私たち人間が存在している本来の目的の一つとしては子孫繁栄が大きな目的のひとつと認識されています。

だからこそ私たちは本能で異性を求めて異性と子供を設けて自分の子孫繁栄していくことを本能の1つとして捉えています。

本能なのでわざわざ意識せずとも自然とその様に意識を持つと思います。

実際に私たちは誰かから教えてもらって異性を意識するわけではありませんし、思春期を迎えてから異性に興味を持って様々な性的なことも興味を持つようになると思います。

誰しもがこの手に関してそもそも疑問を持ったことはないと思います。

そしてある程度の年齢になれば愛する人を見付けて、愛する人と結婚して性行為を行って子供を授かって家族として一生を終えるという事が一般的な人生として認識されています。

あなたはこの一連の流れを考えてこれが当たり前だと思っていませんか?

確かにこれは当たり前なのですが時と場合によっては当たり前ではなくなってしまうのです。

なぜかと言いますと一般的に私たちの考え方としては愛する人を自分で見つけて、この人と結婚したいと思った人に対して結婚を行うはずですよね。

しかしながら今の世の中ではあまり多くはありませんが、昔は結婚するという事を親が決めていた時代が存在してました。

昔であればこれはかなり当たり前の話であり、むしろ自由に結婚を決めるということが許されないという考え方が存在していました。

今の時代では考えられない話かもしれませんが、現実に存在しているので今の時代は考え方によってはとても幸せな時代であると考えることができます。

結婚相手が決められている、いわゆる許嫁という存在になりますが、今回は許嫁をテーマにして許嫁がどういう存在であるのか、そして絶対に結婚をしなくてはいけないのかという事についてご紹介していきたいと思います。

️許嫁ってなに?

そもそも人によっては許嫁という存在がどういうものなのかわからない方がたくさんいると思います。

もちろん今の時代を生きる人にとってその様な事が調整されているわけではありませんので知らないのは当たり前のことです。

しかしながら、関係ないと思わずに昔の事を知らずに今の時代を生きるというのは自分の視野を狭めてしまう行為の1つとして考えることができます。

様々なことを知り広い視野を持って今の時代はどういう時代なのかということを客観的に考える事が一つの自分の成長や今を生きる自分の幸せに繋がっていくはずです。

また、単純に言葉の意味を知るということは自分にとってプラスなことであり知識を増やすという意味では自分にとって損なことは一切ありません。

様々な知識を身につけてそこから連結してたくさんの知識を身につけておけば引き出しの多い、視野の広い人間になれますので、この機会に許嫁という言葉について知り、そこからさらに今の自分自身の幸せを感じるきっかけにしてみてください。

許嫁とは


許嫁という言葉はその名前からある程度意味を推測することが可能だと思います。

嫁を許すという言葉で許嫁という言葉になっていますので、簡単に言えば親がその人に対する結婚相手を決めると言うことです。

この意味を知って昔はこれが当たり前だったと言うことを考えてみると、かなり嫌な時代だと感じる方もいるかもしれませんね。

なぜならば今は時間が好きな人を見つけて自由な恋愛をして恋愛を楽しむことが一つの人生の楽しみとして捉えられていますので、その最大の楽しみを奪われてしまうということが苦痛以外の何者でもありません。

特に女性に関しては恋愛の話などをしてわくわくする気持ちを感じるのが大好きです。

もちろん女性に限らず男性も同じだと思いますが、特に女性は話をするのが好きなので恋愛の話は盛り上がる鉄板のテーマの一つともなっていますので、自由な恋愛を奪われるという事はかなりショックですよね。

実際に友達と会った時に恋愛の話をするのが楽しみで仕方がないという方もたくさんいると思います。

だからこそ私たちは今の時代を生きているということがとても幸せなことであると言うことを実感して大いに恋愛を楽しまなければいけません。

親が決めた結婚の約束

そもそも結婚親が決めるということ自体がなぜそのようなことを行っているのか理解できない方がたくさんいると思います。

しかしながら今の時代と昔の時代は考え方であったり風習などは全く違いますので、その当時はこれが当たり前という認識になっているのです。

その様に考えると当時の人間はもちろん自分の自由な恋愛をしたいと考えている方もいると思いますが、半ばこれが当たり前なので特に文句はないと思ってる方もいたかもしれません。

そのように考えるとなんだか今の時代を生きている私たちからすると悲しい気持ちになってしまうかもしれませんが、考え方や風習、文化などが違うのでそれはかなり難しい問題です。

実際に今の時代においてもおそらく昔の人間から考えてみれば逆にありえないという時代になっているのかもしれませんね。

昔の時代には昔の時代形の言い分が存在していたりする可能性もありますし、現実的に今の時代としても私たち日本以外の別の国では当たり前と思われてる様なことが、日本では当たり前に思われていなかったり、当然ながらその逆も然りです。

だからこそ相手のことが理解できないのは当然のことです。

なので言ってみれば昔の人たちからすればしょうがなかった時代になるのかもしれませんね。

約束を結んだ婚約者のこと


そもそも許嫁という言葉の意味に関しては、「幼少時に本人たちの意思に関わらず双方の親または親代わりのものが合意で結婚の約束をすること」という意味を持っています。

なので許嫁という漢字が生まれているのですが、ここで大きな疑問を持っている方がいると思います。

それは漢字に着目していただきたいのですが、許嫁という言葉は嫁という言葉が入っている様に、なぜこの言葉に女性の漢字が当てはまっているのかと違和感を感じる方がいるかもしれませんね。

それもそのはず意味としては女性に限った意味では存在していないので、人によっては違和感を感じる方がいるかもしれませんね。

なぜ男女限らず許嫁と呼ばれるのに女性の名称が入っているのかといいますと、これは昔の時代の文化によるものが関係していると考えることができます。

元々許嫁と言う言葉は当て字で作られた言葉であり、言い名付くという言葉が変換したものであると言われています。

そして昔の時代の文化と言うのは、今では考えられないかもしれませんが来ないは男性が女性の名前を知るということがその女性を占有することと同じ意味として捉えられていました。

これはつまりどういうことかと言いますと、男性がその女性の名前を知ると言うことがその女性と結婚を前提にした交流手段を取っていると考えることが出来ます。

つまりその気がない人に関しては名前を教えるということ自体が行われていなかったと考えることができます。

今の時代は好きとか嫌いとかその様な言葉関係なく相手と関わる際には自然と名前を聞くのが当たり前ですよね。

しかしながら昔は全く文化が違っていたということです。

ちなみにこの風習に関しては日本における最古の和歌集である「万葉集」に記載されていますので、実在していた風習で間違いありません。

幼少期に親同士が約束する

許嫁の意味を簡単にご紹介しましたが、許嫁の意味として幼少時に親同士が約束するという事が存在していました。

幼い年齢の時にすでに結婚相手が決まっていると考えるとなんだか恋愛に対する楽しみも何もないと捉えられがちですよね。

しかしながら考え方によっては少しロマンチックな一面もあるかもしれません。

これは人それぞれの考え方になるかもしれませんが、許嫁という存在は漫画などでも使われたり取り入れられたりしてる様な風習の一つであったりするので、その影響を受けている方からすれば少し憧れを持ったりする方もいるかもしれません。

もちろん見た目が全くタイプでない人が結婚相手として決まっていた場合は嬉しくないかもしれませんが、子供の頃からこの人と結婚するということを意識して、相手と信頼関係を築きあげていき、もしもその相手が自分が好みの顔だったと考えたらロマンチックかもしれません。

また子供の頃からこの人と結婚するということを考えて育った場合は、かなり幼い頃から相手を意識していることも考えられますので、この人以外結婚するのはあり得ないという感覚になれるかもしれません。

なので結局は人の捉え方によって如何様にも受け止め方があると考えることができます。

後々になって知らされる

許嫁がもしかすると捉え方によってはロマンチックな一面があるかもしれないとご紹介しましたが、しかしながら許嫁という関係については基本的にいつ教えられるのかということがあまり判明していません。

もちろんある程度年頃の年代になってからいきなり教えてしまうともしかすると他に好きな人ができている可能性もあったりする場合もありますのでも少し幼い年齢の時に教えられたのかもしれませんが、具体的な時期がいつ教えなければいけないという決まりは存在していません。

なので場合によっては教えられる時期によって考え方や感じ方などは全く違うということも考えられます。

年頃の年齢の時にその様な事を教えられても当人としては受け入れがたいですし、迷惑な話に感じてしまう場合もありますよね。

しかしながらかなり幼い年齢からそれを理解されていたのであればそこまで違和感なく受け入れられるかもしれませんね。

しかし現実として昔は男性が主体で結婚については決められていましたので、どちらかといえば女性は我慢する側に立たされていました。

なので昔の文献などでも悲運に泣いた女性の物語も数多く残されていると言われています。

なのでやはり場合によって大きくその決まりも感じ方や捉えられ方が違うという証拠になっています。

家柄や社会的な付き合いが重視されていた時代

人によってはなぜ自分の娘が我慢をしたり嫌な思いをしたりしてまで許嫁という制度をそこまでこだわっていたのかと中には怒りを覚える方もいるかもしれませんね。

しかしながらこれには深い理由が存在しています。

昔は当たり前だったのですが今の時代では考えられないと思いますが昔は家柄や社会的な付き合いというものが非常に重要視されていた時代になっています。

今でこそ私たち人間に関しては人間を区別するよな階級などが存在していませんでした。

しかし当時は家柄であったり社会的な立場というものがより強固な存在になっており、それを意識した付き合いというのが当然の考え方になっています。

もちろん今の時代でも具体的な区別はありませんが、やはりお金を持っていたりある程度力のある家の血筋というものは存在しています。

なので今の時代でも全くないとは言い切れないのです。

そして当然力を持っている家庭と近い関係になることができればその過程もその恩恵を受けることができますので、言い換えてみれば家族を守るために娘を犠牲にしていたという風にも捉えることができます。

だからこそどんなに嫌だったとしても家族を守るという意味で苦汁を飲んで来た女性はたくさんいると考えることができます。

最近は単なる婚約者の意味を含む

ちなみに現在においても許嫁という言葉は当然存在しています。

しかしながら昔の様な親が結婚を決めるという例や意味合いはかなり少なくなっています。

では今現在はどの様な意味合いとして捉えられているのかと考えた時に今の時代の意味としては「結婚の約束をした相手」という意味で考えられています。

つまり言い換えてみれば婚約者という意味を想像してもらえれば分かりやすいと思います。

しかしながらわざわざ今の時代に婚約車の事を言い名付けと呼んだりすることはあまりありませんので、あまり現代においては使われていない言葉として考えることができます。

そういった背景もありますので今の若い人たちが許嫁という言葉を知らないかも無理はありません。

基本的には親に決められた婚約者を指す

しかしながら婚約者のことを許嫁と呼ぶ場合があるとお伝えしましたが、基本的には親に決められた婚約者の事を指し示しています。

なので自分でこの人と結婚したいと思って婚約を結んだ人のことは婚約者と呼び、親が勝手に決めた結婚相手のことは許嫁と呼ぶ様にして区別されてます。

これを間違って覚えていると受け止める人からすればかなり間違った認識になってしまう可能性がありますので必ず正しく覚えて言葉を使う様にしてください。

️許嫁が減ってきた背景

許嫁がどういう意味を持っているのかということを簡単にご紹介していきました。

許嫁という存在がどういうものであるのかというのがあるけどわかりいただけたところで、人によって感じる疑問としてはなぜ許嫁という風習がだんだんと今の時代になくなってきたのかという事を疑問に感じる方が多いと思います。

なぜ許嫁という風習がなくなっていたのかという事を知るのはこれまでの時代の流れを把握するという事と等しいことになりますので、自分の視野を広めるための様々な知識を身に付けることに直結します。

なのでこの機会にどういう風に時代が変わってきて許嫁が減っていったのかということを知識として身に着けてみてください。

個人の権利の重視

なぜ許嫁が減ってきたのかという背景を考えた時に考えられる理由としては昔に比べて今の時代は個人の権利を重視した考え方を保つ様になったということが関連して考えられます。

昔は先ほどご紹介したように家柄や社会的な付き合いを重要視して考えていたのでそもそも個人の自由であったり個人が行使することができる権利というものに関してあまり着目されていませんでした。

しかし様々な海外の文化を知ったり、取り入れたりしたことによって最終的に今の時代に近づくにつれて男女平等という考え方も広まり、さらには個人個人の考え方や権利に関して確立される様な時代に変化してきました。

だからこそ個人の自由を奪うような親の権利を使って子供の結婚相手を決めさせるというような考え方は無くなくなってきました。

なのでもしも個人の権利をあまり重視しない考え方がまだ広がりつつなったのであれば今の時代だったとしても結婚相手を親が決めたりしているという事などは起こり得ていた可能性があります。

その様に考えると個人の権利が確立されている今の時代は幸せな時代であり、自分に与えられた個人の権利というものを有意義に活用しなくてはいけませんね。

今の時代にように自分がどのように生きるかということが当たり前に決められる様な時代になったということは素晴らしいことなのです。

周りとの関係の希薄

次にご紹介するなぜ許嫁が減ってきたのかという背景が考えられる理由としては周りとの関係性が希薄になってきたということが考えられます。

これはどういうことかと言いますと、許嫁が決められる際は先ほどご紹介したように社会的な立場が関連しているからこそ存在していたという事がお分かりいただけると思います。

社会的な立場での付き合いがあったからこそ自分の娘と結婚させて良い影響を与えてもらおうという事ですね。

しかしながらだんだんと時代が変わっていくにつれてその様な社会的な関係や周りとの関係性というものがだんだんと希薄になってきたということが考えられます。

当然ながら周りとの関係性が希薄になっていくという事はわざわざその関係性を維持する必要もなくなってきますので、許嫁という風習が廃れていったひとつの原因として考えることが出来ます。

確かに昔と比べると今の時代はあまり周りの人間との関係性というのは希薄になっていると感じる面が多いと思います。

昔は引っ越しをすれば引っ越し先の両隣の部屋の人に対して挨拶をしたりするのが当たり前でした。

今でも一軒家などの団地に関しては挨拶をしたりする場合があったりするかもしれませんが、少なくとも賃貸のマンションやアパートなのに引っ越しをする際にわざわざ丁寧に挨拶をしたりする様な人は全く見なくなってしまいました。

しかしながら田舎のある程度年齢を重ねている方に関しては今でも近所づきあいなどが頻繁に行われていたり、食品などのおすそわけなどがあったりする場合がありますので、皆無ではありませんが都会などはかなり希薄になっていると感じることが出来ます。

日本では非常にレアなケースになった

最終的に許嫁という風習が減ってしまいいまに関しては日本では非常にレアなケースと考えられる様になってしまいました。

今の時代はそもそも許嫁などが行われていませんので、おそらく自分の身近な人間で許嫁で結婚させられたという方はほぼ存在しないと思います。

ほぼ全ての人間が恋愛結婚していると思いますが、中には私たちが知らないだけでかなりお金持ちの御曹司の方であったり、会社なのでの付き合いがあったりして積極的に親同士が結びつけようとしたりする働きなどあるかもしれませんね。

だからこそ今の日本においてはレアなケースとして考えられます。

️許嫁は絶対に結婚しなくてはならない?

昔の時代と比べて今の時代は許嫁という存在が入ってきてしまったということがわかりいただけたと思います。

まさに私たちにとっては過ごしやすい良い時代であるという風に考えることができるかもしれませんがもしも万が一許嫁と結婚しなさいとあなたが突然自分の親に命令された場合あなたはどの様に対処すれば良いかわかりますか?

おそらく世の中に存在している大多数の方が経験しないような事だとは思いますが、この様な話が絶対的にないとも言い切れません。

もしもいきなり親がこの人と結婚することが決まったからといって写真を渡してくる可能性がないとも言えませんよね。

だからこそ念のために単純な知識としてその様なことを強制された場合にあなたがとるべき行動などを知っておくということは損にはならないと思いますので、この機会に知識として身に着けておいてください。

逆にこれを知っていれば様々な場面で話題の1つとしてたくさんの人と話をしたりすることができるかもしれませんので、豆知識のひとつして認識しておけば便利ですよ。

許嫁との結婚は義務ではない

もしあなたが仮に親からこの人と結婚することが決まったと言われて許嫁として結婚しなさいと命令された場合、基本的な知識として知っていただきたいのは許嫁との結婚すると言うことは義務ではありません。

冷静に考えればすぐにわかることなのですが、先ほどご紹介したように個人の権利が確立されている時代になっています。

その様な時代になっているのに法律で許嫁を決められたら結婚しなければいけないという義務が制定されているという事はおかしなことですよね。

なのでまず結論としては許嫁との結婚することは義務ではないので結婚する必要性はないと考えることができます。

これを知っておかないともしかしたら人によっては家族のために自分の自由を犠牲にして家族が幸せになるために結婚しようという選択を取る方がいるかもしれません。

なので豆知識として必ずしも結婚することは義務ではないということを理解してください。

つまり拒否できる!

もし仮にあなたが親からこの人と結婚することが決まったから結婚してねと言われても拒否することが出来るとお伝えしました。

しかしながらもしもその状況に立たされた場合親も簡単には譲らないでしょうから、何が何でも拒否をし続ける強い意志が必要になります。

今は存在しないと信じたいですが、家庭によってはこのような古い考え方が染み付いてしまっている家庭も全くないとは限らないからです。

実際に許嫁との結婚が嫌で家を出たという方などもたくさんありますし、場合によっては宗教なの絡みで結婚相手を決められてしまうということも存在しているのです。

実際に一般的に表には出ていない真相ですので定かではありませんが、家にいるのが嫌で家を飛び出して神社に一人でこもって栄養失調寸前まで追い詰められた少女が最近警察に保護されて自宅に戻されたという事件が存在していました。

これも本当かどうかはわかりませんが少女が自宅から家を出たのは宗教上の絡みで好きでもない人と結婚させられそうになったことが悩みの原因になっていたということなどが噂されています。

あくまで噂なので分かりませんが、もしもこれが自分の立場だったらと考えた時に人によっては本当に深刻なまでに悩みとして存在してしまいます。

なので現実的に起こり得る可能性は少ないとしても、知識として知っておかなければ強く調整されて受け入れてしまうということがあるかもしれませんので拒否権は必ず存在するということは何度もお伝えしますがこの機会に理解しておいてください。

なにを大事にしたいかが重要

もしも親から許嫁を決められてしまった場合人によっては受け入れ金ないという可能性をお伝えしましたが、こればっかりはその時の状況になってしまわなければ感じることができない判断になると思います。

なぜならば軽い感じで親から結婚相手が決まったと言われれば、こちらとしては半分冗談程度のノリで拒否する旨を話すことができるかもしれませんが、もしも自分の大切な親が自分を助けると思って結婚して欲しいと言う風に真剣に相談してきた場合、おそらく前者と比べると簡単には断れない様な状況になってしまいますよね。

なのでもしも万が一ですが許嫁を決められて結婚を強制されそうになった場合に大切な考え方をご紹介したいと思います。

親の気持ち

まずはじめにご紹介する大事にしたい気持ちの1つとしては親の気持ちです。

自分を大切にして育ててくれた親に対しては当然ながら感謝の気持ちを持っているはずです。

時と場合によっては親のために命を投げ出すと言うことも厭わないように考える方も存在しています。

なので親の気持ちをもしも一番大切に考えたいという風に思えば人によっては結婚承諾する人もいるかもしれません。

基本的に許嫁というのは親が探して親が勝手に決めつけるものですから、親の希望としてはその人と結婚して欲しいというのが本音だと思います。

なので自分の自由を犠牲にしてまでも親の気持ちを大切にしたいと考えるのであれば許嫁と結婚するというのも一つの選択肢としては考えることができます。

自分の気持ち

次にご紹介する大事にしたい気持ちの1つとしては自分の気持ちです。

一番大切なのは自分自身がどの様にしたいのかという自分の本当の気持ちです。

状況によってはもしかしたらあなたには付き合ってる大切な人が存在しているかもしれません。

その様な人が存在するのであればいきなり知らない人間と結婚しろと言われたところで理解できるはずがありませんし、自分の権利を主張したくもなりますよね。

なので自分の気持ちを大切にしたいと考えるのであれば自分の権利を大切にするのか、それともそれを上回る親を思う気持ちを取るのか、苦渋の切断かもしれませんが、それをじっくりと考えた上で決断を出さなければいけません。

しかし個人の権利が一番大切ですし、いくら大切な親だからといって親が決めた事をすべて受け入れる必要性はまったくありません。

自分の人生を幸せにいきるのが人生です。

あなたはあなたの人生を歩んでいるのであって親の人生を歩む必要はないからです。

だからこそもし嫌ならばはっきりと自分の気持ちを強く伝えなければいけません。

許嫁の気持ち

次にご紹介する大事にしたい気持ちの1つとしては許嫁の気持ちです。

当然ながらもしもこのような相談を受けた場合は自分だけではなく、自分との結婚を決められたもう一人の許嫁が存在しているはずです。

なので許嫁の気持ちに関しても考えてあげなければいけません。

もしかしたら許嫁は結婚する事自体望んでいないのに厳しい家で逆らえずに強制されている可能性もあるかもしれません。

その反対に自分との結婚を大いに楽しみにしている人かもしれません。

なのでもしもある程度許嫁に関して許容しているのであれば許嫁の気持ちに関しても理解してあげる必要性があります。

もちろん断固として拒否をしたいのであれば考える必要性はありません。

本当に好きな人の気持ち

次にご紹介する大事にしたい気持ちの1つとしては本当に自分が好きな人の気持ちです。

これはもしも今現在好きな人と付き合っていたり好きな人が心の中に存在している場合に限る話ですが、もしも許嫁を決められてしまった場合、考えなくてはいけないのは今付き合っている人、もしくは思いを伝えていない好きな人に対する気持ちです。

この問題が解決しない場合はそもそも強制的に決められても納得できないはずです。

人によっては周りの事を考えて好きな人との時間を失ってでも家族を守ろうとする人がいるかもしれませんね。

しかし、逆に好きな人がいるからこそ拒否したいと考える方もいるかもしれません。

一番良いのは付き合っているのであればその人と相談する事です。

心配させたくないのであれば相談する必要はないかもしれませんが、辛い状況に立たされている場合は付き合っている身としては相談してもらった方が嬉しいはずです。

いずれにしても自分の判断だけでは決められないので、時には正直に打ち明ける覚悟も必要です。

️日本では許嫁制度はまだまだ残っている

今回は許嫁をテーマにして許嫁という言葉の意味や許嫁が減ってきた理由、そして許嫁の風習を拒否することができるのかどうかをご紹介していきました。

なかなか今の時代を生きている私たちにとっては関係ない話として捉えられがちかもしれませんが、私たちの知らないところでまだまだ許嫁の制度は残っている可能性があります。

なので自分には全く関係ないと思わずにもしも自分が決断を迫られた場合どの様な判断する必要があるのか、もしくは時にはその程度から逃げることができるのかどうかとうことを理解しておけばいざその場に立たされた時に適切な行動できる可能性が高まります。

少し難しい問題かもしれませんが、一つの知識として身につけておけば必ず役に立つことができますので、基本的な知識として活用してみてください。