CoCoSiA(ココシア)

気圧されるって読める?日本語が苦手な人にも使い方や意味などを紹介!


私たちは日本という国に生まれ日本語を公用語として使用しています。

私たちが使っている日本語はとても複雑な言葉です。

日本語を使っている私たちですら知らない日本語がたくさん存在しているのです。

考えてみると少し不思議に感じるかもしれませんね。

なぜ日本語が複雑なのかということを考えた時に、様々な要因が考えられます。

よく外国人が日本語は難しいという事を聞くことがあると思います。

それは状況や場合によって、日本語の種類が別の形に変化するからということが考えられます。

例えば私たちが使っている日本語は、「尊敬語、謙譲語、丁寧語」など複数の種類が存在しています。

その使い分けなどがとても難しいという場合が多いです。

時々人と話してる時に、「この人違った言葉を使っているな」思うこともあるでしょう。

日本人でさえ難しいのに、外国人であればさらに難しく感じるのは当然のことですよね。

そして、それ以外にもかなり難しい漢字が用いられている言葉があるのです。

さらに、一般的な漢字の読み仮名ではなく、その言葉ならではの読み方がある難しい言葉もあります。

そこで今回は、難しい言葉でもある「気圧される」という言葉をテーマにしていきます。

「気圧される」の意味や使い方を詳しく解説していきます。

この記事の目次

難読語辞書に登録される「気圧される」読める?


あなたは気圧されるという言葉の意味を理解していますか?

かなり難しい言葉であるのは見ただけでお分かりいただけると思います。

気圧されるという言葉は、難解語辞書などにも掲載されている言葉です。

分からない方がいても不思議ではありません。

そもそも本来の私たちの認識にある読み方とは違う読み方になります。

そこに違和感を感じる方をたくさんいると思います。

例えば、気圧という言葉を考えた時に、一般的に考えるのは「きあつ」という読み方だと思います。

しかしこの言葉を見ている限りでは、どうやら「きあつ」とは読まないなと気付くかもしれません。

では、何と読めばよいのかと考えた時に、ぱっと思いつかないですよね。

このように、私たちが一般的に知っている読み方ではない言葉というのは日本語には数多く存在しています。

この言葉は漢字自体はそれほど難しい漢字は用いられていませんが、読み方がわからないですよね。

意味に関しても、言葉から簡単に推測できるような意味合いではない印象を受けます。

難しく感じてしまいやすく、なおかつ若い年代の時にこのような言葉を学ぶ機会も少ないのです。

わからないまま大人になってしまうこともあります。

全ての日本語を学ぼうと思えば、かなりの時間がかかってしまいます。

たくさんの勉強を行わなければいけませんので、相当難しい状況になります。

私たちは小学生や中学生そして高校生に関してたくさんの日本語などを学ぶと思います。

どうしても漢字だけではなく、様々な事を国語に時間に勉強する為、漢字だけを学んでいると偏りが発生してしまうのです。

さらに私たちが学校で習っている教科は国語だけではありません。

数学や社会、理科などたくさんの教科を学んでいます。

そのようにバランスよく勉強しなければ、必要な知識を身に付けることはできないのです。

そのような学習環境も関係しているからこそ、多くの方がわからないという状況に陥ってしまっているのです。

「気圧される」について


気圧されるという言葉はかなり難しい言葉であるとご紹介しました。

人によっては何なく読めるような方もいらっしゃるかもしれません。

普段から本を読んでいたり、様々な文献を読み漁っていたり、漫画を読むときにこの言葉が使われている場面もあるかもしれません。

そのような状況に触れたことがある人間であれば、年齢関係なく分かる方がいると思います。

では改めて、「気圧される」の意味についてご説明します。

『相手の勢いに押される、精神的に圧倒される』という意味を持っています。

あなたはこれまでの人生で誰かと喧嘩をしたりしたことがありますか?

おそらく普通の人間であれば、一度くらいは誰かしらと喧嘩をしたり言い争ったりした経験があると思います。

例えば家族であったり、友達、同級生、先生、先輩後輩、会社の同僚など様々な人間が思いつくと思います。

喧嘩をした時に相手に勢いに圧倒された経験はありませんか?