CoCoSiA(ココシア)

ゆとり教育が失敗だったと言われる7個の理由


最近になりよくある話が「ゆとり」と呼ばれる言葉です。

「ゆとり」という言葉が広まったのは「ゆとり教育」からなのではないかと思いますが、このゆとり教育が良くなかったと思うような人も多いですよね。

言うのであればこのゆとり教育が失敗だったと思うような人もいるのではないかと思います。

そもそもゆとりというのは簡単に言えば余裕を持つというような言葉です。

基本的に「行動にゆとりを持つ」というような事になれば、行動をすることに対して余裕をもつ、いわゆる窮屈などに感じないというような意味になると思います。

しかしながらその意味がそのまま「ゆとり教育」として捉えられることが多いというのが原因の1つにもなるのではないかと思います。

「ゆとり教育」の「ゆとり」と普段皆さんが使うような「ゆとり」という意味は少し似ているようでも違うような事が多いです。

特に最近ではこのゆとり教育を見直すというような事も多いので、どうしてもゆとり教育のイメージというようなものが悪くなっていると思うような人も多いのではないかと思います。

しかしながらゆとり教育を通じて大きく変わったこともあるのではないかと思うのです。

例えばゆとり世代からすれば、辛いような事が少なくなったというイメージであったり、授業の時間が少ないというような事もあるかもしれません。

ゆとり教育を受けなかった人からすると「甘い」というような考えをするような人も多いでしょう。

「ゆとり教育」を失敗だと思うような人は基本的に自分達の世代とどうしても比べてしまうので、その結果「ゆとり教育は失敗だった」と思うような人が多いのではないかと思うのです。

簡単に言えばこのゆとり教育の制度が一昔前の人でも同じような事をしていたら、結果は同じになっていたのではないかと思うのです。

大きく違うのは昔と今では違い、今そのゆとり教育になったことでどの様な人達が多くなったのか、そして学力などに関して大きく響いてきているので問題になっているのではないかと思います。

ゆとり教育を悪く思うような人もいますが、基本的には生徒1人1人の学力が低下したと思われたりすることが多いですよね。

しかしながらこれだけではなく、教える側にも問題があるのではないかと思います。

今回はそんなゆとり教育のことについて、何故失敗だったと言われているのか、そしてゆとり教育というのはどの様なものだったのか、ゆとり世代の人達の特徴というのはどの様なものがあるのかについて詳しく見てみたいと思います。

皆さんはどの世代を体験しましたか?

今ではゆとり教育を受けているような子供達が多いと思いますが、今と昔の違いについても詳しく見てみたいと思います。

そもそもゆとり教育とは何か

ではそんなゆとり教育ですがそもそも「ゆとり教育」とはどの様なものなのかご存知の人はいますか?

言うのであればゆとり教育が始まった年というのは1980年度からと言われていますが、この際に大事なことは大きく教育内容が変わってしまったという事にあるのです。

そしてこの制度というのは今でも続いていますが、皆さんが言うゆとり世代というのはどの世代のことを言うのでしょうか?

詳しく見てみたいと思います。

生まれ年からみたゆとり世代

生まれた年からみたゆとり世代というのはどの当たりのことを言うのでしょうか?よく「ゆとり世代」だというようなことを大人の人達が言うのを耳にしますよね。

「ゆとり」というような言葉を悪いように使うような人が多いので、どうしてもそのイメージというものがマイナスな印象が多いのではないかと思います。

もちろんこの制度を取り入れて改善をされた部分も多くあるのですが、学力の低下や削減などが大きく目立つので、どうしても失敗だと思うような人が多いのではないかと思います。

ではそんなゆとり世代の人達ですが、何年から何年までの世代の人達のことを主に言われているのでしょうか?

1987年4月2日生まれ~2004年4月1日生まれ

このゆとり世代というのは1987年4月2日生まれ~2004年4月1日生まれの人達のことをゆとり世代と言われています。

いわゆるこの年で産まれた人達というのは皆がゆとり教育を受けてきているという事になるのです。

簡単に言うと、この世代の人達になると、様々な失敗だったと思われるような事が多く出てしまい、どうしても他の人達からの印象を悪く思われてしまったというような人達が多いのではないかと思います。

特にこのゆとり教育が主となっていた時代には、様々な内容が変更されたので、授業の内容や、他の学習内容を追加したりと、一昔前とは違った勉強方法で学んだ人達が多いのではないかと思います。

しかしながらこの様な人達でも成功をしている人や失敗をしている人というような、差がありますが、どうしても全体的に見てしまうと、低下をしているので悪いように見てるような人達が多いのではないかと思います。

実施された主な内容

ではそんなゆとり教育になって実施された主な内容というのはどのようなものがあるのでしょうか?

実は今と昔では勉強方法であったり、休日などといったものも大きく異なっています。

特に勉強に関してでは、学力だけではなく道徳的なものも追加され、評価の方法までも変わってしまいました。

なのでその事に関して「ゆとり教育」は失敗だったのではないかと不満に思うような人も多いのではないかと思うのです。

言うのであれば、学校に行く際の授業の内容やカリキュラムに関して大幅な変更が入ってしまっていた時期が、いわゆるゆとり世代の人達だったという事です。

ではどのような内容のものが実施されていたのか、更に詳しく見てみたいと思います。

土日休み

今でもこの名残というようなものはあるかもしれませんが、ほとんどの小学校や中学校では土日休みになってしまいましたよね。

実はこのゆとり教育が始まる前というのは土曜日にも学校があったという事はご存知でしょうか?

土曜日にも学校に行くというような事もありましたが、基本的に午前中までといったものも多いのではないかと思います。

私立なのか公立なのかでも土日休みかどうかというのは変わってくると思いますが、基本的に日曜日が休みで土曜日にも学校に行ってたというのがゆとり教育前の話になります。

ここで重要なのはゆとり教育前というのは基本的に土日休みでもありましたが、学習時間も多くあったという事なのです。

学習内容の削減