CoCoSiA(ココシア)

アベックとはどういう意味?若者が知らない昔の言葉を紹介します


アベック・・・今では死語になってしまったこの言葉も、昔はとってもロマンティックで憧れられた言葉だったんです。

アベックとは何か?語源は?

今ならどうな風な言葉に当てはまる?

昔の人のアベックの使い方、などをご紹介します。

この記事の目次

️アベックって聞いたことある?

皆さんはアベックという言葉を聞いたことはありますか?

昔はよく使われていた言葉なんですが。

でも、最近の若い人は知らないし、使うことなんてほとんどなくなってしまった言葉です。

中には「アベック?」「何それ?」初めて聞いたという人もいるのかもしれません。

昔の人が使っていたアベックという言葉はどんな意味だったのかというと、少し甘酸っぱくて、ラブリーで、とってもロマンチックな言葉だったのです。

昔の言葉であるアベック


昔の人は「かっこいい言葉」として使っていたアベックという言葉。

今では「死後」「使うと恥ずかしい言葉」なんて言われてしまっています。

いつの間にか、年寄~なんて思われてしまう言葉になってしまったのです。

昭和に使われていた言葉

アンケート結果からも分かるように、アベックという言葉は、昭和の時代に良く使われていました。

若者を始め多くの年代の人が「アベックが電車の中でキスしてた」「それはいかんなぁ」「ハレンチね~」なんて会話をしていたのです。

️アベックの意味

アベックの意味はそもそも何なのかというと、フランス語で「avec」と表記します。

このフランス語の意味は「と一緒に」を意味していて、フランス語の前置詞なんです。

英語だと「with」に相当するのだそう。

今まで「アベック」という言葉を使っていた人でも、「えええ、語源はフランス語だったのか」とか「英語だとwithなんだ・・・知らなかった」なんて思っている人が大勢いるのではないでしょうか。

アベックの意味はというと、一組の男女を意味する言葉です。

かつては日本で頻繁に使われた和製フランス語の一つなんです。

男女の2人連れ


アベックの一番の基本的な意味は「男女の2人連れ」です。

現代社会だと、「男女じゃなきゃいけないの?」とか「ゲイやレズビアンはどうなるの?」なんて問題が出てきてしまいそうですよね。

昔はそういう新しいスタイルに対して寛容な人が少なかったり、まだそういう人が多いという認識が少なかったのです。

そのため、「男女2人」という関係にだけ使用されることに対して、意識されなかったのかもかもしれません。

そういう面で考えると、ちょっと差別的な意味を持つ言葉だということに気が付いてしまったということがいえるのかもしれません。

2人が同じ行動をとること

アベックという言葉は、ただ二人の男女がそこにいればいいという意味ではありません。

2人の男女が同じ行動をとること、が前提とされているんです。

同じ行動とは具体的にどんなことかというと、デートしているとか、同じ場所で同じことをしている程度、そこまできっちり同じ行動をしていないといけないわけではありません。

️アベックの語源

アベックの語源が意外と面白い・興味深い・差別的な内容を含むの?ということが分かってきました!

ここからは、もう少し内容を掘り下げてみることにしましょう!

フランス語の前置詞「avec」

フランスでは前置詞として普通に使われているようです。

会社の人や兄弟、家族、友だちなどの恋人以外にも、もちろんアベックと使います。

元々のフランス語の意味には差別的な要素は一つもないのです。

〜と一緒の…

そもそもアベックという言葉には「男女の」なんて意味がどこにも入っていません。

なぜ日本に入ってきた時に「〜と一緒の…」という意味ではなく、男女の・・・という意味になってしまったのでしょうか。

英語でいう「with」

英語では「with」、ここではきちんと訳されていますよね。

現代の日本人なら「with」に「男女の」という意味が入っていないことくらいすぐに分かります。

withとアベック・・・比べてみるとかなり差のある意味です。

う~ん、外来語を翻訳した人は、本当に頭が良かったのでしょうか?!