人が社会で生きて行く中で、必要になる素質・能力のうちの一つに「真摯さ」というものがあります。

良く「真摯な態度」や「真摯な姿勢」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。

この「真摯(しんし)」というのは、人が人として正しくあるために、とても大切なもの。

自分以外の誰かと信頼関係を築いたりする際はもちろん、仕事を成功させていくためにも非常に重要になる要素です。

さて、ではこの「真摯」という言葉について、皆さんは正しく理解ができているでしょうか。

周りから「真摯な姿勢が素晴らしい」を評価されたり、はたまた「真摯な姿勢が足りない」と指摘されたりした経験がある人も中にはいると思います。

今回はこの真摯に含まれている言葉の意味を知り、その受け止め方や使い方について考えて行きましょう。

真摯な態度をとれる大人になるために

真摯な態度というのは、あらゆる経験を積んで学び成長していく中で、身につけて行くもの。

真摯であろうと意識していなくても、大人になるにつれていつの間にか真摯と呼ばれるに相応しい態度を取れるようになっている人も多いのです。

1.真摯とは?

真摯(しんし)というのは、真面目で熱心なことを指す言葉です。

「真摯な態度」は物事に真っ直ぐ向き合い、熱心に取り組んでいる様子のことになります。

ひたむきに真剣に、物事へ注力する姿は、健気でとても慎ましく感じられ、実に好感が持てるものでしょう。

類似する言葉には「誠実」「忠実」などが挙げられます。

いずれも私利私欲で身勝手な行動をするのではなく、真心や誠意など、人としての心の在り方がきちんとしていること。

物事に真っ向から堅実に努めていることを指しています。

決して軽く使う言葉ではなく、それぞれの言葉には確固たる信念や想いの大きさが込められていることでしょう。

真摯という言葉の漢字の成りたちは、真面目や真実という言葉に使われている「真(まこと)」と手で捕らえることを意味する「摯(し)」。

組み合わせると「偽りのない真実をとらえること」という意味になりますね。

人が「本当に真面目であること」を表しているのでしょう。

2.「真摯」の使い方とは?


日常の中で真摯という言葉を耳にする機会は少なくないと思います。

とはいえ、自ら言葉にするとなると、どういう時に使っていいのかよく分からない人もいるのではないでしょうか。

間違った解釈で誤った使い方をしないように、「真摯」を使った文章を例に見ていきましょう。

1.結果を真摯に受け止めた

試合などで敗北してしまった時など「結果を真摯に受け止める」という言葉で現状を真っ向から受け止めるという姿勢を表すことがあります。

この場合、試合に負けてしまった自分の弱さをしっかり受け入れる強さや誠実さを示していることになるでしょう。

「たまたま負けた」「運が悪かった」など見苦しく言い訳をすることなく、今の実力を精一杯出し切った結果、相手の実力には及ばなかったのだと結果を受け止めるということ。

これはとても勇気のいる行動です。

こうした真摯さに欠ける人は、あれこれ言い訳をして自分の敗北から目を逸らしてしまうので、成長することは難しいでしょう。

ありのままの結果を真摯に受け止めて、振り返り、反省し、改善するひたむきな姿勢があってこそ、本当の意味でステップアップをしていけるというものです。

【真摯に受け止めるの意味は、こちらの記事もチェック!】

2.真摯な姿勢で伝統を守り続ける


「真摯な姿勢」というのはよく使われる言葉です。

これは真面目に愚直な態度で、物事へ真剣に取り組む人の意識の高さを示しているもの。

例えば伝統と歴史がある文化財や工芸品を、次の世代に繋いでいく重要な役割を担っている人など。

長年伝承されてきた伝統を守っていく責任と重圧を理解しながら、決意と熱意をもって仕事に励んでいるような様子は「真摯な姿勢で伝統を守る」と言えるでしょう。

真摯というのは「真面目」という言葉よりも更に重々しく、並大抵ではない意思の強さや確かな信義があってこそ成し得るものです。

3.怒られたら真摯な態度で謝ろう

誰かから注意を受けたり怒られたりした時に「真摯な態度で謝る」と言い表すことも多いでしょう。

ここでいう真摯な態度というのは、誠実な態度でしっかりと気持ちを込めた謝罪をするという意味です。

上辺だけで謝罪をして、何も身に染みていないようならば、謝罪相手にも、きっとそのように伝わるはずです。

心から反省し、自分の過ちを認めたうえで、どこがどのように悪かったのかを理解した状態で謝罪をすること。

さらにその後の態度を改める努力をすること。

こうした誠意ある謝罪と意欲を見せることが「真摯な態度で謝る」ということです。

謝罪に対して「誠意が感じられない」と言われるような場合は真摯さが足りていない、もしくは相手に気持ちが通じていないということです。

3.真摯な態度はどういう時に生まれる?

真摯な態度というのは、あらゆる場面で生まれるものです。

真摯という言葉は人の性格や態度について表すもので、人によって解釈や使いどころは少しずつ異なります。

自分自身を律する時、相手の気持ちに応える時、はたまた優れた人間を称賛するときにも「真摯」という言葉が用いられます。

1.とても集中している時

物事に集中して取り組んでいる時にも、真摯な姿勢が生まれます。

一つのものに熱中して全力を注いでいる様子からは、その人が真剣に頑張っている気持ちが見て取れます。

周りが見えない程、なにかに打ち込んで、一生懸命になれる人は真摯な姿勢の持ち主だと言えるでしょう。

ひたむきに努力を続けたり、こつこつと成果を出すために頑張ることができるというのは、非常に素晴らしい美点です。

2.謝罪の気持ちがある時

自分や犯した過ちや失敗を悔い改めることで、周囲からの許しを請う謝罪には真摯な姿勢がなければ筋が通りません。

不祥事があった企業の謝罪会見などでも「真摯に受け止めて~」というような言い回しをします。

決してその場限りの軽々しい謝罪ではなく、心の底からの気持ちが伴う誠実で真摯な謝罪であれば、相手にも確かに伝わるはずです。

真摯さは伝えようと思って伝わるものではなく、心の内から自然と溢れてくるものです。

本気で自分の行いを反省し、変わらなければいけない、心から謝るべきだと、自分の中の気持ちが誠実であれば自然と伝わるでしょう。

3.極めたいと思っている時

趣味や仕事など、何かしらの物事を自分のなかで極めたいと思っている人は、自分の極めたいことに対して全力を投じて努力し、成果を出そうと取り組みます。

こうした真っ直ぐで至誠な様子は正に真摯的です。

真摯には真面目な姿勢と熱意という2つの意味が込められています。

ただ真面目に取り組むだけでなく、そこに情熱的な熱意が加わることで、より結果に本来の意味の真摯に近づき、結果に結びつきやすくなります。

4.怒られた時

怒られた時には、真摯な態度で自分の行いを改めて自分自身を見つめ直さなければいけません。

何かミスをしてしまった時などは、テンションが落ち込んでマイナス思考になったり、ネガティブになってしまいがちですが、きちんと前を向いて改善案を見出す上昇志向を持つことが大切です。

こうした発想の転換ができるようになるには、真摯な姿勢で物事と向き合うことが必要になります。

5.二度と失敗したくない時

さまざまな困難や苦難と直面した時、失敗してしまった時など。

人は人生の再起をかけて、奮闘するべき瞬間が訪れます。

二度と同じ過ちを繰り返さないように、自分自身を奮い立たせて、再挑戦していく勢いと覚悟を持たなければいけません。

こういう時は生半可な気持ちではなく、真摯な姿勢で取り組まないと結果を出すことはできないでしょう。

一度大きな挫折を味わった人は、その時の辛さを糧にさらに成長していくことができるか、それともそのまま停滞するか、気持ちの持ちよう次第でその後の進路が大きく変わります。

真摯な姿勢を持つことができれば、失敗を踏み台にしてより大きなチャンスを掴むこともできるはずです。

6.自分を良く見せたい時

人は誰しも、できる限り自分を良く見せたいと思うものです。

周囲からの評価や視線を気にして、容姿や外面を取り繕っている人も多いでしょう。

これは、もちろん処世術の一つとして、とても大切なものです。

ですが、いくら外面だけ取り繕っても中身が伴わなければ、本当の魅力というものは発揮されません。

ただ外面が良いだけでは八方美人になってしまったり、いざという時にボロが出てしまうので、見た目だけでなく内面も磨いていくことが重要。

自分を良く見せたいという気持ちから、相手に対して真摯な態度を見せて評価を挙げようとする人もいるでしょう。

しかしこれも、本当に心の底から相手を思っての行動でなければ相手にも失礼ですし、偽の真摯は見抜かれます。

偽りの感情を取り繕うと、後になって自分自身も辛くなってしまうでしょう。

7.好きな異性に振り向いてもらいたい時

恋愛において好きな人のタイプを聞くと、「紳士的な人」というのをよく聞きますが、これは「真摯な態度の人」ということでもあります。

自分に対して誠実で嘘が無く、信頼できる人柄であることが恋愛する相手に求める条件なのでしょう。

ですから、好きな相手を振り向かせたいと思っている人は、想い人に対して真面目に真摯に接するべきです。

ただ真面目なだけではなく、相手に対する愛情の深さや興味をありったけの熱を込めて伝える努力をすることが要になります。

自分の想いを相手にきちんと伝えるためには、まずあなたが信頼できる人物であること、そして相手から見て魅力的な人物であることが重要。

ただ意中の相手だけに尽くすのではなく、その人にいつ見られても恥ずかしくないような生活や態度でいることが大切です。

後ろめたいことがある人、不誠実なことがある人は以ての外。

真摯の風上にもおけません。

真摯な態度の7個の特徴

ここまで、「真摯な態度」や「真摯な姿勢」というのを度々取り上げてきましたが実際に真摯さというのは、人のどういった部分から感じ取られるものなのでしょうか。

あなたから見て真摯だと思う人は、どのような行いや言動をしているでしょうか。

実生活の中で、真摯な態度や姿勢を見せるというのは容易ではなく、それこそ取り繕ったような偽りの行動はスグにばれてしまいます。

真摯さというのは、もともと人の内面や心理的な考え方が大きく反映されてにじみ出てくるものですので、そう簡単に作れるものではありません。

真摯さを学びたい人は、まず自分自身の在り方を見直すことから始めましょう。

正しく誠実であろうという気持ちと熱意を持っていれば、真摯さは自然と身についてくるものです。

1.とても真面目な表情

真摯な態度を感じられる人の特徴と言えば「真面目な表情」ではないでしょうか。

人や物事に対して、いつも真っ直ぐに向き合い、誠実に接してくれる人は真摯な態度だと評価されることが多いでしょう。

その人は決して人を馬鹿にしたり、驕ったりすることなく、公平で平等な視点を持って物事を捉えられる人だと言えます。

人の性格や内面は表情に如実に現れます。

話している最中の視線や表情一つで、その人がどれだけ物事に真剣に取り組んでいるのかを汲み取ることができるでしょう。

心のどこかで、いつも誰かをバカにしていたり、物事を軽んじて考えている人は表情にもその心の内がにじみ出しているように感じます。

もちろん、四六時中ずっと気を張り詰めている必要はありませんが、ここぞという時に真剣な表情を見せ、忠実に励むことができる人は周りから一目置かれる存在となることでしょう。

誰もが当たり前にやることでも、実直に労苦をいとわず努力する様は正に「真摯な態度」。

普段は柔和な雰囲気の人でも、勝負どころで真摯な態度や毅然としている様子が見えると、そのギャップがより一層魅力的に見えたりするものです。

2.ひたむきに一生懸命やる

ひたむきで一生懸命である様も、実に真摯な姿勢だと言えます。

一つの物事に熱意を向けて情熱を注げる人は、とても向上心が高い上昇思考の人です。

着実にコツコツと前向きに進んでいく努力をする姿勢は、きちんと自分自身の意思が伴った行動です。

致し方なく惰性で取り組んでいる人には、とても到達することはできない領域だと言えます。

真面目に努力を続けること、そして結果を出すことは容易なことではありません。

一生懸命な姿勢を継続していくには、確かな目標や精神力を持って臨んて行く意識の高さが必要になるので、傍から見ても真摯な姿勢がうかがえるほどに精一杯尽くす様子が確認できるはずです。

一途に打ち込むことができる人は、仕事もプライベートも充実した日々を送れます。

3.軽く考えない

真摯な態度とは、どんなことにも真面目に熱意を持って取り組むことです。

物事を軽く考えず、しっかりと奥深くまで考えることのできる几帳面さや、真剣さがなくては成り立ちません。

物事を軽んじている人は、どうしてもその考えが表情や表面に現れがちです。

何事も誠意を持って対応できる人は、周りからの信頼も厚く、頼りにされる存在になるでしょう。

4.嘘をつかない

嘘をつく人は不誠実だと言い表されることが多いですが、言い換えれば真摯な姿勢が足りないとも言えます。

嘘をつくということは、自分を信頼している人の気持ちを謀り裏切る行為。

自分以外の人を軽んじているからこそ、その人を欺く行いをしても罪の意識が薄いのでしょう。

良心的な心を持って本音で接っするという基本中の基本ができない人は、周りとの関係が軽薄になります。

真摯な態度を貫いている誠実な人は、周囲の人との関係を重んじて大切にするとことができるので、嘘をつくことはせず、確かな信頼関係を築けるでしょう。

5.相手に分かってもらいたいという気持ちが強い

真摯な態度は、その人の性格や信念のような部分が反映されるものです。

いつも誠実に、真面目に取り組むことができる人は、相手に理解されたい・分かって欲しいという気持ちの現れでもあります。

自分に自信がなかったり、人からの評価を気にしている人などは、特に相手への配慮や心遣いが過剰になり、常に真面目で誠実であろうと意識しているのでしょう。

人の気持ちにきちんと真正面から向き合い、期待に応えたいという気持ちが大きいので、どんな相手にも真摯な姿勢を持って応じることができるのです。

人から期待されることは、喜びと同時に責任感も伴います。

その期待に全力を投じて応じることで、自分の誠意を汲み取って欲しい、正当に評価して欲しいと願っているのでしょう。

しかし、そういった局面でも、その重責から目を背けず、逃げずに挑戦していく愚直な力強さがあってこそ成し得る評価なので、真摯な姿勢には正当かつ公平な評価がなされることの証明でもあります。

6.手を抜かない

真摯な姿勢を貫く人は、ひたむきで努力家、真面目で一生懸命。

物事を軽んじることがないので、どんなときも自分にできるベストを尽くせる人です。

手を抜くことがなく、自分の精一杯で応えようという向上心と前向きなエネルギーを兼ね備えているため着実に成長し、成果に繋げることができるでしょう。

やる気が無く、適当に手を抜いている人と、意欲的で誠意を持って頑張っている人では、周囲からの評価や成功する確率の高さが違うのも当然です。

7.ポジティブな気持ちがある

真摯な態度で物事に取り組める人は、前向きでポジティブな思考を働かせることができる人です。

苦難と直面した時、失敗した時、課題を与えられた時、いかなる時も前へ前へという気合いと熱意を持って行動するため、くよくよ悩んだり、ネガティブになって簡単に諦めたりすることはしません。

真摯な態度の根本は、その人の心の奥に根付いた真っ直ぐで折れない挑戦意欲や自己開発意欲、そしてハングリー精神です。

モチベーションが高く、闘志や熱意を燃やしているので、どんな経験も無駄にせず自分のものにしようという心意気が違います。

真摯な態度な人は、自分をしっかり持ちながらも、人の意思を汲んだり、周囲との調和を大切にできる人が多いので、謙虚で慎ましやかに映るでしょう。

ですが胸の内には志高く常に上を目指す向上心、周りより一歩先へ行こうという野心を持ち合わせていることが多いのです。

真摯な態度が取れる人とは?

真摯な態度とはどんなものか、どんな人が真摯と呼ぶに値するのか、素質や行動面の特徴を分かっていただけたところで、改めて真摯な態度を取ることができる人の内面をおさらいしてみましょう。

1.真面目

真摯な態度が取れる人は、とにかく真面目です。

真摯と真面目とはおおよそイコールで間違いないのですが、真摯は真面目よりも更にひたむきで、熱心である態度を指し示します。

真面目な性格な人が、全員真摯であるかというとそうではありません。

真面目という性格的な素質に、意欲や熱意を持って行動できる態度が伴ってこそ真摯であると言えるでしょう。

2.素直

人の意見や考えを聞き入れられる人、柔軟に対応できる人など、素直な性格の人は、真摯な態度で物事と向き合うことができます。

物事を素直に受け入れず屁理屈を言ったり、詭弁をこじつけようとするような人は、とても真摯だとは言えません。

ありのままの自分で勝負できる人、ありのままの他人を受け入れられる人、そんな素直さは周囲の人にとって、心の支えとなるはずです。

ひねくれている人は自分が優位に立とうという気持ちが強かったり、自分より優れている人に劣等感や対抗心を燃やして不満を抱えたりしてしまいます。

素直であれば人を正しく評価し尊敬し、そこから学ぶことができるでしょう。

こうした吸収力の高い素直な心や、気持ちがあれば、成長のスピードも段違いです。

【素直な人については、こちらの記事もチェック!】

3.自分を持っている

真摯な態度が取れる人は、自分自身をしっかり持っている人です。

周囲の意見に流されず、自分自身の判断で物事をきちんと見極められるからこそ、誠実な対応ができるのです。

外面だけの良い八方美人の人は、意見や行動が一過性のものなので統一性がなく、その時々の様子や気分で考えが変わります。

そうではなく、きちんと自分の意見や考えを持ちながら相手の意見を誠実に受け止めて最善の答えを導き出せる人こそ、社会で求められているのです。

損得ではなく、本当に正しいものを選択する姿勢こそ真摯な行動だと言えます。

4.向上心が強い

向上心が強く、常日頃からモチベーション高く行動できる人は常に探求を怠らず上へ上へと上り詰めて行くので、余計なことに心を乱されることがありません。

周りの人を貶めてやろうだとか、変に優劣をつけるようなことをせず、ただ着実に誠実に、自分自身の定めた高みへと突き進んでいきます。

こうした姿勢は真摯と呼ぶに相応しく、実に真面目で好意的です。

他者と自分を比較することはあれど、それを自分が成長することのエネルギーへと変換できる生真面目さとひたむきさ。

真っ直ぐな思考と正しい判断力を兼ね備え、公平な選択ができることが真摯な態度に繋がるのでしょう。

5.プラス思考

プラス思考で積極的な行動ができる人は、過去より未来、今より明日、というようにドンドン先を見据えて行動することができます。

こうしたタイプの人は、自分が今何をすべきなのか、自分には何が必要なのかという部分を把握して的確に行動面へ反映させていくので、とても前向きで意欲的。

ストイックで自分に厳しい側面も併せ持っていますが、それが行動に誠実さを与え、より高みへと上り詰めるための要素になるでしょう。

自分自身を鍛えるために、コツコツと励むことのできるプラス思考は真摯な態度に磨きをかけてくれるはずです。

6.努力家

努力を惜しまず、着々と自分の目標に向けて励むことができる人は、周りの人の努力や成果を共に喜び評価することができる人です。

何もやっていない人ほど、他の人の成功を素直に喜ぶことができずに妬んだり、羨ましがったりするもの。

自らが努力する人は、努力を継続する大変さを理解しているので、同じく頑張っている人を尊敬し、励まし合うことができます。

高みを目指す向上心と、飽くなき努力は、能力を引き上げるだけでなく、その人の内面を磨いて精神的な部分を強くしていくのです。

人は努力した分、自信を持てるようになり、心にも余裕が生まれます。

心に余裕があり穏やかに過ごせる人は、自分にも人に対しても優しくなれるので、誠実さに磨きがかかります。

真摯な態度の根本となる部分には、やはり真面目に努力を重ねられるような純粋さと忠実さがあるのです。

7.状況把握が早い

状況把握が早く、臨機応変な対応ができる人は行動に移すスピードが早いので、最初の第一手がとても迅速かつ適格です。

自分のことだけでなく、周囲の意見や考えをまとめる状況把握力があるので、求められていることを正確にこなすことができるのでしょう。

しかしそれもこれも、物事に真摯に向き合っているからこそできる技。

決して簡単に物事をこなしているわけではなく、常日頃から思考を巡らせ人を知り、真面目に先を見据えている人だからこそ、状況に合わせた対応が可能なのです。

真摯であることは、濁りのない視点から広い範囲の様子を正しく見極め、
周囲の人の意思をストレートに感じ取ることができるということです。

こうした能力を、さまざまな局面で発揮させて、周りからの信頼を勝ち取ることができるでしょう。

どんな時も真摯な態度で

心が乱れたり、疲れたりしている時は、人の本質が露わになりやすいものです。

いかなる時でも、日頃から真摯な姿勢である人は、誠実な姿勢で物事と向き合い、付き合っていくことができるでしょう。

なにごとも、素直に真摯に受け止める事、そして真摯な態度できちんと応じる事。

とてもシンプルでありながら、とても難しいことです。

心から偽りのない真面目な態度、誠実な言動というのは、上辺でできるものではありません。

ただ見よう見まねでやってみても、成功はしないでしょう。

本当に真摯でありたいと思うのであれば、いつも嘘偽りのない自分でいるために自分自身の考え方や在り方から改善していかなくてはいけないのです。

真摯と言う言葉の意味通り、本当の意味で言う真面目な姿勢を身につけるため、自分に厳しくしなくてはならない時もあるでしょう。

楽な道を選ぶのではなく、自分の信念と正直な気持ちを大切にしながら着実に、前向きに進んでいく心意気を持つことが重要です。

真面目であり誠実であり、いかなるときも真摯な態度で毅然と臨める人は、とても魅力的な人間です。

信頼を集めるだけでなく、周りの人たちをまとめて率いて行くリーダーシップを発揮することもできるでしょう。