うのです。

言うのであれば、学校に行く際の授業の内容やカリキュラムに関して大幅な変更が入ってしまっていた時期が、いわゆるゆとり世代の人達だったという事です。

ではどのような内容のものが実施されていたのか、更に詳しく見てみたいと思います。

土日休み

今でもこの名残というようなものはあるかもしれませんが、ほとんどの小学校や中学校では土日休みになってしまいましたよね。

実はこのゆとり教育が始まる前というのは土曜日にも学校があったという事はご存知でしょうか?

土曜日にも学校に行くというような事もありましたが、基本的に午前中までといったものも多いのではないかと思います。

私立なのか公立なのかでも土日休みかどうかというのは変わってくると思いますが、基本的に日曜日が休みで土曜日にも学校に行ってたというのがゆとり教育前の話になります。

ここで重要なのはゆとり教育前というのは基本的に土日休みでもありましたが、学習時間も多くあったという事なのです。

学習内容の削減

学習内容の削減がありました。

どういう事かというと、昔というのは基本的に詰め込み教育と呼ばれるものでした。

いわゆる勉強をして知識量を増やしていくというような事を主として授業をしていたという事になります。

今でもそんなに変わりはないのでは?

と思うような人もいるかもしれませんが、この時代というのはいかにその事に関する知識があるのかという事だけで評価をされていた時代でもあるという事です。

簡単に言えば知識さえあれば、というようなイメージで良いと思います。

しかしながらそれを削減することで、何を重点的に置いたのかというと思考力であったり経験を主とした学習内容にしたという事です。

簡単に言えば「その結果になるのは何故なのか?」というような思考力が昔は全体的に低い状態であったのでそれを重視するために削減をして、知識量だけではなく、思考力や経験といったものが重視されるようになったという事です。

これは今で言う会社でも同じような事が言えますよね。

知識だけではなく、実際にしてみないと意味が無いです。

ここで重要なのは削減されたものはどのようにして補うのかという話になりますが、実はこの削減されたものは高校での学習で習うようになったのです。

なのでよく聞くのが「昔は中学で習ったけれど今は無いのか」というような事は、まさにこのゆとり教育があり、学習内容も変わったからなのではないかと思います。

総合学習の時間を追加

総合学習の時間を追加するというような事もあるでしょう。

これはどういう事かと言うと、どうしても苦手な科目であったり不足している、というような科目というものがありますよね。

それを重点的に、総合的に学習をする時間としてこの総合的な学習の時間が追加されました。

しかしながらゆとり教育でこれを行うことにより、学力が増えたというような事もあれば逆に減ったという例もあり、今では削減をされている傾向にあるのではないかと思います。

これも実は昔は詰め込み教育であったものを変えようとして実施されたものの1つであり、自分で考える、学ぶといった思考力を鍛える際にあるような時間でもあったのです。

選択学習の追加

選択学習の追加というような事もありました。

これは中学生の頃などに体験をしたというような人も多いかもしれませんが、選択科目というようなものが出てきたと思います。

自分が気になる分野に対してどんどん取り組むというような形で選択学習というようなものが追加されました。

基本的には今で言う5教科が主でしたが、それ以外の科目として選択式にしていたのもあるのではないかと思います。

相対評価から絶対評価に変更

ゆとり教育で変わった内容のもう1つとしては相対評価から絶対評価に変わったという事になります。

相対評価というようなものはクラスで50人いたとしてその50人の平均での評価をするという形です。

例えば50人中上位10人がA判定というような、いわゆる平均でその上の人数の評価が決まっていました。

しかしながらこの評価というのはどうしても個人差というようなものが出てきますよね。

誰もが同じ体力であり、誰もが同じ条件であるというような事は先ずないです。

身体が弱い人は体力が少なく、筋力が無い人というのは力が入らないので、体育的なものに関してはどうしても低くなってしまいます。

しかしながらこの絶対評価に変わることで全体で見るのではなく、その個人の実力を見て評価をするというような形になりました。

いわゆる今の実力からどれだけ成長をすることができるのか、という事が絶対評価という事になります。

相対評価の場合は全体の平均ですが、絶対評価の場合は1人1人を評価していくというような形になったのです。

ゆとり学習が失敗だったといわれる理由

ではこの様な制度が入ったにも関わらず失敗だったといわれるのには必ず理由というものがありますよね。

例えば知識量を増やす授業が減ったことにより学力低下をしたのではないかというような事や、忍耐力などが育たなかったというような事もあるでしょう。

特に一番に思うような事は競争心が育たないという事や、協調性がないというような事がゆとり教育をしての失敗だったのではないかという人もいます。

このゆとり教育の世代の人達というのは確かに難点な箇所も多いかもしれませんが、これがもっと早めに実施されたいた場合はどのようになっていたのかと想像をすると良いかもしれませんね。

ゆとり世代だからと言って皆がその様になっているわけではないという事を覚えておくようにしましょう。

ではどのようなことが失敗だったといわれているのか、詳しく見てみたいと思います。

1.学力低下に陥った


学力低下に陥ったというような事は、ゆとり教育を実施してから大きく見られました。

いわゆるその事に関して興味があるものであれば伸ばせるものの、苦手なものに関しての知識というものが全く入らずに、全体的に得意不得意というようなものが生まれ、学力低下に繋がったのではないかというような事もあるのではないかと思います。

学力低下になる原因がどうしても「学習時間が少ないから」というような事を考える人も多いかもしれませんが、決してそうではなく、学力低下に陥った原因はもっと他にもあるのではないかとも思います。

その1つには後から説明する「興味のないことをする機会がなかった」という項目で説明をしたいと思います。

2.忍耐力が育たなかった


忍耐力が育たなかったというような事もあるでしょう。

基本的に昔の人達というのはとにかく粘り強く勉強をするというようなイメージがありました。

これはいわゆる耐え抜くというような事であり、辛いことでも頑張るというような考えをするような人達が多い傾向があるのではないかと思います。

しかしながら今の環境というのは、辛いことから逃げるというような考えを持つ人が多く、また何かあると直ぐに反論をするというようなイメージを強くもっているので、忍耐力が育たなかったというようなことを考えるのではないかと思います。

3.興味のない事をする機会がなかった

ゆとり学習が失敗だったと思われる多い原因の1つには興味のないことをする機会がなかったというような事があります。

これはどういう事かと言うと、人というのはどうしても興味がある分野に関しては吸収が早いものの、興味のない分野に関しては触れない限りは無知でいるという状態が普通だと思います。

しかし昔は知識量というものが主となっていたので、様々な事に関しての知識を持っていた人が多いです。

しかしながらゆとり学習、ゆとり教育になり「考える」という思考力を鍛える方針に変わり、知識量が少なくなってしまいました。

なので興味の無いことに関しては一切触れることがないというような環境になってしまい、雑学的な分野でも無知なことが多いというような人が増えたのではないかと思います。

ここで重要なことは興味のないことをする機会がないという事は、学力低下にも陥ってしまうということとイコールになっているという事です。

興味がなければ無知でいる、というのは同時にその事に関しての知識が無いという事になってしまうので、どうしても学力が低下をしてしまう原因にもなってしまったのではないかと思います。

4.みんなが1番のため負けることを知らずに育った

みんなが1番のため負けることを知らず育ったというような事もあるでしょう。

これは先ほど言った絶対評価に方針が変わったからという事になります。

一見その1人1人を見るというような事で、評価が違うので努力をした人は認めてもらうというような形にもなっていると思います。

しかしこれは同時に、皆が1番であるというような、いわゆる皆頑張ったのだから、皆が同じ位置にいるというような考えをするようになったという事です。

負けることを知らずに育つというのは、いわゆる競争心というようなものであったり、競い合うというような事がなく育ったという事になります。

5.競争心が育たなかった

競争心が育たなかった原因の1つには先ほど説明した皆が1番のため負けることを知らずに育ったというような事がありますが、他にもあります。

例えば競争心というのは、どうしても競い合うというような事をしなければ生まれないですよね。

簡単に言えばゲームをしてどちらが勝つのか負けるのかというような事をしない限り、その様なことが無いという事になります。

この勝ち負けというような事はどうしても人間関係などを崩れさせたり、お互いが相手のことを嫌うというような事にもなってしまうので、競争心などをなくし、絶対評価というような基準になったのではないかと思います。

その影響により競争心が育たないので、お互いが切磋琢磨して成長をする環境を作ることができなくなったというような失敗を言うような人も多いのではないかと思います。

6.協調性が育たなかった

協調性が育たなかったというような事もあるでしょう。

協調性が育たなかったというのは基本的に集団で行動をする際に、自分勝手に行動をするような人が多くなってしまったという事です。

これも評価の基準が変わってしまったり、考え方というような事が原因にもなったりしますが、基本的にどの時代でも協調性がなく育ったというような人は多いです。

しかしながらゆとり教育以降で協調性が育たなかった人が多くなっていた原因というのは、1人1人が意見などを持つようになったからというのもあるでしょう。

これは良いことではあると思いますが逆に言えば、個人の主張が激しくなったという事でもあるのではないかと思います。

昔というのはとにかく集団で行動をする際には、個人の意見などを聞いている暇がないというような状況になっていましたが、今では違いますよね。

様々な人が意見を言って、その意見で動かされる人が多いと思いますが、自分の意見を主張するのは良いことでもありつつ、自分勝手な人が増えてしまったというのがこの協調性が育たなかったというような事があるのではないかと思います。

7.家庭の金銭事情による学力の差が出た

家庭の金銭事情による学力の差が出てしまったというような事もあるでしょう。

基本的に私立と公立などでは入学をする際にもお金がかかってしまいますよね。

そして学力というのもその学校のレベルによって変わります。

何より大きいのは塾などに通っているのかどうかということ。

全員がこの様なことをしていれば差などは開かないと思いますが、金銭事情も絡んでしまったというのがこのゆとり教育であり、ゆとり学習なのではないかと思います。

ゆとり世代の特徴

ではそんなゆとり世代の特徴というのはどのような特徴があると思いますか?

例えば自主性がないというような事や、マイペースだというような事もあるでしょう。

言うのであれば、プライベートを第一に考えるような人も多く、ストレスに弱いというような事があるので、直ぐに体調にも変化が表れてしまい、叱られることが苦手だという人も多いです。

このゆとり世代の人達と昔の人達の大きな違いというのは、そのメンタル的なものもあるのではないかと思います。

いわゆる気持ちの持ち方であったり、考え方といったものが、根本的に違うというような事が多いのではないかと思います。

ではどのようなものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

自主性がない

自主性がないというような事もあるでしょう。

基本的に自主性がないという事は、周りとの協調性が無いという事になってしまいますよね。

自主性が無い人というのは周りに合わせるというような事もなく、また自分から何かをしようというような考えも薄いので、自ら動くというような事を苦手としているような人が多いのではないかと思います。

結果を求める

過程やその経過ではなく、結果を求めてしまいがちなのもゆとり世代の特徴です。

基本的に結果がどうなったのか、というような事を一番に考えてしまうので、それまでの経緯や経過というのを軽視しがちが傾向があるのではないかと思います。

マイペース

マイペースであるという特徴もあるでしょう。

マイペースというのは簡単に言えば、自分のペースで行動をするという事です。

最近ではこのマイペースで行動をすることも良いこととされていますが、周りと協調していないという事を思うような人も多く、今と昔とでは考え方が異なるものの1つになるのではないかと思います。

重要なのはマイペースでも良いですが、協調をして行動をすることができるのかどうかというところもあるのではないかと思います。

好き嫌いがはっきりしている

好き嫌いがはっきりしているという事もあるでしょう。

例えばどんな事もそうですが、好き嫌いがあるのは誰でも同じですよね。

しかしながらそれがはっきりとしているので、嫌いなものはやらない、何もしないというような人達が多いのがゆとり世代です。

例えばこれを仕事に当てはめると、嫌な仕事をしないという事になり、会社にも行かなくなるというような事が多いのではないかと思います。

好き嫌いがはっきりしていると、この様に会社や大人になった後でも影響をしてくるので、ゆとり世代の特徴としてよくあがるものなのではないでしょうか?

集団行動が苦手

集団行動が苦手というような事もあるでしょう。

基本的に先ほど言ったマイペースで進めたいというような人が多い環境なので、どうしても集団で行動をせずに自分のペースでしたいというような人も多いはずです。

なので最近では、仕事に関しても自分のペースで進めるような仕事が人気がありますが、この集団行動が苦手だから1人でコツコツと進めたいというような人も多いのではないかと思います。

ストレスに弱い

ストレスに弱いというような事もあるでしょう。

ストレスというのは誰でも抱えるものですが、そのストレスと向き合うことを苦手とするので、どんどん溜め込んでしまい鬱になってしまったりするというようなケースも多いのではないでしょうか?

ストレスの原因というのは様々あると思いますが、一番多いのは会社での環境ではないかとも思います。

例えば上司が苦手という人や、コミュニケーションを取り辛い雰囲気というような事でもストレスに感じる人が多いのではないかと思います。

プライベートが第一

プライベートを第一に考えるような人も多いでしょう。

プライベートを第一に考えるというのは、とても良いことです。

何故なら今までというのは基本的に残業などが多くあり、今の環境でもプライベートの時間が確保できない人が多くいます。

なのでどうしてもプライベートの時間が欲しいという事で、会社よりプライベートな考えというのが多くなっていているのではないでしょうか?

熱意がない

熱心な人ほど評価をされますが、ゆとり世代の人達では熱意がないというような事も多いです。

この理由として競争心というようなものもなく、興味がある事に関しては集中して取り組むものの、他の事に関しては興味がないので何もしないというような環境になってしまったからではないかと思います。

好きな事には集中して取り組む

好きな事に関しては集中して取り組むというのはとても良いです。

いわゆる興味関心を持つものはとことん追求していくというのがゆとり世代の特徴でもあります。

よくのめりこんでゲームをする子供たちがいますが、それと同じような感覚で興味のある仕事はとことんするというような人も多いのではないでしょうか?

興味がないことには手を出さない

興味がないことには手を出さないというような事もあるでしょう。

基本的に興味のあるものだけを吸収し、その他のものは吸収しないというスタンスでいるので、どうしても知識量に偏りが出てきてしまうのです。

競争が苦手

競争が苦手というような事もあります。

この特徴というのはとても多いようにも感じます。

競争をして何かをする、切磋琢磨してお互いを認め合うというような環境ではなかったので、どうしても競争をするというような事を苦手とする人が多いのではないでしょうか?

物やお金に対する執着心ない

物やお金に対する執着心がないというのも特徴の1つです。

本当に欲しいものに関しては誰でも欲求というようなものがありますが、物やお金に対する執着心がないというような人も最近では多いですよね。

叱られることが苦手

何より叱られることが苦手だという人も大半です。

学校でその様な経験がないというような人がほとんどだと思います。

そのため、上司から叱られたりしてしまうと凹んでしまい、会社に行かないという事や、直ぐに辞めてしまうというような事が多いのも特徴的なのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

ゆとり教育を実施して、様々な影響が多くありました。

特に学習能力の低下であったり、失敗だと思われるような事が多くあったので、どうしてもゆとり世代と聞くと良いイメージを持たないような人達が多いです。

しかしながら誰もがその様になっているのではなく、中にはしっかりと勉学に励んでいる人や、物事に関して興味を持ち、協調性を持って行動をする人などたくさんいます。

昔と今とでは考え方は違うかもしれませんが、それでもお互いが支えあうというような事が大事になるのではないかと思います。

よくあるのがお互いを貶しあうという行為です。

この様なことではなく、もっとお互いを尊重し認め合うべきなのではないでしょうか?

人はそれぞれ違う考えなどを持っているので、ゆとり世代に対しての接し方などが冷たいというような人もいれば、温かい人もいます。

失敗だからどうにかするのではなく、その環境をいかにして接するのかというのも大事なことになるのではないでしょうか?