CoCoSiA(ココシア)

許嫁とはどういう存在?絶対結婚しな...(続き2)

しかしながら昔は全く文化が違っていたということです。

ちなみにこの風習に関しては日本における最古の和歌集である「万葉集」に記載されていますので、実在していた風習で間違いありません。

幼少期に親同士が約束する

許嫁の意味を簡単にご紹介しましたが、許嫁の意味として幼少時に親同士が約束するという事が存在していました。

幼い年齢の時にすでに結婚相手が決まっていると考えるとなんだか恋愛に対する楽しみも何もないと捉えられがちですよね。

しかしながら考え方によっては少しロマンチックな一面もあるかもしれません。

これは人それぞれの考え方になるかもしれませんが、許嫁という存在は漫画などでも使われたり取り入れられたりしてる様な風習の一つであったりするので、その影響を受けている方からすれば少し憧れを持ったりする方もいるかもしれません。

もちろん見た目が全くタイプでない人が結婚相手として決まっていた場合は嬉しくないかもしれませんが、子供の頃からこの人と結婚するということを意識して、相手と信頼関係を築きあげていき、もしもその相手が自分が好みの顔だったと考えたらロマンチックかもしれません。

また子供の頃からこの人と結婚するということを考えて育った場合は、かなり幼い頃から相手を意識していることも考えられますので、この人以外結婚するのはあり得ないという感覚になれるかもしれません。

なので結局は人の捉え方によって如何様にも受け止め方があると考えることができます。

後々になって知らされる

許嫁がもしかすると捉え方によってはロマンチックな一面があるかもしれないとご紹介しましたが、しかしながら許嫁という関係については基本的にいつ教えられるのかということがあまり判明していません。

もちろんある程度年頃の年代になってからいきなり教えてしまうともしかすると他に好きな人ができている可能性もあったりする場合もありますのでも少し幼い年齢の時に教えられたのかもしれませんが、具体的な時期がいつ教えなければいけないという決まりは存在していません。

なので場合によっては教えられる時期によって考え方や感じ方などは全く違うということも考えられます。

年頃の年齢の時にその様な事を教えられても当人としては受け入れがたいですし、迷惑な話に感じてしまう場合もありますよね。

しかしながらかなり幼い年齢からそれを理解されていたのであればそこまで違和感なく受け入れられるかもしれませんね。

しかし現実として昔は男性が主体で結婚については決められていましたので、どちらかといえば女性は我慢する側に立たされていました。

なので昔の文献などでも悲運に泣いた女性の物語も数多く残されていると言われています。

なのでやはり場合によって大きくその決まりも感じ方や捉えられ方が違うという証拠になっています。

家柄や社会的な付き合いが重視されていた時代

人によってはなぜ自分の娘が我慢をしたり嫌な思いをしたりしてまで許嫁という制度をそこまでこだわっていたのかと中には怒りを覚える方もいるかもしれませんね。

しかしながらこれには深い理由が存在しています。

昔は当たり前だったのですが今の時代では考えられないと思いますが昔は家柄や社会的な付き合いというものが非常に重要視されていた時代になっています。

今でこそ私たち人間に関しては人間を区別するよな階級などが存在していませんでした。

しかし当時は家柄であったり社会的な立場というものがより強固な存在になっており、それを意識した付き合いというのが当然の考え方になっています。

もちろん今の時代でも具体的な区別はありませんが、やはりお金を持っていたりある程度力のある家の血筋というものは存在しています。

なので今の時代でも全くないとは言い切れないのです。

そして当然力を持っている家庭と近い関係になることができればその過程もその恩恵を受けることができますので、言い換えてみれば家族を守るために娘を犠牲にしていたという風にも捉えることができます。

だからこそどんなに嫌だったとしても家族を守るという意味で苦汁を飲んで来た女性はたくさんいると考えることができます。

最近は単なる婚約者の意味を含む

ちなみに現在においても許嫁という言葉は当然存在しています。

しかしながら昔の様な親が結婚を決めるという例や意味合いはかなり少なくなっています。

では今現在はどの様な意味合いとして捉えられているのかと考えた時に今の時代の意味としては「結婚の約束をした相手」という意味で考えられています。

つまり言い換えてみれば婚約者という意味を想像してもらえれば分かりやすいと思います。

しかしながらわざわざ今の時代に婚約車の事を言い名付けと呼んだりすることはあまりありませんので、あまり現代においては使われていない言葉として考えることができます。

そういった背景もありますので今の若い人たちが許嫁という言葉を知らないかも無理はありません。

基本的には親に決められた婚約者を指す

しかしながら婚約者のことを許嫁と呼ぶ場合があるとお伝えしましたが、基本的には親に決められた婚約者の事を指し示しています。

なので自分でこの人と結婚したいと思って婚約を結んだ人のことは婚約者と呼び、親が勝手に決めた結婚相手のことは許嫁と呼ぶ様にして区別されてます。

これを間違って覚えていると受け止める人からすればかなり間違った認識になってしまう可能性がありますので必ず正しく覚えて言葉を使う様にしてください。

️許嫁が減ってきた背景

許嫁がどういう意味を持っているのかということを簡単にご紹介していきました。

許嫁という存在がどういうものであるのかというのがあるけどわかりいただけたところで、人によって感じる疑問としてはなぜ許嫁という風習がだんだんと今の時代になくなってきたのかという事を疑問に感じる方が多いと思います。

なぜ許嫁という風習がなくなっていたのかという事を知るのはこれまでの時代の流れを把握するという事と等しいことになりますので、自分の視野を広めるための様々な知識を身に付けることに直結します。

なのでこの機会にどういう風に時代が変わってきて許嫁が減っていったのかということを知識として身に着けてみてください。

個人の権利の重視

なぜ許嫁が減ってきたのかという背景を考えた時に考えられる理由としては昔に比べて今の時代は個人の権利を重視した考え方を保つ様になったということが関連して考えられます。

昔は先ほどご紹介したように家柄や社会的な付き合いを重要視して考えていたのでそもそも個人の自由であったり個人が行使することができる権利というものに関してあまり着目されていませんでした。

しかし様々な海外の文化を知ったり、取り入れたりしたことによって最終的に今の時代に近づくにつれて男女平等という考え方も広まり、さらには個人個人の考え方や権利に関して確立される様な時代に変化してきました。

だからこそ個人の自由を奪うような親の権利を使って子供の結婚相手を決めさせるというような考え方は無くなくなってきました。