真摯(しんし)という表現は、普通の会話では使わない言葉です。

井戸端会議で話しをしている時に、おばさんが「そのことは真摯に受け止めるわ」なんて言うことは無いと思います。

多分、「家に帰ってから本気で考えてみるわ」ということになるでしょう。

このように、「真摯」という言葉は、何か重みのある言葉のように感じます。

そういえば、ある企業が何かの不祥事を引き起こし、社長や役員が謝罪会見する時にも「このたびの出来事は、真摯に受け止めております」というように発言しているのを聞いたことがあります。

丁重に心から受け止めるには、真摯な状態でなくてはならないのです。

真摯とは、真面目で熱心なさまのことです。

真面目に一生懸命に受け止めるということでしょうか。

このように、真摯という表現は、日常の会話で使うよりは、ビジネスの世界や丁重な受け答えをする時に、重みのある言葉だと思われます。

同じ発音でも「紳士」という言葉があります。

この紳士とは上流社会の人という意味で、さらに上品で礼儀正しく教養があることも指しています。

このことから、「真摯に考える」と聞くと「紳士に考える」つまり上品に礼儀正しく考えると誤解した時もありました。

読み方が同じですが、意味は全く違っているのです。

「真摯」という言葉は、政治家も好きな言葉のようです。

国会答弁で、異論が多く出て紛糾した時に、相手の意見をしっかりと聞くという意味で「真摯に受け止める」と回答するのです。

すなわち、いい加減に意見を聞くのではなくて、その一つのことに対して真面目に真剣に意見を聞いていますということなのです。

興奮気味に質問して来る相手に対しては、真摯に回答することで冷静さを確保できるようです。

しかし、夫婦喧嘩で興奮している奥さんに、「おまえの言いたいことは分かった。俺も真摯に受け止める」なんて言ったら、茶化されていると思ってかえって興奮するかも知れません。

つまり、真摯という言葉は、使う場所やタイミングも重要だと思います。

真摯に受け止めるってどういうこと?

真摯という漢字は、本当という「真」と、しっかりと手に持つ、掴む、まじめという意味の「摯」からできています。

「真摯に」という表現は、真面目にとか真剣にという言葉とは、少しニュアンスが違っています。

というのも、「真摯に」という言葉の中には、大切なことに対して「一途に」という気持ちが強いことです。

「真面目」とはいい加減なところや嘘偽りがないという精神的な意味が強く、「真剣に」とは遊び半分ではなく必死で何事かに取り組むという意味です。

「真摯に」という意味は、真面目で真剣な様は同じなのですが、何かの目標に向かって一途に取り組むという決意を表しているのです。

何があっても、目的はブレずに真面目に真剣に取り組む姿勢を表しています。

「真摯に受け止める」とは、与えられた何かに対して、それを一途に真剣に受け止めるというということです。

例えば、大手企業でなにか不祥事が発覚した時には、それ以外のことはさて置いて、まずはその不祥事のことに関して認識するということです。

その後は「真摯に対応する」、つまり原因究明や再発防止などの善後策を真剣に検討する、ということに繋げていくのです。

簡単に言うと、わき目も降らずにそのことに集中して対応する、ということです。

片手間ではやりませんよと、あえて宣言することです。

ビジネスでよく使われるフレーズ

真摯という言葉は、ビジネスの世界でも良く使用されます。

というのも、ビジネスでは信用が大切ですので、彼の言うことは信頼できると認めてもらうためにも、いい加減なことは言えません。

確信のる事、事実をキチット伝える必要があるからです。

そこで、ビジネスの大事な場面で、「弊社としては真面目に真剣にこの案件に取り組みます」という時には、「真摯に対応させていただきます」となる訳です。

このように、「真摯」はビジネスシーンにおいてとても有効な言葉で、短い文章のなかに「真摯に」という言葉を書き加えるだけでも、そのテーマについて真面目に、真剣に取り組んでいることを暗に伝えているのです。

この言葉を聞いた方も、安心して任せても良いかなと思ってしまうのです。

また、例えば数社から仕事の提携の話しが来た時に、どの企業が良いかを見極める時にも、「弊社は、何ごとにも真摯に取り組む企業です」と言われると、仕事に対して熱心な企業だと考えてしまいます。

「真摯に受けとめる」「真摯に行動する」「真摯に対応する」「真摯な姿勢」など、真摯という文字が加われば、真剣味と熱心さが上乗せされるようです。

「真摯」の類語には「真面目」とか「真剣」があります。

「真面目」にというのは、嘘をつかず誠実にということで、何かを自主的に熱心に行うというよりも、支持されたことに対して間違いの無いように処理しますということです。

何かを指図しないと動かないということであって、融通が利かない、生真面目という性格を表しています。

「真剣」という言葉の意味は、脇目も振らずに一生懸命という姿勢を表しますが、「真面目」も「真剣」も、「真摯」のひたむきさと素直さという意味合いとは、微妙にニュアンスが異なっているのです。

使い方や注意点をチェック

「真摯」という言葉は、目上の人に対して、あるいは形式ばった文章、ビジネス用語といてよく使われるものです。

改めて自分の意思表示を行う時の、決意の感情を込めた表現です。

例えば、自分を指導してくれていた先生や上司から、自分の欠点や改善点の指摘を受けた時、その言葉を理解して受け取る時に「真摯に受け止めます」となるのです。

では、こんな時に「真面目に受け止めます」と答えると、「今までは不真面目に考えていたのか」と注意を受けますし、「真剣に受け止めます」も急に取ってつけたようだと受け取られるので、どちらも尊敬の念が薄いように思えます。

また、名詞に「真摯」をくっつけると、そのことに対する熱意や覚悟が加味されるので、重みのある言葉になります。

例えば、「真摯な態度」「真摯な意見」「真摯な行動」「真摯な姿勢」などとなります。

このような言葉を文章の中にはめ込むと、より熱心さや真剣さがプラスされるようです。

真摯に受け止めるの意味

「真摯に受け止める」の意味は、何かの物事に対して熱心に、そして真面目に取り組み、上手く行くように努力をするということです。

言い換えると、これまでは何か落度があったかも知れないが、これからはミスが無いようにしっかりと身体を張って頑張るということです。

もしも、上司から「この結果を真摯に受け止めろ」と注意されたとしたら、あなたは何か重大なミスをしてしまって、会社にも大きな損害を及ぼしてしまったのです。

そこで、この事態を充分認識して、あなたは責任を持って挽回できるように頑張れということなのです。

ただし、あなたは腹をくくって対応しないと、降格処分や給与カットを受けたりすることになると忠告しているのです。

「真摯に受け止める」という意味には、悲壮感を持って対応しろと命令しているのです。

あなたは重大な岐路に立っていると言っても過言では無いのです。

それほど重い言葉なのです。

あなたの責任ある行動を期待していることでもあります。

真摯の意味

「真摯」の漢字をそれぞれ調べてみました。

「真」という字は「まこと」という意味で、「真実」「真理」「真剣」などに使われるように、嘘偽りがなく真面目であるという状態なのです。

もう一方の「摯」は、「手」の上に「執」の字が乗っています。

「執」とは「執刀」や「執筆」などのように自分の手を使うという意味合いがあります。

また、「執務」「執行」などのように実行する、とり行うという行動も表します。

さらには、「執拗(しつよう)」「固執」などと取りついて離れない様を表すこともあります。

これらのことから、物事を深く思い込んで、それにとらわれることを意味している漢字なのです。

平たく言うと」、執念を持っていることです。

その「執」を下から「手」で支えている「摯」の漢字は、責任をもって自分の手で執行するという漢字なのです。

だから、「真摯」という言葉は、まことの心を持って執念を持って自分の手で執行するということでしょうか。

まじめでひたむきな様子

「真」という漢字が前についていることから、嘘偽りが無いことを宣言しています。

その後ろの「摯」は自分が責任を持って執行する意思を表すので、平たく言うと「真摯」は真面目でひたむきな様子であることは理解できるのです。

非常に熱心なこと

もういい加減なことはできないし、まじめに取り組むことを宣言する訳ですから、何をさておき、この案件については非常に熱心に、かつひた向きに努力するのです。

真摯に受け止めるの意味


大手のメーカーが、出荷した製品に欠陥があることが判明しました。

それを使用していたお客さんの方から、クレームが多く届くようになっていたのです。

それに気づいたメーカーは、その商品を回収して問題の部品を交換するというリコールに踏み切ったのです。

TVや新聞でのPRを開始して対応したのでしたが、それでもその欠陥商品での事故は無くなりませんでした。

それによって人命が失われることがあっては企業の存続にも関わると判断したようで、社長がマスコミを通じて謝罪会見を行うことになったのです。

その時の謝罪会見では、「この問題を真摯に受け止めて、早急に未回収の商品の確保と安全策を講じたい」と発表したのです。

このように、クレームがあったことを心から真剣に受け止めて、いい加減には考えていないということを表明したのです。

部下まかせにしたり、責任能力がない者に担当させるような片手間なことはしませんという決意なのです。

「真摯に受け止める」と宣言した時には、本当の意味でキチンと問題解決できなければ、企業であれば社長や執行部の退陣にまで発展するのです。

そして、真摯に受け止めた結果も公表する責任があるのです。

仲間同士で、「ああ、わかった、やっとくよ」という軽い気持ちではないのです。

真面目に受け止めるというニュアンス

何かの疑問や問題が発生した時には、当然何らかの対策が取られたはずです。

ある新入社員がたびたび遅刻するのです。

「あいつはよく遅刻する奴だ」という評判が立ってしまった時に、みんなからは「寝過ごさないように、目覚まし時計は枕元に2つぐらい置いておけ」などと注意されます。

それでも、目覚まし時計の時間をセットするのを間違えたとか、電池が切れていたとか言い訳ばかりなのです。

そこに登場したのが、誰もが恐れている大先輩です。

部下からあいつは遅刻常習犯だと聞くと呼びつけて「おまえは誰に飯を食わせてもらっているか分かっているのか!起きるのが嫌なら明日から来なくていいわ、代わりはいくらでもいる」と大声で一喝したのです。

これにはさすがにビビってしまい、小さな声で「真摯に受け止めます」と返答すると、「もっと大きな声で言え!」とまた一喝。

「真面目に出社しろよ!」と告げて部屋を出て行ったのです。

「真摯に」という言葉は、今まで以上に真面目にというニュアンスがあるのです。

今度遅刻すると首になる、という覚悟を持つのです。

大きな決断をする事なのです。

真摯に受け止めるの使い方


人間は、人によって感受性が異なっています。

たわいもないことでも大げさに考えてしまって、あんな態度を取ってしまったけれど、相手は気分を害していないかしら?とか、あんな返事で良かったのかな?と悩む人もいます。

TVのトーク番組でも、司会者の質問にもうわの空で中途半端な答えを返したり、ちんぷんかんぷんな返事で会場の人達の失笑をかったりする場面があります。

いずれも、あまり真剣には考えていなかったり、自分には直接関係がないとたかをくくっていたのでしょう。

すると、司会者からの指摘を受けたり、会場の人達の冷たい視線を感じると、急に我に返って「こりゃあまずい」と感じたのでしょう。

みんなの空気を受け入れて「真摯に受け止める」ようになるのです。

真剣な顔つきで正論を話すのです。

こんなシーンはTVでよく見かけます。

的を得ていない回答やタイミングがズレた回答など、ある意味では見ている方としては、その人の人間性が垣間見えておもしろいのです。

このように、映っている回答者の顔つきを見ていると、真摯に受け止めているか、適当に喋っているかが分かるのです。

真摯に受け止めた場合は、顔つきも態度も、そして声の出し方も変わるのです。

だから、もし真摯に受け止めると言う場合には、態度や声、顔の表情も注意することが必要です。

いい加減な態度で話しても、真面目さや真剣さが伝わらないと、真摯に受け止めていないのではと思われてしまいます。

「真摯に受け止める」の使い方は、本当に心を入れ替えて真面目に取り組むことを宣言する時に使うのです。

注意や説教、指摘をされたときの返事として

いい加減な態度を取ったり、嘘をついてみんなに迷惑をかけたりした時に、先輩や上司からいろいろと注意や指摘を受けます。

例えば、お客様の名前を呼び間違えたり、打ち合わせの時間を間違って伝達して、全員が集合で着なかったりという簡単なまちがいであれば、注意されたときには「迷惑をかけないようにしっかりします」とか「今度から注意します」ぐらいの返事で許されます。

しかし、会社で社長が出席する会議の時間を間違えたり、肝心の資料ができていなかったりするような失敗であれば、「今度から注意します」などの軽い返事では上司も納得できません。

重要な会議のメンバーから外されたり、上司からも信頼が無くなります。

本人にとっては重大な出来事なのです。

こんな失敗を繰り返さないように、そして繰り返すようであれば会社での出世を諦めるレベルなのです。

こんな状況では、注意や説教を受けた時に上司には「真摯に受け止めます」と返事するのです。

このように、どんな場面でどんな状況かによって変わりますが、少なくとも自分の進退や存続に関するような状況では、この言葉を誠実に使うことが必要です。

真面目で誠実な印象を残したいとき

普段はチャラけていても、いざという時に自分の真面目な一面を知ってもらう時にも有効です。

多くのバイトが登録している飲食店では、勤務体制はシフト制が多いようです。

自分の勤務時間帯を自分の生活リズムの合わせてあらかじめ設定しておくことができるからです。

学生やパートさんなど、いろんな人が働いているのです。

そんなお店で、忙しくてバイトの人数も少ない時には、仕事の引継ぎが不十分だったり、難しいお客さんが来てしまったりと面倒なことが重なることも多いのです。

それによって、お客様からのクレームも多発して、それが店長の耳にも届きます。

さらにはこの悪い噂が社長にまで届くと、店長は社長に呼び出されて説教を受けるのです。

こんな状況で、店長がバイトたちを集めて、この状況を改善することを指示します。

そしてみんなの気持ちを確認するために、朝礼に参加した者に向かって、お客さまからのクレームが多いことを自覚しているかどうかを尋ねます。

そんな時に代表して「店長の言葉を真摯に受け止めたいと思います」と答えます。

こんな言葉を使えるなんて、真面目で誠実な奴だと再認識されることになります。

普段のチャラさとは別人のように、真面目で誠実な印象を与えるのです。

謝罪の言葉としても使われる

「真摯」という言葉は、特別な雰囲気を持っています。

誠実な気持ちを代弁しているのです。

クドクドと言葉を並べなくても済むのです。

例えば、少年サッカーチームを指導していた時に、隣町のチームと練習試合をすることになったのです。

公営のサッカー場を先方に予約してもらい、みんなで揃って食べる弁当もみんな手配してもらったのです。

ところが当日に内のチームで予約していたマイクロバスが途中でエンストしてしまい、次の車の手配やら何やらで大幅に遅刻してしまいました。

先方のチームのご父兄の方たちも待たせてしまい、サッカー場の利用時間の延長も掛け合ってもらったりとかなりの迷惑をかけてしまうことになりました。

車のトラブルが原因であるのですが、先方の父兄からは批判が殺到しました。

そこで、みんなの前でひとこと「みなさんの批判は真摯に受け止めます」と謝ったのです。

この時の「真摯に受け止める」という言葉の中には、大変申し訳ないという謝罪の気持ちも含まれているのです。

まあ、最後は双方とも仲良くお弁当を食べて楽しんだそうです。

必ずしもネガティブな使い方ではない

先ほどから、失敗をしたり問題を起こした時に、これまでいい加減なことをしてきたと反省しながら「この現実を真摯に受け止める」と宣言したのです。

これは過去の現実を知ってから反省するというネガティブな使い方ばかりでした。

しかし、必ずしもネガティブばかりではありません。

将来を目指した期待を込めた宣言の時もあります。

例えば、ある会社の新規商品開発の部署では、思うようなヒット商品が生み出せません。

ここ何年間も低迷しているのです。

こんな時に、商品開発が得意で数々のヒット商品を手掛けてきた実績のある人材をヘッドハンティングで採用したのです。

みんなの期待は高まるばかりです。

そこで、入社と同時にみんなの仲間入りをするのですが、翌日の朝礼で自己紹介の挨拶を行いました。

その時に「みなさんの期待を真摯に受け止めて頑張ります」と言ったのです。

その人は実績があるのですが、入社したところなので少々へりくだって、しかも真剣に取り組むというポジティブな使い方なのです。

期待を持たせるような挨拶だったのです。

目上の人にも使えるフレーズ

「真摯に受け止める」という表現は、派手ではありませんが心を込めた丁寧語のような感覚です。

つまり、目上の人の意見に対しては「承知いたしました。

あなたの意見は尊重して伺います」というへりくだった返答にもなるのです。

先輩や上司などに対しては、どんな場面でも問題なく使えるフレーズなのです。

真摯に受け止めるの例文

「真摯に受け止める」の例文をまとめてみました。

・事故を起こした企業が、事故報告の記者会見を開きます。

事故が発生した原因や事故の状況、さらには防止対策を行うことを企業の役員が発表したのです。

しかし、その2ヶ月後にもまた同じような事故を起こしてしまい、マスコミが騒ぐことにもなりました。

そこで今回は、社長自ら記者会見して
「この度の事故については、真摯に受け止めております」と謝罪するのです。

・販売に自信があると言っていた営業マンが、今期の売上が前期の半分ほどに減ってしまった。

「売上は大丈夫か?」と上司から尋ねられても「大丈夫です」の一点張りです。

しかし結局は、年度末には前期の半分以下の結果になり惨敗でした。

そこで、部長が彼を呼びつけて叱ったのですが、その時その営業マンは、
「真摯に受け止めます」と答えた。

指摘を真摯に受け止める

・不登校や退学する児童が多い中学校で、いじめがあるという噂が父兄の間で広がりました。

学校ではいじめの調査をしたが明確な結果は出なかったと報告しました。

しかし、今度は生徒の自殺未遂事件が起こったため、PTAから再度実態調査をする意見が噴出しました。

そこで、PTA総会を開催して議論をすることになりましたが、冒頭の校長の挨拶は、
「ご父兄のご指摘を真摯に受け止めて調査いたします」

今回のお話を真摯に受け止めます

独身を貫いている40代の男性に、周りの人も放っておけないと声をかけます。

「おまえにふさわしい女性がいるよ。

紹介しようか?」とか「お見合いの話しが来ているのだけど、このあたりでボチボチ身を固めたらどうだ?」と親切に言ってくれます。

こんな声を尻目に、当人は独身を謳歌しているようです。

しかし、50歳直前になってから体調も悪くなるし、ひとり身が寂しくなったようです。

そろそろと思っても、今度は良い縁談の話しも届かなくなってきたのです。

あの時に縁談に乗っていたら、今頃は・・・と後悔するようにもなりました。

そんな時に、上司から呼ばれて行くと、訳あってお嫁に行きそびれた美人がいるが、一度会ってみないか?とのこと。

これに対して、
「今回のお話を真摯に受け止めます」と会うことを承諾したのです。

真摯に受け止め取り組む姿勢が評価された

実力はあるのだが、練習のパートナーに恵まれず、結果が出ないアスリートがいます。

自分だけの考えで、思考錯誤を繰り返して練習しても、思うような成績は発揮できません。

そんな前向きな努力を側で見ていた仲間が、「俺の先輩が指導してもらっているコーチは、理論的に指導してくれるらしいので、おまえに向いているのではないか」と教えてくれた。

そこで、そのコーチに会って見ると、「とりあえずこの練習メニューを1週間続けてみろ」とのこと。

そのコーチの指導を本気で受けたいと思ったので、一生懸命言われたメニューをこなしました。

1週間後に会うと、そのメニューを真摯に受け止め取り組む姿勢が評価されて、1年間の指導を受ける契約をすることになったのです。

真摯に受け止め改善に努めます

ある企業からデーター入力の作業を引き受けている下請け会社があります。

パートや契約社員を30人ほど抱えて、PCで入力作業を行っているのです。

簡単な入力作業と言っても、ミスは許されません。

顧客から上がって来るクレームの数で、入力の正確さも判断できるのです。

新人がたくさん入社する時期は、特に注意が必要なのです。

そんな時期には、誤入力が多くなるので特に注意しているのです。

しかし、今年は注意しているにも関わらず、異常にミスが増えてしまったのです。

クライアントから呼びつけられた社長は、「真摯に受け止め改善に努めます」と謝罪したのでした。

真摯に受け止めさらなる向上を目指します

決して大きなミスをしたり問題を起こした訳ではありません。

毎年順調に業績は上がっているのです。

顧客の開拓や新商品の開発、コストダウンと手は打っているのです。

しかしながら、国内外を取り巻く環境は年々厳しくなり、グローバル化も急速に拡大しています。

それを考えると、いつまでも安閑としてはおれません。

ある日に、役員と一緒に経営セミナーに参加することになりました。

この時の講師の話しを聞いているうちに将来が不安になったのです。

一緒に講演を聞いた役員に感想を聞かれたときに、「今日の講演を真摯に受け止めさらなる向上を目指します」と誓ったのです。

真摯に受け止めるを使うときの注意点

「真摯に受け止める」を使う時の注意点をまとめました。

漢字の間違いに気をつける

「真摯」という漢字は、書くと難しい漢字です。

PCで文章を書く時には、「しんし」で検索するとすぐに出て来るので分かりやすいんですが、手書きとなると難しいのです。

おなじ「しんし」という発音でも、「紳士」という漢字もあります。

「紳士」とは上流社会の人で、上品で礼儀正しくて教養がある人ということです。

礼儀正しいとか上品とかの意味合いは、どこか「真摯」と重なってしまいます。

しかし、「真摯」の方は真面目で熱心で執着心が強いことを表しているのです。

「紳士」にはこのニュアンスは無いのです。

発音が同じでも「紳士」と「真摯」を間違わないようにしましょう。

「撃」によく似ているので注意

「真摯」を手書きする時に間違いやすい漢字があります。

それはマンガやTVアニメでお馴染みの「進撃の巨人」の「撃」です。

進撃の「撃」の漢字の上半分をよく見ると、「執」という字の右に「殳(ほこづくり)」の字が合わさっています。

それを下で「手」が支えているのです。

「真摯」の「摯」という漢字は、上半分は「執」の右側は「丸」なのです。

進撃の「撃(げき)」と真摯の「摯(し)」とを書き間違えないように注意が必要です。

せっかく真摯な気持ちで書こうと思っても、間違えれば台無しです。

読み方に気をつける

進撃の巨人が大好きなマニアの人は、要注意です。

ついつい「しんし」のところを「しんげき」と話してしまうと大変です。

「進撃(しんげき)に受け止める」ということになって、前進して敵を攻撃することを受け入れることにもなってしまいます。

戦闘行為になります。

「しんげき」と間違いやすいので注意

先ほど説明しましたが、進撃の「撃」の漢字は「執」と「殳」、真摯の「摯」の漢字は「執」と「丸」なのです。

くれぐれも読み間違いや書き間違いをしないように注意してください。

多用はしないほうがいい

「真摯に」という言葉には、腹をくくってやり遂げるという使命感があるのです。

日常生活では、そんなに腹をくくってまで覚悟するようなことはほとんど起こりません。

すなわち、覚悟を決めるのですから、あまり軽々しく多用はしないほうがよいのです。

ここぞという時に使うべき

「真摯」という言葉は、もうこれしかない、という最後の段階で使う言葉です。

ここぞという時に使うと、必死の覚悟が伝わるので効果的なのです。

かしこまった場面で使う

「真摯」という言葉は、重みのある言葉なので、かしこまった場面で使うことで真剣さが伝わり、あなたの評価も上がるのです。

普通の場面で多用していると、信用も無くなりますから注意してください。

真摯に受け止めるは真面目さを強調できる

ここまで書いてきたように、「真摯に」という言葉は話す人がある種の覚悟を決めて発する言葉なのです。

単に決まりきった常套句ではないということです。

目上の人に何かで注意されたときに、「真摯に受け止めます」と言っておけば納得してくれるだろうという甘い考えで言ってはならないのです。

この言葉では、真面目さを強調できるのですが、本当に覚悟を決めて伝えているのかは態度でもすぐに分かるのです。

例えば、薄ら笑いを浮かべながら「真摯に受け止めます」と言っても、相手にはこの場しのぎで嘘をついている、と思われてしまいます。

また、上司から叱られたときに、側にいた仲間から「しっかりとお詫びしろ」と尻を叩かれてから「真摯に受け止めます」と言っても、本心から言っている筈はない、と軽く一蹴されてしまうのです。

真面目にかつ真剣に、そしてそのことを一途に考えるという覚悟を込めて言うべきです。

熱い心を持って現実を受け入れる時に「真摯に受け止めます」と言うと、相手の心にも響くものです。

この言葉で、この場をしのいでおこうという軽い考えでだけは、決して言わない言葉でもあるのです。