CoCoSiA(ココシア)

自由奔放な人の18個の特徴


自由奔放な人と聞いてどのようなイメージを抱きますか?

他人の目を気にせずに自分のやりたいように生きている人でしょうか?

人によって自由奔放な人のイメージは様々だと思いますが、今回はそんな自由奔放な人に共通する特徴をご紹介していきます。

️自由奔放な人って羨ましい

そもそも自由奔放な人をなぜ周囲は自由奔放と感じているのでしょうか?

そこに秘密があります。

同じ世界、同じルールの下で生きているのになぜか自由奔放に生きていると感じる人と不自由に生きていると感じる人は確かにいます。

これは自由な人はルール無視、不自由な人は束縛だらけ、という意味では決してありません。

ルールも束縛も全て条件は同じです。

条件は同じなのに「あの人は自由奔放でいいなあ」とつい羨ましがってしまう…。

あなたはなぜあの人を自由奔放と捉えて、羨ましがっているのでしょうか。

自由奔放に生きられたら素晴らしい

自由奔放な人が特別な能力を持っている、というわけではありません。

自分にとって大切なものは何ですか?

きっと一言で言えば、これだけでしょう。

それを徹底的に優先して大切にできますか?その覚悟を持てますか?

多分そういうことなのでしょう。

大切なものは誰もが違いますよね?

徹底的に優先するということは、その違いを理解しながら貫くということでもあります。

時には非難され、罵倒されることもあるかもしれません。

そんな中でも貫けますか?

理屈はシンプルですが、精神的にはかなりタフさが要求されるでしょう。

もしそれができるなら…とても色濃い人生を満喫することができるでしょう。

自由奔放な人の生き方を覗いてみよう

身近に自由奔放な人はいますか??

もしいるなら、その人の内面をじっくり観察してみましょう。

それが一番分かりやすいはずです。

もちろん周囲から好感を持たれている人限定です。

自由をはき違えて、ただわがままな人も多くいます。

この人達は反面教師です。

あくまで自由奔放でありながら、不思議と周囲から好感を持たれている人が観察の対象です。

今の自分と比較して、何がそこまで違うのか?を分析すれば、答えはあっさり見つかるはずです。

あとはそれを実践するかどうかです。

️自由奔放な人の18個の特徴

実際の行動は彼らは非常にシンプルです。

そんなシンプルな具体例を挙げてみましょう。

1.人の目を気にしない

気にしないのではなく、気にはしているけど、それ自体の優先順位が極めて低いのですね。

気にはするけど、左右されないというのが適切でしょう。

案外これもメンタル的にタフじゃないとできないことです。

やはり人の目で一喜一憂してしまうものですからね。

彼らに言わせれば「そんなこと気にしてる場合じゃないよ!!」というだけの話かもしれません。

2.自分の意思を大事にする

これが根本的な基準でしょうね。

あまりあれが正しい、これが間違い、という考え方はしないようです。

自分の中ではあれが正しい。

と、ここでもだいぶシンプルに考えます。

仮に他人から「それ間違ってない?」と突っ込まれても「あなたの中ではそうなんでしょうね」と割り切って言うことでしょう。

結果それが本当に間違っていたのなら、「あの時は正しいと思ったんだけどなあ。あはは」くらいで終わってしまうでしょう。