CoCoSiA(ココシア)

許嫁とはどういう存在?絶対結婚しな...(続き4)

基本的に許嫁というのは親が探して親が勝手に決めつけるものですから、親の希望としてはその人と結婚して欲しいというのが本音だと思います。

なので自分の自由を犠牲にしてまでも親の気持ちを大切にしたいと考えるのであれば許嫁と結婚するというのも一つの選択肢としては考えることができます。

自分の気持ち

次にご紹介する大事にしたい気持ちの1つとしては自分の気持ちです。

一番大切なのは自分自身がどの様にしたいのかという自分の本当の気持ちです。

状況によってはもしかしたらあなたには付き合ってる大切な人が存在しているかもしれません。

その様な人が存在するのであればいきなり知らない人間と結婚しろと言われたところで理解できるはずがありませんし、自分の権利を主張したくもなりますよね。

なので自分の気持ちを大切にしたいと考えるのであれば自分の権利を大切にするのか、それともそれを上回る親を思う気持ちを取るのか、苦渋の切断かもしれませんが、それをじっくりと考えた上で決断を出さなければいけません。

しかし個人の権利が一番大切ですし、いくら大切な親だからといって親が決めた事をすべて受け入れる必要性はまったくありません。

自分の人生を幸せにいきるのが人生です。

あなたはあなたの人生を歩んでいるのであって親の人生を歩む必要はないからです。

だからこそもし嫌ならばはっきりと自分の気持ちを強く伝えなければいけません。

許嫁の気持ち

次にご紹介する大事にしたい気持ちの1つとしては許嫁の気持ちです。

当然ながらもしもこのような相談を受けた場合は自分だけではなく、自分との結婚を決められたもう一人の許嫁が存在しているはずです。

なので許嫁の気持ちに関しても考えてあげなければいけません。

もしかしたら許嫁は結婚する事自体望んでいないのに厳しい家で逆らえずに強制されている可能性もあるかもしれません。

その反対に自分との結婚を大いに楽しみにしている人かもしれません。

なのでもしもある程度許嫁に関して許容しているのであれば許嫁の気持ちに関しても理解してあげる必要性があります。

もちろん断固として拒否をしたいのであれば考える必要性はありません。

本当に好きな人の気持ち

次にご紹介する大事にしたい気持ちの1つとしては本当に自分が好きな人の気持ちです。

これはもしも今現在好きな人と付き合っていたり好きな人が心の中に存在している場合に限る話ですが、もしも許嫁を決められてしまった場合、考えなくてはいけないのは今付き合っている人、もしくは思いを伝えていない好きな人に対する気持ちです。

この問題が解決しない場合はそもそも強制的に決められても納得できないはずです。

人によっては周りの事を考えて好きな人との時間を失ってでも家族を守ろうとする人がいるかもしれませんね。

しかし、逆に好きな人がいるからこそ拒否したいと考える方もいるかもしれません。

一番良いのは付き合っているのであればその人と相談する事です。

心配させたくないのであれば相談する必要はないかもしれませんが、辛い状況に立たされている場合は付き合っている身としては相談してもらった方が嬉しいはずです。

いずれにしても自分の判断だけでは決められないので、時には正直に打ち明ける覚悟も必要です。

️日本では許嫁制度はまだまだ残っている

今回は許嫁をテーマにして許嫁という言葉の意味や許嫁が減ってきた理由、そして許嫁の風習を拒否することができるのかどうかをご紹介していきました。

なかなか今の時代を生きている私たちにとっては関係ない話として捉えられがちかもしれませんが、私たちの知らないところでまだまだ許嫁の制度は残っている可能性があります。

なので自分には全く関係ないと思わずにもしも自分が決断を迫られた場合どの様な判断する必要があるのか、もしくは時にはその程度から逃げることができるのかどうかとうことを理解しておけばいざその場に立たされた時に適切な行動できる可能性が高まります。

少し難しい問題かもしれませんが、一つの知識として身につけておけば必ず役に立つことができますので、基本的な知識として活用してみてください。