CoCoSiA(ココシア)

許嫁とはどういう存在?絶対結婚しなきゃいけないの?


私たち人間が存在している本来の目的の一つとしては子孫繁栄が大きな目的のひとつと認識されています。

だからこそ私たちは本能で異性を求めて異性と子供を設けて自分の子孫繁栄していくことを本能の1つとして捉えています。

本能なのでわざわざ意識せずとも自然とその様に意識を持つと思います。

実際に私たちは誰かから教えてもらって異性を意識するわけではありませんし、思春期を迎えてから異性に興味を持って様々な性的なことも興味を持つようになると思います。

誰しもがこの手に関してそもそも疑問を持ったことはないと思います。

そしてある程度の年齢になれば愛する人を見付けて、愛する人と結婚して性行為を行って子供を授かって家族として一生を終えるという事が一般的な人生として認識されています。

あなたはこの一連の流れを考えてこれが当たり前だと思っていませんか?

確かにこれは当たり前なのですが時と場合によっては当たり前ではなくなってしまうのです。

なぜかと言いますと一般的に私たちの考え方としては愛する人を自分で見つけて、この人と結婚したいと思った人に対して結婚を行うはずですよね。

しかしながら今の世の中ではあまり多くはありませんが、昔は結婚するという事を親が決めていた時代が存在してました。

昔であればこれはかなり当たり前の話であり、むしろ自由に結婚を決めるということが許されないという考え方が存在していました。

今の時代では考えられない話かもしれませんが、現実に存在しているので今の時代は考え方によってはとても幸せな時代であると考えることができます。

結婚相手が決められている、いわゆる許嫁という存在になりますが、今回は許嫁をテーマにして許嫁がどういう存在であるのか、そして絶対に結婚をしなくてはいけないのかという事についてご紹介していきたいと思います。

️許嫁ってなに?

そもそも人によっては許嫁という存在がどういうものなのかわからない方がたくさんいると思います。

もちろん今の時代を生きる人にとってその様な事が調整されているわけではありませんので知らないのは当たり前のことです。

しかしながら、関係ないと思わずに昔の事を知らずに今の時代を生きるというのは自分の視野を狭めてしまう行為の1つとして考えることができます。

様々なことを知り広い視野を持って今の時代はどういう時代なのかということを客観的に考える事が一つの自分の成長や今を生きる自分の幸せに繋がっていくはずです。

また、単純に言葉の意味を知るということは自分にとってプラスなことであり知識を増やすという意味では自分にとって損なことは一切ありません。

様々な知識を身につけてそこから連結してたくさんの知識を身につけておけば引き出しの多い、視野の広い人間になれますので、この機会に許嫁という言葉について知り、そこからさらに今の自分自身の幸せを感じるきっかけにしてみてください。

許嫁とは

許嫁とは何か
許嫁という言葉はその名前からある程度意味を推測することが可能だと思います。

嫁を許すという言葉で許嫁という言葉になっていますので、簡単に言えば親がその人に対する結婚相手を決めると言うことです。

この意味を知って昔はこれが当たり前だったと言うことを考えてみると、かなり嫌な時代だと感じる方もいるかもしれませんね。

なぜならば今は時間が好きな人を見つけて自由な恋愛をして恋愛を楽しむことが一つの人生の楽しみとして捉えられていますので、その最大の楽しみを奪われてしまうということが苦痛以外の何者でもありません。

特に女性に関しては恋愛の話などをしてわくわくする気持ちを感じるのが大好きです。

もちろん女性に限らず男性も同じだと思いますが、特に女性は話をするのが好きなので恋愛の話は盛り上がる鉄板のテーマの一つともなっていますので、自由な恋愛を奪われるという事はかなりショックですよね。

実際に友達と会った時に恋愛の話をするのが楽しみで仕方がないという方もたくさんいると思います。

だからこそ私たちは今の時代を生きているということがとても幸せなことであると言うことを実感して大いに恋愛を楽しまなければいけません。

親が決めた結婚の約束

そもそも結婚親が決めるということ自体がなぜそのようなことを行っているのか理解できない方がたくさんいると思います。

しかしながら今の時代と昔の時代は考え方であったり風習などは全く違いますので、その当時はこれが当たり前という認識になっているのです。

その様に考えると当時の人間はもちろん自分の自由な恋愛をしたいと考えている方もいると思いますが、半ばこれが当たり前なので特に文句はないと思ってる方もいたかもしれません。

そのように考えるとなんだか今の時代を生きている私たちからすると悲しい気持ちになってしまうかもしれませんが、考え方や風習、文化などが違うのでそれはかなり難しい問題です。

実際に今の時代においてもおそらく昔の人間から考えてみれば逆にありえないという時代になっているのかもしれませんね。

昔の時代には昔の時代形の言い分が存在していたりする可能性もありますし、現実的に今の時代としても私たち日本以外の別の国では当たり前と思われてる様なことが、日本では当たり前に思われていなかったり、当然ながらその逆も然りです。

だからこそ相手のことが理解できないのは当然のことです。

なので言ってみれば昔の人たちからすればしょうがなかった時代になるのかもしれませんね。

約束を結んだ婚約者のこと

約束を結んだ婚約者
そもそも許嫁という言葉の意味に関しては、「幼少時に本人たちの意思に関わらず双方の親または親代わりのものが合意で結婚の約束をすること」という意味を持っています。

なので許嫁という漢字が生まれているのですが、ここで大きな疑問を持っている方がいると思います。

それは漢字に着目していただきたいのですが、許嫁という言葉は嫁という言葉が入っている様に、なぜこの言葉に女性の漢字が当てはまっているのかと違和感を感じる方がいるかもしれませんね。

それもそのはず意味としては女性に限った意味では存在していないので、人によっては違和感を感じる方がいるかもしれませんね。

なぜ男女限らず許嫁と呼ばれるのに女性の名称が入っているのかといいますと、これは昔の時代の文化によるものが関係していると考えることができます。

元々許嫁と言う言葉は当て字で作られた言葉であり、言い名付くという言葉が変換したものであると言われています。

そして昔の時代の文化と言うのは、今では考えられないかもしれませんが来ないは男性が女性の名前を知るということがその女性を占有することと同じ意味として捉えられていました。

これはつまりどういうことかと言いますと、男性がその女性の名前を知ると言うことがその女性と結婚を前提にした交流手段を取っていると考えることが出来ます。

つまりその気がない人に関しては名前を教えるということ自体が行われていなかったと考えることができます。

今の時代は好きとか嫌いとかその様な言葉関係なく相手と関わる際には自然と名前を聞くのが当たり前ですよね。